デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

1章 家庭生活
2節 健康
■綱文

第57巻 p.146-151(DK570065k) ページ画像

昭和4年2月(1929年)

栄一、是月下旬ヨリ約二ケ月間、感冒ノタメ飛鳥
 - 第57巻 p.147 -ページ画像 
山邸ニ引籠リタルモ、爾後、各種ノ会合ニ出席スル等活動ヲ続ク。


■資料

渋沢栄一 日記 昭和四年(DK570065k-0001)
第57巻 p.147 ページ画像

渋沢栄一 日記  昭和四年     (渋沢子爵家所蔵)
一月一日 美晴 寒強カラス
午前七時半起床、直ニ洗面ヲ了リ、夫人ノ支度ノ整フヲ待テ共ニ佳節ノ祝盃ヲ挙ク ○中略 十時頃敬三ト共ニ自働車ニテ第一銀行ニ抵ル、新年ヲ賀スルナリ ○中略 己巳元旦書感ノ一絶ヲ行員一同ニ披露シ、且余ノ本年ハ九十歳ノ高齢ニ躋リタルヲ告ケ、而シテ世事意ノ如クナラス、所謂人生不満百常懐千歳憂ノ古詞ヲ歎セサルヲ得サル所以ヲ告ケ、且前途ノ奮励努力ヲ以テ一同ヲ精励ス ○下略


竜門雑誌 第四八七号・第七一頁 昭和四年四月 青淵先生動静大要(DK570065k-0002)
第57巻 p.147 ページ画像

竜門雑誌  第四八七号・第七一頁 昭和四年四月
    青淵先生動静大要
      三月中
 青淵先生には去月廿六日頃より風邪の気味にて在邸静養中の為め本記事なし。されど毫も御心配申上ぐる程の御容態にあらざる故、為念申添ふ。


竜門雑誌 第四八八号・第八一頁 昭和四年五月 青淵先生動静大要(DK570065k-0003)
第57巻 p.147 ページ画像

竜門雑誌  第四八八号・第八一頁 昭和四年五月
    青淵先生動静大要
      四月中
 青淵先生には本月も引続き在邸静養せらる。
 されど昨今は最早外出せらるゝも差支なき迄に健康を回復せられたる趣に付、為念申添ふ。(五月十五日記)


中外商業新報 第一五五二七号 昭和四年五月三日 渋沢子の病気軽快(DK570065k-0004)
第57巻 p.147 ページ画像

中外商業新報  第一五五二七号 昭和四年五月三日
    渋沢子の病気軽快
渋沢老子爵の病気はその後経過良好で、目下なほ加養中ではあるが、余程軽快に向つたので本月中旬に外出し得るに至るであらうと
 首相見舞ふ 渋沢栄一子は去る二月風邪のため加療中昨今幾分良好に向つたので、田中首相は二日午後二時滝野川子爵邸に老子爵を見舞ひ、約三十分間会談二時半辞去した
   ○栄一、是年九十歳ニ至ル。以下栄一活動ノ日時ヲ掲ゲテ健康状態ノ観察ニ資ス。


竜門雑誌 第四八九号・第八三頁 昭和四年六月 青淵先生動静大要(DK570065k-0005)
第57巻 p.147-148 ページ画像

竜門雑誌  第四八九号・第八三頁 昭和四年六月
    青淵先生動静大要
      五月中
二日  田中首相来訪(曖依村荘)
五日  堀切東京市長来訪(同上)
十三日 東京市養育院ヘ出向
十六日 仏国シュナイダー会社ロア氏一行招待茶話会(曖依村荘)、徳川喜久子姫御婚儀ニ付御内祝晩餐会(華族会館)
 - 第57巻 p.148 -ページ画像 
十七日 二月廿七日以来病気の為め引籠静養中の先生には健康全く回復せられ本日より事務所へ出勤せらる。
十九日 東京市養育院職員慰労会(曖依村荘)
廿一日 リデル女史歓迎午餐会(東京会館)
廿六日 聖徳太子奉賛会催故総裁久邇宮邦彦王殿下奉悼法要(東京美術学校)
廿七日 楽翁公百年祭に関し都下新聞記者招待懇談会及午餐会(東京銀行倶楽部)
三十日 日米関係委員会小委員会(東京銀行倶楽部)


竜門雑誌 第四九〇号・第七三頁 昭和四年七月 青淵先生動静大要(DK570065k-0006)
第57巻 p.148 ページ画像

竜門雑誌  第四九〇号・第七三頁 昭和四年七月
    青淵先生動静大要
      六月中
三日  帰一協会催タゴール翁歓迎茶話会(曖依村荘)
四日  ミセス・マザー氏招待茶話会(社会局)
五日  東京慈恵会総会(憲法記念館)
六日  徳川喜久子姫東京高等蚕糸学校参観に付同校へ出向。正午同姫招待午餐会(曖依村荘)
十日  陽明会講義会(渋沢事務所)
十一日 帝室博物館復興翼賛会設立者総会(日本工業倶楽部)。日米関係委員会小委員会(渋沢事務所)
十二日 報効会理事会及評議員会(日本工業倶楽部)。望月内相訪問(同官邸)
十三日 東京市養育院に出向
十四日 白河楽翁公墓前祭(深川霊巌寺)。楽翁公記念祭講演会展覧会(商工奨励会)
十五日 日本女子大学評議員会相談会(曖依村荘)
十六日 両国駅発にて東京市養育院船形分院創立二十周年紀念式に向はる。式終つて北条町に一泊。十七日帰京。
廿二日 第一銀行定礎式(丸ノ内一丁目同銀行建築場)
廿四日 醍醐寺奉讚会理事会(華族会館)
廿五日 如水会催青淵先生九十寿祝賀会(如水会館)
廿七日 滝野川学園理事会(曖依村荘)
廿八日 二松学舎評議員会(曖依村荘)
廿九日 国際聯盟協会評議員会(同会)


竜門雑誌 第四九一号・第五一頁 昭和四年八月 青淵先生動静大要(DK570065k-0007)
第57巻 p.148-149 ページ画像

竜門雑誌  第四九一号・第五一頁 昭和四年八月
    青淵先生動静大要
      七月中
三日  徳川家顧問会(第六天町同邸)。ヘボン講座に関する報告会(東京帝大構内大講堂会議室)
六日  日本女子大学校催青淵先生九十寿祝賀会(同校)。国際聯盟協会理事会(同会)
九日  渡日米国少年団招待茶会(曖依村荘)
 - 第57巻 p.149 -ページ画像 
十日  国際聯盟協会理事会(日本工業倶楽部)
十一日 日米関係委員会(東京銀行倶楽部)
十三日 日仏会館日仏協会合同午餐会(日仏会館)。東京市養育院に出向
十四日 工学院卒業式(同院)
十五日 陽明会講義会(渋沢事務所)
廿日  国際聯盟協会理事会(同会)
廿四日 日本女子大学校評議員会(渋沢事務所)
廿五日 米国新聞記者団招待茶話会(曖依村荘)
廿六日 聖路加国際病院評議員会(同院)。第一銀行定時株主総会(東京銀行倶楽部)
卅日  安達内相訪問(同官邸)
卅一日 小林美登利・崎山比佐衛両氏招待晩餐会(曖依村荘)


竜門雑誌 第四九二号・第八七頁 昭和四年九月 青淵先生動静大要(DK570065k-0008)
第57巻 p.149 ページ画像

竜門雑誌  第四九二号・第八七頁 昭和四年九月
    青淵先生動静大要
      八月中
十日  避暑旁静養の為め令夫人同伴、午前七時二十分、自動車にて曖依村荘より箱根小涌谷三河屋旅館に赴かる
三十日 午後五時三十八分、東京駅着の汽車にて令夫人と共に帰京せらる


竜門雑誌 第四九三号・第一〇三頁 昭和四年一〇月 青淵先生動静大要(DK570065k-0009)
第57巻 p.149 ページ画像

竜門雑誌  第四九三号・第一〇三頁 昭和四年一〇月
    青淵先生動静大要
      九月中
十二日 東京慈恵会理事会(貴族院議長官舎)
十三日 吉野神宮奉賛会理事会(南葵文庫)
十六日 陽明会講義会(渋沢事務所)
廿二日 ハーマン・エフ・スワーツ博士夫妻招待晩餐会(曖依村荘)
廿五日 東京慈恵会募集委員会(渋沢事務所)
廿八日 全生病院創立二十年記念式(東村山村同院)。中央社会事業協会催社会事業家招待懇談会(学士会館)


竜門雑誌 第四九四号・第八五頁 昭和四年一一月 青淵先生動静大要(DK570065k-0010)
第57巻 p.149-150 ページ画像

竜門雑誌  第四九四号・第八五頁 昭和四年一一月
    青淵先生動静大要
      十月中
四日  日米関係委員会催チャールズ・エム・モーア、アール・エヌリンチ両氏歓迎午餐会(東京銀行倶楽部)
五日  聖路加国際病院催ウヰルソン大統領未亡人歓迎園遊会(同院)
七日  郷里血洗島へ帰着。一泊
八日  帰京。
十日  二松学舎創立記念会(同会)。堀切東京市長参観ニ付東京市養育院本分院へ出向。同市長招待午餐会(曖依村荘)
十二日 東京帝国大学新聞学研究室開設披露会(学士会館)
 - 第57巻 p.150 -ページ画像 
十三日 東京市養育院へ出向
十四日 陽明会講義会(渋沢事務所)
十五日 明治大学商科会発会式(同大学)
十六日 アサトン氏夫妻招待午餐会(帝国ホテル)。宇垣陸相を訪問(同官邸)
廿二日 帝室博物館復興翼賛会理事会(日本工業倶楽部)。報効会理事会(同上)
廿三日 渋沢秀雄氏催旧田園都市関係者招待会(曖依村荘)


竜門雑誌 第四九五号・第六七頁 昭和四年一二月 青淵先生動静大要(DK570065k-0011)
第57巻 p.150 ページ画像

竜門雑誌  第四九五号・第六七頁 昭和四年一二月
    青淵先生動静大要
      十一月中
二日  二松学舎臨時評議員会(同学舎)
四日  国際聯盟協会催外務大臣招待会(東京銀行倶楽部)
五日  ゼ・アメリカン・ソサイェテー・オヴ・メカヤニカル・エンジニヤスより先生に同会名誉会員章授与式挙行(帝国ホテル)
六日  ウイルスン夫人招待午餐会(曖依村荘)。修養団後援会協議会(同団本部)
七日  渋沢元治氏催米国電気学会関係諸氏招待会(曖依村荘)
十一日 日米関係委員会催日米問題協議会(東京銀行倶楽部)。平和記念日ラヂオ放送(愛宕山放送所)
十二日 太平洋問題調査会大会出席代員諸氏歓迎午餐会(東京会館)
十三日 米国救世軍総司令官エヴァンジエリン・ブース女史歓迎茶会(曖依村荘)
十四日 方面委員全国大会(日本青年館)
十五日 シヤレンバーグ氏夫妻令嬢招待午餐会(曖依村荘)
十六日 日仏会館催マスぺコ、ラベール、山田三良氏等、送迎会(同会館)。報知新聞社催故大隈重信侯懐旧座談会(大隈会館)。東京女学館臨時評議員会(同館)
廿日  国際聯盟協会午餐会(東京銀行倶楽部)
廿二日 国際聯盟協会午餐会(東京銀行倶楽部)
廿四日 スペリー氏歓迎午餐会(曖依村荘)


竜門雑誌 第四九六号・第八七頁 昭和五年一月 青淵先生動静大要(DK570065k-0012)
第57巻 p.150-151 ページ画像

竜門雑誌  第四九六号・第八七頁 昭和五年一月
    青淵先生動静大要
      十二月中
一日  徳川慶光公御一家招宴(曖依村荘)
三日  安達内相と癩予防協会発起の件に付会見(同官邸)
六日  第六天町徳川家顧問会(同邸)
七日  国際聯盟協会談話会(同会)
十九日 天皇陛下の御召により参内午餐を賜はる
廿三日 浜口総理大臣来観に付日本女子大学校に出向
廿九日 安達内相東京市養育院視察に付同院へ出向
卅日  楽翁公遺徳顕彰会相談会(渋沢事務所)
 - 第57巻 p.151 -ページ画像 
   ○昭和四年一月五日ヨリ十二月三十一日マデノ栄一日記ヲ欠ク。