デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

2章 栄誉
1節 恩賜・褒賞
2款 褒賞
■綱文

第57巻 p.205(DK570093k) ページ画像

昭和2年4月11日(1927年)

是日栄一、大日本蚕糸会第二十二回総会ニ於テ、我国蚕糸業界功労者トシテ恩賜賞ヲ授与セラル。


■資料

中外商業新報 第一四七七五号 昭和二年四月一〇日 蚕糸会で表彰の蚕糸業功労者 渋沢子に恩賜賞(DK570093k-0001)
第57巻 p.205 ページ画像

中外商業新報  第一四七七五号 昭和二年四月一〇日
    蚕糸会で表彰の
      蚕糸業功労者
        渋沢子に恩賜賞
十一日四国の松山市で開催の大日本蚕糸会第廿二回総会で、本邦蚕糸業界の功労者として左の諸氏が表彰される
 ▽恩賜賞(一名)
  東京市  子爵 渋沢栄一
 顕著なる事蹟の一・二例=明治初年本邦における官立器械製糸場を創始、製糸金融の便を啓き、又幾多生糸取引上の改善を図り、生糸貿易の伸展に資す、近くは蚕糸救済問題に尽瘁す
○下略
   ○本資料第五十二巻所収「社団法人大日本蚕糸会」同日ノ条参照。