デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

2章 栄誉
2節 叙位・叙勲・記念章
2款 叙勲
■綱文

第57巻 p.207-208(DK570098k) ページ画像

大正4年11月10日(1915年)

是日栄一、旭日大綬章ヲ授ケラル。


■資料

官報 号外 大正四年一一月一〇日 ○叙任及辞令(DK570098k-0001)
第57巻 p.208 ページ画像

官報  号外 大正四年一一月一〇日
    ○叙任及辞令
○大正四年十一月十日
 叙旭日大綬章《(授)》   従三位勲一等男爵 渋沢栄一


実業之日本 第一八巻第二六号・第四五頁 大正四年一二月 叙位及び叙勲せられたる実業家 記者(DK570098k-0002)
第57巻 p.208 ページ画像

実業之日本  第一八巻第二六号・第四五頁 大正四年一二月
    叙位及び叙勲せられたる実業家       記者
△渋沢栄一(旭日大綬章)従三位勲一等男爵、第一銀行頭取、東京市養育院長その他公私各種の営利非営利会社に関係し、我が実業界の元勲として国家に貢献する処多きは世人の知る通りで、今回旭日大綬章を授けられた訳である。男爵が実業界たると其の他の方面たるとを問はず、容易に得難い人物であることは何人も異存のない処で、鴻池家ですら男爵を授けらるゝ今日に単に男爵では惜しい。子爵或は伯爵として奏請し奉るべき人であると噂して居る人もある。