デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

2章 栄誉
2節 叙位・叙勲・記念章
3款 外国叙勲
■綱文

第57巻 p.210-211(DK570101k) ページ画像

大正8年5月15日(1919年)

是日栄一、フランス共和国政府ヨリ、ル・コンネサンス・フランセーズ第一等記章ヲ贈与セラレ、十月八日、之ガ受領及ビ佩用ヲ、賞勲局ヨリ允許セラル。


■資料

青淵先生公私履歴台帳(DK570101k-0001)
第57巻 p.210 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳         (渋沢子爵家所蔵)
    任免叙授

図表を画像で表示青淵先生公私履歴台帳 任免叙授

 同年 ○大正八年五月一五日  仏蘭西共和大総領ハ千九百十八                年四月九日ノ命令ニ基キ第一等                記章(ル・コンネサンス・フラ                ンセー)ヲ贈呈ス        仏国国定勲章委員長 同年      十月 八日  仏蘭西共和政府ヨリ贈与シタル                ル・コンネサンス・フランセー                第一等記章ヲ受領シ及佩用スル                ヲ允許セラル          賞勲局 




竜門雑誌 第三七二号・第三九頁 大正八年五月 ○青淵先生の名誉(DK570101k-0002)
第57巻 p.210-211 ページ画像

竜門雑誌  第三七二号・第三九頁 大正八年五月
○青淵先生の名誉 四月二日巴里発国際電報通信に依れば、仏国政府は今回徳川公爵(家達公)並に青淵先生に対し仏国ル・コンネサンス一等銀章を贈与せられたりといふ。之に就て仏蘭西大使館ダンピエール書記官の各新聞記者に語りたる談話は左の如くなりと。
 今回我政府が一等銀章を贈りましたのは戦争中戦功ありし者、或は
 - 第57巻 p.211 -ページ画像 
戦時中の美挙に対して表彰せられたのであります、是れは戦時に於ける名誉勲章でありませう、同勲章には銅製のものもあり、軍人の偉勲に対し銅製を贈られたのもあります、公・男に贈られたのは未だ当大使館へは何等の通知もないが、多分聯合軍隊慰問に対する功労に酬ひられたものであらうと推察致します。


官報 第二一五六号 大正八年一〇月一〇日 叙任及辞令(DK570101k-0003)
第57巻 p.211 ページ画像

官報  第二一五六号 大正八年一〇月一〇日
    叙任及辞令
              正三位勲一等男爵 渋沢栄一
仏蘭西共和国政府ヨリ贈与シタル「ル・コンネサンス・フランセエーズ」第一等記章ヲ受領シ及ヒ佩用スルヲ允許セラル(十月八日賞勲局)