デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

3章 賀寿
4節 米寿
■綱文

第57巻 p.355-363(DK570168k) ページ画像

昭和3年(1928年)

栄一、米寿ニ際シ、徳川達孝外数十人ヨリ賀寿ノ漢詩・和歌・俳句其他ヲ贈ラル。


■資料

竜門雑誌 第四八一号・第四〇八―四一三頁 昭和三年一〇月 青淵先生米寿祝賀文藻(DK570168k-0001)
第57巻 p.355-360 ページ画像

竜門雑誌  第四八一号・第四〇八―四一三頁 昭和三年一〇月
    青淵先生米寿祝賀文藻
      漢詩
  恭賀青淵渋沢子爵八十八秩
                  綱陵 徳川達孝初稿
寿康矍鑠罕如翁  朝野斉称済世功
併得牙籌兼道徳  藹然八十八春風
  訪渋沢子爵賦呈
                 南総半浦老漁 菱木龢
健筆縦横妙表神  由来朝野浴其仁
今年八十猶加八  正是蓬莱界裏人
  奉祝子爵青淵翁寿
                       町田眊鴨
今人不羨古稀人  九十如翁徳有隣
久矣養才皆輩出  一門桃李四時春
  恭賀青淵渋沢先生栄寿并引
             磐城 双峰 佐藤精明拝草 八十二齢
明治十三年斯文会之創設也精明遥聞盛事以其明年列会員末班爾来四十余年受諸老先輩誘掖而景慕先生学徳久矣先生年八十有九会員中最為高
 - 第57巻 p.356 -ページ画像 
齢而在副会長職今玆戊辰某月開寿筵賦此以賀
朱顔緑髪寿而康  献頌群賢倶挙觴
積善余慶不虚語  一門和気占千祥
  祝青淵翁米寿
                         城陽
誠意奉公米寿年  功勲赫々補蒼天
列筵賓客頌君徳  千載応知名姓伝

欽仰青翁米寿年  建勲授爵楽尭天
賀筵賓客篤崇切  千歳応知姓名伝
  青淵翁米寿祝賀
                     杉浦梧石恭賦
延年米寿保天真  富貴無驕徳潤身
教化駸々人進善  一門幸福瑞祥臻
  謹賀青淵渋沢先生栄寿
                       千早多聞
名利不知時事迂  貪中小介近真愚
先生八十九年久  経国済民大活儒
  謹祝渋沢子爵閣下米寿
                      尾沢幸次郎
矍鑠高風更覚新  八旬加八気如春
尊公国宝真天寿  冀為神州幾万辰
      和歌
  昭和丁卯冬日恭賀青淵渋沢先生米寿詠二首歌
                        阪正臣
君がよはひよろづ代までと神々も
      みくにの為にまもりますらむ
積り来しいさをのことくかすしらぬ
      よはひを更にかさねゆかな舞
  青淵先生に
                       海南 宏
よきときにこのよき人を野に得たり
      菊をかさして米寿をいはふ
よきときにこのよき人を野に得たり
      命長うして徳いよゝたかし
  虔白渋沢子爵閣下の米寿を祝し奉りて
                         閑水
春こやかて米とりいれて祝きむしろ
      千とせ栄行く一なるべく
  寄名祝
                     八十翁 敬則
渋沢の千代寿ほかん米の蔵のうしろは
      百々の花栄ゆ茂美
  賀
 - 第57巻 p.357 -ページ画像 
                         良教
米ちをは麓にたして今《(なカ)》よりは
      千とせの山を君たとりませ
                         老亀
渋沢によする年波八十八路
      九十九の祝ひまつそたのしき
  渋沢子爵の米寿を祝まつりて
                         貞助
千年山君そこゆへきまめこゝろ
      つくすかうへに勲かさねて
  渋沢閣下の米寿の賀によめる
                         完城
伊久百秋かくてさかへよ君となを
      よねの齢を三たひかさねて
  渋沢子爵の米の御祝をことほき奉りて
                         輝子
八十あまり八とせの君もふしの根の
      千代のよはひのふもとなりけり
  賀
つくしのうみ千代の松原ちよかけて
      君かみよはひ祈りまつらん
  賀
高みくら登らすよきひ日の本の
      ねさし堅めよ君祝ふなり
  米寿の賀に千鶴を献くるにそへて
                         四郎
もゝちとせきみがよはひをいのるかな
      こゝろをこめし千鶴さゝけて
  子爵渋沢閣下の八十八を祝ふて
                      鈴木文次郎
米まても国の御ためにいそしみし
      君こそ千代の宝なりけれ
  寄鶴祝
                    八十二齢 精明
庭まつの木かけに遊ふひなつるは
      きみか千とせの友にやあるらむ
  謹みて渋沢子爵閣下の米寿を祝ふて
                    六十七翁 三省
百足らす八十路の坂を八つ越えて
      老せぬ君や千代も在まさむ
  渋沢子爵の米寿を祝しまつりて
                        林歌子
米の嶺こえてますます健かに
      もゝの林にすゝみませ君
 - 第57巻 p.358 -ページ画像 
  渋沢子爵の米寿を祝ひて
                         忠康
百ちかくよはひ重ねし君なれは
      亀に習ひて幾代へぬら舞
  寄鶴祝
ひさかたの雲の上まて聞ゆらむ
      多鶴か音高き万代の声
  寄島霞祝
                         保子
もゝ伝ふ八十の島わのやへ霞
          千重の汐ちに立渡るらし
  栄一大人の米寿を祝ひて
                         正俊
なもたかく富も齢もかさねつゝ
      百代に千代に君は栄え舞
  祝米寿
                        栄一郎
孔子のみち千代にたゝへむ九十路
        ちかきよはひをくりかへしつゝ
  寄椿祝
つき山のやふさのつはきふさふさと
      君は八千代の春にあふらん
  米寿祝
                      木村近太郎
千代かけて尚こそ茂り行末は
     限り知られず松をためしに
                      直林隠士親
八十や九十や百は若い者
      鶴は千年亀は万年
  子爵渋沢閣下の米寿を祝ひ奉りて
                       尾沢三省
米寿迎へし我が君はいにし明治のはじめころ西の洋へと使節して宝の成る木をもたらして瑞穂の国に植ゑ付けしそのいさほしは千代八千代万代かけて限りあらなむ
      俳句
  渋沢子爵米寿祝賀会に世界万邦の人々と大老の万歳を祝福して
                         知水
東邦に福録寿あり米の秋
  祝米寿
                         雲人
ふさわしき牡丹に米の祝かな
  渋沢青淵閣下の米寿をことほき侍りて
                         浅水
徳と共に齢も高し有米の主
 - 第57巻 p.359 -ページ画像 
  寿
                         明竹
国と共に栄ゆる有米の老樹かな
      文章其他
青淵渋沢先生八十八寿序
寿人於其齢可也未若寿之其功寿人於其功可也未若寿之其徳今寿耈無疆而功之大済国徳之盛化民如吾青淵渋沢先生其宜何如寿之乎哉先生年少嗜学幕府末造慨然有志于時務踏危機不辞也慶応中航海外精察彼土文化所由乃謂彼之長即我之短不先確立経済制度何以争衡宇内帰朝為大蔵大丞尋下于野興第一銀行示範四方又多経営商社傾倒心力不吝於是民業始駸々焉猶転暗向明也既而世人往々徇私忘義於是有論語算盤一致之説且謂器械欧米所長道義東洋為醇於是凡事之所以匡俗奨化者莫不于与率励一身八面四方翹望淳風以興先生之功与徳果何如哉先師三島中州翁之創二松学舎以実学率後進其旨頗与先生合先師亡後為舎長経営規画使先師之業益有光今也歯愈高而望愈重功益著而徳益輝当路要人就而問計工匠商估来取法天下衆庶得其一言一顧以為至栄所謂小徳川流大徳敦化者先生庶幾焉今玆十月朝野貴紳胥謀迎先生于東京会館寿其八十八齢四方識与不識皆相祝曰哿矣哉準乃謂使先生投機趣時乎陶猗之富不敢難也而不為焉順時干権乎卿相之位不敢難也而不為焉其唯不為是以其功与徳益大而愈盛真乎天憖遺一老為斯民示曠途済世道于無泯焉嗚呼天下唯獲先生始尽其寿之大矣先生唯容天下之寿無所不足焉偉哉先生之寿配功与徳而徳化洋々未知其所極也準不敏在二松学者浴先生之末光之日尚矣兮又列盛筵不容黙而已因代舎中同人敢呈寿言如此
   昭和三年十月一日    二松学舎学長 山田準
  賀米寿
                      藤井高明
人生七十古来稀  矧又八十有八齢
渋沢尊翁幸福人  今日開宴祝米寿
挙国信翁深且厚  数十星霜未曾渝
尊翁高徳万人仰  這回賀寿歓呼声
  祝詠
渋  沢の徳は普く世の人の
沢  山耳に響きわたり
栄  誉あり又信用の厚きこと
一  番勝れて及ぶものなし
翁  の徳高き山より尚高し
の  ちの世までも仰ぎたゝへむ
米  の年尚健かにながらへて
寿  ほぎ祝ふ今日の芽出たさ
を  だやかな翁の高徳したひつゝ
祝  ひ歓び舞ひつ謡ひつ
  昭和三戊辰年十月一日
「寿」字八十八字(口絵参照)        堺祥子
「鶴」字千字(右同)            清水四郎
 - 第57巻 p.360 -ページ画像 
米八十八粒に孟子の句(右同)        中山広岳
  爵歯徳の三つを兼ねさせ玉ふ渋沢子爵の米寿を寿ぐ為め一米一字孟子の一節を試みて奉る
天下有達尊三爵一歯一徳一朝廷莫如爵郷党莫如歯輔世長民莫如徳
                    (以上掲載順位不同)


斯文 第一〇編第一二号・第八二―八四頁 昭和三年一二月 恭賀青淵渋沢子爵之米寿(DK570168k-0002)
第57巻 p.360-362 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

二松 第七号特輯渋沢青淵先生追悼号・第一四―一五頁 昭和六年一二月 青淵渋沢先生八十八寿序 達山 佐倉孫三(DK570168k-0003)
第57巻 p.362-363 ページ画像

二松  第七号特輯渋沢青淵先生追悼号・第一四―一五頁 昭和六年一二月
    青淵渋沢先生八十八寿序
                   達山 佐倉孫三
我二松学舎長子爵渋沢先生躋八十八寿域。同人相謀献寿觴。不肖亦謹呈鄙言。古人以立言立功立徳之三為不朽之感事。適有其一。足以頌。而先生今能兼之可謂偉矣。先生天資英遇。夙励文武。壮歳痛憤時事。将与同志挙事。謀漏。去潜京師。偶獲一橋公知遇。随水府公子逝欧洲学成而還。是為先生展驥足之首途矣。後為公立伝。拮据数十年。網罹
 - 第57巻 p.363 -ページ画像 
無遺。其費亦不貲云。頃有論語講義之著。闡前人所未発。是非立言者而何耶。及徴為大蔵大丞。与当路諸公相討議。建財政之基礎。既而挂冠。創設銀行。大培養国本。其間屡航米洲。又遊清国。疏通彼我意思以資国交。是非立功者而何耶。常欽楽翁公之風。紹其遣緒。経紀養育院。広憫無告。且深慨斯文之衰頽。為我学舎極力尽瘁。欲奏廻瀾之功是非立徳者而何耶。凡此等事蹟。皆以古学為経。以新智為緯。渾然融洽。以成其美。是以以中洲先師作論語算盤説贈之。嗚呼亦盛矣哉。昔者禹之治水也。過家門而不入者十三年。伝以為神矣。先生六十余年間以民生財理之事担双肩。処則訪客如雲。出則軽車斬風。其勤其労何譲大禹。然而今之所患者。不在洪水之氾濫。而在於財源之涸渇。不在財源之涸渇。而在於人心之頽廃。荀欲救治之。則不得不待先生之霊腕。然則先生之寿即自然之公寿。而非一己之私寿。賀之者亦宜以天下之公言。不可以一家之私言也。不肖蒙先生之眷顧。非一朝一夕。其表慶頌寿之事。豈落人後而可乎哉。