デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

5章 交遊
節 [--]
款 [--] 14. 佐々木勇之助
■綱文

第57巻 p.465-466(DK570224k) ページ画像

大正4年4月25日(1915年)

是日栄一、帝国ホテルニ於テ開カレタル佐々木勇之助還暦祝賀会ニ出席シ、懐旧演説ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正四年(DK570224k-0001)
第57巻 p.465 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正四年     (渋沢子爵家所蔵)
四月廿五日 半晴
○上略 佐々木氏ヲ訪問シテ祝詞ヲ述ヘ、午後二時王子ニ帰宅シ ○中略 午後五時ヨリ帝国ホテルニ抵リ、佐々木勇之助氏還暦ノ祝宴ニ出席ス、食卓ニテ懐旧演説ヲ為ス ○下略
四月廿六日 曇
○上略 佐々木勇之助氏来リ昨夕ノ挨拶アリ ○下略
四月廿七日 曇
○上略 午後六時浜町常盤屋ニ抵リ、佐々木勇之助氏ノ招宴ニ出席ス、種種ノ余興アリ、夜十時過散宴帰宿ス、後新聞紙類ヲ一覧ス


竜門雑誌 第三二四号・第六四―六五頁 大正四年五月 ○佐々木勇之助君還暦の賀筵(DK570224k-0002)
第57巻 p.465-466 ページ画像

竜門雑誌  第三二四号・第六四―六五頁 大正四年五月
 - 第57巻 p.466 -ページ画像 
○佐々木勇之助君還暦の賀筵 第一銀行取締役兼支配人佐々木勇之助君は昨年齢、還暦に相当せしも、折柄諒闇中に属し、諸事遠慮せられ居りしが、諒闇明けを機とし、青淵先生・三井八郎次郎男・日下義雄氏を首め同行重役及行員の発起にて、四月廿五日の佳辰を卜し、佐々木勇之助君及同令夫人 ○中略 を帝国ホテルに招待して鄭重なる賀筵を催したり ○中略
次いで青淵先生起立して第一銀行創立当時の事情より起つて佐々木君の人格と功績とを縷述し、且つ祝して、齢と与に弥増に栄えんことを希望し、之に対して佐々木君の謙遜なる答辞ありて式を終り ○下略
   ○佐々木勇之助還暦祝賀会ニ付テハ、本資料第四十九巻所収「佐々木勇之助還暦祝賀会」同日ノ条参照。



〔参考〕渋沢栄一 日記 大正七年(DK570224k-0003)
第57巻 p.466 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正七年     (渋沢子爵家所蔵)
一月九日 晴 寒強シ
○上略
午前十時本郷佐々木勇之助氏ヲ訪ヘ、篤二ノ身上ニ付昨夜臨時同族会ニ於テ評議セシニヨリテ将来ノ事ヲ依頼ス ○下略