デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

6章 旅行
1節 国内旅行
■綱文

第57巻 p.552-553(DK570261k) ページ画像

明治43年5月21日(1910年)

是日栄一、東京ヲ発シ名古屋ニ赴キ、共進会ヲ観覧、愛知県県会議事堂ニ於ケル、全国感化救済事業大会ニ出席シテ演説ヲナシ、二十三日帰京ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四三年(DK570261k-0001)
第57巻 p.552-553 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四三年     (渋沢子爵家所蔵)
 - 第57巻 p.553 -ページ画像 
五月二十一日 曇 軽暖
午前六時起床、入浴シテ後朝飧ヲ食シ、直ニ旅装ヲ理シテ馬車ニテ新橋ニ抵リ、八時半発ノ急行列車ニ搭シテ名古屋ニ赴ク、車中益田孝・江間俊一氏等ニ面会ス、静岡駅ニテ川村勝三郎氏等数名来リ迎フ、鮓ノ送物アリ、汽車中新聞又ハ雑誌等ヲ読ム、午後四時名古屋着、地方人士殊ニ慈善会参列ノ諸氏多ク来リ迎フ、県ヨリ送ラレタル馬車ニテ旅亭丸文ニ抵リ少憩ス、夕飧後伊藤・矢田其他地方人ノ誘引ニテ共進会ノ舞踏ヲ見ル、後河文楼ニテ小宴ス、夜十二時過帰宿就寝ス、此日田中太郎氏同行終始随伴セラル、蓋同氏モ余ト共ニ名古屋ニ開カルル感化救済事業ニ関スル大会ニ臨場シテ、一場ノ講演ヲ為スニ在リ
五月二十二日 晴 暖
午前七時起床、入浴シテ後朝飧ヲ食ス、又種々ノ来人アリ、午前八時愛知育児院ニ抵リ院内ヲ一覧ス、荒谷氏其他多数来リ迎フ、一覧畢テ後共進会ニ抵リ、本県掛官ノ案内ニテ場内ヲ巡覧ス、織物・金属又ハ工産機械館等ヲ悉ク廻リテ、貴賓館ニ於テ午飧ヲ饗セラル、食事畢テ午後一時半本県議事堂ニ抵リ、感化救済事業ニ関スル演説会ニ臨ミ一場ノ講演ヲ為ス、午後六時旅宿ニ帰リテ夜飧ヲ食シ、更ニ共進会ニ抵リテ旅順海戦ニ擬シタルパノラマ式ノ観覧場ニ入リ、更ニ天女館ヲ一覧ス、夜十二時名古屋ヲ発シ、夜汽車ニテ帰京ノ途ニ就ク
五月二十三日
午前六時御殿場辺ニテ起床後、汽車中ニテ朝飧ス、九時新橋ニ着ス、直ニ自働車ニテ兜町事務所ニ抵リ ○下略
   ○其他ノ資料ハ本資料第三十巻所収「全国感化救済事業大会」明治四十三年五月二十二日ノ条ニ収ム。