デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

6章 旅行
1節 国内旅行
■綱文

第57巻 p.558(DK570267k) ページ画像

明治44年3月7日(1911年)

是日栄一、東京ヲ発シ大阪ニ赴キ、岩本栄之助ノ公益事業ニ対スル寄付金発表ノ会合及ビ国学院大学維持資金募集講会ニ出席シテ挨拶ヲ述ベ、十日帰京ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四四年(DK570267k-0001)
第57巻 p.558 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四四年    (渋沢子爵家所蔵)
三月七日 晴 寒
午前六時半起床、入浴シテ朝飧ヲ食ス、畢テ自動車ニテ新橋ニ抵リ、大阪行急行列車ニ搭ス、岩本栄之助氏トノ兼約ヲ践ム為メナリ ○中略 午後九時梅田停車場ニ着 ○中略 伝法屋ニ抵リテ投宿ス ○下略
三月八日 晴 寒
午前八時起床、入浴ヲ見合ハセ直ニ朝食ヲ食ス、熊谷辰太郎・西園寺其他大阪支店ノ人及紡績会社又ハ汽車製造会社々員等多数来訪ス、岩本氏ノ代理トシテ栗山寛一氏来話ス ○下略
三月九日 曇 寒
午前八時起床、入浴ヲ廃シ直ニ朝食ヲ食シテ来人ニ接ス、熊谷辰太郎西園寺・松井ノ諸氏来話ス、岩本・栗山・田辺貞吉ノ諸氏来訪ス、今井清彦氏来リ、国学院大学維持資金募集講会ノ事ヲ談ス、午飧後引続キタル来客ニ接待シテ、三時過堺卯楼ニ抵リ、講会ニ出席ス、高崎知事・土居通夫氏等来会ス、講会加名者一同ニ向テ一場ノ挨拶ヲ為ス、夜飧後七時過梅田停車場ニ抵リ、夜行列車ニ塔ス、送行ノ人多数来会ス、七時三十分発車、土居通夫・松方幸次郎氏等同車ス ○下略
三月十日 曇 寒
午前七時起床、汽車御殿場辺ヲ過ク、八時汽車ニテ朝飧ヲ食ス、函根ヲ経テ十時新橋ニ着ス ○下略
   ○本資料第四十八巻所収「大阪市公会堂」同日ノ条参照。
   ○国学院大学維持資金募集講会ニ於ケル、栄一挨拶筆記ヲ欠ク。