デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.16

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

6章 旅行
1節 国内旅行
■綱文

第57巻 p.595-623(DK570292k) ページ画像

大正6年5月14日(1917年)

是日栄一、東京ヲ発シ長野地方ニ赴キ、小諸・上田・長野・松本・岡谷・上諏訪ノ各地ニ於テ講演ヲナシ、十九日帰京ス。


■資料

青淵先生演説速記集(一) 自大正六年三月至大正七年十月 雨夜譚会本(DK570292k-0001)
第57巻 p.595-603 ページ画像

青淵先生演説速記集(一) 自大正六年三月至大正七年十月 雨夜譚会本
                     (財団法人竜門社所蔵)
             大正六年五月十五日於信州小諸《(別筆)》
    男爵渋沢栄一君講演速記
会長並ニ満堂ノ諸君、今日ハ当青年会ノ春季大会ヲオ開キニナリマスニ就イテ、私ニ参上致シテ一場ノ所感ヲ述ベルヤウニト云フ御相談ヲ小山君ノ令息国太郎君カラ蒙ツテ居リマシテ、則チ今日ヲトシマシテ参上致シテ満堂諸君ト御目ニ懸ル機会ヲ得マシタノデアリマス、斯カル盛大ナ会ニ参上致シマシタコトハ誠ニ初メテヾゴザイマスガ、私ハ此信濃ノ御国ニハ古イ因ミヲ持ツテ居リマシテ、当小諸町ニモ青年ノ比《コロホ》ヒ度々参リマシタ事ノゴザイマス、曾遊ノ地ト云フヨリモ、寧ロ第二ノ故郷ト云フ程ニ思フノデゴザイマス、併シソレハ六十年ノ以前ノ事デゴザイマスカラ、殆ド面目ヲ一変シマシテ、今朝モ小山君ノ家デ古書ノ手鑑ヲ拝見致シマシタ時ニ百人一首ガゴザイマシタガ、「松モ昔ノ友ナラナクニ」ト云フ言葉ガアリマシタガ、私ノ今日ノ境遇ハ殆ド昔ノオ友達ハ松スラ面影ガ無イト思フ位デゴザイマス、況ヤ人ニ於テオヤ、併シ右様ナ古イ因ミヲ有ツテ居リマスル御当地デゴザイマスデ、縦令初メテ御目ニ懸ル皆様ニモ尚且ツ古イ御親ミヲ有ツタ心ヲ以テ此会見ヲ得ルノヲ欣ブノデゴザイマス、昔旅行スル際ニハ、私ハ農
 - 第57巻 p.596 -ページ画像 
業ノ暇ニ藍玉ヲ商売シテ居リマシテ、御当地ニモ、猶南佐久ニモ、若クハ小県ニモ各地方ヲ巡廻致シマシテ、取引上ノ友達モ沢山ゴザイマシタガ、多少文学ヲ好ミマシタ為ニ、千曲川ノ南辺デゴザイマセウカ下県ト云フ所ニ木内芳軒ト云フ人ガアリマシタ、既ニ故人ニナラレマシタガ、此オ人ハ詩作ヲ巧ミニ為サイマシテ、其遺稿モ尚存シテ居ルヤウデゴザイマス、是等ハ最モ記憶ニ留ツテ居ルノ御一人デゴザイマス、其他其当時御交リヲ厚フシマシタオ方ハ或ハ取引上ニ、或ハ其他ニ多クゴザイマスケレドモ、前ニモ申ス通リ、風景モ土地モ其儘存シテ居リマスガ、其人ハ今ヤ亡シ、老人モ或ル場合ニハ長生ヲシタノヲ喜ブト共ニ、又古イ友達ヲ亡シマシタノヲ悲シムト云フ場合モナイデモゴザイマセヌ、此信濃ノ国ハ、其頃ヨリシテ一体ノ気風ガ至ツテ純朴デ、且ツ他ノ地方ニ比較シマスルト、一切ノ風体ガ高尚デアツテ、悉クサウト申上ルコトハ出来ナイカモ知リマセヌガ、概シテ貧富ノ懸隔ノ少イ土地ダト云フコトヲ承知シテ居リマスル、今日ニ於テモ尚其旧態ヲ存シテ居ルヤウニ拝見サレマスノハ、誠ニ理想的ノ地方ト申上ゲテモ宜カラウト思ヒマス、勿論一国ノ富ハ其国民富殖ノ大ナルニ帰スルノデスカラ、悉ク大ナル富ヲ成ス事ガ望マ欲シイ訳デハアリマスケレドモ、其住民ノ多数悉ク皆富ム訳ニハ往カヌ、其結果或ル地方ニ大ナル富者ガアルト、其近傍ニハ必ズ又是ニ反スル貧シイ者ガアツテ貧富平均ヲ得ヌト云フコトハ兎角地方ノ慣ヒデアリマス、其甚ダシキ懸隔ガ進デ往キマスト、結局ソレハ健康体デハアリマセヌノデ、人ノ身体ニシテモ或ル一部分ガ如何ニモ発達シテ、或ル部分ガ極ク貧弱デアツタナラバ、片輪デアルト同様ニ、余リ兼併ノ弊ガ強ク進ミマスルト、必ズ其国ノ健全ヲ失フヤウニナル、故ニ理想的ノ地方ト云フナラバ、成ル可ク貧富ノ平均スルヤウニアリタイ、当長野県ト申上ゲテ宜イカ、全体ハ知リマセヌガ、少クモ佐久・小県地方ナドハ、私昔年旅行スル際ニ左様ナ有様ダト云フコトヲ拝見シテ、今モ尚其旧態ヲ存シテ居ルコトヲ賀ブノデゴザイマスル、地方ノ物産トシテハ種々ナル物ガ数ヘラレマスルガ、特ニ養蚕ニ属スル、或ハ蚕児ノ種、若クハ蚕糸此等ハモウ第一ニ指ヲ折ルベキ物デ、長野県下ノ蚕糸ハ殆ド日本ノ全国ニ冠タル、否東洋ニ冠タル――日本ノ製糸産額ガ殆ド世界ノ半額以上ニ相成ツテ居ル、其中ノ主タルモノハ長野県ニ在ル、尤モ諏訪地方ノ製糸家ガ唯単ニ其地方ノミナラズ、各地ニ出張所ヲ設ケテ、其地方ノ繭ヲ買取リ、製糸ヲスルノガ尚諏訪ノ名ニ依ツテ輸出サルヽカモ知リマセヌケレドモ、兎ニ角ニ日本ノ最モ特産物ト申ス可キ蚕糸ニ於テハ、頗ル優等ノ地位ヲ占メテ居ルノハ当県デアルト申シテ好イノデアリマス、小諸町ノ如キモ昨日純水館ノ製糸場ヲ極ク概略拝見シマシタガ、実ニ総テノ設備ガ好ク届イテ、予テ承リ居ツタ名ニ相副フテ、敬服致シテ拝見ヲ致シマシタノデアリマス、併シ此蚕糸ノ事業ハマダ単ニ今日ヲ以テ満足ノ位置ト思ハヌデ好カラウト考ヘマス、是カラ先ニ進デ往ク余地ハ頗ル多イヤウニ思ヒマス、殊ニ亜米利加ハ絹物ノ需要ノ多イ国柄デ、近頃ハ殊ニ其富ノ増スト同時ニ其需要モ亦頗ル繁盛ニ相成ツテ居ルヤウニゴザイマス、尤モ原料ノ供給地ハ唯単ニ日本許リヲ以テ喜デ居ル訳ニハ往カヌ、隣リ国即チ支那ノ養蚕ハ中々ニ悔リ難
 - 第57巻 p.597 -ページ画像 
イ力ヲ有ツテ居リマス、第一ニ桑園ノ地味ガ頗ル宜シイ、又繭ノ見掛ケハ日本ノ品ト較ベマスルト見劣リガ致スヤウデアリマスケレドモ、糸ノ質ガ大変宜シイサウデアリマス、昨日モ純水館デ白イノ、黄ノ、両種ノ青島ノ物ヲ一覧シマシタガ、業ニ既ニ日本ノヨリハ糸ノ質ニ於テハ上位ニ居ルト云フオ話シデゴザイマシタ、併シ青島ハ支那ニ於ケル養蚕地ノ最モ優良ノ場所ヂヤゴザイマセヌ、養蚕地ノ極ク主ナル所ハ江蘇・摂江《(浙)》ガ最モ盛デゴザイマス、私ハ四年前ニ支那ノ旅行ヲ致シマシテ、彼ノ地ノ桑園ヲ視テ実ニ悔リ難イト云フ感ジヲ持チマシテ、爾来支那ノ蚕業ニ対シテ、我ガ製糸家ハ最モ注目ス可キモノデアルト云フ事ヲ、現ニ純水館主ノ小山君、又其令息ノ国太郎君ニモ度々オ話シヲシマシタケレドモ、其他ノ諏訪ノオ方、若クハ横浜ノ生糸ヲ取扱ヒマスル委托販売商店、殊ニ蚕糸ニ対シテ大日本蚕糸会ト云フ一ツノ法人団体ガ組ミ立テラレマシテ、其会頭ハ子爵清浦奎吾君ガ任ジテ居ラレマスルガ、此会ニ向ツテモ頻リニ愚見ヲ呈シテ、今ヤ追々支那ノ養蚕ニ対シテ御当地ノ方々、現ニ小山君ナドモ其御一人デアル、諏訪ニ在ル人、或ハ横浜ノ前ニ申シタ委托販売商店ナドデ種々今研究中デゴザイマスデ、果シテ如何ナル方法ガ玆ニ案出サレマスカ存ジマセヌガ、唯我レノミヲ以テ安ンゼズ、一歩進デ支那地方ノ蚕糸ニ対シテモ何分ノ経営ヲ為シテ、両国ノ製糸ガ相反シ相衝突スルコトノナイヤウニシテ、倶ニ与ニ進ムヤウニサセタイト云フ考ヘヲ諸君ガ有ツテ居ラレマスル、私ハソレニ対シテ良イ智恵ヲ与ヘル事ハ出来マセヌケレドモ支那ヲ一覧シテ来タト云フ縁故モアリマスシ、又従来蚕糸業ニ対シテハ学術上ノ智識ハ持ツテ居リマセヌケレドモ、実験上カラ申スト青年ノ頃ニ蚕児ヲ養フ事ヲ努メマシタシ、壮年ニ至ツテハ製糸ニ対シテ相当ニ力ヲ添ヘマシテ、昔風ノ坐繰取ノ糸デハ決シテ立派ナ糸ガ出来ナイ、欧羅巴・亜米利加ニ充分生糸ヲ販売スル事ハ出来ナイ、矢張リ等シク西洋式ノ製糸法ヲヤラネバ往カヌト云フノデ、明治三年ト覚ヘテ居リマス、富岡ノ製糸場ヲ、大蔵省ニ勤務中起サセマシテ、爾来機械取ノ製糸ガ段々繁昌シテ今日ニ至ツタノデゴザイマスル、此等工業ニ就キマシテモ聊カ微力ヲ入レタ積リデゴザイマス、更ニ銀行業者ト相成ツテ、ソレ以来ハ今ノ飼育法トカ、製糸法トカノ、即チ農工ノ方ハ考ヘマセヌケレドモ、今度ハ商ノ側カラ、蚕糸ニ対シテ相当ナ御力添ヲ致シタノデゴザイマス、何故ナラバ、何如ニ農家デ充分ノ飼育ヲ致シテ蚕児ガ出来上リマシテ繭ニナツテモ、工務ガ進デ之ヲ良イ生糸ニシテ売出ス方法ガ出来ナケレバ、其農家ノ養蚕ガ発展スル訳ニハ参リマセヌ、併シ縦令製糸家ガ西洋式ノ製糸機械ヲ備ヘ付ケ、多数ノ繭ヲ仕入レテ製糸ヲ致シマスト云フテモ、自然ニ出来ルモノデハナイ、繭モ買ハネバナラズ、出来タ糸モ売ラネバナラズ、此売買ノ間ニハ第一ニ必要ナモノハ金融デアリマス、此金融ガ此製糸ニ対シテ極ク簡便ニ且ツ其割合ガ低廉ニ得ル事ガ出来マセネバ製糸事業ノ発展ハ出来ナイノデゴザイマス、玆ニ至ルト商ノ勤メデアル、金融家ガ是ニ対シテ貪ラズ疑ハズ、能ク信ジ、能ク取扱ツテ金融ヲ為サヌト、製糸家ノ事業モ亦発展ヲ致シマセヌ、斯クノ如ク農工商ト相俟ツテ始メテ蚕糸事業ガ完備ヲ致スノデゴザイマス、前ニモ申上マス通リ、御当地ナドノ
 - 第57巻 p.598 -ページ画像 
養蚕ニ、製糸ニ、斯ク発展ハシマシタケレドモ、マダマダ中々ニ進ムベキ余地ハ沢山アル、又外国特ニ亜米利加ト申シテ宜ウゴザイマスガ近頃ハ其他ノ印度ナドニモ絹物ガ沢山輸出サレルヤウナ有様ニ進デ参リマシタヤウニ見エマスル、成ル可ク値ヒヲ高クセズニ、品物ヲ精製シテ、向フノ好ミニ応ズルヤウニ売出シ得ル事ガ出来マシタナラバ、例ヘバ横浜ノ輸出高ガ昨年ハ四十万ニ近イ梱数ヲ出シタノヲ、更ニ一割二割ヲ年々ニ増シテ往ク事ハ甚ダ難クナイ仕事ダラウト思ヒマス、併シテ此養蚕事業ハ実ニ当国ガ最モ首脳ノ位置ニ御座ツテ、全国皆長野県ニ視テ経営スルト申シテモ宜シイノデゴザイマスデ、此点ニ就イテハ諸君ガ充分他ノ地方ニ向ツテ誇リト為サルダケノ位置ヲ御占メナサツテ御座ルノデアリマス、ケレドモ此名誉ハ必ズ其自家ノ責任ニ依ツテ何時迄モ保テルモノデアル、名誉ト責任トハ恰度綯ヘル縄ノ如キモノデ、単リ名誉許リデ走ル訳ニ往カヌ、責任許リガ残ルモノデモアリマセヌ、名誉ガアルト必ズ責任ガ存スル、其責任ヲ尽サヌト名誉ハ段々ニナクナツテ仕舞フ、故ニ長野県下ノ養蚕製糸家ガ前ニ述ル如ク日本ニ冠タル今日、若シ皆様ガ懈ツテ養蚕モ甚ダ不完全デアリ、製糸ガ拙劣ニ陥ル、割合ハ高イケレドモ品物ハ悪イト云フコトデアツタラモウ何ウモ長野県ノ製糸ハ困ツタモノダト、必ズ反対ノ譏リヲ受クルコトハ皆様ノ勤惰ニ因リ生ズルト云フコトハ、常ニ御覚悟ナサルヤウニ願ヒタイト思ヒマス、私ガ今玆ニ申上ゲタイト思フコトハ、特ニ此青年会ニ対シテ、青年ノ諸君ニ平素ノ所感ヲ述ベテ些カ御参考ニ供シタイト思フテ出タノデゴザイマス、唯今迄申述ベマシタノハ或ハ当地ニ縁故ガ深イトカ、若クハ当地ノ特有産物ハ繭デアルトカ云フ所謂時事ノ愚見ニ過ギマセヌガ、是ヨリ本問題ノ青年ニ対スル希望ヲ申上ゲヤウト考ヘマスル
近頃青年々々ト云フテ、年ノ若イオ方ガ世ノ中ニ巾ヲ利カスヤウデゴザイマス、斯ク申ス私モ青年ヲ大事ダト申シテ、頻リニ青年ノ鼓舞奨励ノ言葉ヲ用ヰマスケレドモ、其申ス当人ハト云フト斯ノ如キ老人デアル、何ウモサウ青年許リ尊ンデ、老人ハモウ役ニ立タヌ者ダト言ハレルコトハ、此演説スル自身カラハ甚ダ不満足千万デ(拍手起ル)諸君カラ寧ロ老人ノ方ガ尊イト言フテ戴キタイケレドモ、併シ悲シイ哉老人先ガ短イ、何ウシテモ、如何ニ残念デモ、此青年ヲ尊重セザルヲ得マセヌカラ卒ウゾ其積リニ思召シ願ヒタイ、併シ人ハ年々ニ一ツヅツ歳ヲ取ツテ参リマス、私モ昔カラ斯様ナ老人デハナイノデ、矢張リ昔青年ガアツタノダカラ、是ニ較ベテ見ルト諸君モ軈テハ私ノヤウナ老人ニナル事ハ、是ハモウ自然ノ道理デ免レ得ナイデアリマスカラ、青年決シテ青年ヲ以テ安ジテ居ル訳ニハ往カヌノデアリマス、多分陶淵明ノ句デアリマシタカ、「盛年不重来、一日難再晨、及時当勉励、歳月不待人」是ハ長イ詩ノ中ノ或ル一部分デゴザイマス、或ハ朱文公ノ「少年易老学難成、一寸光陰不可軽、未覚池塘春草夢、階前梧葉已秋声」是ハ能ク皆様ガ謳ハレテ、学校ニ御出ノオ方ハ皆御熟読ノ言葉デアリマス、斯クノ如クニ此青年ヲ或ハ指導シ或ハ訓戒シタ事ハ、昔カラ沢山ゴザイマスケレドモ、私ガ玆ニ申上ゲマス事ハ、決シテ訓戒トカ云フヤウナモノデハゴザイマセヌ、即チ青年ノ皆様ニ対スル自分
 - 第57巻 p.599 -ページ画像 
ノ希望、御注意ヲ斯ク為シタラ良カラウト云フコトヲ二・三箇条トシテ、玆ニ申上ゲ試ミヤウト思フノデゴザイマス、独リ青年ト許リトハ申シマセヌガ、総テ人ハト申シタイノデゴザイマス、併シ先ヅ人ノ初マリハ若イ人デアリマスカラ、人ハト云フ中ニ必要条件トシテハ何ウシテモ青年ガ一番先ニ含マセラレルト云フコトヲ御理解ナサレタイ、人ハ如何ナル人デモ総テ相当ナル目的ガアルモノデス、希望ト云フモノハ何ウシテモナケレバナラヌモノデアル、希望ナシノ人ト云フモノハ所謂睡生夢死ノ人ニナル、此希望ヲモ一ツ進メテ理想ヲ持ツ人ニナラネバ往カヌデス、理想ト云フ言葉ハ何ウモ私ハ聊カ漢学ヲ致シマシタケレドモ、昔ノ論語ヤ孟子ニ見エマセヌ、併シ是ハ人ノ地位カラ自分ノ希望、色々ナ物ヲ組ミ立テヽ斯クアリタイト云フ考案ヲ其所ヘ作ルノヲ、之ヲ概括シテ理想ト云フテ居ラウト思ヒマス、近頃出来タル「理想」ト云フ熟字デアリマス、併シ是ハ理想ト云フ熟字ヲ用ヰヌデモ意志トカ、意トカ、若クハ希望トカ、目的トカ言フヤウナ文字ガ、即チ此理想ノ含マレテ居ル言葉デアリマス、凡ソ物心付テ世ニ立タウト云フニ就イテハ、何ウシテモ理想ト云フモノヲ持タヌト完全ナ生活ガ為シ得ラレヌヤウデゴザイマス、而シテ其理想ガ勿論人トシテ、殊ニ青年トシテ先ヅ第一ニ孔子ノ教訓シテアリマス通リ「弟子入則孝、出則弟、謹而信、汎愛衆而親仁、行有余力則以学文」是ガ即チ一ノ理想デアル、孝弟忠信ヲ以テ理想トシ、更ニ力ノ余ツタ時ハ相当ナル趣味ヲ持テ、文ト云フ言葉ハ広イ意味デ、或ハ詩ヲ学ブノモ文デアル、文章ヲ書クノモ文デアル、又更ニ哲学ヲ攻究スルノモ文デアリマセウ、或ハ物理化学ニ至テ種々学問的ノ研究モ或ル一部分ニハ文ヲ含ムト見マシテ宜カラウト思ヒマスル、デ如何ナル身分ニアリマシテモ、農業ニ在レ、商業ニ在レ、或ハ工業ニ在レ、又ハ或ル会社等ノ事務ニ従事スル場合、若クハ会社等ニ於ケル総テノ方面ニ於テ凡ソ自分ノ身ヲ立テルニ就イテ、是カラ先斯クシテ斯ウアリタイト云フ考ヘハ相当ナ程度ニ於テハ我ガ理想ト云フモノヲ有ツテ進ムガ、青年ガ身ヲ立ツテ往クニ就イテ必要条件ト迄私ハ申上ゲタイト思フノデアリマス、若シ是無クシテ唯成行ニノミ委シテ往クト云フ事ハ、即チ無目的ノ働キニナリマスカラ、必ズヤ自分ノ発達ヲ為シ得ラレヌモノト申シテモ過言デハナカラウト考ヘマス、私自身ノ事ヲ玆ニオ話シスルモ甚ダ余談ノヤウニナリマスガ、私ハ青年ノ比ヒ自分ノ故郷ニ居リマス時ニハ、矢張リ農業ニ専ラ力ヲ尽シテ、自家ノ商売ヲ満足サセタイト云フノガ理想デゴザイマシタ、然ルニ此理想ガ変化シマシタノハ、世ノ中ノ已ムヲ得ザル時勢ガ私ノ理想ヲシテ変化セシメタト申シテモ好カラウト考ヘマス、恰度幕府ノ末、外寇ノ起リ、政治ノ甚ダ宜シキヲ失ツタ有様デアツテ、私共ノ如キ位置モナシ、学問モナシ、格別得タ処モアリマセヌケレドモ、所謂国ヲ憂フルノ観念カラ遂ニ最初立テマシタ理想ガ変ジテ、所謂浪人社会ニ出テ世ノ弊ヲ救ハウト云フヤウナ気ヲ起シマシタ、併シ是ハ私ノ思ヒ違イデアリマシタガ、是モ矢張リ理想ノ一ツデハアツタノデアリマス、理想ニ依ツテ進マントシタノデアリマス、遂ニ変化シテ、色々ニ変ツテ、明治六年ニハ復タ元ノ実業界ノ人ニ変化シマシテ、廻リ廻ツテ元ヘ戻ツタヤウナ有様デ、爾来四十年是非其事
 - 第57巻 p.600 -ページ画像 
ヲ遂ゲタイト考ヘマシテ、敢テ遂ゲ得タモノトハ申サレマセヌケレドモ、併シ自分ノ思フタ理想ガ稍達シ得タト存ジマスル為ニ、モウ既ニ斯ク老衰シテ、実業界ニ充分生産殖利ニ一生ヲ全ク送ルモノデハナカラウ、尚老後数年ノ間タリトモ、今度ハ何カ精神界ノ一班ニ《(般カ)》、其改良ニデモ力ヲ尽シタイト斯ウ云フ考ヘカラ、今日ハモウ残年甚ダ短ウハゴザイマスルケレドモ、其理想ヲ以テ、是ハ殪レテ止ム迄ノ考ヘデ居ルノデゴザイマス、私ハ銀行ヲ辞シマス時ニ、頻リニ皆ニ申シマシテ或ル職責ハ辞表デ以テ罷メル事ガ出来ルケレドモ、国民タル務メハ辞表ヲ出ス事ガ出来ナイ(拍手起ル)故ニ此満堂ノ諸君モ或ル仕事ニ就イテハ、嫌ヤダト思ヘバ辞表ヲ出セマスガ、国民タル務メハ私ト同ジヤウニ誰モ書面ヲ出シテ国民ヲ止メルト云フコトハ御出来ニハナサラナイ、必ズ此事ヲ前提トシテ、斯ウ云フ時代ニ斯ウ云フ事ヲシテ往キタイ、或ル事ヲ云々シタイト思ヒマシテモ、必ズ之ヲ遂ゲ得ルモノデモゴザイマセヌケレドモ、是非我ガ目的ヲ立テ其目的ニ依ツテ進デ往クト云フ事ハ、殊ニ青年ノオ方々ノ世ニ処スルニ於テ甚ダ必要ナ、又其世ニ処スルニ於テ便利ナモノデアル、斯ウ考ヘタガ斯ウナツタト云フ事ハ、数年ノ間ニハ段々分ツテ来ルモノデゴザイマス、若シソレガ分ラヌナラバ、ソレハ或ハ己レノ志ガ変ジテ、立テタ目的通リヲ遂ゲヌト云フコトデアレバ、是ハ決シテ其効果ヲ奏スルモノデハナイ、奈何トナレバ効果ヲ奏セヌヤウニ自分デ為サルノデアルカラ、是ハ自分ガ自分ノ目的ヲ棄テタ以上ハ決シテ其目的ガ達シ得ラレルモノデハアリマセヌ、ケレドモ若シ之ヲ懸命ニ貫徹セシメタナラバ必ズ其効果ガ見エルモノデアル、木ヲ植ヱテ育テルノデモ、種子ヲ蒔イテ畑ヲ耕スノデモ、矢張リ是モ人ノ理想・目的ニ依ツテ其事ガ効ヲ奏シテ来ルノデアリマスカラ、大ト小ノ差ハゴザイマスケレドモ、人ニハ必ズ理想ハナケレバナラヌモノデアル、而シテ此理想ガ唯単ニ人タル者ハ自己ノミノ利ヲ以テ理想トスルコトハ、事ニ依ルト却テ自ラ利益シ得ラレヌモノデアル、凡ソ人タル者ハ独リデ世ノ中ニ立ツモノデハナイ、必ズ共同的ノ者デアル、相群ヲ成シ、相共ニ達スルデナケレバ、決シテ小サイ社会モ猶成リ立ツモノデハアリマセヌ、況ヤ大ナル国家ニ於テオヤ、マア極ク近イ例ヲ申シマスルト、私ハ普断ニモ自分デ銀行業者ノ寄リ合ニモ申シマシタガ、銀行ノ如キ商売ハ自分ノ資本デ自分デ経営スル、自己ダケデ資本ガ沢山アレバ繁昌スル、発達ガ出来ルカノヤウニ思フカナレド、是ハ大ナル誤解デアリマス、銀行家ノ如キハ他ノ相扶ケヲ受ケテ初メテ商売ノ出来ルモノデアル、其周囲即チ御得意ガ益々繁昌セネバ決シテ銀行ガ繁昌スルモノデハナイ、例ヘバ農業ヲ視テモサウデス、自己ノ耕作物ガ、他ノ商売ガ繁昌シ、他ノ工業ガ進歩シテ能ク売レルニ於テ、初メテ其農業ノ利益ヲ生ズル、凡テ世ノ中ハ相持ツテ進デ往クモノデアリマス、故ニ仏法ハ四ツノ恩ノ中ニ衆生ノ恩ト云フモノヲ数ヘ入レテアリマス位ニ、何ウシテモ人ハ孤生スルモノデハアリマセヌ、独リデ育チ生キテ往クモノデハアリマセヌ、此道理カラ考ヘテ見テモ、理想ト云フモノハ唯自己ノ幸福自己ノ便宜ノミヲ理想トスベキモノデハアリマセヌ、又ソレデハ決シテ其自身ニモ完全ニ発達シ得ルモノデハナイト申スコトハ、殆ド明カナ事ダト思ヒマ
 - 第57巻 p.601 -ページ画像 
ス、故ニ此人タルモノヽ先ヅ第一ニ立ツル理想、其理想ノ重要ナ所ハ必ズ自己ノ利益ノミデナシニ、或ハ地方ニ在ラバ其地方ノ幸福、広ク言ヘバ国家、第一ニ他愛ノ心ヲ理想ト致シテ進デ往クト云フ事ガ最モ必要ダラウト思ヒマス、而シテ必ズ他ヲ愛スル、他ノ為メヲ図ルト云フコトガ結局自己ノ為メヲ図ル訳ニ相成ル、私ハ普断道徳ト経済トハ必ズ一致スルト云フコトヲ主義トシテ居リマス、銀行業者ナドハ兎角道徳的ノ経営ハ出来得マジキモノヽ如ク、昔カラ言ヒ倣サレテ、悪ク申セバ高利貸ニモナル、斯ウ云フ性質ノ業態ニ必ズ道徳ト経済トガ一致スルト云フコトヲ申シマシタガ為ニ、従来ノ有様カラ言フト、余リ迂遠ナ、高尚ナ説ヲ言フト人ニ評サレタ位デゴザイマシタガ、併シ長イ経営カラ自身デ考ヘテ見マスルト、決シテソレガ過ツテ居ラヌ、果シテ人ノ為メヲ思フ経営ガ必ズ自家ノ仕合セヲ為シテ来ルト云フコトハ事実ニ於テ明カデアリマス、故ニ先ヅ立テル理想ノ中ニ、必ズ理想ト云フモノハ自己ノ利益ノミヲ第一トセヌ理想ト云フモノガ最モ肝要デアルト云フコトヲ、理想ヲ立テルト同時ニ覚悟致シタイト思フノデアリマス、第二ニ申シタイノハ、青年ハ――ト許リデハアリマセヌ、是モ総テノ人ニ対シテ申シテ良イノデアリマスガ、其時代ヲ能ク知ルト云フコトヲ、是ガ甚ダ肝要デゴザイマス、其時ハ何ウ云フ時デアルカト云フコトヲ詳カニ知ル、ムヅカシイ言葉デ申スト「哲人機ヲ知ル之ヲ思ヒニ誠ニス」ト云フ句ガアリマスガ、機ヲ知ルト云フコトハ即チ其時期ヲ察スルノデアリマシテ、時代ト云フモノハ追々ニ変化シテ往クモノデアリマス、何時モ同ジ有様デハ居リマセヌ、是ハ人ガ団子ヲ食ベルト彼岸ダト思フ、牡丹餅ヲ食ベルト盆ダト思フト云フダケノ唯心無シニ経過スルト云フコトハ、是ハ機ヲ知ルノデハナイノデアリマス、時代ノ変化ヲ能ク察知スルト云フコトハ、広イ言葉デ言フト、即チ天下ヲ計略スルニモ機ヲ知ラネバ往カヌガ、又極ク小サイ言葉デ言フト、麦ヲ蒔クニモ時ヲ知ラナケレバナラヌ、蚕児ヲ養フニモ八十八夜モ来タカラ種子ガ青ンデ来タト云フ考ヘヲ持タナケレバナラヌ、此日常ノ場合ニ時ヲ知ルト云フ必要ガアリマスガ、私ハ唯時計ヲ見テ時ヲ知レ、時間ヲ知レト云フノデハナイノデアリマス、今ノ時代ハ何ウ云フ有様デアルカト云フ事ハ、大ナリ小ナリ総テノ方面ニ能ク之ヲ注意セネバナラヌモノデゴザイマス、御集マリノ皆様ノ多クハ実業界ノ諸君デオ出デ為サルダラウト思ヒマスガ、日本ノ実業ノ変化ノ有様ヲ玆ニ概略申上ルト、御維新ノ初メト今日トハ実ニ大ナル変化ヲ為シテ居リマス、商業工業ニ於テハ欧羅巴・亜米利加ノ風習ヲ学ブヤウニ相成リマシテ、全ク時代ガ変化致シタト申シテモ宜イノデアリマス、此世ノ中ニ事業ヲ経営スル時ニハ、是非此時代ハ何ウ云フ時カト云フコトヲ知ツテ、ソレニ応ズルヤウニシテ働ラク、サウセザレバ必ズ其宜シキヲ得ル事ハ出来マセヌモノデゴザイマス、故ニ若イオ方ノ今ノ理想ヲ以テ世ニ立ツニハ、何ウシテモ今ノ時代ガ如何ナル時代デアルカト云フコトヲ知ルノガ最モ肝要デアル、而シテ今日ハ何ウ云フ時代デアルカト云フト、是ハ最モ喜ブベキ、又憂フベキ時代ニ在ルト云フコトヲ諸君ハ、御記憶アリタイト思ヒマス、其喜ブベキ訳ハ何ウカト云フト、此欧羅巴ノ大戦乱ハ従来ノ日本ノ段々欧米ニ学ンデ工業・商
 - 第57巻 p.602 -ページ画像 
売ノ進歩シテ来タ、彼等ノ盛ナ時ニハ此方ガ進モウトスルト、向フカラ押コクツテ来テ彼等ト相闘ツテ居ツタノガ、彼ニ不幸我レニ幸ヒ、向フガ戦争ノ為ニ商工業ノ進歩ハ停滞シテ参ツタ処カラシテ、甚ダ有様ガ変化シテ、始終輸入ニ憂ヒテ居ツタ日本ガ輸出勝ニナリ、各種ノ工業モ寧ロ欧羅巴ニ輸出スルヤウニ進デ参リマシタ、マア此事ニ就イテ或ル種類ニハ実ニ意外ナル、利益ヲ得テ喜ビヲ以テ迎ヘテ居ル人ガ多イヤウデゴザイマス、去リナガラ是ハ必ズ又変化スルモノデアルト云フコトヲ覚悟セネバナラヌノデス、戦争ノ終熄シタ暁ハ何ウ云フ有様ニ変化シテ来ルカト云フコトガ今日ニ於テ大ニ注意セネバナラヌ、即チ現在ノ輸出入ノ順調ニナルトカ、或ハ正貨ガ沢山ニアルトカ、品物ガ沢山ニ高ク売レルトカ云フ喜ビハ、如何ニ変化スルカト云フ事ヲ何ウシテモ今日覚悟セネバナラヌ時代ニ相成ツテ居リマス、独リ今ノ戦争関係ノ時機ヲ観察スル許リデハアリマセヌ、他ノ事物ニ就イテモ総テ時代ニ能ク応ズルヤウナ考ヘヲ持チマセヌト、縦令良イ理想ヲ持ツテ居ツテモ、其理想ガ首尾良ク往キマセヌトカ、或ハ大ナル過チヲ生ズルト云フ事ガアルモノデアリマス、故ニ青年ノ世ニ立ツニハ第一ニ理想ヲ立テル事ガ必要、第二ニ其時機ヲ知ルノガ必要ダト云フコトガ最モ御注意為サルベキモノト考ヘマス、更ニ今一ツ私ハ青年ノ諸君ニ最モ重要ナ事ヲ玆ニ申上ゲテ置キタイト思フノハ即チ言行ガ一致スルト云フコトデアリマス、言フ事ト行フ事ガ必ズ一致スルノデス、言フハ易クシテ行フハ難シト云フコトハ、昔カラ人ノ訓ヘテ居ル処デゴザイマスケレドモ、ソレハ今日デモ尚其通リ、孔子ノ教ヘニモ「言ニ訥ニシテ行ニ敏ナラン事ヲ欲ス、」成ルタケ言議ハ少クシテ実行ノ上ルヤウニ心掛ケタイト訓ヘラレテアリマス、ケレドモ人ハ唯言議ヲ少クト云フテモ唖デ暮ス訳ニハ参リマセヌ、志ト云フモノハ始終自分デ言ヒ現ハスダケノ力ヲ有タネバナラヌ、即チ言葉ハ甚ダ大切デアル、其言葉ヲ発スルニハ勿論意ガアツテ発スルノデ、志デアル、志ヲ発スルノハ言葉デ、言葉ヲ行フノハ実行デアル、此言行ガ一ツデナケレバ決シテ効果ヲ奏スルモノデモナシ、又人トシテ他ノ信用ヲ得ルモノデモナイ、事業ノ経営成功モ決シテ能クシ得ルモノデハナイト申上ゲテモ過言デハナイト思ヒマス、凡ソ人ノ世ニ尊ブ処ハ、何ウシテモ信用デアリマス、アノ人ハ信用ガアル、人格ノ高イ人ダト人ニ賞讚サレル人ハ、能ク御観察ナサイマセ、必ズ言行ガ一致デアル、若シ言行ヲ齟齬スル人デアリマシタナラバ、ソレデ信用ノアルト云フ人ハ殆ド見ルコトノ得ラレザル訳デアリマス、優レタ英雄豪傑中ニハ或ハ言フ程ニ行ハヌ人ガ必ズナイトハ申シマセヌケレドモ、蓋シ其言行ガ甚ダ合シマセヌト、如何ニ偉人デアツテモ、信用ト云フ点カラハ多少欠ル処ガ生ズルノデアリマス、故ニ言行ヲ一ニスルコトガ、私ハ青年ノ最モ注意ヲセニヤナラヌ処ト深ク信ズルノデゴザイマス、青年ノ諸君ニ対シテ私ノ希望致シマスコトハ数々アラウト思ヒマス、併シ余リ多ク申上ル程時モゴザイマセヌシ、又其事柄ヲモ玆ニ考ヘヲ有チマセヌ、唯第一ニ、何ウシテモ人トナツテハ必ズ一ツノ理想ヲ持ツテ世ニ進ミタイ而シテ其進ムヤ、其時代ヲ詳カニ知ル事ガ必要デアル、又之ヲ知リ、又之ヲ進ムニ於テ言葉ト行ヒト齟齬致サヌヤウニスルノガ、甚ダ其人
 - 第57巻 p.603 -ページ画像 
ノ世ニ発達スルノ秘訣デアリマス、爰ヲ以テ諸君ハ充分ナル御注意アランコトヲ希望致スノデゴザイマス、甚ダ時間ガ迫ツテ参リマシタデ尚申上ゲタイヤウニ考ヘマスル事モゴザイマスケレドモ、唯要点ヲ玆ニ申述ベテ是デ今日ハ御免ヲ蒙リマス(拍手起ル)


竜門雑誌 第三五〇号・第二二―三七頁 大正六年七月 ○長野市に於ける講演 青淵先生(DK570292k-0002)
第57巻 p.603-613 ページ画像

竜門雑誌  第三五〇号・第二二―三七頁 大正六年七月
    ○長野市に於ける講演
                      青淵先生
 本篇は青淵先生が去五月中旬長野県下巡回講演の際、同十六日長野市城山蔵春閣に於て講演せられたるものなり(編者識)
 会長、知事閣下、満場の諸君、私が今日当長野市に出ましたについて、玆に一場の愚見を諸君に向つて申述べるやうにと云ふ商業会議所其他有志の皆様方よりの御依嘱でございまして、玆に斯く多数の皆様に相見ゆることを得たのは私の光栄且愉快とする処でございます、少しお約束の時間を遅れましたのは、善光寺様へ参詣を致しまして未来の後生を願ふた為めでございます、是は私自己の為ではございますけれ共、御当地の善光寺様へ参詣の為に遅れたのでありますから、諸君は御堪忍下さり、御宥恕あるだらうと私は思ふのであります、老人且少々声を傷めて居ります為お聞苦しうございませうし、又隅迄声が透らないか知りませぬが、何うぞ其辺は年に免じて御宥恕を願ひます。私は元来学術を修めた者でもなし、又政治家でもございませぬから、余り政治の方針とか、学術の研究といふやうなことは申上げられませぬので、蓋し諸君を益することは少なからうと思ひます、唯昨年実業界を退隠致しましたにもせよ、兎に角永い間其位置に在つて一時勤勉致したこともございますから、私の言ふことにより或は多少得る処が有るかも知れない、故に自分の信ずる事を諸君の面前に陳述することと致しました。万一にも諸君の御参考になりましたならば、此上もない私の幸慶でございます。
 私が今玆に申述べやうと思ふことは、目下の欧羅巴の戦乱に対する現況、又何れ此事は終熄するでありませうが、其止みますに就ての覚悟といふ問題に就て一場の愚見を述べて見やうと思ふのであります、元来私は西洋の事は其昔は嫌ひでございまして、所謂攘夷家を以て自ら任じて居つた者であります、併し夫は殆ど此信州の地を旅行した昔の渋沢であつて、六十年以前の事でありますから、今猶攘夷家を以て御覧下さることは御免を蒙ります、去ながら其時分攘夷家といふ観念が甚だ野蛮であり、又無識であつたには相違ありませぬけれ共、或精神から申すと自ら決して唯単に莫迦らしい事だとのみに思ひませぬのであります、恰度七年前に私は亜米利加に団体旅行を致しました、明治四十二年でございます、其旅行中にシラキュースのフルベッキといふ日本に永く居つた人の開いた学校に参つたことがあります、此学校に於てグリフヒスといふ学者――亜米利加の有名な学者でございます東洋通とも申す位でエムパイヤー・オブ・ジャパンといふ書物を作つて日本の色々の事情を詳しく論述した人であります、恰度吾々を迎へて呉れまして、其席上で今のグリフヒスは日本人を賞讚する意味を以
 - 第57巻 p.604 -ページ画像 
て述べまして、日本の亜米利加の誘導によつて開国したことは誠に知慧のある処置であると説明し、勧めた亜米利加も大分な面目を施したけれ共、是に応じた日本は更に大に利益して為に国運が四十年の歳月を経て斯の如き進歩をした――夫が恰度明治四十二年のことでございますから――而して其原因たる開国に力を竭した処の彦根の藩主井伊掃部頭の眼識が第一に偉いと云ふて、頻に井伊直弼を賞讚して其当時の事情を審かに演述されました、外国人として日本の其当時の時代を審かに知つて居て、さうして議論するといふことは忝いことで大に喜ぶ次第でありますから、君の言然りと私は答へたのでございます、然し私は前にも申述べた通り、其井伊掃部頭が政治を執る頃は過激な攘夷論者でありました為に、是に一言報ひざるを得ませぬで、詰り申すと反駁的の演説を私はしたのであります、凡そ外国との親交は勿論親善を増すやうに益々厚きを加へて行かなければならぬことは国際上の常とは申しながら、国の有様に依り、其国を侵略する主義を以て来る国、唯謂はれなく侵略するといふことであつたならば、甚だしきは其圧制を受け、侮辱を被り、侮辱処ぢやない、極端に往くといふと国の命脈迄も損ずる訳になる、正義人道に依つて他国を誘導開発しやう、有無相通じやう、和親交通をしやうといふ国柄であつたならば大に宜しいけれ共、其当時日本は何れが左様に人道に基いて外交を求めて居るか、何れが侵略の主義を以て居る国かといふことは、当時の幕府でも分らない、今君の褒めた井伊の如きも、何れか烏の雌雄を弁別し得ないのであつて、当時の幕府が外交に直ぐ同意を表したのは、其実は唯弱いといふだけである、自己の眼に外交が恐ろしいといふ観念からだけで此外交を唯々諾々応じて仕舞つたのである、色々と当時憂国者は論議して見たが、其求める処の国の善悪を能く識別することは出来ないので、其当時渋沢は即ち私は是は必ず外国の人は国を侵略しやうといふ主義を持するであらう、俗に人を見ては泥棒と思へ、赤いものを見れば火事と思へといふ主義を以て是を防いだが、其当時の吾々は智者とは言はれませぬが、併し応じた井伊掃部頭も決して賢者ぢやない、試みに思へ、其当時に他の国を侵略しやうと思ふて外交を求めた国が幾許有つたか、幸に亜米利加はさうでなかつたからして、君が井伊掃部を賞讚するが、若し亜米利加が侵略主義を以て来て是に応じたとしたならば、掃部は実に日本の為には国賊であります、其分別をせず、唯掃部頭を賞讚するといふことは大なる誤りである、私は日本人として日本人の而も其当時国政を執つた人の批評を試むるは宜しくない訳で、殊に私共の歓迎の宴に於て述べられた演説を駁撃するは穏当を欠くか知れないが、真実を吐露する以上、左様な御演説は黙視が出来ないにより斯く反対の意見を述べるので、唯単に私が当時攘夷家であつたのみで言ふのではございませぬと駁撃したことがあります(拍手)是は昔語りで敢て今左様な八釜しいことを申上る必要もございませぬけれ共、思ひ起せば大正三年欧羅巴の擾乱が勃発し遂に世界の大乱を惹起しました、即ち軍国主義の一の国が此の他国侵略主義で力を他方に伸ばさうといふことから、斯の如き大戦乱となりました、六十三年前の昔、私共が頻に鎖国を唱へたことが決して唯外国の事情を知
 - 第57巻 p.605 -ページ画像 
らぬからのみの過失ではない、段々進んで来る文明は却つて右の通り非文明を大に曝露することになり、恰度明治四十二年にグリフヒスに答弁したことが、今日になつてそれ御覧なさいと言ひ得るやふな有様を起したのであります(拍手)セルビヤの人が墺太利の王子を暗殺した事情といふものは色々の細い事情がございませう、私は欧羅巴の事柄を審かに知るの学問が有りませぬ、又有つたにした処が此処で喋々申上るといふ場合ではございませぬ、兎に角左様の騒動が戦端を発したのでありますが、併し其根源は独逸が何処までも世界に覇たらんとし、極端に申すと英吉利なぞの東西洋に雄飛して居るのを深く心悪く思ふからして、遂に力を伸ばさうと掛つた、反対に又一方では其位置を維持しやうとするには其暴戻を防がなければならぬといふ訳で、遂に相結んで段々進んで今日の有様に相成つたと申して決して間違ひはないと思ひます、すると是は私共の方面の実業界の関係とは違つて、少し脱線的の申上げ方でございますが、此欧羅巴の戦局即ち今問題たる時局の素を成して居るので、唯単に商売上の関係、利益の考へ許りでなしに――利益の考へが根本であるか知りませぬが――全く勢力の角逐から今に到つたと申して宜しいと思ひます、併し是等は政治家若くは学者・歴史家の考慮する処で、御同様は元の起りは左様であるといふ大体を知れば足るのであります、私はさう云ふ詮索は止めまして玆に夫が実業界に如何に関係して居るか、而して未来は何うなるか、確たる論断は申上げ兼ねますが、併し先づ斯う心掛けねばならぬ、斯様な覚悟が必要であると云ふことだけは、自己の信ずる処を、当ると当らないと、適当と不適当とは別として、遠慮なく諸君の面前に申上げたいと思ふのであります。
 大正三年に戦争の初つた頃、私などの想像は欧羅巴の戦乱が何処迄続くか知りませぬが、兎に角独逸と英吉利との力比べといふことになつたならば、或は虞る、相当の大騒動になると言はなければならぬか知れない、併し其初め恰度忘れも致しませぬ、七月三十一日に私はずつと房州の方へ旅行しました、其旅行中には新聞には大変八釜しかつたが、愈々戦争になるか知れぬといふ説が頻に銀行若くは友人社会にありましたが、私は寧ろ成るまいといふ心を以て居つた、夫は何ういふ訳であるかと申せば、其前々年でありました、亜米利加からスタンホルドのジョルダンといふ人が来て、其人とモロッコ関係に就いて仏独の関係は遂に戦になるか何うか、欧羅巴戦争になるか何うかといふて其ジョルダンと頻に話合つた時に、夫は必ず戦争になるまいと思ふ兎も角も段々文明が進む程戦争は憶劫になる、戦争には沢山の金が掛る、お互に智慧が進んで来るとさう云ふ莫迦気た事は仕たくないといふ感じがする、政治家・軍人が仕たくも、愈々金を要するといふことになると、実業界が大変不同意をする、現に独逸はモロッコ関係に就て亜米利加の公債を望んで居るけれ共、彼のモルガンは是に応じないと言つて居るから、多くは戦争にならずに済むだらうといふことを申しました、尤も是は普通の談話でありますが、夫からジョルダンは亜米利加に帰る途中亜米利加から電報が来てモルガンの説の通り独逸はとうとう戦争の考へを止めたといふことを聞いて、自分がお前に話し
 - 第57巻 p.606 -ページ画像 
たことは先づ当つたやうに思ふといふて来た、夫が而も此戦争の初まる二年許り前である、旁々左様なことを思出し、先づ大略さう激しい事はないという想像を以て私は旅行した、ところが八月三日であります、私が帰つて参りますと、中々ジョルダンが二年前に言つたことは少しも当になりませぬ、愈々戦争開始といふことになつて、将来如何に相成るかわからぬといふやうな有様、軈て其十六日と記憶して居りますが、帝国は英吉利との関係がございまして独逸に向つて最後の通牒を送るといふことになり、即ち日本でも戦争に参加致すことになつて、世間は愈々戦争状態となり、新聞は喋々する、火事は遠いが中々油断のならぬ位でありました、其時の経済界の考へは、此軍さが初まつたならば欧羅巴は軍需品が多く要る、其軍需品の外に農産物も沢山要る、亜米利加は局外中立を発表するに相違ないから、亜米利加は極く仕合せを得るだらう、亜米利加が仕合せを得たならば、日本は結局悪い事はない、亜米利加の景気は必ず絹物の繁昌を来し、絹物の繁昌は日本の蚕糸が高く売れるに相違ない、東洋に於ては支那に対する貿易が格別多くないが多少の利益がある、亜米利加に対しは日本は大にお得意の関係を有つて居るから、日本の為には此戦争は恐らく不利益ぢやあるまいと、誰も考へて居つたのである、処が暫くして即ち十一月頃と覚えますが、一般に大不景気で、綿の商売も、有価証券の商売も火の消えたやうに其運転が止つた、夫は英吉利へ軍需品が利かないからである、甚だしきは亜米利加人中其愛国的の人は綿を以て絹に代へるといふ有様に迄なりました、故に日本の生糸は当時殆ど一梱――日本の一梱は百斤でありますが、一梱千円そこそこであつたものが三割も下つて、殆どもう製糸家若くは糸の売継をする横浜の売込問屋は実に青菜に塩の如き体裁になつたのであります、従つて凡ての商品に向つて景気が甚が悪く、金融逼迫となり金利も上る、是は戦争は大に仕合せと思ふたのに、何うも想像は間違うものだといふ感じを惹起したやうでありました、夫は大正三年に戦争が初まつて、其年の冬頃から景気が悪くなつて来たと記憶致します、結局大正三年の末頃からそんな有様になつて来て、此戦争が日本に仕合せを与へる処ぢやない、大なる妨害を与へるものであるといふやうな感じを生じて来たのであります、併し夫は暫くで、段々物の折合が附いて来ますと、殊に彼のモラトリウムが起つて英吉利・仏蘭西等で凡ての取引の掛を多く延ばすといふことを法律の上で決めて、政府の命令に依つて支払ひを停止するものもあり、是等の為に金融に好結果を来して半年立つか立たない中に其模様が大に変つて来て、是からそろそろ亜米利加の景気が直り、従つて生糸の相場が確かりする、凡ての情況が殆ど一年経つところりと変つて参りました、私は恰度大正四年の十月の末亜米利加に旅行しまして、昨年正月の初めに帰つて、恰度三月許りの旅行を致しました、其一昨年の冬になると、もう亜米利加は其前年の景気とは夫こそ雲泥霄壌の差で、実に何の方面も凡て上景気、人気は所謂旭日昇天とも申すべき様子に見えましてございます、殊に亜米利加は賑かな頗る繁昌する処でございますが、一昨年行つて見た眼では、七・八年前若くは十五年前、以上三回参つたが、其三回の内一番仕舞ひの一昨年
 - 第57巻 p.607 -ページ画像 
の亜米利加の大都会の景気といふものは、夫は一寸地方の人が一泊掛で旅行しても直様其模様が分る位でありました、恰度当時日本も同じく其景気が恢復して、前に申上げた生糸の価も一時三割も下つたのがそろそろ恢復して遂に元の価に復することに相成つたのであります、恰度其下つた時は斯の如く日本の生糸が安くなる、限りなく下落するやうな有様で市場も閑散で実に是は情けない訳である、併し何うも是は自然の有様ぢやない、全く人気から来るのであらう、是は何か一種の方法を以て是を保護する仕組にする外ないといふので、段々私共は屡々政府に要求して、五百万円政府から資金を出して貰つて、帝国蚕糸会社といふものを作つて、相当の価ならば此蚕糸会社が買ふ、安い価で売らないやうにするが好いといふ所謂一種の下落を防ぐ保護政策を行つたのであります、但し是等の政策は必ず効を奏するとは思ひ兼ねた、罷り間違へば、政府の五百万円は損をする位の覚悟を以て企てた、敢て私が其会社の当局者ではありませぬが、起す時分には大変に論じ、手続き等も始終相談に預つたのでありますが、恰度亜米利加から帰つて来る頃は糸の価が恢復して、昨年一月四日に日本に戻つて参つた時はもう殆ど一千円といふ価で、其時に相当の利益を収めて居りましたから、蚕糸会社は満足に終結を遂げたら好からうと私は注意しまして、早速其事に取極め、五百万円の金は事に依ると捨てる積りで出した金、其五百万円に却て百六拾五万円といふ利益を附けて政府へ返すことに為りました、私は其百六拾五万円の金を政府が唯取つて仕舞うのは宜しくないから、此金の中相当の額を此蚕糸一般の改良とか若くは他の政策を行ふといふか、共同的資本に――適当の蚕糸会社なり、蚕糸協会なり、其他の仕組に依り与へて、五百万円損せずに百六拾五万円儲かつたのであるから、其三分の一や二分の一位は是非さういふことに成さつて、将来の蚕糸の大政策に供するが宜からうといふことを当時の総理大臣大隈侯に夫こそ口の酢くなる程論じましたが、私の微力遂に行はれないで仕舞つた、玆で斯んな愚痴を諸君に申しても、諸君が俺は何うも聞いても仕方がないと言はれるか知れぬが、私は大変に是を残念に思つたのであります、決して此事を諸君に訴へて御同情を寄せらるゝことを期するのではない、少く共長野県の諸君は斯る事柄に対しては、如何にも渋沢の申すことは尤もらしいと同意下さることゝ信じます(拍手)
 是等は余談でございますが、右様の有様から単り蚕糸のみの事情でなく、凡ての方面に段々欧羅巴の戦争が亜米利加にも日本にも好景気を与へましたが、殊に著しいのは船舶であります、是は自分の事業外でございますから細い計算は知りませぬが、或は三菱・川崎、其他浦賀・石川島等の造船会社や造船業者は限りなき仕合せを得たのみならず、凡ての船を所持する大会社即ち郵船会社・東洋汽船会社・大阪商船会社等を初め皆悉く利益を得た、殊に甚しいのは百二十万円で注文した船が出来上ると四百万円に売れたのがある、自分では一寸も手を附けないで、唯注文したゞけで幾分か所謂手附金を払つたゞけで一艘で三百万円も儲けたといふ、さういふ者が又大勢あるといふ位であります、又或は薬種・染料、其他各種類に於て利益を得た人が中々少く
 - 第57巻 p.608 -ページ画像 
ありませぬ、各工場若くは鉄管の製造、悉く数へ尽す程私は記憶しませぬけれ共、段々此の有様は凡ての方面に行亘つて、殊に一昨年から昨年に掛けては主として露西亜でありますが、軍需品の注文即ち皮であるとか靴であるとか、其他政府の引受けて取扱つた物には鉄砲もありませう、弾薬もありませう、さう云ふやうな種類の特殊に受けた註文も中々少くないのであります、従来の貿易は始終輸入勝で逆境々々に苦んで居りましたのが、一昨年には一億何千万円、昨年は三億も輸出が超過するやうな数字を現はして、遂に在外基金は七・八億迄に其高が進むやうに相成つた、実に日本の今日の有様は此時局が日本の事情をして大変に進め、又力有るやうな域に迄立到らしめたといふて宜からうと思ふ位であります、此点から見ると戦争は大変に日本に仕合せで飽迄も戦争が続けば宜いと申したいやうに考へますれ共、是はもう一つ能く考へて見ると、即ちさう云ふ有様で押して進んで行つたならば其結果は何うかと考へると、夫こそ恐ろしい未来を見なければならぬといふ懸念を生じて来るだらうと思ひますからして、感情づくから言ふてもが左様な惨禍を何時迄も永く続かせるといふことは迚も考へられませぬが、所謂人道から論じましても決してさういふ観念を有つては宜しくない、又申す間敷きことゝ思ふ、一昨年亜米利加に参りました時に亜米利加人の歓迎会の席上で、今幸に亜米利加は仕合せを得て居る如く聞いて居るが、併し泰平を講ぜらるゝものと思ふ、泰平を講ずるならば無謀の国に対しては是を押へるといふ観念を有ちたい夫でなければ遂に真正の泰平は出来ないといふことを私は愚見を述べて置きましたが、遂に亜米利加は単り私の言ふ通りではありませぬが段々殊に独逸が余り暴戻が甚だしい為でありませうが、今日では戦争に参加するやうになり、此程の新聞を見るとルーズヴェルト氏は義勇兵を起して既に戦場に向ふといふ話しになつたといふことであります恰度私が一昨年ボストンに於てハーバード大学のエリオット氏と彼是話しをしましたが、戦争の終熄、之れを止めるといふには何うしても唯人道許りで止めさせることは出来ないと思ふ、道理正しき国々が心を一にし力を合せて、さうして牽制する強い力を有たなければならぬ夫でなければ平和克復は出来ないと自分は考へるといふエリオット氏の考へで、私共もさう思ふと答へましたが、今にすればエリオット氏の考へは六国の同盟、英仏露日に伊太利と亜米利加を合せれば此独逸墺太利に対して必ず之が勢ひ窮するだらうと思ふといふことである、私もさう云ふ考へであると云つた、お前帰つたならば大隈さんに其ことを伝へて呉れ、とのことで私は如何にも御尤もに思ふから、力限り必ず其ことに同意を表する、併し是は私が政治に立入る嫌ひがあるがお前の亜米利加では若し日本が同意すれば亜米利加をして六国同盟の位置に立到らしめることが出来るかと言つた処が、夫は今日お答する訳には往かないと云ふて別れたことがあります、此旅行中亜米利加の人とは種々な話を致しましたが、其エリオット氏の言葉は偶然にも事実となつて今日言はず語らずの間に六国同盟の形が出来た、伊太利の戦争に加はり聯合軍に加盟したのもエリオット氏が言つた後である、斯の如く完全に戦争の予測は出来ない、殆ど他に望みがないと言はな
 - 第57巻 p.609 -ページ画像 
ければならぬと話して分れたことがありますが、先づ其戦争の関係から亜米利加であれ日本であれ、仕合せが多いといふことは尤もで、事細かに各方面から申上げる事は私もさう知りませぬが、大体左様な有様でありまして、今日は実に好い景気で居るといふて宜しいのであります、去ながら更に今申す通り結局始ある者終ありで、出来た事は収まると斯う考へると、既に力ある聯合国が本当に協力して進んで参りましたならば、軈て相当の方法によつて此戦乱は終熄するだらう、此終熄したる暁は何う云ふ有様であるか、是は私共の斯様に考へて好からうといふことを申上るのは甚だ以て困難であります、否困難といふよりは是を言ひ得る智識がないと告白する方が宜しいのであります、併し物には凡そ度がある、縦しや明白に分らないのでも、必ず始ある者終ありで、原動力の強いものは其反動力も激しいといふような物の道理に依つて観察が出来るものであります、左様な点から思案すると何しても此終熄する場合には成べく此時機に対する覚悟を完全に致して、夫に依つて生ずる利益は成べく注意して、さうして成べく控へて全力を保つといふ心掛が一番予防法として好からうと思ひます、長野県なぞに於きましては今の関係は甚だ厳しくないから原動力の受方が少い、其反動による影響も軽いといふことは想像せられますが、株とか船とか其他の直接関係の強い向々に於ては、只今申上げる通り余程当業者は心を用ゐなければならぬことゝ私は常に思ふて居ります、自分は実業界の隠居でありますけれ共、永い間の経験から始終左様に考へて居ります、加之玆に此場合私が最も充分なる力を入れたいと思ふ事は、亜米利加との関係を飽迄も親密にし、又支那に対しては道理を正して充分に指導をするといふことであります、此等のことは日本国民の大に力を注がなければならぬことゝ思ひます、斯ういふことを申あげると少し政談らしく相成つて、政治を説くやうに誤解され易いが私は政治に依つて説くのでない、経済に依つて其事を述べるのであります、前にも申す通り亜米利加との関係は親密を要することで、日本が各国の御仲間入をして其以来国際上の関係は先づ以て都合が好い、即ち数十年前から段々亜米利加に移住する者があるが、カリホルニヤ州に於ては甚だ面白くない面倒が起つて居る、即ち日本人排斥であります、是は日本人としては実に亜米利加に対して大に不満を言はなければならぬ、何故なれば長夜の眼りを覚まして世界の仲間入をさせたと言つて、或場合恩にも着せる程の亜米利加、其仲間入をさせた国民が大勢行つて是を冷遇するといふ訳がない、殊に社会の状況から決して左様な差別をされるべき事が一つもないのである、人道の重んずべきを唱道して居る亜米利加人にさういふことはない筈である、是は日本人が一面から飽迄も親善でなければならぬ、併し其事が或場合に労働者の競争若くは人種・宗教等の別、夫から風俗の相違といふ事、夫等の点から一寸嫌はれることも亦考へなければならぬ、余儀なく殆ど十年許り前に日本政府は之を避ける余り紳士協約といふものによつて努めて移住民を差控へて居るにも拘らず、猶以て此差別的待遇をするといふ、さう云ふ亜米利加であつては困る、日本の政治家は勿論国民は心配して居るのであります、私は政治家ではありませぬけれ共、亜
 - 第57巻 p.610 -ページ画像 
米利加との交情は飽迄も大切にしなければならぬといふ観念を有つて居る、昔から此心は有つて居る、是は日本の命と迄思ふ、若し亜米利加と遂に戦争を起すやうであつたならば日本の国富は全く滅茶々々になると思ふ、斯く考へると此方から礼儀を尽して向ふにも無謀を為せないやうにする外ない、今述べた事抦なれば唯単に意見で終るが、議論をするを宜しいとか宜しくないとか段々論じて行くと、何うも一本参らうといふことに遂には成る、夫では甚だこはい事でありますから先づ政府のみに任せず、国民の情愛として左様の事をしては宜しくない、又向ふでもさういふ事は出来ないものであるといふ風に互に相思遣り、相愛するの情から此面倒を段々に薄らいで来るやうにする外はない、明治四十一年頃から向ふから来る者に対して歓迎するとか、又は種々此方から向ふにも行き、殆ど亜米利加には三度、欧洲とも四度団体旅行をしましたが、先刻のグリフヒスとの問答は其旅行の際の一の談話であります、爾来屡亜米利加人が来ると殆ど談話を致さないことはないやうに、而も重立つた人が来ると政府との関係ではありませぬ、唯私が亜米利加との懇親が多いといふ方の関係から始終話を交へ来つて居ります、一昨年参りましたのは実は其前々年土地法といふを設けて、日本移住民を深く苦しめて大に弱つたが、一年置いて翌年カリホルニヤ州にも亦さういふ法律を布いて日本人を苦しめる虞れがある、成るべくさういふ事をして貰ひたくない為めに参つたのであります、幸に其事は……私が参つた為めではありませぬが……遂に無しに仕舞つて誠に喜びましたが、同時に私は更に方向を転じて今述べましたやうに、若し亜米利加の富が段々膨脹する、富が膨脹すれば余所へ発展すべきであるが、元来亜米利加は自国が広い為に自国に於て具備の足らない国であります、他に貿易を進めて国の地歩を進めるといふ趣旨であるから、勢ひ段々欧羅巴の戦乱の為めに国の富が増して来れば、亜米利加人は自覚的に海外発展といふ考へを有つて来ます、果してインターナショナル・コーポレーションと云ふ会社は一億万円の資本を以て南亜米利加に事業を興した、又更に東洋の方面に於ては支那であります、此支那に向つて亜米利加は夫は潮の寄する如き力を以て商売上無遠慮に日本の利益を奪ふかも知れぬ、従来日本でも支那に対しては最も力を注いで居りました、当地の方々は考へて居るか知りませぬが、殊に東京・大阪の人々は手ぐすね引いて居るのであります、其処で亜米利加と商戦を交へることになると、必ず著しい衝突があるに違ひない、加州に於ける日本移住民の面倒があつて其解決の附かないのに、又更に支那に於て商工業の衝突があると益々感情を害して平和を破るやうになる、是を心配して私が彼地で話しました――恰度其頃紐育・ボストン等で日米協力を以て支那を開発する、是は個人的希望として到る処に於て論じましたが、中には尤もと聞く人もあり、中には至極理屈は尤もらしいけれ共、今日本は支那から大変嫌はれて居る、反対に亜米利加は好かれて居る、其好かれて居る者が嫌はれて居る者と道連れになつて行くと、向ふへ行つて一方が嫌はれて居る為に好かれて居つた人も共に嫌はれることになると甚だ何うも詰らない、振られるお客と共に行くと其お客迄持てないといふ、(笑声)一寸き
 - 第57巻 p.611 -ページ画像 
たない譬へでありますが、左様な考へを以て私の説を非難する亜米利加人があつたのです、私は其考への大に誤つて居る所以を説明しましたが、一・二の説明で凡ての人をして満足せしめ得ることが出来ずに帰国致したのであります、昨年来朝しました鋼鉄王ヂャヂ・ゲリー氏の会社では其職工を幾人使うかといふに二十四万人使う、資本の高は幾らかといふと三十億万円、以て其壮大なるが分る、今日では此鋼鉄の製造高は三千万噸以上出来て居るといふ、或は四千万噸位ともいふ日本では沢山の会社が寄り集つて東洋製鉄会社或は其他の大会社といふものが造る高は幾らかといふと僅か三十万噸、八幡の政府製鉄高を合せて六十万噸、然るに一の会社で四千万噸も造る、以て其壮大が分る、此会社の大立物ヂャヂ・ゲリーといふ人が昨年九月日本に来た、私は是を知つて、是迄面識はないが此人を訪問した、斯ういふ特別の人が日本に旅行するについては、別して前申上げたる日米関係と同時に、其支那に対する日米協力の点に就て其理由を述べますが、此時も充分其話を致しました、彼は私の言ふたのを信じた訳か何うか知りませぬが、九月十四日に帰国して其帰国後到る処に於て頻に其日米協力して支那の事業を致さなければならぬ、若し誤つて両国の間に衝突があると、亜米利加の為に大に不利益で完全に事業が出来ない、今日の場合東洋に於て事を為すには、日本を他所にすると亜米利加人には甚だ不利益で又不道理な事であるから、実業界の人々は能く考へなければならぬといふことを、紐育・セントルイス・ボストン・市俄古等到る処で演説して居る様子で、其演説の筆記を度々私へ送つて呉れました、独りヂャヂ・ゲリーの説だけがさうなつた許りでなく、爾来亜米利加の大勢がさうなりました今日に於ては、恰度一昨年私が頻に紐育等で述べた趣旨が大に同意を表せらるゝやに思はれます、単りヂャヂゲリーの関係でなく、其他の学者の演説、インターナショナル・コーポレーション、ガストン、ウヰリアム会社等二・三の有力なる会社が日本と協力して遣るといふ大体の相談があつたやうであります、此亜米利加との関係は実に日本に於て此戦争の済む、済まぬに拘らず、甚だ肝要であるといふことは、単り長野県の諸君が是に御同意下さる許りでなく、他の方面から考へても否日本全体から言ふても大に注意しなければならぬと思ひますが、特に蚕糸業に関係の深い場所では最も私に御同意下さるだらうと思ひます、日本の重なる製造品、其相手は何処に在るかと申すと、方々に在りますが主として亜米利加であります、亜米利加でどんどん買つて呉れなければ、決して斯の如く山の頂きに迄桑園は出来ぬ、今ある桑園は皆草が生えるかも知れぬのであります、故に亜米利加との関係を親善ならしむる為に、亜米利加が何んな無礼をしても、然りと恰々諾々なさいとは私申しませぬが、此方は穏当の手段を以てそんな事、無礼な行動を向ふが為さないやうに日頃から最も礼儀を以て親睦を厚ふし、取引を多くするといふことが肝要であります、故に諸君は亜米利加に対して国家的に益々親善を加へ、其商品の取引を益々増進するといふことに対しては必ず御同意下さると思ふのであります。(拍手)
 更に支那に向つての関係です、満場の諸君の中に支那に関係の方が
 - 第57巻 p.612 -ページ画像 
あるかないか私は知りませぬけれ共、元来長江筋は英吉利の勢力範囲であり、南方は亜米利加、膠州は独逸、北部は露西亜であつて、日本は何処もない、何処もないとは申せませぬが、今日本の分は何処かといふと満洲だけであります、是は戦乱の結果であつてさう喋々自慢は言へない、而して日本の事業は個人々々としては相当の関係を有つて居るけれ共、力有る法人団体又は日本と支那との好い結付けがしてないのであります、一昨々年が恰度五年目になりますが、孫逸仙が革命を起して其革命の成つた勢を以て将来支那を開発しやうとした、私は恰度好い折と思つて度々会見して遂に中日実業会社を起し、又桂公の総理大臣の時分之も故人になりましたが、小村侯の外務大臣たりし時分東亜興業会社といふのも私が世話をして作らせ、夫から支那の関係に就ては多少力を致して居るけれ共、未だ以て完全なる進みを為し得られませぬ、況や革命が屡々有つて南北の懐疑、又一昨年は支那と日本との交渉、此交渉の為に支那人に不快の感を懐かせた、即ち亜米利加の人気に比べると、さう明瞭なことは言はれませぬが、何分実業上の進歩も思ふやうに行かない、是は進めないと云つて其儘に措くべきものぢやない、何処迄も有力な人が無理な仕事を為るのは訳もありませぬが、其処を注意致しまして相当の方法を講ずれば必ず無理でなく行ける種々なる途があると思ふ、否や私は確信する、支那の今日は是非貨幣制度の改正を為せる必要があると思ふ、又今交通銀行とか、中国銀行とか半商半官の銀行はあるが夫では往けない、完全なる中央銀行を設立させる必要がある、是等は希くは日本と亜米利加と協力的に設立せしめたならば頗る時機に適した経営と思ひます、左様な根本的の組織は或は政治上の関係もありますから直に行はれないか知れませぬけれ共、為べき事業は数々あるから相当に補助・誘導を致せば、言はずして段々行はれると思ふ、諸君は余り支那には関係のない方と思ひますが、従来支那に対する日本の態度がよくない、政治上も、実業上も甚だ支那に対する観念が好くない、即ち支那人に対する待遇を誤つて居る、斯う私は一言に申したいと思ひます、其誤りの理由は何であるかと申すと、何うも彼国は孔孟の教を奉ずる国でありますが、夫は一種の御札同様、其実は誠に狡猾で詐欺・譎詐百端といふ国民でありますから、決して真実を以て待遇することは出来ないといふにあるそこで多くの日本の人が、拳固と弗を使ふ、奇麗な言葉で云ふと恩威といふ、是が日本人の慣習で、言ふことを肯かなければ拳固を遣る、応ずれば御礼に金を呉れる、此恩威、夫より外はないのである、恩威といふことも重んじなければならぬが、併ながら情愛といふことが若しなかつたならば、人の交誼が出来ませうか、縦し父子の間、主従の間であつても、恩威は勿論ありませう。恩威はあるが其間に愛し合ふ情愛、所謂慈愛がなかつた場合にはお互の交情を続け得るものでない是を取除いて唯恩威許りで、真正な所謂意気の相合ふことがあらう筈がないのであります、向ふが悪いか知らないが、幾ら悪くても其心を以て待遇すれば必ず人は感ずるものであります、私は一般の人に之を話しますが、今の政治家若くは実業家に話しても詰らぬ平凡道徳を唱へて抹殺されて仕舞うが私は甚だ宜しくないと思ふ、最も反対する方
 - 第57巻 p.613 -ページ画像 
では渋沢は宜しくないと思ふて居るかも知れませぬ(笑声)此支那に対する関係は我が帝国には甚だ必要であつて、是が力の延びぬやうであつたならば日本は死滅――といふと言葉は誠に延喜が宜しくないが夫迄でなく共東洋の覇権を握り、東洋の盟主となることは到底出来るものぢやない、故に此支那に対する行動及び商売の関係は戦後のみに限つたものではありませぬ、此戦争の関係に於て別して深く注意して大に機先を制して手を伸ばすやうに力めなければならぬと私は深く思つて居ります、(拍手)戦後に於ての注意は斯う云ふ商売が好いとか斯る商売は初めは好いが、是は悪くすると三年過には宜しくないとか占者のやうなことは決して申上げませぬ、故に唯大体に於て、進むことの大なるものは退くことも速かである、原動力の大なるものは其反動力もこわいものであるといふだけの御注意を申上げる、誠に夫位の事なれば俺は知つて居る、貴様が演壇で喋べるに及ばないと言はるゝか知らぬが、私も同じやうに人間でありますから、夫以上の事を申上げることは出来ぬ、併し前に述べた如く、亜米利加との関係、支那との関係は何しても是は戦前・戦中・戦後共に益々注意し、戦後に於ての最も其注意を深く致したいものと思ひまして、色々の戦後経営の一として私は玆に申述べたのでございます。
 更にもう一つ私は申上げたい事があります、即ち此工業の発展は誠に喜ばしいことで、所謂粗より精に入り、細より大に及ぼす訳で、機械工業を進めるには化学工業を進めなければならぬといふことには今日皆の意見が一致して居る、斯う云ふ処から理化学研究所が出来ました、夫から其趣意を一層厚からしめる為に政府も大に力を入れ、又民間の有力者も大層な寄附をされた、吾々微力にして寄附は出来ないから、起つて奔走声援をする位でありますが、是から前きの事業は理化学に重きを置かなければならぬといふことは必ず諸君も御同意と思ふ(拍手)加之、長野県下の諸君は其処に御注意があると思ふ、私は化学とは何か知りませぬが、併し此化学の動力に必要なる硫酸安母尼亜は空気中の窒素から採ると申します、其最も必要なる動力であります夫には電気動力が安く得られるのが一番でありますが、其安い動力は水力が一番好いと申します、其水力動力は当県の方が御注意したならば安い物が必ず出来ると思ふ、(拍手)私が青年の時分見た頼山陽の詩に斯う云ふことがあつたと記憶します、日本の元気の発する処は一番土地の高い処である、何処が一番高いかと云へば信濃国が一番高い信濃国は全く日本の元気の集まる処である、といふ詩が書いてあつたと思ひます、或は十五六の時のことですから正確には覚えて居らぬか知れませぬが併し頼山陽の書物に確かにありました、成る程山陽が若し高い処が元気の発する処であると云ふならば、或は山陽は今の理学者であつて今に電気が大に盛んになる、夫には水力が必要である、信州は一番水力が多いといふことを思ふて書いたのではあるまいか、或はさうも理解することが出来るのであります、(拍手)故に是から前き信濃国は化学工業の原動国を以て自ら任じ、山陽の詩の如く大に拡張したいと思ふのであります、駄弁を費し何等諸君の御参考にもならないが、是で私の衷情を尽した次第であります。(喝采)
 - 第57巻 p.614 -ページ画像 


竜門雑誌 第三四九号・第七一―七六頁 大正六年六月 ○青淵先生信濃紀行(一) 東洋生命保険会社募集課長 辻友親君(DK570292k-0003)
第57巻 p.614-617 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

竜門雑誌 第三五〇号・第一〇四―一一〇頁 大正六年七月 ○青淵先生信濃紀行(二) 東洋生命保険会社募集課長 辻友親君(DK570292k-0004)
第57巻 p.617-620 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(東洋生命保険株式会社) 社報 第五三号・第二五―二七頁 大正六年五月 松本に於ける代理店及有力者招宴(DK570292k-0005)
第57巻 p.620-622 ページ画像

(東洋生命保険株式会社) 社報  第五三号・第二五―二七頁 大正六年五月
    ○松本に於ける代理店及有力者招宴
 長野県下各地に巡回講演を試みられたる渋沢男爵・尾高社長の一行去る十七日松本市に著し、同地に一泊せられたるを機とし、本社東京支部に於ては予てより夫々準備せしことゝて、男爵一行到著の翌日(十八日)を以て同市魚網楼に代理店及び市有力者を招待して、盛宴を張りたり。今玆に其景況を報せんに、当日会場たる魚網楼は、其前夜同市商業会議所並に官民有志者百余名より成る男爵一行歓迎会々場たりし所にて、入口には前日来設けられたる緑門に国旗を交叉し紅白の幔幕を廻らして景気を添へ、定刻午後五時前より左記の来賓を迎へたり来賓は一先つ別室に於て休憩せられ、会場たる大広間の準備整頓するを待つて著席を乞ひ、金井支部長起つて開会の挨拶を述べて曰く
 今回渋沢男爵一行の御当地より御招待を蒙りて参上するや、熱誠盛大なる歓迎を受けたる段、実に感謝の辞なき次第なるが、今朝九時半渋沢男爵の上諏訪方面に向つて当市を出発せらるゝ迄は、小生等亦男沢《(爵)》の随行員として各位の款待を受け、苟くも自己の東洋生命保険会社員たることを口にせざりき、然るに男爵出発後に於ては最早資格を異にすることゝなりて、今度は大びらに東洋生命を名乗り各
 - 第57巻 p.621 -ページ画像 
位を御招待申上ぐる次第なり、扨今夜は男爵の入信を機として、平素吾社の為めに後援指導の労を寄せらるゝ各位を御招待申上げ、一夕の御歓談を乞ひ、平素の御援助に対する御礼を申述ぶると共に、併せて将来吾社の為めに層倍の御力添をも御願ひ申すの趣意に外ならざるが、各位は御多用の中をも厭はれず斯くも御多数の御出席を得たること実に感謝に堪へず、何卒設備万端の不行届を寛恕せられゆるゆると歓を尽されんことを祈る。云々
金井支部長の挨拶に次で、尾高社長は席を離れ、最も慇懃に前日来の歓迎を謝したる後、当席の主人役として本社を代表し、来賓各位平素の尽力を深謝し、併せて将来の援助を乞ひ、長野県下の教育の進歩、実業の発展、富力の向上を賞揚し、時局に対する楽観説を演述して復席せらる。此時正面の来賓席に在りたる松本市長小里頼永氏来賓総代として起立せられ、本社の招待に対する謝辞を述べ、次で渋沢男爵に対する所感を述べて曰く
 渋沢男爵閣下の御盛名は夙に承知せるも、親しく謦咳に接して、偉大なる人格と卓越せる思想識見とに感化せらるゝに至り、更に一段と閣下の勲功勢望に服せざるを得ず、閣下の如きは実に我日本の大先輩たるのみならず、世界に於ける現代の偉人として仰がざるべからず。余は唯今迄渋沢男爵閣下と申上げたり、然り男爵閣下に相違なし、然れども閣下の国家社会に尽されたる五十年の大勲功は、朝に在つて政治の衝に立ちたる公侯爵の方々に比して勝るとも劣ることなく、又閣下にして明治六年官を辞せられざりしならば、夙く既に現在の公侯爵方と共に同列に在られしこと勿論なり、去れば余は其人物勲功より見て男爵と申すことの甚だ当らざるを信ずるが故に今後は自ら渋沢老公閣下と云はんとす。(中略)斯かる偉大なる大人格者に依りて指導監督せらるゝ東洋生命保険会社の社礎の鞏固にして信用の甚大なるは申す迄もなきことなれば、今後当地方に於て多大の発展を遂げらるゝこと蓋し疑なからむ。云々
小里市長の著席せらるゝ頃、後れ馳せに来会せられたる本社松本代理店主幹塩川賢三氏はやをら身を起して一場の挨拶を述べられたるが、其要旨に曰く
 余が当初東洋生命を当地方に紹介せし頃は、会社も今日の如く盛大ならざりしが、爾来本社の発展著しく、今や既に大会社の班に列し其信用甚大なるものあり、云ふ迄もなく本社は渋沢男爵閣下の論語算盤主義を以て事業の拡張を図るもの、左右の手の何れに論語を持ち何れに算盤を持つやは知らざれど、兎も角も左右の両手は論語と算盤の外なきなり、例へば会社株主の利益を制限して契約者の利益を重んじ、低廉なる保険料を以て毎年利益配当を実行する如き、論語算盤主義の至誠より出づるに非れば能はず、斯の如き会社なるが故に、諸君も安んじて後援せられんことを祈るなり、余は近く横浜市に転ずる為め、或は代理店主幹を辞するやも計られざれど、適当の後任者は無論定めらるべく、偏に各位の御賛助を待つ。
と、斯くて数多の校書連は席上に斡旋し、快談款語の裡に盃を重ね、宴将に終らんとする頃、尾高社長の義太夫あり、喝采を博し、十時頃
 - 第57巻 p.622 -ページ画像 
盛況裡に散会を告げたり。
 当夜の来賓は松本市内の有力家及び各方面の代理店主幹諸氏六十余名にして芳名左の如し。
   ○氏名略ス。


竜門雑誌 第三五〇第・八三―九〇頁 大正六年七月 ○本社評議員会談話会(DK570292k-0006)
第57巻 p.622-623 ページ画像

竜門雑誌  第三五〇第・八三―九〇頁 大正六年七月
    ○本社評議員会談話会
 六月十八日午後五時より帝国ホテルに於て、本社評議員会を開きたる次第は雑報欄記載の如くなるが、当夜議事決了後開催せる談話会の要領左の如し
○中略
      ○青淵先生談話要領
 私は今日の会合に於て最近の旅行及所感等に就き二・三ケ条御話して見たいと思ひます。
    信州旅行
      △安政三年の通帳
 五月十四日に出掛けて信州旅行を致しました。小諸・上田・長野・松本・諏訪の五箇所に一晩づゝ泊つて演説しました。お話する程の事もないが、只信州地方が昔し十六・七から二十一・二歳まで五・六年間旅行した土地でありますから、其の六十年以前の旅行に較べると、如何に変つて居つたかと云ふことは殆ど想像外であると云ふ感じを以て旅行した。上田では七十に垂んとする婆さんが尋ねて来た。其頃面会した人ではなかつたけれども、或は其の婆さんの兄さんが紺屋で、私の行つた時分大いに取引をしたとか云ふやうな古い関係のある人で殊に可笑しいのは安政三年の通帳を持つて来て「是れある以上は慥に此上もない証拠であります」と云ふ。其の安政三年のは其中に記載してある受取の計算は慥に私がしたのであります。坐ろに懐旧の情を催ほして感慨無量であつた。
      △各都市の概況
 信州の産業は概して養蚕に生糸で、私が廻つた五箇処の中、就中諏訪が盛んであつた。明治四十三年に一度行つたことがある。其の時は洪水の為めに一日閉籠められて、諏訪神社へ参詣するのに諏訪町や湖水を船で通つて行くやうな始末で、工場を見る暇はなかつた。至つて繁華の土地ではあるが、今日斯くの如く事業が進歩しやうとは能う知らなんだ。
 始めに小諸に行つた時は小山久左衛門と云ふ人の家に泊つて、其の晩或る宴会席へ招かれて一場の話をしたが、二百許り集つて居た。昔しは左様な手広な処はなかつたが、今では二軒もあると云ふ有様、大分質素ではあるが一方から云へば粗野な処がある、何さま土産の多くある為めに土地が賑かで、人も亦た活溌に働いて到る処工場を見るのは誠に心嬉しい。養蚕も盛んではあるが信州では諏訪が一番である。
 長野は一番繁昌の土地であるが、是れは善光寺さまで繁昌するので産業の方から云へば余り珍重する程の値打はない。兎に角場処は好し県庁があるから市街の有様は賑かで城山館抔いふ結構な料理屋もある
 - 第57巻 p.623 -ページ画像 
 又松本では片倉組で掛合せ種の製造法を遣つて居る。其の掛合せは近頃一種の発明で、夫れは欧羅巴種と日本種とを掛合せたもので、分量は少ないが、蚕児も凶作が少ないし、又糸の質も良く解舒も好い。
 数年以来専ら此合せ種を遣つて居るが、今では立派な一事業になつて、一ケ年に三十万枚も造ると云ふ。小諸でも少し遣り居り、上田でも其の話を聞いたが、松本では専ら片倉組の手で遣つて居る。蓋し繭を買ふ買先きに其の合せ種を送つて、養蚕家に失敗をさせまいと云ふ用意と併せて利益を得ると云ふこともありませうが、兎に角立派な事業になつて居る。
 諏訪では工場を二箇処ばかり見た。上諏訪と岡谷の工場、岡谷には片倉組の倉庫会社抔もあるが、夫れも一覧した。岡谷と云ふのは上諏訪から一ト丁場コチラで、訪諏中で最も工業の盛んな土地で、人口も稠密である。併し誠に感心なのは極く質樸で、或る旅店で昼飯を喫べたが、其の土地で最上の旅店と云ふのが、殆ど畳抔も処々汚点だらけ食事は夫程マヅクはない、湖水で取れた鯉や鰻の蒲焼、私の口には適当する極く質樸なる料理法、只今阪谷氏から神戸のお話がありましが丸で世の中が違つたやうな有様、其の道具も昔しの大きな塗椀も御膳の茶碗も少々処々欠けて居ると云ふやうな有様、食事は夫程粗野でない、又床の間の掛物には宝珠の玉が書いてあると云ふ位で、殆ど田舎の安泊りに行つたやうである。諏訪全体が左様かと云ふと、上諏訪で一夕私の為めに開いて呉れた歓迎会の設備抔は中々立派であつた。但し大層な変りがあるとは謂はれぬが、流石に養蚕の本場丈あると云つて宜い。
      △学理と実際の適合
 殊に私は信州各地の養蚕の状況を視て、学問と実際と事実適合して居ることに大いに敬服しました。凡そ此学理と実際とが出遇うたと云つても未だ幾分学理応用が完全でない嫌ひが何事にも見えます。又縦しや出遇つても、本当の骨髄に達して居らぬことが凡ての事に多い。然るに信州の養蚕丈けは真に能く一致して居ると云ひ得る。蚕種の吟味は全く届いて居る、桑の栽培法も学理に適つて居る、要するに養蚕の進歩は真に驚く程でありました。細かい数字は聞かないが、信州諏訪地方の生糸の出来高は十八万八千梱で、殆ど横浜輸出の十分の四まで諏訪地方で持つて居る。養蚕製糸の繁昌は実に驚く程で、随つて地方の富も大いに進んで居る。夫れも或る一人が富むのでなく、一般に平均されて居る。私の信州旅行は、阪谷氏の神戸に於ける贅沢な設備を観ると同時に大に憂慮を起されたとは同日の談ではない。六十年振りで大変快い旅行をして帰りました。其後両三日前に房州に行つて来ましたが別にお話する程の事はない。
○下略