デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

14章 記念事業
節 [--]
款 [--] 1. 財団法人渋沢青淵翁記念会ノ事業
■綱文

第57巻 p.836-841(DK570367k) ページ画像

昭和12年11月11日(1937年)

是ヨリ先、当会ノ記念事業トシテ小畑久五郎ニ編纂ヲ依嘱セル、栄一ノ英文伝記"AN INTERPRETATION OF THE LIFE OF VISCOUNT SHIBUSAWA"成ル。是日、栄一ノ七回忌ニ当リ、当会之ヲ墓前ニ報告ス。


■資料

(財団法人渋沢青淵翁記念会)第四回報告書 昭和十一年度 自昭和十一年一月一日至同年十二月三十一日 第三―六頁 刊(DK570367k-0001)
第57巻 p.836-838 ページ画像

(財団法人渋沢青淵翁記念会)第四回報告書 昭和十一年度
 - 第57巻 p.837 -ページ画像 
              自昭和十一年一月一日至同年十二月三十一日  第三―六頁 刊
    財団法人渋沢青淵翁記念会第四回報告書
         東京市滝野川区西ケ原町壱千参拾六番地
                財団法人 渋沢青淵翁記念会
財団法人渋沢青淵翁記念会寄附行為第二十六条ニ拠リ、昭和十一年一月一日ヨリ昭和十一年十二月三十一日ニ至ル本財団事務ノ要領並ニ収支決算書、財産目録、貸借対照表ヲ添ヘ報告スルコト左ノ如シ
○中略
      二、評議員会ニ関スル件
昭和十一年一月三十日午後四時三十分ヨリ日本工業倶楽部ニ於テ、財団法人渋沢青淵翁記念会第四回評議員会ヲ開ク、出席員拾八名、評議員会々長男爵郷誠之助君議長席ニ着キ、左ノ議案ヲ附議ス
 第一、昭和十年度事務報告承認ノ件
 第二、昭和十年度決算報告承認ノ件
 第三、昭和十年十二月末日現在貸借対照表、財産目録承認ノ件
 第四、昭和十一年度予算承認ノ件
 第五、昭和十一年度事業計画ノ件
    本年度ニ於テ施行スル事業左ノ如シ
     一、青淵翁伝記ノ編纂刊行 予算金四万弐千弐百円
      1、一昨年来ノ継続事業トシテ文学博士幸田成行(露伴)氏ニ委嘱シ目下編纂中ナリ
      2、英文伝記ハ小畑久五郎氏ニ委嘱編纂中ナリ
     二、曖依村荘維持費ノ補助 予算金壱万弐千円
       本年度ハ補助費金参千円増額スルモノトス
     三、社会事業・国際親善事業・女子教育事業又ハ職業教育事業ノ助成 予算金五万円
       助成事業ノ選定ハ理事会ニ於テ之ヲ決定スルモノトシ適当ノ助成事業ナキトキハ其予算ヲ来年度ニ繰越シ使用スルモノトス
右第一ヨリ第四ニ至ル議案ハ一括シテ可決シ、議案第五ハ膳理事ヨリ説明アリタル後異議ナク原案通リ可決ス
      三、諸事業ニ関スル件
一、青淵翁伝記ノ編纂
 1、幸田成行(露伴)氏ニ委嘱ノ伝記ハ編纂ヲ急ギツヽアリ
 2、英文伝記ハ小畑久五郎氏ニ委嘱編纂中ノ処、既ニ脱稿シ、昭和十二年十一月十一日翁ノ御命日ヲ卜シ発行ノ予定ナリ
二、曖依村荘維持費ノ補助
 曖依村荘維持費トシテ昭和十一年十二月十八日金壱万弐千円ヲ補助支出シタリ
三、社会事業・教育事業ニ補助支出
 昭和十一年六月廿三日付国際社会事業会議日本国内委員会ヨリ英国倫敦ニ於テ開催ノ万国社会事業大会ニ本邦代表派遣ニ付、該費用ノ補助トシテ同会ニ対シテ金壱千円也ヲ寄附セリ
 昭和十一年十二月九日付財団法人実業教育振興中央会創立ノ為基本
 - 第57巻 p.838 -ページ画像 
財産中ニ金五千円也ヲ寄附セリ
○下略


財団法人渋沢青淵翁記念会関係書類 【(印刷物) 拝啓 昭和十二年一月廿九日午後四時半ヨリ日本工業倶楽部ニ於テ財団法人渋沢青淵翁記念会評議員会ヲ開催…】(DK570367k-0002)
第57巻 p.838 ページ画像

財団法人渋沢青淵翁記念会関係書類     (渋沢子爵家所蔵)
(印刷物)
拝啓 昭和十二年一月廿九日午後四時半ヨリ日本工業倶楽部ニ於テ財団法人渋沢青淵翁記念会評議員会ヲ開催、出席員数十七名ニシテ目的事項タル
 議案第一、昭和十一年度事務報告承認ノ件
 議案第二、同決算報告承認ノ件
 議案第三、貸借対照表・財産目録承認ノ件
 議案第四、昭和十二年度予算承認ノ件
 議案第五、昭和十二年度事業計画ノ件
    本年度ニ於テ施行スル事業左ノ如シ
     一、青淵翁伝記編纂刊行  予算金参万九千四百円
      1昭和九年以来継続事業トシテ文学博士幸田成行(露伴)氏ニ委嘱シ目下編纂中ナリ
      2英文伝記ハ小畑久五郎氏ニ委嘱編纂中ノ処脱稿ヲ見、本年十一月十一日翁ノ御命日ヲ卜シ発行ノ予定ナリ
     二、曖依村荘維持費ノ補助  予算金壱万参千五百円
     三、社会事業・国際親善事業・女子教育事業又ハ職業教育事業ノ補助  予算金六万円
       助成事業ノ選定ハ理事会ニ於テ之ヲ決定スルモノトシ適当ノ助成事業ナキトキハ其ノ予算ヲ来年度ニ繰越シ使用スルモノトス
 議案第六、評議員補欠選任ノ件
 議案第七、理事・監事改選ノ件
右第一ヨリ第五ニ至ル議案ハ一括シテ承認可決相成、第六議案評議員補欠選任ノ件ハ明石照男君ヲ選任シ、第七議案理事・監事改選ノ件ハ
理事 男爵 郷誠之助君   大橋新太郎君   佐々木勇之助君
      石井健吾君   西野恵之助君 男爵 中島久万吉君
     阿部房次郎君    明石照男君     膳桂之助君
  監事 植村澄三郎君    矢野恒太君
当選相成リ散会致シ候、此段御報告申上候
  昭和十二年二月一日    財団法人渋沢青淵翁記念会
                理事長 男爵 郷誠之助
    賛助員各位


財団法人渋沢青淵翁記念会関係書類 【奉告文 本会嚮ニ小畑久五郎氏ニ嘱シ起稿致シ候英文御小伝…】(DK570367k-0003)
第57巻 p.838-839 ページ画像

財団法人渋沢青淵翁記念会関係書類     (渋沢子爵家所蔵)
    奉告文
本会嚮ニ小畑久五郎氏ニ嘱シ起稿致シ候英文御小伝恰モ御七回忌辰タル本日ヲ以テ完成致候ニ付、此ニ謹ミテ御墓前ニ捧ケ奉リ候、英霊希クハ昭鑑ヲ賜ヘ
  昭和十二年十一月十一日
 - 第57巻 p.839 -ページ画像 
                 会長 男爵 郷誠之助


AN INTERPRETATION OF THE LIFE OF VISCOUNT SHIBUSAWA By KYUGORO OBATA. pp.1-II. Nov., 1937(DK570367k-0004)
第57巻 p.839-840 ページ画像

AN INTERPRETATION OF THE LIFE OF VISCOUNT SHIBUSAWA By KYUGORO OBATA PP.1-II Nov.,1937
        FOREWORD
          by
        Baron S. Goh
 President of Zaidan Hojin Shibusawa Sei-en O Kinen Kai
   (The Viscount Shibusawa Memorial Foundation, Inc.)
  In connection with the publication of this book written by Dr.K. Obata under the auspices of Zaidan Hojin Shibusawa Sei-en O Kinen Kai (The Viscount Shibusawa Memorial Foundation, Inc.), it may not be out of place for me as its President to write a few words on its behalf.
  We, the members of the Foundation, especially the official members, are keenly sensitive to the gravity of our responsibility to carry out our intention expressed in the Prospectus of the Foundation printed elsewhere in this book. We are happy in seeing the bronze statue of the Viscount erected in the center of the city of Tokyo, thereby doing honor to the memory of the Viscount and his great work. However this is but introductory to innumerable projects we intend to carry on in accordance with his Will.
  What we would like to see soon is the Viscount's biography written and published by an experienced writer, so that it may serve not only to perpetuate the precious memory of this wonderful man and his vast achievements, but also to stimulate the future generations of businessmen to hold the level of the business standard high and clean. No other man had ever so much contributed toward the emancipation of the business life in Japan from its feudal degeneracy and thraldom on the one hand and elevated it to its present position of importance and dignity on the other as the Viscount did. His mastery behavior as a moral bulwark against the invasion and temptation of all sorts of materialism and mammonism is a priceless legacy he left to Japan's civic and industrial life.
  Dr.K. Obata, who served the Viscount for many years as English private secretary, was anxious to summarize the activities of the Viscount in English, and we are glad to cooperate with him in the realization of his desire.
  The Viscount's broad mindedness and his intense interest in the promotion of international good will and world peace deserve high recognition. From this point of view, the writer of this volume should be complimented in his effort to couch the
 - 第57巻 p.840 -ページ画像 
            財団法人渋沢青淵翁記念会
narration of certain features of the many sided life of the viscount in the English language which is so universally spoken.
  We sincerely hope that this book will be a prophecy to the appearance in the near future of a more complete and thorough biography of that grand personality--Viscount E. Shibusawa.
                (Signed) Baron S.Goh


AN INTERPRETATION OF THE LIFE OF VISCOUNT SHIBUSAWA by KYUGORO OBATA. 奥付. Nov., 1937(DK570367k-0005)
第57巻 p.840 ページ画像

AN INTERPRETATION OF THE LIFE OF VISCOUNT SHIBUSAWA by KYUGORO OBATA
奥付Nov.,1937

図表を画像で表示--

    昭和拾弐年拾壱月 五日印刷                     定価金参円五拾銭    昭和拾弐年拾壱月拾壱日発行              著作兼   東京市渋谷区緑岡町二二              発行者       小畑久五郎                 東京市滝野川区西ケ原町一〇三六              発行所   財団法人渋沢青淵翁記念会                 東京市豊島区高田南町一ノ一九五              印刷者            木下憲                 東京市豊島区高田南町一ノ一九五                    ダイヤモンド事業株式会社              印刷所          美術印刷所        東京市日本橋区通二ノ六    売捌所                   丸善株式会社 



   ○右ハクロース表紙、洋装菊版一冊、本文三八五頁。


(財団法人渋沢青淵翁記念会)第五回報告書 昭和十二年度 自昭和十二年一月一日至同年十二月三十一日 第三―七頁 刊(DK570367k-0006)
第57巻 p.840-841 ページ画像

(財団法人渋沢青淵翁記念会)第五回報告書 昭和十二年度
              自昭和十二年一月一日至同年十二月三十一日  第三―七頁 刊
    財団法人渋沢青淵翁記念会第五回報告書
        東京市滝野川区西ケ原千参拾六番地
                財団法人 渋沢青淵翁記念会
財団法人渋沢青淵翁記念会寄附行為第二十六条ニ拠リ、昭和十二年一月一日ヨリ昭和十二年十二月三十一日ニ至ル、本財団事務ノ要領並ニ収支決算書・財産目録・貸借対照表ヲ添ヘ報告スルコト左ノ如シ
○中略
      三、理事長・常務理事選任ノ件
一月二十九日評議員会ニ引続キ理事会開催、理事長・常務理事互選ノ結果何レモ重任セラレタリ
      四、諸事業ニ関スル件
一、青淵翁伝記ノ編纂
 1、幸田成行(露伴)氏ニ委嘱ノ伝記ハ来年度中ニ完成スル様編纂ヲ急キツヽアリ
 2、小畑久五郎氏ニ委嘱ノ英文伝記ハ十一月十一日翁ノ第七回御命日ヲ卜シ、上梓刊行シ、翁ノ御墓前ニ献本奉告ヲナシ、先以テ
   天皇
   皇后両陛下
 - 第57巻 p.841 -ページ画像 
   皇太后陛下ニ東京府ヲ経テ
   秩父宮・高松宮・三笠宮三殿下ニハ各宮家ヘ伺候献上シ
   更ニ在外大公使・駐日大公使及在米大学・図書館、並翁ノ御縁故先・記念会関係先等ニ九百二十五部ヲ贈呈セリ
二、曖依村荘維持費ノ補助
 曖依村荘維持費トシテ昭和十二年十一月十日付ニテ金壱万参千五百円ヲ補助支出シタリ
三、教育事業ノ補助
 昭和十二年八月二日ヨリ七日迄東京ニ開催セラレタル第七回世界教育会議ニ対シ金壱千円也ヲ寄附セリ
 ○下略