デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.15

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

15章 雑資料
節 [--]
款 [--] 1. 自動車事故ニヨル負傷
■綱文

第57巻 p.869-870(DK570373k) ページ画像

明治45年7月2日(1912年)

是日栄一、駿河台下ニ於テ、乗用車ノ事故ニヨリ、顔面ニ軽傷ヲ負フ。


■資料

(芝崎確次郎) 日記 明治四五年(DK570373k-0001)
第57巻 p.869 ページ画像

(芝崎確次郎) 日記  明治四五年   (芝崎猪根吉氏所蔵)
七月二日
夜九時半頃飛鳥山男爵高田商会招宴ヨリ御帰途、小川町東明館附近にて、殊ニ雨中ナリ、自動車転覆、為メニ御怪我、右ノ眼ノ上方疵出来御手当相成候、午後二時頃御帰館相成候《(前)》
七月三日 雲
例刻出勤候事
昨夜飛鳥山君公御怪我被成候よし承り、電話にて不取敢御見舞申上候
○下略
七月四日 半晴
今朝飛鳥山邸出頭、君公御負傷御見舞申上候事、朝来訪問者多ニ付手伝ひ致居、為メニ出勤遅引相成候事
○下略


中外商業新報 第九四〇七号 明治四五年七月七日 渋沢男の経過良好(DK570373k-0002)
第57巻 p.869 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

中外商業新報 第九四一一号 明治四五年七月一一日 渋沢男益々軽快(DK570373k-0003)
第57巻 p.869-870 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

竜門雑誌 第二九〇号・第六九―七〇頁 明治四五年七月 ○青淵先生の負傷経過(DK570373k-0004)
第57巻 p.870 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。