デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
4款 国立銀行及ビ普通銀行 17. 株式会社秋田銀行
■綱文

第5巻 p.361-362(DK050079k) ページ画像

明治30年1月《(?)》(1899年)

栄一秋田銀行ノ相談役ト為リ、爾来同行ノタメ尽力スルトコロ多シ。


■資料

秋田銀行臨時株主総会決議録(明治三〇年一月一〇日)(DK050079k-0001)
第5巻 p.361 ページ画像

秋田銀行臨時株主総会決議録(明治三〇年一月一〇日)
○上略
第二項当行相談役一名ヲ設クル件
説明、此度東京第一銀行頭取渋沢栄一ヨリ当行増株ノ内百株引受ケノ申込ミヲ得タリ、同人ハ相談役適当ト認ムルヲ以テ、依頼スベキ考ナリ、尤モ承諾ノ有無計リ難キニ付、若シ不承諾ノ節ハ当分見合ハスモノトス


青淵先生六十年史 第一巻・第五五六―五五八頁(DK050079k-0002)
第5巻 p.361 ページ画像

青淵先生六十年史 第一巻・第五五六―五五八頁
    秋田六銀行謝状往復
興業ノ進歩ヲ図リ殖産ノ繁盛ヲ期スルハ金融機関ノ完成ニ頼ラサルヲ得ス、窃ニ惟ミルニ我カ秋田県ノ未タ幼穉ニシテ公益ノ術挙ラサルノ始メニ方リ 閣下自ラ任シテ遠ク店舗ヲ張リ、社会ノ金融ヲ滑カニシ斯業ノ発達ヲ促スモノ幾ント十有八年ノ久シキニ及フ、殖産ノ道漸ク開ケ興業ノ勢正ニ盛ニシテ全ク昔時ノ境遇ヲ脱出スルノ時ニ蒞ミ、愛ヲ後進ニ垂レ店舗ノ撤去ニ吝ナラサルハ偏ニ 閣下ノ徳恵ニ基クト謂フ可シ、不肖等幸ニ今日ノ地歩ヲ保チ得ルハ亦是レ大ニ 閣下ノ恩沢ニ浴セスンハアラス、感荷何ソ堪ヘン、玆ニ菲薄ヲ顧ミス、銀製床飾壱個ヲ左右ニ贈呈シ、聊カ以テ高徳ニ酬ヒ、永ク紀念ト為サント欲ス伏シテ冀クハ微衷ヲ憫ミ叱納アランコトヲ
    丁酉一月             株式会社大曲銀行
                     株式会社横手銀行
                     株式会社本荘銀行
                     能代大久保銀行
                     横手合名五業会社
                     株式会社秋田銀行
  株式会社第一銀行頭取渋沢栄一殿閣下

玆ニ懇牘ヲ辱フシ栄一曩時第一国立銀行ノ支店ヲ貴域ニ開設シテ殖産興業ノ媒助タランコトヲ企図シ、幸ニ微功ヲ奏シ同業者ノ率先ニ任シタリシ事績ヲ称賛セラレ、賜フニ銀製床飾一個ヲ以テセラル、弊行ノ名誉之ニ如クモノナシ、乃チ謹テ盛儀ヲ領シ此ニ謝辞ヲ呈ス
  明治三十年三月      株式会社第一銀行頭取
                      渋沢栄一
   秋田県六行御中
 - 第5巻 p.362 -ページ画像 

渋沢栄一 書翰 井上馨宛(明治三六年)八月二四日(DK050079k-0003)
第5巻 p.362 ページ画像

渋沢栄一 書翰 井上馨宛(明治三六年)八月二四日(井上侯爵家所蔵)
○上略
別紙秋田銀行支配人田中徳義と申者より、閣下小阪御越之序秋田地方御来遊相願度旨申出候、地方人多数之企望ニより申越候義と存候、此田中と申者ハ数年前日本銀行ニ従事いたし、小生之世話ニて秋田銀行支配人と相成、引続き勤務致居、小生とハ別懇ニ罷在候、旁直接ニ申上候も恐悚と存し寄書せしものと存候、幸ニ御聴容被下候哉、随分御迷惑と察上候得共、もし御一遊被下候ハヽ地方人之幸福可識事ニ御坐候、何卒御奮発被下度候、併残暑強き際強而申上候訳ニも相成兼候間御都合あしき義ニ候ハヽ、其段小生より相断り可申と存候、乍略儀前段御伺旁一書奉得芳意候 敬具
  八月廿四日
                      渋沢栄一
   井上老伯閣下
        侍史
○下略
  ○秋田銀行ハ明治二十九年五月ノ創立ニ係リ、同年九月第一銀行秋田支店閉鎖ニ際シ、ソノ営業ヲ引継ギ、同支店長青山利恭支配人ニ就任シタルモノナリ。栄一ハ名義上ハ同行ノ相談役ニ就任セザリシモ、爾来同行ハ栄一ヲ相談役トシテ遇シ、栄一逝去ノ後、嗣子敬三ニ贈リタル感謝状ニモ、栄一逝去ニ至ルマデ同行相談役タリシ事ヲ記載セリ。
  ○秋田銀行ハ明治二十九年ノ創立ノ後、昭和三年、仙北銀行、池田銀行ヲ、昭和六年能代合資ヲ合併シ、同十二年平鹿銀行ト合併、更ニ昭和十六年第四十八、湯沢銀行ト共ニ発展的解消ヲ行ヒテ秋田銀行ヲ新立、同十八年秋田貯蓄銀行ヲ、同二十年秋田信託会社ヲ吸収合併シ、終戦後再建整備ヲ完了増資ヲ行ヒ、昭和二十八年ニハ資本金五千五百万円ナリ。(寺部鉄治著「銀行発達史」昭和二十八年八月十日刊ニヨル)


渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK050079k-0004)
第5巻 p.362 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四〇年
四月十二日 晴暖                起床六時四十分就蓐十二時
○上略 八時秋田銀行辻加賀谷村田三氏来訪ス○下略
五月一日 雨暖                 起床七時三十分就蓐十一時三十分
○上略 午前下岡秋田県知事ヲ駿河台ナル竜名館ニ訪ヒ秋田銀行ノコトヲ談ス



〔参考〕集会日時通知表 大正四年(DK050079k-0005)
第5巻 p.362 ページ画像

集会日時通知表 大正四年
七月九日 金
午前八半 秋田銀行頭取辻兵吉氏外三氏来約(飛鳥山邸)