デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
6款 択善会・東京銀行集会所
■綱文

第6巻 p.170-171(DK060051k) ページ画像

明治22年2月12日(1889年)

憲法ノ発布ヲ祝シ同盟銀行員一同ニテ鳳輦ヲ奉迎ス。


■資料

諸達願並指令綴込 第一号・自明治十一年―明治三十三年(DK060051k-0001)
第6巻 p.170 ページ画像

諸達願並指令綴込 第一号・自明治十一年―明治三十三年
                 (東京銀行集会所所蔵)
本日御巡幸ニ付、同盟銀行一同御通輦御途筋ヘ奉迎申上候ニ付、特別之御詮議ヲ以テ臨時休業之儀御許可被成下度此段奉願候也
                  同盟銀行総代
  明治廿二年二月十二日          銀行集会所
    大蔵大臣 伯爵 松方正義殿
(別紙)
大蔵省指令 第六二二号
                      銀行集会所
二十二年二月十二日願臨時休業之件認可ス
  明治廿二年二月十二日   大蔵大臣 伯爵 松方正義


中外商業新報 ○第二〇五九号〔明治二二年二月九日〕 同盟銀行の催し(DK060051k-0002)
第6巻 p.170-171 ページ画像

中外商業新報
 ○第二〇五九号〔明治二二年二月九日〕
    同盟銀行の催し
京浜同盟銀行は来る十一日、一同打揃ふて御道筋に鳳輦を迎へ奉り、夫より坂本町銀行集会所へ引上げて祝宴を催し、夜に入りては煹り火
 - 第6巻 p.171 -ページ画像 
を焚くの趣向もありと云ふ

中外商業新報 ○第二〇六三号〔明治二二年二月一三日〕 銀行家の奉迎と祝宴(DK060051k-0003)
第6巻 p.171 ページ画像

 ○第二〇六三号〔明治二二年二月一三日〕
    銀行家の奉迎と祝宴
京浜同盟銀行員一同には一昨夜坂本町の銀行集会所へ集合し、先つ憲法の発布を祝する為め構内にて篝火を焚きて小宴会を催し、昨日午後一同打揃ふて日本橋南詰に於て鳳輦を奉迎し、夫より銀行集会所に集りて更に一大祝宴を開きたる由