デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

2章 交通
2節 鉄道
25款 其他ノ鉄道 1. 両山鉄道株式会社・大社鉄道株式会社
■綱文

第9巻 p.350(DK090033k) ページ画像

明治27年8月(1894年)

両山鉄道設立サレ栄一ソノ株主トナル。然レドモ同鉄道ハ二十九年六月大社鉄道ト合同シ、名称ヲ大社両山鉄道ト改メシガ起業ノ見込ナク、三十一年十二月解散ス。


■資料

青淵先生六十年史 第一巻・第九七三―九七四頁 〔明治三三年二月〕(DK090033k-0001)
第9巻 p.350 ページ画像

青淵先生六十年史 第一巻・第九七三―九七四頁〔明治三三年二月〕
    第十一節 両山鉄道会社
両山鉄道株式会社ハ明治二十七年ノ交ニ創立シタルモノニシテ、其線路ハ広島県安芸国広島市大須賀村山陽鉄道停車場ヲ起点トシ、同国高宮郡矢口・岩上・可部・深川・狩留家・高田郡三田・秋山・井原・高大地・長田・上小原・高田原・備後三次郡下志和地・青河・西酒屋・原・三次・畑敷・四十貫・三渓郡和知・恵蘇郡尾引・木戸・上上原・三上郡庄原・宮内・高・奴可郡西城・中野・八鳥・油木・島根県出雲国仁多郡八川・横田・亀嵩郡上三所・大原郡上久野・能義郡奥田原・山佐・広瀬・岩舟・意宇郡岩坂・西津田ノ各地ヲ通過シ、松江市ニ達スル鉄道ニシテ其資本額ハ五百五十万円ナリ
    両山鉄道株式会社創立願
安芸国広島市ヨリ出雲国松江市ニ達スル道路ハ山陽山陰交通上一大要路ニ有之、沿道ノ各郡村ハ農産物ニ富ミ、各砂鉄・木炭・木材等ヲ産出スル事僅少ナラスト雖モ従来運搬賃多額ヲ要スル為メ万般ノ事業発達不致、実ニ遺憾ノ至リニ奉存候、依テ私共本会社ヲ創立シ別紙略図之通、広島県安芸国広島市大須賀村山陽鉄道停車場ヲ起点トシ、同国高宮郡・高田郡・備後国三次郡・三渓郡・恵蘇郡・三上郡・奴可郡・島根県出雲国仁多郡・大原郡・能義郡・意宇郡地内著名ノ各町村ニシテ別冊起業目論見書ニ列記候通ヲ経テ松江市ニ至ル、百拾哩間軌間三呎六吋之鉄道布設仕度候間、特別ノ御詮議ヲ以テ御許可被下度、起業目論見書並仮定款並略図相添発起人連署ヲ以テ此段奉願上候也
                      (起業目論見書仮定款略図等略之ス)
  明治二十七年八月 日    両山鉄道株式会社発起人連署
先生ハ同会社株主ノ一人ナリ、然ルニ金融逼迫ノ為メ成立ニ至ラシテ解散セリ