デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
2節 蚕糸絹織業
4款 関係絹織会社諸資料 1. 安積絹糸紡績会社
■綱文

第10巻 p.668(DK100060k) ページ画像

 --


■資料

聯合紡績月報 第三号・第五九頁〔明治二二年七月〕 ○安積絹糸紡績会社設立(DK100060k-0001)
第10巻 p.668 ページ画像

聯合紡績月報 第三号・第五九頁〔明治二二年七月〕
○安積絹糸紡績会社設立 福島県下ハ養蚕製糸の業盛にして、屑繭熨斗其他の原料材資に富める土地なるに、是迄一台の紡績器械なく、是等屑物より絹糸を製することハ総て富岡の製糸場に委托し来りたるより、同地有志者は深く遺憾に思ひしが、今度渋沢栄一・益田孝・佐羽吉右衛門・馬越恭平の諸氏、及同地方の山田修・増田充積・佐野理八・日置源太郎・水戸直之助《(永戸直之助)》・甲斐山忠左衛門・柳沢忠左衛門の諸氏発記人となり、資本金三十五万円を以テ同県安穂郡安子ケ島村地内《(積)》に於て安積の疏水を利用して、屑繭・慰斗糸其他屑物より絹糸を製造する紡績会社設立の計画を為して其筋へ出願中なりし処、已に先日其筋より会社条例別定迄ハ、結社相対約束に任する旨指令ありたりといふ