デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
21節 瓦斯
2款 東京府瓦斯局
■綱文

第12巻 p.536-542(DK120066k) ページ画像

明治15年9月29日(1882年)

是日、瓦斯供給枝管費消却月数ニツキ、従来施行セシ十ケ月以内ヲ五ケ月以内ニ縮減センコトヲ府庁ニ伺出デ、許サル。翌十六年十二月ニ至リ瓦斯引用管自費埋布規定ヲ定ム。栄一瓦斯局長トシテ之ニ与ル。


■資料

瓦斯局書類 明治十五年会計課(DK120066k-0001)
第12巻 p.536-537 ページ画像

瓦斯局書類 明治十五年会計課 (東京府文庫所蔵)
    瓦斯供給枝管費消却月数予定之義ニ付伺
瓦斯供給者近来漸々増加シ目今之形勢ニテハ各家飾リ火用ノ立方ヲ準備スルトキハ最早装置器械ノ産出極度ニモ稍近キ候ニ付、追々申込ノ供給者ニ応スルハ竈其佗ノ増築ヲ要スル費途多額ニ有之、殊ニ現時電気灯建設ノ景況ヲ図ルニ寧ロ事業ヲ伸張セサル方得策ニ可有之ニ付、自今供給申込ノ分局持枝管入費ヲ計算シ該家使用ノ燃失瓦斯代価純益(十五年度経費予算之内俸給及営繕費ヲ除キ之レヲ収入予算ト差引利益金之ヲ売却立方尺ニ配シ一千分ノ三百弐拾三余ニ当ル乃百分ノ三拾弐トス)ヲ以消却、月数五ケ月迄ハ供給シ、六ケ月より以上ノ計算ニ至リ候得ハ当分相断候様致度、此段相伺候也
  明治十五年九月廿九日瓦斯局副長 藤本精一 東京瓦斯局副長 藤本精一
    東京府知事 芳川顕正殿
                       (東京瓦斯局)
   ○是迄瓦斯局持各家引用瓦斯供給枝管取付ハ、瓦斯売上代純益金ヲ以テ取付費ヲ十ケ月以内ニ消却シ得ベキ分ニ限リ其取付ニ応ジタリトアルモ、斯カル規定乃至明文ハ瓦斯局書類中ニ見当ラズ。
   ○明治十年頃ニ於テハ本局ノ努力ニ拘ラズ家内引用瓦斯需用家其数尠ク、街灯点火費ハ府税ヲ以テ補償セラレタルモ、家内引用瓦斯ハ増加セズ其収入額ハ街灯費年額一万六千四百五十二円ニ対シテ六千七百八十二円余ニシテ約半額タリキ。仍テ僅少ナル収入額ヲ以テハ本局ヲ維持スルニ困難セリ。然ルニ明治十五年ニ至リテハ街灯点火費一万七千六十四円ハ地方税ヲ以テ補償セラレ、之ニ対シテ家内引用瓦斯収入額ハ三万五千二百五十八円余ニ上リ前者ニ比シテ約二倍トナレリ。以テ需用家ノ増加ヲ知ルベシ。其増加
 - 第12巻 p.537 -ページ画像 
ニ対シテ製造能力ハ極限ニ達スルモ増築スル能ハズ、本局貯蔵鉄管モ亦夥シク減少セリ。是ニ於テ右本文中ノ制限ヲ設ケタルナリ。


瓦斯局書類 明治十五年会計課(DK120066k-0002)
第12巻 p.537 ページ画像

瓦斯局書類 明治十五年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十五年九月 日受月三十日出 御用掛 服部敏(印)
  (芳川)
 (印)   (印)会計課(印)(印)
 知事   書記官
                庶務課(印)(印)
従来各家ヘ引用之瓦斯其取付費ハ瓦斯売代純益金ヲ以凡十ケ月以内ニ消却スヘキ分ハ各家引用方許容致来候処、今後ハ其月数ヲ減縮シ後来ヲ計画スル見込ヲ以別紙○上掲之通副長ヨリ伺出候時無之転遷ニヨリ不得止義ト被存候間、先以区部常置委員会ニ付セラレ可然哉、諮問案左ニ相伺候也
諮問区第八号
    各家引用瓦斯取付費消却月数改正諮問案
従前各家ヘ瓦斯ヲ引用スルトキハ其売却代純益金ヲ以テ凡十ケ月以内ニ取付費ヲ消却スル見込ニテ右工事ヲ実施セシ処、近来瓦斯引用ヲ望ム者漸々増加スルニ付、目今ノ製出高ト各家引用ノ飾火ニ準スル量トヲ比較積算スレハ、殆ント現置器械産出高ノ極度ニ近ツキ、此上他ノ需求者ニ応センニハ竈其他ノ増築ヲ要シ随テ巨額ノ費金ヲ支出セサルヘカラス、然ルニ現時電気灯ノ挙アルニ方リ瓦斯ノ事業ヲ拡張スルハ得策トナシ難シ、因テ今後各家ニ於テ瓦斯ヲ請求スルトキハ純益金ヲ以テ費額ヲ消却スヘキ月数ノ計算ヲ定メ、五ケ月迄ノ分ハ之ヲ許諾シ六ケ月以上ニ渉ル者ハ之ヲ謝絶セントス
(朱書)
 但六ケ月以上ニ渉ル者ト雖モ、引用人ニ於テ自ラ其入費ヲ支弁スルモノハ此限ニアラス
   ○右資料本文中「従来各家ヘ引用之瓦斯其取付費ハ瓦斯売代純益金ヲ以凡十ケ月以内ニ消却スヘキ分ハ各家引用方許容致来候」トアルモ其規定明ラカナラズ。前掲資料ト同ジ。
                   (東京府庁回議用)


瓦斯局書類 明治十五年会計課(DK120066k-0003)
第12巻 p.537 ページ画像

瓦斯局書類 明治十五年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十五年 月 日受十月六日出 御用掛 服部敏(印)
  (芳川)
 (印)     (印)
知事      書記官     会計課(印)(印)(印)
瓦斯取付費純益金ヲ以消却スヘキ月数減縮之義別紙常置委員ヘ御諮問之処、朱書但書増補修正可決相成候ニ付テハ、副長伺之趣御聞届可然哉、御指令案共相伺候也
    案
書面伺之趣聞届候事
 但六ケ月以上ニ渉ルト雖モ、引用人ニ於テ自ラ其入費ヲ支弁スルモノハ此限ニアラサル儀ト可相心得事


瓦斯局書類 明治十六年会計課(DK120066k-0004)
第12巻 p.537-539 ページ画像

瓦斯局書類 明治十六年会計課 (東京府文庫所蔵)
(朱書)
第九百拾九号
    家内瓦斯引用之儀ニ付伺
 - 第12巻 p.538 -ページ画像 
家内瓦斯引用供給管埋布之儀、曩ニ伺済之上埋布管費用は瓦斯売却代利益五ケ月已内ニ消却見込之外は謝絶致候処、自後引用者ニ於テ其制限外之費用ヲ支弁之引用申込は其需ニ応シ供給候ニ付、当局と引用者之埋管所有之異ナルは其時ニ引用者ニ契約候モ差支不少候付、別紙瓦斯引用規則予而設置契約致度、此段相伺候也
  明治十五年十二月十九日
         東京瓦斯局副長 藤本精一 東京瓦斯局副長 藤本精一
    東京府知事 芳川顕正殿
                    (東京瓦斯局)
    瓦斯引用規則
第壱条 瓦斯供給管(当局ニ於テ既ニ埋布ノ本管及幹管ヨリ連繞シテ需求者ノ居住地境界ニ至ル)ハ当局定限アルニヨリ、其定限外ノ埋布管ヲ需用者ニ於テ費用ヲ支弁シ、当局ニ於テ製造其他ニ支障無キトキハ、埋布ヲ承諾スヘシ
第弐条 需求者自弁之埋布管ト雖其工事ハ総テ当局ニ於テ負担シ、竣工ノ後需求者ノ所有トナスベシ
第三条 需求者自弁ノ埋布管ハ其所有ニ属スルト雖モ、該線路ハ当局所有ノ管ト同シク一切処分スベシ
第四条 需求者所有ノ瓦斯埋布管ニテモ損所アレハ当局ニ於テ支弁修繕スヘシト雖、非常ノ場合ニ於テハ弁否協議ノ上修繕スルコトアルベシ
第五条 需用者所属ノ埋布管ヨリ佗ノ需求者ニ分管輸送スルモ所有需求者ニ瓦斯輸送ノ支障ナキトキハ当局ニ於テ適宜引接ス可シ
第六条 当局ニ於テ時宜ニ拠リ引用埋布管ヲ譲受ントシ或ハ需求者ニ於テ売払ントスル時ハ双方協議ノ上需ニ応ス可シ
第七条 需求者引用瓦斯管不用ニ属スルト雖、当局ノ承諾ヲ得スシテ発掘シ或ハ売却及抵当トスルモ、当局ニ於テハ之ヲ無効ノ者トナスヘシ
第八条 此規則ヲ承諾ノ上引用埋布ノ際約定等ハ甲乙ノ雛形ニ拠ルヘシ
第九条 事故アリテ此規則ヲ変更セントスルトキハ需求者ニ通報シテ後ニ施行スルモノトス
                       (東京瓦斯局)

(別帋)
      記
(朱書)
甲号
一金何百何拾円     何区何町何番地先ヨリ何々地ニ達スル瓦斯管埋布費附図朱線ノ通リ
    内訳
  金何百何拾円    内径何インチ管 何百何拾尺或ハ何本
  金何百何拾円    内径同 同
    〆
右者別紙附図朱線之通瓦斯管埋布費ニシテ、該管線路ハ貴所ノ所属ナルヲ以テ、爾来此線路ニ係ル一切ノ事ハ総テ瓦斯局之規則書ニ拠リ所分可致候也
  年 月 日               東京瓦斯局
 - 第12巻 p.539 -ページ画像 
    何某殿
(朱書)
乙号
今般拙者ノ希望ニヨリ別紙附図ノ通リ瓦斯管布設候ニ付テハ拙者ノ所属タル附図朱線ノ瓦斯管径何インチ管何百何拾尺ニ係ル将来百般ノ事項ハ総テ貴局ノ御規則ヲ確守可致候也
             何区何町何番地
  年 月 日                何某
    東京府瓦斯局
          御中
                (東京瓦斯局)
    伺書御下戻之儀
家内瓦斯引用規則之義、客年十二月十九日付第九百拾九号ヲ以伺出候処、都合有之一時御下戻奉願候也
  明治十六年二月廿日
         東京瓦斯局副長 藤本精一 東京瓦斯局副長 藤本精一
    東京府知事 芳川顕正殿
(朱書)
 申出ニ仍リ本書下戻候事           長官


瓦斯局書類 明治十六年会計課(DK120066k-0005)
第12巻 p.539-540 ページ画像

瓦斯局書類 明治十六年会計課 (東京府文庫所蔵)
(朱書)
第四百三拾弐号
    家内瓦斯引用之儀ニ付伺
家内瓦斯引用供給管埋布之儀、曩ニ伺済之上埋布管費用者瓦斯売却代利益ヲ以テ五ケ月已内ニ消却見込之外ハ謝絶致候処、自後引用者ニ於テ其制限外ノ費用ヲ支弁シ引用申込候者ハ其需ニ応シ供給候ニ付、当局ト引用者ト埋管所有之異ナルハ、其時々引用者ト契約候モ差支不少候ニ付、別紙瓦斯引用管自費埋布規程予テ設置、右ニ承諾之者ハ引用供給致候様仕度、此段相伺候也
  明治十六年八月六日
         東京府瓦斯局副長 藤本精一 東京瓦斯局副長 藤本精一
    東京府知事 芳川顕正殿
                    (東京瓦斯局)
   ○別紙瓦斯引用管自費埋布規程、後出(第五四〇頁)明治十六年十一月十七日伺書ト略々同様ナルヲ以テ略ス。

    書面御下戻之儀
第四百三十弐号
一家内瓦斯引用之義ニ付伺
第七百十九号
一局員姓名分掌給額ノ義上申
右弐通都合有之御下戻相願候也
  明治十六年十一月一日
         瓦斯局長渋沢栄一代理
           瓦斯局副長 藤本精一 東京瓦斯局副長 藤本精一
    東京府知事 芳川顕正殿
   ○右申出ニ仍リ本書下戻セラレタリ。
 - 第12巻 p.540 -ページ画像 
(朱書)
第七百拾九号
    局員姓名分掌給額之義上申
役員心得御達相成候ニ付局員姓名分掌給額取調此段上申候也
  明治十六年十月二日  東京瓦斯局長渋沢栄一代理
              東京瓦斯局副長 藤本精一
    東京府知事 芳川顕正殿
                        (東京府)
    局員姓名分掌給額調書
  会計部長         月給金三拾円  小林桂
  工事部長         月給金五拾円  綾部平輔
  工事部製作掛兼点火工作掛 月給金四拾五円 所谷英敏
  工事部点火掛兼工作掛   月給金弐拾五円 平内彦三
  会計部計算掛       月給金拾三円  斎藤熊四郎
  会計部調度掛兼計算掛   日給金四拾銭  藤林利之
  会計部出納掛       日給金四給銭  奥木尊□
  会計部出納掛       日給金四拾銭  小笠原喜八
  会計部出納掛       日給金三拾銭  鈴木重次郎
(東京府)


瓦斯局書類 明治十七年会計課(DK120066k-0006)
第12巻 p.540-541 ページ画像

瓦斯局書類 明治十七年会計課 (東京府文庫所蔵)
(朱書)
第九百五拾五号
    家内瓦斯引用之儀ニ付伺
家内瓦斯引用供給管埋布之儀、曩ニ伺済之上埋布管費用者瓦斯売却代利益ヲ以テ五ケ月以内ニ消却見込之外ハ謝絶致候処、自後引用者ニ於テ其制限外之費用ヲ支弁シ引用申込候者ハ其需ニ応シ供給候ニ付、当局ト需求者ト埋布管所有ノ異ナルニ依リ、其時ニ需求者ト契約候モ差支不少候ニ付、予テ別紙瓦斯引用管自費埋布規程ヲ設置、右承諾之者ハ引用供給致候様仕度、此段相伺候也
  明治十六年十一月十七日
         瓦斯局長渋沢栄一代理
           瓦斯局副長 藤本精一 東京瓦斯局副長 藤本精一
    東京府知事 芳川顕正殿
                     (東京瓦斯局)

    瓦斯引用管自費埋布規程
第一条 瓦斯供給管ノ埋布ハ(当局ニ於テ既ニ埋布ノ本管ヨリ枝管ヲ連続シテ需求者ノ居住地境界ニ至ル)当局ニ於テ定限アルニヨリ、其定限外ノ埋布管ヲ需求者ニ於テ自弁シ之カ引用ヲ望ム時、当局ニ於テ支障ナキ者ハ其埋布ヲ承諾スヘシ
第二条 引用者自弁ノ埋布管ト雖モ、其工事ハ総テ当局ニ於テ取扱フヘシ
第三条 引用者自弁ノ埋布管ハ引用者ノ所有ニ属スルト雖モ、其取扱向ハ都テ当局ノ管理ニ帰シ、当局所有ノ管ト異ナルコトナカルヘシ
第四条 引用者所有管破壊或ハ腐蝕シタル修繕費ハ引用者ニ於テ支弁
 - 第12巻 p.541 -ページ画像 
シ、其他ノ修繕ハ当局総テ之ヲ負担スヘシ
第五条 引用者所有管ヨリ接続シテ他ノ需求者ノ為メニ枝管ヲ設クルモ、当局ニ於テ該所有管ノ瓦斯送致方支障ナシト認ムレハ引用者之《*》ヲ拒ムヲ得ス
 *(付箋)[引用者ニ通報シテ《(以下朱書)》適宜其工事ヲ実施スヘシ
  (下ゲ紙)
   第五条末項原按ニ据置カザルニ於テハ実施上差支ヲ生スル場合可有之ニ付、付箋取除キ候方可然ト思考仕候也 (印) (印)
第六条 前条工業ノ都合ニヨリ引用者ノ所有管ヲ当局ヘ譲受ントスルトキハ、相当代価ヲ以テ其需求ニ応スヘキモノトス
第七条 引用者所有管不用ニ属シ其堀揚ヲ望ムトキハ、双方立会各自所有管ノ公界ヨリ截断スヘシ、而シテ截断ニ属スル費用ハ引用者之ヲ負担スルモノトス、但シ此場合ニ際シ其代価協議ノ上該管ヲ当局ヘ買入ルヽコトアルヘシ
第八条 引用者ノ所有管不用ニ属スト雖モ、当局ノ承諾ヲ得スシテ猥ニ堀出シ或ハ売却スル等ノコトヲナスヘカラス、若シ之ニ違背シ他ノ連続管ニ損傷ヲ生シ又ハ瓦斯ヲ漏失スルトキハ、其損所ヲ修繕スルノ費用及漏失ノ瓦斯代ハ引用者ヨリ弁償セシムルモノトス
第九条 当局事業上已ムヲ得サル場合ニ臨ミ此規程ヲ増減及更正スルトキハ之ヲ引用者ニ通知ス、若シ引用者ニ於テ其規程ニヨラサルトキハ当局ヨリ瓦斯引用方ヲ謝絶シ、第七条ノ例ニ依テ之カ取扱ヲナスヘシ
                       (東京府)

今般貴殿之需求ニ応シ埋布セル別紙附図○略ス朱線之瓦斯管口径何インチ何百何十尺或ハ何本ハ貴殿之所有品ニ候得共、後来此管ニ係ル一切之事項ハ総テ当局瓦斯引用管自費埋布規程書ニ拠リ取扱可申候也
  年 月 日              東京府瓦斯局
    何某殿
                         (東京府)
今般拙者之希望ニヨリ別紙附図○略ス之通瓦斯引用管布設候ニ付テハ、拙者之所有ニ属スル朱線ノ瓦斯管口径何インチ管何百何十尺或ハ何本ニ係ル将来百般之事項ハ、総テ貴局ニ於テ御定メ相成居候瓦斯引用管自費埋布規程ヲ相守可申候也
                  何区何町何番地
  年 月 日               何某
    東京府瓦斯局
          御中
                     (東京府)


瓦斯局書類 明治十七年会計課(DK120066k-0007)
第12巻 p.541-542 ページ画像

瓦斯局書類 明治十七年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十六年十二月 日受月十四日出 七等属 服部敏(印)
 (芳川)
 (印)(印)   (印)会計課(印)(印)
 知事       書記官
                  調査掛(印)(印)
 - 第12巻 p.542 -ページ画像 
瓦斯引用人之内瓦斯枝管ヲ所有候者ニ対シ未タ一定之成例無之ニ付、其規程ヲ設ケ約定書為取替将来不都合無之様処分致度段、別紙局長代理ヨリ伺出之趣取調候処、別紙ニ付箋之通修正ヲ加ヘ施行方御認許相成可然哉、御指令案共相伺候也
 追テ本項規程修正ノ儀該局ヘ協議候処、実際差支無之趣ニ候、此段副申候也
    案
東府計
  書面伺之趣付箋之通修正之上施行可致事
    年月日                長官
                     (東京府庁回議用)