デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
25節 取引所
1款 東京株式取引所
■綱文

第13巻 p.524-525(DK130045k) ページ画像

明治20年7月12日(1887年)


 - 第13巻 p.525 -ページ画像 

是日栄一、渋沢喜作・安田善次郎・河野敏鎌・中野武営・小川為次郎・朝吹英二・中村道太等ト坂本町銀行集会所ニ会シ、東京取引所創立願書草案ソノ他ニツキ協議ス。


■資料

中外物価新報 第一五八四号〔明治二〇年七月一四日〕 ○取引所創立の協議(DK130045k-0001)
第13巻 p.525 ページ画像

中外物価新報 第一五八四号〔明治二〇年七月一四日〕
    ○取引所創立の協議
一昨十二日午後六時より坂本町の銀行集会所に於て東京取引所創立の協議会を開かれたり、同日出席されし人々は渋沢栄一・渋沢喜作・安田善次郎・河野敏鎌・小川為次郎・中野武営・中村道太・朝吹英二の八氏にて、兼て起草者に於て取調へたる創立願書の草案に就て協議を遂け、尚来る十八日午後を期して府下の重立たる商業家凡百余名を招集し評議を為し会員となるべき人々の調印を取り、其中にて創立委員を選挙して早々創立願書を其筋へ差出すことに決し、一同散会されしは十一時頃なりし由、又場所は坂本町の官有地へ設立する見込なりと云ふ、尚此外に種々詳細のことを聞込たれど未だ公然世間へ発表するの時機に至らざれば他日を俟て報道すべし


東京経済雑誌 第一六巻第三七六号・第八五頁〔明治二〇年七月一六日〕 ○東京取引所創立の協議会(DK130045k-0002)
第13巻 p.525 ページ画像

東京経済雑誌 第一六巻第三七六号・第八五頁〔明治二〇年七月一六日〕
    ○東京取引所創立の協議会
河野敏鎌・渋沢栄一・渋沢喜作・安田善次郎・小川為次郎・中野武営・中村道太・朝吹英二等の諸氏は去る十二日日本橋区の銀行集会所に参集し兼て起草者に於て取調べたる取引所創立願書の草案に就きて協議を為せり、尚ほ来る十八日を期し府下の重立ちたる商人百余名を招集して之に評議を為し、同所の会員となるべき人々の調印を取り、其の中より創立委員を選みて其の筋へ出願する筈なりと、左れば聞込み次第報道する所あるべし