デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
28節 貿易
10款 聯合生糸荷預所
■綱文

第15巻 p.35-57(DK150002k) ページ画像

明治14年10月10日(1881年)

是日栄一、東京商法会議所会頭トシテ臨時会議ヲ招集シ、聯合生糸荷預所ト外国商人トノ紛争ニ関スル対策ヲ附議シ会議所会員ノ意見ヲマトメ、会員清水誠ノ委員附托ノ動議ヲ採決シテ是ヲ可決シ、同所ノ外国貿易事務委員益田孝等ヲ之ニ当ツルコトトス。


■資料

東京商法会議所要件録 第三八号・第一―三九頁明治一四年一〇月一二日刊(DK150002k-0001)
第15巻 p.36-44 ページ画像

東京商法会議所要件録  第三八号・第一―三九頁明治一四年一〇月一二日刊
  第十八臨時会議 明治十四年十月十日午後六時開場
    議員出席スル者
    渋沢栄一    益田孝     大倉喜八郎
    益田克徳    米倉一平    久原庄三郎
    吉川長兵衛   清水誠     平野富二
    中沢彦吉    原六郎     神田太助
    横山源太郎   和久井久次郎  赤井善平
    鳥海清左衛門  吉田丹兵衛   稲田政吉
    丹羽雄九郎   山中隣之助
以上参会スル者二十名其他ハ病気旅行等ニテ不参ヲ告ク、蓋シ本日ノ臨時会ハ横浜聯合生糸荷預所ノ事ニ就キ開タル者ニシテ、頗ル内外商ニ関係多キ議事ナレハ議員其他役員ノ紹介ニ依リ傍聴者多キ中ニモ、横浜メイル新聞社ノ社長プリンクリン並ニ三ツ井物産会社ノ傭外国人アルビン氏モ見エタリ、議員席定マルノ後会頭○栄一ハ今日臨時会ヲ開キタル所以ヲ述ヘテ曰ク、抑モ此度内外商人間生糸売買上ニ就キ紛議ヲ生シタルガ為メ凡ソ月余ノ間全ク取引ヲ中絶シタリ、蓋シ横浜ニ於テ是迄数旬ノ間取引ヲ中絶シタル事敢テ珍ラシキ事ニモアラザレトモ此度ノ件タル其実因アリテ発シタルモノニシテ、其模様ニヨリテハ至大ノ関係ヲ全般商業上ニ生スベキ事ナレバ、若シ夫此挙ニシテ蹶躓スル事アラバ不測ノ禍害ヲ来タサンモ亦タ知ルベカラザルノ時節ナレハ我々商人ハ能ク之ニ処シ、勉メテ其禍害ヲ避クルノ道ヲ講セザルベカラズ、是本日諸君ノ来会ヲ煩ハシタル所以ナリ、尤今日臨時会ヲ開クガ為メ予メ其旨ヲ荷預所ニ照会シタルニ同所ニ於テハ大ニ本会ノ厚志ヲ謝シ、其定款売込問屋告知書及同所開業後之顛末書ヲ寄送セラレタリ、而シテ此度紛議ノ始末ヲ十分ニ諸君ニ演説センガ為メ同所役員一名臨席ノ筈ナリシガ、生憎差支ノ由過刻該荷預所取締役原善三郎氏来訪ノ上断リアリタレハ余ハ之ニ代ハリテ其顛末ヲ略陳セン、抑モ此紛議ノ来歴ハ此顛末書其他新聞紙等ヲ以テ已ニ諸君ハ詳知セラルベシト云トモ猶ホ短簡ニ之レヲ演述セン、従来生糸ノ売買タル内外商人斉シク事理ヲ弁シ正当ノ手続ヲ蹈テ成リ立チタルモノニアラサルガ故ニ、内商ハ常ニ外人ノ専横ヲ受ケ、荷主並ニ売込問屋ガ非常ノ損害ヲ蒙ムル事少カラズ、此等ノ弊害ヲ矯正セン事是荷預所ヲ設立スル要旨ノ一ナリ、又従来生糸ノ売買ハ各売込問屋其方法ヲ区々ニシ、其量目並ニ品位均一ナラザルヨリ其声価ヲ失墜スル事少ナカラズ、此等ヲ改良セン事是荷預所ヲ設立スル要旨ノ二ナリ、如此ノ目的ヲ以荷預所ヲ設立セン事ヲ企テ九月十三日ヲ以テ之レヲ外人ニ報道シ、実ニ開業シタルハ同月十五日ナリキ、而シテ此後両三日間ハ外人同所ニ臨ミ、何等ノ苦情モナク、規則ニヨリ取引シタル者アリシガ、豈料ランヤ其廿一日ニ至リ、ゼルマンクラツフニ於テ外商三十六名相結合シ、曩キニ同所ガ十三日ニ彼ニ送リタル書面ノ返書ヲ寄セ、同所ノ取引ハ甚タ危険ナルヲ以テ一同同所ニ臨テ生糸ヲ買ハサルニ一決シタル趣ヲ申越シ、且ツ同時ニ於テ不当ノ広告文ヲ発シタリ、於是同所ニテモ種々評議ヲ為
 - 第15巻 p.37 -ページ画像 
シ一旦ハ之ニ対当セル処置ヲ施コサントシタリシモ可成穏当ノ処置ヲ以テ之ニ応スベシト一決シ、即チ同月廿六日ヲ以テ書ヲ彼ニ送リタリ其大要ハ此度貴方ノ決議書ヲ添ヒ申越サレタル趣承知セリ、今其決議ノ要件ヲ覧ルニ或ハ本所設立ノ要旨ヲ了解セラレザルニ出ヅル者ナルベシ、抑モ本所ノ設立ハ生糸ノ品位ヲ精良ニシテ彼我売買ノ便利ヲ図ルノ外ハ他念アラジ、願クハ本所現今ノ規則中貴方決議ノ如ク危険アリト思惟セラルヽ条々ハ遠慮ナク摘示セラレタシ、然ル上ハ猶十分御相談ヲ遂クベシ云々ト云ニ在リ、然ルニ外人ハ尚ホ之ヲ慊ラズトシテ同月廿九日ヲ以テ更ニ地方荷主ニ向テ告諭文ヲ配付セリ、其大要ヲ云ハハ生糸荷預所ハ要スルニ二三ノ者其私利ヲ営スルノ設立ニシテ、斯ル設立ハ商売ノ原則ニ悖ルモノニシテ決シテ永遠ニ成立スルモノニアラズ、故ニ直チニ我々ニ来リテ取引アラバ万事荷主ニ向テ便利ノ相談ヲ為スベシト云フノ意ヲ掲ケテ益々同所ヲ攻撃スル事ヲ勉メリ、蓋シ其云フ所ヲ聞クニ同所ノ設立ハ如斯私利ヲ謀ルニ出ツルモノナリ、如斯彼我ノ商売ヲ害スルモノナリト確信スルニアラズシテ、只斯ク我々ハ掛念スルト云ヒ又ハ疑念スルト云フニ過キズ、而シテ彼等ノ危険ナリトスル所ノ点ニ至テハ一モ之ヲ摘示スルナシ、而シテ其翌三十日付ヲ以テ更ニ同所ニ向テ其告諭文ニ云ヘルガ如キノ意ヲ以テ書面ヲ寄セタリ、是廿六日我ヨリ送クリタル書翰ノ答書ナリ、右ハ表面ノ手続ナリシガ猶内部ニ於テハ或ハ外人ハ我ガ直輸ヲ妨クルノ計ヲ為スト云ヒ或ハ我ガ金融ヲ壅塞セン事ヲ図ルト云ヒ、其他世人ヲシテ外人ハ只利己主義ヲ専ニスル事、如斯夫レ甚シキヤト疑ハシムル処措少ラザルナリ、以上ハ余ガ荷預所役員ニ代リテ今日迄ノ顛末ヲ報道スル所ニシテ願クバ諸君十分ニ事情ヲ察シ、右紛議ヨリ生スル禍害ヲ防クノ道ヲ講ゼラレン事ヲ
大倉曰、只今会頭ノ演説ヲ以テ其顛末ヲ詳知セリ、今我々ガ意見ヲ陳述スル前ニ先チ会頭ニ於テ考按アラハ先ツ之ヲ聴カン事ヲ望ム
会頭曰ク、抑モ本議ハ私案ヲ定テ然シテ後諸君ノ意見ヲ問フニ非ズ、先ツ諸君ニ於テ此度ノ紛議ニ就テハ理非順逆何レニ帰スルヤヲ討論シ若シ果シテ理ノ帰スル所荷預所ニ在リテ、之ヲ応援スル亦正当ナリト決セバ、其上ニテ之ヲ保助スルノ方法ヲ討議セラレン事ヲ望ムナリ
益田孝曰ク、抑モ此度中外商人ノ紛議ヲ考ルニ我ハ開港以来ノ積習ヲ破ラントシ彼ハ之ヲ墨守セントスルノ争ニ外ナラズ、而シテ今日迄横浜ノ取引ハ如何ナル有様ニテアリシヤヲ見レバ其理ノ帰スル所弁セズシテ明カナルベシ、蓋シ前年本会創立ノ際ニ於テ特ニ外国貿易事務委員ヲ撰定シタル時ニ当リ、余モ亦委員ノ末席ニ厠リ当時開港以来横浜取引ノ実況ヲ報告シテ其改良セザルベカラザルヲ陳述シタル啻ニ一二回ニ止ラサリキ、左レハ生糸取引上ニ於テ外人ノ専横ナリシ事実ハ已ニ世人ノ詳知スル所ニシテ、其改良ヲ望ミタル事亦決シテ一日ニ非ルナリ、只今日迄其目的ヲ達シ得ザリシ者ハ未タ其時ヲ得ザリシガ為ノミ、今ヤ地方製産者並ニ横浜生糸商業者ガ連合一致シテ此目的ヲ達セントスル事ハ諸君ガ連日ノ新聞紙ヲ以テ已ニ詳知セラルヽ所ノ如シ、是実ニ千歳一遇ノ好機ニシテ苟モ我商業ノ衰頽ヲ喜ブ者ニ非ザルヨリハ豈此機ヲ失フテ可ナランヤ、夫貨物ヲ買
 - 第15巻 p.38 -ページ画像 
フニ臨ミ品位ヲ検査スルハ商売ノ常規誰カ敢テ其不当ヲ云フ者アランヤ、然ルニ他人所有ノ貨物ヲ己レノ商館ヘ引込ミ数日ノ間之ヲ拘束シ、甚タシキニ至リテハ此間本国ノ相場ヲ問合セ、己レニ利アル時ハ最初ノ約束直段ヲ以テ買取リ、己レニ利アラサル時ハ数日拘束ノ後其約束アルニモ拘ラズ之ヲペケニシ恬トシテ顧ミザルモノヽ如シ、荷主タル者此間他ニ好買者アルモ之ヲ引出ス事能ハス、且此間貨物ノ火災保険ヲ付スル事ナク、又之ニ対シ預リ証ヲ受取ルニモアラズ、一旦其貨物ノ損傷スル事アルモソノ損害ヲ要償スル事能ハズ其他風袋ノ斤量ヲ扣除スルガ如キ又往返運送費ヲ我ニ弁セシムルガ如キ其専横実ニ甚シカラズヤ、如此不法ノ取引ハ世界何国ニ於テ其例アリトスルヤ、夫レ此度ノ紛議ニ於テ我ハ此不法ノ慣習ヲ破ラントスルニ在リ、是実ニ正当ノ理アルニ非ズヤ、若シ夫レ不幸ニシテ我一タビ彼レニ屈セバ将来我国ノ商権ハ決シテ伸張スルノ期ナカルベシ、豈ニ勉メザルベケンヤ、今ヤ荷預所ヲ設立シ取引ノ体面ヲ改正セントス、而シテ此挙ヤ豈ニ外人ニ不当ノ迷惑ヲ与フルモノナランヤ、例ヘバ外人ガ生糸ヲ買ント欲セバ各売込問屋ニ於テ見本ヲ検閲シ然シテ後荷預所ニ就テ之ヲ取引スベシ、而シテ(此預リ荷ニ対シテハ同所ヨリ一一荷為換ヲ貸シ置ク事ナレハ)其取引定結シテ商品ヲ持出ス時ニ至リ始メテ其代価ヲ払フベキモノトス、是レ尋常取引ノ振合ニシテ敢テ怪シムベキ事ニ非ス、要スルニ之ヲ我ガ彼ヨリ輸入品ヲ引取ル時ノ手続ニ比スレバ買方ノ便利一層大ナルモノトス、且ツ夫レ風袋ノ斤量ニ異同アリトノ苦情アリヤニ聞ケトモ此事タル斤量ヲ重加スレバ随テ之ヲ貴買シ、之ヲ軽減スレバ随テ賤買スル迄ナリ、天秤ノ正当ナル限ハ敢テ顧慮スルニ足ラサルベシ、或ハ外人中現今ノ荷預所ハ室内狭小ニシテ光線ノ取リ方宜シカラス等ノ苦情アルヤニ聞ク、是実ニ至当ノ申分ナルヘケレバ荷預所ト云トモ決シテ之ヲ拒ムベキニアラサルベシ、必ス買客ト協議ヲ遂ゲ、漸次改良ヲ図ルヘシ、果シテ然ラハ其取引上ニ於テ何ノ不便カ是レアランヤ、夫レ如此同所ノ望ム所ハ畢竟彼我相互ノ便益ヲ図リ内外商業ノ繁栄ヲ祈ルノ外他念アラザルニ、彼猜忌ノ念ヲ抱キ目前不当ノ余利ニ恋々シ強テ此挙ヲ拒マントスルガ如シ、情況已ニ如此、本会ハ道理ノ許ス限リハ荷預所ニ向テ応分ノ声援ヲ為シ以テ取引ノ悪弊ヲ匡正スルノ目的ヲ達セシメザルベカラズ、而シテ本会ハ外ハ以テ欧洲各地ノ商法会議所並ニ里温ノ各製絹場其他新聞社等ニ書ヲ寄セ、其正理ノ在ル所ヲ世界ニ訴ヘ、内ハ以テ各地ノ製産者ニ告諭シ勉メテ在来ノ悪風ヲ一洗セン事、固ヨリ是レ本会ノ本分ナリト信ズルナリ、而シテ余ハ猶将来横浜生糸商人ニ向テ注意ヲ要スベキモノアルヲ以テ其意見ノ在ル所ハ更ニ之ヲ議場ニ質サント欲スト雖トモ、是レハ之レ後段ニ譲リ先ツ本題応援ノ儀ニ付卑見ヲ呈スル事如此、諸君以テ如何ト為ス
大倉曰ク、益田君ノ説実ニ余カ意ヲ得タリ、余輩彼ノ外商ノ専横ヲ被ムル只ニ一日ニアラズ、実ニ切歯扼腕ノ至ニ堪エザルナリ、今ヤ余輩ハ積年ノ悪風ヲ一洗シ、我ガ商権ヲ挽回スルノ気運ニ遭逢セリ、此時ニ当リ欧洲各地ノ新聞紙ニ正理ヲ訴ヘ外商ノ専横如斯夫レ甚シ
 - 第15巻 p.39 -ページ画像 
キヲ示サハ間接ノ効実ニ少ナカラザルベキナリ
山中曰ク、余モ亦益田君ノ説ヲ賛成ス、且余ハ併テ本邦各地ノ商法会議所ヘモ通告セン事ヲ望ムナリ
清水曰ク、余モ亦諸君ト共ニ益田君ノ説ヲ賛成ス、蓋シ今日ノ紛議ハ一方ニ於テハ之レヲ買ハズト云ヒ、他方ニ於テハ之ヲ売ラスト云フニアリ、而シテ其闘争ノ勝敗ハ大ニ資力上ニ関スルモノアルカ如シ左レバ余ハ一歩ヲ進メ同志資力ヲ合シテ之ニ応援スルカ、若クバ加勢ヲ政府ニ請フカ、要スルニ差当リ実力ヲ以テ之ヲ助ケ其効能ヲ一層灼然タラシメン事ヲ望ム
益田孝曰ク、夫レ今日ノ戦ハ前陳ノ如ク買ハザルト売ラザルトノ間ニ在ルガ如シト云トモ我ニ於テハ固ヨリ売ラザルト云フニ非ズ、只正当ノ手続ヲ蹈マン事ヲ望ムニ過ギズ、而シテ此生糸タル世界各国需用乏シト為サズ、必スヤ早晩需用地ニ到ラサルヲ得ス、若シ彼レ買ハザルトナラバ直輸ノ途モナキニ非ズ、左レハ現況ノ処ニ於テハ迚モ和解ノ道ハ覚束ナシ、抑モ此事タル其関係現時ニ止マルニ非ズ、将来ニ及ボスノ影響モ亦大ナレバ今後来ニ就テノ計策モ甚タ肝要ナルベシト雖トモ、諸君先ツ目下ノ急ヲ救フノ良策アラバ願ハクバ其説ヲ聴カン事ヲ望ム
丹羽曰ク、余モ生糸ノ売買ニハ其関係少シトセス、現ニ米国ニ於テ生糸商店ヲ有スル程ナレバ此度紛議ノ模様ニヨリテハ其利害ヲ感スル事切ナリ、左レバ進デ我貿易上ノ悪弊ヲ矯正シ、以テ彼我対等ノ取引法ヲ定メン事最モ以テ今日ノ急務ナリトス、夫レ此慣習タル数百年前ニ始リシニアラズシテ開港以来ノ事ナレハ之ヲ排除スル決シテ難キニアラザルベキナリ、蓋シ生糸製産業タル特ニ資本ヲ要スル事大ナルモノナレバ我国人ガ彼ノ専横ヲ甘受スルニ非レトモ其金利ニ控制セラレテ不知不識此慣習ヲ養成シ来リタルモノナラン、由是観之若シ製産者ガ十分金融ノ便ヲ得ルニ至レバ既失ノ商権ヲ挽回スルニ於テ幾分カ其実効ヲ奏スルニ至ラン、是余ガ此度ノ紛議ヲ救ハントスルニ当リ諸君ニ向テ寧ロ此点ニ注意アラン事ヲ要スル所以ナリ
会頭曰ク、今資力ヲ以テ之ニ応援スルノ事ハ第二段トシ、益田君ノ説ノ如ク外国各地ノ新聞ニ正理ヲ訴フルトノ一条ニ就キ意見アラバ十分発議セラルベシ
米倉曰ク、今日我商権ヲ挽回スルノ一挙ニ於テハ他ノ諸君中決シテ異見ヲ抱クモノナカラン、而シテ其方法ニ至リテハ余ハ益田君ノ説ヲ賛成ス
於是会頭ハ初メ大綱ヲ定メ、然シテ後細目ニ議及スベキ旨ヲ述ベ、先ツ荷預所ニ応援スヘキヤヲ問フタルニ、皆異議ナキヲ以テ、更ニ応援ノ方法ニ就キ討議スベシト述ベラレタリシガ、時ニ会頭ハ此度ノ紛議ニ関シ山梨商法会議所ヨリ本会ヘ来書アリ、過刻報道ヲ洩ラシタレハ議事ノ中間ナガラ玆ニ報道スル旨ヲ述ヘ、書記ヲシテ其全文ヲ朗読セシム、即チ左ノ如シ
  一筆啓申仕候、其御会議所御一統御静寧可被為渡大賀之至ニ御坐候、然ハ今般横浜聯合生糸荷預所ト同港在留外国生糸商人トノ間ニ起リタル紛紜ノ義ニ付、当県下生糸商業有志者集会之上別冊盟
 - 第15巻 p.40 -ページ画像 
約書之通決定致候、依テ御参考之為該規則書壱部進呈仕候間、尚此上トモ御尽力被下候様希望罷在候、此段申進候也
   但シ別冊規則書中人名記載漏之分ハ続々御報道可申上候也
    十月八日              山梨商法会議所
      東京商法会議所
           御中
    山梨県生糸商有志者盟約書
通商貿易ハ富国ノ基礎ニシテ経済ノ命脈タリ、故ニ今ヤ坤輿星羅ノ列国概ネ競フテ通商貿易ノ途ヲ開張振作セサルナシ、然レトモ彼我対等ノ権力ヲ操持シテ其事ニ当ラサレハ何ノ国何ノ州ヲ問ハス富国ノ基礎タリ経済ノ命脈タルヘキ通商貿易モ却テ其国ノ疲頽ヲ招クモノ往々ニシテ其例少ナシトセス、我国開港以来通商貿易ノ状況ヲ観ルニ彼我ノ権其平衡ヲ得サルガ為ニ通商貿易上実ニ言フニ忍ヒサル侮慢ト損害ヲ外人ヨリ被ムル者アルハ普ク人ノ詳知スル処ナレハ今更玆ニ喋々ヲ贅セスト雖モ、誰カ従来ノ弊風ヲシテ痕ヲ貿易市上ニ遺サシムル事ヲ好マンヤ、聞ク在浜数輩ノ豪商有志者等斯ニ見ル所アリテ過般聯合生糸荷預所ヲ設立シ、十数年来因襲挙行シ来リタル弊風ヲ改良シ、双方静穏ノ手続ト正当ナル条理ヲ践テ通商貿易ヲ経営センコトヲ企図セリト此挙ヤ苟モ人権ヲ重シ正義ヲ尊ムノ人ハ其公明至大ナルヲ賛成シ決テ非議ヲ容レサルヘシト思惟セシニ、何ソ図ラン外商中理義如何ハ毫モ顧ミル所ナク、自己ノ私利ヲ殺カルヽガ為メニ遂ニ該預所トハ一切取引ヲ為サヽル旨ヲ広告シ、以テ我有志者ノ発起セル聯合生糸荷預所ヲ破却セント欲シ、種々附会ノ説ヲ作為シテ内地ノ営業者ヲ瞞着セントシ、或ハ其手代手先等ヲ各地ヘ派遣シ、製産地ノ現在品ヲ購買セントスト聞ケリ、若シ此際ニシテ彼カ術中ニ籠絡セラルヽモノアルトキハ折角有志者カ辛苦計画セシ至公至正ノ目的ハ忽チ泡沫ニ属シ去リ、再ヒ我商権ヲ挽回シ対等ノ位地ニ立テ通商貿易ヲ経営スルノ期ナカルヘシ、依テ我峡中同業者玆ニ会同シ連合一致以テ彼ノ荷預所設立ノ主義ヲ賛成シ、今回紛紜ノ結局ニ至ル迄ハ外商ト直取引及荷預所外ニ向テハ毫糸半毛ノ取引ヲモ為サヽル事ヲ誓フ
    第壱条
一此同盟中ノ者ハ外国商人ニ向テ直取引ヲ為スベカラス、又外国商人ノ名義其他ノ名義ヲ以テ各地ヘ派遣セル手代若クハ其手先キト見認ルモノヘハ一切荷物ヲ売却セサル事
    第二条
一此同盟中ノ者ハ横浜聯合生糸荷預所同盟売込問屋外ヘ荷物ヲ売込又ハ売込ヲ依頼シ或ハ質入等一切為スヘカラサル事
    第三条
一此同盟ヲ為シ之ヲ確守スルノ証トシテ一同玆ニ記名調印セリ、若シ之レニ背ク者アル時ハ同盟一同爾後其違約者ト取引ヲ為サヽルハ勿論長ク絶交可致事
右謹テ誓約スル者也
  明治十四年十月六日            四十五名連署
益田孝曰ク、抑モ荷預所ハ生糸取引所ヲ兼タルモノヽ如シ、一タビ之
 - 第15巻 p.41 -ページ画像 
ヲ設立シタル上ハ飽ク迄之ヲ継続スベシ、蓋シ荷預所ハ売買主双方ヲ控制スルノ性質ヲ有スルガ如ク論スルモノアレトモ是大ニ僻事ナリ、夫レ生糸ハ我国無二ノ国産ナルニモ拘ハラズ其品位ノ均一ナラザルヨリ市場ニ価格ヲ保ツ事ヲ得ザルハ世人ノ詳知スル所ナリ、近来ニ至リ各地製産者ガ此ニ見ル所アリ、漸ク品位ヲ均一ニセン事ヲ図レトモ、一二ノ地方ヲ除クノ外旧套ヲ脱セザル者ノミ、然ラハ生糸取引所ヲ設ケテ品位ヲ均一ニセン事ヲ図ルハ是今日ノ急務ニ非ズヤ、或ハ曰ク、外人ノ専横ヲ制セントスルニハ何ゾ必シモ荷預所ノ設立ヲ要センヤ、各売込問屋ハ外人ヲ迎ヒテ自店ニ於テ取引セバ自ラ彼ノ専横ヲ制スルニ足ラント、是亦実況ヲ察セザルノ僻論ト云フベシ、夫レ生糸取引上ニ於テ其検査ヲ要スルハ従来必須ノ手続ナリ然ルニ各売込問屋ニ於テ此検査ニ供スルノ場所ナキニ非ズヤ、然ラバ今日荷預所ヲ設ケ生糸ノ品位ヲ均一ニシ検査ヲ一所ニ於テ為ス事ハ共ニ本品売買上甚ダ必要ナル事ニシテ是生糸荷預所ノ設立ヲ要スルノ第一ナリ、且ツ夫生糸ハ前陳ノ如ク本邦重要ノ国産ニシテ之ガ製産費用モ決シテ他品ノ比ニ非ズ、是ヲ以テ将来本邦ノ貿易ヲ隆盛ナラシメントスルニハ必ズ之ガ製産ニ資本ヲ注入スル最モ以テ多カラザルベカラズ、然ルニ在来ノ売込問屋ナル者ハ取引ノ振合各家区区ニシテ且ツ其財産多クハ限リアリ、左レバ実際ニ於テハ銀行ト云トモ此等問屋ノ保管スル生糸ニ対シテ貸金スル事ヲ危ムノ念慮ナシトセズ、然ルニ此荷預所ナル者ハ合資ノ会社ニシテ外国ノ所謂「ウヱーアハウス」ノ如キモノナレハ其世上ニ得ル所ノ信用亦彼ノ売込問屋ガ孤立シテ営業スル者ノ比ニ非サルヘシ、是ヲ以テ本品製産業ハ益々資本ノ助ヲ得其駸々改良スルハ余ガ確信スル所ナリ、是生糸荷預所ノ設立ヲ要スルノ第二ナリ、以上二件ハ只々本邦人ノ為メノミナラズ外人ト云トモ亦其利ヲ分取スベキモノナレハ余ハ海外消費者ニ向テモ能ク此趣意ヲ告知セント欲スルナリ、由是観之余ハ現今荷預所ノ設立ヲ賛成スルノミニ止ラズ更ニ進ンテ弁利ノ地ヲトシ生糸取引所ヲ設立セント望マザルヘカラズ、又此度ノ紛議ニ就キ余ガ窃カニ解シ得ザルモノアリ、抑モ生糸ナル者ハ横浜ニ於テノミ価格ヲ維持スルモノトスルカ、仮令居留地人民三十五人ガ連合シテ買入レザレバトテ欧洲各地ニ於テ需用ノ減セザル限ハ豈敢テ顧慮スルニ足ランヤ、試ニ亜米利加ヲ以テ例センニ其国産ノ麦ノ如キ仮令百千ノ英人相結合シテ買ハザルベシト誓約スルモ(万如此事ナカルベケレトモ)英国ノ市価之ヲ輸出シテ利アリトセハ各自競フテ之ヲ買ヒ産出者モ進ンテ自ラ之レヲ輸出ス、何ソ斯ル結合ヲ恐ルヽノ理アランヤ、然ルニ今ヤ我邦ニ於テハ僅カニ横浜三十五名ノ外国人此ニ結合セバ内国各地ニ製産スル数千俵ノ生糸忽チ販路ヲ失ヒ需用地ニ達スル事能ハザルニ至ルハ実ニ余ガ解セザル所ナリ、想フニ是平生其販路ヲ求ムルノ用意ニ乏シキノ致ス所ニシテ其此ニ至ラシムルモノ抑モ亦謂アルナリ、夫レ我国生糸ハ其種類多数ナル而已ナラズ一種類中タリト雖トモ其品位ヲ異ニシ等級ヲ同フセザルモノアルガ故ニ五十個百個若クバ千個ヲ合シテ其品位ヲ同フスルモノ甚ダ稀ナリトス、故ニ我直チニ之ガ販路ヲ海外ニ求メ、又ハ彼ノ注文ニ応ジテ之
 - 第15巻 p.42 -ページ画像 
ヲ輸出スルノ難キヨリ勢居留外国商ニ依リテ彼地ニ販売ヲ求メザルヲ得ザルニ至リタルモノ今日如此彼ノ侮慢ヲ受クルノ原因ナラザルヲ得ンヤ、左レバ我々ハ益々品位ノ均一ヲ図カリ各製産地方ニ於テ会社ヲ設立シ猶上州碓氷郡ニ碓氷社ノ設立アルガ如ク一郡或ハ一村ノ製糸ヲ蒐集シ逸々其品位等級ヲ定メ数人ノ生糸ヲ一轄シ総代ヲ立テヽ之ヲ開港場ニ出ス時ハ品位ノ改良ヲ得、外ハ益々彼ノ信用ヲ増シ失敗少クシテ利益常ニ多ク終ニ独立ノ地歩ヲ占メテ外商ノ侮慢専横ヲ免カルヽニ至ラン、且ツ夫レ此度ノ紛争ニ於テ我一旦勝ヲ制スレバトテ後来外人ハ益々我ヲ敵視スベケレバ、決シテコレニテ満足スベカラザルナリ、是ヲ以テ今日予メ善後ノ策ヲ講シ此好機ヲ失セズ品位ノ等級ヲ立テ広ク海外ニ販路ヲ得ルノ途ヲ開カザルベカラズ本会ハ此等ノ件ニ就テモ地方荷主ノ注意ヲ促ガサン事ヲ欲スルナリ
中沢曰ク、益田君ノ品位均一ノ説実ニ適切ノ論ト云フベシ、蓋シ富岡製糸場ノ如キハ大ニ此ニ見ル所アリ、其品位ヲ均一ニセン事ヲ図ルト聞ケリ、果シテ然リヤ
益田孝曰ク、我国製糸ノ品質ハ外国産ニ比シテ遥カニ上部ニ居ルト云トモ、其均一ナラザルガ為メ海外市場ニ十分之声価ヲ博スル事能ハズ、富岡製糸場ノ如キハ近年大ニ改良スル所アリト云トモ其産スルモノ尽ク品位均一ノ評ヲ下ス可カラザルナリ、然ルニ支那製糸ノ如キ五十個若クバ百個ヲ合シテ市場ニ提出スルモノ尽ク皆其品位均一ナルヲ以テ特ニ買客ノ検査ヲ要セズ、只一片ノ検印ヲ以テ数千個ノ売買ヲ為スモノトス、是我国生糸貿易上ノ一大欠点ト謂ハザルヲ得ザルナリ
大倉曰ク、益田君ノ説尽クセリト云フベシ、而シテ将来ニ望ム所ヲ各地ニ通告スルガ如キハ第二段トシ、目下荷預所ノ困難ヲ救フヲ以テ第一段トスベシ、夫レ益田君ノ品位均一論ノ如キ余モ亦経験上同感ヲ抱ク者ナリ、現ニ同品ト云トモ外国人ノ検印ヲ得ル時ハ海外市場ニ声価ヲ進ムル事アリ、是実ニ品位均一ノ有要ナルヲ証スベシ、且ツ将来荷預所ノ規模ヲ拡張スル説ノ如キ余ガ最モ以テ賛成スル所ナリ、抑モ此度ノ紛議ニ就キ外人ヲ敵視スルハ人情ノ基ク所敢テ咎ムルニ足ラズト云トモ、彼ガ荷預所ノ狭隘ニシテ検査ニ不便ナルヲ愁訴スルガ如キハ亦不当ニ非ザルベシ、夫商売ニ機密ヲ要スルハ猶戦略ノ密謀ヲ要スルガ如シ、是人情ノ常態ニシテ外人ニ於テハ特ニ甚シトス、従来取引ノ振合ヲ以テセバ商品ヲ自店ニ扱ヒ来リタルニ此度ハ荷預所ニ於テ同室ニ他人ト袖ヲ連ネテ商機ヲ算セザルヲ得ザルガ故ニ或ハ機密ヲ洩泄スルノ掛念少カラザルベシ、由是観之従来彼ノ専横ナル挙措ハ頗ル憎ムベシト云トモ、其心中亦憐ムベキモノアリ、故ニ彼其専横ノ挙措ヲ改ムル上ハ亦彼ノ便利ヲ図ラザルベカラズ、抑モ此度ノ紛議タル買ハザルト売ラザルトノ白眼合ナレバ双方終ニ必ズ折合ハザルヲ得ズ、左レバ本会ハ中外商人ノ間ニ介シテ公平ノ仲裁ヲ為スモ可ナリ、諸君以テ如何トナス
清水誠曰ク、此度ノ紛議ハ中外商人間ノ争ナリ、而シテ其起因スル所ハ畢竟生糸荷預所ナリ、左レバニヤ益田・大倉二君ノ如キハ生糸荷預所ノ義務ヲ改正シテ之ヲ助勢スルノ説アリ、余ガ考案ニ拠レバ同
 - 第15巻 p.43 -ページ画像 
所ハ現今ノ有様ニシテ之ヲ継続シ、先ツ目下其紛議ヲ解クノ策ヲ講ズルハ目下ノ急務ナラズヤ、而シテ其業務上改正ヲ要スル件ノ如キハ他日ニ譲リテ可ナラン、然レトモ本会議員中事実ヲ詳ニセザル人モ多カルベケレバ、委員ヲ撰定シテ本件ニ関スル一切ノ事務ヲ委任シ、篤ト同所ノ意見ヲ質シ其協議ニ基キ事ヲ処スルモノトセバ如何要スルニ余ハ干渉ノ其度ヲ失セン事ヲ恐ルヽナリ
益田孝曰ク、余ガ今説ク所ニ就キ誤解者アラン事ヲ恐ルヽガ故ニ為メニ此ニ一言セン、夫レ余ガ改良ヲ企図スルト云ヒシハ決シテ干渉ノ謂ニ非ズ、之ヲ約言スレバ自今生糸ノ商売追々旺盛ナルニ随ヒ同所ノ規模モ亦更ニ拡張セン事ヲ希望スルノ趣旨ニ過ギザルナリ
会頭曰ク、已ニ諸君之演説ヲ以テ事理明晰ナルベケレバ余ガ此ニ一言ヲ述ブルハ所謂蛇足ヲ添フルノ嫌ナキニ非ズト云トモ余モ亦日本国民ノ一人ナリ、現ニ銀行ノ業ヲ営ム者ナリ、此度ノ紛議ヨリ痛痒ヲ感スル致テ他ノ諸君ニ譲ル所ナケレバ玆ニ渋沢栄一ノ愚見ヲ述ブルモ亦全ク無用ニ非ザルベシ、抑モ此度生糸荷預所創立ノ要旨ハ余ガ前ニ詳述シタルカ如ク第一ニ従来取引上ノ弊害ヲ矯正スルニ在リ、而シテ此弊害ノ事実ハ益田・丹羽二君ノ説ヲ以テ已ニ尽クセリ、且ツ其原因ヲ挙グルガ如キ説キ得テ妙ナリト云フベシ、蓋シ此弊害タル当初貿易ヲ開キタル頃ヨリ彼我双方ノ間ニ自然ニ漸成シタルモノナレバ必ズシモ既往ニ溯リテ彼ヲ咎メスシテ可ナリ、然レトモ今日貿易ノ隆盛ヲ図ラントスルノ時運ニ際シテハ之ヲ矯正セザレバ其目的ヲ達スル事能ハサルナリ、又第二ニハ生糸ノ品位ヲ改良シ且ツ之ヲ均一ニスルニ在リ、抑モ品位ヲ改良シ且ツ之ヲ均一ニスルノ有要ナルハ十数年来已ニ世人ノ知ル所ナリシト云トモ不幸ニシテ未ダ其功ヲ奏スルニ至ラザリキ、今生糸荷預所ハ此必要ナル基礎ノ上ニ設立シタルモノナレバ善シヤ創業ノ際ヨリ直チニ完全ノ地位ニ至ルヲ得ザルニセヨ苟クモ中外ヲ問ハズ貿易ノ真理ヲ解シ相互ノ繁栄ヲ望ム者ハ其本来ノ成立ニ不満ヲ抱ク者ハヨモヤ之アルマジト吾モ人モ之ヲ予想シタル所ナリシガ、豈料ランヤ開業後旬日ヲ出デザルニ彼ノ外商ハ数十人連合シ九月廿一日ヲ以テ我ニ一書ヲ送レリ、其大要ハ恰モ同所ノ設立ヲ以テ不満トスルガ如キノ趣意ナリキ、蓋シ余輩ハ固ヨリ多少業務上ニ就キ外人ノ不便ヲ訴フル事アルベシトハ兼テ予想シタル事ニシテ開業前ニモ彼ニ向テ注意之件々ハ十分ニ指示アリタシト迄申送クリタル程ナレバ注意ノ件アラバ彼ヨリ丁寧ニ協議アルベシト思ヒタルニ、何ゾ図ラン前ノ書面ヲ得ルニ至テ彼ノ為ス所其予想外ニ出デタルニ驚キ、或ハ窃カニ余輩ヲシテ彼ハ只利己主義ヲ逞フスルノ意ナルカヲ疑ハシメタリ、然レトモ猶彼ヲ信スルノ厚キ復タ更ニ思ヒラク彼ハ決シテ利己主義ヲ逞フスルノ人ニ非ズ想フニ此来書ノ趣旨ハ同所設立ノ趣旨ヲ解セザルニ出シナラント、遂ニ同月廿六日ヲ以テ再ビ書ヲ彼ニ送クリ同所設立ノ要旨ヲ詳示シ且加フルニ規則中不満ノ条々ヲ指示セラレタキ旨ヲ以テシタリ、然ルニ同月廿九日彼ガ地方製産者ヘ告諭シタル文章ヲ読ムニ至リテ益々余輩ヲシテ彼ノ意ノ在ル所余輩ガ想像外ニ在ルカヲ疑ハシメタリ、夫レ横浜在留ノ外商ハ仮令一二ノ利己主義ヲ逞フスル者ナキニ非ザルベシト云トモ、概スルニ皆貿易ノ隆盛ヲ図リ彼我相互ノ繁栄ヲ期スルノ
 - 第15巻 p.44 -ページ画像 
士ナラントハ余輩ガ平生信ズル所ニシテ、殊ニ此度荷預所ノ設立ハ此目的ヲ達セントスルノ趣旨ニ出デタルモノナレバ其大体ニ於テ異議ナキハ勿論ナリト思ヒタルニ今日ニ至ル迄其行為ヲ見レハ同所ノ設立ニ対シテ直チニ不満ヲ抱ク者ノ如ク、加之我国生糸製産者ト彼トノ間其取引ニ媒介者ヲ必要トスルハ数年ノ経験ヲ以テ詳知シナカラ故ラニ地方ノ製産者ニ向ヒ直接ニ取引セント告ゲ必要ノ上ニ基礎ヲ置キタル荷預所ヲ度外視スルノ挙動ハ果シテ如何ナル趣意ニ出テタルモノカ、是レ余輩カ前ニ彼ハ利己主義ヲ逞フスル者ナルカノ問題ニ就テ半信半疑ノ間ニ依違シタルモ此ニ至テ全ク余輩ヲシテ其ノ正ニ利己主義ニ出ヅルノ計ナルヲ信ゼシムルニ至リタル所以ナリ、蓋シ余輩ハ初ヨリ事ヲ好ム者ニ非ズ、可成平和ニ局ヲ結ハン事ヲ欲スル者ナリ、然レトモ若シ彼果シテ利己主義ニ執拗シテ己レニ利アル以上ハ日本人民ノ困難苦慮顧ミルニ足ラズト為サバ最早平和ノ望ハ絶シタル者ナリ、余輩ハ畢生ノ力ヲ尽クシテ彼ニ抵抗セザルヲ得ザルナリ、嗚呼此度ノ紛議ハ理非何レニカ在ル、若シ夫レ我ニ理アリトセハ之ヲ世界ノ公道ニ訴フルモ可ナリ、豈専横ノ下ニ屈スベケンヤ、今ヤ本会ノ意見ハ幸ニ此ニ出デタリ、復タ聊カ愚意ノ在ル所ヲ一言シテ以テ諸君ノ高聴ヲ煩ハス事爾カリ
平野曰ク、益田君ノ品位均一ノ説最モ以テ余カ意ヲ得タリ、回顧スルニ旧幕ノ頃ロ長崎ニ於イテ俵物扱所ナルモノアリ、各地方ニ産スル海鼠ヲ此ニ一集シ品位ヲ均一ニシテ売出ダスノ例ナリシガ、当時支那人ハ十分之ニ信用ヲ置キ随テ其商売大ニ繁昌ヲ極メタリキ、然ルニ維新ノ際此慣例成規一タビ崩解シタルヨリ玉石混合ノ有様ニシテ品位一モ均一セズ之ガ為メ其商売次第ニ衰頽シタリ、以テ品位均一ノ有要ナルヲ見ルベシ、且ツ此度紛議ノ勝敗ハ全ク連合ノ疏密ニ由ルベケレバ我々ハ益々一致シテ仮令生糸ヲ噛ンデ死スルモ彼ニ屈セザルノ勇気ヲ顕ハスベシ、彼ノ支那人ノ如キ欧米人ガ常ニ蔑視スル所ナリト云トモ独リ其結合ノ精神ニ富ムハ彼等ガ窃ニ恐怖スル所ニシテ、彼等常ニ曰ク、鉄艦猶恐ルヽニ足ラズ、辮髪奴ノ結合以テ恐ルベシト、以テ我国人ノ亀鑑トスルニ足ルベシ、願クハ此等ノ件ハ地方ノ製産者ニ告知シ其注意ヲ促カサン事ヲ望ム
於是会頭ハ衆議ヤヽ尽キタルヲ以テ、先ツ清水誠君ノ委員ヲ撰定スルノ説ニ就キ可否ヲ問フタルニ、各員挙テ之ニ同意ナルヲ以テ終ニ之ニ可決シ、其委員ハ即チ外国貿易事務委員益田孝・大倉喜八郎・松尾儀助・丹羽雄九郎ノ五名ヲ以テ之ニ当テ、内国各地製産者並ニ商法会議所等ヘ告知スル事、外国各地新聞社並ニ商法会議所ヘ通信スル事、其他本件ニ就キ一切ノ事務ハ之ニ委任シ、猶理事本員モ共ニ力ヲ合セ百事荷預所ニ打合セ正理ノ在ラン限リハ之ニ応援スベキニ決シ、午後八時三十分退散ス


東京銀行集会所所蔵文書(DK150002k-0002)
第15巻 p.44-45 ページ画像

東京銀行集会所所蔵文書
拝陳山梨県下甲府商法会議所ヨリ別帋有志者盟約書差越候間即チ貴所ヘモ御送付申上候、可然御取計被下度、此段得貴意候 匆々頓首
  十月十日            聯合生糸荷預所 生糸荷預所書記之印

 - 第15巻 p.45 -ページ画像 
    銀行集会所
        御中       (「横浜、聯合生糸荷預所」罫紙)
  ○「有志者盟約書」前掲(第四〇頁)ニツキ略ス。


東京日日新聞 第二九五一号 明治一四年一〇月一〇日 横浜生糸の紛議(DK150002k-0003)
第15巻 p.45 ページ画像

東京日日新聞  第二九五一号 明治一四年一〇月一〇日
○横浜生糸の紛議 連日報道を怠らざる生糸の葛藤も容易に解散に至るべき有様なし、外商等も負惜みに又々去六日居留地商法会議所において集会をなし(議事の摸様ハ後に出す)飽迄も団結して利己主義を逞くせんとする由なれども、如何にせん本国の相場ハ増々上景気の電報引切もなく到達すれバ殆ど困迫を究め種々手段を廻して同盟外の外商に陰に依頼し媾和をなさんと試むれども、我荷預所ハ弥々連結して何様の事情あるも一歩も彼に譲らざる事に決し、只管商権回復にのみ熱心すれバ今ハ彼も持余したる姿なり、尤も此紛議に就てハ各府県勧業課或ハ商法会議所又ハ愛国の志士より陸続荷預所へ向け此回の美挙を賞賛し飽迄も外商等の衝に当り我国の商権を此上挫折すること勿れ抔の書面を寄せらるゝこと日に数十通に及びて荷預所の受付ハ恰も新聞社の観を現はせり、又貿易に敏捷なる有名の清国人七十一番館の徳澄ハ一昨日より買初め、信州提糸にて六百廿五弗見本として三十梱程(亀善野惣渋沢三店にて手合)買入れたり、尤も前日も記せし如く引続き大荷を買入るべき見込なりとか、原来この徳澄ハ貿易に熟練せし者にて射利に鋭きハ同港にて誰知らぬ者もなし、此者が斯く買入るゝを見ても海外市場の上景気なるハ知るに足るべしと人々ハ云ひ合り」引取商ハ洋銀の下落に付き商売に利益あれバ前日の引取謝絶の議に未だ一決せざれども何となく垂れ口にて活溌なる商ひもなし、されバ洋銀ハ増々騰貴の勢ひなく荷預所の為にハ至て都合よしと云へり」前に云へる居留地商法会議所の集会の摸様ハ会長ウヰルキンスを始め三十八名にて最初に会長ハ左の如き説明をなせり
 前会議に於て選挙したる委員ハ更にウヲルフ並にギングトンの両氏を引上て委員とせり」生糸会社の書簡に対したる委員の答書ハ差遣せり」現今外商に於て結約を維持する趣意を解明する為め日本文に綴りたる説明書を日本生糸商賈並に製造人へ送りたり、又各地方の新聞紙にも広告せり、此手数に関してハウヲルス氏に謝せざるべからず、而して其書面の意ハ我々商人が目下の状勢と目的とを明瞭且穏当に陳示せるものにして専ら激烈なる文字を避けたり」日本新聞紙ハ不幸にして此主意を取らずして頻に外商を罵り、日本生糸商賈が失措の廉を除き数ケ条の誤謬を掲載せしを以て日本商賈も之を歎息せり」余ハ外国新聞の穏当の保存を希望し次にハ商賈が高尚の形情を維持するを希望す(以下次号)
又此紛議に付き日本生糸茶商会の発起人総代日高二郎氏より荷預所役員中へ宛て共に連合して事を為さんとの意見書を贈られたり、其余ハ又々次号に報ずべし


中外物価新報 第四四二号 明治一四年一〇月一二日 【○一昨十日夜の東京商…】(DK150002k-0004)
第15巻 p.45-46 ページ画像

中外物価新報  第四四二号 明治一四年一〇月一二日
○一昨十日夜の東京商法会議所にて開らきし臨時会は、現今世上の大
 - 第15巻 p.46 -ページ画像 
問題となりし横浜内外生糸商人の葛藤に付応接するとせざるとの可否を衆議に問ふの議題なれば、傍観席には外国人も両三名見へ、又之に関係の内地商人も数多ありし様に見受けられたり、扨会頭渋沢氏は生糸商葛藤の実況を報道し各議員の意見を求められしかば、各々十分に思想を吐き、一同応援説に賛成したれば、遂に外国事務委員を横浜へ派出し内外商の実情を明晰に知悉し、正理のある所に由て十分の応援を為すべきに決し、既に本日は会頭を始外国事務委員一同横浜へ出張せり、而して此議決の詳細は速に印刷して生糸産出の地方及び各所の商法会議所に報し、尚ほ今後委員の報告をも時々報道する手筈なりと云へり


東京日日新聞 第二九五五号 明治一四年一〇月一五日 報告(DK150002k-0005)
第15巻 p.46 ページ画像

東京日日新聞  第二九五五号 明治一四年一〇月一五日
    報告
当所ニテ取扱候生糸貨物ノ儀ハ蔵敷及ヒ手数料共当分ノ内一切不申受候、此段広告致候也
  明治十四年十月十三日          聯合生糸荷預所



〔参考〕東京日日新聞 第二九五二号 明治一四年一〇月一二日 横浜生糸紛議彙報(DK150002k-0006)
第15巻 p.46-47 ページ画像

東京日日新聞  第二九五二号 明治一四年一〇月一二日
○横浜生糸紛議彙報 一昨夜横浜町会所にて催ほしたる我が社長○福地源一郎の生糸紛議の演説にハ場所と演題と人気とに相応せしにや殊の外の聴衆にて凡ハ二千余り四五百もや来会したらんかと云へり、又其聴衆も(書生少なく商人多し)普通一般の演説とハ違ひ、銘々自己が頭に直接の関繋を持たるものなれバ弁論の趣旨を一字一句も聞漏さじと思ひたるにや拍手喝采の起らんとする度々に止《シー》、止の声四方より出でゝ騒ぎを鎮め何れも神妙に耳を傾け居られたれば左ばかりの人数にても場中寂として唯社長が演説の声あるのみなりし、其演述の趣意を略載すれバ、今般の場合にてハ飽迄も団結を固くせざるべからず、団結を固くするハ便ち葛藤を解くの日を早むる手段なり、扠て弥々折合て紛紜を解くの日に至らバ善後の策をなさゞるべからず、吾曹が見る所にてハ外商が荷預所に対ひて不服を鳴す所ハ第一場所の遠隔、第二建築の手狭、第三倉庫の不安全、第四引込の拝見を許さヾるなり、此四点中場所の遠隔を不便とせバ荷預所を居留地の近傍へ移すべし、建築の手狭にして撿査掛改《けんさかけあらため》に差支ふるとせば場所を手広くして窓明りも十分利く様に改むべし、又倉庫の不安全なりとせば土なり石なり十分堅固なりと信ずる倉庫を築立て又保険をも附置くべし、是れ今日売方が買方に対して尽すべき義務にして取引上の便利を謀るハ最も商業上の要務と云ふべし、然れども唯売買を荷預所にて為さず外館にて為すに至りてハ如何なる事情ありとも困難ありとも一歩も彼に仮すべからず、此一事にして彼に輸《まく》るものならバ他に如何なる贏《かち》を占るとも詰り実のなき空財布を攫みて我能く此富を彼より奪ひ得たりと誇るが如し云々の論旨なりし(此演説ハ筆記のまゝ次号の日々新聞に掲ぐべし)夫に就て聞《きけ》ることあり支那の広東ハ我が横浜に亜たる生糸場にて年々二万梱以上も輸出する所なるが其取引ハ是まで支那店にてなす仕来りなりしに貨物を掠め斤量《めかた》を盗むなど流石の欧客も支那人の狡猾なるに敵し
 - 第15巻 p.47 -ページ画像 
兼ね年々莫大の損毛をなせば何とかして此不正を矯《ただ》し商権を双方平均になすべきものと集議せし上、遂に去年中欧商中にて生糸取引所《キリーリングハウス》を取建て、品物ハ此取引所を経由せし後ならでハ買入れまじく売買も必らず此場所に於てすべしと定めたるに、支那の糸商ハ頗る不服を鳴して紛議四出せしに漸やく洋商の重立たる者又外国領事の人々も中に立入りて双方を扱ひ先ハ支那商の承諾を得て此取引所にて撿査又掛改ため等をし請取渡しなす事となり、欧商ハ始めて対等の商売をなすを得たりとて喜びたりとか、抑も此生糸取引所《キリーリングハウス》と我が荷預所と何の差別かある、広東に於てハ其設立を緊要として彼自らこれを為し、横浜に於てハ其設置を不当として我が所為をも拒まんとす、一の荷預所の制にして其見解を異にするハ尤も怪しむべきの事ならずや、聞く此取引所の創立に関して頗る力ありし英領事ヘウレツト氏ハ昨今幸ひ我国に在留せらるゝよし、若し横浜の外商諸氏が此人に就て荷預所の制の真正なる貿易上に要用か不要用かを問ハヾ我々が弁論するよりも却つて此事の明瞭なるを得べし
  ○同明治十四年十月十三日・十四日ニ連載セラレタル福地ノ演説ハ略ス。



〔参考〕東京日日新聞 第二九五三号 明治一四年一〇月一三日 横浜生糸紛議(DK150002k-0007)
第15巻 p.47-48 ページ画像

東京日日新聞  第二九五三号 明治一四年一〇月一三日
○横浜生糸紛議 此紛議に付上州の荷主中ハ尤も堅固なる誓約をなして荷預所と一致したる趣なり、又甲州の生糸商四十五名の人々ハ必至の奮発にて我が同盟を背くものハ違約者として爾後取引をなさヾる而已ならず長く絶交すべしとの事を誓へり、其盟約書ハ左の如し
    山梨県生糸有志者盟約書
○中略
  明治十四年十月六日
    雨宮広光    雨宮彦兵衛   武井久兵衛
    萩野市左衛門  田中文輔    寺田忠三郎
    末木豊兵衛   菊島幸右衛門  矢島栄助
    佐野音兵衛   平原庄兵衛   野中粂右衛門
    武井常七    中沢仁兵衛   広瀬慶二郎
    中込清右衛門  鈴木幸吉    新海幸五郎
    若尾保十郎   大木善右衛門  末木嘉七
    中田常兵衛   雨宮善三郎   田中孫右衛門
    野沢忠七    中沢喜八    志村忠兵衛
    佐竹佐久太郎  末木半七    小野金六
    大木喬命    富士井仲兵衛  丸山平助
    野沢嘉七    矢島善七    小尻源兵衛
    近藤平七    若尾逸平    風間伊七
    古屋治兵衛   風間金八    郷佐七
    依田幸     細田音兵衛   新海吉哉
又去七日出の郵書にて福島県蚕糸勧興会社より荷預所へ向け共に聯合して其目的を達し外商の専横を防ぐべし、就てハ外商等が番頭を出して糸荷の買入をなさんとするも我社中製造の分に限りてハ決してこれを売渡さゞるべしとの趣意にて応援の文通あり、其外応援一致の照会
 - 第15巻 p.48 -ページ画像 
ハ引続て諸方より申込むよし



〔参考〕東京日日新聞 第二九五四号 明治一四年一〇月一四日 生糸紛議(DK150002k-0008)
第15巻 p.48 ページ画像

東京日日新聞  第二九五四号 明治一四年一〇月一四日
○生糸紛議 昨日も報道せし如く山梨県下の生糸商四十五名が一致連合せしに付、全国の同商人も共に此誓約中に入り増々荷預所へ加担すべきよしを盟《ちか》ひ、夫に付て甲府商法会議所会頭若尾逸平氏が総代として一昨日横浜へ参られたり、又上州大間々生糸聯合荷造所の橋本小林二渡関口の人々より此紛議に付てハ、我々方にて北国筋団結の事を引受んとの書面を荷預所へ贈り、又同所の有志者が申合せて去七日(市日)に臨時演説会を開き内外生糸商人の紛議と云へる題にて藤生某氏が演説せしに聴衆ハ五百人余もありて何れも外商の専横を怒り、一層同地の結合力を盛んにせしと云へり、又一昨々日東京商法会議所にて此一条に付会議を開かれ同会議所と地方商法会議所(全国)と連絡を通じ、普く生糸製造に関係の者へ打合せをなさんとの意にて委員四名を選び、昨日其委員ハ横浜に赴かれ荷預所にて猶又た種々の評議ありしと云へり、干戈結んで解けず未だ勝敗の数ハ判らねども、斯く各地方に同志者の多くして団結を増々固からしむる摸様あるハ我々が為に喜ばしき事と云ふべし



〔参考〕東京経済雑誌 第八二号・第一一四四―一一四五頁 明治一四年一〇月一五日 横浜生糸の紛議(DK150002k-0009)
第15巻 p.48 ページ画像

東京経済雑誌  第八二号・第一一四四―一一四五頁 明治一四年一〇月一五日
    ○横浜生糸の紛議
横浜の紛議は尚ほ解けすして互ひに気勢を張るの有様あるは真に歎すべし、但し欧米よりは爾後続て生糸の好気配なるよしの電報ありければ、外商は競て之を買込まんとすれども、斯くては其同盟に背違せんことを懼れ、止むを得ず其番頭の名義にて生糸の買込を荷預所へ申込む者も是ある由にて、現に九十一番「テロ」商会の如きは其番頭青木角造を以て二三百梱の生糸を亀善○原善三郎野総○茂木総兵衛の両店より買入れ其荷物は其まゝ之を荷預所へ預け置きたりと云へり、又外商は人を内地へ出して、其元方より生糸を買込ましめんとする者あれども、各地の製造者は荷預所の義挙に与ミして、決して其買込に応する者なく、好しや一二の之に応する者あるも、各地の銀行に於て其荷為換を許さざるに付き、外商は大に困却の体なり、然るに支那人は此時に乗して大利を攫取せんとて、昨今は俄かに生糸を買廻るの様子あり、外商の地位は如斯なるに引替へて、我荷預所は日に諸方よりの応援を得て益益其団結を鞏固なからしめたり、蓋し甲府の商法会議所に於ては曩きに書を以て敢て此挙を賛成せんことを荷預所へ申送られたるよし、又日本生糸商会の発起人なる日高次郎氏に於ても、共に此挙に連合せんことを申送られたるよし、此外に福地君・藤田君等の演説は最も商人の熱心を鼓舞したる由にて、又我東京商法会議所に於ても此事に付き此度俄に臨時会を開かれたるとぞ、尚ほ其委細は聞き得て之を報道すべし、而して外商は先きに各地の荷主へ廻文を贈りて大に荷預所の創立を非難せしかば、此程我売込問屋に於ても此廻文に対して、左の書面○前掲(第三二頁)ニツキ略スを各地の荷主へ贈られたるよし
○下略

 - 第15巻 p.49 -ページ画像 


〔参考〕東京経済雑誌 第八三号・第一一八五―一一八六頁 明治一四年一〇月二二日 横浜生糸取引の葛藤(DK150002k-0010)
第15巻 p.49 ページ画像

東京経済雑誌  第八三号・第一一八五―一一八六頁 明治一四年一〇月二二日
    ○横浜生糸取引の葛藤
此紛紜に付内地の結合は前に述べたるが如し、また横浜引取商総代木村利右衛門(中豊)中村惣兵衛(越総)の二氏が仲裁に立入り、彼我の情実を熟察しての扱ひに由り、大に外人の我も折れたり、又た三番館ウイルキン氏(会頭)を訪ひしに、同氏は兼て道徳家の聞へある人だけにて、能く話も分り、且つ和解の速ならんを望むなれども、会長の地位に居るゆへ拠ろなしと云はれたる由、又六十三番館の如きは最初より反対説を抱きしが、交際上已むを得ずして此連署に加はりたる程なれば、其館主は右仲裁人に向ひ、売買は無理に出来るものにあらす、金は買人の懐中にあれとも、生糸は他人の所有物なり、只売買の相談をせし時、相場が合へば売買が出来るなり、今如何に荷預所か外商の都合を謀りても、相場か出合はざれば買ふ人なく、如何に荷預所か不都合にても儲かる見込がある以上は其品を買ふは商人の常なるに少しのことより意気張りとなり、損得を顧ミさるは馬鹿の至りなり、私などは早く商売の始まるを好む、国から生糸の注文あるに買はれぬには困却せりと云ひしよし、此をして実ならしめは六十三番は他の外商と同視すべからざる一と角見識ある者と云ふべき歟、其他にも之に同意の者も尠からずと申すこと、此の景気ゆへ稍々我仲裁に従ふべき摸様なり、今其仲裁の要旨を挙ぐれは、外人の苦情中なる拝見の場所か狭少にして不便なりとの言分は尤なりとて、両氏よりウイルキン氏まで申入れしハ、今の荷預所を除くの外、他に適当の場所も無之に付き、居留地にて三ケ所の蔵を荷預所にて借入れ、それを荷預所の支店と定めて役員を出張せしめ取引せば、少しも不便のことハなかるべしそれにても尚ほ苦情ありやと問ひしに、ウイルキン氏も便利さへよくバ強て苦情なしと答へたり、因て木村氏ハかさねてウイルキン氏に、然らば居留地にて三ケ所の蔵を借り入れ外人の便利を謀る趣を諸君に告げられよと乞ひしにこれを諾し、去十三日ウイルキン氏より衆員を「ジヱルマン、クラブ」に集合なし、その末木村氏へ答へしハ、居留地にて三ケ所の倉庫を借り入れ、外商の便利を謀らるゝ旨を外商に語りしに、一人の可否を答るものなし、就てハ尚ほ熟議すべきに付き、倉庫は何れの場所にして何番館と定めらるゝや承知したしと尋ね越したり、木村氏ハ荷預所に聞き合せ確答すべしとのことにて、その日の談判は終れりとそ、多ぶん十五日の夜何番の倉庫と言ふを返答せられしならんといふ、一体此の談判ハ仲裁人の資格とウイルキン氏の議長の成格にての問答なりしが、ウイルキン氏は一箇人の申分なりとて、改めて木村氏に外商各自の蔵を荷預所に貸渡し、鍵も引き渡すべきに付それへ引き込み呉れ間敷やと頼ミしに、そは聞済ミかたき旨明答せられしよし、又た三十七名聯合はせしものゝ、其実飽まで抵抗せんと主張する者はわづかに数人にて、他ハ皆な仲裁にて一日も早く媾和に至らんことを希望するの徒なりとぞ、若し能く此説の如くならは、実に此回の紛議の其久しきに亘りたるは不幸なれども、其局たる好結果を得るなり、余輩は其和議の速を《(な)》らんことを希望するなり

 - 第15巻 p.50 -ページ画像 


〔参考〕東京日日新聞 第二九五五号 明治一四年一〇月一五日 横浜生糸紛議(DK150002k-0011)
第15巻 p.50 ページ画像

東京日日新聞  第二九五五号 明治一四年一〇月一五日
○横浜生糸紛議 又々上州前橋の桃井・昇立・充水の三社の発起にて其盛・大盛・潤広・衆潤・明練・共栄・高聞・敷島・天原・桐華・北精選・清益・日盛の十三社が連合し今度の紛議に付左の三条の盟約をなせり、其第一条同盟各社に於て製造する生糸を以て荷預所に依嘱する上ハ該所の規則を踏ざる取引ハ一切すまじき事、第二条ハ外商共より如何様の手段を以て地方の直買をなさんとするも該所の手を経ざる取引ハ一切すまじき事、第三条ハ此般の事件に付荷預所に取て如何様の困難の場合に至りても飽まで応援して必らず盟約に違背すまじき事との箇条にて、荷預所へ此旨を通知せり、又一昨日岐阜県下美濃・飛騨両国の生糸会社より「生糸荷預所の事件、濃飛二ケ国生糸会社聯合す、跡より応援の確報すべし」との電報あり、又兵庫の北風・神田・藤田の三氏より戦争尽しの文字鎖めきたる文に商権と云へる銘酒五樽を添て見舞として荷預所へ贈られたり



〔参考〕中外物価新報 第四四四号 明治一四年一〇月一九日 【○兼て外国商人より今…】(DK150002k-0012)
第15巻 p.50-51 ページ画像

中外物価新報  第四四四号 明治一四年一〇月一九日
○兼て外国商人より今回の紛議に付米国公使の手を経て書を我か外務省にに呈し、従来日本政府が種々の手段を以て慢りに商業に干渉したるにも拘はらす、此度の如き尤も商売の自由を妨くる聯合生糸商人の所為に就ては、更に干渉して売買の自由を得せしめんともせさるは甚た解し能はさる所なりとの意を告けしに、外務省に於ては外商は是迄自己の便利に際せは我か政府の干渉を非議せしに、今少しく自己に不便の事あれはとて又政府に向て干渉を要するは抑も得手勝手といふへく、且つ今回の如きは商売上の約定より成るものにして、決して政府の干渉すへからさるものなりとて其書面の採用はあらさりし由の風説ありしか、其れか為めか又此頃英三番館主ウヰルキン氏、米二番館主ウヲルシュ氏の両名より再ひ書を米国公使の許に寄せたりといふ、今其書面の大要を聞くに、是迄日本の商人にして欧州各国に航し売買するに到る処自由自在にして内地何れの処に至るも妨けなく、且電信往復、金銀為替の自由、其他荷物を郵船に搭載する等一として其意に任せさるはなし、然るに日本在留の外国商人は、其売買の究屈なる実に霄壌の差も啻ならす、現に外商は居留地以外に出てゝ売買するを得さるか如き、豈に不公平の至りならすや、且亦自身出てゝ売買するを得さるもせめては日本人を以て外商の名義にて公然売買するを得度との由なり、嗚呼是何等の讝言そや、彼れ我か内地に入り自由に売買為し度ならは、何か故に彼の治外法権を棄てゝ我か国の法律の下に立さるや、左すれは内地何れの処に至り、如何なる売買を為すとも我か国法の禁せさる限りは亦我商人の欧米各地に於けると一般更に逕庭なきなり、然るを一方に治外法権を有しなから又一方に向て右等の要求を為すを見れは、或は今回の争闘孤城落日の有様に陥り追々連合の精神も攪乱し来り、周章狼狽の余り終に斯る讝言を吐くに至りしならん、笑ふ可く又憫むへき事にこそ、此一事にても彼が内心の窮迫するを知るに足らん、故に我か荷預所の凱歌を奏するも亦遠きにあらざるべし、
 - 第15巻 p.51 -ページ画像 
勉とむへし勉とむへし



〔参考〕東京日日新聞 第二九五九号 明治一四年一〇月二一日 福島生糸商結合会決議摘要広告(DK150002k-0013)
第15巻 p.51 ページ画像

東京日日新聞  第二九五九号 明治一四年一〇月二一日
  福島生糸商結合会決議摘要広告
    第壱条
地方生糸商業者ハ勿論、有志者ハ玆ニ同盟結合シテ同心協力貿易上ノ商権ヲ恢復スルコトヲ勉ムヘキ事
    第二条
本会同盟者ハ養蚕物品ニ限リ各地ヘ派遣セル外国人及ヒ其手先ハ勿論コレニ関係アルモノト見認メタルトキハ一切売買取引ヲナサヾル事
    第九条
同盟者ニシテ若シ本会ノ誓約申合ニ違背スル者アルトキハ集議ノ上相当ノ処分ヲ行フベシ
右審議ノ上決定シタル証トシテ同盟者一同玆ニ記名調印スル者也
  明治十四年十月十四日       福島生糸商結合会
                     会長
                      早川景矩
                     同委員
                      斎藤利助
                      清水清助
                      古関直紹
                      遠山順造



〔参考〕東京経済雑誌 第八三号・第一一八五頁 明治一四年一〇月二二日 各地有志者奮て生糸荷預所を援く(DK150002k-0014)
第15巻 p.51-52 ページ画像

東京経済雑誌  第八三号・第一一八五頁 明治一四年一〇月二二日
    ○各地有志者奮て生糸荷預所を援く
前号に報道せし如く去十日東京商法会議所は臨時会を開き、十六日に該所より地方商法会議所並に製糸家へ通告せられたるの大意に曰く、「此度横浜聯合生糸荷預所と外国生糸商人との間に生じたる紛紜は、開港以来の一大事件にして、其挙否成敗は我国商権の消長貿易の隆替にも関係を及ほすべき義に付、苟くも国権の拡張を企図する者は、黙止すべからざる場合と思惟するより臨時会を開きたるに、元来該荷預所は彼我の真益を謀り我商権を回復するの盛挙なれは、正理の在る限は同所に助勢し、其目的を達せしむべしと一決し、已に委員を撰んて応援の計画をなせり、然れとも今日の勝は結合の精神を鞏固にすること最肝要なり、已に各地方より応援の契約をなしたる報道あり、貴方にても御同意ならは応援せられんことを希望す云々」又た前橋の其盛社・桐華社・大盛社・北精撰社・潤広社・清益社・衆潤社・日盛社・明練社・共栄社・桃井社・高聞社・昇立社・敷島社・交水社《(充カ)》・天原社の十六社会議を起し、左の如く決議同盟せり、「第一条。同盟各社に於て製造する所の生糸を以て横浜荷預所に依嘱する上ハ、該所の規則を踏さるの取引は一切致す間敷事、○第二条。外商共より如何様の手段を以て地方に於て直に買入れんとするとも、該所の手を経さる取引は一切致間敷事、○第三条。此般の事件に付荷預所に取て如何様の困難の場合に立至るとも、飽迄応援して必す違背致間敷事」又た埼玉県
 - 第15巻 p.52 -ページ画像 
にては埼玉精糸会社頭取岡戸勝三郎氏外社員一同会議をなし、左の申合書に記名捺印したり、其申合書は「今般横浜聯合生糸荷預所設置に付外国商人等が不平を抱き彼是紛議を生せしにより、更に取引なきを憂へ会議を尽し候処、飽までも荷預所の規則を維持し、我商権を恢復せんと欲するなり、依ては右紛議の解得せさる中は、縦令如何様の買人ありとも決して取引致す間敷候、若し之れを犯すに於ては売上金十分の五を違約金として差出可申候、後日の為め各自記名捺印候也」と而して生糸製産地にあらざる遠江国の有志者も結合同盟して荷預所の為に計る所あり、中には預所頭取渋沢喜作氏に書を寄せて曰ふ様、幸にして荷預所か我輩同盟者の意見を採納せらるゝに於ては、仮令遠江は貧弱の一小国なりと雖も、同盟者其他有志者とにて十万円位は直ちに貴所か用に供し得るなり、且其返還方法等の如きは都て荷預所の都合に任すべしと申越されたりと、右の如く内地の結合は実に余輩が意想の外に出でたり、人心の向ふ所ろ真に驚くべし、斯の如くにして豈に何事か成らざらんや



〔参考〕東京銀行集会所半季実際考課状 第三回 明治一四年七月―一二月(DK150002k-0015)
第15巻 p.52 ページ画像

東京銀行集会所半季実際考課状  第三回 明治一四年七月―一二月
                  (東京銀行集会所所蔵)
    同盟銀行集会決議ノ事
○上略
十月廿四日聯合生糸荷預所ヘ貸資応援スヘキノ議ヲ開キ爾来数回ノ会同ニ於テ之ヲ決行シタリ
○下略



〔参考〕東海経済新報 第四二号・第一五四六―一五四七頁 明治一四年一〇月二五日 【本報前号の紙上に記せし…】(DK150002k-0016)
第15巻 p.52-53 ページ画像

東海経済新報  第四二号・第一五四六―一五四七頁 明治一四年一〇月二五日
○本報前号の紙上に記せし横浜生糸内外商の紛紜は内地各方とも益々結合力を鞏固にし、中にも上州地方は最初より一致結合して荷預所に応援せしが、去る九日昇立・桃井・充水の三社が発起となり、其盛社・桐華組を始め十五社集合して盟約書を製し其旨を荷預所に通知せり、又同十三日は美濃・飛騨二ケ国の生糸会社よりも電報を以て二ケ国聯合して応援する旨を通知し、又た神戸よりは神戸製茶会社発起人の北風正造・神田兵右衛門・藤田積中の三氏より戦争に擬へたる見舞状を送られ大に荷預所を鼓舞振作せり、其他上州大間の荷預所、埼玉精糸会社より同しく応援の書を寄送せり、亦た静岡県下遠江国佐野郡倉真村の岡田良一郎、同引佐郡気賀村の気賀半十郎、同長上郡安間村の金原明善、同豊田郡中泉村の青山宙平外十二名か連署にて、今回の紛議は実に全国に大関係を有する者にして万一荷預所に蹉跌あるときは日本の商権は永く挽回するの期なかるへし、故に時機に臨まは全国産出の生糸を一豪も余さず荷預所に預り、之に対して金員を要するものには相当に貸与へ買取を望むものには荷預所にて買取り直輸出とせさる可らす、之れを為さんとするには十分の金員を準備せされは能ハさるへし、而して既に各銀行の助成もあり荷預所も亦十分の備あるへしと雖とも、我々日本国民として坐視すへきにあらされは同志協力して、差向き十万円丈けは募集し荷預所の資本に投入し其支払万端は都て同
 - 第15巻 p.53 -ページ画像 
所へ委任すへく、且返弁の義ハ敢て年月を定むるに及ばず同所の都合に任すへきに付、我々か志を嘉みせは速かに其方法を設け通知あるへしと荷預所に申越ら《(れカ)》たりと



〔参考〕東海経済新報 第四二号・第一五四七頁 明治一四年一〇月二五日 【此の紛議のため去廿日…】(DK150002k-0017)
第15巻 p.53 ページ画像

東海経済新報  第四二号・第一五四七頁 明治一四年一〇月二五日
○此の紛議のため去廿日外国商館にて会議を開き、此頃我取引商より云入れし仲裁談判の是非を議せしに論議数派に岐れ未だ決せすと、亦同日荷預所にても各地方の有志を会し一大会議を開く筈なりしが都合ありて今廿五日に延期されしと



〔参考〕東海経済新報 第四二号・第一五四七頁 明治一四年一〇月二五日 【右き東京商法会議所…】(DK150002k-0018)
第15巻 p.53 ページ画像

東海経済新報  第四二号・第一五四七頁 明治一四年一〇月二五日
○右き東京商法会議所よりは紐育のシルク・アッソシエーション、里昂のチャンブル・オフ・コンメルス並に倫敦のタイムス等の各新聞社に送られし電信は左の如し
 日本聯合生糸荷預所ト外国商人トノ間ニ紛紜相生ジ夫ガタメ九月廿一日以来生糸取引之レナシ、但シ日本商人ハ市場ノ相場ニテ生糸撿査ノ後諸掛り代金引換ニテ品物売渡候義ハ初ヨリ要スル処ニ候



〔参考〕東京日日新聞 第二九六三号 明治一四年一〇月二六日 生糸紛議(DK150002k-0019)
第15巻 p.53 ページ画像

東京日日新聞  第二九六三号 明治一四年一〇月二六日
○生糸紛議 前にも記せし如く東京商法会議所より横浜生糸の紛議に付き、去る十六日各地の製糸人へ通報したる返書ハ追々に到着したるが、何れも主意ハ増々一致団結して荷預所に応援するの一事を賛成せしものにて、其土地姓名ハ山梨県下南都留郡谷村小沢篤郎・信州松代大里忠一郎・同諏訪郡友誼支社各組行事五十四名・磐城白河製糸会社・埼玉県下生糸改正会社長清水宗徳・千葉県下東葛飾郡加村繭糸同心会社総代鎌田嘉右衛門・中村賢太郎・同権二郎・中野鎌輔の人々なりとぞ



〔参考〕(北風正造外二名)書翰 聯合生糸荷預所宛 明治一四年一〇月一〇日(DK150002k-0020)
第15巻 p.53-54 ページ画像

(北風正造外二名〕書翰  聯合生糸荷預所宛 明治一四年一〇月一〇日
                  (東京銀行集会所所蔵)
(印刷)
御見舞トシテ初テ拝啓仕候、陳者今般貴社ニ於テ外商等ト商業上ノ一大戦争御対陣之趣遥ニ伝聞仕候ニ付、迂生平素ノ鬱懐忽チ爽快欣然雀躍之至ニ不堪候、因之御陣中ヘ御見舞トシテ左ニ
  ○のし、略
  一銘酒 商権号 五樽
右進呈仕候、何卒御帷幕之中ニ於テ御快飲被為成下益々英気十分ニ御奮激被為遊、妙等《(策カ)》ヲ内外之間ニ運シテ奸徒ノ密計ヲ防キ、全勝ヲ欧米之上ニ獲テ狡商ノ専擅ヲ脱シ、始テ我商権ヲ回復有之度祈望スル処ニ御座候、今日報国之大業之ヨリ急ナルハ無之ト奉存候、夫ノ古ヘ楠公赤坂ノ籠城又ハ張巡雎陽ノ決死アルヤ、諸州勤王ノ義兵之ニ因テ蜂起シ其応援ヲ為スニ至ル、今也貴社ノ確守耐久アルニ於テハ各銀行ハ勿論、其他有志家ノ同憂愛国者続々勃興シテ真正ノ日本魂ヲ現シ、必ス応援スル多カラン歟ト予想仕候、仮令地方ノ製産人及港市ノ黠商等ノ国ヲ憂ヘサル畜生輩ノ如キ、眼前ノ細利ニ眩惑シテ永遠ノ洪益ヲ慮ラ
 - 第15巻 p.54 -ページ画像 
サル者アルトモ、京浜及各地有志ノ正党有為ノ良民協同結合シテ遠近連絡ヲ通シ、毫モ愛国心ヲシテ退転セサラシムルニ於テハ、真ニ其奸黠輩モ自ラ悔悟慚愧、終ニハ天然ノ本心ニ復帰スルニ至ラン乎ト奉存候、嗚呼社員諸君ヨ、尚冀フ努力シテ商権挽回セズンバ死ストモ休スル勿ランコトヲ、贅言陳辞ハ海容ヲ被賜度、先者御見舞旁如斯御座候
                          匆々不具
  明治十四年十月十日      兵庫県
                  兵庫港
                     北風正造 印
                     神田兵右衛門 印
                     藤田積中 印
    横浜聯合生糸荷預所
              社員御中
 追白別書酒五樽近日三菱船ヘ積送候節尚御通知可仕候御受納被下候ハヽ幸甚也



〔参考〕(聯合生糸荷預所) 書翰 東京銀行集会所宛 明治一四年一〇月二六日(DK150002k-0021)
第15巻 p.54 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕東京銀行集会所所蔵文書(DK150002k-0022)
第15巻 p.54 ページ画像

東京銀行集会所所蔵文書
明治十四年十月廿七日
銀行会所 聯合生糸荷預所ヨリ別紙書面相添ヘ銘酒商権号壱樽寄贈相成候ニ付、左ノ通回答取計可然乎
    按
拝啓陳ハ今般兵庫港有志者ヨリ貴社御対陣中ノ御慰労トシテ銘酒商権号寄贈被致候趣ヲ以テ一樽御分配ニ与リ難有奉深謝候、則チ同盟中打寄快飲可仕候、右御請迄如此御座候 早々不宣
  明治十四年十月 日           銀行集会所
    横浜
      聯合生糸荷預所
             御中
                  (「東京銀行集会所」罫紙)



〔参考〕東京日日新聞 第二九六四号 明治一四年一〇月二七日 生糸紛議(DK150002k-0023)
第15巻 p.54-55 ページ画像

東京日日新聞  第二九六四号 明治一四年一〇月二七日
○生糸紛議 此の紛議に付小舟町の安田銀行より去廿五日に生糸荷預所へ左の郵書を送りたり
 拝啓各位益々御安祥奉賀候、陳者此頃貴社営業上に付外国生糸商人
 - 第15巻 p.55 -ページ画像 
との間に不容易葛藤相生じ為めに数日間の御応接御心労之段新聞紙上等にて拝承致し奉遥察候、付てハ弊行に於て聊金拾万円を御用達申上度存候間自然御入用の節も被為在候ハヾ御報道に預り度、尤期限利子等の儀ハ適宜御相談可致、此段甚た失敬にハ候得共万一の御予備にもと、軽少旁赤面の至に候得共寸志迄得貴意候也
  十四年十月廿五日            安田銀行
    生糸荷預所御中
又兵庫神戸有志者総代堀内信・有馬市太郎二名より去廿四日附にて荷預所へ送りたる電報ハ「今度の義挙神戸・兵庫の有志より成丈け御加勢したし応分の資金用意したり、危急の節是非報知せよ跡ハ後報に」又本月十八日以来各地方より荷預所へ達したる電報ハ須賀川勧興会社より「会議の電信見たり今日午後出立す」八王子生糸撿査所より廿日附にて「見たりこちら総代三人やる」白河常磐より同日附にて「今日其地乙九十番福島へ来た気を附よ」岐阜県十四会社より二十二日附にて「生糸事件飽迄賛成する為めに今此地も集会中委細跡より」三春生糸商委員より同日附にて「紛議に付き此地生糸商聯合したり委員直ぐ登る」長野友誼社より同日附にて「電信見たり委細承知明日立つ」宮城商法会議所より是も同日「貴所と外国商との間に引起たる紛議に付てハ当地方生糸商及び製造人ハ貴所の精神に基き一同団結賛成したり飽迄御丹精貫徹有れ追て同盟書郵送す」長野友誼社より廿三日附にて「貴所応援の為め各郡支社にて会議開きたり上諏訪水内二郡盟約済たり他郡ハ追々報知す委細ハ郵便」岐阜県生糸聯合会より「生糸事件管内一纏にして直輸するに決議なる、委細ハ手紙」長野県諏訪郡(友誼社)より廿四日附にて「生糸会議に付総代両人今日出立したり」などの電報ありて各地とも荷預所へ力を添るに決したり、されど同所と外商との有形ハまだまだ睨み合の姿なりとか



〔参考〕東京日日新聞 第二九六五号 明治一四年一〇月二八日 生糸の応援(DK150002k-0024)
第15巻 p.55 ページ画像

東京日日新聞  第二九六五号 明治一四年一〇月二八日
○生糸の応援 上州前橋の生糸改良会社に於てハ去廿四日に群馬県下の各生糸改所社員並に生糸商人等が集会して横浜の荷預所へ応援する事と、益々生糸を改良して直輸出をなす事とを会議したりと云ふ



〔参考〕東京日日新聞 第二九六五号 明治一四年一〇月二八日 直輸(DK150002k-0025)
第15巻 p.55 ページ画像

東京日日新聞  第二九六五号 明治一四年一〇月二八日
○直輸 飛弾高山《(飛騨高山)》の永昌社にて今ど横浜の生糸紛議に付きてハ荷預所にハ素より同意したるが、猶ほ今十月まで社員中にて器械製糸出来高のうち百余個を欧米の両洲へ直輸せんことを会議せしに速かに決したれバ、目下その手続を商議中なりと云ふ



〔参考〕東京経済雑誌 第八四号・第一二一三―一二一四頁 明治一四年一〇月二九日 各地有志奮て生糸荷預所を援く(DK150002k-0026)
第15巻 p.55-57 ページ画像

東京経済雑誌  第八四号・第一二一三―一二一四頁 明治一四年一〇月二九日
    ○各地有志奮て生糸荷預所を援く
横浜生糸取引の紛議に付、各地よりの有志者の団結同盟して同所に応援をなしたることは前号に報道せり、其後該所より同商愈よ結合して我商権を挽回せんとて、各地の生糸商人へ檄文を贈りたり、其大意に曰く、此度の紛議は実に我商権を挽回すると否とに関する大事件なれ
 - 第15巻 p.56 -ページ画像 
は、苟くも生糸商人たらん者傍観坐視すべき時に非ざれば、飽まで協心戮力して我商権を保護せずんばあるべからず、因て廿日を以て横浜荷預所協議本部に於て大会議を開き、広く討議して我国人たるの義務を尽さんとす云々と、右に付き最早や四十名ほども来港せり」前号に掲けし山梨県生糸商有志者は同盟の追加をなしたり、則ち第一条。此同盟中ヨリ出荷ノ生糸及屑物等ニ附帯スル荷物送リ状ハ、当分ノ内必ス山梨商法会議所ノ撿印ヲ受クルモノトス、○第二条。山梨商法会議所ハ横浜聯合生糸荷預所ヨリ荷物到達ノ報告ヲ得、出荷ノ際撿印ヲナシタル員数ト照考監査ヲナスヘシ、○第三条。此同盟中ヨリ出荷之生糸及屑物逓送方調査ノ為メ駒飼・藤ノ木・鰍沢・神金ニ撿査所ヲ設クヘシ、○第四条。撿査所ハ、第壱条ノ手続ヲ経サルモノト認ムルトキハ、其逓送ヲ差止メ置キ、荷物ノ個数及荷主ノ姓名等山梨商法会議所ニ通報スヘシ、○第五条。前記各条中山梨商法会議所ニ関スル事項ハ同盟中ヨリ該会議所ニ依頼シ其承諾ヲ得タルモノナリ、○第六条。此盟約ノ旨趣ハ来ル廿日ヨリ実施スルモノトス、○第七条。右之旨趣確守スルノ証トシテ一同玆ニ記名調印セリ、若シ之ニ背犯スル者ハ本紙盟約書ノ責罰ヲ受クヘシ、○又た兵庫有志者堀内信・岡本利兵衛の二君外十二名より書を該所に寄せたり、其中云へるあり、外人の傲慢無礼なる今更多弁を要せず、苟も日本人民の名籍を負ひ、殊に商を以て名とする者、誰れか切歯憤懣せざる者あらんや、雖然或は資力に乏しく気慨に鈍く、小成私利に安んじ以て其下風に立ち、唯々諾々彼れか制御を甘ずるあるは勢の已むを得さるに因る者乎、嗚呼斉しく天賦の人類にして権利の差違如此隔絶すべきの理は決してある可らす、世間に喋々する財政困難輸出入不平均条約改正治外法権の如きも、其原を推究せは全く商権回復に帰するのミ云々」又た信州松本の有志者大井栄作氏外四十五名も約を結びて同盟せり、其略に云ふ、国家の強弱の原は貿易通商に関す、何となれは貿易通商は国家経済の命脈にして損益得失皆以て此原因に関すればなり、我国開港以降貿易通商の権其平衡を失し、外人等専横を擅にし、内国商人を籠絡し、其侮慢実に云ふ可からざる者あり、誰か之を慨嘆せざらん、是れ荷預所の起る所以なり、然るに外人は該挙を嫌悪して之を破却せんとす、此時に当り一歩も彼に譲らす全勝を得ずんばあらざるなり、因て吾儕商人畢生の力を尽し、同心一致飽迄荷預所設立の主義を貫徹せしめんか為め玆に連合盟約するもの也、○第一条。外国商人と、生糸直取引を為さヾる事、○第二条。外国商人手代手先たる者へは生糸を売渡す可からざる事、○第三条。横浜聯合生糸同盟売込屋の外へ、荷物売込若くは依托或は質入等一切なすべからざる事」福島にては福島町生糸商か此紛議に付去十四日会議を開き、左の如く議決せり、第一。地方生糸商業者ハ勿論有志者ハ同心協力本邦ノ商権ヲ拡張センガ為メ、玆ニ同盟結合シテ貿易上ノ商権ヲ恢復スルコトニ勉ムベキコト、○第二。本会員ハ生糸ニ限リ、外国人及其手先ハ勿論コレニ関係アルモノト見認タルトキハ一切売買取引ヲナサヾルコト、○第三。本会ノ目的ヲ達センガ為メ、会員中ヨリ委員四名ヲ撰ビ、一切ノ事務ヲ任ズルコト、○第四委員中ヨリ総理代人一名ヲ撰定シ、横浜ヘ出張セシメ、聯合生糸荷預所へ商
 - 第15巻 p.57 -ページ画像 
議ノ上、本会ノ事務ヲ掌ラシムルコト、○第五。委員ハ給料ヲ附セザル者トス、○第六。本会ニ関スル一切ノ費用ハ会員ノ負担タルヘシ、○第七。本会ノ主趣ヲ賛成シ入会セント欲スル者ハ本会委員ニ其ノ旨ヲ報道スヘシ(但遠隔ノ者ハ郵便ヲ以テ報道スルモ妨ナシ)○第八。本会委員ハ広ク同志者ヲ募集スルコトニ尽力スルモノトス、○第九。会員ニシテ若シ本会ノ誓約申合ニ違背スルモノアルトキハ、衆議ノ上相当ノ処分ヲ行フベシ、右審議ノ上決定スルモノナリ、依テ会員一同玆ニ記名調印ス」又濃州岐阜町にても該件に付本月十五日生糸商六十七名同所の濃厚会に集会し、左の盟約書を認め、其の趣きを県庁へ届出でたる由
    盟約書
 今般横浜ニ於テ有志者相謀リ、聯合生糸荷預所設立ニ付、右荷預所ト外国商人トノ間ニ大紛議ヲ生シ、外国商人等ハ百方此設立ヲ妨害シ、終ニ荷預所ノ規則ニ従フテハ取引不致旨報告イタシ、且頃日其手先ノ者ヲ各地ヘ派出シ生糸類ヲ買収候趣伝承候ニ付テハ、荷預所維持ノ幾分ヲ助ケン為、右外商等手先ノ者ヘハ一切取引致間敷旨、盟約連署候処如件
又右紛議に付中村・木村の両氏の仲裁にて大に平穏に赴くべき姿あり且つ野村県令と和蘭公使ボンテスゴー氏と協議され、何れも一個人の性格を以て、双方の間に周旋し、互に譲るべきは譲り、取るべきを取り、彼是公平の利益を謀る様約条書を設けて之を外国商法会議所へ出だされたりと云ふ



〔参考〕東京日日新聞 第二九六六号 明治一四年一〇月二九日 生糸紛議(DK150002k-0027)
第15巻 p.57 ページ画像

東京日日新聞  第二九六六号 明治一四年一〇月二九日
○生糸紛議 同紛議の中裁に立入たる木村利右衛門氏外二名ハ、頻りに尽力せらるれど、外商等ハ頑然として不理窟を並べ、更に示談に力を入れざるよし、併し虚勢たるハ疑かひなしとの事なり、又在港の各地方生糸荷作者一同ハ昨日真砂町の松楼《(本脱)》にて懇親会を開き、此の紛議に関し夫是と相談をなしたりと云ふ



〔参考〕外務省昭和十七年一月火災焼失目録(DK150002k-0028)
第15巻 p.57 ページ画像

外務省昭和十七年一月火災焼失目録      (外務省所蔵)
横浜ニ於テ設立ノ「聯合生糸荷預所」ニ日本政府無関係ノ旨公布ニ関シ英国公使請求一件 冊 四 一 調