デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.15

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満州
4款 東洋万国株式会社
■綱文

第16巻 p.687-715(DK160115k) ページ画像

明治34年(1901年)

是年栄一、東洋万国株式会社取締役ニ就任、尽力スル所多ク、四十年ノ改選ニ際シテ再選セラレシモ辞ス。


■資料

青淵先生公私履歴台帳(DK160115k-0001)
第16巻 p.687 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳           (渋沢子爵家所蔵)
  民間略歴(明治二十五年以後)
○上略
一コンパニー・アンターナシヨナル・ドリヤント取締役 卅四年 四十年七月辞
○中略
   以上明治四十二年六月七日迄ノ分調


渋沢栄一 日記 明治三三年(DK160115k-0002)
第16巻 p.687-688 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治三三年         (渋沢子爵家所蔵)
四月廿七日 曇
○上略 十時外務省ニ抵リ青木大臣ノ紹介ニヨリテ白耳義国ヨリ渡航セシウオートルドプリンテール氏ニ面会ス、益田孝氏モ来会ス、ウオートルドプリンテール氏ハ白国ニ於テ東洋組合ト名称スル一会社ヲ白耳義国人及独・仏・英人等ニ《(テ脱カ)》創立シ、其会社ノ目的ハ支那福州ヨリ漢口ニ至ルノ鉄道布設ニ関シ資金供給ニ在リテ、同氏ハ其委員トシテ出張セシ要旨ヲ陳述セラル、依テ益田氏ト共ニ曾テ企図シタル日清銀行ニ関シ資金供給ノ事ヲ談セシニ、同氏ハ之ヲ望ムモ権限外ノ事務ナルヲ以テ其要点ヲ書記シテ本国ヘ照知シテ後答申シタシトノ事ナリ、談話数刻ニシテ他日ヲ約シテ去ル○下略
   ○中略。
五月三十日 雨
○上略 二時三井倶楽部ニ抵リ、白耳義人ウーチヤー氏ニ会話ス、井上伯其他十数名来会ス、東洋会社定款ニ関シ其設立ノ目的ヲ質問ス○下略
   ○中略。
六月四日 晴
○上略 十一時井上伯ヲ麻布ノ邸ニ訪ヒ、滊車製造会社ノ事及白耳義人ノ組織セル東洋会社ノ事ヲ話ス○下略
   ○中略。
六月七日 晴
○上略 午前十一時、銀行倶楽部ニ抵リ、白耳義人ヨリ勧誘セラルヽ東洋会社加盟ノ事ヲ協議ス、益田孝・瓜生震・原六郎・高島小金次来会ス○下略
六月八日 晴
午前九時松方伯ヲ官邸ニ訪ヒ、白耳義人ノ勧誘ニ係ル東洋会社ノ事ヲ談話ス○下略
   ○中略。
 - 第16巻 p.688 -ページ画像 
六月十三日 曇
○上略 此日白耳義公使ヲ永田町ノ公館ニ訪ヒ時事ヲ談シテ去ル○下略
六月十四日 晴
○上略 四時三井集会所ニ抵リ、白耳義人ノ発起セル東洋会社ノ事ニ関シ同国公使及ウートル其他松方伯・青木子・岩崎久弥男・山本達雄・園田孝吉・益田孝・瓜生震・波多野承五郎諸氏来会ス、曾根農商務及二三《(禰)》ノ人ハ差支アルトテ参会セサリシ、食後東洋会社加盟ノ事ニ関シ、種々ノ協議ヲ為ス○下略
   ○中略。
六月十七日 曇
午前九時、番町青木外務大臣私邸ヲ訪ヒ、白耳義人ノ発起スル東洋会社ノ事、釜山海面埋立ノ事、第一銀行ニ関スル外資輸入ノ事等ヲ談ス○下略
   ○中略。
七月二日 曇
午前十時松方大蔵大臣ヲ訪フ、白耳義人ノ発起セル東洋会社ノ事、及紡績業救治ノ事ヲ談ス、十一時伊藤侯爵ヲ訪フ、白耳義人ウートル来会ス、東洋会社ノ事及目下ノ時勢ヲ談話ス○下略
   ○中略。
七月四日 曇
○上略 九時松方大蔵大臣ヲ訪ヒ、白耳義人ノ発起スル東洋会社ノ事ヲ談話ス○下略
   ○中略。
七月六日 曇又雨
午前田中宮内大臣ヲ番町ノ官舎ヲ訪《(ニ)》ヒ、白耳義東洋会社ノ事ヲ詳話ス○下略
   ○中略。
七月十八日 雨
午前○中略 宮内省ニ抵リ、渡辺千秋氏ニ面会シテ、東洋会社ノ事ヲ談ス○下略
七月十九日 曇午後雨
○上略 十時松方伯ヲ訪ヒ、東洋会社ノ事ニ関シ、宮内省出金ノ有無ヲ協議ス○中略 午後五時再ヒ松方伯ヲ訪フ、転シテ伊藤侯ヲ訪ヒ、東洋会社入株ノ事ヲ話ス、井上伯来会ス○下略
七月二十日 曇
午前○中略 益田孝・瓜生震二氏来ル、東洋会社株式引受ノ事ニ関シ、三井・岩崎両家ノ金額ヲ協議ス、大倉氏代高島小金治氏ハ差支アリテ欠席ス、河上謹一氏ヘ住友ノ引受高ニ付テ書状ヲ発ス○下略
   ○中略。
九月二十二日 曇
○上略 午後二時三井物産会社ニ抵リ、益田・瓜生両氏ト京仁鉄道ノ事及東洋会社ノ事ニ関シウートル氏ヨリ来状ノ事ヲ議ス ○下略


渋沢栄一書翰 井上馨宛(明治三三年)五月二四日(DK160115k-0003)
第16巻 p.688-689 ページ画像

渋沢栄一書翰 井上馨宛(明治三三年)五月二四日 (井上侯爵家所蔵)
 - 第16巻 p.689 -ページ画像 
○上略
白耳義人会見之事ハ其後訳書出来せす外務大臣ニも拝眉を得す、終ニ日一日と延引仕候、今日ハ益田氏と面会可致と存候間、其上ニて時日相究候様可仕候、右一書申上度 匆々不一
  五月廿四日               渋沢栄一
    世外老閣
       侍史

渋沢栄一書翰 八十島親徳宛(明治三四年)八月三〇日(DK160115k-0004)
第16巻 p.689 ページ画像

渋沢栄一書翰 八十島親徳宛(明治三四年)八月三〇日 (八十島親義氏所蔵)
一昨日来三回之貴状落手仕候、白耳義東洋会社来書之反訳林氏より相廻候分一覧仕候、右ハ株主へハ一応延引なから通知之方と存候ニ付、其御手配可被成候、但期日後れニ付当方も申込ハ見合候ニ付只来書通知ニ止め候旨申添候様可被成候、同会社へ之返書案ハ少々永く相成且反訳ニ面倒可有之と存候得共、別紙修正之振合ニ取扱申度と存候
○下略
  八月三十日                  栄一
    八十島親徳殿


渋沢栄一書翰(仏文草案) ルーフアール宛一九〇二年(一二月二九日)(DK160115k-0005)
第16巻 p.689-691 ページ画像

渋沢栄一書翰(仏文草案) ルーフアール宛一九〇二年(一二月二九日)
                  (桜田助作氏所蔵)
    No.2, Kabutocho, Nihonbashi-ku, Tokio, 1902 Monsieur l'Agent Général,
  En vous présentant tous mes félicitations de la nomination de l'Agent Général de la Compagnie Internationale d'Orient à Shanghai, je prends la liberté de vous communiquer,à propos de la Société de Tramways de Tientsin, des démarches que j'ai rendu jusqu'à présent.
  Lors de mon voyage à Bruxelles et ma visite au siége de la Compagnie, le Cl. Thys et M. Francqui m'ont parlé de la Société de Tramways de Tientsin et ils m'ont chargé de faire des démarches auprés du Ministre des Affaires Etrangères du Japon pour que la ligne de cette Société puisse traverser la concession japonaise. Il est évident que cette entreprise rendra grand service pour les habitants japonais de cette ville. J'ai écrit à ce sujet deux longues lettres à M. le Baron Komura, Ministre des Affaires Etrangères et à mon ami intime M. Okura qni s'est chargé d'agir pour la Compagnie à ma place pendant mon voyage. J'ai écrit de Paris une seconde lettre à M. Komura. Ainsi j'ai cru que tout soit en règle à mon arrivée au Japon. Il n'a malheureusement pas été ainsi. Je n'ai tronvé aucun avancement pour l'affaire à mon retour au Japon et j'ai dû faire de nouveau tous mes efforts auprés du BaronKomura.
 - 第16巻 p.690 -ページ画像 
  A la suite de plusieurs entrevues avec lui, j'ai compris qu'il y a eu parmi des Japonais un groupe qui a demandé à l'Autorité japonaise le concession d'un tramway dans la Concession japonaise de Tientsin et si la Société belge ne s'accorde pas avec ce groupe japonais, le Ministre hésitera de donner des ordres au Consul japonais de cette ville.
  D'aprés une entrevue avec le Ministre d'Anéthan, J'ai appris qu'il a été renseigné par le Ministre de la méme facon et plus clairement, et qu'il est de l'avis du Baron d'Anéthan que l'affaire marchera plus vite, pour avoir l'autorisation de l'autorité japonaise, de chercher le moyen de se trouver en bon accord avec ces Japonais qui ont demandé la concession des Tramways.
  Je regrette infiniment, Monsieur, que l'affaire dont j'ai été chargé n'a pas marché aussi vite qus j'avais espèré.
  Je dois donc vous prier de vous mettre au courant de ce qui se dasse à Tientsin et d'étudier le moyen de s'accorder avec les pemandeurs japonais.
  Je vais envoyer le double de cette lettre a M. le Cl. Thys pour mettre la Cie au courant du résultat de mes démarches auprés du Ministre Komura.
  J'ai appris par la Baron d'Anéthan que vous avez l'intention de venir chez nous l'année prochaine. J'espére avoir le plaisir de vous voir bientôt et je vous prie de vouloir bien m'avertir d'avance pour que je ne m'absente pas de Tokio.
         Veuillez agréer, Monsieur l'assurance
           de ma haute considération
(右訳文)

                東京日本橋区兜町二番地
                  一九〇 《(二)》年○明治三十五年
    総代理人殿
拝啓然者今般国際東洋会社上海総代理人御就任被遊衷心慶賀の至に不堪候、玆に拙生が天津電気鉄道会社の件ニ付今日まで斡旋致候次第御報申上候ハ小生の喜と致す所ニ候
 曩に小生がブリユセル旅行並ニ貴本社訪問の際、タイス大佐並にフランキ氏より天津電気鉄道会社に関する御談話有之、同社線の日本人居留地通過の許可を可得日本外務大臣への斡旋方を小生ニ御依嘱相成候、右計画ニして成就候ハヾ同市在住の日本人にとりても亦大なる便益たる事明に候、されバ小生は当時ブリユセルより外務大臣小村男爵
  及び拙生旅行中に於ける当会社関係代理者大倉氏○喜八郎に宛て各々詳細ニ書通致、且つ巴里よりも再度小村男爵宛書通致置候故、拙生の帰朝迄ニハ万事順調なる運びに到達致居候事と存居候ひしが、不幸にして予期に反し、何等の進捗をも見る能はず、因りて新たに小村男に
 - 第16巻 p.691 -ページ画像 
対して交渉仕再々面談致候処、既に日本人の一団体より天津日本租界の電鉄譲渡を日本政府に請願致居候もの有之候由にて、若し白耳義国際会社が右日本人団体と和協せざれば大臣は天津領事に対し何等命令を下すを得ざる趣に有之候
 先日白耳義国公使アネタン男爵と会見致候処、男爵は小村大臣より右の趣を一層明瞭に説示致され候由にて、電鉄譲渡を請願せる日本人団体との間に妥協の道を講ぜん事を希望し、アネタン男爵が進んで右様御斡旋致され候ハヾ日本政府の許可を得るに就ても極めて好都合なりと申候由承知致候
 拙生ハ拙生依託せられたる右一件の進捗せざりしを遺憾とするものに候、よりて天津の事情御報知申上、且つ日本人団体との和協方法を講ぜられん事を希望致候、又小村大臣との懇談の結果を会社に通達せんが為、本書写タイス大佐にも送附可致と存候
 アネタン男爵より承はれば昨年貴下には拙生御訪問の御計画有之候由、御面晤の日の近からん事切望の至に候、たゞ東京に不在にて欠礼致候様の事無之やう御出発に先ち予め御通知被下度願上置候 敬具
   ○右ハ明治三十五年十二月二十九日ノ発送ナルガ如シ。


渋沢栄一書翰(仏文草案)タイス宛一九〇二年一二月三〇日(DK160115k-0006)
第16巻 p.691-692 ページ画像

渋沢栄一書翰(仏文草案)タイス宛一九〇二年一二月三〇日
                   (桜田助作氏所蔵)
            Tokio, le 30 Décembre 1902
Monsieur Colonel
  Vous avez peut-être recu en ce moment ma dernière lettre par laquelle j'ai remercié de l'accueil cordial qui m'a été prodiqué pendant mon séjour en Belgique par Monsieur Franqui et vous ainsi que par d'autres membres de la Compagnie d'Orient. Je répéte que je conserve de très bons souvenirs de vous tous.
  A propos de la société de tramways de Tientsin, j'ai fait tous mes efforts depuis mon départ de Bruxelles. Comme nous eu avons déjà parlé avec Monsieur Blockhuys qui a remplacé provisoirement M. de Waepenaert, vous êtes peut-être déjà au courant de mes démarches auprès de Ministre des Affaires Etrangères par des communications de M.Blockhuys. A la suite d'une entrevue avec le Baron d'Anéthan, je viens d'envoyet une lettre à M. Rouffart dont je vous envoie le double.
  Vous y trouverez comment j'ai fait mes efforts et pourquoi je n'ai pas pu atteindre le but, du moins jusqu'a présent. J'espére que vous prendrez une décision pour les conditions de s'entendre avec les demandeurs japonais de la concession de tramways.
  Quant à la question de chemins de fer dont nous avons parlé, il est bien regrettable de ne pouvoir rien à faire
 - 第16巻 p.692 -ページ画像 
pour moment puisque la session parlementaire à laquelle nous avons eu esperence d'une révision de la loi actuelle sur les chemins de fer. Le conflit entre le Gouvernement et la Chambre est devenu très accentué depuis quelques temps ; la chamber est dissoute le 28 Décembre. Il faut attendre d'une session prochaine qui aura lieu au printemps prochain qu'elle nous soit bien favorable.
         Veuillez agréer, Monsieur le Colonel,
       l'assurance de mes sentiments empressés.
(右訳文)
          東京、一九〇二年○明治三十五年 一二月三〇日
    大佐殿○東洋会社副社長タイス
拝啓益御清適奉賀候、然者先便に於てベルギー滞在中フランキ氏、貴下並に東洋会社の他諸氏より被れる御懇情に対し謝意具陳候へ共、玆に重而追懐の情不禁もの有之候を附記致候
 天津電鉄会社に関しては、ブリユセル出発以来小生全力を尽し申候ウエープネール氏臨時代理者ブロキ氏とも申合候処に候へ共、貴下は既に同氏の通信により小生等が外務大臣に対して陳情致候事情御承知の御事と存候、アネタン男爵との会見相済候はゞルーフアール氏へ書通可仕と考居候、其節は写一部供覧可仕候
 右により小生等の奔走にも不拘少くも現在まで成功の域に不達事情御判読可被下候、孰れにもせよ電鉄譲渡問題にて日本側と折合ふべき条件ニ付早々御決定有之度と存候
 右ニ関し今議会に於て現行鉄道法の改正を希望致候に不拘、右に及ばずして本年の会期を経過致候は遺憾千万に有之候
 政府と議会との軋轢は漸く激化致居候が、十二月二十八日を以て休会と相成候為、来春に俟たざるべからざる次第なれども多分有望なるもの可有之と存居候次第に候 敬具


ルーフアール書翰(仏文) 渋沢栄一宛一九〇三年一月一〇日(DK160115k-0007)
第16巻 p.692-693 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一書翰(仏文)総秘書役宛一九〇三年二月一三日(DK160115k-0008)
第16巻 p.693-694 ページ画像

渋沢栄一書翰(仏文)総秘書役宛一九〇三年二月一三日
                 (桜田助作氏所蔵)
             Tokio, le 13 Février 1903
Mnosieur le Secrétaire Général,
  Je m'empresse de vous accuser la réception d'un chèque de neuf cent soixante neuf francs trois centimes que vous avez bien voulu m'envoyer comme mes émoluments d'administrateur, déduction faite du droit de patente.
    Veuillez agréer, Monsieur le Secrétaire
     Général, l'assurance de ma considération
      respectueuse
(右訳文)
            東京、一九〇三年○明治三十六年 二月一三日
    総秘書役殿
拝啓然者取締役報酬として御送附相成候小切手一通所得税差引金九百六十九フラン三サンチーム正ニ落掌仕候、右御請迄匆々如此御座候
                                 敬具
 - 第16巻 p.694 -ページ画像 
   ○取締役報酬ハ年額一千法ナリシガ如シ。ナホ取締役会ニ出席シタル取締役ニハ出席報酬金ヲ出シタルガ如シ。


渋沢栄一書翰(仏文)ルーフアール宛一九〇三年三月二七日(DK160115k-0009)
第16巻 p.694 ページ画像

渋沢栄一書翰(仏文)ルーフアール宛一九〇三年三月二七日
                 (桜田助作氏所蔵)
              Tokio, le 27 Mars 1903
Monsieur l'Agent Général
  Je suis en possession de votre lettre du 19 Mars et je m'empresse de vous remettre sous ce pli le Certificat de 50 actions de la Compagnie d'Orient.
  Je vous prie de vouloir bien le transmettre au Bureau de Bruxelles pour que le nouveau certificat de 20 actions sera déposé à la Compagnie comme mon cau ionnement d'Administrateur et l'autre de 30 actions me sera rendu.
  Je regrette infiniment de vous avsoir causé un dérangement par le retard du dépôt de mon cautionnement à cause de mon voyage en Europe l'année passée.
           Veuillez agréer, Monsieur l'Agent
        Général l'assurance de ma considération
        distinquée.
(右訳文)
               東京、一九〇三年三月二七日
拝復去十九日附貴翰正に落掌致候、然者御申越ニより玆許以同封東洋会社株式五十株御返送申上候
 右ハブリユセル本社へ御転送被成下、内二十株ハ取締役在任保証として本社ニ於て御保管被下、残三十株ハ御返送の程御配計被下度候
 昨年の欧洲旅行の為保証保管の手続遅延致御手数に与り候段恐縮の至に存候 敬具
  上海総代理人
    ルーフアール殿


渋沢栄一書翰(仏文) フランキー宛年月日未詳(DK160115k-0010)
第16巻 p.694-695 ページ画像

渋沢栄一書翰(仏文) フランキー宛年月日未詳 (桜田助作氏所蔵)
Monsieur,
  Je m'empresse de vous accuser la réception d'un certificat de deux parts de fondateur de la Compagnie Internationale de Tramways et d'Eclairage de Tientsin.
         Veuillez agréer, Monsieur, l'assurance
            de ma haute considération
Monsieur Francqui
Compagnie Internationale de Tramways
et d'Eclairage de Tientsin
(右訳文)
拝啓
然者天津国際電鉄電灯会社創立株式弐株正に落掌仕候、右御請迄匆々
 - 第16巻 p.695 -ページ画像 
如此御座候 敬具
  天津国際電鉄電灯会社
    フランキー殿
   ○右ハ当会社創立株二株ヲ送致セルニ対スル栄一ノ領収書ナリ。創立株ニハ払込金ナシ、従ツテ資本ニ対スル権利ナク単ニ配当金領収ノ権アルノミ。


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK160115k-0011)
第16巻 p.695 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治三四年         (渋沢子爵家所蔵)
四月二十二日 曇
○上略 三時外務省ニ抵リ大臣ト内田氏ト面会シテ韓国借款ノ事及白耳義東洋会社ノ事ヲ談話ス○下略
   ○中略。
五月六日 曇
○上略
午前○中略 築地メトルホールホテルニ抵リ白耳義公使ダンヌタン氏ヲ訪問ス、談話数刻、去テ外務省ニ抵リ内田次官ニ面話ス。○下略
   ○中略。
八月三日 晴
午前九時兜町事務所ニ抵ル、十時白耳義人フランキー氏来訪、万国東洋会社ノ景況ヲ聞知ス○下略
   ○中略。
八月七日 雨
昨夜ヨリ俄然冷気ヲ覚フ、朝来雨アリ、午前九時兜町事務所ニ抵リ来人ニ接ス、白耳義人フランキー氏来ル○中略 万国東洋会社ノ事及京釜鉄道ノ事ヲ談話ス○下略
   ○中略。
八月廿日 晴
○上略 夕三時白耳義人フランキーヲ洲崎養魚場ヘ誘引ス、但屋根船ニテ兜町ヨリ発程ス、舟中涼意清絶ナリ、釣魚ノ悞楽ヲ畢テ深川宅ニ於テ饗宴ス、公使ダン子タン・内田・坂谷《(阪谷)》・林・高島・吉田・竹村・瓜生ノ諸氏来会ス○下略
   ○中略。
八月廿二日 晴
○上略 六時築地メトルホールホテルニ抵リフランキー氏ヲ訪フ、蓋シ同氏ノ案内ニ応シテ夜食ノ宴ヲ享クル為メナリ○下略
   ○中略。
九月三日 雨又晴
○上略 午後○中略 曾禰大臣ニ面会シ、白耳義東洋会社ノ事ヲ談話ス○下略
   ○中略。
十月十日 晴
○上略 此日午前白耳義公使タン子タン氏及東洋会社ノ書記メー氏来話ス

渋沢栄一 日記 明治三五年(DK160115k-0012)
第16巻 p.695-696 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治三五年          (渋沢子爵家所蔵)
三月六日 晴
○上略 五時過小村外務大臣官舎ニ抵リ、本野仏国公使・加藤白耳義公使
 - 第16巻 p.696 -ページ画像 
ト会話ス、白耳義万国東洋会社ノ成立ヨリ目下ノ関係ヲ詳話ス○下略
   ○中略。
三月十八日 晴
○上略 午後二時兜町事務所ニ抵リ、白耳義人オツペナール氏ニ会話ス、万国東洋会社関係ノ事務ヲ談スルタメナリ○下略
   ○中略。
三月二十一日 曇
○上略 八時北垣国道来訪ス、白耳義東洋会社ノ事ヲ話ス○下略
   ○中略。
四月廿二日 晴
○上略 九時兜町事務所ニ出勤ス○中略 大倉喜八郎氏来リ、白耳義東洋会社ノ事ニ関シ留守中ノ代理ヲ托シ、且従来ノ関係ヲ詳話ス○下略
   ○栄一、是年五月十五日外遊ス。


渋沢栄一書翰 諸井宛(明治三九年)三月二八日(DK160115k-0013)
第16巻 p.696 ページ画像

渋沢栄一書翰 諸井宛(明治三九年)三月二八日 (八十島親義氏所蔵)
○上略
例之万国東洋会社ニてハ先頃フランキー氏より書状ニて玻璃器製造工場創設之事問合有之候得共、老生ハさまて切望もせさるニ付、其旨回答いたし置候、右等ハ服部氏ハ是迄関係無之候得共、もしも台下抔ニ貴案も御坐候ハ、新工場創設等之相談も出来すへき人物ニ付、御含まて申上候、其外何か御心附も相生し候ハヽ御遠慮なく御垂示被下度候右者本人御紹介旁一書申上度 匆々敬具
  三月廿八日                渋沢栄一
    諸井賢契
       梧下
○下略


竜門雑誌 第二三二号・第二五頁 明治四〇年九月 ○青淵先生(DK160115k-0014)
第16巻 p.696 ページ画像

竜門雑誌 第二三二号・第二五頁 明治四〇年九月
○青淵先生 ○中略
又先生には先年来白耳義国万国東洋会社の取締役に列せられ居たるが今回の改選期に際し平素多忙の故を以て再選を辞退せられたり


渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK160115k-0015)
第16巻 p.696 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四〇年        (渋沢子爵家所蔵)
十一月二十一日 曇寒             起床七時就蓐十二時
○上略 午後二時半第一銀行ニ抵リ白耳義人カータース氏ニ面話ス、益田孝氏来話ス○下略


桜田助作氏談話(DK160115k-0016)
第16巻 p.696-699 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕中外商業新報 第五五〇五号 明治三三年六月八日 白国の東洋会社設立(上)(DK160115k-0017)
第16巻 p.699-700 ページ画像

中外商業新報 第五五〇五号 明治三三年六月八日
    白国の東洋会社設立(上)
白耳義国に於ては先年来東洋の商工業に深く着目する処あり、特に清国市場に於ては大に其新販路を求むるの益々急なるを認め、白国各階級の利益となるべき業務を奨励し、且之に便宜を与ふることを目的とする探撿及調査の機関を設るかため愈々今回資本金三百五十万法を以て「東洋会社」即学術・工業及商業上の探撿に関する無名会社なる名称にて一の無名株式会社を組織し、本社を比律賓に置き、支社を白国及其他の諸外国に置き、東洋諸国に於ける工業・工事・商業及財務に関する一切の事業を研究し、若くは之を施行し、之がため尚東洋に於ける学術・地理・鉱物及其他の研究調査に関する一切の探撿隊を組織して其任に当らしめ、殊に清国の河川・湖水・運河等の探撿を詳密に執行せしむるがため汽船数隻を購入し、之を清国沿岸に発送し、又同国に於ける一切の特許、就中土地・鉱山・石坑等に関する特許を取得し之を開発する所の一切の事業に干与するの計画なりといふ、今其趣意書・定款及大株主を掲ぐれば左の如し
    「東洋会社」設立趣意書
 今を距る二十有余年前レオポール第二世陛下が数年来公衆の注意を喚起せられたる計画を実行せんことを希望せられ、文化と商工業の利益を謀りて平和的にコンゴー地方を獲得するの企を起されしに、幸に多数なる我同胞殊に我陸軍将校の剛毅勇敢なる尽力に依りて盛大なる効果を奏せり、広大なる土地を占領せられ、幾多の交通は殆ど非凡なる尽力に依りて開設せられ、昨日迄世に知られざりし河川を今日は之を通ずるに百有余の船舶を以てし、商工業上有益なる幾多の企業は忽にして組成せられ、日一日に繁栄に赴きたり、之れ実に僅々二十五年に足らざる日子を以て完成したる事業なり
 白耳義国の将来を慮るときは亜非利加の中央を占領したるは実に非常なる価値ありとす、即ち遼遠なる邦国に関する企業心を発達せしめ、工業家・技師・学生等に実例を示して商船を創造し、速に我運輸業を発達せしむへき必要の益急務なることを知らしめたり、而して商船は我商工業の為めには必要なる助成機関にして、我饒多なる
 - 第16巻 p.700 -ページ画像 
人々の行動に新路を開くものなり
 白耳義国は其製造品の大部分を輸出するにあらされは益々増殖する所の人民を養ふこと能はざるべし、我工業家は賢明剛毅にして之を助くるに技術巧妙に勇敢なる職工あるを以て今日までは前顕の如き好結果を得るに至れり
 然るに今や諸国競ふて各々其利益線の拡張を謀るに方り、我国の社会問題に一層の急を告げ、多数人民の幸福と国家の将来を慮る者は皆速に遼遠の地方に新販路を求むるの必要を感するに至れり
 白耳義国も亦他の工商業国と等しく東洋諸国に意を注ぐに至れり、今や広大なる清国は自国を開きて西洋文明の産物機械を入れ、将さに永久無限の市場たらしめんとす
 既に幾多の盛大なる企業起り、或る他の企業も亦方さに準備中に属す、故に各級労働者の利益となるべき業務を奨励し増殖し、且つ之に便宜を与ふるを目的とする探撿の中心を設くるの好時期は実に今日に在りとす
 「東洋会社」の目的も亦玆にあり、該会社は其名称の示すが如く学術・工業及商業上の探撿に従事する一会社なり、該会社に於て組職する探撿隊、殊に清国内に於てするものは是迄殆ど世間に知られさりし広大なるものにして、人口多き地方及其地学上、地質上及商業上の状態を研究するを目的とす、之等研究の結果として現るべき企業は新なる労働と富の淵源となると同時に、該会社の為に尽力せる者に利益を与ふべきは期して待つべきなり
 此事業は充分の保護を受くべしと雖も一国専有の旗章は翻さゞるべし、今回も亦白耳義国に於て各国商工業の区域を拡むべき広大なる進歩を企図すと雖も、吾人の見る所に依れば其実地の業務は各国共同のものとなし、各国協力して之に種々の幇助を与ふるを可とす
 会社の綱領如斯ものなるに依り、会社発起人のために集金を為し、又は特別なる何等の利益をも附与することを許さず、之れ定款の証明する所なり、又た理事会議の特許を受くるにあらざれば千九百二年一月一日迄は其株券を他に移転するを得ずと定款に規定せり、該社の株主は如斯株券売買の自由を拘束する条件を承諾して加入したる者なれば、該社の特質を発揚せしむべし云々



〔参考〕中外商業新報 第五五〇六号 明治三三年六月九日 白国の東洋会社設立(二)(DK160115k-0018)
第16巻 p.700-701 ページ画像

中外商業新報 第五五〇六号 明治三三年六月九日
    白国の東洋会社設立(二)
白耳義国東洋会社設立の目的及其趣旨書は既に昨日の紙上に記したる如くにして、其定款を見るに八章四十五条より成り、会社の目的及業務施行上の事項を詳密に規定したり、今参考の為に左に之を掲ぐ
  東洋会社定款(学術・工業及商業上の探撿に関する無名会社と復称す)
    第一章 名称・本社所在地・目的・営業年限
 第一条 「東洋会社」即ち学術・工業及商業上の探撿に関する無名会社なる名称を以て玆に一の無名会社を設立す、此名称は何時にても理事会議の決議を以て之を変更することを得
 - 第16巻 p.701 -ページ画像 
 第二条 本社を比律賓市に置く、比律賓とは其団結に属する一切の市区を包含したるものを云ふ
 会社は理事会議の決議を以て事務所支店・代理店・出張所等を白耳義国内外諸国に設定することを得
 第三条 会社の目的左の如し
 東洋諸国に於ける工業・工事・商業及財務に関する一切の事業を研究し、若は之を施行すべし
 之がため会社は東洋に於ける学術・地理・鉱物及其研究調査に関する一切の探撿隊を組織するを得べし、殊に清国の河川・湖水・運河等の探撿を執行するを得べきに依り、会社は蒸滊船一隻若は数隻を購入し、艤装し、及之を清国に発送することを得べし、会社は一切の特許殊に土地・鉱山・石坑等に関する特許を取得し、之を開発し直接間接を問はず会社の目的に類似し若は関聯する一切の事業に干与することを得べし、会社は其特許若は取得物の全部又は一部分を他に譲渡することを得べし
 会社は他に類似の企業又は事業を目的とする特別の会社を設立し、出資人は其他の方法に依り此等会社の組織に参与し、其発達を補助し、出資を受領することを得、又会社は他の類似会社と併合することを得、但株主総会に於て可決したる場合に限るものとす
 第四条 会社の営業年限は本日より起算して向ふ三十ケ年とす、但し会社は逐次之を延期し又は期限前に解散することを得、会社は営業年限を超過する所の契約を結ふことを得(未完)



〔参考〕中外商業新報 第五五〇七号 明治三三年六月一〇日 白国の東洋会社設立(三)(DK160115k-0019)
第16巻 p.701-702 ページ画像

中外商業新報 第五五〇七号 明治三三年六月一〇日
    白国の東洋会社設立(三)
    第二章 資本金・株券・社債券
 第五条 会社の資本金を三百五十万法と定め、之を七千株に分ち一株を五百法とす
 第六条 資本金の募集左の如し
 (此間に資本金募集額を記入すへき余白を存す)
 会社の計算と利益との為めに公証人一名及び証拠人数名立会の上一株に付二割五分宛の払込を為さしむ、其全額(金額記入の為め余白を存す)にして、会社は直に之を使用するを得るものとす
 払込残百分の七十五は理事会の定むる時期に於て之を払込むべきものとす
 右時期に先つ払込は之を許さず
 書面を以て十五日前に通知を為すも払込の義務を怠りたる株主は年五朱の割合にて其利子を会社へ支払ふべきものとす、又理事会は前記予告の外別に督促を為さずして株主の失権を宣告し、且仲買人をして株式取引所に於て其株券の売却を為さしむることを得、但之か為め右株主に対し払込残金及予知せさりし一切の損害賠償を請求するの権利に侵害を来さゞるべし
 第七条 会社の資本金は株主総会の決議を経て一回若は数回に之を増減することを得
 - 第16巻 p.702 -ページ画像 
 然しながら理事会は前項の規定に拘らず万国的共同事業を確実ならしむるがためには、一回若は数回に分ちて百五十万法迄の新株券を発行して資本金を増加し、其総額を五百万法に達せしむることを得へし
 他会社との合併又は物件にての出資にあらざる他の方法に依りて資本金を増額するときは、理事会に於て株券の価額及其発行の条件を定むへし、前項に云ふ五百万法迄の資本金増額に関するものゝ外直に現金の払込を為すべき新株は可成旧株主に之を配当すべし、但新株券発行の日に於て旧株主が会社より受くべき利益の割合に応じ、理事会の定むる期限内に於て之を為すべし、新株を旧株主に配当する条件及実際の価額も亦理事会に於て之を定むべく、理事会は又旧株主中に右優先権の全部又は一部分を使用せざりしものあるときは之が為め他の株主の配当数を増加すべきや否やを決定すべし
 新株は額面以下の価額にて之を発行することを得ず



〔参考〕中外商業新報 第五五一二号 明治三三年六月一六日 白国の東洋会社設立(四)(DK160115k-0020)
第16巻 p.702-703 ページ画像

中外商業新報 第五五一二号 明治三三年六月一六日
    白国の東洋会社設立(四)
    第二章 資本金・株券・社債券 続
 第八条 株券は全額の払込を終るまでは記名券とし、其払込を終りたるときは無記名券となすことを得、但次項に掲ぐるものは此限にあらず
 譲渡のある毎に特に理事会に於て為したる決定に依り、且該会に於て承認したる譲受人にあらざれば千九百二年一月一日前に一切の株券譲受を為す能はざるものとす
 第九条 総て株主は所有株券面の金額ならでは損失の責に任ぜざるものとす
 第十条 株主の相続人・承継人若は債権者は、如何なる事由に出づると雖も会社の財産有価物件に封印を為し、又は会社資産の清算配当を請求することを得ず
 前項の相続人・承継人・債権者は会社の財産調査貸借対照表及株主総会の決議に準拠するにあらされは其債権の執行を為す能はざるものとす
 第十一条 会社は会社に対して執行すべき権利、株主総会に於ける票決権の執行、本定款第二十七条第二項、第二十八条第四項及第三十六条第三項を以て株主に附与したる権利の執行に関しては一株に付き一名の所有主ならては之を認定せず、若し一株に数名の所有主あるときは、会社は其内の一人を該株券の所有者と指定する迄は之れに関する諸権利の執行を中止するの権利を有するものとす
 第十二条 会社は何時にても社債券を発行することを得べし、理事会に於て社債券の形式、発行の条件、利子額、償還の方法及時期を定むべし
    第三章 管理・指揮監督
 第十三条 本社は十七名より多からさる人員を以て組成する理事会に於て会社の事務を管理す、理事は株主総会に於て社員中又は社外
 - 第16巻 p.703 -ページ画像 
員より之を選任し、其任期を六ケ年以内とし、何時にても株主総会に於て之を罷免することを得るものとす、理事は抽籖を以て定めたる順序に依りて更迭し、再任するを得るものとす、第一回の理事員の任期は千九百五年の通常株主総会の時に満了す、右期日に於て理事の全員を更迭し前項に規定せる順序を実施すべし
 若し第一回の株主総会及ひ年次株主総会に於て定款に規定しある理事の同員《(欠カ)》を選任せざりしときは、株主総会は其不足員を見做し、理事会をして監査委員と協議の上会社法第四十五条の規定に依り欠員理事を選定せしむることを得
 第十四条 死亡、辞職又は其他の原因に依り理事に一名若は数名の欠員ある場合には、爾余の理事及ひ監査委員相合して役員会を組成し、以て次回の株主総会に於て確定の任命を為すまで仮りに補欠員を選定することを得
 前項の条件にて選定せられたる理事の就職は其補充理事任期満了までに止まるものとす
 第十五条 理事会は其議長一名及副議長一名若は数名を互選し、五名より少からず七名より多からざる常置委員を互選し、常置委員の権限を定む、理事会は又会社日常事務の取扱を同時に理事会の決議執行に任する所の分任理事一名若は数名に委任し、又は理事にあらざる社員中若は社員外より一名又は数名の主事を選定して之に本社事務の全部若くは一部分の執行を委任し、又何人に限らず特別の権限を委任することを得、前記各員の権限及給料も亦理事会に於て之を定む
 第十六条 外国に於ては理事中の一員若くは主事又は理事会に於て特に指定したる者に於て会社を代表することを得
 右代表者は理事会の指揮の下にありて外国官庁に対し会社の利益を代表し外国に於て効力を生ずべきものとす、右代表者は外国に於て責任を有する会社の派遣員たることを証明する委任状を携帯すべし
 第十七条 会社の利益上必要あるとき、若くは三名以上の理事より請求したるときは、其都度理事会は其議長又は議長故障ある場合には副議長召集に因り集会す、集会は招集状に指定したる場所に於て之を開会す



〔参考〕中外商業新報 第五五一三号 明治三三年六月一七日 白国の東洋会社設立(五)(DK160115k-0021)
第16巻 p.703-707 ページ画像

中外商業新報 第五五一三号 明治三三年六月一七日
    白国の東洋会社設立 (五)
 第十八条 理事会は会員半数以上出席するにあらざれば有効なる決議をなすことを得ず
 故障ありて出席せざる理事は、理事会議に於て自己を代表すること及び自己に代はりて投票を為すことを他の理事に委任するを得、此場合に於ては委任者出席したるものと看做し、但し受任者は二名以上の欠席理事を代表することを得ず、理事は郵便若くは電信に依りて其意見を表彰し、且つ投票を為すを得、但理事半数以上自ら出席したる場合に限るものとす
 理事会議の議事は投票の過半数を以て之を決す、可否同数なるとき
 - 第16巻 p.704 -ページ画像 
は議長の決する所に拠る
 第十九条 《(脱アルカ)》理事会議の討議及び投票の際に出席し居りたる理事に於て署名し、且つ受任者に於て其代表せる欠席理事の為めに署名したる議事録を以て之を証明す、右議事録は之を特別なる帳簿に記入し欠席理事の委任状並に其意見を表彰し、投票を為したる書状及電報を之に添附する、裁判所又は其他に差出すべき謄本若は抜萃は議長若は理事二名の署名を要す
 第二十条 理事会は会社の事務管理上最大なる権限を有す、法律には此定款を以て明に株主総会に保留しあらさる一切の事務は理事会に於て之を処理す
 理事会は其独権を以て本定款第三条の明文に拠りて会社の特別なる目的に属する一切の事業、並に該事業に関する一切の出資譲渡募集金交換金組合金銭上の分担又は参加等に関する事項を議定するを得ることとす、理事会は総て金銭を受領し、動産不動産を獲得し、移附し、及交換し、賃貸借を承諾し、金銭の借入を契約し、社債券を発行し、抵当品を受諾し、物上権を抛棄し、弁済前又は弁済後に優先権又は抵当権ある一切の記入、即ち登記・差押・故障及其他保障の解除を為し、原告又は被告となりて起訴応訴を為し、並に中裁和解を為すことを得、会社事務員を任免し、其職権俸給及手当金を指定し若し必要あるときは其身元保証金を定むるにも亦理事会に属す
 第廿一条 会社の事業は七名より多からざる監査委員に於て之を監視す、監査委員は株主総会に於て社員又は社外員より之を選任し、其任期を六ケ年以内とし、株主総会は何時にても之を罷免することを得るものとす、監査委員は抽籖に依りて定めたる順序に依りて更迭し、再選せらるゝを得るものとす、千九百五年の株主総会までは第一回の監査委員として左の諸氏を任命せり
 (委員氏名を略す)
 第二十二条 監査委員の職務及び権限は千八百七十三年五月十八日及千八百八十六年五月二十二日の法律第五十五条、及第五十六条を以て定たるものに同じ
 第二十三条 理事及び監査委員は各一名に付き優先権を附したる株券拾個を其任務執行の担保として提出す、株主総会に於て理事及び監査委員の職務満了の年度に属する貸借対照表を正式に承認したる後理事会に於て決議し、監査委員に於て認可するにあらざれば右担保を解除するを得す
 第二十四条 株主総会は本定款第三十八条に定むる給料の外に一定の手当金を理事及監査委員に給与することを得
 如何なる場合に於ても監査委員の報酬全額は理事の報酬全額の三分の一より多からさるものとす
 理事会は特別の職務を委任せられたる理事及監査委員に経常費中より相当の手当金を給与するを得べし
 第二十五条 原告・被告共総て裁判事件は理事会議長又は受任理事の訴追請求に因り会社の名に於て理事会之を執行す、会社の代表者駐在する国にありては原告・被告共該代表者裁判事務を負担す
 - 第16巻 p.705 -ページ画像 
    第四章 株主総会
 第二十六条 株主総会は総て株券の所有者を以て組成す
 第二十七条 株主通常総会は毎年五月第三水曜日に会合するものと定め、其第一回は千九百一年の同月同日午前十一時ブリユツセルに於て招集状に指定したる場所に集合す
 株主総会は会社の利益上必要ある毎に臨時に之を招集するを得、但資本金総額の五分一に当る株券所有株主等より集会の目的を示して請求するときは臨時株主総会を開くべきものとす、臨時株主総会も亦ブリユツセルに於て招集状に指定したる場所に集会す
 第二十八条 株主総会は其通常なると臨時なると問はず理事会又は監査委員の招集に因りて之を開会す、総会の招集は会社法第六十条に規定しある形式及び期限に従ひ、白耳義国内に於て之を為すを要す、若し外国に於て之を招集すべきときは其国に於て会社を公認したる勅令に定むる所の期限及形式に於て之を為すべきものとす
 通常株主総会の招集状には必す其議事日程中に理事会監査委員の報告を討議する件、貸借対照表・損益計算書を討議承認する件、及退任の理事及監査委員の再選又は補任の件を記載するを要す
 総て株主総会に於ては議事日程に記載しある事項の外は討議に附することを得す、資本金総額の十分の一以上に相当する株券所有社員等の発議に係り、且開会の日より少くも二十日前に理事に通知したる総ての提議は之を議事日程に記載すべきものとす
 第廿九条 株主総会に出席し得るには無記名株券の所有者にありては総会定日より少くも八日前に本社又は招集状に指定の場所に其株券を供託し、且同時に総会に出席する旨を理事に通知すべし、又記名株券の所有者にありては単に二週間以内に株主総会に出席する旨を理事に通知すべきものとす
 無記名株券預り証書、若は記名株券登録証書は株主総会開会前に之を示すべきものとす
 第三十条 株主は其代理人をして株主総会に自己を代表せしむることを得、但其代理人も亦株券の所有者たるを要す
 理事会は委任状雛形を定め、且つ株主総会より少くも三日前に之を会社に差出さしむることを得べし
 未丁年者、結婚した婦人、禁治産者、組合・会社・協会等は各其法律上代理人をして代表せしむ
 株券の共有者、用益者・虚有権者・質債権質債務者各一人の代理者をして代表せしむべきものとす
 第三十一条 総て株主の総会は理事会議々長又は議長あらさるときは出席したる副議長《(長脱カ)》の年長者其議長たるべし
 出席せる他の理事に於て事務局を組成す、議長は出席株主中より幹事一名を指定し、株主総会は株主中より投票立会人二名を選任す
 第三十二条 株主は総て総会に於て投票権を有し、表決の数は所有の株数に同じきものとす、然れども何人たりとも既成株券全躰の五分一には其投票すへき株券数の五分二を超過する表決を為すことを得ず
 - 第16巻 p.706 -ページ画像 
 第三十三条 次の条に規定する場合を除く外議事は株主総会に集合したる株数如何に拘らず出席者及び代理者投票の過半数を以て決するものとす、表決は挙手又は指名点呼を以てす、任免の表決は秘密投票を用ゆるものとす、若し任命の際候補者に於て過半数を得ざるときは、最多数の投票を得たる候補者二名に就き決選投票を行ふべし、若し又決選投票に於て同数を得たるときは其年長者を選任す
 第三十四条 本定款第七条及び会社法七十二条の規定を除くの外前記の規定に拘らず株主総会に於て第一、定款の変更、第二、本会社と他の会社との併合を議決すべき場合には、左の諸条件に依らざれば有効に討議定決を為すことを得《(ず脱カ)》
  第一 招集の際本文の目的を議事日程中に記載せしむること
  第二 株主総会に於て株券半分以上を集合せしむること
 第二の条件を具備せざるときは更らに招集を為し、第二次の株主総会は株券の数如何に拘らず有効に決議を為すを得べし
 右何れの場合に於ても出席者及代理者の投票四分の三を得るにあらざれば有効に決議を為すことを得す
 第三十五条 株主総会の議事録には議長・事務局員・幹事及投票立会人二名に於て署名すべきものとす
 裁判所又は其他に差出すべき謄本若は抜萃には理事会議々長若は理事二名に於て署名すべきものとす
    第五章 貸借対照表・配当金・準備金
 第三十六条 理事会は第一回分として千九百一年十二月三十一日に毎年十二月三十一日に又会社の動産及不動産の目録・資産・負債目録を作り、之に一切契約の要領を記したる書類を添付すべし、同時期に於て会社の帳簿を査定し、理事会は貸借対照表及会社の償却額を包含する所の損益計算を作るべし
 右の書類に関しては法律上の期限内に於て、会社法第六十二条第四項、及第六十三条に規定せる閲覧及公告の手続を履行すべし
 第三十七条 通常株主総会は会社法第六十四条、及本定款第四章の規定に依り貸借対照表及損益計算書を決定すべし
 第三十八条 貸借対照表より経常費・会社の負担及必要なる償却金を控除したる残額を以て純益とす
 右純益より第一に控除すべきもの左の如し
  第一 法律に依りて定むる準備金百分の五
   但準備金額資本金の十分一に達したるときは右控除の義務消滅するものとす
  第二 全額払込を終りたる株券に対して払ふべき資金百分の五
 右の剰余金より常置委員の為めに百分の五、理事のために百分の十其他監査委員各員に給与すへき手当金を控除す、但其金額は常置にあらざる理事に給与すへき金額の三分一とす、而して後残余は之を株主に配与す、但株主総会に於て理事の発議により全部又は一部分を他の用途に充つることを議決したるときは此限にあらず
 第三十九条 配当は毎年理事会に於て指定したる時期及場所に於て之を払渡すべし、配当の請求権ある者五ケ年以内に之を請求せさる
 - 第16巻 p.707 -ページ画像 
ときは時効に依りて之を会社の所得とす
 第四十条 理事会は最も会社の利益となるべき方法に依りて準備金及予備金の用途を定む
    第六章 解散・清算
 第四十一条 原因と時期の如何を問はず会社解散の場合に於ては株主総会は会社法第百十二条以下の諸条に拠り清算主任を選任し、其権限及清算の方法を定むべし
 第四十二条 解散の場合に於て株金払込の割合同一ならさるときは清算主任は配当を為す前に此状況の差異を計量して全額払込未済の株券に対しては未済の金員払込を督促し、又全額払込済株券に対しては予め若干の払戻を為し以て各株券をして其平衡を保たしむべし
    第七章 裁判所管轄の本籍の選定
 第四十三条 外国に於て会社が為す一切の事業は本定款を以て外国裁判所の管轄に属せしむ
 第四十四条 本定款の施行に付ては社員・理事・監査委員は本定款に依りてブルツセル市庁を其本籍と選定す、依りてブリユツセル市庁に宛て社員・理事・監査委員の為になしたる一切の通知催告送達は有効たるべきものとす
    第八章 附則
 第四十五条 予め招集状を発せず又議事日程もなくして会社設立の後直に開会すべき株主総会に於ては第一回の理事定数を定めて第一回の理事を選任し、本定款の範囲内に於て一切の社務を決議するを得べし
    東洋会社の大株主
同会社株主は何れも大銀行若くは有力なる資産家にして其著名なる大株主数名を挙ぐれば左の如し
 一五〇 バンク、ロツウトルメー (海外銀行)               一〇〇 ジヨツセアラルド
 一〇〇 バンク、ド、バリーユ、デペイバー (巴里及和蘭銀行)       一〇〇 ルウイペルヴイ
 一〇〇 バンク、サントラルアンヴエルソワーズ (安府中央銀行)      一〇〇 バリサー商会
 一〇〇 バンク、アンテルナシヨナル、ド、ブリユツセル (比律賓万国銀行) 一〇〇 男爵レオンベチユンヌ
 一〇〇 コンパギー、デ、フヰリツピンス (呂宋商社)           一〇〇 男爵ランベール
                                        (完)



〔参考〕竜門雑誌 第一七八号・第二八頁 明治三六年三月 ○東洋万国会社定款(DK160115k-0022)
第16巻 p.707-708 ページ画像

竜門雑誌 第一七八号・第二八頁 明治三六年三月
    ○東洋万国会社定款
本編は青淵先生か理事の一員として関係せらるゝ白耳義国東洋万国会社(学術工業及商業上探検株式会社)定款の訳文なり、我国会社の間に行はるゝ普通の定款とは大に其趣を異にし、頗る綿密厳正の規定あるが如く感じたるを以て、社員諸君の参考に資せんか為め左に収録するものなり
    東洋万国会社(学術工業及商業上探検株式会社)定款
               STATUTS
                DE LA
    COMPAGNIE INTERNATIONALE D'ORIENT
 - 第16巻 p.708 -ページ画像 
        Société Anonyme d'Exploration
      Scientifique, Industrielle & Commerciale.
                 一九〇二年三月二十八日公証済
                 一九〇二年四月二十日官報掲載
   ○前掲(第七〇〇頁以下)ニツキ略ス。



〔参考〕竜門雑誌 第一八四号・第一〇―一八頁 明治三六年九月 ○東洋万国会社取締役及監査役会報告(DK160115k-0023)
第16巻 p.708-715 ページ画像

竜門雑誌 第一八四号・第一〇―一八頁 明治三六年九月
    ○東洋万国会社取締役及監査役会報告
本会社は世界的会社として我青淵先生も大に尽力せられ、現に其取締役の一人となられ居り、本誌曩に其定款を示したるが、今又同社千九百二年十二月三十一日を以て締切りたる営業報告書を得、其内容を閲するに資産負債の関係を最も明白詳密に示したる点、其他多少我国会社の報告と異なり又以て大に参考に資すべきものありと信するを以て左に収録す 編纂者識
  東洋万国会社 比律悉ナシユール街四八
    取締役会及監査役会報告
      千九百三年五月二十日   総会
      千九百二年十二月三十一日 貸借対照表
    取締役会
 ベルナール          大臣              社長
 ホーゾー、ド、ルエー     上院議員            副社長
 タイス            大佐              副社長専務取締役
 フランキー                          取締役支配人
 ド、バウエル         巴里和蘭銀行取締役       取締役
 バルセル           銀行家             同
 ベークマン          ブリユセール万国銀行取締役   同
 カツセル           銀行家             同
 ド、リゾン          仏国商工奨励銀行取締役     同
 フリス            上院議員支線鉄道会社社長    同
 ド、ゼルミニー        土帝国銀行取締役        同
 ハンスマン          伯林割引銀行重役        同
 ホウイヌ           フロヒダンス会社取締役支配人  同
 ジヨール           伊太利商業銀行社長       同
 ド、ラブレー         ウートルアル銀行取締役支配人  同
 フヒリブソン         銀行家             同
 ロートスタイン        聖彼得堡商業銀行社長      同
 サンボール、ド、サンセー   ビニイユモンタンニユ会社取締役 同
 ワリツク           独逸銀行社長          同
 ワルフホール         船舶艤装業           同
 シモン            印度支那銀行取締役支配人    同
 プリユセル          香、上銀行ハンプルグ支店長   同
 渋沢男            東京第一銀行頭取        同
 ウーテルスドブリンテル    阿弗利加会社専務取締役     同
    監査役会
 - 第16巻 p.709 -ページ画像 
 コールマン          代議士
 ヘルハーゲン         同土木監督署名誉技師
 ニーセンス、ハール      土木監督署技師長
 グリザール          海運業代理人
 ローラン           プリユセール控訴院弁護士
 ルフヘーブル         同
 ド、ヘンブチーヌ       地主
 バイエンス          在巴里
 ケルヴイン、ド、レテンホーヴ 地主
    一九〇三年五月二十日通常総会議事録
 午前十一時ホーゾー、ド、ルエー氏ヲ議長トシ総会ヲ本社ニ開ク
 議長ハカチエー氏ヲ書記トシ総会ハ立会人トシテブーウビエー、子ランクスノ二氏ヲ撰定ス
 議長ハ出席表ニ拠リ一、七一三株ヲ代表セル株主カ出席シ若クハ代表セラルヽコトヲ認メタリ
 議長ハ総会召集ノ広告ヲ掲ケタル新紙ヲ机下ニ提示セリ即チ
 一九〇三年四月廿六日、五月七日 白耳義官報《モニツール、ベルジ》
 同 同 工業資料(雑誌)《モニツール、デザンテレー、マテリアル》
 外ニ郵便ニテ記名株主ヘ発送セル召集状一通
 議長ハ総会カ成立セル旨ヲ告ク
議事日程
 一、取締役会・監査役会報告
 二、貸借対照表損益勘定ノ承認
 三、必要ノ場合ニ於テハ取締役及監査役ノ任命
 議長ハ取締役会報告書朗読ノ為メ取締役支配人フランキー氏ニ発言ヲ許シ、監査役会報告朗読ノ為メローラン氏ニ発言ヲ許ス
 次テ議長ハ貸借対照表及損益勘定ニ対シ討議ヲ開クコトヲ告ク
 株主中一人モ発言ヲ求ムルモノナシ
 貸借対照表及損益勘定ハ全会一致ヲ以テ可決ス
 総会ハ定款第三十四条ノ規定ニ因リ取締役トシテエミル、フランキー・オト、ジヨール二氏ヲ任命ス、監査役ダンドリモン氏ノ後任者ハ暫ク任命セサルコトヽス
 取締役フオン、ハンスマン・ワリツク・ベークマン・フリス・ブリユセル・カツセル・バルセル諸氏ノ任務保証金ハ第三者ヨリ払入レアリタル趣報告ス
 株主中一名モ発言権ヲ求ムルモノナシ、仍テ此議事録朗読及賛同ヲ得タル後、即チ十一時三十分閉会ス
               書記  カチヱー
               立会人 ブーウビエー ネランクス
               議長  ホーゾー、ドルヱー
    東洋会社
  千九百三年五月二十日株主総会ニ於ケル取締役ノ報告
諸君玆ニ一千九百二年十二月卅一日ヲ以テ締切リタル貸借対照表並ニ
 - 第16巻 p.710 -ページ画像 
損益勘定書ヲ提出シ諸君ノ賛同ヲ乞ハントス
    資産
 一金七百六十二万法 株主勘定(即未払込株金)
    此内訳
  一金七百廿四万法 但千九百一年十二月卅一日現在 未払込高七百廿四万千法ノ内本年度中払込結了ノ分千法ヲ差引キタル高
  一金三十八万法  但本年中額面 四十七万五千法ニ相当スル九百五十個ノ新株応募アリテ内二割即九万五千法ノ払込ヲ結了セシニ付其残高
 一金十三万九千六百廿九法〇七   金庫及銀行在高
    此内訳
  一金七百卅二法三九       在上海金庫
  一金百五十四法〇五       在ブリユセール金庫
  一金十三万八千七百四十二法六三 銀行預金
 一金七万七千八十五法三四     債務者勘定
  此レハ主トシテ本社ト関係ヲ有スル会社ニ前貸シタルモノナリ、又満期ノ利札ニシテ十二月卅一日迄ニ領収セサルモノアリ尤モ其額ノ殆ント全部ハ計算締切後払入アリタリ
 一金参百五十万五千七百九十四法四九 放資勘定
   此内訳
  一金九万七千五百法 伊清シンジケート出資高
   但放資高十一万二千五百法、此内返還高一万五千法ニシテ差引残高頭書ノ通此シンヂケートノ資本金ハ六十万法ニシテ其事業ハ北清事変ノ為メニ中止セシ以来未タ着手セズ、清国政府ヘ要求セシ損害弁償金ハ承認ヲ得、五分利付四十五ケ年賦公債ヲ領収セリ、而シテ各種有権者間ニ協議一致スルニ非レバ今後如何ナル支出ヲモ為サヾルコトニ決セリ
   其資産ハ払込資本金ヨリモ巨額ナルヲ以テ此事業ニ於ケル吾人ノ放資高ハ仮リニ額面ノ通リニ計算ス
  一金三万九百六十六法 英韓コルボレーシヨン株券
   但一株ノ額面一磅全額払込済ノ優先株一千二百三十個ニテ此ノ如シ、此株券ニ対スル最終ノ払込ハ本年度中ニ行ハレタリ
   此会社ハ韓国金礦開発ノ為メニ創立セラレタルモノニシテ、其資本金三十九万磅、此内十一万株ハ二倍ノ配当及二倍ノ投票権ヲ有スル優先株ニシテ、廿八万株ハ通常株ナリ、前年十二月十一日《(マヽ)》ノ営業報告ニ依レハ九月三十日殷山鉱山ニ於テ著シキ採掘ヲナシ、其噸数二万四千五百二十五噸、此価十五万七千八百三十三磅ニシテ少クモ九万九千磅ノ利益ヲ見ルヲ得ベシ
   其後確実ナル報告ニ依レバ採掘ハ継続セラレ居リ、会社技師ノ概算ニテ千九百二年十二月三十一日迄ニ実際採掘セラレタル礦物ハ十二万五千磅ノ純益ヲ見ルベキ計算ナリ
  一金壱万七千三百廿五法 イ、ステルン、ビヲニアー、コムパニー株券
   但一株ニ付一磅宛払込済株券一千個ニテ此ノ如シ
   此会社ハ資本金三十万磅ニシテ英韓コルボレーシヨン株式十五万九千九百個ヲ有セリ、吾人ハ此会社投資額ヲ市価即チ額面ノ七割五分ヲ以テ計算セリ
 - 第16巻 p.711 -ページ画像 
  一金〇(但備忘ノ為メ此項ヲ在ス) オリエンタル、シンヂケート出資高
   此シンヂケートハ解散清算中ナリ、清算ノ結果我社ハ既ニ清国工礦株式会社株一万千百廿八個ヲ領収セリ
   此他猶僅少ノ配当ヲ受クヘキ見込アレトモ暫ク算入セズ
  一金五十八万六千四百法 清国工礦会社債券
   但六分利付払込済債券千四百六十六個、此市価各四百法宛ニテ此ノ如シ
   我社ノ投資高ニ対シ先キニ伊清シンヂケートヨリ此債券ヲ以テ償還ヲ受ケタルヲ以テ債券十五個ヲ増加セリ
  一金四十四万四千四百四十七法四九 清国工礦会社株券
   更ニ此内訳
   一金廿万八千七百七十一法二〇
    但千九百一年十二月卅一日ニ於ケル所有高六万三千二百九十四個、払込済各一磅株券(但前回ノ営業報告ニハ三法三〇)
   一金七千二百六十三法七五
    但伊清シンヂケートヨリ償還ニヨリ所有スル参百個(但シンヂケート見積)
   一金五千九百二法五四
    但開平会社ヨリ諸雑費ノ償還トシテ受入所有二百三十一個
   一金二十二万二千五百六十法
    但オリエンタルシンヂケート清算ノ際受取リタル一万一千百二十八個
    清算配当ニハ一個二十五法ナリシガ市価ニ依リ二十法ニ引下ゲタリ
  以上合計金四十四万四千四百九十七法四九 此株数七万四千九百二十三個
    此内
   金五十法            二個売却高
  差引
残金四十四万四千四百四十七法四九   此株数七万四千九百二十一個
   十二月三十一日所有ノ一磅株券七万四千九百二十一個ニ対シ各五法三〇ニ相当ス、此市価見積ハ実際算定外ニ価格ヲ有スヘキモノナリ
   前営業期中嘗テ開平礦山ニ従事セシ前清国会社ノ代表者ト意見ヲ異ニスルニ至レリ、即チ清国ノ業務上己レノ権利ヲ増加セント欲シ、彼等ハ英国会社法ノ許サヾル範囲ニ於テ創立契約及地方庁ノ権力ニ関スル約束ノ実行ヲ請求セリ、此点ニ於テ紛争ヲ生シ在清欧人中ノ株主ニモ之ニ関係スルモノアルニ至レリ、現ニ此事件ハ英国ノ法庭ニ訴ヘラレタルヲ以テ遠カラス解決セラルヘシ
   商工業ノ発達ハ予測ノ通リ好況ヲ呈セリ
   最初ノ営業期間ニ於テ売上高ハ四十三万四千七百七十噸ニ達シ一週平均八千三百六十噸ニ達セリ、其営業上ノ配当ハ七分五厘ニ達セリ
   第二営業期即チ過ル二月廿八日ヲ以テ終リタル一期間ノ成蹟ハ
 - 第16巻 p.712 -ページ画像 
四五ケ月ノ後ニ非レハ詳ナラスト雖、売上高ハ五十七万五千六百八十噸ニシテ毎週一万一千七十噸ニ上レリ
  一金壱万弐千五百法     韓国シンヂケート株券
   但百法払込済株券五百株、及創立者株権弐百五十株ニテ此ノ如シ、此放資額ハ前年ノ対照表ニ於テ五万二十八法三〇ナリシカ七割五分強即チ三万七千五百二十八法三〇ヲ消却セル結果本項ノ金額トナリタルモノナリ
   政治上諸般ノ状況ハ此シンヂケートガ韓国ニ於テ得タル各種ノ権利ヲシテ実行スルヲ許サヽリシ、随テ重役ノ意見ハ解散スルニ決セリ、此会社ノ資産ハ清算ノ結果トシテ払込資本ノ二割五分ニ達スベシ
  一金二百二十四万壱千六百二十六法 天津軽便鉄道株
   更ニ此内訳
   一金弐百拾八万七千五百法
    但二割五分払込済五百法株券四千三百七十五個ノ額面金額
   一金五万四千百二十六法
    但払込済五百法ノ出資株五百九十九株此市価九十法三六宛
   一金〇
    但創立株九百十八個此見積格零、只備忘ノ為メニ列記ス
   千九百二年中支出セシ五万四千百二十六法ハ本期間ニ於テ全ク消却セラレタリ、此事業ハ曾テ天津居留欧人中ノ有志カ計劃セシ天津電鉄電灯シンヂケートノ後ヲ享ケ吾人カ再興セシ所ナリ
   此シンヂケートハ北清事変後各国協同ヲ以テ組織セル天津仮政府ヨリ電鉄電灯建設ノ認可ヲ得タリ、認可ノ条件トシテ千九百二年六月十五日前ニ実行的会社ヲ創立スルヲ要セリ、故ヲ以テ天津軽便鉄道電灯会社ハ六月十四日ヲ以テ設立セラレタリ、仮政府カ清国政府ニ天津ヲ還付セシ時ハ会社ハ既ニ設立セラレタリ、吾人ハ建設認可並ニ開平会社ニ関シ生シタル如キ紛議ヲ避ケンカ為メニ設ケラレタル細則ニ関シ清国政庁ノ承認ヲ得ル為メニ交渉ヲ開ケリ、此複雑ナル交渉ハ今猶継続中ニシテ遠カラスシテ好結果ヲ得ルノ希望ヲ有セリ、此交渉事件ニシテ決定セル迄ハ重大ノ支出ヲ見合セタリ
  一金七万五千法           福建ノ免許状
   此金額ハ認可ヲ得ル為メニ要セシ支出並ニ今後支出スヘキ金額ナリ、我社ハ前回決算後吾人カ巴里ノ有力ナル資本家ノ団体ト共ニ「福建研究会社」ノ名義ヲ以テ設立セル会社ニ七万五千法ヲ以テ免許権ヲ譲与セリ
  一金一法              什器・原料専門書籍
   此項ハブリユセール本店及上海ノ什器並原料ヲ含ムモノニシテ総テ消却シ僅ニ一法トセリ
  一金八十五万二千二十五法      指図勘定証券保管高
   負債勘定ノ部ニモ同額ヲ記入セリ
  以上
   合計金千二百十九万六千五百三十四法九〇
 - 第16巻 p.713 -ページ画像 
   負債
  一金九百五十二万五千法       資本金
    此内訳
   一金九百五万法         前年十二月三十一日現在高
   一金四十七万五千法       当営業期間増資額
  一金千九百二十四法四二      法定積立金
   前営業期間純益ノ五分ヲ積立テタルモノナリ
  一金六万百九十五法五八      債権者勘定
   研究費トシテ十二月三十一日迄ニ契約シタル支出額ナリ
  一金百六十九万三千百二十五法   放資額中未払込高
    此内訳
   一金五万二千五百法       伊清シンヂケート
   一金百六十四万六百二十五法   天津電鉄電灯会社
  一金八十五万二千二十五法     指図勘定証券保管高
   資産ノ部ノ勘定ト同額ナリ
  一金六万四千二百六十四法九〇   損益勘定高
  以上
   合計金千二百十九万六千五百三十四法九〇
    損益勘定左ノ如シ
    損ノ部
  一金二十三万二千四百三十四法八六 営業経費
    此内訳
  一金十二万三千二百九十九法二八  欧洲部ノ経費
    金二千三百九法四九      印紙及電報料
    金壱万千三百八十五法一一   家賃及税金
    金三百九十一法九〇      焚料
    金五千二十四法〇一      新紙広告料
 内訳 金千九百四十五法一六     事務所費
    金四万五千五百六十六法二〇  俸給
    金五万二千七百八十五法七三  取締役監査役手当
    金二百六十法         印刷費
    金三千六百三十一法六八    雑費
  一金十万九千百三十五法五八    清国部ノ経費
    金七百七十六法六八      事務所費
    金一万八千三百九法六二    家賃及税金
    金一千二百四十八法八三    焚料及点灯料
 内訳 金六百七十法五八       新紙
    金八万三千百九十三法五七   給料
      此項ハ実際十四万八千四百四十六法六六ニ上リシモ内六万五千二百三十五法〇九ハ福建ノ免許ヲ得ル為メニ要セシ給料トシテ消却ス
    金四千九百三十六法三〇    雑費
 一金壱万四千六百四十一法五八    欧清間旅行費
  役員ノ旅行費ノ合計額ナリ
 一金九百五十五法一六        什器原料ノ消却
   此内訳
 - 第16巻 p.714 -ページ画像 
  一金四百六十四法二五       欧洲ノ部
  一金四百九十法九一        清国ノ部
  此項目ハ本営業期間清国及本社ニ於テ取得セシ什器・原料・専門書籍等ナリ、然ルニ吾人ハ既ニ記載セシ如ク全部消却シ只記憶ノ為メ一法ヲ残スノミナリ

 一金七万九千七百二十八法六五   研究費消却
  此金額ハ欧洲及清国ニ於テ研究用ニ費セシ種々ノ金額ヲ含ム、但シ福建研究費ヲ除ク
 一金三万七千五百二十八法三〇   放資上ノ消却
  韓国シンヂケート放資高ノ七割五分ヲ消却セリ
 一金六万四千二百六十四法九〇   残高
  此金額ヲ後期ニ繰越スコトヽス
 以上
  合計金四十二万九千五百五十三法四五
   益ノ部
 一金三万六千五百六十四法〇二  法定積立金ヲ除去シタル千九百年・千九百一年度繰越益金
 一金三十九万弐千九百八十九法四三 放資利益・利子配当
   此内訳
  一金十九万五千七百七十六法二一 所有々価証券利子配当
  一金十九万七千二百十三法二一  放資利益
 合計金四十二万九千五百五十三法四五
諸君
拳匪事件ハ既ニ終局ヲ告ケシト雖モ清国ノ経済界ハ未タ快復セサルナリ、聯合軍ノ干渉ハ欧化主義ニ反動ヲ与ヘタリ、随テ吾人ノ第二営業期ハ事業上著シキ進歩ヲ見ル能ハサリシ、尤モ数多ノ企業ハ吾人ニ提出セラレシト雖モ市況ノ思ハシカラサル結果、吾人ハ新事業ノ計画ヲ見合セ若クハ審査熟考ニ付スルノ安全ナルヲ信セリ
天津事業ノ外吾人ハ巴里市有力ナル資本家ト協同シ株式会社ヲ設立シ、福建ノ半州乃チ白耳義国ヨリモ広大ニシテ且人口ノ多数ナル土地ニ於テ鉱山ヲ探究シ、採掘スルノ専得権ヲ享有シ、帝国政府ノ批准ヲ経タル契約書ヲ出資セリ、加之其地ニ既ニ技師ヲ派遣セル此調査探究会社ノ資本ノ一大部分ノ引受ヲ申込ミタリ、若シ此技師派遣ノ結果好良ナランニハ福建ノ兼務ハ大ニ発達スヘク随テ吾社ノ利益モ大ナルヘシ
其他ノ事業ハ現ニ吾人ノ注意ヲ要セリ、吾社ノ重役会ノ如キハ各国ノ有力ナル会社ノ代表者ヲ以テ組織セラルヽヲ以テ吾社ノ成功ヲ正確ナラシムルモノナリ、現ニ仏国及露国ノ組合ハ吾人ニ必要ナル助力ヲ与ヘタリ
要スルニ創立以来二ケ年間ノ我社ノ営業成蹟ハ極メテ好良ナルヲ疑ハサルナリ、所有々価証券ハ極メテ着実ニ見積リタリ、若シ市価ヲ以テ評価スル時ハ放資額以上ニ五割ノ増額ヲ見ルヘシ、前年中利子及配当トシテ放資額ニ対シ殆ント一割ニ当ル金額ヲ領収セリ、吾人ハ更ニ確実ノ法ヲ採リ今日迄放資シタル事業ノ前途ニ関シ正確ノ見込立ツニ至ル迄ハ利益配当ヲ見合セタリ、出席諸君カ全会一致ヲ以
 - 第16巻 p.715 -ページ画像 
テ吾人ノ提議ニ賛成ヲ表セラルヽハ余輩ノ深ク信スル所ナリ
   監査役会報告
吾人ハ千九百二年十二月三十一日ニ終ル吾社ノ第二回営業期ニ於ケル吾人ノ職責ノ結果ヲ報告ス
吾人ハ会社ノ帳簿ヲ審査スル為メニ屡々会合セシカ、帳簿ハ常ニ正確ヲ保チタル事ヲ認メタリ
吾人ハ又貸借対照表ト帳簿ト一々対照審査セシニ悉ク符合セリ
取締役会ヨリ諸君ニ提出セラレタル貸借対照表並ニ損益勘定書ヲ承認センコトヲ諸君ニ提議スルモノナリ
営業期締切後監査役ダンドリモン氏辞職ヲ申出ラレタリ、氏カ斯ル決意ヲ為スニ至リタルハ深ク遺憾トスル所ナリ、諸君モ亦余輩ト同感ナルヘシ
   千九百二年十二月三十一日 貸借対照表
     資産
                         法
株主勘定            七、六二〇、〇〇〇・〇〇
金庫及銀行在高           一三九、六二九・〇七
債務者勘定              七九、〇八五・三四
放資額及証券所有高       三、五〇五、七九四・四九
什器・原料・専門書籍              一・〇〇
指図勘定 (証書保管額)      八五二、〇二五・九〇
               一二、一九六、五三四・九〇
     負債
                         法
資本金             九、五二五、〇〇〇・〇〇
法定積立金               一、九二四・四二
債権者勘定              六〇、一九五・五八
放資未払高           一、六九三、一二五・〇〇
指図勘定保管額           八五二、〇二五・〇〇
損益勘定               六四、二六四・九〇
               一二、一九六、五三四・九〇
   千九百二年十二月三十一日 損益勘定
     損失                  法
経費                二三二、四三四・八六
欧清間旅行費             一四、六四一・五八
消却勘定左ノ如シ
 什器原料(欧清)             九五五・一六
 研究費(欧清)           七九、七二八・六五
 放資勘定ニテ            三七、五二八・三〇
差引残                六四、二六四・九〇
                  四二九、五五三・四五
     利益
法定積立金ヲ除去シタル千九百年
                         法
千九百一年度決算繰越高        三六、五六四・〇二
放資利益利子配当          三九二、九八九・四三
                  四二九、五五三・四五