デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
1款 東京商法会議所
■綱文

第17巻 p.140-160(DK170017k) ページ画像

明治12年6月30日(1879年)

是日栄一、当会議所会頭トシテ本年一月ヨリ三月ニ至ル東京府下各商貸借金利調査ヲ大蔵省商務局長河瀬秀治ニ復申シ、併テ金銭貸借慣習取調書ヲ上呈ス。爾後毎二ケ月乃至三ケ月分宛府下銀行貸借金利調査ヲ上申シ、明治十三年上半期ニ至ル。


■資料

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 二(DK170017k-0001)
第17巻 p.140 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 二
                   (東京商工会議所所蔵)
雑第七拾壱号《(朱書)》          渋沢
東京府下各商人間金銭貸借利子ノ割合当局於テ要用ニ付本年一月分ヨリ毎月別紙雛形ニ準シ毎三ケ月分取纏メ報告有之度此段相達候也
  明治十二年三月廿九日
              商務局長 河瀬秀治商務局長之印
  東京商法会議所
    会頭 渋沢栄一殿
(別紙)


図表を画像で表示--

                  一月               二月               三月         無抵当  公債証書地金銀 雑品抵当  無抵当 公債証書地金銀 雑品抵当  無抵当 公債証書地金銀 雑品抵当 一万円以上   一、〇〇 一、一〇    一、二五                                     (―)千円以上 一、二〇 一、一五    一、〇八                                     (〇)千円以上 一、二五 一、二〇    一、〇五                                     千円以下                                                             抵当品等検査其他ノ手数ヲ要スルヲ以通常利子ノ外ニ其手数料ヲ収ムルモノアルトキハ之ヲ利子中ニ合算シテ上表スベシ 





 - 第17巻 p.141 -ページ画像 

東京商法会議所要件録 第五号・第一―四丁 明治一二年六月六日刊(DK170017k-0002)
第17巻 p.141-142 ページ画像

東京商法会議所要件録  第五号・第一―四丁 明治一二年六月六日刊
  第八定式集会 明治十二年五月一日午後第七時開場
    議員出席スル者  二十六名
    同 欠席スル者  三十四名
    商務局下問府下金利調査ノ件
会頭 ○渋沢栄一ハ更ニ大蔵省商務局ノ下問ニ係ル東京府下金利調査ノ件ヲ提出シテ曰ク、本年一月ニ起リ三ケ月毎ニ一表ヲ編成シテ以テ之ヲ上申セン事ヲ要望セラルヽモノニシテ、其雛形ハ此別紙ニ示スガ如ク、之ヲ一万円以上、千円以上、千円以下ニ分テ、更ニ無抵当及ビ確実ナル抵当・通常抵当ノ三款ニ部署シ、又若シ抵当品検査其他ノ手数アリテ通常利息ノ外別ニ手数料ヲ要スルモノアラバ之ヲ利子中ニ合算シテ調査セン事ヲ要スルモノナリ、而シテ余ハ曾テ利息制限ノ布告アルヲ以テ或ハ実際取引上ニ於テ此制限ニ超過スルモノアルモ官ニ向テ之ヲ公答シ難キヤヲ慮リ、該布告ヲ取調ベタルニ乃チ此第六十六号布告ハ是レ裁判上ノ制限ニシテ実際取引ニ関係ナカリキ、而シテ該下問ノ如キハ殊ニ貸借上実際ノ昂低ヲ知ラン事ヲ要セラルヽモノナレバ敢テ彼此抵触ノ掛念ナキヲ知レリ、是レ余ノ疑意ヲ此間ニ挟ミタルヲ以テ諸君モ亦其掛念アラン事ヲ恐レ聊カ之ヲ報道スルノミ、而シテ此問題ノ如キハ之ヲ当場ニ於テ議決シ得ルモノニアラザレバ、疇昔東京府下問ノ売徳調査ノ手続ニ傚ヒ、之ヲ当会其筋ノ各員ニ分担シ、且ツ銀行ニ依托シテ調査スルノ確実ナルニ如カザルヲ覚フ、依テ諸君ノ意見ヲ請問ス
二十二番(渋沢喜作)会頭ノ演説セラルヽ如ク其大ナルモノハ之ヲ国立銀行ニ問ヒ、又其小ナルモノハ之ヲ質屋ニ問フトキハ前後大小ヲ知了スベキガ如シト雖トモ、今詳細ノ調査ニ渉ラント要スレバ各商皆貸借ノ法ヲ同フセザルヲ以テ其最モ金融ニ関係ヲ有スル商業中ノ諸種ニ就テ其昂低ヲ調査スベシ、但烏金・雀金ト称スルモノヽ如キハ余親シク其性質ノ如何ヲ知ラズト雖トモ敢テ之ヲ調査スルヲ須ヒザルベシ
六番(大倉喜八郎)二十二番説ヲ賛成シ且曰ク、材木問屋ノ貸方、魚問屋ノ貸方ノ如ク之ヲ先ニ貸附シテ運搬ノ費若クハ元仕入ノ用ニ充テ、然ル後現品ヲ売取スルニ方タリ、其元利ヲ徴スモノアリ、其景迹実ニ一様ナラザルヲ以テ各商業ヲ区分シテ以テ調査ニ従事セザレバ詳細ヲ得ベカラザルベシ(四十六番(子安峻)三十九番(青木禎吉)二十二番ヲ賛成ス)
四十一番(柴崎守三)二十二番陳説ノ如ク各商業ヲ区別シ之ニ就テ其調査ヲ為サバ却テ繁雑ニ失セン、故ニ疇昔東京府下問売徳ノ調査方ニ傚ヒ、各員ノ実際見聞スル所ニ就キ之ヲ調査シテ以テ理事本員ニ達シ、理事本員ハ更ニ之ヲ斟酌編纂シテ上申セバ自ラ詳細ニ至リ蓋シ其宜キヲ得ベシ
会頭曰、商務局ノ望マルヽ所ハ、二十二番説ノ如ク緻密ノ調査ヲ要セズ、只其大班ヲ知ラント欲スルニ止マルカ如シ下雖トモ、之ガ調査ヲ丁寧ナラシメバ益々其望ニ副フ可キヲ以テ、委員ニ於テ其概目ヲ定メ
 - 第17巻 p.142 -ページ画像 
雛形ヲ制シテ国立銀行ハ之ヲ択善会ニ托シ、自余ハ各其類ヲ推テ各議員ニ分嘱セバ大ニ調査ノ方向ヲ一致スルニ至ラン、諸君以テ如何トナス(六番(大倉喜八郎)十三番(中山譲治)之ヲ賛成ス)
廿二番(渋沢喜作)委員ニ於テ雛形ヲ制定スルハ甚ダ容易ニ非ザレバ直チニ今会ニ於テ之ヲ決定シ難カラン、依テ更ニ委員小集会ヲ開カレン事ヲ望ム
会頭曰ク、本会ニ於テハ此一議ニ止マラズ又類似ノ下問アルヲ以テ此二者ノ為メ更ニ小集会ヲ開カザルヲ得ズ、故ニ委員ノ小集会ハ彼此通用スベキモノトシテ此事件ノ如キハ別ニ不同意者ナキヲ以テ、前陳ノ如ク委旨《(員)》ニ於テ雛形ヲ制定スルニ決定スベシ


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 二(DK170017k-0003)
第17巻 p.142-148 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 二
                     (東京商工会議所所蔵)
(案)
                       書記《(梅浦)》
 理事本員
   渋沢 《(源)》
先般大蔵省商務局ヨリ府下各商貸借金利御下問之儀ニ付各委員ノ調査ニ就き別帋之通リ整頓復申仕候写右供一覧
(別紙)
先般御下命有之候当府下各商人間金銭貸借利足割合取調之義は、当場ニ於テ篤ト審議調査仕候処、元来各商中ニ於テ金融貸借之慣習ニ於テハ種々之差別モ有之候得共、其中最モ融通之景況ヲ知リ、利足ノ昂低ヲ察スルニ足ルモノハ僅ニ銀行・金貸商ノ二業ニ止リ、其他ハ只従来ノ慣習ニ因リ僅ニ同業中ニ於テ取引スルモノニシテ、其金額モ亦僅少タルニ付向後毎三ケ月間ノ分ヲ取纏メ漸次ニ申告可仕分ハ右之二業ニ就テ取調候ハヽ概況上瞭知可相成ト奉存候、将又別冊各商貸借慣習取調置ノ義ハ、先般之御達書ニハ御示命無之候得共、前陳全般融通ノ景況取調ノ為メ今回ニ限リ調査仕候ニ付併テ追呈仕候、此段奉答仕候也
                東京商法会議所会頭
  明治十二年六月三十日
                     渋沢栄一
  商務局長
    河瀬秀治殿
(別紙)
        六月廿六日閲了《(別筆)》 渋沢
 銀行 金貸商 質屋 両替屋 薬種商 米商 酒屋 生塩〆粕干鰯 干魚商 油商 生糸商 唐物商 茶商
  以上各商金銭貸借慣習取調書
                    東京商法会議所
    銀行
貸附期限ノ長短。抵当ノ有無、金額ノ多少ニ依リ異同長短アリト雖モ要スルニ其抵当ハ地金銀・公債証書・地所等ノ類ナレバ六ケ月ヲ期トシ、其他ノ抵当品又ハ無抵当ノモノニ至リテハ其期二三月ヲ以テ例ト
 - 第17巻 p.143 -ページ画像 
ス、然レトモ普通ハ皆六ケ月ヲ期トスルモノ十中ノ八九ニ居ル
貸附時節ノ繁閑。一歳中八月ヨリ十一月迄ハ生糸ノ為メ、又十一月ヨリ三月迄ハ米穀ノ為メニ貸シ出スモノ多シ、就中十二月ハ歳末則チ各商取引決算ノ秋ナルヲ以テ最モ其繁劇ヲ極メ、其年甫一・二ノ両月モ其余勢ヲ受ケ稍々繁ナリトス
貸附ノ慣習。無抵当ノ貸附金ハ其人ノ信憑ニヨルカ又ハ保証人連署ノ約定書ヲ要シ、返済ノ期ニ至リテ還償スル能ハザルトキハ先ツ負債者ノ所有物ヲ売却セシメ、尚ホ未ダ其金額ニ不足セバ乃チ保証人ニ連及シ其財産ヲ追徴スルヲ例トス、又有抵当ノ貸金ハ普通ノ証書ヲ以テ返済ノ期限ヲ定メ、而シテ其抵当物公債証書ノ如キハ之ヲ銀行ニ預ケ、地券・家作等ノ如キハ其借用証書ニ戸長ノ奥印ヲ要シ、米穀・生糸其他ノ商売品等ハ其庫入ノ現品ヲ撿査シテ封印ヲ為スヲ例トス、但シ貸附金額抵当品ノ市価ヨリ大ニ減少セシモノハ、保証人ヲ要セザル事アリ、、而シテ此類ノ貸附金万一返済ノ期ヲ失セバ即チ抵当品ヲ売却シ、尚ホ其不足ヲ生ズルトキハ、本人及ヒ保証人ヨリ弁償セシムルヲ常トシ、又此等ノ貸附ヲ為スニ当テハ其抵当物ノ撿査ヲ要シ、其レガ為メ人ヲ派出スルモ曾テ手数料等ヲ収ムル事ナシ、而シテ銀行ノ貸付金ハ抵当貸常ニ多クシテ信用貸極メテ稀レナリ、是レ蓋シ当府下ノ如キハ従来各商估トモ現金ノ取引ヲ為シ、信用ヲ頼テ融通取引ヲ為ス事少ナキガ故ナリ、又目下銀行中ニ或ハ普通貸附金ノ外ニ各商ヨリ発行スル手形ヲ割引スルモノアリ、之レヲ割引手形ト称ス、是レ其期限ノ短キ無抵当貸ト性質ヲ同フスルモノニシテ、但タ其異ナルモノハ甲某ニ貸シ渡シタル金額ヲ乙某ヨリ徴収スルノ手数アルノミ、蓋シ甲某ハ其物.品ヲ乙某ニ売渡シ、其代金ヲ手形ニテ先ツ銀行ニ割引シ、銀行ハ手形面ノ期日ニ於テ乙某ニ向テ前ノ物品代ヲ受取ルノ手続キナリ、故ニ此貸附ニ至テハ其手数ヲ見込ミ割引料トシテ利足ノ外ニ之ヲ要領ス、即チ別表銀行ノ部ニ於テ其無抵当ノ部分ニ掲記シタル利足中ニハ此割引料ヲ算入シタルモノアルナリ
    金貸商
貸附金ノ期限。金額ノ多寡又ハ抵当ノ有無又ハ抵当品ノ種類ニ因リ長短定ラズト雖トモ、通例地券・家屋ノ類ヲ抵当トシタルモノニシテ金額五百円以上一万円未満ノ貸附ハ五ケ月、百円以上五百円未満ハ三ケ月、百円未満ハ二ケ月ヲ常トス、而シテ無抵当ノ貸附ニシテ、其金額ノ小ナルモノハ最モ長キモノニシテ六ケ月、短キハ三ケ月ニ出テス、然レトモ相対ノ約束ニ依テハ三十日以内ヲ以テ期限トナスモノアリ貸附時節ノ繁閑。其貸附ノ繁劇ナルハ十・十一・十二ノ三ケ月間ニシテ、就中十二月ヲ以テ最トス、尤モ一月ハ其余勢ヲ受ケ稍々繁ナリト雖トモ、其他ノ月ニ於テハ物価非常ノ高低アルニ非サレハ其融通ハ常ニ閑ナリトス
貸附方ノ慣習。其慣習ハ種々ノ別アリト云トモ、之ヲ要スルニ地券家屋等ヲ抵当トスル者ハ外見ヲ憚リ之ヲ秘センガ為メ戸長ノ奥印ヲ取ルヲ好マス、故ニ地券ノ如キハ之ヲ抵当トスルモ貸主ハ只其地券ノミヲ預ル事多シ、又貸附方ハ通例月ノ二十日又ハ二十五日ヲ以テ返済ノ期ト為シ、若シ此期ニ至リ返済スル事能ハザレハ再ヒ手数料ト利足トヲ
 - 第17巻 p.144 -ページ画像 
収メテ更ニ証書ヲ改ムルヲ例トス、故ニ期月ニ至レハ一ケ月ニ二ケ月分ノ利足ヲ払フノ割合ナリ、俗ニ之レヲ踊利ト云フ、即チ別表ニ掲記シタル利足ノ割合ハ貸金高ノ十分ノ三ハ此例ニ拠リ、弐重ノ利足ヲ収メタル事ト見做シ之ヲ計算セシ者ナリ
又拾円以下ノ貸附金ニ至リテハ日賦ノ約ヲ以テシ、連日出張シテ其返済ヲ促スモノアリ、即チ亦別冊ニ掲記シタル金高十円ヨリ三円マテノ利足ニシテ、月九割、年百〇八割トスル者ハ則チ此類ノ貸附金ニシテ是レハ普通ノ証書ヲ取リ置キ、別ニ相対ノ約束ヲ以テ貸附ノ当日ヨリ金壱円ニ付一銭乃至三四銭ヲ日々取リ上ルモノナリ、此類ノ貸金ハ専ラ遊廓及ヒ芸者屋・引手茶屋等ニ行ハルヽモノナリ
其他ハ小額ノ貸附金ニシテ其返済期限ヲ四ケ月乃至六ケ月トシ、月賦ヲ以テ元金ヲ返入スルモノアリ、此類ハ其元金ノ減少スルニ拘ハラス元金拾円ニ付壱ケ月利足二十五銭内外ノ割合ヲ以テ取立ルモノナレハ之ヲ名ケテ棒利ト云フ、但シ此類ハ手数料ヲ収ムル事ナシ
華族官員ノ類ヘ無抵当ニテ貸与スルトキハ証書面ノ利足外ニ金高十分一内外ノ手数料ヲ収ム、但シ官員ノ貸附中ニハ其月給ヲ受取ルベキ委任状ヲ預リ置クモノアリ、此類ノ貸附金ヲ名ケテ鉄砲貸ト云フ、蓋シ此貸付タル他ニ抵当ノ憑ルヘキナクシテ只其人ヲ目的トスルニヨリ此俚言ヲ生スナラン
貸附手数料。金額ノ多寡抵当ノ有無ニ随ヒ数種アリト雖トモ要スルニ通常地券・家屋等ノ抵当アルモノニシテ、五千円以上ナレバ其一分五厘ヨリ二分五厘、弐千円以上ナレハ其二分、千円以上ナレバ其二分五厘、五百円以上ナレバ其四分、弐百円以上ナレハ其五分、百円未満ナレハ其七分乃至一割トシ、無抵当信用貸ニ至テハ自ラ相対ノ約束ニ拠テ多寡有無ノ別アリト雖トモ、要其割合ハ以上記載スルモノニ大差アル事ナシ
    質屋
質渡世八品商頭取ヨリ社中一般取究メノ利子割合ハ則チ別冊ニ掲記スルガ如クニシテ、其期限ハ六ケ月ヲ例トシ、若シ此期月ヲ過ギバ之ヲ流質トナシ、其旨ヲ店頭ヘ張出スヲ則トス、尤モ毎月三日迄ニ請出ス所ノ質物ニハ其月ノ利子ヲ収ムル事ナシ、又年中ノ利子割合ニ於テハ敢テ昂低アル事ナシ、而シテ質物ノ出入ハ六月・十月・十二月ノ三ケ月ヲ以テ最モ多シトス、今玆ニ該渡世ノ営業規則ヲ挙クル事如左
 質物台帳附込金高ニハ第二類ノ印紙ヲ貼用シ、其得意先ヘ渡シ置ク所之通帳ニハ金高百円ノ附込ニ壱銭印紙ヲ貼シ、質物預リ証小札ニハ拾円以上壱銭印紙ヲ貼用シ、又質物取高ノ税金ハ一ケ年百円ニ付二十五銭、千円以上五千円迄金三円、五千円以上壱万円迄金四円、壱万円以上二万円迄金八円ノ割合ヲ以テ上納スルヲ規トス
    両替屋
貸附慣習。当府下ニ於テ両替屋ノ営業スル者ハ大抵兼業者ニシテ、其貸附金ヲ専務トスル者ニ至テハ甚タ稀ナリ、故ニ両替営業上ヨリ之ヲ観ルトキハ貸借ナシト云フモ不可ナルコトナシ、然レトモ又玆ニ一慣習アリ、譬ヘハ甲某ガ乙ノ両替屋ニ来リテ公債証書ヲ売却セント要スルトキハ、乙ノ両替屋ハ相当ノ相場ヲ以テ其売買ヲ約シ、更ニ之ヲ丙
 - 第17巻 p.145 -ページ画像 
ノ両替屋ヘ抵当トシテ通貨ヲ借用シ、以テ甲某ヘ其代価ヲ渡シ、后直ニ其買入ヲ索メ之ヲ売却シタル上丙ノ借用金ヲ返還ス、之ヲ名ケテ入替ト云ヒ、其返済約束ハ半日、或ハ一両日間ヲ期トス、其他此類ノ貸借ヲ為スモノ尠シトセス、是レ今日一般ノ慣習ナリ
貸借時節ノ繁閑。両替屋社会ニ於テ金融ノ繁劇ナル時節ハ、地金銀・公債証書等ノ相場ノ高低スル時ヲ以テ其極トスルガ故ニ、其時節ハ予定シ難シト雖モ、普通十・十一・十二ノ三ケ月ヲ以テ一歳中ノ最モ繁劇ナル時トス
貸借手数料。両替屋中ニ俚言才取ト唱フル者アリ、是レ甲乙ノ間ニ奔走シ売買貸借ノ紹介ヲナシ、双方又ハ一方ヨリ手数料ヲ収メテ糊口スル者ナリ、而シテ其手数料ハ依頼人ト金額ノ多少ニ因リ差異アルガ故ニ予メ之ヲ定メ難シ
    薬種商
貸借期限。抵当ノ有無金額ノ多寡ヲ論ゼズ期限ハ概略三ケ月ヲ以テ例トス
貸借繁閑。融通ハ一歳中四月ヨリ九月迄ヲ繁劇ノ極トシ、年初歳末ノ如キハ却テ閑散ニ居ル
貸借慣習。仲間中ノ貸借上ニハ曾テ他ノ保証ヲ要セズ、其本人ノ印章ノミヲ以テ足ルトシ、大ニ信用貸ノ風アリ、然ルニ単純ノ信用貸ハ稀少ニシテ多クハ抵当ヲ須ツ、而シテ其物品ハ薬剤ニシテ、就中キニー子・沃度加里・水銀・サントニー子・サフラン等ヲ多シトス、但シ抵当ノ有無金額ノ多寡ニ拘ハラス渾テ手数料ヲ求メズ
    米商
貸借期限ノ長短。抵当ト為シタル米穀ハ時々相場ノ昂低ニ因テ之ヲ売却シ、其売代金ヲ以テ元金ヲ償還スルノ約束ナルガ故ニ、其貸借上ニ於テ期限ノ長短ハ曾テ無キガ如シ
貸借時節ノ繁閑。例年十月ヨリ二月迄ノ間ヲ以テ其最モ繁劇ノ時季トシ、其他ハ非常ノ変動アルニ非サレハ其融通ハ常ニ閑ナリ
貸借ノ慣習。抵当品ハ米穀ヲ以テスルモノ十中ノ八九ニ居リ、其他ノ品ハ極メテ寡シ、而シテ此米穀ノ質タル固ヨリ腐化敗爛シ易キヲ以テ其溽暑候等ニ至テハ平常一千円ヲ貸附クベキモ僅ニ七百五拾円内外ニ止ル者アリ、但シ利足ハ月々収入シ其割合ハ其候中ト雖モ騰貴セス、又手数料ハ抵当ノ米穀検査等ノ為メニ曾テ之ヲ収入セズ、尤モ予メ甲乙ノ約束ニ因リ撿査上或ハ甚シキ不都合ノ事故アリ、非常ノ手数ヲ掛ル如キハ多少之ヲ要収スルモ固ヨリ予定ノ額ナシ
    酒屋
貸借期限。抵当貸ノ期限ハ二ケ月ヨリ長ク三ケ月ヨリ短ク、信用貸ハ六ケ月以上一ケ年ヲ限トス
貸借時節ノ繁閑。其最モ繁劇ナル時節ハ一歳中十一・十二・一・二ノ四ケ月ニシテ、三・四・九・十ノ四ケ月之ニ亜キ、五・六・七・八ノ四ケ月ヲ以テ最モ融通ノ閑ナル時季トス
貸借ノ慣習。当年末ニ於テ来春一・二・三月頃ニ至リ、酒価騰貴ノ見込アルトキハ三百円ノ資本ヲ以テ千円ノ酒ヲ仕入レ、之ヲ抵当トシ、三月頃迄ノ期限ニテ金円ヲ借リ受クルヲ常トス、又問屋ヨリ造酒人ヘ
 - 第17巻 p.146 -ページ画像 
貸シ渡スモノハ造酒米買入ノ為ニシテ、之ヲ十一月頃ヨリ一月迄ニ貸与シ、五・六月ヨリ八・九月迄ヲ期シ其売掛代金ヲ以テ造酒人ヨリ之ヲ返済スルヲ例トス
貸借手数料。其貸借上ニ於テハ敢テ手数料ヲ要求スル事ナシ、偶マ其問屋ヨリ造酒元ヘ貸渡スモ畢竟他日其荷物ヲ多ク得ンガ為メニシテ、商売上ノ便益ヲ計ルニ外ナラザルナリ、而シテ同業中ノ貸借ニ於テ抵当品ヲ収ムルモ利足ノ割合ニ至テハ抵当ノ有無ニ関セス相異ナラザルモノハ抵当品ノ腐敗ニ属スルノ虞アレハナリ
    生塩・〆粕・干鰯・干魚商
貸借期限。抵当ノ有無ヲ論セス、其貸借期限ハ短キモノハ十日ニ出テス、長キモノハ六ケ月ニ至ル
貸借時節ノ繁閑。漁網ノ収獲多寡ニ因リ繁閑アリト雖モ、概スルニ其漁業時節、或ハ十・十一・十二ノ三ケ月間ハ各商一般融通ノ繁劇ナルガ故ニ、此時節ヲ以テ最モ繁多ナリトス
貸借ノ慣習。近国ノ取引ハ多ク無抵当ナレトモ遠国ヨリ廻送ノ産物ハ有抵当ヲ以テ貸付ケヲ為スヲ常トス、但シ此抵当ノ貸付方ハ遠国ヨリ産物ヲ廻送セシトキ市価ノ昂低ニ因リ荷主ノ之ヲ販売スルヲ欲セズシテ一時庫入ヲ為スニ当リ、其代価ヲ見積リ相当ノ金員ヲ貸与スルトキ歟、或ハ荷為替ニテ貸シ渡シタル産物当地ニ到着シタルトキ其市価ノ不適当ナルヨリ一時庫入トナシタル等ノ時ニ在レバ、此貸附方ハ通常ノ抵当貸ト大ニ其趣ヲ異ニシ、且ツ其貸借上ニ於テ曾テ手数料等ヲ収入スル事ナシ
    油商
貸借期限。価格ノ低落シテ荷主ノ之ヲ販売スル事能ハス、暫ク維持スルノトキニ当リ之ヲ引取リ、其代価ノ見積金ヲ貸渡シ、既ニシテ荷主ハ共相場ノ騰貴スルニ遇ヒ直チニ之ヲ売却シ其借金ヲ償却スルノ慣習ナレバ、敢テ其定期ナク又其品ヲ以テ確乎抵当トモ見認メ難シ、仮令其定期アルモ固ヨリ相場ノ昂低ニ関係スレバ其伸縮ハ常無シ、唯之ヲ平等ニ概スレハ短キハ一・二ケ月、長キハ半年乃至一ケ年以上ニ及フ事アリ
金融時節ノ繁閑。例年五・六月ノ候新菜種収獲ノ際或ハ所謂盆暮ノ二季等ニ於テハ繁劇ナリト雖モ、相場上ノ如何ニ関係スレハ其昂低スルニ随テ繁閑ヲ生スル事アリ
貸借上ノ慣習。前陳ノ如ク其荷物ノ代価ヲ見積リ半金又ハ七八分ヲ貸シ渡ス歟或ハ買取リタル荷物ヲ抵当トシテ其代金ノ半額若クハ全額ヲ借リ受クル等ノ類ハ最モ該商ニ於テ少シトセズ、此等ハ抵当ト定メ難クシテ其実ハ抵当ナリ、又ハ製造スベキ歟又ハ仕入ルベキ油ニ向テ前金払ヲ為ス事アレトモ此類ハ稀ニ見ル所ニシテ、同業中ノ売買取引ハ現金又ハ三日間迄ニ必ス其代価ヲ払フノ約束ナレハ、貸借ハ臨機相対ノ約束アツテ然ルガ故ニ金額ノ多寡ハ姑ク之ヲ定ムルニ由ナク、其利足ニ至テハ大抵皆日歩ヲ以テ之ヲ定メ、有抵当ナレハ三厘、無抵当ナレハ四厘内外ニ止リ常ニ昂低アル事ナシ、又其貸附金ニ付テハ一切手数料等ヲ要スル事ナシ、而シテ其貸附ハ無期限ノモノハ之ヲ有期限ニ比スレハ更ニ多ク、且ツ証書等ハ恒ニ収メザルモノ多シ
 - 第17巻 p.147 -ページ画像 
    生糸商
貸借期限。貸附期限ハ抵当ノ有無ニ拘ラス一ケ月間ヲ以テ通常トス
貸借時節ノ繁閑。例年一月ヨリ三月迄ハ其金融漸ク緩ニ、四月ヨリ六月迄ハ最モ閑ナリ、而シテ其最モ繁劇ナルハ七月ヨリ十二月迄ノ間ニシテ利足ノ割合モ亦随テ昂低シ、或ハ其商況ニ依リ最モ融通ノ繁多ヲ極ムルニ方ツテハ日歩銀二厘五毛乃至三厘迄ニ騰貴スル事アリ
貸借ノ慣習。東京ニ於テハ生糸商估ノ金融ハ甚タ稀ナルガ故ニ詳カニ其慣習ヲ調査スル能ハズ、因テ此ニ其期限ト金融ノ繁閑トヲ記スルノミ、又貸付手数料ニ至テハ約定利足ノ外一ツモ之ヲ収ムル者ナシ
    唐物商
従来唐物類ハ仕入元ニ於テ現金ヲ以テ買入レ、之ヲ売捌クニ当リ一切貸売ヲ為サヽルノ慣習ナリ、殊ニ唐糸金巾等ノ如キハ其取引ニ於テ一層厳重ノ約束ヲ以テシ而シテ同業中ノ売買ハ其精算ヲ壱ケ月ニ二回ト定ムト雖トモ、偶マ延期ヲ請求セラルヽ時ハ更ニ他日ヲ期スル歟、或ハ幾回ニモ之ヲ分割シテ其仕払ヲ為サシムル等ハ総テ相対上ノ約束ニ係リ敢テ証書等ヲ要スル事ナシ、故ニ其貸金ハ概スルニ無利足信用貸ニシテ、又遠隔ノ得意先ヨリ注文目録ニ為替手形又ハ其代価ヲ添ヘテ之ヲ送付スルトキ、其注文品価若シ其金員ニ踰越スルトキハ適宜ニ之ヲ減少シテ其物品ヲ送ルヲ常トス、尤モ従来相識ノ得意先ナレハ仮令ヒ其金員ノ不足スルモ其注文ニ随ヒ送付シ、而シテ着荷後其不足ヲ調達セシムル歟、又ハ爾後注文ノ際之ヲ決算スル歟ニシテ其間ハ無利足信用貸タリ、故ニ其金額ノ多少期限ノ長短等ハ予メ之ヲ定メ難シ、又其貸方ハ総テ売買上ニ属スルガ故ニ毎月金利ノ昂低其他ノ情況ニ就テ之ヲ報聞スル事ナシ
    茶商
茶商社会ハ貸借上一定ノ慣例ナシト雖モ、今其一二ノ之ニ影響スル者ヲ採録センニ、其未タ取引ヲ為サヾルノ初メ問屋ヨリ荷主ヘ前貸ヲ為ス事アリ、又其小売店ト問屋トノ取引勘定ハ六十日目ナルモ更ニ其利足ヲ収ムル事ナシ、故ニ其問屋商ニ至テハ他ヨリ利付キノ金ヲ借受ケ営業スル等ノ事アルトキハ、損益得失相償ハサルヨリ全ク自家所有ノ金員ヲ以テ之ヲ経営スルニ止マリ、偶マ臨時金員ヲ要スルニ際シテ公債証書又ハ地券等ヲ抵当トシ銀行若シクハ其他ノ金融家ニ就キ日歩二厘乃至二厘五毛ノ利子ヲ以テ之ヲ借リ受クルナリ、然レトモ此等ハ纔ニアツテ絶テ無キ者、殊ニ同業中ニ於テハ互ニ其借財ヲ秘スルノ習慣ナレバ、万一臨時ニ際シテモ決シテ之ヲ同業中ヘ依頼スル事ナシ、故ニ該商問屋ノ営業ハ資本乏シキ者ハ到底企テ及ハザル所ニシテ現今問屋ト称スルモノ僅ニ五名ニ過キス
該問屋ハ荷主ヨリ其荷物ヲ引取リ、之ヲ売捌クニ其口銭ヲ五分トス、五分ノ口銭ハ決シテ易カラズト為ス、尤モ此中ノ幾分歟ハ前ニ記載シタル前貸金ノ利子ヲ含帯スルモノトナスモ不可ナル事ナシ、而シテ従来問屋ノ前貸ヲ要シ物箇ヲ送付スルモノハ山城及ビ駿遠等ノ荷主ノミニシテ、其他府下近在及ビ狭山・下総等ノ荷主ハ直ニ小売店ヘ送付スル者アリ、或ハ宰取ナルモノアリ、直接ニ之ヲ買収シ、其見本ヲ以テ問屋小売ヲ撰マス糶売或ハ行販ヲ為シ、又一種輸出茶ノ如キハ直チニ
 - 第17巻 p.148 -ページ画像 
之ヲ横浜ニ輸送ス、是以テ問屋ノ中ニハ横浜ヘ出張店ヲ置キ或ハ支店ヲ設ケテ輸出茶ノ取扱ヲ為スモノァリ、如此形情ナルヲ以テ東京ニ於テハ茶商ノ数僅少ナレハ随テ金融ノ区域モ亦タ狭小ナリ、故ニ其貸借利足ノ割合ニ至テハ毎月調査シテ昂低ノ如何ヲ観察スルニ足ルベキモノナシ
   ○右記事ニ続イテ表(1)(第一五二―一五三頁)同(2)(第一五四頁)ヲ掲グ。


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 二(DK170017k-0004)
第17巻 p.148 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 二
                   (東京商工会議所所蔵)
(案)
会頭 渋沢                書記
先般御下問相成候府下各商金銭貸借金利割合之儀ハ前回上申ニ及置候通リ、第二回ヨリ銀行並ニ金貸商之二業ニ就キ上申可仕筈之処、金貸商金利之儀ハ格別上申ヲ要スベキ程之変状無之趣ニ付、此度ハ独リ銀行之金利而已ニ就キ前回ノ如ク抵当ノ有無並ニ抵当之種類ヲ区別シ、又金額ノ大小ニ拠リ利息高低之割合等去ル四・五・六三ケ月分別帋表面 ○第一五五頁表3参照之通リ取調候ニ付、右第二回ノ取調トシテ復申仕候也
  明治十二年八月十三日
                  東京商法会議所会頭
                      渋沢栄一
  商務局長
    河瀬秀治殿


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 二(DK170017k-0005)
第17巻 p.148 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 二
                   (東京商工会議所所蔵)
(案)           渋沢
別紙府下銀行本支店共二十一行ニ於テ取調候金銭貸借利息調第三回之分従七月至九月出来仕候ニ付即チ上呈仕候、右表面 ○第一五六頁表4参照利息割合之儀ハ各行自ラ多少之差違有之、即チ巨額之貸附ニシテ其割合却テ少額ノモノヨリ高キモノ有之、或ハ無抵当ニシテ有抵当ヨリ低キモノ有之等右ハ貸附之際金融之繁閑ト得意先ニ対スル信用ノ厚薄トニ由ルモノニシテ、敢テ如此一二異常ノ例ヲ以テ全般ノ景況ヲ観察スヘカラサルモノニ付、即チ前回ノ通リ各行ノ調査ニ就キ毎項ノ割合ヲ平均シタルモノニ有之、但シ其平均割合ハ前回ニ比スレハ差シタル相違ハ無之候得共爾来府下金融之儀ハ漸ク切迫ヲ告ケ候ニ付其割合ハ概スルニ幾分ノ高度ニ進行いたし居候、右ニ連れ金貸商之儀モ同様之景況ニ有之、乍去其利息割合ニ至テハ敢テ上申ヲ要スル程ノ変状無之趣、該調査担当人ヨリ申立有之候間此段併セテ上申仕候也
  明治十二年十一月二十五日
                  東京商法会議所会頭
                      渋沢栄一
  商務局長
    河瀬秀次殿《(河瀬秀治)》
 - 第17巻 p.149 -ページ画像 

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三(DK170017k-0006)
第17巻 p.149 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三
                   (東京商工会議所所蔵)
拝伸兼而御掛合致置候金利之儀ハ目下要用之儀有之候間十・十一・十二ノ三ケ月分御取調御送附有之度及御依頼候、毎々御手数拝謝候也
                  大蔵省商務局
  十三年二月四日
                     報告掛商務局報告掛
    東京商法会議所
         御中


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三(DK170017k-0007)
第17巻 p.149 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三
                  (東京商工会議所所蔵)
(写)
昨年 ○明治一二年十・十一・十二三ケ月分金利調目下御要用ニ付至急可差出様御申越ノ趣致承知候、右ハ昨今調査担当ノ各銀行並ニ金貸商人ノ中ニテ取調中ニ付、出来次第整理上申可仕候間、暫時御猶予相成様いたし度、此段御荅まて如此御座候也
                      東京商法会議所
  大蔵省商務局
    報告掛
          御中
   ○欄外ニ明治十三年二月五日ノ日付記載シアリ。


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三(DK170017k-0008)
第17巻 p.149 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三
                   (東京商工会議所所蔵)
(写)            渋沢
当府下貸借金利第四回ノ分(昨十二年十月ヨリ十二月迄三ケ月分)調査出来候ニ付即チ別表 ○第一五七頁表5参照上呈仕候、右ハ従前ノ如ク府下銀行本支店共二十一行ニ於テ毎月取調候各種貸附金利ニ就き平均ノ割合ヲ掲出致候モノニテ、既ニ前回ニモ上申仕候通リ爾来本地ノ金融漸次切迫ヲ告ケ、銀行並ニ他ノ金貸商共一般貸借上繁劇ヲ加候ニ付、右金利割合ノ儀ハ概シテ幾分歟騰貴ノ景況ニ有之候間、宜ク前回ノ調査書ト計較御参観相成度、此段上申仕候也
                  東京商法会議所会頭
                      渋沢栄一
  商務局長
    大蔵大書記官 河瀬秀治殿
   ○欄外ニ明治十三月二月十七日ノ日付記載シァリ。


東京商法会議所要件録 第一〇号・第一四丁 明治一三年一月一九日刊(DK170017k-0009)
第17巻 p.149-150 ページ画像

東京商法会議所要件録  第一〇号・第一四丁 明治一三年一月一九日刊
 ○参考ノ部 東京商法会議所年報
    官衙御下問ノ諸項
○上略
府下貸借金利ノ割合ニ就キ商務局ノ御下問
 - 第17巻 p.150 -ページ画像 
 商務局長ヨリ三月廿九日ヲ以テ本年一月以来毎三ケ月府下各商人間貸借利子ノ割合ニ就キ諮詢ヲ蒙ル、是ヲ以テ当会ハ五月一日ノ定式会ニ於テ之ガ調査ノ方法ヲ討議シ、遂ニ各商業ヲ区別シ其調査ノ国立銀行ニ係ルモノハ之ヲ択善会ニ委シ、自余各商業ニ関スルモノハ議員ニ於テ分担スルニ決シ、同月六日更ニ委員小集会ヲ開キ、調査ノ雛形等ヲ制定シテ以テ之ヲ各分担者ニ分付シタルニ、六月三十日ニ至リ始メテ一月ヨリ三月ニ至ル三ケ月間各商貸借金利並ニ貸附慣習等其調査成ルヲ告ク、之ヲ第一回ノ復陳トシ、爾来其調査ヲ結了シテ以テ本年ニ回陳捧呈スルモノ既ニ三回ニ及ヘリ


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三(DK170017k-0010)
第17巻 p.150 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三
                   (東京商工会議所所蔵)
(案)                      《(梅浦)》
本年 ○明治一三年一月ヨリ三月迄三ケ月分第五回貸借金利調府下銀行本支店共二十壱行並ニ金貸商ニ於而取調出来ニ付、例ニ拠リ別表 ○第一五八頁表6参照編製上申仕候、右三ケ月金利之儀ハ、前回上申ニ係ル十・十一・十二三ケ月分ノ平均割合ニ対照スレハ独リ生糸抵当貸を除く之外ハ総て皆騰貴いたし候、右ハ昨年末以来本地金融引続き切迫、今回三ケ月ノ間ハ益々貸借上繁劇を致し候ニ由る儀ニ御座候間、宜ク前回上申書ト御参観相成度、此段上申仕候也
                   東京商法会議所
                      第二副会頭
                       益田孝
  商務局副長
    大蔵少書記官 鈴木利亨殿
   ○欄外ニ明治十三年五月十七日ノ日付記載シアリ。


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三(DK170017k-0011)
第17巻 p.150-151 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三
                   (東京商工会議所所蔵)
(案)
府下金貸商金利割合本年 ○明治一三年一月ヨリ三月迄之分更ニ取調別紙差出申候間御覧被下度、右ハ昨年第一回之上申書中ニ詳細相認メ差出置候得共、尚御下命ニ依リ取調候処、大略別紙記載之振合にて過日差出候上申書中雑品抵当中ニハ右様小金ノ貸付ハ含蓄不致由、調査人ヨリ申出候間、此段併セテ申上候也
                      東京商法会議所
  商務局
    報告掛御中
   ○欄外ニ明治十三年六月三日ノ日付記載シアリ。
(別紙)
 明治十三年一月ヨリ三月迄東京市中金貸商利足割合左ノ如シ
金五円ヨリ拾円迄
 右利足割合ハ壱ケ年六割、期限一ケ月限ニテ、両人以上ノ証人相立無抵当
 - 第17巻 p.151 -ページ画像 
金拾円ヨリ三拾円迄
 右利足割合壱ケ年五割前同断
金三拾円ヨリ五拾円迄
 右利足割合壱ケ年四割前同断
金五拾円ヨリ百円迄
 右利足割合壱ケ年弐割五分、期限三ケ月限、有抵当、手数料金高ノ弐分五厘 此手数料ヲ見込 壱ケ年利足三割壱分弐厘五毛
金百円ヨリ五百円迄
 右利足割合壱ケ年弐割、期限三ケ月限、有抵当、手数料金高ノ弐歩 此手数料ヲ見込 壱ケ年利足弐割五歩
金五百円ヨリ千円迄
 右利足割合壱ケ年壱割八分、期限三ケ月限、有抵当、手数料金高ノ壱歩五厘 此手数料ヲ見込 壱ケ年利足弐割壱分七厘五毛
金千円ヨリ五千円迄
 右利足割合壱ケ年壱割五分、期限三ケ月、有抵当、手数料金高ノ壱歩 此手数料ヲ見込 壱ケ年利足壱割七分五厘
金五千円ヨリ壱万円迄
 右利足割合壱ケ年壱割弐分、期限三ケ月限、有抵当、手数料金高ノ壱歩 此手数料ヲ見込 壱ケ年利足割合壱割四分五厘
利足割合度外ノ分金壱円ヨリ五円位ヲ限リ其日稼ノ者棒手振抔ヘ一日限リニテ貸付ケ置キ、壱円ニ付一日金壱銭ツヽ取立テノ振合ニテ、壱ケ月金拾円ヲ貸出ス時ハ壱ケ月利足取上ケ高金三円ナリ、即チ壱ケ年利足割合三十六割ニ当ル
市中一般金貸商利足割合ハ一月ヨリ三月迄益必迫ノ姿ナリ但シ高利ヲ貸シ付クル者ハ金融閑ナル時節ト雖トモ別ニ利足ヲ引キ下クル事ナシ金高百円以上ノ貸金書替ヲ望ム時ハ所謂踊リ利足手数料等ヲ請クルノ振合ナリ
貸付金ノ期限ハ貸借双方ニテ其約束ニ依リ長短アレトモ通例三ケ月限トス、然レトモ三十円以下ノ貸付金ハ何レモ期限ハ壱ケ月限リニテ此金高以下ノ小金ヲ貸付クルモノハ其書替ノ節ニ当リ踊リ利足ヲ要スレトモ手数料ヲ受クル事ナシ


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三(DK170017k-0012)
第17巻 p.151-160 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三
                   (東京商工会議所所蔵)
(案)           渋沢
本年 ○明治一三年四月ヨリ六月迄三ケ月分第六回貸借金利調出来候ニ就キ例ニ拠リ別表 ○第一五九頁表7参照編製上申仕候、右三ケ月間金利割合ハ抵当ノ種類並ニ貸付金額ノ大小ニ依リ多少ノ昂低有之候得共、総体ノ上ニ於而ハ前回ニ比スレハ三分以上ノ騰貴ニ有之候、例年夏季ニ至レハ金融漸次相弛ミ、随而利息モ低落可致ニ本年ハ之ニ反シ右ノ如ク都鄙一般金融必迫ヲ告ケ候ハ蓋シ紙幣ト物品ノ釣合近時漸ク其度ヲ失ヒ候ニ由ル儀ト奉存候、右利息割合ハ例ノ通リ府下銀行本支店共二十壱行ノ調査にして金貸商ノ取調ハ前回詳細上申仕置候通リ爾来異常変動無之候ニ付別ニ相副ひ不申候得共、要スルニ其割合モ同様上進ノ景況ニ御座候
 - 第17巻 p.152 -ページ画像 
  ○表1    当府下各商 金銭貸借利足割合表      東京商法会議所


図表を画像で表示当府下各商 金銭貸借利足割合表

  以下p.152 ページ画像   以下p.153 ページ画像       金額                   一月                             二月                        三月                摘要                無抵当         抵当種類            無抵当         抵当種類              無抵当          抵当種類          貸金高一ケ月金壱万円ト積リ此利足木綿類抵当ニテ百拾五円絹類ニテ六拾円雑品ニテ廿五円合計一ケ月上リ高金弐百円即チ                     木綿類      絹物類    雑品                                                              年弐割四歩ニ当ル而シテ該渡世利足ノ割合ハ表面ノ如く之ヲ収ムルが故ニ毎月昂抵ナキモノトス 質屋   拾銭ニ付           月 三厘                                                                            二月三月ノ桁面ニ塡記セザルモノ其割合一月ト同シキヲ以テナリ      廿五銭ニ付          〃 七厘      壱円ニ付           〃 壱銭八厘           月 二銭ヨリ四銭マテ      五円以上壱円ニ付       〃一銭六リ五毛            五円以上廿円迄                 月一銭六リ五毛      廿円以上百円迄                 〃  一銭五厘 両換屋                   公債証書   地所家屋   古金銀            公債証書   地所家屋   古金銀            公債証書   地所家屋   古金銀   (,)ノ以上ハ一割以上其以下ハ一割以下ノ割合ヲ示スモノナリ以下皆之ニ傚フ      千円以下      一,二〇〇  一,二〇〇  一,二九〇  一,二二七  一,二〇〇   一,一〇三  一,一〇〇  一,〇二七   一,二〇〇  一,一七〇  一,〇六五  一,〇八七      千円以上壱万円迄  一,二〇〇  一,一七〇  一,一〇〇  一,〇六六  一,二〇〇   一,一〇三  一,一〇〇  一,〇〇〇   一,二〇〇  一,〇八七  一,一〇〇  九七三      壱万円以上十万円迄 一,二〇〇    九八〇    九五〇    九〇〇  一,二〇〇     九八〇    九五〇    九〇〇   一,二〇〇    九一〇     九五  八三〇 薬種屋                   薬種                                                                            薬品ノ抵当ハ水銀サントニ―子、キニ―子、サフラン沃度加里等ヲ以テスルモノ最モ多シトス      百円以上千円迄   一,二五〇  一,二五〇      千円以上五千円迄  一,〇〇〇  一,〇〇〇 米商                    米穀     株 券                                                                    米商ノ貸借ハ日歩ヲ以テ利足ヲ算シ月々之ヲ取リ立ツルヲ規トス      千円以上      日歩 五銭  日歩三銭三リ 日歩 五銭                       三毛乃至四銭                       一リ七 酒屋                    酒                            酒                            酒                   抵当無抵当共利足ノ割合同シキモノハ抵当品ノ間々腐敗ニ属スルノ患アレハナリ      五百円以下     二,〇〇〇  二,〇〇〇                 一,七五〇  一,七五〇                 一,五〇〇  一,五〇〇      五百円以上三千円迄 二,〇〇〇  二,〇〇〇               一,七五〇  一,七五〇 生、塩、干魚商                                                                                             鰹節、塩鮭、鮪透身等ヲ以テ抵当トスルモ其貸借金利ハ無抵当ノ金利ニ異ナラス      千円以下      一,三五〇                        一,三五〇                        一,三五〇      千円以上      一,三五〇                        一,三五〇                        一,三五〇 〆粕干鰯商                 〆粕     干鰯     魚油      百円以下      一,八〇〇      千円以下      一,五〇〇  一,五〇〇  一,五〇〇  一,五〇〇      千円以上      一,三五〇  一,三五〇  一,三五〇  一,三五〇 油屋                    水油     粕類     石油                                                            本業ハ現金ノ取引ヲ主トシ貸借ハ甚タ稀ナルガ故ニ金額ノ多寡ハ之ヲ定メ難シ而シテ若シ同業中ニテ融通スルトキハ通常日歩ニテ有抵当三厘無抵当ヲ四厘トス      金額ノ多少ニ拘ラス 二,〇〇〇  一,五〇〇  一,五〇〇  一,五〇〇 生糸商                 生糸      千円以上五千円迄         日歩 銀弐厘      五千円以上            〃 銀一厘八毛 金貸商                   地券     土蔵家屋   雑品             地券     土蔵家屋   雑品             地券     土蔵家屋   雑品    表面ノ割合ハ都テ年利ニシテ十円以下三円迄ノ無抵当桁面利足ノ割合ニ一〇八、〇〇〇ト記スルモノハ年百〇八割ヲ示スモノ其他無抵当並ニ                                                                                                    有抵当貸金ニシテ二割以上ノ利足ハ別冊貸附慣習調査書ニ記載スルガ如キモノアルニ由ル      五千円以下三千円迄        一,五六〇                        一,五六〇                        一,五六〇      三千円以下二千円迄        一,七〇〇                        一,七〇〇                        一,七〇〇      二千円以下千円迄         一,八〇〇                        一,八〇〇                        一,八〇〇      九百円以下七百円迄               二,一〇〇                        二,一〇〇                        二,一〇〇      七百円以下三百円迄               二,八八〇                        二,八八〇                        二,八八〇      三百円以下百円迄                三,八〇〇                        三,八〇〇                        三,八八〇      九十円以下五十円迄                      五,一三〇                        五,一三〇                         五,一三〇      五十円以下三十円迄                      五,五三〇                        五,五三〇                         五,五三〇      十円以下三円迄   一〇八,〇〇〇                      一〇八,〇〇〇                      一〇八,〇〇〇      五十円以下       九,〇〇〇                        九,〇〇〇                        九,〇〇〇      五十円以上二百円迄   七,六〇〇                        八,四〇〇      百円以上三百円迄    六,二八三                        七,八〇〇                        六,六〇〇 


 - 第17巻 p.154 -ページ画像 
  ○表2        当府下各銀行金銭貸借利足割合表

図表を画像で表示当府下各銀行金銭貸借利足割合表

 金額                                  一月                                                  摘要            無抵当                             抵当ノ種類                  公債証書  地所家作  地金銀  生糸    米穀    絹布   呉服太物  石油     魚〆粕    材木   砂糖     雑品   (,)以上ハ一割以上其以下ハ一割以下ノ割合ヲ示スモノニシテ厘以下ノ奇零ハ之ヲ加ヘス表面利足ノ割合ハ府下各銀行ノ調査ニ就キ之ヲ平均シタルモノナリ                  株  券 千円以下       一,二九  一,二四  一,二四       一,二〇  一,二三       一,二〇  一,三二                     一,二六 千円以上五千円迄   一,一七  一,一七  一,二〇       一,二〇  一,二〇             一,二一               一,二〇  一,二四 五千円以上一万円迄  一,一〇  一,〇五  一,一七       一,一七  一,〇三                                一,二〇  一,一四 一万円以上五万円迄  一,〇五    九六  一,〇〇       一,一〇  一,〇〇                                      一,〇九 五万円以上拾万円迄        一,〇〇               九五    九五                                    二月 千円以下       一,二七  一,二四  一,二〇  一,一〇       一,二五       一,二〇   一,三二                    一,二六 千円以上五千円迄   一,一七  一,一八  一,二〇       一,二〇  一,二〇              一,二〇              一,二〇  一,一三 五千円以上一万円迄  一,〇〇  一,〇六  一,一五       一,二〇  一,〇六                                一,二〇  一,一〇 一万円以上五万円迄  一,一五  一,〇三  一,〇〇       一,一〇  一,〇三                                      一,二二 五万円以上拾万円迄  一,〇〇  一,〇〇               九五    九五                                    三月 千円以下       一,二六  一,二六  一,三七             一,二五  一,二〇        一,三二  一,二〇              一,二六 千円以上五千円迄   一,一七  一,一七  一,二〇  一,〇〇 一,二〇  一,二〇              一,二〇        一,二〇  一,二〇  一,一八 五千円以上一万円迄  一,〇〇  一,〇六  一,一五       一,一五  一,〇四                    一,〇〇        一,二〇  一,二三 一万円以上五万円迄  一,二〇  一,〇三  一,〇五       一,〇〇  一,〇〇                                      一,一〇 五万円以上拾万円迄  一,〇〇  一,〇〇               九五    九五 



 - 第17巻 p.155 -ページ画像 
○表3        当府下各銀行金銭貸借利足割合表

図表を画像で表示当府下各銀行金銭貸借利足割合表

 金額        四月           無抵当   抵当之種類                 公債証書株券  地所    地金銀   米穀    生糸    絹織物         砂糖    石油    唐糸及天蚕  材木    魚〆粕   雑品 五百円以下     一,三五  一,二六    一,三五                                                               一,二九 五百円以上千円迄  一,四九  一,二一    一,二三  一,〇〇  一,二四  一,二〇  〇一,三        一,二〇                           一,二五 千円以上五千円迄  一,一八  一,一六    一,二〇        一,二〇  一,二〇  〇一、二[〇一,二]  一,二〇  一,三二         一、二〇        一,二二 五千円以上壱万円迄 一,一五  一,〇六    一,二〇        一,〇〇  一,〇〇                                             一,一四 壱万円以上五万円迄       一,〇二    一,〇〇        一,〇〇  一,〇〇                                             一,〇五 五万円以上十万円迄   九〇                        九五    九五           五月 五百円以下     一,二〇  一,三〇    一,三七                                                               一,四五 五百円以上千円迄  一,三三  一,二七    一,二二        一,二二  一,二〇  一,四〇        一,二〇        一,五〇               一,三五 千円以上五千円迄  一,一四  一,一七    一,二〇        一,二〇  一,二〇  一,二〇        一,二〇  一,三二  一,二〇         一,一〇  一,二一 五千円以上壱万円迄       一,一二    一,二〇        一,一〇  一,二〇                                             一,一三 壱万円以上五万円迄 一,〇〇  一,〇五    一,〇五        一,〇〇  一,〇〇                                             一,〇五 五万円以上十万円迄 一,〇〇                      一,〇〇  一,〇〇           六月 五百円以下     一,一六  一,二六    一,三五                                                               一,三八 五百円以上千円迄  一,二七  一,二三    一,二八        一,二四                    一,二〇                           一,二九 千円以上五千円迄  一,三〇  一,一七    一,二〇        一,二三  一,二〇              一,二〇  一,三二  一,二〇   一,二〇        一,一七 五千円以上壱万円迄 一,二〇  一,一四    一,二〇        一,一〇  一,二〇                                       一,一〇  一,二三 壱万円以上五万円迄 一,〇〇  一,〇一    一,〇五        一,〇〇  一,〇〇                                             一,〇八 五万円以上十万円迄   九〇                        九五    九五 摘要 表中利足ノ割合ヲ記載セザル所ハ該月ニ於テ其区別ノ金額ニ適スベキ貸附ナキガ故ナリ 表面利息ノ割合ハ府下各銀行ノ調査ニ就キ之ヲ平均シタルモノナリ (,)以上ノ数字ハ壱割以上其以下ハ一割以下ノ割合ヲ示スモノニシテ厘以下ノ奇零ハ之ヲ省ク  


 - 第17巻 p.156 -ページ画像 
○表4          府下各銀行金銭貸借利息割合表 渋沢

図表を画像で表示府下各銀行金銭貸借利息割合表

                                                 七月            無抵当   公債証書  株券    地所家作  地金銀   米穀    生糸    絹物織   砂糖    石油    材木    魚〆糟   雑品     摘要 五百円以下      一,三五  一,三六  一,四〇  一,四二              一,二〇                                一,二九   (,)以上ノ数字ハ壱割以上其以下ハ壱割以下ノ割合ヲ示スモノニシテ厘以下ノ奇零ハ之ヲ省ク 五百円以上千円迄   一,三七  一,二二  一,一〇  一,二五  一,三五  一,三三  一,七四  一,五〇  一,二〇  一,五〇        一,二〇  一,三三   表面利息ノ割合ハ府下各銀行ノ調査ニ就キ之ヲ平均シタルモノナリ 千円以上五千円迄   一,一四  一,二三  一,二〇  一,三〇        一,二四  一,二七  一,三〇  一,二〇  一,二〇              一,二一   表中利息ノ割合ヲ記載セザル所ハ該月ニ於テ其区別ノ金額ニ適スベキ貸附ナキガ故ナリ 五千円以上壱万円迄  一,〇〇  一,一三  一,二〇  一,一〇        一,〇五  一,二〇  一,二〇  一,二〇        一,二〇  一,二〇 壱万円以上五万円迄  一,〇〇  一,〇六        一,〇五        一,〇〇                                      一,〇五 五万円以上拾万円迄        一,〇〇 拾万円以上                                          一,〇〇   各金額利息平均  一,一九  一,一七  一,二三  一,二二  一,三五  一,一六  一,二八  一,三三  一,二〇  一,三五  一,二〇  一,二〇  一,二二                                                 八月 五百円以下      一,三二  一,三〇  一,二五  一,四一                                                  一,三八 五百円以上千円迄   一,三九  一,二八  一,二〇  一,二四        一,三七  一,四二  一,六〇  一,二〇  一,五〇              一,三一 千円以上五千円迄   一,一八  一,二〇  一,二〇  一,二八        一,一五        一,三〇  一,二〇  一,二〇        一,二〇  一,二〇 五千円以上壱万円迄  一,二〇  一,一二  一,二〇  一,〇八        一,〇五  一,二〇        一,二〇                    一,一九 壱万円以上五万円迄  一,二〇   ,九九        一,一五        一,一〇                                      一,〇五 五万円以上拾万円迄 拾万円以上                                          一,〇〇   各金額利息平均  一,二六  一,一八  一,二一  一,二三        一,一七  一,二一  一,四五  一,二〇  一,三五        一,二〇  一,二三                                                 九月 五百円以下      一,九五  一,三一  一,二二  一,四八                                                  一,四一 五百円以上千円迄   一,三七  一,二九  一,一八  一,二四  一,三五  一,三七  一,四三  一,四〇  一,二〇                    一,三四 千円以上五千円迄   一,四六  一,二一  一,二〇  一,一七  一,二〇  一,一五  一,二〇  一,三〇  一,二〇        一,二〇        一,二七 五千円以上壱万円迄  一,〇〇  一,一三  一,二〇  一,二〇        一,一〇  一,二〇        一,二〇              一,二〇  一,二〇 壱万円以上五万円迄  一,一〇   ,九九        一,〇五        一,〇〇  一,〇〇                                一,〇八 五万円以上拾万円迄        一,〇〇 拾万円以上   各金額利息平均  一,三八  一,一六  一,二〇  一,二三  一,二八  一,一六  一,二一  一,三五  一,二〇        一,二〇  一,二〇  一,二六 


 - 第17巻 p.157 -ページ画像 
○表5          府下各銀行金銭貸借利息割合表

図表を画像で表示府下各銀行金銭貸借利息割合表

                                     十月                                                 摘要            無抵当   公債証書  株券    地所家作  地金銀   米穀    生糸    織物    砂糖    石油   材木  魚〆糟   雑品     (,)以上ノ数字ハ壱割以上其以下ハ壱割以下ノ割合ヲ示スモノニシテ厘以下ノ奇零ハ四捨五入之法ヲ以之ヲ算ス 五百円以下      一,三五  一,四二  一,三九  一,五〇              一,四一        一,二〇                一,三四    表面利息ノ割合ハ府下各銀行之調査ニ就キ之ヲ平均シタルモノナリ 五百円以上千円迄   一,二五  一,三〇  一,一九  一,二三  一,五〇  一,三五  一,五一  一,三〇  一,二〇                一,四〇    表中利息ノ割合ヲ記載セサル所ハ該月ニ於テ其区別ノ金額ニ適スベキ貸附ナキカ故ナリ 千円以上五千円迄   一,二五  一,二二  一,一八  一,二〇        一,二八  一,三五  一,二〇  一,二〇          一,二〇  一,二四 五千円以上壱万円迄  一,一六  一,一四        一,一三        一,一三        一,二〇  一,二〇                一,二〇 壱万円以上五万円迄  一,二〇  一,〇〇        一,一〇        一,一五                                  一,一五 五万円以上拾万円迄        一,〇五 拾万円以上   各金額利息平均  一,二四  一,一九  一,二五  一,二三  一,五〇  一,二三  一,四二  一,二三  一,二〇          一,二〇  一,二七                                     十一月 五百円以下      一,二〇  一,三五  一,三四  一,三五              一,五一        一,二〇  一,五〇          一,二八 五百円以上千円迄   一,三八  一,二四  一,三七  一,二九        一,三六  一,五一  一,三〇  一,二〇  一,五〇          一,四三 千円以上五千円迄   一,二一  一,一九  一,二〇  一,二一        一,二三  一,二五  一,二〇  一,二〇  一,二〇          一,二三 五千円以上壱万円迄  一,一〇  一,一三  一,二〇  一,一〇        一,一三              一,二〇                一,二〇 壱万円以上五万円迄  一,二〇  一,〇二  一,二〇  一,〇五        一,〇六                                  一,一〇 五万円以上拾万円迄        一,一〇 拾万円以上   各金額利息平均  一,二二  一,一七  一,二六  一,二〇        一,二〇  一,四〇  一,二五  一,二〇  一,四〇          一,二五                                     十二月 五百円以下      一,六七  一,三七  一,四三  一,三五              一,四三        一,二〇                一,四二 五百円以上千円迄   一,三三  一,三〇  一,二〇  一,二八  一,五〇  一,四三  一,五四  一,二八  一,二〇                一,四一 千円以上五千円迄   一,二三  一,一九  一,二〇  一,二〇        一,二六  一,二〇  一,二五  一,二〇                一,二二 五千円以上壱万円迄  一,一五  一,一八        一,一五        一,一三  一,二〇        一,二〇       一,二〇   一,二〇 壱万円以上五万円迄  一,一〇  一,〇二        一,一八        一,一五                         一,二〇   一,一八 五万円以上拾万円迄        一,一五 拾万円以上                      一,〇〇        一,〇〇   各金額利息平均  一,三〇  一,二〇  一,二八  一,一九  一,五〇  一,一九  一,三四  一,二七  一,二〇       一,二〇     一,二九 



 - 第17巻 p.158 -ページ画像 
  ○表6   明治十三年一月二月三月府下各銀行金銭貸借利息割合表

図表を画像で表示明治十三年一月二月三月府下各銀行金銭貸借利息割合表

 金額                                    一月                                                 摘要            無抵当   公債証書  株券    地所家作  地金銀   米穀    生糸天蚕  絹織物   材木    砂糖    魚〆糟   石油   雑品     (,)以上ノ数字ハ一割以上其以下ハ一割以下ノ割合ヲ示スモノニシテ厘以下ノ数ハ四捨五入ノ法ヲ以テ之ヲ算ス 五百円以下      一,三〇  一,三七  一,四〇  一,三一        一,四七                                     一,四六   表面利息ノ割合ハ府下各銀行ノ調査ニ就キ之ヲ平均シタルモノナリ 五百円以上千円迄   一,三七  一,三五  一,三〇  一,二九  一,五〇  一,四七  一,五六  一,四〇        一,二〇             一,四一   表中利息ノ割合ヲ記載セサル所ハ該月ニ於テ其区別ノ金額ニ適スベキ貸附ナキカ故ナリ 千円以上五千円迄   一,二一  一,一九  一,二〇  一,二〇        一,三〇  一,三〇  一,三五  一,二〇  一,二〇  一,二〇       一,二七 五千円以上一万円迄  一,一八  一,一六  一,二〇  一,一八        一,一二  一,一〇  一,三五        一,二〇             一,一八 一万円以上五万円迄        一,一二        一,一〇        一,二〇                                     一,二〇 五万円以上十万円迄        一,〇〇 拾万円以上   各金額利息平均  一,二七  一,二〇  一,二八  一,二二  一,五〇  一,三一  一,三二  一,三七  一,二〇  一,二〇  一,二〇       一,三〇                                       二月 五百円以下      一,四〇  一,三六  一,四〇  一,三一        一,四九                                     一,四二 五百円以上千円迄   一,三四  一,三四  一,三五  一,二九  一,五〇  一,四九  一,六八  一,五〇        一,二〇             一,三七 千円以上五千円迄   一,一七  一,二〇  一,二〇  一,二〇        一,二四  一,一七  一,三〇  一,二〇  一,二〇  一,二〇       一,二五 五千円以上一万円迄  一,二〇  一,一九  一,二〇  一,二〇        一,一三  一,一〇  一,五〇        一,二〇             一,一八 一万円以上五万円迄        一,〇五        一,一三        一,〇〇                          一,二〇       一,〇七 五万円以上十万円迄        一,〇九 拾万円以上   各金額利息平均  一,二八  一,一一  一,二九  一,二三  一,五〇  一,二七  一,三二  一,四三  一,二〇  一,二〇  一,二〇       一,二六                                       三月 五百円以下      一,四五  一,三六  一,四八  一,三一        一,四三                                     一,四三 五百円以上千円迄   一,三八  一,三〇  一,二九  一,三五  一,五〇  一,四三  一,八三  一,五〇        一,二〇             一,四一 千円以上五千円迄   一,三一  一,一九  一,二〇  一,二〇        一,三二  一,三〇  一,四〇  一,二〇  一,二〇  一,二〇       一,二四 五千円以上一万円迄  一,三二  一,一七  一,二〇  一,二〇        一,二〇  一,二〇              一,二〇             一,一七 一万円以上五万円迄  一,二八  一,一二        一,一五                                                 一,六六 五万円以上十万円迄        一,〇五 十万円以上   各金額利息平均  一,三五  一,二〇  一,二九  一,二四  一,五〇  一,三五  一,四四  一,四五  一,二〇  一,二〇  一,二〇       一,三八  前回三ケ月平均   一,二五 一,一九  一,二六  一,二一   =    一,二一  一,三九  一,二五  =   =   =         一,二七  ○右三行欄外加筆 今回三ケ月平均   一,三〇 一,二〇  一,二九  一,二三   =    一,三一  一,三六  一,四二  =   =   =         一,三一 比較昂低     昂〇,〇五昂〇,〇一 昂〇,〇三 昂〇,〇二       昂〇,一〇 低〇,〇三 昂〇,一七                   昂〇,〇四 



 - 第17巻 p.159 -ページ画像 
○表7     明治十三年四月五月六月府下各銀行金銭貸借利息割合表

図表を画像で表示明治十三年四月五月六月府下各銀行金銭貸借利息割合表

 金額                                           四月                                           摘要            無抵当   公債証書  株券    地所家作  地金銀   米穀    生糸蚕   絹織物   材木    砂糖    魚〆糟   石油   雑品     (,)以上ノ数字ハ一割以上其以下ハ一割以下ノ割合ヲ示スモノニシテ厘以下ノ数ハ四捨五入ノ法ヲ以テ之ヲ算ズ 五百円以下      一,四四  一,四〇  一,六〇  一,三一        一,四二  二,一〇              一,二〇             一,三八   表中利息ノ割合ハ府下各銀行ノ調査ニ就キ之ヲ平均シタルモノナリ 五百円以上千円迄   一,四一  一,三〇  一,一三  一,二九        一,四九  二,一〇  一,四〇        一,二〇  一,五〇       一,三七   表中利息ノ割合ヲ記載セザル所ハ該月ニ於テ其区別ノ金額ニ適スベキ貸附ナキカ故ナリ 千円以上五千円迄   一,二九  一,一九  一,二〇  一,二〇        一,二〇  一,二五  一,三五        一,二〇  一,二〇       一,二五 五千円以上一万円迄  一,〇八  一,一六        一,一九        一,二〇                    一,二〇             一,二〇 一万円以上五万円迄        一,一〇        一,一五        一,二〇                                     一,一三 五万円以上十万円迄        一,〇二 拾万円以上  各金額利息平均   一,三一  一,二〇  一,三一  一,二三        一,三〇  一,八三  一,三八        一,二〇  一,三五       一,二七                                              五月 五百円以下      一,五六  一,三七  一,四二  一,二五  一,二〇  一,四三  一,五七              一,二〇             一,四〇 五百円以上千円迄   一,五〇  一,三四  一,三五  一,二五  一,五〇  一,四三  一,五七  一,五〇        一,二〇  一,五〇       一,三九 千円以上五千円迄   一,二五  一,二〇  一,二〇  一,一九        一,二五  一,二七  一,四五  一,二〇  一,二〇  一,二〇       一,二四 五千円以上一万円迄  一,二〇  一,一五        一,二〇        一,二〇  一,二〇              一,二〇             一,二〇 一万円以上五万円迄  一,二四  一,一三        一,一五        一,二〇                                     一,一五 五万円以上十万円迄        一,〇五 十万円以上  各金額利息平均   一,三五  一,二一  一,三三  一,二一  一,三五  一,三〇  一,四〇  一,四八  一,二〇  一,二〇  一,三五       一,二八                                              六月 五百円以下      一,三七  一,三七  一,四八  一,三六        一,四一  一,五四              一,二〇             一,四一                                                                                    一三九 五百円以上千円迄   一,四五  一,三五  一,五〇  一,三〇  一,五〇  一,四一  一,五四  一,五〇        一,二〇             一,四二                                                                                    一四二 千円以上五千円迄   一,二二  一,二〇  一,二〇  一,二〇        一,二〇  一,二二  一,四五  一, 二〇  一,二〇             一,二二                                                                                    一二三 五千円以上一万円迄  一,〇〇  一,一八        一,二〇        一,二〇  一,二〇               一,二〇            一,二〇                                                                                    一一七 一万円以上五万円迄  一,二八  一,一三        一,一五        一,二〇                                     一,一三                                                                                    一一八 五万円以上十万円迄        一,一〇 十万円以上  各金額利息平均   一,二六  一,二二  一,三九  一,二四  一,五〇  一,二八  一,三八  一,四八  一,二〇  一,二〇             一,二八  前回三ケ月平均   一,三〇   一,二〇   一,二九   一,二三   一,五〇   一,三一   一,三六   一,四二   一,二〇   一,二〇   一,二〇   一,三一  ○太字ハ朱書 今回三ケ月平均   一,三一   一,二一   一,三四   一,二三   一,四三   一,二九   一,五四   一,四五   一,二〇   一,二〇   一,三五   一,二八 比較昂低     昂 ,〇一  昂 ,〇一  昂 ,〇五   =     低 ,〇七  低 ,〇二  昂 ,一八  昂 ,〇三   =       =    昂 ,一五  低 ,〇三 



 - 第17巻 p.160 -ページ画像 
此段併セテ上申仕候也
                 東京商法会議所会頭
                     渋沢栄一
  商務局副長 大蔵少書記官 鈴木利亨殿
追而
 金利調ノ儀ハ兼而申上置候通リ、来七月分ヨリ本会商況報告ニ編入上申可仕候間、此段重而申上置候也
   ○欄外ニ明治十三年七月二十四日ノ日付記載シアリ。