デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.2.19

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
1款 東京商法会議所
■綱文

第17巻 p.592-634(DK170049k) ページ画像

明治14年6月17日(1881年)

是ヨリ先当会議所、島村勧業会社ノ建案ニ係ル商標条例ノ儀ヲ審議シ、栄一、福地源一郎・益田孝等ト共ニ不認許制ヲ主張セシガ、認許制ノ主張過半数ヲ以テ可決セラル。仍テ是日栄一会議所会頭トシテ商標条例草案及認許願手続規則案ヲ農商務卿河野敏鎌ニ提出シ、併テ認許商標ノ制ヲ実施センコトヲ建議ス。


■資料

渋沢栄一書翰 梅浦精一宛 (明治一四年)二月三日(DK170049k-0001)
第17巻 p.592 ページ画像

渋沢栄一書翰  梅浦精一宛 (明治一四年)二月三日    (土肥脩策氏所蔵)
拝啓然者 ○中略 且商標之事ハ福池 ○福地源一郎ヘ御談し被下、印刷被成候哉
○中略
  二月三日                        渋沢栄一
    梅浦精一様


東京商法会議所要件録 第二二号・第三三頁 明治一四年二月一八日刊(DK170049k-0002)
第17巻 p.592-593 ページ画像

東京商法会議所要件録  第二二号・第三三頁 明治一四年二月一八日刊
  第十九定式会議 明治十四年二月九日午後第七時開場
    議員出席スル者 ○二十七名
○上略 時ニ渋沢君ハ大倉君ニ代テ会頭席ニ復シ更ニ各員ニ向テ曰ク、今
 - 第17巻 p.593 -ページ画像 
夕議決シタル件々ノ外猶嶋村会社ヨリ本会ヘ建議シタル商票ノ議案アリト雖トモ已ニ深更ニ及ビタルヲ以テ、本件ハ来廿日午後第一時ヨリ春季ノ定式会ヲ開キテ之ヲ審議シ、併テ議員諸君ガ予諾セラレタル新議員モ同日紹介セラルヽ事トバ如何ト《(セ脱カ)》、各員皆之ヲ諾シテ退散ス、時ニ午後十一時三十分ナリ


東京商法会議所要件録 第二三号・第七―五二頁 明治一四年三月六日刊(DK170049k-0003)
第17巻 p.593-603 ページ画像

東京商法会議所要件録  第二三号・第七―五二頁 明治一四年三月六日刊
  第二十定式会 明治十四年二月二十日午後第二時開場
    議員出席スル者 ○二十三名
○上略
以上定式事務ノ報道終リタル時会頭 ○渋沢栄一ハ前会ニ於テ議決スルガ如ク兼テ嶋村組ヨリ本会ヘ建議シタル商票之件ヲ議スベキ旨ヲ述ベ、先ツ書記ヲシテ議案ヲ朗読セシメ(参考部ニ附ス)猶参考之為メ本会ガ嘗テ商票条例制定之議ニ付政府ノ下問ニ答申シタル回陳案ヲ提出シテ曰ク、明治十一年中勧商局ヨリ商票条例制定ノ義ニ就キ本会ノ意見ヲ諮詢セラレタルニ、当時数回討論之末終ニ同局ヨリ下附セラレタル条例原案ハ其精神一モ間然スル所ナシト雖トモ、其方法ニ至リテハ大ニ繁蕪ニ失スル所アルガ故ニ之ヲ施行スルニ至テハ商賈ノ不便モ不少、且ツ該条例原案ニ拠レバ商票ニ専用転用等ノ区別アリ、一々官許ヲ経ザレハ其専用ノ権ナキ制ナレバ、従来商家ニ於テ其商品ニ使用セル固有ノ目標即チ商票ヲ破却シ我国古来ノ良習ヲ湮滅スルノ恐アリ、故ニ先ッ認許商票ノ如キハ暫ラク之ヲ他年ニ譲リ、只各商賈ヲシテ商票ノ有要ナル所以ヲ知ラシムルニ足ルベキ簡単ノ方法ヲ設ケラルヽニ止リタシト云フノ意ヲ以テ同局ニ回陳シタルナリ、諸君今本議ヲ討論スルニ当リ予メ此事ヲ記セラレタシト
福地曰ク、今商票ヲ偽造セラレタル者即チ島村組ノ如キ被害者ヨリ其贋造ヲ告発スルニ於テハ其処分果シテ如何、彼ノ出板文書ノ如キハ法律上其偽造者ヲ罰スルノ明文アリ、然ルニ商票ニ至テハ余未ダ其法律アルヲ見ズ、曩キニ本会ガ商票条例頒布ノ可否ヲ討論スルニ方リ余ハ主トシテ夫レ之ヲ論ゼリ、現行ノ法律ヲ以テセハ其裁判法果シテ如何
益田 ○益田克徳曰ク、現行ノ法律ヲ以テセバ別ニ商票ヲ保護スルノ条款ナシト雖トモ人ノ文書ヲ偽造スルガ如キハ之ヲ罰スルノ明文アリ、由是観之某商ガ其商品ニ符記スル姓名等ヲ偽造スルニ至テハ被害者ハ因テ受被スル損害ノ補償ヲ要求スルノ権理アルハ論ヲ待タザルベシ蓋シ此事タル民事ト刑事トニ関スルカ故ニ其手数モ亦頗ル繁ナリ、之ニ依リテ尋常被害商家ニシテ能ク法理ヲ詳解スル者ニ非ルヨリハ之ヲ告発シテ損害ヲ要求スル者少シトス、是故ニ余カ考案ニ拠レバ条例ヲ制定シテ以テ尋常商家ヲシテ容易ニ其正理ノ帰スル所ヲ知ラシムルヲ最モヨシトス
中沢曰ク、蚕卵紙ノ中書印章等ハ其原紙ニ表記スル者ノ如シ、而シテ其之ヲ表記スルノ法如何
会頭曰ク、薬卵紙《(蚕)》ノ内面ニ国語ヲ以大字ニ何々ト記ス、之ヲ称シテ中書《ウチガキ》ト云フ、又外面ニハ其商社ノ印章又ハ符号ヲ記ス、是レ目今蚕卵紙
 - 第17巻 p.594 -ページ画像 
ノ体裁ナリ、而シテ此二者ハ是レ共ニ所謂商票ナル者ニシテ猶正宗ノ酒ニ於ケルガ如クノ醤油ニ於ケルガ如シ、然レトモ現行ノ法律ニ拠レバ姓名ヲ偽書スルヲ罰スルノ明文アリテ未ダ符号ヲ偽造スルノ禁アルヲ聞カズ、夫レ姓名ヲ偽ルト符号ヲ偽ルトハ其被害者ガ受被スル損害ノ分量ニ至テハ共ニ同一ナリト雖トモ法律上ニ於テハ軽重ノ別アルモノヽ如シ、故ニ若シ人アリ此蚕卵紙ノ中書ノミヲ偽造シテ社号ヲ偽書セザル時ハ現今ノ法律ハ果シテ之ヲ問ハザルモノト思ハル
福地曰ク、数年前某絵草紙屋ハ太政官札ニ擬シタル略暦ヲ販売シタルニ政府ハ之ヲ罰シタル事アリ、由是観之現行法律ト云トモ敢テ之ヲ不問ニ措クモノト云フベカラザルガ如シ
益田曰ク、今日特ニ其法律ナキガ為メ憂フル所ハ尋常商家ガ其正理ノ在ル所ヲ知ラザルガ為メ看々其損害ヲ受被シテ之ヲ償ナフノ道ヲ得ザルニ在リ、故ニ条例ヲ設ケテ一タビ認許ヲ得タル後之ヲ専用セシメバ、一ハ法官ニ向テ裁判ノ標準ヲ与ヘ一ハ各商ヲシテ容易ニ其正理ノ在ル所ヲ知ラシメ其実益蓋シ少カラザルベシ
柴崎曰ク、現今根室地方ヘ輸出スル醤油ノ如キ其品質種類ノ如何ヲ問ハズ多クハ皆ノ符票ヲ付シテ之ヲ販売スト云フ、是取モ直サズ商票ヲ偽造スル考ナリ、然ルニ被害者ガ之ヲ告訴セザルヲ見レバ是豈其正理ヲ知ラザルニ非ズシテ特ニ其法律ナキガ為メニ非ズヤ
中沢曰ク、醤油ニ此偽造アル啻此一品ニ止ラズ、其他猶此類少シトセズ、現ニ酒ノ正宗ノ如キ其偽造品類数フルニ遑ラズ、然ルヲ被害者ガ之ヲ告訴セザル而已ナラズ、亦自ラ之ヲ許スハ抑モ法理ヲ知ラザルニ非ズシテ特ニ法律上其明文ナキ故ニ之ヲ訴出ツルモ其処分ノ如何ヲ狐疑スルニ在ル而已
丹羽曰ク、余ガ考案ヲ以テスレバ品物ノ摸造ハ之ヲ禁スベカラズ、只其之ニ附スル所ノ目標ヲ偽造スルモノヲ禁ズベシ、如何トナレバ品物ノ摸造ヲ禁ズルハ大ニ工業進歩ヲ障碍スルノ実アレバナリ、例ヘバ甲製造人ガ瓢形ノ石鹸ヲ製造セシニ乙製造者ハ之ニ擬シテ同形ノ石鹸ヲ製造スルモ之ヲ禁スベカラズ、只如此場合ニ於テハ石鹸ニ付スル商票ノ偽造ヲ禁スルヲ以テ足レリトス、故ニ政府ハ商票ヲ出願スル者ニ向テ其専用権ヲ与ヘ之ヲ貼付シ又ハ印刷セシメン事ヲ要ス
福地曰ク、余ガ所見ハ諸君ト異ナリ、今丹羽君・益田君等ノ説ク所ヲ聞クニ共ニ認許商票ヲ要セラルヽガ如シト雖トモ、夫レ商票ノ要ハ其能ク商業ノ信符タルヲ以テナリ、故ニ形ニシテ果シテ信符タルノ実アラバ是商票ヲ以テ之ヲ視ルベキナリ、色ニシテ果シテ信符タルヲ得バ是亦商票ト同一ノ効用アル者ナリ、左レバ余ガ考案ヲ以テ之ヲ見ルニ、認許商票ノ制ノ如キ其手数甚タ煩ニ堪ヘザルヲ以テ只政府ニ向ヒ、凡ソ其何タルヲ問ハズ商業上ノ信符タルベキ物ヲ偽造スル者ハ文書ヲ偽造スル者ト同シク其罪ヲ論ズベシ、而シテ被害者ハ因テ受被スル損害ノ補償ヲ要求スルヲ得ルト云フ簡短ナル一法ノ制定ヲ請ヒ、果シテ採択ヲ得ルモノトセバ政府ガ保護ノ区域ヲ拡充シ其手数ハ甚ダ簡便ニシテ而モ其効能ニ至テハ認許商票ノ制ニ劣ラザルヲ信ズルナリ
中沢曰ク、酒ニ正宗醤油ニ等ノ摸造アリ、此等ノ如キハ啻ニ其品種
 - 第17巻 p.595 -ページ画像 
ヲ摸造スル而已ナラズ猶其産地ヲモ偽ルモノト云ベシ、然ルニ慣行ノ久シキ殆ド之ヲ怪シム者無キニ至ル、故ニ其品種ヲ偽ルモノヽ如キハ之ヲ不問ニ付シ、其製造人若クバ商人ノ姓名ヲ偽ル者ヲ防グノ法律ヲ設クルトセバ如何
丹羽曰ク、認許商票ノ制ノ如キ其実行ヲ難シトスルノ説アリト雖トモ商票専用ヲ出願スル順次ヲ以テ其商票ノ傍ラニ番号ヲ記スモノトナサバ敢テ難事ナリト云フベカラズ、列ヘハ符ノ如キ世間其類最モ多キヲ以テ符ヲ出願スル者多キニ至ラズ、其認許ノ順番ヲ以テ第一号・第二号ト云フガ如クセバ之ヲ鑑識スル甚ダ難キニ非ズシテ其効能ハ遥カニ不認許商票ノ右ニ出ヅルヲ信ズルナリ
会頭曰ク、商票ヲ保護スルノ精神ハ満場殆ド同一ナルガ如シ、而シテ福地君ハ不認許商票ノ制ヲ主張シ、益田・丹羽両君ハ特ニ認許商票ノ制ヲ要望セラルヽガ如シ、蓋シ前年商票条例設置ノ可否ニ就キ勧商局ヨリ本会ヘ下問アリタル時ニ於テモ一人トシテ其精神ヲ排撃シタル者ナカリキ、然レトモ当時之ヲ委員ニ附シ実施ノ得失ヲ調査セシメタルニ、各委員ハ共ニ議シテ以為ラク、同局ヨリ草定下附セラレタル条例ニ拠レバ即チ所謂認許商票ノ制ナルガ故ニ之レヲ実施スルノ際、世人ハ守田治兵衛君ノ宝丹ノ如キ、鹿島清兵衛君ノ正宗ノ如キ共ニ其ノ世上ニ声価ヲ博スルヲ知リ、薬種屋ハ競フテ宝丹ノ商票ヲ得ン事ヲ求メ酒屋ハ争フテ正宗ノ商票ヲ出願スル事アルベシ、果シテ如此時ハ第一ニ商票ノ認許ヲ得タル者ハ僥倖ナリト雖トモ守田・鹿島両君ノ如キ其製造本家タル者ハ数年来所有ノ株式ヲ掠奪セラルヽト一般ニシテ其不幸ハ如何ンゾヤ、蓋シ此等ハ或ハ其調査ヲ密ニスルノ方法アラバ或ハ免ルヽヲ得ベシト雖トモ、其他該条例ヲ実施スルニ当リ予メ其認許商票ヲ全国ニ知ラシムルノ方法如何ニ至リテモ亦極メテ其難キヲ覚フ、因テ生出スベキ不便弊害ハ一ニシテ足ラザルヲ以テ委員ハ之ガ為メ勧商局ヘ数回ノ答申ヲ為シ、終ニ此回陳案ヲ草定スルニ至レリ、夫レ認許商票ノ制タル其実際ノ不便如此太シ、故ニ今此議事ヲ決スルニ方リ宜シク諸君ノ熟考アラン事ヲ要ス、但シ前条述ブルガ如ク殆ド認許・不認許ノ両説ニ帰スルガ如キヲ以テ諸君先ツ商票ノ制ハ綿密ヲ要スルカ将タ簡単ヲ要スルカ、此二点ニ就テ意見ヲ陳述セラレタシ
松尾曰ク、商票ノ事タル前日ニ在テハ我商売上ニ於テ左迄ノ痛痒ナキガ如ク論下シタリシガ、今ヤ外国商売ニ向テハ其実ニナカル可ラザルヲ知レリ、抑モ外国ヘ輸出スル同種ノ品物ニシテ其商票ニヨリテ価ヲ高低スル事少カラズ、例ヘバ一種ノ生糸ニシテ其価六百二十五弗トセンニ、之ヲ娘印トスル時ハ稍々其価ヲ高クスルヲ得ルガ如ク又陶器ノ如キ五助ハ品質色沢共ニ善美ナリト云トモ、之ニ八兵衛ト記スル時ハ其価ヲ下ダス事アルガ如シ、之ヲ要スルニ此等ノ物品ノ如キ其製造人ノ手中ニ在ル間ハ之ニ如何ナル商票ヲ記スルモ利害相関セズト雖トモ、一タビ他人ノ手ヲ経ル以上ハ其商票ノ異同ハ大ニ其価格ニ関スルモノトス、而シテ此弊害ノ及ブ所ハ只一個ノ損益而已ナラズ大ニ国産ノ盛衰ニ関スルモノナレバ、今ニシテ相当ノ条例ヲ設ケ商票ヲ保護スルノ道ヲ開カン事、最モ余ガ要望スル所ナリ
福地曰ク、益田・丹羽両君ノ要望セラルヽ所ハ西洋ノ所謂「レヂスト
 - 第17巻 p.596 -ページ画像 
ルド」ナル者ニシテ、此制ヤ政府ニ商票目録ヲ置キ各人ノ出願ニ応ジテ認許シタル上之ニ専用ノ権ヲ与フル制ナリ、蓋シ熟々実際ヲ観察スルニ商品ノ信符トナルモノ其類一様ナラズ、例ヘバ字体若クバ符牒ニシテ能ク信符トナルモノアリ、或ハ姓名ノ能ク信符トナル事アルガ如シ、而シテ此等ノモノハ皆其類異様ナリト雖トモ其信符タルノ功用アルハ共ニ一ナリ、故ニ余ガ前ニ述ベタルガ如ク総テ其何タルヲ問ハズ、信符タルノ功用アル者ヲ保護スルノ法律ヲ定ムル事ヲ得バ別ニ認許商票ノ制定ヲ求ムルニ及バザルナリ、況ンヤ此認許商票ノ制タル能ク煩ニ堪ヘズシテ之ヲ実施スベカラザルニ於テオヤ若シ果シテ余ガ説ノ如ク不認許商票ノ制ヲ定ムル事ヲ得バ第一島村会社ノ如キモ十分其保護ヲ受クルヲ得ベク、又松尾君ノ望ノ如キモ之ヲ達スル事ヲ得ベシ、諸君以テ如何トナス
会頭曰ク、福地君ノ説甚ダ可ナリ、然レトモ其信符ヲ偽造スルニ於テ其真否ヲ識別シ及ビ其補償スベキ損害ヲ計較スルカ如キ、挙テ法官ノ方寸ニ任スルモノトセバ実際裁判ノ難易如何、是余ガ窃カニ懸念スル所ナリ
益田曰ク、果シテ福地君ノ説ノ如クンバ被害者ガ損害ノ補償ヲ要求スルニ当リ其要求スベキ分量ハ何ヲ以テ之ヲ計較スベキヤ、其既ニ偽造シタル品物ノ代価ヲ以テ之ヲ計較スルノ意カ、将タ他ニ其標準アリトスルカ如何ン
福地曰ク、其既ニ偽造シタル品物ノ代価ヲ以テ之ヲ計較スルモ時宜ニ拠リテハ或ハ偽造物品ノ実価外猶若干ヲ要求スルヲ得ルノ場合ナシトセズ、例ヘバ島村会社製出ノ蚕卵紙ヲ偽造シタル者アランニ、仮令其既ニ偽造シタルモノハ僅カニ二千枚ナルモ、若シ該会社ノ告訴ニヨリ此偽造卵紙ヲ外国ヘ輸出シタルガ為メ嘗テ該会社ガ外国ニ博シタル信用ヲ失ヒ、之ニ因テ被リタル損失幾千ト云フノ証跡判然シタル時ハ法官タル者此間ニ参酌ヲ加ヘ二千枚ノ実価外猶若干ノ補償ヲ命ズルヲ得ベキガ如シ
小暮曰ク、嘗テ日本ニ於テ「コロダイン」(薬名)ヲ偽造シタル者二人アリ、而シテ其告訴セラルヽニ方リ一人ハ其偽造品ノ売得丈ケノ補償ヲ命ゼラレ、八十日ノ懲役ニ処セラレタリト云トモ一人ハ其処分ヲ免カレタリ、夫レ同一ノ犯罪ニシテ法律上如此軽重アルハ抑モ何ゾヤ、是レ一ハ其製造人ノ姓名ヲ偽書シ、一ハ其品種ヲ偽造シタルニ止ルガ故ナリ、由是観之現行法律ハ只姓名ヲ偽ル者ヲ罰スルニ過ギズシテ、其他ハ措《(テ)》ヲ問ハザルモノヽ如シ
福地曰ク、余ガ往時印度孟買《(ボンベー)》ニ滞留セシ時、現ニ商票信符ノ事ニ就キ注察シタル事アリ、抑モ該地ニ於テ売買スル所ノ寒冷紗ハ概ネ皆英国ヨリ輸入スルモノナルガ、当時其輸入品種中上包商票ノ下ニ三条ノ金線アルモノ最モ該地人民ノ嗜好スル所ナリシニ、偶々一奸商アリ下等ノ寒冷紗ヲ多分ニ買収シ其上包二条ノ金線ニ一条ヲ加ヘテ三条ト為シ之ヲ売出シタルニ、該地人民ハ其金線ノ数同一ニシテ価格ノ高カラザルヲ以テ皆競フテ之ヲ購買スル所トナリ、此奸商ハ非常ノ大利ヲ得タリト、於是被害者ハ此奸商ノ為メニ大ニ其営業ヲ損殤セラレタルヲ以テ、英国ニ於テ訴訟ヲ起シタルニ、法官ハ夫ノ奸商
 - 第17巻 p.597 -ページ画像 
ノ所為タル一時投機ノ策ニ過ギズ別ニ商票ヲ偽造シタルノ罪ナキガ故ニ之ヲ罰スルノ理ナシト申シ渡シタリ、然ルニ此商人ハ更ニ孟買《ボンベー》ニ於テ損害要償ノ訴訟ヲ起シタルニ、該地ノ法官ハ前裁判ヲ平翻シテ被害者ノ要求ヲ至当ナリトシ、被告奸商ニ向テ補償ヲ命シタリト云フ、夫レ如此ク同一ノ治下ニシテ彼此法理ノ齟齬スル所以ノモノハ何ゾヤ、只政府ガ土地ノ習慣ヲ参酌シテ一ニ被害者ヲ保護スルノ精神ニ外ナラザルナリ、左レバ余ガ考案ヲ以テスレバ不認許商票ノ制ヲ立テ、保護ノ区域ヲ拡張スルハ認許商票ノ制ニ優ルヤ万々ナリ況ンヤ認許商票ノ制タル其実施ノ至難ナルニ於テオヤ
丹羽曰ク、商業上商票ノ有要ナル早晩此法ナカルベカラザルナリ、若シ此認許商票ニシテ果シテ之ヲ実行セラルヽニ至ラバ、出願者ハ一ケ年百円ノ税ヲ徴収セラルヽモ猶之ヲ出願スル者多カルベキハ余ガ信ズル所ニシテ、若シ荏苒此商票偽造ノ弊風ヲシテ貿易社会ニ流行セシメハ其禍害ノ及ブ所決シテ少々ニ非ルナリ
益田曰ク、今日内国ニ於テハ売買人トモ皆家号ヲ以商票トスルノ習慣アリ、故ニ内国ノ売買ニ止ル物品ハ猶可ナリト雖トモ、責メテハ外国ヘ輸出スル品物ノミニテモ認許商票ノ制ヲ行ハン事ヲ要ス、何トナレバ其弊風ノ生ズル所終ニ国産ノ声価ヲ落トスノ憂アレハナリ
福地曰ク、内外ノ分界ヲ立テ認許商票ノ制ヲ設クル事実行ノ難易果シテ如何、余ハ勢其然ル能ハザルヲ信ズルナリ、例ヘバ内国ニ於テ京都幹山製ノ陶器ヲ偽造スル者アランニ其被害者ハ偽造品ヲ外国ヘ輸出スル商人ニ向テ損害補償ヲ要求センカ、偽造スルノ罪ハ製造人ニ在ラザルヲ如何ンセン、然ラバ偽造人ニ向テ補償ヲ要求センカ之ヲ外国ヘ輸出スル者ハ商人ニシテ之ヲ内地商人ニ販売スルハ製造人ノ自由ナリ、況ンヤ此偽造人ハ本家製造人ヨリ之レヲ偽造スルノ許可ヲ得タル者ナルニ於テオヤ、然ラバ法官ハ将タ何ニ拠リテ其罪ノ帰着スル所ヲ定メンヤ、由是観之内外ノ分界ヲ立テヽ認許商票ヲ行フノ説ハ先ツ偽造品ヲ内地商人ニ販売スベカラズトノ法律ヲ立ツルニ非ルヨリハ決シテ実行スベカラザルナリ、若シ夫レ一歩ヲ譲リテ此法律ヲ制定シ得ルトセンカ同時ニ於テ内外ノ分界線ハ既ニ抹殺セラレタルモノナリ、何トナレバ法律ヲ以テ内地ノ売買ヲ禁ズル以上ハ製造人ハ決シテ国ニ需用ナキ物品ヲ製出セザレバナリ
丹羽曰ク、例ヘハ娼妓酒《ヲイラン》ノ如キ、又宝丹ノ如キ、其品種ヲ摸造スル者ハ之ヲ禁スベカラス、是レ幾分カ工業ヲ勧ムルノ効アレバナリ、然リト云トモ其製造人ノ姓名ヲ偽ル如キハ之ヲ禁セザルベカラズ、而シテ之ヲ禁ズル認許商票ヲ措テ他ニ良法ナキヲ信ズルナリ
福地曰ク、信符タルノ効用ハ産地製造人ノ姓名ヲ記スルノミニ止ラザルナリ、弊郷長崎ノ如キ其産地ノ何レタルヲ論ゼズ、製造人ノ誰タルヲ問ハズ、只墨ハ印、袋物ハ宮川ノ印ヲ賞翫スルノ風アリ、左レバ此二品製造人ノ如キハ其産地製造人ノ名ヲ偽記セラルヽヨリハ其符票ヲ偽造セラルヽヲ以テ最モ損害多シト為ス、故ニ余ガ前説ノ如ク不認許商票ノ制ヲ立テ苟クモ信符タルモノハ其何タルヲ問ハズ之ヲ保護セン事ヲ切望スルナリ
会頭曰ク、商票之制認許不認許ノ両様アルガ如シ、而シテ嘗テ勧商局
 - 第17巻 p.598 -ページ画像 
ニテ草定セラレタル条例ニ拠バ専用転用等ノ区別アリト云トモ丹羽君ノ要望セラルヽ所ノモノハ一票ヲ以テ数品ニ通用スルノ制ニアルガ如シ、故ニ同君ノ主唱セラルヽ所ハ同シク認許ノ制ナリト云トモ亦是レ一種特別ノ説ナリ、而シテ猶他ニ益田君ノ内外ス其制ヲ異ニスルノ折衷説アリ、福地君ノ不認許商票ノ説アリ、蓋シ福地君ノ説タル認許商票ノ制ヲ排撃スルモノヽ如クナレトモ、是レ只其実施ヲ難ンズルモノニシテ其繁蕪ヲ厭フニ出ヅルノ説ナリ、故ニ今此ニ議決ヲ要スルモノハ只商票認許ノ制ヲ用ヘンカ、将タ不認許ノ制ヲ用ンカ、此一事ヲ決スルニ在ルナリ、諸君猶此一点ニ於テ討議アラン事ヲ要ス
清水誠曰ク、弊社「マツチ」之如キ社号ノ外ニ桜花之商票ヲ附記シ、現ニ社号コソ違ヘ同様ノ商票ヲ付シテ之ヲ売買スル者世間其例少カラス、斯ク社号ヲ偽書スル者ナケレバ実際損害ナキガ如シト云トモ抑モ「マツチ」ヲ直買スル者ハ多クバ車夫炊婦ノ徒ニシテ、皆一丁字ヲ解セザル者ナリ、如此場合ニ於テハ社号ヨリ寧ロ商票ノ偽造ナカラン事ヲ切望セザルベカラズ、且ツ夫レ現行ノ法律ト雖トモ之ヲ告発スル上ハ被害者ヲ保護セザルニ非ズ、然ト云トモ世間法理ヲ解セザル者多ク訟庭ニ全勝ヲ必スル能ハザルヨリ看々損害ヲ受被スルモ之ヲ告発スル者ナキニ至ル、故ニ願ハクバ専用免許ノ制ヲ立テ各商工ヲシテ其正理ノ在ル所ヲ容易ニ判知セシメン事、是レ余ガ切ニ希望スル所ナリ
福地曰ク、例ヘバ清水誠君ハ桜花ヲ以テ「マツチ」ノ信符トシ、守田治兵衛君ハ店号ヲ以テ宝丹ノ信符トスルガ如キ其他信符トスルニ足ルモノ其類勝ゲテ数フベカラズ、余ガ説ク所ノ如ク新法ノ制定アラバ皆其信符ノ保護ヲ受クルヲ得ベシ、豈啻ニ社号商票ノミナランヤ
益田曰ク、現行ノ法律ト云トモ猶十分被害者ヲ保護スルノ功アリ、果シテ福地君ノ望ム所ニ止ラシメバ其改良ノ功幾許カアル、只彼レ此ニ優ルニ過ギザルベシ
会頭曰ク、之ヲ要スルニ福地君ノ説ハ保護ノ区域ヲ広メン事ヲ欲スル者ナリ、已ニ先刻小暮君ノ説カレタルガ如ク現行ノ法律ニテハ只製造人ノ姓名ヲ偽ル者ヲ罰スルニ止ルガ如シト云トモ、若シ福地君ノ説ノ如クンバ姓名ヲ偽ラザル者ト云トモ、猶他人ノ営業ヲ害スルノ実アラバ之ヲ罰スルヲ得ルノ制ナリ、由是観之此説亦敢テ不可視スベカラザルガ如シ、只其実行ノ際ニ至テ裁判官ガ其事実ヲ判知スルノ難キヲ恐ルヽノミ
丹羽曰ク、福地君ノ説ノ如クンバ実際言フベカラサル不都合ナシトセズ、例ヘバ千金丹ノ如キ近来其種類ノ増殖シタルモノ頗ル多シトス然ルニ此等ノ売薬商各々競テ其本家タルヲ争フ事アラバ法官ハ如何《@》ナル手段ヲ以テ之ヲ裁判スルカ、蓋シ其理非ヲ決スルニ迷フ事ナシトセズ、亦難カラズヤ
福地曰ク、是レ決シテ至難ニ非ズ、例ヘバ某売薬ガ販ク所ノ千金丹ハ従来印ヲ以テ商票トシ、某誰ハ何印ヲ以テスルト云ガ如ク、其使用之前後目標ノ異同ニヨリテ事実ヲ推究セバ容易ニ之ヲ鑑別スルヲ得ベシ、未タ必ズシモ至難ナリト云ベカラザルナリ、蓋シ机上ニ於テ之ヲ論ズレハ或ハ丹羽君ノ如キ懸念アルベシト云トモ、実際ニ於
 - 第17巻 p.599 -ページ画像 
テハ決シテ如此ノ配意ヲ要セザルナリ
会頭曰ク、福地君ノ説ニ拠レバ敢テ法官ハ其理非ヲ決スルニ苦シムガ如キ事ナカルベシト云トモ、若シ同時ニ同様ノ商票ヲ附記スルモノアランニ、其故意ニ之ヲ偽造シタル者カ将タ否ザルカ之ヲ判別スル頗ル難事ナルガ如シ、故ニ今本議ヲ討論スルニ当リ宜シク此一点モ亦能ク注察セザルベカラズ
中山曰ク、丹羽君ノ説ノ如ク製造人ノ姓名ヲ偽ルガ如キ固ヨリ之ヲ罰スベシト云トモ、其商品ヲ摸造スルモノニ至ル迄之ヲ罰スルハ寧ロ苛酷ニ失セザルカ
益田曰ク、現行ノ法律ト云トモ被害者ヲ保護スルノ道ナキニ非ズ、只清水誠君ノ説ノ如ク其正理ノ在ル所ヲ知ラザルガ為メ看ス看ス損害ヲ受クル者多シ、故ニ認許商票ノ制ヲ設ケ各商工ヲシテ専用免許ヲ得セシムルモノトセバ、益々其正理ノ在ル所ヲ知リ各自安ンジテ其営業ヲ保護スルヲ得ベキナリ
福地曰ク、認許商票ノ制タル其精神ニ於テハ固ヨリ間然スル処ナシ、只余ハ其実施ヲ難ンズルノミ、例ヘバ東京ニ於テ清水誠君ガ「マツチ」ヲ製造シ、商票専用ノ権ヲ得テ之ニ桜花ノ摸様ヲ記センニ、長崎ニ於テ福地源一郎ガ同ジク「マツチ」ヲ製造シ、之ニ同様ノ商票ヲ附記シテ之ヲ販売スル事アラバ法官ハ如何ナル手段ヲ以テ之ヲ罰スルカ、蓋シ政府ガ某年某月某日清水誠ニ某商票専用権ヲ与ヘタル事ヲ尽ク全国ヘ布告シタルニ非ルヨリハ、仮令福地源一郎ハ其実此専用権下附ノ事ヲ明知シテ故ラニ此桜花ノ商票ヲ偽造シタル者ニモセヨ、知ラザルヲ以テ之ニ答ヘバ法官ハ如何シテ之ヲ罰スルカ、然ラバ予メ之ヲ全国ヘ告知スルニ如何ナル手続ヲ以テスベキカ、全国ノ商工其数千百人ニ止ラバ猶是可ナリト雖トモ、商工ノ多キ商票ノ夥キ尽ク之ヲ全国ヘ布告スルハ固ヨリ容易ナラザルニ非ズヤ、是レ余ガ認許商票ノ制ヲ賛成セザル所以ナリ
益田曰ク、例ヘバ桜花ノ商票ノ如キ或ハ花片ヲ増減スル等ノ事ヨリ偽造ノ罪ヲ掩ハントスル者アルモ法官ノ明能ク其故造ノ悪念ヲ看破スルニ足ルベシ、若シ又桜花商票ノ傍ラニ某年某月某日商票専用免許等ノ文字ヲ附記スルモノトセバ、如何ニ広告ナキヲ奇貨トシテ其罪ヲ掩ハントスルモ豈其罰ヲ免カルヽ事ヲ得ンヤ、凡ソ尋常商人輩ハ其念法理ニ薄ク訴訟ノ費用如何ヲ恐レ終ニ其正理ヲ伸ブル事能ハザルモノ多シ、実ニ憫ムベキニ非ズヤ、是ヲ以テ認許商票ノ制ヲ立テ此等ヲ保護セン事是レ余ガ希望スル所ナリ
福地曰ク、益田君ノ説ク所ニ拠レバ商票ノ傍ラニ何月何日商票専用免許ト附記スベシト云フガ如シト云トモ、品物ニヨリテハ之ヲ附記スベカラザルモノアリ、已ニ前年本会ガ商票条例ノ得失ヲ議スルニ当リ品種ヲ分チ委員ヲシテ其商票ノ附記方ヲ調査セシメタルニ其商票ヲ記スベカラザルモノ頗ル多カリキ、就中陶器・漆器ノ如キハ最モ以テ然リトス、夫レ「マツチ」ノ商票ノ傍ラニ其免許ノ年月ヲ記スルガ如キ猶可ナリト云トモ、花瓶ニ幹山ト記スルニ当リ其傍ラニ大日本帝国某年某月商票専用免許等ノ文字ヲ特書スルガ如キ事アラバ其雅致ヲ害スル果シテ如何ゾヤ、由是観之益田君ノ説ノ如キ到底之
 - 第17巻 p.600 -ページ画像 
ヲ各品ニ通用スベカラザルモノトス
平野曰ク、夫レ島村会社ガ伊太里国ニ於テ偽造卵紙ヲ発見シタルガ如キ当時其ノ誰人ノ所為ニ出ヅルヤヲ究メズ又該地新聞紙ニ其事実ヲ広告シテ其信用ヲ保持スルノ策ヲ施ス事ナシ、然ルニ該社ガ商票専用ヲ出願スルニ当リ、特ニ本会ノ荷担ヲ求ム、夫レ本会ハ公衆ノ利益ヲ進捗スルノ集会ナリト云トモ一社ノ私益ヲ保護スルノ設立ニハアラザルナリ、故ニ該社ニ向テハ本会敢テ一人一社ノ私益ヲ保護スル集会ニ非ル旨ヲ答ヘ、本会ハ別ニ商票ノ事ヲ建議スルヲ可トス
会頭曰ク、夫レ島村会社ガ建議ノ要旨ハ私益ヲ進捗セン事ヲ本会ヘ望ム者ニ非ズ、其大略ヲ約言セバ商票偽造ノ事タル其弊国産ノ声価ヲ失墜スルモノナレバ該社已ニ商票専用ノ義ヲ出願シタリ、仍テ本会ニ於テ果シテ商票ノ制定ヲ賛成スルモノトセバ政府ヘ建議シテ之ガ実施ノ便益ヲ開陳セン事ヲ要ス、果シテ否ラサレハ止マント云フノ意ニ過ギサルガ如ク、敢テ一社ノ私益ノ為メニ其助成ヲ本会ニ請フモノニ非ルナリ、若シ夫レ諸君ガ今会商票専用ノ得失ヲ論ズルニ方リ之ヲ可ナリトセバ是嶋村会社ノ建議ヲ賛成スルモノナリ、若シ又之ヲ不可ナリトセバ是該社ノ建議ヲ擯斥スルモノナリ、之ヲ要スルニ本会ニ於テ之ヲ可否スルハ全国商業社会ニ関係ヲ及ボス事コソアレ毫モ島村会社一己ノ私益ニ関セザルナリ
平野曰ク、本会ガ政府ヘ建議シテ一般商工ヲ保護スルノ事ニ至テハ、余固ヨリ其間ニ異議ナキナリ
中山君曰ク、諸君ノ間其論ズル所一ナラズ蓋シ本会ガ前年商票条例得失ヲ議スルニ方リテ簡短ナル条例ヲ政府ニ望ミタリト記セリ、今別ニ論議ヲ費ヤス事ナク前年要望セシ所ヲ再請スルモノトセバ如何ン
会頭曰ク、前年政府ヘ回陳スルニ当リ下附ノ条例ハ繁雑ニ過クルヲ以テ簡短ナルモノヲ設ケテ只商票ノ有要ナル事ヲ世人ニ知ラシメン事ヲ望ミタリ、然レトモ其条款ニ至リテハ未ダ之ヲ議シタルニ非ルナリ、故ニ今諸君ガ簡短ナル方法ヲ望ムト云ハヾ先ツ福地君ノ説ヲ措テ他ニ其法ナキガ如シ、因テ今本議ヲ決スルニ方リテハ宜シク先ツ認許・不認許ノ利害如何ヲ討究スルヲ以テ肝要ナリトス
丹羽曰ク、果シテ福地君ノ説ノ如ク認許商票ノ制ニ難事ナリトセバ政府ハ各商工ニ向テ某月某日ヲ限リ出願スベシト命ズルモ可ナリ、而シテ其間ハ若干ノ金額ヲ納メシムルモ可ナリ、将タ農工ノ如キ各々其商票ノ制ヲ異ニスルモ亦可ナリ、豈恰好ノ方法ナカランヤ
小暮曰ク、商票ノ制ハ認許・不認許ノ事ニ就キ多少異見ナキニ非ルモ要スルニ其精神ニ至リテハ満場殆ド一致スルガ如シ、故ニ今更ラニ委員ヲ撰定シテ之ヲ調査セシメバ如何ン
柴崎曰ク、商票ヲ偽造スル猶恕スベシト云トモ或ハ産地製造人名ヲ偽ル者アリ、是実ニ憎ムベキニ非ズヤ、故ニ此等ノ悪風ヲ矯正センニハ只被害者ノ告発ノミニヨラズシテ先ツ之ヲ罰スル新法ヲ制定スルヲ可ナリト信ス
会頭曰ク、犯者ヲ罰スルニ当リ其故造ニ出ヅルカ否ラザルカヲ鑑別スルヲ最モ肝要ナリトス、但シ往年勧商局ヨリ草定下附セラレタル条例ニ拠レバ其商票専用ヲ許可シタル者ハ之ヲ公衆輻湊ノ場所ヘ掲示シテ
 - 第17巻 p.601 -ページ画像 
之ヲ知ラシムルノ方法ナリ、当時本会ハ此一点ニ就テモ異議ヲ容レタリキ、夫レ如此ノ方法ヲ以テセバ犯者ハ其処分ヲ逃ルヽノ辞ナク至極完全ノ方法ナルガ如シト雖トモ、実際ニ就テ之ヲ観察スルニ余ト雖トモ大ニ其実施ヲ難ズル所アリ、且ツ夫レ該条例ヲ以テセバ従来我国人ガ家号若クバ暖簾等ノ目標ヲ以テ数品共通ノ商票ニ使用スル美習ヲ破ルノ恐アリ、之ヲ要スルニ認許商票ノ制タル実施之際名状スベカラザル不都合ヲ生スルノ恐アレバ、諸君能ク此点ニ注意セラレン事ヲ要スルナリ
於是猶各員ノ間交々討議アリタレトモ、要スルニ福地君ノ不認許商票説、益田・清水・丹羽三氏ノ認許商票説ニ外ナラズ、而シテ福地君ハ益々認許商票ノ実行シ難キ所以ヲ説、他ノ三君ハ各々認許商票ノ制ヲ立テン事ヲ望マレタルガ、福地君ハ更ニ各員ニ向ヒ最早議論モ稍々尽キタレバ、議決ノ前ニ於テ諸君ノ注意ヲ要スル為メ更ニ一言スベキ旨述ベ、認許商票ノ実行シ難キ所以ヲ事実ニ就テ詳説シ益々前説ヲ維持セラレタリ、時ニ会頭ハ已ニ議論ノ尽キタルヲ見テ其決ヲ起立ニ問ハントスルノ際、米倉一平君ハ本件ハ頗ル重要ナル問題ナレバ猶各員審按熟考之上次会ニ譲リテ之ヲ決スベシト発議セラレ、此説多数ノ賛成ヲ得終ニ次会ニ譲ルニ決シタリ、於是会頭ハ臨時会日ハ追テ通知スベキ旨ヲ述ベ散会ヲ命ズ、時ニ午後六時ナリ
  参考之部
    建議
当島村勧業会社ハ去ル明治五年開設シテ官ノ允可ヲ経、専ラ養蚕製種ヲ以テ営業トシ、偏ニ精製ヲ要シ品位益々精良ニ赴キ広ク内外国々養蚕家ノ需求ヲ得ルニ至リ、既ニ外国輸出ニ於テハ横浜市場ニテ売買シ数年ノ商況時変ニ遭ヒ、遂ニ昨十二年ノ如キハ外国用ノ分東京表ニ於テ売買シ、残リ過半数ヲ以同年十二月社員担当シテ伊太利亜国ヘ携ヒ渡リ直売ヲ試ミタルニ、大ニ彼国蚕業家ノ信用ヲ得タルガ如シ、殊更彼国内養蚕ヲ為スノ地方トシテ島村蚕種ノ名アルヲ知ラザルモノナキガ如キ有様ナレトモ、如何セン我国狡猾製造者流ノ贋造物ヲ作リ、島村製ト偽称シテ売買シ、已ニ彼国蚕種仲買者中ニモ又猾智ナルモノハ此贋物ヲ買テ以真製ノ嶋村種ナリト詐リ販売スルモノアリト雖トモ、彼ノ農民ニ於テハ其真偽ヲ識別スル事ヲ得ズ、為メニ欺カルヽモノ不少、既ニ我社員ノ該地ニテ捜索スルニ此贋作物ノ為ニ売買成リタルモノ壱万三千枚ナリト、依テ此内壱枚ヲ買求メテ帰朝セリ、之レヲ我真製ノモノニ比ベ見ルニ中書印章類証紙等《ウチカキ》ニ至ル迄悉ク摸造シタルモノナリ、此贋造ヲ防ガズンバ尚陸続贋物ヲ作リ出シ、当社何様勉励シテ精製ヲ要スルモ其贋作ノ為ニ圧倒セラレ、到底当社ノ素志ヲ貫ク事難カルヘシ、之レ偏ニ其筋ノ御保護ヲ仰キ商標特権ノ如キヲ得テ、他ノ贋造ヲ防カント欲シ、既ニ別冊写之通リ管庁ヘ請願スルト雖トモ、商標特権ノ儀即今難聞届云々御指令相成候次第ニ付、本年中ハ防禦モ不行届儀ニ候得共、来十四年ノ製種ニ於テハ必ス特権商標中書印章等ノ御允可相成候様尚又強テ其筋ヘ請願致シ候手筈ナレトモ、当時其会議所ハ専ラ商法上ノ得失ヲ論究スルノ議所ニシテ嚮ニ其筋ヨリ商標条例草按御下議ニ附セラレタル事モ有之趣伝承セリ、当社請願商標云々ノ
 - 第17巻 p.602 -ページ画像 
儀ニ付而モ又御関係筋ニモ可相成歟、兎ニ角当件ニ於テハ専ラ貴所ノ御荷担ヲ得当社願意御允可相成候様御評議ノ上其筋ヘ紹介被成下度、此段格別ノ儀ヲ以其筋ヘ建議被成下置度頼テ建議致候也
                群馬県下
                 上野国佐位郡島村
                 勧業会社
                  副社長
  明治十三年十二月十日          栗原勘三
                  社長
                      田嶋弥平
    東京商法会議所
           御中

    願書
御管下佐位郡島村勧業会社惣代田島弥平奉申上候、私共儀去ル明治五年ヨリ御許下《(可)》ヲ蒙リ会社ヲ設立シテ勧業会社ト号ケ、専ラ養蚕製種ヲ営業トシテ共同一致益々勉励シテ品位ハ精良ニ趣キ既ニ外国用ハ横浜市場ニ売却仕、数年ノ商況時変ニ遭遇シ愈々昨十二年十二月中社中熟議之上伊太利国ニ渡航蚕種直売致シ親シク該地之実況ヲ捜索仕候ニ、不図モ名誉ヲ該地ニ拡メ国中到ル処養蚕ヲ為ス者ニシテ嶋村蚕種アルヲ知ラザル者無キガ如キ景況ニ御座候、之レ偏ニ管庁ノ御保護ト社中多年勉励ノ功ニ依ル者ト奉存候、然ルニ近来当社蚕種ノ偽製贋造ヲ以テ外人ニ鬻ク者多分ニ有之、且該地農民ノ如キハ槩ネ無識不学一丁字ヲ解セザル者多クシテ裏印製造地ノ何者タルヲ解セズ只彼国蚕種仲買商人ノ言ノミヲ信ジ当社蚕種ノ真偽ヲ不弁、繭形ニ嶋村ト書シ頭ニ島村ノ横文字ヲ標スルヲ認メテ真ノ島村製ナリト云ヘバ信ジテ疑ワザル者往々有之候、左スレバ将来社中何程ノ勉強ヲ以テ良品ヲ製シ、幾何ノ耐忍ヲ以テ渡航直売ヲ為スモ如何セン偽造贋作ノ価直ノ低キ者ニ圧倒セラレ、且其偽造粗品ノ為メニ漸次当社ノ名誉ヲ落シ遂ニハ測ル可カラザルノ禍害ヲ受ケ一社衰頽スルノ不得止場合ニモ立至リ可申ト奉存候、実ニ当社此度ノ渡航直売ノ義ハ一大事業ニシテ数年ノ勉励耐忍ヲ積ムニ非レバ其目的ヲ達スル儀ニハ相成間敷、殊ニ当社中ノ者ニテ会社ノ方法ヲ厭ヒ目下脱社セシ製造人ニシテ当社蚕種中書ニ摸造シ、一時之利ヲ横浜蚕種市場ニ得ルモノ有之、畢竟是等之者モ全ク当社同様ノ中書ナル故ニ一己ノ利ヲ貪ル者ニテ、当社員中此利ヲ羨ミ、其轍ニ習フテ僥倖ヲ謀ラン事ヲ欲シ、会社離解ノ念ヲ生スル者モ有之哉モ難斗、之レ社員等ノ日夜苦慮憂歎スル所ニ御坐候、如何トナレハ一人一己ノコトニテ横浜市場ニ鬻キ一時目下ノ利ヲ矯ムルハ易ク、外国ニ直売シテ共同永遠之公利ヲ謀ルコト難シ、難ヲ捨テヽ易キニ附クハ自然之情勢ニ有之候得バ、万一当社離解致シ候節ハ人々皆ナ蚕種紙数ノミ多キヲ欲シ、粗製濫造横浜市場ニ競売シ、狡智ナル外人ニ蹈籍セラレ御国産ノ品価ヲ落スハ勿論家産蕩却人々糊口ニ苦シムノ惨状ヲ見ルニ至ルヘク、然ルトキハ当社多年ノ勉励ヲ以テ漸ク得タル内外ノ名誉モ一朝ノ水泡ニ帰シ復タ収ム可カラザルノ場合ニ至リ候テハ実ニ遣憾ニ不堪儀ニ御坐候、依テ別封偽造蚕種ハ社員出張之砌伊国ニ於テ彼ノ
 - 第17巻 p.603 -ページ画像 
仲買商人ノ農民ヲ欺キ売渡シ当社ニ障害ヲ為セシ物品故之ヲ買取リ持参仕候ニ付、添テ御一覧ニ奉供候、該地ニ於テ聞ク所ニ依レハ此類似之者壱万三千余枚ニシテ、為メニ当社其害ヲ蒙ル事実ニ甚シキ者ト奉存候、尚本年当社中書ニ摸造スルモノ往々有之候ニ付、何卒右事情御憐察之上格別之御仁恤ヲ以テ当社蚕種中書印章之儀ハ西洋諸国ニ行ワルヽ商標同様之特権ヲ御允可被下候歟、又者他ノ偽造類似ノ製造ヲ御差止メ被下候歟、何分之御保護相願度此段伏テ奉懇願候以上
                  嶋村勧業会社長
  明治十三年七月廿六日        田島弥平
                    田島武平
                   副社長
                    栗原勘三
    楫取群馬県令殿
前書之通相違無御座候ニ付奥書調印仕候也
                右村戸長代理
                 用掛
                    栗原角次郎
(御指令文之写)
書面商標特権之義ハ即今難聞届候条可成偽造者ヲ防クヘキ方法相立候様可致事
             群馬県令 楫取素彦代理
割印 明治十三年九月廿日   群馬県大書記官  沖守固


渋沢栄一書翰 梅浦精一宛 (明治一四年)二月廿四日(DK170049k-0004)
第17巻 p.603 ページ画像

渋沢栄一書翰  梅浦精一宛 (明治一四年)二月廿四日   (土肥脩策氏所蔵)
拝読過日定式会之要件録草稿御投示被下落手仕候、且商標之儀ニ付過般之会議顛末各員ニ相示し候ハ高考之通ニて可然候、小生も拙宅之録事検出取調候得共、第三号ニ有之候分ハ決議之時ニて却而其詳細ハ了知仕兼、又十一年十一月頃之会議ハ未タ要件録出来以前ニ付見当リ不申候、夫故今日其次第印刷之上次之臨時会ニ供し候ハ要用と存候、御廻し之草案ハ今夕一覧返上可仕候
○中略
  二月廿四日
                      渋沢栄一
    梅浦様

渋沢栄一書翰 梅浦精一宛 (明治一四年)三月一五日(DK170049k-0005)
第17巻 p.603 ページ画像

渋沢栄一書翰  梅浦精一宛 (明治一四年)三月一五日 (土肥脩策氏所蔵)
○上略
蚕種商標ニ付臨時集会ハ廿日後ニ致度候間廿二日ニてハ如何と存候、福地氏ニハ是非欠席不相成様仕度ニ付同氏之都合御聞合御取究可被下候、益田も夫迄ニハ必ス帰着と存候
右之段申上度 匆々
  三月十五日
                      渋沢栄一
    梅浦様
 - 第17巻 p.604 -ページ画像 


東京商法会議所要件録 第二五号・第一―三一頁 明治一四年四月六日刊(DK170049k-0006)
第17巻 p.604-610 ページ画像

東京商法会議所要件録  第二五号・第一―三一頁 明治一四年四月六日刊
  第十二臨時会議 明治十四年三月廿三日午後第六時開場
    議員出席スル者 ○二十七名
議員着席定マル時会頭(渋沢栄一)ハ各員ニ向ヒ今会ハ前会ニ於テ未決ニ係ル蚕種商票ノ件ヲ議定センガ為メニ開キタル旨ヲ述ベ、且ツ曰ク、此商票ノ事タル明治十一年今ノ商務局ヨリ商票条例制定ノ可否ニ就キ下問之際、本会ハ数次其得失利弊ヲ討議シタルニ終ニ本会ハ其議案ノ実際ニ之ヲ施スノ難キノミナラズ、之ヲ施行セラルヽニ於テハ日本古来固有ノ商票タル彼ノ家号符牒等ニシテ売買上ニ於テ最モ貴重スベキ信符ヲ破壊スルノ恐アルガ故ニ、認許商票並ニ転用兼用ト云フガ如キ極テ煩雑ノ方法ヲ須フルヲ為サズ、我国商工業者ガ従来使用シ来リタル固有ノ商票ヲ保護スルニ足ルベキ簡単ノ方法ヲ設ケラルヽノ実際ニ適当ナルニ如カズト云フニ決シ、当時之ヲ復陳シタリシガ、前会本件ヲ議スルニ当リ議員中新タニ入会セラレタル者当時議事ノ顛末並ニ本会ノ意見如何ヲ諒知セラレザルヨリ、各員ノ説ヲ求メテ以テ十分ノ討議ヲ尽クスニ由ナカリキ、是レ本議ヲ今会ニ遷延シタル所以ニシテ爾来約ノ如ク前年ノ議事録並ニ本会ノ勧商局ヘ復陳シタル書面ヲ前会ノ要件録ニ副シテ之ヲ諸君ニ頒布セリ、蓋シ前会ニ於テ各員論議スル所一ニ帰セザルガ如シト雖トモ、要スルニ認許商票ヲ可トシ之ヲ不可トスルノ二説ニ外ナラズ、諸君宜シク十分ノ討議ヲ尽クサレヨ
原曰ク、余ハ病ノ為メニ前会欠席シ其議事ヲ詳悉セズ、其顛末果シテ如何
会頭曰ク、前会ニ於テハ丹羽・清水誠・益田克徳等ノ諸氏ハ認許ノ制ヲ主唱シ、福地君ハ主トシテ認許商票ノ不可ナルヲ弁論セラレタリキ蓋シ前年勧商局ヨリ下付セラレタル商票条例草案ニ拠レバ、之ヲ使用スルニ兼用転用等ノ区別アリ、一々政府ノ許可ヲ得ルニ非レバ、一品ニ使用スル商票ヲ以テ他品ニ通用スル事能ハザルノ制ナルガ故ニ、従来我国商估ガ家号其他ノ目標ヲ商品ニ付スルノ良習ヲ破壊スルニ至ルノ恐ナシトセズ、是レ即チ論者ガ不認許ノ制ヲ撰ム所以ナラン歟、暫ラク之ヲ外国ニ比スルニ英国ノ如キ商票ヲ貴重スルノ国ト云トモ、其方法タル未ダ甞テ勧商局ガ草定セラレタルモノヽ如ク厳密ナルモノニアラズト云フ、然ルニ今遽カニ此法ヲ我国ニ実行セントス、寧ロ至難ナランカ、啻ニ至難ナルノミナラズ或ハ我国古来ノ良習ヲ撲滅スルノ恐無キカ、是ヲ以テ認許ノ制ヲ是トスル者ハ先ツ実際ニ適切ナル方法ヲ審案シテ其利弊ノ在ル所ヲ討究セザルベカラズ、故ニ前会ニ於テ軽忽ニ之ヲ議決スルヲ為サズ更ニ臨時会ヲ開テ之ヲ審議スルニ決シタルナリ
大倉曰ク、余モ前会欠席シテ議事ノ顛末ヲ承知セサリシガ今会頭ノ演説ヲ以テ之ヲ詳カニスルヲ得タリ、抑モ前年勧商局ヨリ商票条例制定ノ可否ヲ本会ヘ諮詢セラレタル時ニ当リテヤ、本会ノ衆議ハ商票条例尚早シト云フニ決シタリ、然ルニ爾後我国文化漸ク開ケ人智次第ニ進ミ已ニ今日ニ至リテハ商票ノ無カルヘカラザルヲ悟トリ、右条例ノ制定アレカシト望ム者漸ク多キガ如シ、故ニ此機ニ際シ認許
 - 第17巻 p.605 -ページ画像 
商票ノ制ヲ設クル或ハ可ナランカ、然リト云トモ今万般ノ品種ヲ挙テ悉ク此法ヲ施スモノトセバ復タ煩雑ニシテ論者ノ憂フルガ如ク実際ニ不便ヲ生ズルノ虞ナシトセス、是ヲ以テ今日本邦輸出品中生糸茶・蚕紙・蝋・銅・樟脳・マツチ等ノ如キ重ナル物品ヲ限リ先ツ此認許商票ヲ施シ、其実効ヲ見タル上ニテ漸次其他ノ品物ニ推及スル事トセバ実際ニ甚タ適合スベシト信ズ、蓋シ今之ヲ甲品ニ施シ乙品ニ施コサヾルハ或ハ公平ナラサルベシト難ズル者アルモ知ルベカラズト雖モ、今ヤ我政府専ラ直輸ヲ勧奨セラルヽノ際ナレバ、特ニ輸出品ヲ保護セラルヽモノ決シテ不当ニ非ルベキナリ
会頭曰ク、已ニ前会ニ於テモ益田克徳君ノ如キハ輸出品ニ限リ認許商票ノ制ヲ施スベシトノ説アリシガ、同一ノ商票ニシテ内地ニ在ル間ハ其商票ヲ保護セズシテ海外ヘ出ツル時ノミ之ヲ保護スルハ其実行如何ガァルベキカ、例ヘバ夫ノ生糸ノ如キ蚕卵紙ノ如キ之ヲ輸出港ナル横浜迄提出スルノ間ハ商票効用ヲ有セザルモノトセバ勢其詐偽アルヲ免カルベカラズ、是レ前会福地君ガ其実行ヲ難ンセシ所以ナラン歟
大倉曰ク、余ガ前ニ述ブル所ハ只品物ヲ限リテ認許商票ノ制ヲ行ハント云フニ過ギズ、敢テ内外ヲ区別シテ其保護ヲ異ニスルノ謂ニ非ルナリ、左レバ以上七品ニ認許商票ヲ行フ事ト決シタル上ハ独リ海外ノミナラズ内地ニ於テモ其商票ノ保護ヲ要スル論ヲ待タザルナリ
原曰ク、大倉君ノ所謂物品ヲ限リテ認許商票ノ法ヲ施スノ説其実行難キニ非ルベシ、夫レ不認許商票ヲ以テスル時ハ、類似商票ヲ造出スル者甚タ多ク終ニ之ヲ識別シ難キニ至ラン、例ヘバ某商ノ商票ハ蜻蜓ニシテ世上ノ信用ヲ得タルモノトセンニ、他ノ奸商アリ、同様ノ商票ヲ造出シ、只其一部ヲ改描シテ偽造ノ罪ヲ掩フモノアラバ法官ハ如何ナル手段ヲ以テ之ヲ防クトセンカ、到底其真偽ヲ判定スベカラザルモノアルベシ、然ルニ若シ認許ノ制ヲ用フルトセバ法官ハ認許時日ノ前後ヲ以テ其真偽ヲ識別スベシ、亦容易ナラズヤ、是レ余ガ特ニ認許商票ヲ可トスル所以ナリ
益田孝曰ク、前年本会ガ商票条例ノ可否ヲ討論スルニ当リテ其論ズル所我国商票条例ノ制定尚早シト云フニ帰シタリシガ、今ヤ議場ニ於テ続々認許商票ノ賛成者アルモノハ是取モ直サズ人智ノ開進ヲ徴スルニ足ルモノナラン歟、何ノ慶カ之ニ如カンヤ、抑モ余ハ前会旅行中ニテ欠席シタリシガ帰京後要件録ニ就テ其議事ノ顛末ヲ通読スルニ、不認許ノ制ヲ可トスル者ハ福地君一人ニ止リ余ハ尽ク認許ノ制ヲ可トセラルヽガ如シ、余熟々之ヲ考フルニ認許ト云ヘ不認許ト云ヘ共ニ商票ヲ保護シテ商業ノ隆昌ヲ謀ルニ外ナラズ、其方法コソ異ナレ其望ム所ニ至リテハ共ニ一ナリトス、是ヲ以テ此二者中果シテ其目的ヲ達シ得ベキモノアラバ固ヨリ其間ニ軒輊ナキモノシテ甲乙論者各々異議《(ニ脱カ)》ノ生スベキ理ナシ、而シテ今何レカ能ク其目的ヲ達シ易シト云ハヾ余ハ不認許ヲ措テ其他ニ道ナキヲ信ズルナリ、蓋シ認許商票ノ制タル欧米各国ニ行ハルヽ所ニシテ其方法ノ完全ナルハ余ト云トモ敢テ之ヲ非トスル者ニ非ルナリ、然リト云トモ今之ヲ我国ニ実行スル時ハ果シテ其目的ヲ達シ得ベキ歟、是レ余ガ之ヲ賛成スル能ハザル所以ナリ、抑モ反対論者ハ如何ナル手続ヲ以テ認許ノ制
 - 第17巻 p.606 -ページ画像 
ヲ行フノ見込ナルカ、夫レ認許ノ制ニ数種アリ、英米諸国ニ行ルヽ商票ノ如キハ恰モ我ガ戸長役場若クハ区務所ノ如キ役場ニ至リテ自家ノ商票ヲ書留メスルニ過ギス、其登録ノ方法タル甚ダ簡便ナリト云トモ、夫ノ勧商局ガ前年本会ヘ下附セラレタル条例ニ拠レバ其認許ヲ得ントスルニハ先ツ一々地方庁ヲ経由シテ内務卿ノ許可ヲ得ザルベカラズ、其煩労果シテ如何ンゾヤ、是レ余ガ認許ノ制ニ不同意ヲ抱ク所以ナリ、蓋シ反対論者ガ不認許商票ノ制ニ向テ攻撃ヲ試ムルノ要点ハ如何ナル手段ヲ以テ商票ノ真偽ヲ判別シ得ベキヤ、又如何ナル標準ヲ以テ其損害ヲ計算シ得ベキヤニ在ルモノヽ如シ、此件ニ就テハ今席上別ニ好案ナシト云トモ、余ヲ以テ之ヲ見レバ其甚タ難事ナラザルヲ知ルナリ、例バ甲人ヨリ乙人ガ其商票ヲ偽造シタルガ為メ若干ノ損害ヲ受被シタル旨ヲ告訴スル時ハ、法官ハ先ツ甲人ノ商票ハ果シテ世人ノ信用ヲ得タルモノナルカヲ察シ、次ニ其商票ヲ用ヘタル品物甲乙共ニ同種ナルカヲ撿シ、又其使用時日ノ前後ヲ察シ、然シテ後尚其事実ヲ探尋シテ之ヲ処スルモノトセバ犯者ハ豈容易ニ其罪ヲ免カルヽ事ヲ得ベケンヤ、但シ犯者ガ他ノ商票ヲ偽造セントシテ未ダ果サヾル時ニ於テ之ヲ告発スルガ如キ事アラハ、其被害者ガ受クル所ノ損害ノ分量ヲ斟酌シ、相当ノ処分ヲ施コシ、或ハ甲人ノ商票ニシテ偶然乙人ノ商票ニ暗合スルガ如キ其過誤ノ形跡判然タル時ハ別ニ之ヲ罰セズシテ只之ヲ禁ズルニ止ルモ亦可ナリ、豈実際其曲直ヲ判スルニ苦シマンヤ、凡ソ立法ニ関スル事項ハ之ヲ口ニ講ズルハ甚ダ容易ナリト云トモ之ヲ実施スルハ大ニ難シトス、夫レ不認許ノ制タル甚ダ簡約ニシテ認許ノ制タル最モ精密ナリトス簡ナルモノハ其効ヲ見易スク密ナルモノハ其効ヲ果シ難シ、故ニ先ツ簡ナルモノヲ行フテ漸次密ナルモノニ移ツルモ未ダ遅シト為サズ是レ即チ事物自然ノ順序ナラン歟、況ンヤ其保護ノ区域ハ此彼ヨリ広キ事アルニ於テヲヤ
会頭曰ク、認許論者ハ認許ノ上ニ不ノ字ヲ付スレバ法律ノ保護甚ダ薄キガ如クニ思惟スト云トモ、夫レ認許ト云ヘ不認許ト云ヘ其法律ノ及ブ所ハ更ニ逕庭ナシトス、之ヲ以テ不認許論者ヲ難スルハ寧ロ其当ヲ得タリト云フベキ歟、蓋シ不認許ノ制ハ福地・益田両君ノ説ヲ以テ尽クセリト云トモ猶諸君ノ注意ノ為メ此ニ一言ヲ贅ス
原曰ク、若シ不認許ノ制ニ依ル時ハ余ガ前説ノ如ク類似商票ヲ造出スル者甚ダ多キニ至ランカ、何トナレバ法律ヲ以テ其商票ヲ慥カメザレバナリ、若シ之ニ反シテ認許ノ制ニ依ル時ハ各自法律ヲ以テ認許シタル商票ヲ用フルガ故ニ、他ニ類似ノ商票ヲ偽造スル者アルモ直チニ之ヲ告発スルノ便アルヲ以テ各其業ニ安ンズルヲ得ベキナリ、是レ余ガ認許商票ヲ賛成スル所以ナリ
益田孝曰ク、日本小ナリト云トモ今細カニ商票ノ種類ヲ蒐集スル時ハ其数無慮幾千万ヲ以テ尽クスベガラザルベシ、已ニ前年勧商局ヨリ諮詢アリタル時委員ヲシテ実際ノ景況ヲ調査セシメタルニ共ニ認許商票ノ実施ヲ難ンジタリ、夫レ認許論者ハ不認許ノ制ヲ以テセバ類似商票ノ偽造ヲ防クニ由ナシトスルガ如シト云トモ、是レ独リ不認許ノ制ニ於テ然ル而已ナラズ認許商票ノ制ニ於テモ亦其事ナシトセ
 - 第17巻 p.607 -ページ画像 
ザルナリ、試ニ看ヨ米国ノ如キ所謂書認メ商票ヲ用フルト云トモ猶類似商票ノ造出ナキヲ保セズ、然レトモ如此場合ニ於テハ只書認時日ノ前後ヲ以テ其真偽ヲ判スルノ便法アルノミ、蓋シ全ク之ヲ防グ事能ハザルナリ、由是観之原君ノ憂フル所ハ只ニ不認許ノ制ニ於テ有之ノミナラズ認許ノ制ニ於テ亦到底免カルヽ事能ハザルベシ
益田克徳曰ク、余ハ前会ニ於テ已ニ認許商票ノナカルベカラザルヲ論ゼリ、然トモ其認許ヲ得ルノ手続ニ至テハ彼ノ地方庁ヲ経由シテ内務卿ノ認可ヲ得ルガ如キ其他兼用転用願ノ如キ煩雑ノ手数ヲ要スルハ固ヨリ余ガ好マザル所ニシテ、独リ外国輸出品ニ向テハ最モ簡単ノ手続ヲ以テ認許商票ヲ与ヘン事ヲ望メリ、倩ラ海外市場ノ景況ヲ案ズルニ何レノ民ヲ問ハズ其販売スル所ノ商品ニシテ認許商票ヲ有スルモノハ早ク已ニ其市場ニ声価ヲ博シ、之ニ依テ以テ売買ノ信票トナスニ非ズヤ、且ツ夫レ欧米諸国ノ人民ハ好訴訟性質《ク@ツポイ》アリ、随テ商票ヲ貴重スルノ厚キ事彼国ニ専売免許ノ法アルヲ以テ之ヲ知ルベキナリ、然カルニ我国ニ於テハ従来商票ヲ貴重セザルノ風習アリ、随テ其商票ノ偽造ノ如キ之ガ為メ毫モ痛痒ヲ感セザル者アルガ如シ由是硯之西洋《(観)》ニ於テ商票ヲ要スルノ切ナル遠ク我国ニ過グルト謂フベシ、左レバコソ嶋村会社ガ此度其商票偽造ノ為メ伊国ニ於テ其損害ヲ受ケタルヲ感覚シタルニ非ラズヤ、抑モ福地・益田孝ノ両君ハ認許ノ制ヲ排撃シテ不認許ノ制ヲ主唱セラルヽト云トモ果シテ両君ノ説ノ如ク不認許商票ノ制ヲ行フモノトスルモ之ニ因テ収メ得ベキ効能ハ幾許カアル、両君ニハ如何ナル良案アルカハ知ラザレトモ思フニ此ノ法タル只有ノ無ニ愈ルニ如カザルヘシ、到底旧状ノマヽニ放任スルト謂フニ過キザラン、二君試ニ看ヨ、現行ノ法律ト云トモ名字ヲ詐ルガ如キハ之ヲ罰スルノ明文アルニ非ズヤ、然ルニ民間ノ実況ヲ観察スルニ人民法理ニ明カナラザルヨリ枉ゲテ不理ニ屈スル者多キニ非ズヤ、如此ノ時ニ於テ新タニ此不認許ノ法ヲ制定スルモ其法律ノ限界甚ダ広漠ナルガ故ニ誰カ敢テ之ニ依テ某権利《(其)》ヲ保護スル者アランヤ、是レ不認許商票ノ害悪アルニ因ルニ非ズト云トモ人民法理ニ暗ラク之ヲ以テ能ク護権ノ要具トスル事ヲ得ザレバナリ、若シ之ニ反シテ認許商票ノ制ヲ行フ時ハ如何ナル愚民ト云トモ一タビ商票専用ノ御免ヲ蒙ル時ハ直チニ其正理ノ我ニ帰スル事ヲ知リ、其時コソハ初テ其法律ノ効用アルヲ見ルベキナリ、是レ不認許商票ノ制ヲ行フノ時ニ於テ法庭ニ正理ヲ争フ者ガ只商票ノ出処来歴等ニヨリテ其勝敗ヲ決スルガ如キノ比類ニ非ルベシ、然レトモ今一歩ヲ譲リテ認許商票ノ実行甚ダ難シトセバ、責メテハ符牒ヲ以テ売買スル品物ニテモ之ヲ施サン事ヲ欲スト雖トモ、若シ又其区域甚ダ広シト云ハヽ暫ラク大倉君ノ説ノ如ク物品ヲ限リテ此制ヲ行フモノトスルモ其効能不認許商票ニ優ル事万々ナルベシ、前陳ノ如ク我国人中宝丹・マツチ其他二三品ヲ除クノ外ハ未ダ商票ノ肝要ナルヲ知ル者甚ダ少クシテ、外国ニ於テハ此商票ヲ最モ貴重スルノ風習アレハ先ヅ重ナル輸出品ニ此認許ノ制ヲ行フ亦可ナラズヤ
津田仙曰ク、益田克徳君ハ認許ヲ主唱セラルヽト雖モ彼ノ印ノ如キハ現ニ之ヲ醤油ノ各種ニ使用セリ、今遽カニ認許商票ノ制ヲ定ル時
 - 第17巻 p.608 -ページ画像 
ハ醤油製造人ハ争フテ此商票ノ専用ヲ出願スベシ、如此時ニ於テハ政府ハ誰ニ向テ先ツ之ヲ許可セントスルカ、蓋シ復タ名状スベカラザルノ混雑ヲ生センカ
益田克徳曰ク、抑モノ如キハ寧ロ醤油ノ普通名ト称スベキモノニシテ、所謂商票ノ限内ニ非ルナリ、且ツ夫レ一時ニ如此商票ヲ出願スル者多キニ至ルト仮定センカ、政府ハ従来同品各種ニ通用シ来タリタル印ノ如キ便宜ノ方法ヲ設ケテ其出願方ヲ制限スルモ或ハ可ナルベシ
福地曰ク、今益田克徳君ノ説ヲ聞クニ時宜ニヨリテハ従来商估ガ使用シ来リタル商票ヲ禁止スベシト云フモノナリ、是レ前年余輩ガ勧商局ヨリ下附ノ条例ニ向テ最モ異議ヲ容レタル所ノ要点ナリ、由是観之益田克徳君ハ即チ右ノ条例ヲ賛成セラルヽモノヽ如シ、寧ロ「ラジカル」ノ想像ヲ包含スル者ニ非ルナキ歟、夫レ此度島村会社ガ要望スル所ノ商票ノ如キハ現今西洋諸国ニ行ハルヽ書認商票ト其性質ヲ異ニスル者ニシテ、是レ御免商票トモ謂フベキ者カ、如此ノ商票ヲ実行セントスルニ於テハ如何ナル手段ヲ用フルトスルカ、蓋シ勧商局ヨリ下付ノ条例ニヨレバ其商票ノ専用ハ地方庁ヲ経テ内務卿ノ許可ヲ得ルニ非レバ其効力ナキモノニシテ、内務卿ハ一方ニ於テハ之ヲ全国ニ広告シ一方ニ於テハ其ノ已ニ商票シタル商票ノ使用ヲ全国ニ向テ禁スルノ責任ヲ有ス、其実行寧ロ難キニ非ズヤ、若シ夫レ強テ之ヲ断行セントセバ津田君ノ懸念セラルヽガ如キ紛紜《ゴタゴタ》ハ常ニ起リテ絶ヘザルベシ、若シ又此紛紜ヲ防ガントセンカ政府ハ遂ニ従来商估ガ使用シ来タリタル固有商票ノ大半ヲ挙テ之ヲ禁止シ、之ニ代フルニ新規ノ商票ヲ以テセシメザレバ決シテ其目的ヲ達スルヲ得ザルベシ、嗚呼諸君ハ従来使用シ来リタル固有ノ商票ヲ破壊スルヲ好ム者ナル歟、是レ実ニ忍ヒザルニ非ズヤ、果シテ此破壊主義ヲ好マズトセバ何ゾ不認許商票ニ左袒セザル、抑モ余輩ガ不認許ヲ主唱スルモノハ其性質ヲ好ミスルニ非ズ真ニ不得已ニ出ヅルナリ、諸君請フ之ヲ明察セヨ
大倉曰ク、益田克徳君ノ説カルヽ所実ニ余ガ意ヲ得タリ、福地・益田孝二君ハ認許手続ノ鄭重ニ過キ煩雑ニ失スルヲ以テ其実施ヲ難ンセラルヽト云トモ、仮令其之ヲ認許スルハ内務卿ノ特権ニ在ルモ全国各地ニ内務省出店ノアルアリ、豈相当ノ便宜法ナシトセンヤ、試ニ今日貿易ノ実況ヲ見ヨ、漸次萎靡スルノ傾向アルニ非ズヤ、是時ニ当リテハ苟クモ富国潤屋ニ意アル者ハ鋭意商業ノ進捗ヲ謀ラザルベカラザルハ勿論ニシテ、政府ニ於テモ亦近来頻リニ直輸ヲ勧奨セラルヽノ折柄ナレバ、此時ニ際シ余ガ前説ノ如ク重ナル輸出品ヲ限リ之ニ認許商票ノ制ヲ行ヒ、専ラ貿易ノ振起ヲ促スハ実ニ今日ノ急務ナルニ非ズヤ、蓋シ学者ノ理論ヲ以テセバ或ハ其公平ヲ得ザルガ如クナルトモ是レ実際ニ疎キノ説ノミ、豈実施ノ難キヲ名トシテ遽カニ之ヲ排撃スベケンヤ
益田孝曰ク、夫レ大倉君ハ輸出品ヲ限リ認許商票ヲ行フベシト云フト雖トモ、其所見果シテ何レニ在ルカ、夫レ輸出品ハ永久輸出品ト定マリタルモノニ非ズ、仮令今日輸出品ヲ以テ之ヲ視ルモ価格意外ニ
 - 第17巻 p.609 -ページ画像 
騰貴シ、需用甚ダ減小スルガ如キ事アラバ、他日輸出品タラザル事アルベシ、之ヲ要スルニ其輸出品タルト否ラザルトハ価格ノ昂低需用ノ繁閑ニ関スルノミ、是ヲ以テ輸出品ヲ限リテ認許商票ヲ行フノ説ハ未ダ着実ノ見ト云フベカラザルナリ、且ツ夫レ大倉君又益田克徳君ノ如キハ余輩ノ説ヲ以テ放任主義ト見做サルヽガ如シト云トモ是決シテ然ラザルナリ、今暫ラク島村会社ノ要望スル所ニ就キ不認許商票ヲ行フノ時ニ当リ其之ヲ処スルノ方法如何ヲ云ハンニ、同会社ハ先ツ犯者ノ為メニ損害ヲ受ケタル旨ヲ告訴スベシ、然ル時ハ裁判官ハ事実ヲ探究シ果シテ損害ヲ受ケタルモノト見認ル時ハ犯者ニ向テ補償ヲ命スベシ、若シ又被害ノ証跡ナキ者ト見認ムル時ハ其犯者ニ向テ其商票ノ使用ヲ差止ル事アルベシ、何レニシテモ被害者ヲ保護スル決シテ其道ナキニ非ルナリ、是余輩ノ説ク所決シテ放任主義ニ非ルヲ証スルニ足ルベシ、余輩ハ如此詳述スルト云トモ猶反対論者ノ届服セザルヲ見レバ最早討論ハ無用ナルベシ、此上ハ啻両論者相共ニ其実施ノ手続ヲ調査シテ以テ互ニ其利弊得失ヲ討較シ、更ニ衆議ヲ以テ之ヲ決スルノ一策アルノミ諸君以テ如何トナス
丹羽曰ク、余ハ素ヨリ認許商票ヲ賛成スル者ナリ、夫レ不認許論者ガ攻撃ヲ試ムルノ要点ハ重モニ認許商票実施ノ至難ナリト云フニ止ルガ如シ、果シテ然ラバ宜シク之ヲ容易ニ実施スルノ策ヲ講ズベシ、認許商票ヲ行フノ方法豈止タニ一端ノミナランヤ、例ヘバ余ガ前会主張シタルガ如ク同一ノ商票ヲ出願スル者アル時ハ一二ノ番号ヲ以テ之ヲ区別スルモ可ナリ、此度島村会社ノ損害ヲ受ケタルガ如キ果シテ不認許商票ノ行ハルヽ時ニ於テ起ルトセバ法官ハ其法律ノ限界ニ迷ヘ頗ル其犯者ヲ処分スルニ苦シマン、是レ余ガ不認許商票ヲ賛成スル事能ハザルノ要点ナリ
福地曰ク、余輩ハ今此ニ認許商票実施ノ難易ヲ議スル者ニ非ズヤ、然ルニ大倉君ノ如ク当局其人アリ実施ノ難キ之ヲ顧慮スルニ足ラズト云ハヾ、余輩議員ハ何ソ無用ノ討議ヲ費ヤスノ愚ヲ学バンヤ、斯ク両説相容レザル上ハ益田君ノ説ノ如ク両論者各々其実施ノ手続ヲ考究シテ以テ重テ之ヲ議事ニ付シ、衆説ノ赴ク所ヲ以テ之ヲ決スルニ如カザルナリ
会頭曰ク、前年ヨリ社会進歩シ、人智開達シタリトノ説モアリタレトモ、今日ノ現状ヲ以テセバ其実業如何ニ至リテハ敢テ只進歩トノミ称揚シカタキ所アルヲ覚フ、抑モ我輩議員ハ実業ニ従事スル商人ナルガ故ニ、社会ノ進歩人智開達等ノ如キ外見論ハ先ツ暫ラク之ヲ惜キ、只実際都合ノ宜シキ方ヲ撰ム事最モ良策ナルベシ、抑モ前年勧商局ヨリ諮詢アリタル時ニ当リ余モ其調査委員ノ一人タリシガ、同局ヨリ下付セラレタル条例ハ実ニ完全ナルモノナルベシト云トモ実施ノ如何ニ至リテハ余モ亦大ニ其難キヲ信ジタリキ、諸君試ニ看ヨ、彼ノ戸籍法ノ如キハ至極ノ良法ナルベシト雖トモ其実施ノ際ニ於テハ政府モ大ニ困難セラルヽニ非ズヤ、総テ法律ハ其性格ノ善美ナルヲ貴シトセズシテ其実際ニ適合スルヲ貴シトス、如何程良法ナリト云トモ其実際ニ行ハレザルモノ是レ徒法ノミ、余ハ敢テ可否ノ列ニ加ハルノ地位ニ在ラズト云トモ、若シ余ヲシテ其列ニ在ラシメバ寧ロ実施ノ難カラザルモノ
 - 第17巻 p.610 -ページ画像 
ヲ選マン歟、此件タル東京府下而已ナラズ全国一般ニ関係ヲ有スルモノナレバ、益田孝君ノ如ク両論者各々実施ノ手続ヲ考究シテ更ニ審儀《(議)》スル方可ナラン歟
益田克徳曰ク、余ガ説タル社会ノ進否ニ関シテ発シタルモノニ非ス、諸君ハ余ガ説ヲ以テ勧商局ニテ甞テ草定セラレタル条例ヲ賛成スル者ノ如ク云ハルレトモ是レ決シテ然ルニ非ラズ、只我国ノ現状ニ就テ之ヲ発スルモノナリ、認許ノ制豈一途ニ止ランヤ、然ルニ論者ハ一概ニ余輩ヲ駁撃シテ「ラジカル」ノ想像ヲ抱クモノトス、之ヲシモ弁セザレバ余輩ハ益々馬鹿ヲ見ル者ナルガ故ニ不得止シテ此ニ一言ス、諸君請フ之ヲ諒セヨ
福地曰ク、認許主唱論者ノ為メニハ甞テ勧商局ヨリ下付セラレタル条例ハ恰好ノ参考書タリ、但シ輸出品ヲ限リテ認許商票ヲ行ハントスルノ説アルト雖トモ、輸出品ノ商票ヲ保護スルノ一事ハ其品物ノ内地ニ在ル間ト云トモ斉シク之ヲ保護セザレバ決シテ其効ヲ期スベカラザルモノナリ、論者予メ之ヲ記セヨ
柴崎曰ク、余モ亦認許商票ヲ賛成スル者ナリ、夫レ酒ノ如キ、醤油ノ如キ其商票ヲ偽造スルノ利得ハ果シテ誰カ之ヲ専収スル者ゾ、其商品ノ製造スル者ニモアラズ、又之ヲ運送スル者ニモアラズ、独リ之ヲ販売スル者ノ専収スル所ナリ、夫レ此弊ヲ矯正スル認許商票ヲ措テ他ニ良法ナキヲ信ズルナリ
以上諸説ノ外猶各員ノ間議論アリタレトモ要スルニ認許・不認許ノ両説ニ外ナラズ、於是会頭ハ各員ニ向ヒ益田孝・福地両君ノ認許・不認許論者相共ニ各々其実施ノ手続ヲ調査シ、猶次会ニ於テ更ニ之ヲ審議スベシトノ説ヲ取ルベキヤヲ問フタルニ、皆異議ナキヲ以テ即チ両論者中其調査委員ヲ定ム、其姓名左ノ如シ
                認許商票調査委員
                    清水誠
                    丹羽雄九郎
                    大倉喜八郎
                    益田克徳
                    原六郎
                不認許商票調査委員
                    福地源一郎
                    益田孝
                    中山譲治
                    津田仙


渋沢栄一書翰 梅浦精一宛 (明治一四年)四月五日(DK170049k-0007)
第17巻 p.610-611 ページ画像

渋沢栄一書翰  梅浦精一宛 (明治一四年)四月五日   (土肥脩策氏所蔵)
○上略
不認許商票調ハ昨夜益田とも打合候得共近日一夕福地と共ニ三人相会し、各所見討議仕度、就而ハ明後七日ニてハ如何哉、福地ヘ御問合被下候、場処ハ何れニてもよろしく候
○中略
  四月五日
 - 第17巻 p.611 -ページ画像 
                        渋沢栄一
    梅浦精一様


渋沢栄一書翰 梅浦精一宛 (明治一四年)五月一二日(DK170049k-0008)
第17巻 p.611 ページ画像

渋沢栄一書翰  梅浦精一宛 (明治一四年)五月一二日   (土肥脩策氏所蔵)
○上略
不認許商票草案ハ未タ小生之手ヘハ廻り不申候、相廻り候ハヽ至急閲了返上可仕候、其上草案双方共印刷ニ付し臨時会日取究申度候
○中略
  五月十二日
                              渋沢栄一
    梅浦精一様


渋沢栄一書翰 梅浦精一宛 (明治一四年)五月一四日(DK170049k-0009)
第17巻 p.611 ページ画像

渋沢栄一書翰  梅浦精一宛 (明治一四年)五月一四日   (土肥脩策氏所蔵)
○上略
商票之臨時会も双方之書類印刷之上ハ早々相開き申度是又御配慮可被下候
○中略
  五月十四日
                     渋沢栄一
    梅浦盟台


渋沢栄一書翰 梅浦精一宛 (明治一四年)□月一九日《(五カ)》(DK170049k-0010)
第17巻 p.611 ページ画像

渋沢栄一書翰  梅浦精一宛 (明治一四年)□月一九日《(五カ)》   (土肥脩策氏所蔵)
○上略
商票之草案ハ少々認入度処も有之哉ニ付、両三日中ニ愚案附記して福地ヘ相廻し可申奉存候間、其上同氏ヘ御催促可被下候(廿日迄ニハ必ス相廻し可申候)
右之段申上候 匆々敬白
  十九日                         渋沢栄一
    梅浦様


東京商法会議所要件録 第二八号・第二―三頁 明治一四年五月二一日刊(DK170049k-0011)
第17巻 p.611 ページ画像

東京商法会議所要件録  第二八号・第二―三頁 明治一四年五月二一日刊
  第三委員総会 明治十四年五月十日午後第六時開場
    ○商票条例実施手続調査之件
本件ハ去三月廿三日第十臨時会ニ於テ審議ノ末其説認許・不認許ノ両派ニ分カレ、終ニ各委員ヲ定メ其実施ノ手続ヲ調査セシメ重テ討議スベシト云フニ決シタリシガ、爾後両委員ハ数回会議ヲ開キ共ニ其手続ヲ審案シ、漸ク之ヲ調成シタルヲ以テ今会衆議ノ上先ツ両委員ノ調査シタル手続書ヲ印刷シテ之ヲ衆員ノ参考ニ供シ、然シテ後更ニ臨時会ヲ開テ其可否ヲ衆議ニ求ムルニ決定シタリシガ、爾後両委員ハ数回会議ヲ開キ、共ニ其手続ヲ審案シ漸ク之ヲ調成シタルヲ以テ今会衆議ノ上先ツ両委員ノ調査シタル手続書ヲ印刷シテ之ヲ衆員ノ参考ニ供シ、然シテ後更ニ臨時会ヲ開テ其可否ヲ衆議ニ求ムルニ決定シタリ


東京商法会議所要件録 第二九号・第一―三二頁 明治一四年六月一三日刊(DK170049k-0012)
第17巻 p.611-619 ページ画像

東京商法会議所要件録  第二九号・第一―三二頁 明治一四年六月一三日刊
 - 第17巻 p.612 -ページ画像 
  第十三臨時会 明治十四年五月廿五日午後七時開場
    議員出席スル者 ○二十一名
以上出席者二十一名ナルヲ以テ其数ハ議員全数七十七名ノ内旅行永病気ノ者及退場願ヲ出ダス者合テ十六名ヲ扣除シ、残員六十一名ノ三分一以上ニ当リ、議事規則ニ拠レバ其三分二以上ノ同意者アレバ本日ノ議案ハ何レモ直チニ議場ニ其可否ヲ決スルヲ得ベキ数ナレバ、第一副会頭益田孝君ハ会頭渋沢栄一君ノ参会遅キヲ以テ代リテ会頭席ニ就キ先ツ各員ノ注意迄ニ此旨ヲ報シ、且曰ク、今会ハ兼テ議案ヲ以テ諸君ニ報道シタル件々ヲ議スルガ為メナレバ議案ノ順席ニ従ヒ先ツ商票ノ件ヨリ議事ヲ始ムベシ、抑モ此商票ノ一条ハ当初議題トナリテヨリ以来数回ノ討論ヲ悉クシテ猶其可否ヲ決セズ、更ニ前会ニ於テ認許・不認許両論者ヲシテ各々其実施ノ手続ヲ調査セシムルニ決シタリ、此案ニ示ス所ハ即チ其調査ノ顛末ナリ、然レトモ今認許・不認許ノ得失ヲ議スルニ当リ、先ツ各々其草案ニ就キ質議スルヲ肝要トス、而シテ此答弁ハ各々其委員ヲシテ之ヲ担当セシムベシト、即チ例ニ拠リ書記ヲシテ認許・不認許商票手続書ヲ順次朗読セシメ(議案ハ参考部ニ付ス)先ツ認許商票実施手続書ニ就キ質問スベキ旨ヲ告グ
時ニ会頭渋沢君来会アリ、不認許商票委員トシテ議員席ニ就キ認許商票委員益田克徳君ニ問テ曰ク
 此草案第十九条ニ拠レバ認許商票簿ヲ庶人ノ縦覧ニ供スベシトアリ如何ナル手続ヲ以テスルノ見込ナルヤ
益田克徳答テ曰ク、庶人ニシテ縦覧ヲ請フ者アラバ登録所ハ之ヲ示スニ過ギズ、且ツ此認許商票ノ組立タル其手数ノ単簡ナラン事ヲ欲スルガ故ニ、委員ノ考フル所ヲ以テセバ別段ニ之ヲ布告スルニ及ハザルノ見込ナリ
渋沢曰ク、第五条ニ拠レバ従来使用ノ商票ト云トモ登録ヲ受ケザレバ専用権ヲ保ツ事ヲ得ズトアリ、而シテ又明治元年以前ヨリ使用ノ分ニ限リ登録ヲ受ケザルモノト云トモ認許ノ為メニ其使用ノ権ヲ失ハズト云フモノハ其精神果シテ如何ン
益田克徳曰ク、明治元年以前ノ者ニ特例ヲ与フルモノハ是古来使用ノ商票ヲ重ンズルノ意ニ出デタルナリ
渋沢曰ク、然ラバ此条例頒布ノ後甲商人ガ其商票ノ登録ヲ願出デ其認許ヲ得タランニ、乙商人ヨリ該票ハ明治元年以前ヨリ己レ已ニ之ヲ使用シ来リタル旨ヲ申出ヅル時ハ、必ズヤ甲乙両人ノ間争論ヲ生ズベシ、如此時ハ孰レカ法廷ニ勝ヲ得ベキ者ナルヤ
益田克徳曰ク、道理上ヨリ之ヲ見レバ一タビ認許ヲ得タル商票ナラバ総テ他人ニ向テ其専用権ヲ及ボスヲ得ベキ筈ナレトモ、如此スル時ハ此商票ヲ古来ヨリ用ヒ来リタル乙人ノ如キ其迷惑少カラス、是委員ガ特ニ此但書ヲ加ヒ、古来使用ノ商票ヲ保庇スル所以ナリ、之ヲ要スルニ委員ノ意ハ乙人ノ如キ者ニ向テ速カニ其商票ノ登録ヲ願出デン事ヲ希望スルニ過ギザルナリ
渋沢曰ク、然ラバ即チ此第五条タル法律ヲ以テ商票ヲ保護スルノ効用只其認許ノ前後ノミニ関セズシテ猶実際使用ノ前後ヲモ参酌スルノ精神ナルカ
 - 第17巻 p.613 -ページ画像 
益田克徳曰ク、然リ
会頭(益田孝)曰ク、各種商票ニシテ明治元年以前商人ノ使用シ来ル所ノモノハ其数蓋シ少カラザルベシ、然ルニ此等商人ノ未ダ其専用ヲ願出デザルニ当リ、他ノ商人ガ先ヅ其専用ヲ出願スル事アラバ必ズヤ其争論ヲ免カレザルベシ、豈紛雑ナラズヤ
益田克徳曰ク、仮令登録所ト云トモ明治元年以前使用ノ分マデヲ禁止スル事能ハザルナリ、之ヲ要スルニ明治元年以前ハ此法律ノ勢力ヲ及ボス限リニ非ズト見テ可ナリ
後藤曰ク、同一商票ニシテ或ハ認許ノ文字ヲ附シ、或ハ否ザル事アルモ妨ナキカ
益田克徳曰ク、然リ
渋沢曰ク、第七条中認許商票ノ四文字其他ヲ其商票ニ附記スルヲ得トアレバ、必ズシモ之ヲ附記セシムルニ非ズト信ズ、果シテ然ルヤ
益田克徳曰ク、然リ
清水九兵衛曰ク、第十九条中商票ヲ縦覧セシムルノ事アリ、若シ本条ニ拠レバ長崎ノ商人ガ商票ノ登録ヲ出願セントシテ其縦覧ヲ欲スル時ハ、先ツ東京ニ来リ登録所ニ就キ其帳簿ヲ閲スルニ非レバ能ハザルガ如シ、果シテ然ルヤ
益田克徳曰ク、然リ、然レトモ実際商票ノ専用ヲ出願スル者ノ如キ其同業者ニ就テ諮詢スル時ハ必ズシモ登録簿ノ閲覧ヲ要セズ、若シ又其出願スル商票ニシテ果シテ他ノモノニ類似スルカ若クハ其他認許スベカラザルノ事実アル時ハ、登録所ハ之ヲ其願人ニ却下シ再願ヲ命ズルモ亦可ナリ、而シテ其出願ノ如キハ総テ郵便ヲ以テ之ヲ弁ジ得ベキナリ
渋沢曰ク、第十五条中相続人ノ之ヲ用フルハ登録ヲ要セズトアリ、此相続人ハ遺産ヲ相続スル者カ将タ其業ヲ相続スル者カ
益田克徳曰ク、本条ハ前年勧商局ノ制定ニ係ル条例ニ依ルモノニシテ調査委員ノ見ル所ニテハ遺産ヲ相続スルノ謂ニ非ズシテ営業ヲ相続スル者ヲ謂フモノナリ、例ハ伊勢屋喜右衛門ノ商票ヲ倅ノ喜八郎ガ続用スル如キヲ云フナリ、然レトモ若シ遺産相続人ト営業相続人ノ混同ヲ憂フルトナラバ更ニ但シ書ヲ加ヒテ之ヲ明示スルモ亦固ヨリ妨ナキナリ
渋沢曰ク、認許願手続規則草案第二条ニ其願書ヲ一年間登録所ニ留置クノ事アリ、是レ即チ条例草案第五条古来ノ商票ヲ保護スルノ精神ト連帯スルモノヽ如シ、果シテ然ルヤ
益田克徳曰ク、然リ
平野曰ク、手続規則草案第六条中認許ノ成否ハ郵便日数ヲ除キ廿日以内ニ通知スベシトアルモノハ如何ナル意ニ出ヅルヤ
益田克徳曰ク、是只ニ其濡滞《(渋)》ノ弊ヲ防カンガ為メ特ニ法律ヲ以テ之ヲ明示シタルモノナリ、而シテ前条已ニ一年間商票ヲ留置クトアレバ此一年タル例外ニシテ本条廿日云々トアルハ全ク其限リニ非ル事勿論タルヲ知ルベシ
於是会頭(益田孝)ハ認許商票実施手続書ノ質問已ニ終リタルナレバ引続キ不認許商票実施手続書ノ質問会ヲ開キ、而シテ其答弁者ハ委員
 - 第17巻 p.614 -ページ画像 
渋沢君之ニ当ルベキ旨ヲ述ブ
時ニ益田克徳君ハ認許商票実施手続書ニ就キ諸君ノ質問全ク終リタルガ如シト云トモ、猶此ニ調査委員ガ本案ヲ草定スルニ方タリ殊ニ討議ヲ費ヤシタル条々ヲ念ノ為メ諸君ニ報道シ敢テ参考ニ供スル旨ヲ述ベ且ツ曰ク
 抑モ調査委員ガ本案中最モ議論ヲ要シタルモノハ第六条及第八条ナリトス、而シテ第六条第二ニ示ス所ハ例バ醤油ノ亀甲万ニ於ケル、酒ノ正宗ニ於ケルガ如キハ慣用ノ久シキ殆ド普通物名ト一般ナルモノニシテ、若シ此等ヲモ尽ク商票ノ限内ニ置キ、専用出願ノ前後ニ依リテ之ヲ許否スル時ハ其認許ヲ得タル者独リ大利ヲ隴断《(壟)》シ得ベシト云トモ、其他ノ者ハ之ガ為メ非常ノ損害ヲ受ケザルヲ得ズ、元来此等ノ名号ハ普通物名ニ非ズシテ某製造人若クバ商人ガ考出シタルノ信符タルベケレバ、道理上ヨリ之ヲ言フ時ハ其初メ之ヲ考出シタル者ニ向テ其専用権ヲ与フル事至当ナルベケレトモ、慣用ノ久シキ其ノ誰ガ創意ニ出ツルヤヲ識ルベカラズ、故ニ今日ニ於テハ亀甲万ト唱フレバ其醤油ナルヲ知リ、正宗ト称スレバ酒ナルヲ知ルニ至レリ、是レ余輩調査委員ガ之ヲ商票ノ限外ニ置キ、以テ専用権ヲ与フベカラズト考定シタル所以ニシテ亦不得止ノ事ナリトス、又彼ノ第八条ノ如キ元来余輩調査委員ノ見ル所ヲ以テセバ商票タルモノハ其製造人若クバ商人ノ信用ヲ維持スルト謂フヨリハ寧ロ其商品自身ノ信用ヲ維持スルモノナレバ、此商票ヲ数品ニ通用スベカラザル言ヲ待タズト云トモ、世間商品ノ多キ悉ク之ヲ其種類ニ応シテ小分細別スレバ其麗啻ニ億ノミニ非ス、是レ委員カ単ニ一種類ニ限リ商票ヲ専用スルヲ得ト草定シタル所以ナリ、然レトモ此種類ノ区域ニ就キ委員ノ見ル所相同シカラズ、例之バ薬品ノ如キ中ニハ宝丹アリ、精錡水アリ、此等ハ商票ヲ別用スル則チ可ナリト云トモ、陶器ノ如キ土瓶ト云ヒ茶碗ト云ヒ其種類ノヤヽ異ナル者ニ向テ皆必ズシモ其商票ヲ通用スベカラズト云ハヾ実際ノ不都合亦少シトセズ、左リトテ陶器ノ土瓶・茶碗ニ於ヶルハ猶薬品ノ宝丹・精錡水ニ於ケルトハ其名ハ殆ド同様ニシテ、其実如此県懸スルヲ見レバ商品種類ノ区域ニ就キ予メ法律ノ明文ヲ以テ画一ノ分界ヲ示ス事亦実ニ難シトス、是レ委員カ本条ニ於テ其種類ノ区域ヲ定ムルノ全権ヲ登禄所《(録)》ニ委シタル所以ナリ、諸君請フ之ヲ諒セヨ
渋沢曰ク、蚕卵紙ノ如キ春種アリ、夏種アリ、均シク蚕卵紙ニシテ春夏ノ種類ニヨリテ其中書ヲ異ニス、夫レ同種ノ品物ト云トモ自ラ其商票ヲ区別セザルベカラザルヤ如此シ、故ニ其種類ヲ分別シテ之ヲ条例中ニ挙示スルカ如キハ至難ノ業ト云フベシ、想フニ認許商票委員カ此条ヲ特示スルモノハ之ヲ是レ参酌シタルノ考案ナラン、果シテ然リトセバ是レ至当ノ見ト云フベシ
小暮曰ク、敢テ会頭ヘ建議シタシ、今夕来会ノ諸君中新参ノ議員モアリ、議事ノ始末ハ議案並ニ要件録ヲ以テ詳知セラレタルベシト云トモ、猶決議ノ鄭重ヲ要センガ為メ本件ノ可否ヲ決セラルヽノ前ニ於テ一応本件ノ議題トナリタル以来ノ経歴ヲ演説セラン事《(レ脱)》ヲ望ム
会頭(益田孝)曰ク、本件ノ議事ハ勉テ鄭重ナラン事ヲ要スルガ故ニ
 - 第17巻 p.615 -ページ画像 
質問会ヲ終リタル後、小暮君ノ建議ノ如ク両委員ヨリ更ニ其調査ノ顛末ヲ演説スル事トナサン、諸君先ツ不認許商票実施手続書ニ就キ質問アルベシ
大倉曰ク、本書第二項中ニ被害者ノ告訴ニヨリ犯者ニ向テ其商票ノ使用ヲ禁ズベシトアリ、夫レ認許セザルノ商票ナレバ如何ナル商票ヲ偽造スル之ヲ犯者ト云フベキカ、又如何ナル場合ニ於テ法律ハ其被害者タルヲ公認スベキカ、是レ余カ最モ解セザル所ナリ、敢テ明弁ヲ乞フ
渋沢曰ク、夫レ已ニ己レノ商票ヲ保護スルノ念意アレバ之ヲ偽造セラルヽ即チ害ヲ受クルモノニ非ズヤ、是レ実ニ覩易キモノト謂フベシ且ツ夫レ本項ニ於テ此法律ノ及ブ限リヲ十年ト定メタルモノハ、是実際ヲ斟酌シテ仮リニ之ヲ分界トシタルニ過ギズ、故ニ若シ夫レ此年限ヲ少シク伸縮スベシ等ノ論アラバ、委員ハ其議論果シテ本項ノ精神ヲ傷ケザル以上ハ敢テ必シモ之ニ向テ異議ヲ容レザルナリ
益田克徳曰ク、家号ノ如キハ商票ノ限内ニ在ルノ意カ如何ン
渋沢曰ク、不認許商票委員カ考フル所ヲ以テセハ商票ハ商品ニ付スルノ信符ニシテ、若シ家号ヲ以テ此信符ニ代用スル以上ハ之ヲ商票ト謂フモ可ナリ、然リト云トモ直チニ家号其レ自ラヲ以テ商票ト為スニハ非ルナリ
益田克徳曰ク、夫レ商票ヲ付スルハ其家又ハ店ノ信用ヲ保護スルノ意カ、例之バアサヒ屋ノ旭日印ノ如キ店印迄ヲ包含スルノ意カ
渋沢曰ク、若シ其目印ヲ採リテ之ヲ商品ニ附弐スル時ハ即チ商票ノ効力ヲ有スベキナリ
益田克徳曰ク、然ラバ呉服屋ニシテ烟草ヲ商フ者アランニ、此商人ハ二品トモ同商票ヲ付スルヲ得ルノ意カ
渋沢曰ク、然リ
益田克徳曰ク、果シテ然ル時ハ呉服屋カ呉服ニ付スル商票ヲ烟草ニ兼用シテ、他ノ烟草屋ヲ苦シマシムルカ如キ事実際必ズ其事ナシトセズ、豈不都合ナラズヤ
渋沢曰ク、抑モ委員カ此手続書ヲ調査シタルヤ其要旨手数ノ単簡ナラン事ヲ欲スルニ在リ、而シテ仔細ニ実際ヲ観察スル時ハ或ハ益田君ノ顧慮セラルヽカ如キ事アラン、然レトモ之レ不認許商票調査委員ノ見ル所ニ拠レバ、某商票ハ其専用権ヲ認許シタリト一々之ヲ挙示セザルカ故ニ、例令他人ト同商票ヲ使用スルモ未ダ直チニ之ヲ犯干ト為スベカラズ、其犯干ハ被害ノ形蹟判然タルヲ待テ初テ定マル者ナリ、之ヲ要スルニ認許商票ハ法律ヲ以テ某商票ノ専用権ヲ甲商人ニ与ヘタリト公認スルモノナルカ故ニ、法律ノ目ヲ以テ之ヲ見レバ乙人カ甲商人ノ商票ヲ濫用スルノ瞬間時ハ即チ乙人カ害悪ヲ行フタルノ時ナリ、然レトモ不認許商票ハ仮令同票ヲ同品ニ使用スルモノアルモ、其果シテ他人ノ信用ヲ害セザル限リハ固ヨリ妨ナキモノトス、是ヲ以テ甲人カ呉服ニ使用スル商票ヲ以テ同シク烟草ニ兼用スルモ、乙人カ必ズシモ迷惑ヲ受クルト断言スベカラザルナリ
益田曰ク、然ラバ印ヲ商票トシテ使用スルノ人ハ、法律上如何ナル人ニ向テモ其使用ヲ禁シ得ルノ精神ナルカ
 - 第17巻 p.616 -ページ画像 
渋沢曰ク、夫レ商票ヲ数品ニ兼用スル者アランニ、其被害ノ訴ハ先ツ他ニ同票ヲ付スルノ同品アリテ初テ起ルモノナレバ、其果シテ被害ノ証跡アル以上ハ此印ヲ使用スル者カ他人ニ向テ其使用ヲ禁スルヲ得ルハ勿論ノ事トス
大倉曰ク、今不認許商票委員ハ一票ヲ数種ニ兼用スベシト云フ、果シテ然ラバ暖簾印ノ如キハ如何ン
渋沢曰ク、一票ヲ数種ニ兼用スルト否トハ其使用者ノ適意ニ在リ、而シテ暖簾印ノ如キ未ダ必ズシモ商票ニ代用スルモノニ非ズ、其商票ニ代用セザル限リハ之ヲ以テ直チニ商票ト称スベカラザルナリ
益田克徳曰ク、第一項中私印私書ヲ偽造スルノ罪ニ準シ、偽符・偽票ト謂フカ如キ法律ヲ設ケ云々ト云フモノハ果シテ商票ヲ偽造スル者ハ私印私書ヲ偽造スル者ト同シク其罪ヲ問フノ意カ、将タ否ザルカ
渋沢曰ク、此準ノ字或ハ妥当ナラズ、抑モ委員ノ考フル所ハ商票ヲ偽造スル者ハ私印私書ヲ偽造スル者ト同ク其罪ヲ論スベシトノ主意ニ非ズ、只私印私書ヲ偽造スルノ罪ノ如ク相当ノ法律ヲ設ケテ之ヲ罰スベシト云フノ意ニ過ギザルナリ
益田克徳曰ク、被害者其損害ノ賠償ヲ求ムル時ハ法官ハ犯者ニ向テ偽票ヲ付シタル貨物売上代五分ヨリ一割迄ノ賠償ヲ命スベシトアル、此制限タル果シテ何ヲ標準トシテ之ヲ定メタルカ
渋沢曰ク、夫レ賠償ヲ命スル犯者偽商票ニ依テ収入シタル利益ヲ標準トスル或ハ至当ナルベシト云トモ、之ヲ算定スル悉ク其帳簿ヲ撿査セザルベカラズ、是蓋シ甚ダ難キニ非ズヤ、故ヲ以テ委員ハ裁判官ノ便ヲ図リ仮リニ売上代ノ五分ヨリ一割迄ヲ以テ相当ト考定シタルモノニシテ、若シ如此目安ヲ定ムル時ハ犯者カ偽商票ノ為メ己レニ利益ナキヲ口実トシテ其賠償ヲ拒ムカ如キ事ナカラシムベキナリ
於是会頭(益田孝)ハ質議稍々尽キタルヲ以テ更ニ小暮君ノ建議ニ基キ可否ヲ決スルニ先ダチ先ツ、認許商票委員ヲシテ本議ノ経歴且ツ其得失ヲ演述セシム
時ニ大倉君ハ、其経歴ノ大要ヲ述ベテ曰ク、抑モ本議ノ初テ議場ノ問題トナリシハ明治十一年旧勧商局カ商票条例ヲ草定シテ本会ノ意見ヲ諮問セラレタルニ昉ル、当時本会ノ衆議ハ該条例ノ実際施行ニ妨害アルヲ論シ、我国ノ人民ハ猶幼穉ニシテ商票ノ何タルヲ知ラズ、然ルニ突然精密ナル条例ヲ頒布セラルヽ時ハ却テ実際ニ不都合アルベシトノ説ニ帰着シ、即チ商票条例尚早シト云フノ意見ヲ以テ同局ヘ答申シタリ、然ルニ昨年島村蚕種会社ハ我国未ダ商票保護ノ制アラザルカ故ニ商業ノ開進上至大ノ妨碍ヲ生ジ、已ニ同会社カ嘗テ其商票ヲ偽造セラレ、為メニ営業上至大ノ損害ヲ蒙リタルカ如キ是レ独リ同会社ノ私益ヲ損スルノミニ止ラズ実ニ国家ノ不幸ト云フベケレバ、政府ニ於テ商票条例ノ制定アルベキ様本会ヨリ之ヲ建議セン事ヲ要望セラレタリ、是本件ノ再ビ議題トナリタル所以ニシテ、爾後本会ハ特ニ数回ノ会議ヲ開キ其得失ヲ討議シタルニ議論百端一決セザリシカ終ニ認許・不認許ノ両説ニ帰着シタリ、然ルニ本件ノ如キハ立法ニ関スル大事ニシテ軽忽議決スベカラザルヲ以テ前会認許不認許トモ両委員ヲ定メ、共ニ其実施ノ手続ヲ調査セシムルニ決シ
 - 第17巻 p.617 -ページ画像 
爾来両委員ハ数回ノ会議ヲ開キ、各々其考案ヲ調査シテ以テ今会之ヲ議場ニ提出シテ衆議ニ付スルニ至レリ、是本件ノ経歴ニシテ今夕議案ノ如キハ諸君已ニ了知セラルヽ所ナルカ故ニ敢テ此ニ之ヲ贅セザルナリ
益田克徳曰ク、夫レ不認許論者ト云ヒ認許論者ト云ヒ共ニ商票ヲ保護スルノ精神ニシテ固ヨリ同主義ナレバ敢テ其間ニ輸贏ヲ争フ迄ノ事ニ非ズ、若シ不認許論者ニシテ認許ノ説ニ服スル時ハ之ヲ賛成スルニ於テ何ノ憚ル事カアラン、認許論者ト云トモ亦以テ然リトス、之ヲ要スルニ同主義ヲ保持スルノ論者ニシテ執拗自説ヲ固守スルハ余輩ノ敢テ為サヾル所ナリ、只夫レ認許論者ニシテ不認許論者ト其趣ヲ異ニスルモノハ、第一認許登録ノ前後ヲ以テ商票ヲ保護スル事、第二登録ヲ為ス時ハ類似商票アルヲ防キ其使用者ハ安心シテ其商票ヲ専用シ得ル事、第三商票ハ数品ニ兼用セズ一品ニ限リ之ヲ使用スル事ナリトス、此三者ハ全ク認許商票ノ不認許商票ト異ナル所以ニシテ余輩ノ認許商票ヲ撰ム所ノ要点モ亦蓋シ此ニ出デザルナリ、今夫レ認許・不認許ノ得失ヲ知ラント欲スル者、先ツ以上ノ要項ニ従ヒ彼此其便否ノ在ル所ヲ比較シ来ラバ必ズヤ思ヒ半ニ過ギント信ズルナリ
丹羽曰ク、抑モ商票ノ起原ヲ云ハンニ、初メ製産者カ其貨物ヲ市場ニ出ダスヤ商賈ハ一々其貨物ヲ細撿シ然シテ後其市価ヲ定メザルヲ得ズ、然ルニ各地製産品ノ多キ毎品其上包ヲ解キ仔細ニ其品位ノ良否ヲ点撿スルカ如キハ其煩労易ナラズ、是ヲ以テ其製産者ハ此煩労ヲ省カンガ為メ之ニ商票ヲ付シテ其貨物ノ精確ヲ保証シタルナラン、又商人ガ此等ノ貨物ヲ買集シテ之ヲ消費者ニ販売スルニ当リ之ニ己レノ商票ヲ付シ消費者ニ向テ其品位ヲ保証シタルナラン、是商賈《(票カ)》ノ起原ニシテ、亦製産者ト商賈トニ商票ヲ要スル所以ニ非スヤ、夫レ商票ナルモノハ貨物ノ品位ヲ保証スルノ要具タル事如此、然ルニ此要具ヲシテ果シテ信憑スルニ足ラザラシメバ、其商業上ノ不都合果シテ如何ンゾヤ、今此要具ヲシテ果シテ信憑スルニ足ラシメントナラバ、認許商票ノ制ニ依ルニ若カザルナリ、蓋シ一利ヲ興スニ当リ一害亦之ニ随フハ事物ノ常数ニシテ、認許商票ノ制ニ於テモ固ヨリ其弊害ナキヲ保セズ、然リト云トモ小害ヲ顧慮シテ大利ヲ抛却シ、急施ヲ要スルモノヲ以テ之ヲ等閑ニ付スルガ如キハ余輩ノ最モ取ラザル所、是余ガ認許商票ヲ賛成スル所以ナリ
会頭(益田孝)曰ク、大倉君ハ先刻演説中曩キニ本会ガ勧商局ニ向テ商票条例尚早シト云フノ意ヲ以テ答申シタリ云々ト述ベラレタルガ、斯ハ本会ガ該条例ノ精神ヲ排撃シタルニ非ズ、只精密ナル条例ヨリハ寧ロ単簡ナル法律ヲ設ケテ商票保護ノ目的ヲ達セラレン事ヲ望ミタルニ過ギズ、今為念一言ヲ贅ス
大倉曰ク、余ガ先刻演説スル所ハ只商票ノ経歴ニ止リテ未ダ其他ニ及バス、請フ聊カ玆ニ其得失ニ就キ愚見ヲ述ベン、抑モ余輩商人ガ貿易市場ニ立テ商売ヲ経営スルヤ、恰モ武士ノ戦場ニ臨ミ矢石ノ間ニ立チテ勝敗ヲ争フガ如シ、夫レ武士ガ其主家ノ為メニ其身ヲ顧ミザルモノハ名誉ヲ望ムニ外ナラザルモノニシテ、余輩商人ガ前途ニ期
 - 第17巻 p.618 -ページ画像 
スル所ノ名誉豈亦之ト異ナランヤ、是ヲ以テ余輩商人ハ其商票ノ保護ヲ得テ其名誉ヲ博スルノ策ヲ講セザルベカラズ、然ルニ此商票ニシテ十分ノ保護ヲ得ザル時ハ、夫レ何ヲ以テカ能ク其目的ヲ達スルヲ得ンヤ、是余輩ガ認許商票ヲ望ム所以ニシテ、其之ヲ望ムノ精神亦此ニ外ナラザルナリ
渋沢曰ク、夫レ商票ノ性質効用及之ヲ保護セザルベカラザルノ理由ハ認許商票調査委員ガ演説セラルヽ所ノ如ク今更ニ之ヲ弁ゼズシテ可ナリ、蓋シ旅籠屋ノ招牌ノ如キ均シク其信用ヲ維持スベキノ要具ナリトハ云ヘドモ、其実旅容《(客)》ヲ冷遇スルカ如キ事アラバ果シテ如何ントスルカ、夫レ認許論者ハ登録シテ其認許ヲ得ルニ非レバ保護ノ効用ナシト云フト云トモ、此立派ナル招牌ヲ掲ゲテ其実状猶如此事アルニハ非ズヤ、何ガ故ニ必ズシモ認許スルノミヲ保護法ト云フヤ、余輩ノ見ル所ヲ以テセバ世人ノ信用ヲ保護スルモノ独リ認許ノ法ノミニ止ラザルナリ、試ニ世人ノ姓名並ニ印章ノ如キヲ見ヨ、皆是認許ノ法モナク専用ノ法モナクシテ猶能ク十分ニ其保護ヲ得ルニハ非ズヤ、且ツ夫レ認許ノ制タル第一古来ノ習慣ヲ破ルノ傾向アリ、第二ニ其実施ノ手数甚ダ煩ハシキモノナリ、同シク十分ニ保護ヲ受クルヲ得ルモノナラバ豈求メテ煩雑ナルモノヲ撰ムベケンヤ、本会ガ嘗テ勧商局ヘ答申シタルノ趣意モ蓋シ此一点ニ出デザルナリ、今不認許商票ノ制ヲ実施スルニ当リテハ、予メ法律ヲ定メテ以テ其保護ヲ受クベキ商票ノ区域ヲ明示スベシ、然シテ後余輩委員ガ調査シタル手続書ニ依リ不認許ノ制ヲ実施スル時ハ其手数ハ甚ダ簡単ニシテ其保護ノ効用ハ却テ認許商票ニ駕スベキヲ信ズルナリ、認許論者ハ登録ノ法ヲ設ケザレバ保護ノ効用薄シト云フト云トモ、抑モ登録ノ法ヲ設クル時ハ何ガ故ニ其保護ノ効用厚シト云フヤ、或ハ如此セザレバ被害者犯者ノ分ヲ識別シ難シト云フ者アラン歟、然レトモ被害干犯ノ跡豈登録法アリテ初テ後ニ顕ハルヽモノナランヤ、想フニ此説タル机上ノ考案ニ過ギザルモノニシテ能ク実際ニ就テ精細ノ観案ヲ下タス時ハ決シテ如此理ナキヲ発見スルニ足ルベシ、之ヲ要スルニ保護ノ厚薄ハ決シテ登録法ノ有無ニ関スルモノニ非ズ、況ンヤ其被害ノ分量ヲ算定シ其犯状ヲ識別スルニ鑑定人ノ便法アルニ於テオヤ、夫レ余輩ハ旧習ヲ破ル事ヲ好マザルモノナリ、急進ノ手段ヲ厭フモノナリ、其ノ得失ノ分カルヽ所ハ夫レ玆ニ在ランカ
於是会頭(益田孝)ハ各員ニ向ヒ最早説モ尽キタレバ可否ヲ決スベキ旨ヲ述ベ、猶其得失ニ就キ各員ノ意見ヲ問フタルニ
松尾曰、余ガ認許商票ヲ賛成スル所以ハ他ニ在ラズ、抑モ我国ノ工芸品ニシテ、近来海外ヘ輸出スルモノ其数極テ多シ、然ルニ識物《(織)》ノ如キ其実東京ノ製造ニ係ル物ニシテ薩摩製ト称スルモノアリ、又陶器ノ如キ権助ノ作ニシテ八兵衛ト記スルモノアリ、如此ク其品位ヲ保証スルノ方法ヲ欠クヲ以テ終ニ外人ノ不信用ヲ来タス事少カラズ、是豈玉石共ニ一火ニ付スルノ嘆ニ非ズヤ、夫レ今日ノ現状ヲ以テセバ工業社会モ漸ク商票ヲ貴重スルノ意念ヲ生ズ、是認許商票ノ制ヲ設クルノ好機ニシテ余ガ此条例ノ制定ヲ要望スルノ意ハ此ニ外ナラザルナリ
 - 第17巻 p.619 -ページ画像 
右之外猶後藤君・野中君其他諸君ノ中意見ヲ陳述セラレタル者アリタレトモ、其説ハ要スルニ認許説ヲ賛成スルモノナレバ、会頭ハ先ツ認許商票ヲ可トスル者ニ起立ヲ命シタルニ起立十四人、過半数ナルヲ以テ本議ハ終ニ認許説ニ可決シ、続テ二次会ヲ開カントスルニ当リ、渋沢君ノ発議ニテ此逐条ノ審議ハ在来ノ認許商票調査委員ニ不認許商票調査委員ヲ加ヒ、更ニ之ヲ審案セシメ、然ル後ニ之ヲ二次会ニ付スベシト云フノ説ニ同意者多ク本議ハ之ニ決シタリ ○下略


東京商法会議所要件録 第二九号参考部・第一―一三頁 明治一四年六月一三日刊(DK170049k-0013)
第17巻 p.619-622 ページ画像

東京商法会議所要件録  第二九号参考部・第一―一三頁 明治一四年六月一三日刊
    ○認許商票実施手続書
余輩ハ曩キニ我国今日ニ於テ認許商票ノ法ヲ設クルニアラサレバ商標保護ノ目的ヲ全フスル能ハサルヲ議場ニ陳述シ、且ツ不認許商票論者ノ駁撃ニ対シ余輩ハ其条例ヲ設ケテ以テ之ヲ実際ニ施行スルハ敢テ難シトスベカラサルノ理由ヲ挙ゲ、而シテ我国商票ノ如キハ之ヲ認許スルニアラザレバ其効力ナキヲ論シ、到底不認許ノ説其目的ヲ達スベカラザルヲ明言セリ、然ルニ議場ノ決ハ終ニ両論者ヲシテ互ニ其論述スル所ニ就キ其各行ハントスル所ヲ調査セシメテ以テ更ニ其可否ヲ衆議ニ問フベキニ決セリ、今ヤ余輩委員ハ其行ハント欲スル所ニ依リ仮リニ商票条例ノ草案ヲ作リ以テ玆ニ之ヲ衆説ニ質サント欲ス、然リ而シテ余輩ガ此条例ノ実施ヲ難トセザル所以並ニ余輩ノ目的トスル商標保護ノ方法ハ之ニ依テ以テ明瞭ナルヘキヲ信ズト雖トモ猶議員諸君ノ質議ニ対シ議場ニ於テ弁明スル所アラントス
  明治十四年五月          認許商票調査委員

    商標条例草按
第一条 商票トハ産出人又ハ製造人又ハ商人其物品ヲ販売スルニ各自其物品ノ紛レナキヲ表別スル為メ名号・目標・花押・印章・紋印・文字・模様・図画等ヲ該品又ハ其上包入物等ニ書認メ、又ハ塗入レ又ハ彫刻シ、又ハ其他ノ仕方ヲ以テ誌記シテ、又ハ紙・木綿・絹布等ノ小切ニ誌記シテ以テ該品ニ附弐スルモノヲ総称ス
第二条 産出人又ハ製造人又ハ商人其売品ニ商標ノ専用権ヲ受ケント欲スル者ハ商標登録所ニ願出テ其登録ヲ受クベシ、而シテ此登録ヲ受ケタル商票ハ登録ノ日ヨリ十五ケ年間之ヲ専用スルヲ得
第三条 二人以上同種ノ物品ニ同一ノ商標又ハ類似商標ノ登録ヲ願出ルトキハ、其出願ノ時日早キ者ヲシテ其商標ヲ専用セシム、若シ出願ノ時日同一ナルトキハ商標登録所ノ意見ヲ以テ其一人ニ之ヲ専用セシム
第四条 従来使用ノ商標ハ此条例頒布ノ日ヨリ一ケ年以内ニ限リ其出願ノ前後ニ拘ラス其使用ノ旧キ者ヲシテ之ヲ専用セシム、但シ一ケ年ヲ経過シテ登録ヲ願出サルトキハ新商標ト同シク登録ノ前後ニ拠テ其専用権ヲ定ム
第五条 従来使用ノ商標ト雖トモ登録ヲ受ケサル以上ハ此条例ノ保護ヲ受ケ専用権ヲ保ツ事ヲ得ス、但シ明治元年以前ヨリ使用ノ商標ニ限リ登録ヲ受ケサルモノト雖トモ認許商標ノ為メニ其使用ノ権ヲ失
 - 第17巻 p.620 -ページ画像 
ハス
第六条 左ニ掲クル商標ハ登録ヲ受クル事ヲ得ス、而シテ一旦登録ヲ受クルトモ其登録ハ無効タルベシ
  第一 他人ノ既ニ登録ヲ受ケタル商標又ハ世間ヲ欺ク程之ニ類似ノ商標
  第二 願人ノ姓名、又ハ社名、又ハ地名、又ハ普通物名、又ハ慣習人ノ久シキ殆ント普通物名ノ如ク用ヒ来リタル目印、又ハ名号而已ノ商標
  第三 法律ノ禁制ニ属スル商標、又ハ社会一般ノ利益ヲ害スヘキ商標
第七条 登録ヲ受ケタル者ハ認許商標ノ四文字及ヒ其専用人ノ姓名、又ハ社名、又ハ地名ヲ其商標ニ附記スルヲ得
第八条 商標ハ一種類ノ物品ニ限リ之ヲ専用スルヲ得、但シ其一種類ノ区域ヲ定ムルハ商標登録所ノ権内ニアリトス
第九条 左ニ掲クル事項ヲ犯ス者ハ一日以上百日以下ノ禁錮ニ処シ、又ハ金五円以上百円以下ノ罰金ヲ科シ、其干犯ニ係ル未売現存品ハ之ヲ官ニ没ス
  第一 認許商標ヲ偽造シ、又ハ之ヲ使用スル者
  第二 世人ヲ欺ク程認許商標ニ類似シタル商標ヲ模造シ、又ハ之ヲ使用スル者
  第三 他人ノ既ニ用ヒタル認許商標ヲ再ヒ使用スル者
  第四 事情ヲ知リテ干犯ニ係ル商標ノ付着シタル物品ヲ販売スル者
第十条 第九条ニ掲クル事項ノ犯行ハ被害者ノ告訴ヲ待テ之ヲ処断ス
第十一条 第九条ノ事項ヲ犯サレタル認許商標主ハ、其損害ノ金額ヲ其犯行者ニ要償スルヲ得
第十二条 第九条ノ事項ヲ犯サレタル認許商標主ハ其犯行発覚ノ後全一ケ年以内ハ之ヲ告訴スルヲ得ヘシト雖トモ(犯行発覚ノ後)全一ケ年ヲ過クレハ告訴ノ権ヲ失フベシ
第十三条 認許ヲ受ケサル商標ニ認許ノ文字ヲ仮冒スル者ハ一日以上百日以下ノ禁錮ニ処シ、又ハ五円以上百円以下ノ罰金ヲ科ス
第十四条 商標専用権ハ譲渡ス事ヲ得、其譲受主ハ商標登録所ニ願出テ其譲受ノ登録ヲ受クベシ、而シテ此登録ヲ受ケサル間ハ、其譲受ノ効力ナキモノトス、但シ専用権ノ年限ハ最前登録ノ日ヨリ起算スベシ
第十五条 認許商標主死去スルトキハ商標専用ノ擁《(権)》ハ其相続人ニ帰スルモノトス、而シテ相続人ノ之ヲ用フルハ登録ヲ要セス
第十六条 認許ノ満期ニ至リ尚ホ其専用権ヲ続有セント欲スル者ハ、満期前六ケ月以内ニ商標登録所ニ願出更ニ其登録ヲ受クベシ
第十七条 認許年限内ト雖トモ、其本業廃止スルトキハ商標ノ権共ニ消滅スルモノトス、然レトモ其有権中他人ニ犯サレタル事件ヲ告訴スルノ権ハ之ヲ失ハサルモノトス、但シ政府ヨリ其業ヲ禁止スルカ又ハ三ケ年以上其営業ヲ休止スルトキハ、之ヲ廃業ノ証跡ト見做スベシ
 - 第17巻 p.621 -ページ画像 
第十八条 此条例ヲ遵奉シテ認許ヲ受ントスル者ハ左ノ手数料ヲ納ムベシ
  第一 商標認許登録ノ手数料   金三円
  第二 譲受登録ノ手数料     金一円五十銭
  第三 第二期以上認許登録ノ手数料金一円五十銭
  第四 商標改正登録ノ手数料   金一円五十銭
第十九条 商標登録所ハ認許商標簿ヲ庶人ノ縦覧ニ供スヘシ

    商標認許願手続規則草按
第一条 商標登録所ハ東京ニ設置スヘシ
第二条 商標条例頒布ノ日ヨリ一ケ年間ハ商標専用ノ願書ヲ商標登録所ニ留置キ、認許登録ヲ為サス、但シ此期限ヲ経過スレハ直チニ条例ニ従テ其登録ヲ為スベシ
第三条 商標ノ認許ヲ願出ル者ハ書式第一ニ傚ヒタル願書二通ヲ作リ之ヲ直チニ商標登録所ヘ郵便又ハ其他ノ仕方ヲ以テ差出ベシ、商票登録所ハ認許ノ上ハ之ヲ認許商標簿ニ登簿シ、其願書ニ認許ノ証印ヲ鈐シ、其一通ヲ其管轄庁ヘ送付スヘシ、管轄庁ハ手数料ト引換ニテ之ヲ願人ニ交附スベシ、若シ認許セザルトキハ其理由ヲ願書ニ記載シ直チニ之ヲ願人ニ還附スベシ
第四条 商標専用権譲受ノ登録ヲ願フ者ハ書式第二ニ傚ヒタル願書二通ヲ作リ、直チニ之ヲ商票登録所ヘ差出スベシ、登録所ハ之ヲ商票簿ニ登録シ、其願書ニ聞届ノ証印ヲ鈐シ第三条ノ手続ヲ以テ之ヲ願人ニ下附スベシ
第五条 認許満期ニ至リ更ニ認許ノ登録ヲ受ントスル者ハ書式第三、商票改正願ハ書式第四ニ傚ヒタル願書ヲ差出スベシ、其手続ハ第三条ニ同シ
第六条 商標登録所ハ願書領収ノ日ヨリ郵便日数ヲ除キ廿日以内ニ認許ノ成否ヲ直チニ其願人ニ通知スベシ
第七条 書式ハ左ノ通リタルベシ
書式第一
    商票認許願
私又ハ私共又ハ何会社又ハ何組合義、左ノ商票又ハ別紙之商票ヲ何品ニ新規相用ヰ度候ニ付、又ハ去何年ノ頃ヨリ用来候ニ付、御認許ノ上御録被下度此段奉願候也《(登脱)》
   年 月 日    注所《(住)》
               何品産出又ハ製造又ハ商人
                       姓名又ハ社名印
     商票登録所長某殿
     商票雛形

 商票ノ寸尺用方・色取・附記ノ文字ヲ明カニ記載スベシ
書式第二
 - 第17巻 p.622 -ページ画像 
    認許商票譲受登録願
何誰又ハ何会社又ハ何組合、去ル何年月日御認許相受、爾後引続専用罷在候何品ニ用ユル商票ヲ、本年月日ヨリ何誰又ハ何会社又ハ何組合譲受候間、御登録被下度此段奉願候也
  年 月 日         肩書ハ書式第一ニ同シ
                    譲渡人姓名印
                    譲受人姓名印
    商票登録所長某殿
書式第三
    商票第二又ハ第三期認許願
私又ハ私共又ハ何会社又ハ何組合義、去ル何年月日御認許又ハ第何期御認又相受《(許脱カ)》、爾後引続専用罷在候左ノ商票又ハ別紙商票、来ル何年月日ニテ年期相満チ候ニ付更ニ御認許ノ上御登録被下度奉願候也
  年 月 日       前式同様
 雛形及商票番号ヲ記載スベシ
書式第四
    商票改正登録願
私又ハ私共又ハ何会社又ハ何組合義、去何年月日何品ニ用ユル別紙甲号商票ニ認許ヲ受引続専用致居候処、右ハ去ル何年月日何府又ハ何県何地ニ住スル何誰何品ニ認許ヲ受ケタル商票、又ハ旧来用ヰ来リタル商票ト同一品《(又脱カ)》ハ紛ハシキ商票ナルニ付、此度別紙乙号商票ニ相改度候間、御認許ノ上御登録被下度奉願候也
  年 月 日                 肩書其他前書式ニ同シ
 既ニ認許ヲ受用ヰ来リタル商票
甲号
乙号
 寸尺・用方・色取・附記ノ文字等第一式ニ同シ


東京商法会議所要件録 第二九号参考部・第一―七頁 明治一四年六月一三日刊(DK170049k-0014)
第17巻 p.622-624 ページ画像

東京商法会議所要件録  第二九号参考部・第一―七頁 明治一四年六月一三日刊
    ○不認許商票実施手続書
夫レ商票トハ、商品売買上信符ノ義ニシテ、各商估又ハ製造者ガ製出販売スル品物ノ精確ナル事ヲ表シテ、其声価ヲ世間ニ博スルノ要具ナリ
我国古来信符ノ各商工ノ間ニ行ハルヽヤ久シ、而シテ其効用モ亦以テ皆其家ノ信ヲ徴スルニ足ル、今誠ニ一二ノ例ヲ云ハヾ正宗ノ酒ニ於ケル、亀甲万ノ醤油ニ於ケル、角吉ノ油ニ於ケル、丸八ノ墨ニ於ケル、其他暖簾印・符号・印章・落款ノ類ノ如キニ至ル迄永ク之ヲ用テ世間ノ信ヲ得ルニ於テハ、均シク之ヲ商票トスルニ足ルベシ、只其之ヲ専有スルノ法制ナク、之ヲ貴重スルノ意念少キヲ以テ其効用欧米ノ所謂ル「トレードマーク」ノ如クナル能ハザルノミナラズ之ヲ用フルノ方法ニ於テモ頗ル紛雑ヲ覚ユルナリ、左レバ今此商票ヲ貴重セン事ヲ企図シテ単ニ欧米ノ法制ヲ移シ来リ之ヲ我国ニ行ハントスルハ其保護ノ
 - 第17巻 p.623 -ページ画像 
区域只其法ニ適応スルモノニ止リテ却テ古来ノ慣習ヲ藩囲外《(範)》ニ抛却セシムルニ至ラン、是レ実ニ急進ノ極ニシテ決シテ完全ノ法ト謂フ可ラザルナリ
我輩ハ此商票保護ノ区域ヲ広クシ其効用ノ世間ニ普及セン事ヲ欲スル者ナリ、故ニ遽カニ精密ノ法制ヲ設ケテ古来ノ慣習ヲ攪乱スル事ヲ好マズ、是不認許商票ノ制ヲ企望シテ認許ノ制ヲ厭フ所以ナリ、蓋シ前年勧商局ヨリ下付セラレタル商票条例草案ニ就テ本会ヨリ復陳シタル意見ノ要旨モ亦此ニ外ナラザルト信ズルナリ、依テ余輩今熟々不認許商票ヲ以テ一般工商ヲ保護スルノ方法ヲ案ズルニ、左ノ四項ノ綱領ニ依リテ法律ヲ設クル時ハ余輩ノ其目的ヲ達シ得ベキヲ信ズルナリ
第一項 凡ソ商工業者ノ信符タルベキモノヲ偽造シテ其信用ヲ害スル者ハ被害者ノ告訴ニ依リ新定形法第四章第四節私印私書《(刑)》ヲ偽造スルノ罪ニ準シ、偽符偽票ト云フガ如キ法律ヲ設ケ之ニ照ラシテ相当ノ罰ニ処スベシ、而シテ被害者其賠償ヲ求メント要スル時ハ治罪法第三篇第二章第二節ニ掲クル民事原告人起訴ノ条款ニ依リテ之ヲ要償スルヲ得ベシ、但シ賠償ノ高ハ其偽造信符ヲ付シタル貨物売上高ノ五分ヨリ少カラズ一割ヨリ多カラルベシ《(ザ脱)》
第二項 他人ノ信符ヲ偽造スル事明治十年以前ニ係ルモノハ此法律ノ問ハザル所トス、而シテ其偽造ノ十年以後此法律頒布ノ日ニ至ルノ間ニ在ルモノハ被害者ノ告訴ニ依リ犯者ニ向テ其商票ノ使用ヲ禁スベシ、然レトモ此場合ニ於テハ被害者ハ其損害ヲ要償スルヲ得ザルモノトス
第三項 干犯以来一ケ年ヲ経テ訴出デザルモノハ要償ヲ許サズト雖トモ其偽商票ヲ禁スルモノトス
第四項 凡ソ商票ノ類似能ク他人ノ信用ヲ害スルニ足ルベキカ否若クバ又其犯罪ノ故意ニ出ヅルト無心ニ出ヅルト及ビ其損害ノ分量ヲ算定スルハ裁判官ノ意見ニ在ルベシト云トモ、時宜ニ依リテハ治罪法第三篇第三章第七節ノ鑑定ノ条款ニ依リテ之ヲ鑑識セシムル事アルベシ
以上四項ノ綱領ニヨリテ不認許商票ノ制ヲ設クル時ハ今ヨリ後一般商工者ハ此法律ニ依リテ其商票ノ保護ヲ得、各自固有ノ商票ハ其暖簾ト符牒トニ論ナク広ク之ヲ専用スルヲ得テ亦他人ノ為メニ之ヲ偽造若クバ濫用セラルヽ患ナキニ至ラン、若シ偶々之ヲ偽造スル者アルニ当リ被害者之ヲ告訴スル時ハ法官ハ其有心故造ニ出ツルト否トヲ双方ヨリ提出スル所ノ証拠ニ就キ之ヲ判察シ、若シ其無心ニ出デタルノ事実ヲ発見セバ自後只其使用ヲ差止ムベシ、然レトモ其故造ニ出デタルノ罪蹟判然タル時ハ第一項ニ掲ゲタル法律ニ照ラシテ犯干ノ軽重ニ依リ相当ノ罰ヲ施スベシ、而シテ被害者此告訴ニ連帯シテ其損害ノ賠償ヲ要スル時ハ法官ハ被害ノ分量ヲ事実ニ判シテ偽商品売上高ノ五分ヨリ少カラズ一割ヨリ多カラザル賠償ヲ命スベシ、若シ又原被双方ニ於テ其犯干ノ故造ニ出テタルト否トヲ法庭ニ争ヒ、又ハ損害ノ如何ニ至テ其分量ヲ判シ難キ事アル時ハ第四項ニ掲グルガ如ク臨時鑑定人ヲ撰ミ、鑑識ニ依リテ其曲直並ニ損害ノ多寡ヲ裁定セバ必ズヤ公平至当ノ裁判ヲ得ベキナリ、而シテ此法律ノ効力ヲ以テ明治十年前後ニ区別スル事
 - 第17巻 p.624 -ページ画像 
第二項ノ如ク又告訴期限ヲ定ムル事第三項ノ如クナル時ハ実際施行上ニ於テ障碍ヲ生スルノ患ナク、一方ニ於テハ不正ノ行為ヲ未然ニ予防シ一方ニ於テハ各商工ヲシテ十分法律ノ保護ヲ被ムリ、而モ亦従来固有ノ良習ヲ養成スルニ足ルベキナリ、蓋シ我輩ガ不認許商票ノ制ヲ可トスルヤ其之ヲ実施スルノ方法ハ上ニ掲グルガ如シト云トモ、我輩ハ以上四項ノ精神ニ撞着セザル限ハ如何ニ其細目ヲ定ムルモ決シテ其間ニ異議ヲ容レザルベシ、今ヤ先ツ之ガ実施ノ手続ヲ調査シテ以テ之ヲ議場ニ報道シ諸君ノ高諭ヲ仰ク事爾カリ
  明治十四年五月
                    不認許商票調査委員


東京商法会議所要件録 第三〇号・第五―八頁 明治一四年六月一四日刊(DK170049k-0015)
第17巻 p.624-625 ページ画像

東京商法会議所要件録  第三〇号・第五―八頁 明治一四年六月一四日刊
  内外貿易運輸船舶事務三課委員会議 明治十四年五月卅日 午後六時四十五分開会
    議員出席スル者 ○八名
    ○商票条例ノ逐条審議
去ル廿五日臨時会議ニ於テ認許不認許ノ得失ヲ議事ニ附シタルニ終ニ多数ヲ以テ認許商票ヲ可決シ、猶渋沢君ノ発議ニテ在来認許商票委員ガ草定シタル条例並ニ手続規則ニ就キ先ヅ両委員ヲシテ逐条審議セシメ、然ル後之ヲ次回臨時会議ニ附スベシト云フニ決シ、即チ今会前二件ト併テ之ヲ議了スベキ筈ナリシガ、已ニ深更ニ及ビ余間ナキヲ以テ明卅一日重テ右両委員ノミ集会シテ之ヲ議スベキニ決シ各委員共ニ散会ス、時ニ午後十一時三十分ナリ
翌卅一日午後七時前夜ノ決議ニ基キ右両委員会議ヲ開ク、来会ノ委員ハ渋沢栄一・大倉喜八郎・益田克徳・丹羽雄九郎・津田仙・清水誠ノ六名ニシテ即チ認許商票委員ガ嘗テ草定シタル条例並ニ手続規則ヲ以テ之ヲ原案トシ、各員逐条審議ノ末終ニ左ノ如クニ修正ヲ加ヒ、且ツ其議定スル所ニ基キ上申案ヲ作クリ次回臨時会ニ附スルニ決シ退散ス時ニ一時二十分ナリ(第廿九号要件録参考部ニ載スル所ノ認許商票条例並ニ手続規則ヲ参観スベシ)
○商票条例中刪除修正シタル分
  第一条中名号ノ二字ヲ刪除ス
  第三条中又ハノ下「世間ヲ欺ク程」ノ六字ヲ添加ス
  第五条中但シ以下ノ末文ヲ刪除ス
  第六条第二項中普通物名又ハノ下二十六字ヲ刪除ス
  第九条第四項中「事情ヲ知リテ」ヲ情《「脱)》ヲ知リテ」ト修正ス
  第十一条ノ末ニ「但シ情ヲ知ラズシテ同一又ハ類似商票ヲ使用スル者ニ向テハ、単ニ其使用ヲ禁スルニ止ルベシ」ノ一行ヲ追加ス
  第十二条中其犯行以下ノ末文ヲ「其犯行ヲ覚知スルノ後全一ケ年以内ニ告訴セザル時ハ其告訴ノ権ヲ失フベシ」ト修正ス
  第十五条中「相続人ノ之ヲ用フルハ登録ヲ要セズ」ヲ「相続人ノ之ヲ用フル時ハ登録所ニ届出ツベシ」ト修正ス
○認許願手続規則中刪除修正シタル分
  第四条中第三条以下ノ九字ヲ「其管轄庁ヲ経由シテ」ト修正ス
  第五条中書式第三ノ下ニ「ニ傚ヒ」ノ三字ヲ加フ
 - 第17巻 p.625 -ページ画像 
  第六条ハ之ヲ刪除ス
  書式第一雛形ニ示ス所ノ商票ノ寸尺云々ノ解文ヲ「商票ノ用方・寸尺・色取・附記ノ文字等ハ可成明カニ之ヲ記載スベシ」ト修正ス


渋沢栄一書翰 梅浦精一宛 (明治一四年)六月六日(DK170049k-0016)
第17巻 p.625 ページ画像

渋沢栄一書翰  梅浦精一宛 (明治一四年)六月六日   (土肥脩策所蔵)
○上略
商標条例之改正案も最早御浄書被下候筈ニ付、右等取揃候ハヽ十日前ニ臨時会議相催し度候、九日夜ニても可然歟、夫是御配意可被下候
○中略
  六月六日                渋沢栄一
    梅浦精一様


東京商法会議所要件録 第三一号・第六―二五頁 明治一四年七月六日刊(DK170049k-0017)
第17巻 p.625-629 ページ画像

東京商法会議所要件録  第三一号・第六―二五頁 明治一四年七月六日刊
  第二十一定式会議 明治十四年六月十四日午後二時卅分開場
    議員出席スル者 ○三十名
○上略
次ニ会頭 ○渋沢栄一ハ、定式事務ノ報告終リタルヲ以テ是ヨリ商票条例逐条議《(審脱カ)》ニ移ルベキ旨ヲ述ベ、且ツ曰ク本案ハ最初認許商票委員ノ立稿ニ係リ、其後去月卅一日更ニ認許不認許両委員ガ逐条審議ノ上修正ヲ加ヒタルモノナリ、今此修正案ヲ以テ原案トシテ更ニ逐条議定スベシト即チ書記ヲシテ逐条之ヲ朗読セシム
商票条例草案
    第一条
商票トハ産出人又ハ製造人又ハ商人其物品ヲ販売スルニ各自其物品ノ紛レナキヲ表別スル為メ目標・花押・印章・紋印・文字・摸様・図画等ヲ該品又ハ其上包・入物等ニ書認メ又ハ塗入レ又ハ彫刻シ又ハ其他ノ仕方ヲ以ヲ誌記シ《(テ)》、又ハ紙・木綿・絹布等ノ小切ニ誌記シ、以テ該品ニ附弐スルモノヲ総称ス
 本条ハ審議ノ末目標ノ上ニ名号ノ二字ヲ加ヒ即チ左ノ如ク修正ス
    第一条
商票トハ産出人又ハ製造人又ハ商人其物品ヲ販売スルニ各自其物品ノ紛レナキヲ表別スル為メ名号・目標・花押・印章・紋印・文字・摸様図画等ヲ該品又ハ其上包・入物等ニ書認メ又ハ塗入レ又ハ彫刻シ又ハ其他ノ仕方ヲ以テ誌記シ、又ハ紙・木綿・絹布等ノ小切ニ誌記シ、以テ該品ニ附弐スルモノヲ総称ス
    第二条
産出人又ハ製造人又ハ商人其売品ニ商票ノ専用権ヲ受ケント欲スル者ハ商票登録所ニ願出デ其登録ヲ受クベシ、而シテ此登録ヲ受ケタル商票ハ登録ノ日ヨリ十五ケ年間之ヲ専用スルヲ得
 本条ハ各員異議ナク原案ニ決ス
    第三条
二人以上同種ノ物品ニ同一ノ商票又ハ世間ヲ欺ク程之ニ類似シタル商票ノ登録ヲ願出ル時ハ、其出願ノ時日早キ者ヲシテ其商票ヲ専用セシ
 - 第17巻 p.626 -ページ画像 
ム、若シ出願ノ時日同一ナル時ハ商票登録所ノ意見ヲ以テ其一人ニ之ヲ専用セシム
 本条ハ審議ノ末福地君 ○福地源一郎ノ発議ニテ左ノ如ク之ヲ修正ス
    第三条
二人以上同種ノ物品ニ同一ノ商票又ハ之ニ紛ハシキ商票ノ登録ヲ願出ル時ハ、其願書到達ノ日時早キ者ヲシテ其商票ヲ専用セシム、若シ到達ノ日時同一ナル時ハ其願書日付ノ早キ者ヲシテ之ヲ専用セシム
    第四条
従来使用ノ商票ハ此条例頒布ノ日ヨリ一ケ年以内ニ限リ其出願ノ前後ニ拘ラズ其使用ノ旧キ者ヲシテ之ヲ専用セシム、但シ一ケ年ヲ経過シテ登録ヲ願出デザル時ハ新商票ト同シク登録ノ前後ニ拠リテ其専用権ヲ定ム
    第五条
従来使用ノ商票ト雖トモ登録ヲ受ケザル以上ハ此条例ノ保護ヲ受ケ専用権ヲ保ツ事ヲ得ズ
 右両条ハ各員異議ナク共ニ原案ニ決ス
    第六条
左ニ掲グル商票ハ登録ヲ受クル事ヲ得ズ、而シテ一旦登録ヲ受クルトモ其登録ハ無効タルベシ
 第一款 他人ノ已ニ登録ヲ受ケタル商票又ハ世間ヲ欺ク程之ニ類似ノ商票
 第二款 願人ノ姓名又ハ社名又ハ地名又ハ普通物名又ハ名号而已ノ商票
 第三款 法律ノ禁制ニ属スル商票又ハ社会一般ノ利益ヲ害スベキ商票
  鳥海君 ○鳥海清左衛門ノ発議ニテ本条中而シテ以下無効タルベシマデヲ刪除シ、総テ政府ヲシテ其責ニ任セシムベシトノ説アリタレトモ賛成者ナキヲ以テ消滅ス、又第一款中世間ヲ欺ク程之ニ類似ノ商票トアルヲ、第三条修正ノ例ニ従ヒ之ニ紛ハシキ商票ト改ム、次ニ第二款ヲ議スルニ当リテ福地君ノ発議ニテ柴田是真・狩野夏雄等ノ姓名ニ於ケル長崎香蘭社ノ社名ニ於ケル共ニ信用ヲ維持スルニ於テ其効実ニ少カラズ、是ヲ以テ姓名社名共ニ商票トスル事ヲ得セシムベシトノ説ニ、小暮 ○小暮猶次郎 井上 ○井上安右衛門 平野 ○平野富二其他諸君ノ賛成アリ、又益田 ○益田克徳 大倉 ○大倉喜八郎 後藤 ○後藤庄吉郎其他諸君ノ駁撃アリ、議論一決セザリシガ終ニ「姓名・社名ト云トモ其書キ様ニヨリテハ商票トスルヲ得ベシ」ト「姓名・社名ハ一切商票トスベカラズ」トノ両説ニ帰着シタルヲ以テ、会頭ハ先ヅ第一説ニ同意ノ者ニ起立ヲ命ジタルニ起立十七人、過半数ナルヲ以テ即チ本款中姓名・社名ヲ刪除スルニ決ス、次ニ益田君ノ動議ニテ已ニ本款中姓名・社名ヲ刪除スル以上ハ地名ト云トモ亦殆ド之ト其効用ヲ同フスルガ故ニ之ヲモ併テ刪除スベシトノ説ヲ発セラレタルガ、大倉・山中 ○山中隣之助其他諸君ノ賛成アリ、又小暮其他諸君ノ駁撃アリタルガ中ニハ九谷ノ陶器ノ如キ、桐生・足利ノ織物ノ如キ其他一村挙テ同品ヲ製出スルモノ少カラズ、此等ニ地名ノ商票ヲ
 - 第17巻 p.627 -ページ画像 
許ス時ハ彼此其製品ノ紛レナキヲ保セズ、故ニ地名ハ商票トスベカラズトノ論モアリタレトモ、結局地名ヲ商票トスルヲ得セシムルハ本場ニアラザル土地ノ人民ガ同品ヲ摸造スルトモ、之ニ向テ本場ノ地名ヲ商票トシテ使用セシメザル以上ハ大ニ物産勧奨ノ一端トモ成ルベシトノ説ニ同意者多ク、仍之終ニ益田君ノ動議ノ如ク地名ヲモ姓名・社名ト共ニ本款ヨリ刪除スルニ決ス、而シテ第三款ハ各員異議ナク原案ノ儘ニ決ス、今玆ニ以上各員ノ審議ニヨリ本条ノ修正案ヲ挙グレバ即チ左ノ如シ
    第六条
左ニ掲グル商票ハ登録ヲ受クル事ヲ得ズ、而シテ一旦登録ヲ受クルトモ其登録ハ無効タルベシ
 第一款 他人ノ既ニ登録ヲ受ケタル商票又ハ之ニ紛ハシキ商票
 第二款 其品ノ普通名又ハ其普通名ノ如クナリ来タル名号而已ノ商票
 第三款 法律ノ禁制ニ属スル商票又ハ社会一般ノ利益ヲ害スベキ商票
    第七条
登録ヲ受ケタル者ハ認許商票ノ四文字及ビ其専用人ノ姓名又ハ社名又ハ地名ヲ其商票ニ附記スルヲ得
    第八条
商票ハ一種類ノ物品ニ限リ之ヲ専用スルヲ得、但シ其一種類ノ区域ヲ定ムルハ商票登録所ノ権内ニアリトス
 右両条トモ原案ニ可決ス
    第九条
左ニ掲グル事項ヲ犯ス者ハ一日以上百日以下ノ禁錮ニ処シ又ハ金五円以上百円以下ノ罰金ヲ科シ、其干犯ニ係ル未売現存品ハ之ヲ官ニ没ス
 第一款 認許商票ヲ偽造シ又ハ之ヲ使用スル者
 第二款 世人ヲ欺ク程認許商票ニ類似シタル商票ヲ摸造シ、又ハ之ヲ使用スル者
 第三款 他人ノ既ニ用ヒタル認許商票ヲ再ビ使用スル者
 第四款 情ヲ知リテ干犯ニ係ル商票ノ付着シタ物品ヲ販売スル者
  本条第二款ハ第三条修正ノ例ニヨレバ世人ヲ欺程《(ク脱)》ノ六字ヲ刪リ類似シタルヲ之ニ紛ハシキト改ムベキ筈ナレトモ、清水 ○清水誠君ノ動議ニテ本条ハ総テ犯者ノ処分法ヲ示スモノニシテ、此条例中ノ眼目ナレバ可成的文義ノ判然タラン事ヲ要ス、仍テ世人ヲ欺ク程ノ六字ハ原案ノ儘ニシ之ニ紛ハシキノ程度ヲ明ニスベシト云フノ説ニ同意者多ク終ニ同君ノ動議ノ如クニ決ス、又福地君ノ発議ニテ第三款中再ビノ二字ヲ刪除ス、即チ其修正案ヲ示ス時ハ左ノ如シ
    第九条
左ニ掲クル事項ヲ犯ス者ハ一日以上百日以下ノ禁錮ニ処シ又ハ金五円以上百円以下ノ罰金ヲ科シ、其干犯ニ係ル未売現存品ハ之ヲ官ニ没ス
 第一款 認許商票ヲ偽造シ又ハ之ヲ使用スル者
 第二款 世人ヲ欺ク程認許商票ニ紛ハシキ商票ヲ摸造シ又ハ之ヲ使用スル者
 - 第17巻 p.628 -ページ画像 
 第三款 他人ノ既ニ用ヒタル認許商票ヲ使用スル者
第四款 情ヲ知リテ干犯ニ係ル商票ノ付着シタル物品ヲ販売スル者
   第十条
第九条ニ掲グル事項ノ犯行ハ被害者ノ告訴ヲ待テ之ヲ処断ス
    第十一条
第九条ノ事項ヲ犯サレタル認許商票主ハ其損害ノ金額ヲ其犯行者ニ要償スルヲ得、但シ情ヲ知ラズシテ同一又ハ類似商票ヲ使用スル者ニ向テハ単ニ其使用ヲ禁スルニ止ルベシ
    第十二条
第九条ノ事項ヲ犯サレタル認許商票主ハ、其犯行ヲ覚知スル後全一ケ年以内ニ告訴セザレバ、其告訴ノ権ヲ失フベシ
    第十三条
認許ヲ受ケザル商票ニ認許ノ文字ヲ仮冒スル者ハ一日以上百日以下ノ禁錮ニ処シ、又ハ五円以上百円以下ノ罰金ヲ科ス
    第十四条
商票専用権ハ譲渡ス事ヲ得、其譲受主ハ商票登録所ニ願出テ其譲受ノ登録ヲ受クベシ、而シテ此登録ヲ受ケザル間ハ其譲受ノ効力ナキモノトス、但シ専用権ノ年限ハ最前登録ノ日ヨリ之ヲ起筭スベシ
    第十五条
認許商票主死去スル時ハ商票専用ノ権ハ其相続人ニ帰スルモノトス、而シテ相続人ノ之ヲ用フル時ハ登録所ニ届出ツベシ
    第十六条
認許満期ニ至リ尚ホ其専用権ヲ続有セント欲スル者ハ、満期前六ケ月以内ニ商票登録所ニ願出更ニ其登録ヲ受クベシ
    第十七条
認許年限内ト雖トモ其本業ヲ廃止スル時ハ商票ノ権共ニ消減《(滅)》スルモノトス、然レトモ其有権中他人ニ犯サレタル事件ヲ告許《(訴)》スルノ権ハ之ヲ失ハザルモノトス、但シ政府ヨリ其業ヲ禁止スルカ又ハ三ケ年以上其営業ヲ休止スルトキハ之ヲ廃業ノ証跡ト見做スベシ
    第十八条
此条例ヲ遵奉シテ認許ヲ受ケントスル者ハ左ノ手数料ヲ納ムベシ
 第一款 商票認許登録ノ手数料         金三円
 第二款 譲受登録ノ手数料           金一円五十銭
 第三款 第二期以上認許登録ノ手数料      金一円五十銭
 第四款 商票改正登録ノ手数料         金一円五十銭
    第十九条
商票登録所ハ認許商票簿ヲ庶人ノ縦覧ニ供スベシ
 以上十ケ条ハ各員異議ナク原案ニ可決ス
会頭ハ引続キ委員ノ修正シタル商票認許願手続規則草案ヲ原案トシテ逐条審議スベキ旨ヲ述ベ、先ツ書記ヲシテ朗読セシメタリ、其全文左ノ如シ
    商票認許願手続規則草按 ○前掲ニツキ略ス
然ルニ福地君ノ発議ニテ此手続規則ハ要スルニ前議定シタル条例ヲ施行スルノ順序ヲ示スニ過ギズ、左程大切ナルモノニモ非レバ必ズシモ
 - 第17巻 p.629 -ページ画像 
各員ノ逐条審議ヲ要スル程ニモアラズ、故ニ之ハ総テ委員修正ノ儘ニシテ可ナルベシトノ説ニ同意者多ク即チ其説ノ如クニ決ス
次ニ会頭ハ右条例並ニ手続規則トモ已ニ議決ヲ得タル上ハ速カニ之ヲ農商務卿ニ建議スベシ、就テハ予テ理事本員ニ於テ其建議案ヲ草定シタレバ猶諸君ノ意見ヲ問ヒタシトテ即チ書記ヲシテ之ヲ朗読セシメタルニ(此草案ハ参考部ニ附ス)満場異議ナク、即チ本議ハ追テ農商務卿ニ建議スニ決ス


東京商法会議所要件録 第三一号・第二六―二八頁 明治一四年七月六日刊(DK170049k-0018)
第17巻 p.629 ページ画像

東京商法会議所要件録  第三一号・第二六―二八頁 明治一四年七月六日刊
 ○参考部
    商票条例制定之義ニ付農商務卿ヘ建議案
去ル明治十一年中旧勧商局ヨリ商標条例御制定之儀付右草按ヲ以本会之意見御下問相成候際、当時本会ハ審按熟議ノ末所見ノ次第復陳仕置候処、昨年十二月群馬県下上野国在位郡島村勧業会社《(佐カ)》ヨリ其製造ニ係ル輸出蚕卵紙ニ使用ノ商票ニ偽造者アルヲ発見候ニ付、不取敢右防禦方之儀其管轄庁ヘ及出願候処、当時商標専用特権之義ハ難聞届旨指令相成候得共、若シ之ヲ等閑ニ付シ候時ハ同会社多年ノ勉強ヲ以テ海外ニ博シ得タル信用モ夫レガ為メニ破ラレ、其弊ヤ独リ同会社ノ損害而已ニ止ラス終ニハ御国産ノ声価ヲ失墜スルノ恐モ有之、実以不容易儀ニ付右本会ニ於テ同感ヲ抱クモノニ候得者速ニ商標保護ノ法律御制定相成様其筋ヘ請願致呉候様建議有之候ヨリ、本会ハ不取敢之ヲ議場ノ問題トナシ爾来数次会議ヲ開キ討議ヲ尽シ候処、議場ノ衆説ハ認許商標ノ法ヲ設ケテ以テ其専用権ヲ保護スルノ今日ニ急務ナリト云フニ帰着致候ニ付、衆説ニ拠リ更ニ之ヲ委員ノ調査ニ付シ丁寧反覆其保護実施ノ方法ヲ審按討究ノ末、終ニ去ル十四日定式会ヲ以テ商標条例並ニ手続規則草按共別冊之通リ議定仕候、右商標保護ノ儀ニ就テハ方今政府ニ於テモ厚ク御配慮被為在候趣仄聞仕候ニ付、即チ不取敢別冊草按捧呈仕候、尤モ右条例並ニ手続規則ノ如キ其実施上可成手数ノ煩雑ヲ省キ簡単ヲ主トシ、而モ能ク商標保護ノ目的ヲ達シ得ベキ様夫是討議ノ際殊ニ注意ヲ加ヘタル廉モ不少候間宜敷奉仰御裁判候、此段別冊草按ヲ以テ建議仕候也
  明治十四年六月十七日差出《(後筆)》ス
                 東京商法会議所会頭
                      渋沢栄一
    農商務卿河野敏鎌殿


東京商法会議所要件録 第四一号・第四―五頁 明治一五年二月二八日刊(DK170049k-0019)
第17巻 p.629-630 ページ画像

東京商法会議所要件録  第四一号・第四―五頁 明治一五年二月二八日刊
 ○明治十四年東京商法会議所事務報告
    政府ヘ建議  三件
商票条例制定ノ義ニ付農商務卿ヘ建議
 本議ハ群馬県下上野国佐位郡島村勧業会社ヨリ明治十三年十二月十日付ヲ以テ本会ヘ書ヲ寄セタルニ起因ス、而シテ其書面ノ要領ハ同会社ノ製造スル蚕種ノ商票ニ贋造アルヲ患ヒテ、商票特権ノ義ヲ管轄庁ニ出願シタルニ許可セラレザリシヲ以テ之ヲ本会ノ意見ニ質シ
 - 第17巻 p.630 -ページ画像 
本会ニシテ同意ナラハ之レカ替成《(賛)》ヲ乞フノ意ナリ、乃チ本年三月廿三日第十二臨時会議ニ於テ之ヲ問題トシ討議ヲ尽クシタルニ、認許商票ノ制ヲ可トスル者アリ、又不認許ノ制ヲ主唱スル者アリテ論議一ニ帰着セザリシガ、終ニ衆議ノ末認許・不認許ノ両説各々委員ヲシテ其草案ヲ調査セシメ重テ其得失ヲ議スベシト云フニ決シ、爾後五月廿五日第十三臨時会議ニ於テ其可否ヲ起立ニ問フタルニ認許商票論者ノ過半数ヲ占ムル所トナレリ、玆ニ於テ更ニ認許・不認許両委員ヲ合シテ其調査委員トシ、之ガ実施ノ手続ヲ審議セシメ其草案成ルニ及ンテ六月十四日ノ定式会議ニ付シ、終ニ同月十七日之ヲ農商務卿ニ建議シタリ
○下略



〔参考〕法令全書 明治十七年 内閣官報局編 明治二四年三月刊 ○第十九号(六月七日農商務連署)○太政官布告(DK170049k-0020)
第17巻 p.630-632 ページ画像

法令全書 明治十七年 内閣官報局編  明治二四年三月刊
○第十九号(六月七日農商務連署)○太政官布告
商標条例別冊ノ通制定シ明治十七年十月一日ヨリ施行ス
右奉 勅旨布告候事
  (別冊)
    商標条例
第一条 商標ハ農商務省ノ商標簿ニ登録ヲ経タルトキハ、其所有主ニ於テ登録ノ日ヨリ十五年間之ヲ専用スルノ権ヲ有ス可シ
第二条 商標ヲ専用セント欲スル者ハ願書ニ見本並明細書ヲ添ヘ登録ヲ願出ツ可シ、其明細書ニハ商標ノ説明、用方並其商品ノ名目種類ヲ詳記ス可シ
 其登録ヲ経タル者ハ登録証ヲ下付ス可シ
第三条 商標ノ登録ヲ願出ツル者アルトキハ願書ノ日附ヨリ二ケ月間之ヲ留置、其間ニ之ト牴触ス可キ願書到達セサレハ之ヲ登録ス可シ若シ二人以上同一又ハ相紛ラハシキ商標ヲ同一種類ノ商品ニ専用センカ為メ登録ヲ願出ツル者アリ牴触スルトキハ、其願書日附ノ後ナル者ヲ却下ス、其日附同シキ者ハ共ニ之ヲ却下ス可シ
第四条 登録商標ハ農商務卿ニ於テ衆庶ノ観覧ニ供スル為メ便宜ノ方法ヲ定ム可シ
第五条 左ノ商標ハ登録ヲ願出ツルコトヲ得ス
 一 已ニ登録セル商標ト同一又ハ相紛ラハシキ商標ニシテ同一種類ノ商品ニ用フル者
 二 地名・人名・家号・会社名ノミヲ以テスル者、又ハ商品普通ノ名称或ハ内外国ノ旗章ノミヲ以テスル者
 三 同業者普通ニ用ヒ又ハ商業上慣用セル目印ヲ以スル者
 四 新ニ使用スル商標ニシテ本条例頒布以前ヨリ現ニ使用者アル商標ト同一又ハ相紛ラハシキ商標ヲ同一種類ノ商品ニ用フル者
第六条 登録商標主其専用年限中転籍転居又ハ氏名ヲ変換シタルトキ及廃業シ又ハ休業一ケ年ニ及ヒタルトキハ、三ケ月以内ニ之ヲ届出ツ可シ
第七条 登録商標専用年限中其相続者ニ於テ其業ヲ相続シタルトキハ三ケ月以内ニ之ヲ届出ツ可シ
 - 第17巻 p.631 -ページ画像 
第八条 登録商標主其商標ノ専用権ヲ他人ニ譲与又ハ分与セントスルトキハ更ニ其登録ヲ願出ツ可シ、但専用年限ハ最初登録ノ日ヨリ通算ス可シ
第九条 登録商標ヲ他ノ種類ノ商品ニ兼用若クハ転用シ又ハ之ヲ改正セントスルトキハ更ニ其登録ヲ願出ツ可シ
 前項ノ場合ニ於テハ第三条ニ依テ処分ス可シ
第十条 登録商標専用満期ノ後之ヲ続用セントスル者ハ満期三ケ月前ニ更ニ其登録ヲ願出ツ可シ
第十一条 登録証ヲ毀損遺失シタルトキハ其再渡ヲ願出ツ可シ
第十二条 商標ヲ登録セシ後第五条ニ触レ又ハ登録願書及見本明細書ニ相違ノ事実アルコトヲ発見シタルトキハ、其登録無効ニ帰シ登録証ヲ返納セシム可シ
第十三条 登録商標主其業ヲ廃シタルトキハ廃業ノ日ヨリ其専用権ヲ失ス、休業三ケ年ニ及フ者亦同シ
第十四条 商標ノ登録ヲ願出ツル者ハ左ノ手数料ヲ納ム可シ、但願書ヲ却下スルトキハ之ヲ返付ス
 一 商標一個ニ付金拾円、但一商標ヲ数種ノ商品ニ兼用若クハ転用スル者ハ其商品一種コトニ金五円ヲ加フ
 二 商標ノ譲与分与又ハ改正ヲ願出ツル者及満期続用ヲ願出ツル者ハ商標一個ニ付金五円
 三 登録証ノ再渡ヲ願出ツル者ハ商標一個ニ付金壱円
第十五条 登録商標主其専用権ヲ侵サレタルトキハ之ヲ告訴シ並要償ノ訴ヲ為スコトヲ得
第十六条 登録商標ヲ偽造シテ使用シタル者ハ一月以上一年以下ノ重禁錮ニ処シ、四円以上四拾円以下ノ罰金ヲ附加ス、其盗用シタル者ハ一等ヲ減ス
第十七条 登録商標ニ相紛ラハシキ商標ヲ造リテ使用シタル者ハ十五日以上六月以下ノ重禁錮ニ処シ二円以上二十円以下ノ罰金ヲ附加ス
第十八条 第十六条・第十七条ノ違犯ニ係ル商標ヲ附シタル商品ヲ情ヲ知テ販売シタル者ハ四円以上四十円以下ノ罰金ニ処ス
第十九条 第十六条・第十七条・第十八条ノ場合ニ於テハ仍ホ違犯ノ商標ヲ没収ス、其商品ト分離スヘカラサルモノハ商品ヲ破毀セシム
第二十条 詐偽ノ所為ヲ以テ商標ノ登録ヲ得及商標ノ登録ヲ詐称シタルモノハ十五日以上六月以下ノ重禁銅ニ処シ、二円以上二十円以下ノ罰金ヲ附加ス
第二十一条 第六条・第七条ノ届出ヲ其期間内ニ為サヽル者ハ一円以上一円九十五銭以下ノ科料ニ処ス
第二十二条 此条例ヲ犯シタル者ニハ刑法ノ数罪倶発ノ例ヲ用ヒス
第二十三条 第十六条ヨリ第十八条ニ至ルノ罪ハ登録商標主ノ告訴ヲ待テ其罪ヲ論ス
第二十四条 登録商標主告訴ヲ為シタルトキハ、裁判官ニ於テ仮ニ其告訴ニ係ル商標ヲ附シタル商品ノ発売ヲ停止スルコトヲ得
    附則
本条例頒布以前使用スル商標ヲ専用セント欲スル者ハ、本条例施行ノ
 - 第17巻 p.632 -ページ画像 
日ヨリ六ケ月間ニ於テ其登録ヲ願出ツ可シ、其願書ハ本条例施行ノ日ヨリ八ケ月間之ヲ留置其間ニ之ト牴触ス可キ願書到達セサレハ之ヲ登録ス可シ
若シ二人以上同一又ハ相紛ラハシキ商標ヲ同一種類ノ商品ニ専用センカ為メ登録ヲ願出ツル者アリ牴触スルトキハ、其願書日附ノ前後ニ拘ハラス農商務卿ニ於テ其商標ノ使用最久シキト認定スルモノヲ登録シテ其他ヲ却下ス可シ
本条例第三条ニ依リ処分ス可キ願書ト雖モ、本条例施行ノ日ヨリ八ケ月間之ヲ留置、附則第一項ニ依リ願出ツルモノニ牴触スルトキハ其願書日附ノ前後ニ拘ハラス之ヲ却下ス可シ
前二項ノ場合ニ於テ願書ヲ却下スルトキハ其手数料ヲ返付ス



〔参考〕農商務卿第四回報告 明治十七年 第一三五―一三六頁 刊(DK170049k-0021)
第17巻 p.632 ページ画像

農商務卿第四回報告 明治十七年  第一三五―一三六頁 刊
    商標登録所
商標条例ハ素ト大蔵省ノ起案ニ係リ明治十四年二月之ヲ太政官ニ稟申シ、爾後其事務本省ノ所轄トナリシヨリ尚ホ其条例ニ就キ欧米ノ良法ヲ酙酌折衷シ、之ヲ訂正シテ説明書ヲ附シ十五年五月再ヒ稟呈シ遂ニ客年 ○明治十七年六月条例ノ発布アリ、尋テ仮事務所ヲ本省内ニ設ケ事務実施ノ準備ヲ為シ各府県官設工場ヘ出願順序諸達及ヒ稟議等往復文書ヲ処弁シ、九月三十日本所新築落成十月一日開所シテ庶務ヲ執行ス、爾後同年十二月二十七日マテ登録ヲ願出タル商標ノ数六百七拾四個ナリ


〔参考〕農商務卿第五回報告 明治十八年 第一八八―一八九頁 刊(DK170049k-0022)
第17巻 p.632 ページ画像

農商務卿第五回報告 明治十八年  第一八八―一八九頁 刊
    商標登録所
本所ハ一昨十七年十月開所ス、而シテ条例ノ附則ニ拠リ開所ノ日ヨリ八箇月ヲ経客歳 〇明治十八年六月ニ至リテ登録証ノ下附ヲ実行セリ、是ヨリ先キ一月中条例頒布以前使用スル商標ニシテ現ニ其同業者間ニ専用ノ効アルモノハ商業上慣用ノ目印ト雖モ其登録ヲ出願スルヲ得ル旨附則ノ追加トシテ布告セラル、是ヨリ以来商標登録ヲ出願スル者頗ル多シ本所開設以来客歳十二月ニ至ル商標登録ヲ願出タル総数千弐百九拾六個、其已ニ登録シタルモノ九百四拾九個ナリ ○下略



〔参考〕竜門雑誌 第六一二号・第二九―三一頁 昭和一四年九月 東京商法会議所に就て(三)(山口和雄)(DK170049k-0023)
第17巻 p.632-634 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。