デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第20巻 p.574-577(DK200067k) ページ画像

明治28年6月27日(1895年)

是ヨリ先当会議所、第二回商業会議所聯合会ノ決議ニ係ル売薬印紙税規則廃止ノ件ヲ調査中ナリシガ、是日ノ会議ニ於テ現行ノ儘存続スベキ旨ヲ決議ス。栄一、会頭並ニ商業部長トシテ之ニ与ル。


■資料

第三回東京商業会議所事務報告 第三九頁 明治二七年四月刊(DK200067k-0001)
第20巻 p.574 ページ画像

第三回東京商業会議所事務報告  第三九頁 明治二七年四月刊
一 ○上略 売薬印紙税則改正 ○中略
 本件ハ第二回商業会議所聯合会ノ決議ニ起因シ、役員会議ノ提案ニ係リ ○中略 其調査ヲ商業部ニ附託シ ○下略


第五回東京商業会議所事務報告 第六〇頁 明治二九年四月刊(DK200067k-0002)
第20巻 p.574-575 ページ画像

第五回東京商業会議所事務報告  第六〇頁 明治二九年四月刊
一売薬印紙税規則廃止ノ儀調査ノ件
 本件ハ前回ニ報告シタル如ク第二回商業会議所聯合会ノ決議ニ係リ商業部ニ於テ調査中ノ処、其後同部ニ於テ調査ノ末左ノ如ク報告書
 - 第20巻 p.575 -ページ画像 
ヲ提出シタルニ付、之ヲ明治二十八年六月二十七日第四十五回ノ臨時会議ニ附シ其可決ヲ得タリ
    売薬印紙税規則廃止ノ件調査報告
  曩ニ臨時会議ノ決議ニ依リ第二回商業会議所聯合会ノ議題タリシ売薬印紙税規則廃止ノ件本部ヘ調査ヲ附託セラレタルニ付、爾来篤ト遂審議候処、本部ノ意見ハ別紙ノ如ク議決候間此段及御報告候也
   明治二十八年六月十九日
                 商業部長 渋沢栄一
    東京商業会議所会頭 渋沢栄一殿
 (別紙)
 一売薬印紙税規則廃止ノ件ハ之ヲ否決ス
  理由 本件発案者ノ趣旨ハ売薬ハ本来課税スヘキ性質ノモノニアラスシテ、之ニ課税スルトキハ自然其代価ヲ高メ世人ノ需用ヲ妨碍シ当業ノ増進ヲ抑制スルコト少カラスト云フニ在リト雖トモ、今熟々統計ニ徴スルニ売薬印紙税規則実施以来未タ世人ノ需用ヲ妨碍シ、当業ノ増進ヲ抑制シタリト認ムヘキ事実ヲ発見セス、果シテ然ラハ之ヲ以テ廃税ノ理由トスルハ其当ヲ得タルモノニアラサルナリ、蓋シ此種ノ印紙税ハ徴税上煩雑ニシテ官民共ニ時間ト労費ヲ消スルコトハ或ハ発案者ノ見ル所ノ如クナラン、然リト雖トモ本部ニ於テハ未タ他ニ代用スヘキ相当ノ方法ヲ案出スルヲ得サルヲ以テ、要スルニ今日ニ於テハ売薬印紙税規則ハ暫ラク現行ノ儘ニ存続スルノ外ナシト思考ス、是本件ヲ否決セル所以ナリ
   ○本巻明治二十六年九月二十二日ノ条参照。
   ○政府ニ於テモ売薬印紙税ヲ廃止セズ。(明治財政史第六巻六四三頁以下)



〔参考〕明治財政史 同史編纂会編 第六巻・第六四三―六五四頁 明治三七年一一月刊(DK200067k-0003)
第20巻 p.575-577 ページ画像

明治財政史 同史編纂会編  第六巻・第六四三―六五四頁 明治三七年一一月刊
 ○第六編 第一章 第二十四節 売薬税
    第一款 売薬税ノ第一期
明治ノ初年ニ於テ売薬ハ文部省ノ管掌ニ属シタリシカ、当時別ニ之ニ対シテ課税ヲ為スコトナク、単ニ其薬味分量用法功能ヲ申告セシムルニ止マリタリ、然ルニ売薬営業者ノ利益ハ他ノ一般営業者ノ比ニアラサルヲ以テ、之ニ対シテ課税ヲ為スハ決シテ不穏当ノ処置ト云フヘカラサルナリ、仍テ明治十年一月二十日第七号布告ヲ以テ新ニ売薬規則ナルモノヲ制定シ、始メテ売薬営業者ニ課税セリ、今該規則ニ依レハ売薬営業及同請売ヲ為サントスル者ハ政府ノ免許ヲ受ケシメ、一定ノ鑑札料ヲ納メシメテ鑑札ヲ下附シ、売薬営業者ニ対シテハ薬剤一方ニ付一箇年金二円ノ定額税ヲ課スルコトトセリ ○中略
    第二款 売薬税ノ第二期
以上述フル如ク売薬規則ハ明治十年以降実施セラレ、明治十四年ニ至リ大ニ脱税ノ弊ヲ防クニ勉メタリト雖モ、未タ全ク其弊ヲ除クコト能ハス、加之従来ノ如ク単ニ売薬ノ方数ニ付課税スルカ如キハ甲乙販売ノ高ニ非常ナル差異アルニ対シテ同額ノ租税ヲ賦課スルコトヽナリ、大ニ権衡ヲ失スルノ虞アリ、是ニ於テ此不公平ヲ避ケ且ツ営業者ノ販
 - 第20巻 p.576 -ページ画像 
売高ニ対シ公平ニ賦課シ、併セテ脱税ヲ防カンカ為メニハ、印紙税ヲ採用スルノ外適当ナル方法ナキヲ認メ、遂ニ明治十五年十月二十七日第五十一号布告ヲ以テ売薬印紙税規則ヲ制定シ、翌明治十六年一月一日以降之ヲ実施セリ、其全文ハ左ノ如シ
  布告第五十一号(明治十五年十月二十七日)
 売薬印紙税規則左ノ通相定、来明治十六年一月一日ヨリ施行ス
    売薬印紙税規則
 第一条 売薬ニハ必ス定価ヲ附記シ、其ノ定価ニ従ヒ営業者ニ於テ左ノ割合相当ノ印紙ヲ貼用スヘシ
    印紙税ノ割合
  一 定価一銭迄      印税一厘
  一 同 二銭迄      同 二厘
  一 同 三銭迄      同 三厘
  一 同 五銭迄      同 五厘
  一 同 十銭迄      同 一銭
  以上総テ五銭迄毎ニ五厘ヲ増加ス
 第二条 印紙種目ハ左ノ如シ
  一厘         淡黒色
  二厘         青色
  三厘         黄色
  五厘         茶褐色
  一銭         赭色
  二銭         緑色
  三銭         濃青色
  四銭         橙黄色
  五銭         紫色
  十銭         深紅色
 第三条 印紙ハ薬品ノ容器又ハ包紙等ニ貼用シ、営業者ニ於テ之ヲ消印スヘシ
   但印紙面ノ中心ヨリ他所ヘ掛ケ消印スヘシ
 第四条 売薬印紙ハ官ノ許可シタル売捌所ニ限リ売捌クモノトス
 第五条 営業者ニシテ無印紙ノ薬品ヲ発売シタル者ハ弐円以上二百円以下ノ罰金ニ処シ、印紙不足ノ薬品ヲ発売シタル者ハ二円以上百円以下ノ罰金ニ処ス
 第六条 請売者・行商者ニシテ無印紙ノ薬品ヲ所持シ、若クハ之ヲ販売シタル者ハ弐円以上百円以下ノ罰金ニ処シ、印紙不足ノ薬品ヲ所持シ若クハ之ヲ販売シタル者ハ二円以上五十円以下ノ罰金ニ処ス
 第七条 貼用印紙ニ消印セサル者ハ二円以上十円以下ノ罰金ニ処ス
 第八条 印紙売捌所ノ外ニ於テ印紙ヲ売捌ク者ハ二円以上弐拾円以下ノ罰金ニ処シ、仍ホ其ノ品ヲ没収ス、其情ヲ知リテ之ヲ買受ケタル者ハ弐円以上拾円以下ノ罰金ニ処シ、仍ホ其品ヲ没収ス
 右奉 勅旨布告候事
  (雛形略)
 - 第20巻 p.577 -ページ画像 
斯クテ売薬ニ対シテハ売薬規則ニ依ル売薬営業税及ヒ印紙税規則売薬印紙税並ヒ行ハルヽコトトナレリ ○下略