デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第21巻 p.613-616(DK210108k) ページ画像

明治34年2月6日(1901年)

臨時商業会議所聯合会ノ決議ニ基キ、是日栄一当会議所会頭トシテ、前年六月五日ノ国家経済ノ方針確立ノ建議ヲ修正増補シ且ツ速ニ之ヲ実行センコトヲ、内閣総理大臣公爵伊藤博文・大蔵大臣子爵渡辺国武・農商務大臣林有造・逓信大臣原敬ニ建議シ、翌七日貴族院議長公爵近衛篤麿・衆議院議長片岡健吉ニ請願ス。


■資料

東京商業会議所報告 第一〇〇号・第三―四頁 明治三四年二月刊(DK210108k-0001)
第21巻 p.613 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇〇号・第三―四頁 明治三四年二月刊
○第百一回臨時会議 明治三十四年一月三十一日開
 出席者
  井上角五郎君 ○外十七名氏名略
午後六時開議
渋沢会頭欠席ノ為メ大倉副会頭議長席ニ就キ、先ツ井上角五郎君ヨリ臨時商業会議所聯合会ノ議事ニ関スル報告アリ、猶審議ノ末該聯合会決議事項ノ処分ニ関シ左ノ如ク決議ヲ為セリ
 一 経済整理ニ関スル件
 一 国家経済ノ方針ニ関スル件
 一 協定税率ノ廃止ニ関スル件
 一 試掘鉱区課税ニ関スル件
以上四件ハ全然聯合会ノ決議ヲ是認シ、本会議所ニ於テモ其決議ノ趣旨ニ基キ政府ヘ建議シ、議会ヘ請願スルモノトシ、其文章ノ起草ハ役員会議ニ一任スルニ決ス
○中略
午後六時五十分閉会


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK210108k-0002)
第21巻 p.613-614 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三四年    (渋沢子爵家所蔵)
 - 第21巻 p.614 -ページ画像 
二月六日 曇
昨夜ヨリ下痢症ニテ朝来出勤スルヲ得サルニヨリ、午後一時ノ郵船会社重役会及商業会議所臨時会ニハ電話ヲ以テ断リ遣シ、終日在宅治療ニ勉ム


東京商業会議所報告 第一〇〇号・第四―五頁 明治三四年二月刊(DK210108k-0003)
第21巻 p.614 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇〇号・第四―五頁 明治三四年二月刊
○第百二回臨時会議 明治三十四年二月六日開
 出席者
  馬越恭平君 ○外二十四名氏名略
午後五時五十分開議
渋沢会頭欠席ノ為メ大倉副会頭議長席ニ就キ、先ツ左ノ件ヲ報告ス
前回臨時会議ノ決議ニ基キ左ノ手続ヲ執行シタリ
○中略
 一 国家経済ノ方針ニ関スル件
    二月六日附ヲ以テ内閣総理・大蔵・農商務三大臣ヘ建議書ヲ進達ス
○中略
午後七時十分閉会


東京商業会議所報告 第一〇〇号・第八頁 明治三四年二月刊(DK210108k-0004)
第21巻 p.614 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇〇号・第八頁 明治三四年二月刊
○同月同日 ○二月六日 国家経済ノ方針ニ関スル件ニ付、内閣総理・大蔵・農商務・逓信四大臣ニ建議書ヲ進達ス(建議書ノ全文ハ参照ノ部第六号ニ掲載ス)


東京商業会議所報告 第一〇〇号・第八頁 明治三四年二月刊(DK210108k-0005)
第21巻 p.614 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇〇号・第八頁 明治三四年二月刊
○同月 ○二月七日、経済整理ニ関スル件外三件ニ付、貴族・衆議両院ヘ請願書ヲ進達ス(請願書ノ全文ハ参照ノ部第五号乃至第八号ニ掲載ス)


東京商業会議所報告 第一〇〇号・第一二―一三頁 明治三四年二月(DK210108k-0006)
第21巻 p.614-616 ページ画像

東京商業会議所報告  第一〇〇号・第一二―一三頁 明治三四年二月
 ○参照
○第六号
 明治三十四年二月六日及七日附ヲ以テ国家経済ノ方針ニ関スル件ニ付、内閣総理・大蔵・農商務・逓信四大臣及貴族・衆議両院ヘ進達セル建議・請願書ノ全文左ノ如シ
    国家経済ノ方針ニ関スル建議(請願)
 第一 興業銀行ノ設立ヲ迅速ニシ工業資金ヲ疏通スルコト
 第二 神戸ニ東亜貿易ノ機関銀行ヲ設立シ、横浜正金銀行ト相応シ共ニ通商貿易ノ利便ニ供スルコト
 第三 金融機関ヲ改善シ其ノ行動ヲ適良ナラシメ、以テ商工業ノ安固ヲ図ルコト
 第四 金庫ノ制ヲ改正シテ国庫金ノ運用ヲ敏活ニシ、其ノ出納ヲ簡明ニスルコト
 第五 納税手続ヲ改正シテ租税ノ上納ニ小切手ヲ使用スルコトヲ得セシメ、商業手形ノ発達ヲ奨励スルコト
 - 第21巻 p.615 -ページ画像 
 第六 左ノ方法ニ依リ一層勤倹貯蓄ヲ奨励スルト同時ニ、民間零砕ノ資ヲ吸収スルコト
  (イ)郵便貯金中抽籤奨励金附定期定額預金ノ法ヲ設クルコト
   一 抽籤奨励金附定期定額預金ハ一口壱円トシ、一万口ヲ以テ一組トス
   二 組合ハ預金証券ノ日附順ニ依リ毎郵便為替貯金管理本支所管内ヲ通シ一万口ニ満ツル迄ノ者ト其ノ番号トヲ以テ之ヲ編成ス
   三 預金期間ハ一ケ年・三ケ年及ヒ五ケ年ノ三種トス
      但シ一ケ年定期預金ハ三ケ年ノ後之ヲ廃ス
   四 一ケ年定期預金ハ無利息トシ、其ノ予定利息金ノ金額ヲ奨励金ニ充テ、又三ケ年定期預金ノ利息ハ三ケ年通利一割トシ、其ノ残余ノ予定利息金ヲ奨励金ニ充テ、又五ケ年定期預金ノ利息ハ五ケ年通利二割トシ、其ノ残余ノ予定利息金ヲ奨励金ニ充ツ
   五 奨励金ハ五拾円・拾円・五円ノ三等ニ分チ、一等ハ一個、二等ハ十個乃至二十個ヲ限度トシ、三等ハ其ノ残額ヲ五ニテ除シ得タル数ヲ以テ其ノ個数トス
   六 予定利率ハ凡ソ年五朱トス
   七 預金証券ハ記名式壱円券トシ、各預金取扱所ニ於テ之ヲ交付ス
  (ロ)各市町村ニ名誉職貯金奨励委員ヲ設クルコト
  (ハ)普通教育中一層勤倹貯蓄ノ気風ノ養成ニ力メシムルコト
 第七 土地所有権・鉱山採掘権ヲ外人ニ許可シ、及外人ヲシテ我公債・株式其ノ他有価証券ヲ取得セシムルノ便ヲ与ヘ、以テ自然事業的外資輸入ノ途ヲ開クコト
 第八 実業学校ヲ増設シ、商工業者ノ智識ヲ啓発スルコト
 第九 商工業練習ノタメ有為ノ青年ヲ海外ニ派遣シ、及ヒ自ラ視察又ハ見習ノタメ渡航スル者ヲ保護奨励シ、其取締ヲ完全ニシ、商工業者ヲシテ海外ノ事情ニ通暁シ、商工業ニ練達セシメ、漸次我国民ヲシテ外国貿易ノ任ニ当ラシムルコト
 第十 輸入品中内地ニ於テ生産シ得ヘキモノヽ工業ヲ発達セシメ、以テ輸入ヲ防遏スルコト
 第十一 輸出ニ利アル工業ヲ保護シ、輸出ノ増大ヲ図ルコト
 第十二 前二項ノ方針ニ依リ精細ナル調査ヲ遂ケ、其ノ保護奨励スヘキ品類ヲ撰択スルコト
 第十三 工業試験所ハ其ノ本支所ノ外全国ヲ数区ニ分チ、各区枢要ノ地ニ支所ヲ置キ、本支所ニ或ル工産品模範工場ヲ設ケ広ク工業者ノ技術練習ノ資ニ供シ、且高等技師数十名ヲシテ絶ヘス其ノ管内各工場ヲ巡視セシメ、其ノ施設経営ノ適否ヲ調査シ、其ノ秩序的発達ヲ奨励シ、以テ当業者ヲシテ技術上・経済上及整理上其ノ行動ヲ適良ナラシムルコト
 第十四 農商務大臣ノ監督ノ下ニ外国貿易事務局ヲ置キ、各開港場ニ其ノ支局ヲ設ケ、海外領事其ノ他ノ官公署又ハ公私ノ団体及ヒ
 - 第21巻 p.616 -ページ画像 
個人ト直接通信ノ道ヲ開キ、輸出入貿易ノ真相ヲ観察調査シ、秩序的発達ヲ奨励シ、以テ当業者ノ行動ヲ適良ナラシムルコト
 第十五 政府需用ノ物品ハ力メテ其ノ供給ヲ内国産ニ取リ、産業奨励ノ精神ヲ助長シ、国民ヲシテ徒ニ舶来品ヲ貴重スルノ妄念ヲ除去セシムルコト
 第十六 重要物産同業組合ヲ督励シ且之ヲ補助シ、其ノ業務ヲ釐革シ、其弊害ヲ矯正スルコト
 第十七 現行通商条約上実行シ得ル範囲内ニ於テ海関税率ヲ改正シ内国産品ヲ保護シ、其ノ産出ヲ奨励スルコト
 第十八 鉄道殊ニ港湾接続鉄道ヲ速成シ、海陸ノ連絡ヲ完成シ、各部ノ統一ヲ図リ、且特別運賃ノ制ヲ立テ及ヒ之ヲ奨励シ内国産品ノ運搬ニ便ヲ与フルコト
 第十九 航海奨励法ヲ改正シ、同法ノ保護ヲ受クル船舶ヲ以テスル運送ニ付キテハ特別運賃ノ法ヲ設ケ、内国産品ノ輸出ニ便ヲ与フルコト
 第二十 海外必要ノ地ニ領事館ヲ増設シ、通商貿易ノ利便ヲ与フルコト
等是ナリ、以上ハ実ニ国家ノ生存上必ス急施セサルヘカラザル重要ノ事項ニシテ、曾テ本会議所ヨリ其筋ヘ建議セシモ未タ採納セラルヽニ至ラス、故ニ今玆ニ前議ヲ修正増補シテ閣下(貴院)ニ呈ス、切ニ望ラクハ、快断明裁微意ノ在ル所ヲ容レ、以テ速ニ之ヲ実行セラレンコトヲ
右本会議所ノ決議ニ依リ建議(請願)仕候也
  明治三十四年二月六日(請願ハ七日附)
          東京商業会議所会頭 男爵 渋沢栄一
    内閣総理大臣 侯爵 伊藤博文殿
    大蔵大臣   子爵 渡辺国武殿
    農商務大臣     林有造殿
                     (各通)
    逓信大臣      原敬殿
    貴族院議長  公爵 近衛篤麿殿
    衆議院議長     片岡健吉殿
  ○右建議書ハ内閣総理・大蔵・農商務・逓信ノ四大臣ニ進達セリトナス資料ト、逓信大臣ヲ除ク三大臣ニ進達セリトナス資料トアリ。ココニハ姑ク四大臣ニ進達サレタリトナスモノニ従フ。
  ○本巻明治三十三年三月二日、同三十四年九月九日ノ両条、並ニ本資料第二十二巻所収「商業会議所聯合会」明治三十三年五月十七日、同三十四年一月二十三日ノ両条参照。