デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
4款 商業会議所聯合会
■綱文

第22巻 p.681-687(DK220057k) ページ画像

明治33年5月23日(1900年)

是ヨリ先、第九回定期会ニ金沢商業会議所ノ提出セル輸出羽二重検査所ヲ横浜・神戸二港ニ設置スルノ儀、他ノ諸議案ト一括ノ上国家経済ノ方針ニ関スル儀トシテ調査スルニ決シタリシガ、再ビ分離ノ上審議スルコトトナリ、是日第五日ノ会議ニ上程サレ、可決セラル。栄一会長トシテ議事ヲ司宰ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三三年(DK220057k-0001)
第22巻 p.681 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三三年     (渋沢子爵家所蔵)
五月二十三日 曇
○上略 十時商業会議所聯合会ヲ開ク、午後三時頃聯合会ノ議事ヲ了ス
○下略


明治三十三年五月開設 第九回商業会議所聯合会報告 第三六頁 刊(DK220057k-0002)
第22巻 p.681-682 ページ画像

明治三十三年五月開設
第九回商業会議所聯合会報告  第三六頁 刊
○議案第五号             (金沢商業会議所提出)
一輸出羽二重検査所ヲ横浜・神戸二港ヘ設置セラレンコトヲ政府ヘ請願ノ件
  理由 国産ヲ増殖シテ輸出ヲ盛ニシ以テ国富ノ大ヲ致サンコトヲ計ルハ上下ノ共ニ希フ所ニシテ、我北陸其他ニ於ケル主要物産羽二重ニ就キテ是ヲ昨年ノ輸出表ニ見ルニ、其金額将サニ弐千万円ニ垂ントシ是ヲ輸出品中ニ伍シテ二・三等ヲ下ラサルナリ、依之是ヲ観レハ、羽二重タル独リ北陸地方ニ於ケル主産物タルノミナラス、優ニ国家重要ノ物産トシテ之ヲ推スモ敢テ当ヲ欠ク者ニ非ルヤ必セリ、既ニ国家重要ノ産物タリ、是ニ対シテ確乎タル保護取締ヲ与フルハ国家トシテ其責ニ任スル所ナラスヤ、然モ転シテ外国市場ニ於ケル我カ羽二重ノ声価ヲ聞カンカ、吾人ヲシテ憂苦
 - 第22巻 p.682 -ページ画像 
措ク能ハサラシムルモノ一ニシテ足ラサルナリ、頃者我カ公使領事等ノ報スル所ニ依レハ、既ニ我政府ニ対シテ粗製品告発ニ及ヒシ者アリト、事果シテ真ナランカ、我貿易上ニ於テ将タ又国家ノ信用上ニ於テ軽々看過スヘカラサルノ国家問題ナラスヤ、而モ此悪弊ヲシテ瀰漫ヲ恣ニセシメンカ、其害ヤ独リ羽二重輸出上ニ止マラス、延テ我輸出貿易上又救フヘカラサルノ惨状ヲ呈スルニ至ラン、是輸出羽二重検査所ヲ横浜・神戸二港ニ設置シ、以テ弊害ヲ未発ニ防キ、我カ貿易ヲシテ益々好望ノ域ニ進マシメント欲スル所以ナリ
  本件ニ関シテハ已ニ生糸検査所ノ設置セラルヽアレハ規摸ヲ彼ニ取リテ均シク農商務省直轄ノ下ニ立タシメ、厳正ナル検査励行ヲ望ム者ナリ、之ヲ要スルニ羽二重検査所設置ハ目下国家義務上急要ノ問題ニシテ且ツ合理ノ者ト信スルカ故ニ、此ニ本案ヲ提出ス


明治三十三年五月開設 第九回商業会議所聯合会報告 第六三頁 刊(DK220057k-0003)
第22巻 p.682-683 ページ画像

明治三十三年五月開設
第九回商業会議所聯合会報告  第六三頁 刊
    ○決議
○上略
○議案第三号
一外国人ニ土地所有権及鉱山採掘権ヲ許与セラレンコトヲ其筋ニ建議スルノ件
                        (函館提出)
○中略
○議案第五号
一輸出羽二重撿査所ヲ横浜・神戸二港ヘ設置セラレンコトヲ政府ヘ請願ノ件
                        (金沢提出)
○中略
○議案第六号
一絹織物摸範工場設置建議ノ件          (横浜提出)
○中略
○議案第七号
一海陸運輸交通ノ連絡ヲ図ル義ニ付建議ノ件    (博多提出)
○中略
○議案第八号
一摸範工場設立ニ関スル義ニ付意見開申ノ件    (博多提出)
○中略
○議案第九号
一国家経済ノ方針ニ関スル意見開申ノ件      (大坂提出)
○中略
○議案第十号
一日本興業銀行ノ速成ヲ其筋ニ促スノ件      (京都提出)
○中略
○議案第十二号
一納税ニ手形及公債利札ヲ使用セシムルコトヲ其筋ニ意見開申ノ件
                        (京都提出)
○中略
 - 第22巻 p.683 -ページ画像 
○議案第十三号
一国家経済ノ方針ニ関シ政府ニ建議シ、議会ニ請願スルノ件
            (東京商業会議所委員井上角五郎提出)
○中略
○議案第十四号
一鉄道国有ノ実行ヲ期シ其筋ニ意見ヲ開申スルノ件 (京都提出)
○中略
 以上十件ハ便宜一括シ、十五名ノ委員ヲ選挙シテ之ニ調査ヲ附託スルコトニ決シ、其後委員ハ審議ノ末、右ノ中輸出羽二重検査所設置ノ件ハ別ニ議スルコトヽナシ、其他ノ九件ヲ一括シテ報告シタルニ衆議ノ上鉄道国有ノ実行ヲ期スルノ件モ別ニ議スルコトヽナシ ○中略 之ヲ可決ス ○下略


明治三十三年五月開設 第九回商業会議所聯合会議事速記録 第二一七―二二八頁 刊(DK220057k-0004)
第22巻 p.683-687 ページ画像

明治三十三年五月開設
第九回商業会議所聯合会議事速記録  第二一七―二二八頁 刊
明治三十三年五月二十三日午前十時四十五分開議
  出席委員     三十一名 ○氏名略
○会長(東京、渋沢栄一君) コレヨリ開会仕リマス、大問題ハ昨日諸君ノ御丹誠デ議了致シマシテゴザイマス、残ツテ居リマスノハ五号議案金沢商業会議所ノ提出デ「輸出羽二重検査所ヲ横浜・神戸二港ヘ設置セラレンコトヲ政府ヘ請願ノ件」コレト尚ホ昨日御討議ニ依ツテ定マリマシタ京都商業会議所カラ御提出ニナツテ居リマス鉄道国有ノ問題、コレダケデゴザイマス
○三十八番(岡山、香川真一君) チヨツト此際ニ御協議ヲ致シタイコトガゴザリマス、ソレハ先刻溜リ所テ色々御話ヲシタ結果デゴザイマス、一応其結果ヲ申上ゲマスルガ、此間以来委員ガ出来テサウシテ色色相談シタ結果救済策ガ出来マシテ、昨日御決議ニナツタ個条ニ於テハ、或ハ前途ノ事ハドウナルカ分リマセヌガ、先ヅ商業会議所ノ聯合会トシテハ之ヲ可トスルノデアリマスガ、倩々考ヘマスルニ、是ハ誠ニ永遠ニ渉ル方針デアリマシテ目下ノ救済策トハ申サレマセヌ、ソレデ此様ナコトナラ何モ俄ニ大勢ガ寄集ツテ、地方迄檄ヲ飛シ、サウシテ此経済問題ニ付相談ヲシヤウジヤナイカト云フ程ノ必要モナイヤウニ思ハレル、私共ノ考ニハ目下ノ急ヲ救フガ為メニ経済問題ノ集会ガアルト心得テ之ヘ出マシタ所ガ、其事柄ハ今申シマスル通リ永遠ノ方針ニ渉ル事デアリマス、然ラバ香川ハ委員会ニ於テ何カ意見デモ出セバ宜イニト仰セラレマス御方モアルカ知レマセヌガ、トント其応急ノ策ト云フモノハ私ニハナイノデアリマス、無イカラドウモ委員会ニ出テモ何ニモ言フコトガ出来マセヌ、又将来ノ事ヲ考ヘテ見マシテモ農ヲ以テ国ヲ立テルト云フヨリハ、先ヅ大抵商工ヲ以テ国ヲ立テナケレバナラヌト云フ所ニナツテ参リマセウト考ヘル、政府モ又其御方針デアラウト存ジマス、人民モ其方針デ着々ヤツテ来テ居ル、従ツテ大分工業ナドモ盛ンニナツテ来タ、然ルニ時勢ノ変遷カラシテ商工業社会ニ非常ナ困難ガ起ツテ参リマシタノデアリマス、今日工業ハ何ガ一番盛ンデアルカト申シマスレハ、綿糸紡績事業カ一番盛ンデアリマス、之ハ尚ホ将来ドレ程迄発達スルヤラ分ラヌト皆思フテ居リマス、然ル
 - 第22巻 p.684 -ページ画像 
ニ今日ノ有様ハドウデアルカト申シマスルト非常ナ困難ニ陥ツテ居ル大坂ナドハ就中紡績事業カ盛ンナ所デアリマスガ、此頃大坂ノ損失ト云フモノハナカナカ夥シイモノデアラウト存ジマス、我岡山県ノ如キハ紡績会社ハ数モ少ナウゴザイマスガ、私ハ岡山紡績会社ノ重役ノ一人デアリマスルデ内情ハ能ク知ツテ居リマス、ガ、此一・二月迄ハ利益モアリマシタガ三月カラ損失ガ立チ出シマシタ、岡山紡績ハ今日迄ハ一度モ損失ヲ広告シタヤウナ事ハゴザイマセヌガ、当年ハ不幸ニモ損失ヲ広告シナケレハナラヌ有様デゴザイマス、今ノ有様デ申シマシタナラ事業ヲ止メタガ一番儲カルト云フ訳、其次ハ職工及事務員ヲ只ダ養ヒニシタガ宜カラウ、職工ヤ事務員ヲ只ダ養ヒニシテモ一万三千五百円バカリノ損ヲ来シマス、事業ヲスルト一万五千イクラト云フ損失、サウ云フヤウナ訳デ、コレハ全国ノ紡績会社トシテ余リ相違ハゴザイマスマイ、大同小異ダラウト思ヒマスガ、其内前ニ安ク綿ヲ買ツテ置キマシタ所ハ其損失ダケハ免カレルト云フ位ガ好結果カト存ジマス、一番日本デ前途ニ見込モアリ、今日非常ニ開ケテ随分印度ノ綿糸業ヲ圧倒スル位ナ景気ノアル紡績会社ニシテ、若シ今日ノ景況ガ今少シ長引キマシタナラ、或ハ倒産スル所ガアラウカト存ジマス、折角是迄発達シ掛ケマシタ紡績事業、ソレバカリデハゴザリマセヌ、他ノ工業会社モ大イニ困難シテ居リマスガ、先ヅ紡績事業ヲ申シマストソンナ有様デ、之ガ今一頓挫ヲシタト云フ時分ニハ、実ニ商工ヲ以テ国ノ基ニシヤウト云フ考ハナクナツテ仕舞ウヤウナ場合ニナル、コレ等ヲ見テモ今日ノ急ヲ救フト云フ分別ハ付ケナケレバナラヌト思ヒマス、偖香川ハソレニ付テ何ゾ分別ガアルカト御尋ガアツタラ何ニモ分別ハナイト言ハナケレバナラヌ、併シ乍ラ始メ申上ゲマシタ通リ、俄ニ全国ノ人ガ出テ来テ、サウシテ有志会員ガ三十六名、聯合会員ガ十五名ト云フモノカ寄合フテ色々相談ヲシタ揚句ニ其結果ハドウデアルカト云フト、永遠ノ策ダケデアツテ目下ノ救済策ヲ尽シタモノトハ言ハレヌヤウニゴザイマスカラ、何ヲシテモ一ツ其問題ガ此議場ニ上リマセヌト云フト甚ダ信用ヲ失ヒハセヌカト云フコトヲ気遣ヒマス、尚ホ私モ岡山商業会議所ニ於キマシテ多少今度ハ此御相談ニ与ツタラ面白イ事ガアラウト云フ当テ推量デ出マシタノニ、豈計ランヤ話ハソコニ及バナカツタトアリマシテハ、帰ツテ申訳モナイヤウナ次第デゴザイマス、付テハ此会議ノ御仕舞ヒナルニモ拘ラズ、先刻休憩所デ私ノ愚見ヲ申述ベマシタ所段々御賛成ノ御方モアリマシタ、ソコデドウモ此儘解散ニ致シマスル事ハ甚ダ遺憾デゴザイマスカラ、兎ニ角目下ノ急ヲ救フト云フダケノ分別ハアツテモナクテモ、此議場デ御相談ニナツタト云フ事ダケハ致タシタイト考ヘマス、依ツテ協議会ヲ請求致スノデゴザイマス
○六十二番(東京、井上角五郎君) 六十二番ハ賛成ヲ致シマス、ソウ致シマシテ協議会ヲ御開キニナリマス間ハ、暫クマアドチラカト云ヘバ秘密会ニ致シテ頂キタウ存ジマス
○一番(赤間関、松尾寅三君) 只今香川君ヨリ協議会ノ御請求ガゴザイマシテ、如何ニモ私共モ策ハゴザイマセヌガ、又諸君ノ御意見モ伺ヒ自分ノ愚見ヲ述ベヤウト思ヒマスガ、兎ニ角僅カニ残ツテ居リマス
 - 第22巻 p.685 -ページ画像 
此聯合会ノ問題ヲ仕舞ツタ後ニ廻シテ貰ヒタイ、斯ウ云フ順序ニシテ頂ク事ハ出来マセヌカ
○三十八番(岡山、香川真一君) 成程途中デ協議会ヲ開クト云フコトハドウデゴザイマシヤウカト存ジマスガ、今残ツテ居ル問題ハサウ急グト云フ程ノモノデモナイ
○一番(赤間関、松尾寅三君) 急ギハ致シマセヌガ、併シ聯合会ノ議題ヲ済マシテカラ……
○三十八番(岡山、香川真一君) コレハ外ノ御方ニハゴザイマスマイト思ヒマスガ、私一個ノ考デゴザイマスト、此議案ヲ議了シテ仕舞ヒマスルト、私ハ頻リニ帰リタイヤウナ心ガ起ツテ来ル、コレハ外様ニハゴザイマスマイ、只私ノ考、ソレ故此間ニ御協議ヲシタ方ガ宜イト思フ
○二十七番(長崎、松田源五郎君) 香川サンニチヨツト御尋シマスガ協議会ヲ開クト云フ事ハ別段私ハ異論ハナイケレドモ、応急策ト云フモノヲ議題ニシテ、ソレニ依ツテ協議会ヲ開クト云フ御請求ノヤウニモ伺ヒマシタガ、私ハソレハ好マヌデス、斯様ナ事ハ議題外ノ方ガ宜シイト思フ、只ダ暫ク本会ヲ休ンデ而シテ協議会ヲ開クト云フ事ニ致シタイ
○三十八番(岡山、香川真一君) 矢張リアナタノ考ト同様デゴザイマス
○二十番(神戸、横田孝史君) 御隣デ反対スルト云フノハ済マヌカ知ラヌガ、コレハ到底協議会ナリ本会ナリ開キマシテ只今ノヤウナ御主意デ問題トシテ御相談ニナツタ所デ、此応急策ト云フ事ニ適当スル宜イ考案ヲ立テヤウト云フ事ハ、私共経験カラ考ヘルト甚ダ六ケシイ事デアラウト思フ、既ニ去十五日デゴザイマシタカ、アレ程ノ大会ノ企テガ此所デアリマシタ、其時ニ於テスラ何等ノ御定案ガナイト云フヤウナ事デ、其事ヲ私共ガ御尋シマシタラ……経済社会デ以テ勢力アル或新聞ニハ私共ノ問ヲ指シテ見当違ヒノ問ヒデアルト云フヤウナ記事ガ出テ居ツタ、アレ程ノ会ダカラ何カ斯ウ云フ事ニ付テ相談ヲシヤウヂヤナイカト云フ案ガアルダラウト思ツテ居ツタ所、何ノ案モナイ、余リ不思儀ダカラ御尋シタラ、ソレハ甚ダ見当違ヒデアルト書イテアル、別ニ一新聞ノ記事ヲ咎メル訳デハアリマセヌガ、世ノ中ハ如斯ク此会ヲ見テ居ルノデアル、寧ロ問題ガナイ方ガ当リ前デアルカラ、問題ノナイノヲ咎メルノハ問違ツテ居ルト云フ事ヲ経済社会デ勢力ノアル新聞ガ吹聴スルト云フヤウナ有様デアル、ソレト同ジ事デ、ドウシテモ実際之ニハ何モ案ガナイト云フ事ハ明カデアラウト私ハ考ヘル、ソレデ香川サンノ御説デハ折角我々ガ出テ来タノダカラ目前ニ対スル応急ノ相談ヲシヤウデハナイカト云フ、之ハ大変御親切ノヤウナ御説デアリマスケレトモ、ナイモノハ幾ラ考ヘテモ宜イ思案ノ出ヤウ筈ガナイ、加之商業会議所聯合会ト致シマシテハ、目前ノ応急策ト云フヤウナ事ヨリ先ヅ国家ノ前途ト云フモノニ対スル相当ノ立案ヲナシ相当ノ画策ヲナスト云フノガ本会ノ趣意デ、又本会ノ体面ト云フ事ニ付テハ其方ガ寧ロ相当ノ事デアラウト思フ、夫故ニ昨日委員会ノ報告以前ニ於キマシテハ、只今香川サンノ御説ノ如キ目前ノ応急策ト云フヤウ
 - 第22巻 p.686 -ページ画像 
ナ事ノ御相談ガ出ヤスマイカト云フ感ヲナシテ居ツタ、然ルニ委員会ノ報告ニ於キマシテハ寧ロ此永遠ノ計画ヲナスト云フガ如キ意味合ノ案ガ出マシタガ為ニ、寧ロ此方ガ聯合会ノ体面ノ上カラ云フテモ又道理上カラ言フテモ適当ナ事デアルト私共ハ信ジテ居ツタヤウナ事デゴザイマス、爰デ其案ノナイモノニ向ツテ幾ラ協議ヲ致シマシテモ別段ドウモ有用ナ御相談ヲスルト云フ事モ出来ナイ、又道理上出来可ラザル事デアラウト思フ、先ヅ昨日委員会ノ結果ニ対シテ決議致シマシタ外ヨリ仕方ガナカラウト考ヘマス
○三十三番(大坂、三谷軌秀君) 私ハ三十八番ニ賛成イタシマス、二十番ノ今御説ガアリマシタケレドモ、私ハ協議スベキ問題ガアルデアラウト考ヘマス、其結果ハ如何ナルカハ期シ難イデアリマスカラ、ドウカ協議会ヲ御聞キナサルヤウニ致シタイ
○会長(東京、渋沢栄一君) ドウデゴザイマス、開ク開カヌト云フ事ニ余リ時ヲ費ヤスモムダデスカラ、コレハ一ツ起立デ極メマセウ、開クト云フ事ニ御同意ノ御方ハ起立ヲ願ヒマス
  起立者  多数
○会長(東京、渋沢栄一君) 多数デゴザイマス、六十二番ハ秘密会ト云フ事ヲ御請求デシタナ
○六十二番(東京、井上角五郎君) 別ニ差支ヘモナカラウト思ヒマスケレドモ、今二十番ノ御話モアルヤウナ事デアリマスカラ……
○会長(東京、渋沢栄一君) ソレデハコレヨリ秘密会ニ移リマス
  午前十一時十五分秘密会ニ移リ
  午後一時二十分本会議ヲ開ク
○会長(東京、渋沢栄一君) コレヨリ本会ヲ開キマス、五号議案ノ議事ニ移リマス
○二十九番(金沢、水登勇太郎君) 五号議案ハ金沢商業会議所ノ提出デゴザイマス、羽二重検査所ヲ横浜・神戸ノ二港ヘ設置セラレン事ヲ望ムト云フノデアリマス、之ヲ出シマシタ理由ヲ簡単ニ述ベマセウト思ヒマス、此羽二重輸出額ハ段々増進致シテ参リマシテ昨年モ千五・六百万円、殆ンド二千万ニ近イ額ニ上リマシタ、今年モ四月迄ノ輸出高ヲ見マスニ五・六百万円ニナツテ居リマスカラ昨年ニ比シマシテ若シ此順デ進ンデ参ルモノトスレバ昨年ヨリ増加スルモ減ルト云フ憂ヘハアリマセヌ、此羽二重輸出進歩ノ度合ヲ考ヘテ見マスニ此所五・六箇年ニシテ非常ノ進歩ヲシタモノデアリマス、千五・六百万円ヨリ二千万円ノ輸出額ト云フモノハ国家重要輸出品タルハ申ス迄モナイ事デアリマス、其羽二重ニ付キマシテハ粗製濫造ノ声ガ近頃余程高クナツテ参リマシタ、ト云フノハ全ク販路ガ多クナルトキハ兎角製造方ガ不充分デアリマスカラ其不充分ナモノデモドシドシ外国ヘ出ルト云フヤウナコトデ、需用ガ多クナレバ之ハ自然免カレヌ所デアリマセウカト思ヒマス、勿論此事ニ付キマシテハ其地方地方ニ於テソレソレ検査所ヲ立テヽアル、立テヽハアリマスケレドモ兎モ角検査所ハ地方毎ニ其赴キヲ少シ宛変ヘテ居リマスノデ、自然一定ノ規則ト云フ事ニナツテ居リマセヌカラ、品位・等級ハ甲乙各々少シ宛変ル所ガアル、故ニ日本羽二重トシテ之ヲ長ク重要輸出品トスルニハ一定ノ品位・等級ヲ定
 - 第22巻 p.687 -ページ画像 
メルト云フ事ガ必要デアラウト思ウ、従ツテ粗製濫造ノ悪弊ヲ矯ルヤウニ致シタイ、又国家事業トシテ此撿査所ガ出来其輸出ノ品物ヲ監督シ名声ヲ保ツト云フコトハ必要デアルノミナラズ、左様ニ致サナケレバナラヌ事デアル、過日此事ニ付キマシテ或御方ヨリ撿査ノ方法等ニ付テノ御質問モアリマシタガ、方法ノ詳シイ事ニ至リマシテハ私ハ余リ承知致シマセヌカラ爰ニ弁ズル事ハ出来マセヌケレドモ、其糸ノ工合トカ練方ニ致セ色々アルダラウト思ヒマス、ドウカ此事ハ前申シマスヤウニ尚ホ進マントスル所ノ事業デアリマスカラ、此際方針ヲ定メテ其品位ヲ一定シ信用ヲ落サナイヤウニスルト云フ事ハ尤モ努ムベキ事デアルト思ヒマス、其一ノ方法トシテハ此撿査所ヲ設ケルト云フヨリ外ニ宜イ道ハナイト私ハ考ヘテ居ルノデアリマス、ドウゾ御攷究ノ上通過ヲ望ミマス
○七番(豊橋、三浦碧水君) 此案ハ誠ニ結構ナ案デ、全体日本ノ製造事業ニ就キマシテハ生糸ガ一番輸出ノ多額ヲ占メ居ルノデゴザイマシテ、此羽二重ナドノ粗製濫造ト云フ所カラ信用ヲ落スコトガアルト、自然生糸ノ方ニモソレガ影響シテ来ルヤウナ訳デアリマスカラ、之ハ十分力ヲ入レテ宜イ方法ヲ設ケルコトハ尤モ必要ナ事デアル、ドウカ此等ハ速ニ実行アランコトヲ望ミマス
   〔「賛成、々々」ト呼ブ者アリ〕
○会長(東京、渋沢栄一君) 本案ニ付テハ御賛成ハゴザイマシタガ別ニ御不同意ハナイヤウデゴザイマス、之ハ簡単ナ案デゴザイマスカラ三次会ノ手順ヲ略シマシテ直チニ確定議ノ決ヲ採リマス、原案ニ御同意ノ御方ハ起立ヲ願ヒマス
  起立者  総員
○会長(東京、渋沢栄一君) 可決イタシマシタ
  ○本建議ハ直チニ実現セザリシモノヽ如シ。(横浜市史稿産業編)