デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
4款 商業会議所聯合会
■綱文

第22巻 p.857-864(DK220069k) ページ画像

明治35年12月9日(1902年)

是日臨時会第二日ノ会議ニ於テ、京都・大阪・神戸・名古屋・四日市五商業会議所ノ聯合提出ニ係ル日清銀行速成ノ儀討議サレ、委員ヲ選ビテ主務当局ニ事情ヲ質サシムルニ決ス。十日第三日・十二日第五日ノ会議ニ於テ、委員ヨリ当局トノ会談顛末報告サレ、政府ニ依リ日清銀行設立法案第十七議会ニ提出サルルコト明カトナリシヲ以テ、本件ハ希望意見トシテ其趣旨ヲ可決スルニ止ム。栄一会長トシテ議事ヲ司宰ス。


■資料

明治三十五年十二月開設 臨業商業会議所聯合会議事速記録 第八二―八四頁 刊(DK220069k-0001)
第22巻 p.857-859 ページ画像

明治三十五年十二月開設
臨業商業会議所聯合会議事速記録  第八二―八四頁 刊
明治三十五年十二月九日午前十時四十五分開議
  出席委員     二十四名 ○氏名略
○会長(東京、渋沢栄一君) ○中略 就キマシテハ三号ノ議案ニ是カラ移ツテハ如何デアリマス、三号議案ハ日清銀行速成ノ件デ是モ発起会議所カラ趣意ハ口頭デ御陳述ニナルコトニナツテ居リマス
 - 第22巻 p.858 -ページ画像 
○三十二番(京都、中村栄助君) 此提案ニ付キマシテ発起会議所ノ説明ヲ致シマスガ、之ハモウ別段ニ述ベズトモ諸君ノ御承知ノ事デゴザイマシテ、昨年ノ八月新潟ノ聯合会ニ大阪会議所カラ提出セラレマシタ案デゴザイマス、此日清銀行ナルモノヽ即チ我邦ト清国トノ貿易上重大必要ト云フコトニ付テノ理由ハ別段ニ述ベマセヌガ、一言之ニ致シタイコトハ、近頃聞ク所ニ依リマスルト、此銀行ノ成立シマシタル上ハ吾々ガ大ニ主トシテ希望致シマシタ此日清貿易ノ機関トナラズシテ、貿易機関ト云フヨリモ他ニ此第一ニ鉱山鉄道ノ機関ニシタイト云フヤウナコトヲ聞クノデゴザイマス、デ固ヨリ之モ可ナルコトヽハ存ジマスルガ、主トシテ吾々ハ、此日清貿易ノ機関トスルコトヲ希望致シタ訳デゴザイマス、是等ノコトハ当局者ニ一応其手続ヲ能ク質シタ上デ尚ホ之ヲ決議シテ、其主タル希望ヲ十分ニ述ベテ置キタイト云フ考デゴザイマス、デ其他ノ事ハ別段述ベルマデモゴザイマスマイト思ヒマスデ、一言ヲ添ヘテ此理由ヲ陳述致シテ置キマス
○三十四番(大阪、法橋善作君) 本案ハ唯今三十二番カラ陳述サレマシタ通リノ理由デ提出サレマシタノデゴザイマスガ、私ノ考ヘマスニハ、本問題ニ対シテ委員ヲ設ケマシテ、大蔵大臣其他ニ対シテ日清銀行ノ計画ハ如何ナル御計画デアツテ、又ドノ位マデ事ガ進ンデ居リマスルカ、ドウ云フコトデアルカト云フコトヲ充分御尋ネヲ致シテ、而シテ後ニ此事ヲ決議スルト云フコトガ順序ノ当ヲ得タルモノニシテ、又サウナカラネバ、唯ダ新聞紙上其他ノ取沙汰ヲ聞クマデヽ、未ダ政府ガ如何ナル計画デアルカ、果シテ当議会ニ於テモ如何ヤウナコトヲナサルカ、事実ヲ認メヌ間ニハドウスルコトモ出来ナイト思ヒマス、唯ダ吾々ハ先年来屡々主張シタル訳デゴザイマスルカラ、是マデ希望スル如キ意思ヲ以テ此所ニ速成ヲ図リタイト云フノデアリマス、ドウカ委員デモ設ケテ大蔵大臣其他本案ニ対シテ必要ナ向キニ一ツ訪問ヲ致シテ伺ツタ上デ、其報告ヲ待ツテ何分ノ決議ヲスルト云フコトニ致シタイト存ジマス
○四十三番(金沢、村田庄四郎君) 三十四番ヘ賛成ヲ致シマス
○会長(東京、渋沢栄一君) 御賛成ガゴザイマスガ委員ハ幾名、ドウ云フ手続デサセヤウト云フ御考デゴザイマスカ
○三十四番(大阪、法橋善作君) 五名位デ宜シウゴザイマセウガ、此出席員ノ中ニ於キマシテ多少理財等ノコトニ通暁ヲ致シマスルモノト御認メニナルヤウナ部類デ、ドウカ皆得手得手ガ多少ゴザイマスカラ何誰モ御経験ハゴザイマセウケレドモ、就中又其方ニハ都合ガ宜カラウト云フ方ヲ会長ノ御指名デドウゾ願ヒタイ
○会長(東京、渋沢栄一君) 本問題ニ付キマシテハ別ニ御説ガゴザイマセヌカ、唯今三十二番カラ此提出ノ御趣意ガ御申述ニナリマシタ、諸君ノ御聞キノ通リ玆デ此案ヲ確定セシムルニハ主務省ノ意ハ如何ナル方針デ居ルカ、ドウ云フ手続ニナリテ居ルカト云フ模様ヲ聞イタ上デ議決シタガ宜カラウ、其ヲ聞クハ委員ヲ以テ聞クヨリ外ナカラウカラ、五名ノ委員ヲ議長指名デ定メテ、サウシテ之ヲ能ク承リ定メ、其報告ヲ待ツテ決議シタイト斯ウ云フ御動議デゴザイマス、モウ別ニ御説ガゴザイマセネバ三十四番ノ御説ノ決ヲ採リマスルデゴザイマスガ
 - 第22巻 p.859 -ページ画像 
本問題ニ付テハ五名ノ委員ヲ議長ニ指名セシメテ、其五名ガ当局者ヲ訪問シテ事情ヲ質シ其報告ヲ待ツテ決議スルト斯ウ云フコトニナリマス、此案ニ御同意ノ方ハ御起立ヲ願ヒマス
  起立者  満場一致
○会長(東京、渋沢栄一君) 一致デゴザイマス、委員ヲ指名仕リマス中村栄助君・三谷軌秀君・横田孝史君・馬越恭平君・渡辺甚吉君、此五名様ニ御願ヒ致シマス、渡辺甚吉サンハ今日ハ御出席ハゴザイマセヌガ、昨日ハ御参席ノヤウデゴザイマシタ


明治三十五年十二月開設 臨時商業会議所聯合会議事速記録 第一三二―一三七頁 刊(DK220069k-0002)
第22巻 p.859-860 ページ画像

明治三十五年十二月開設
臨時商業会議所聯合会議事速記録  第一三二―一三七頁 刊
明治三十五年十二月十日午前十時三十五分開議
  出席委員     二十七名 ○氏名略
○会長(東京、渋沢栄一君) ○中略 ドウゾ大蔵大臣御訪問ノ諸君カラ御談話ノ御模様ヲ御報告下サリマシテ、昨日御付託ノ任務ヲ御果シ下サルヤウニ願ヒマス
○三十二番(京都、中村栄助君) 日清銀行ト貯蓄奨励法ノ事ニ就キマシテ御付託ニナリマシタ委員ハ、昨日此会議散会後ニ大蔵大臣ノ官邸ヲ訪問致シマシテゴザイマス、所ガ昨日ハ余程大臣モ多忙ノ御様子デゴザイマシテ既ニ面会ノ謝絶モ一応サレタ位デゴザイマスガ、押シテ面会ヲ致シマシタヤウナコトデ、充分ニ尽シテ質問等又ハ希望ヲ述ベルコトガ出来ナカツタノデゴザイマス、唯其時ノ概要ヲ御報告致シテ尚ホ吾々委員ニハモウ一応主務ノ方ニ会ヒマシテ充分項目ニ至ツテモ質問ヲ致シ、其模様ニ依リマシテハ尚ホ再度御報告致スコトニ致シタイト云フ考モ持ツテ居リマス、去リナガラ唯今既ニ此問題ガ上ボリマシタ以上ハ、唯今ダケノ御報道ヲ申シ上ゲマスガ、既ニ昨日此日清銀行ノ事ニ付キマシテハ是マデ聯合会ガ主トシテ希望シテ居リマスル点ハ、即チ日清貿易ノ機関銀行ト云フコトヲ主ニシテ居ツタノデゴザイマス、然ルニ近頃耳ニスル所ニ依リマスレバ鉱山若クハ鉄道等ノ機関ニモ此銀行ニ於テ大ニ其扱ヲスルト云フ傾ニナツテ居ルト云フコトデアリマスカラ、第一ニ夫等ノコトヲ大蔵大臣ニ向ツテ御尋ネ致シタノデゴザイマス、然ルニ大蔵大臣ノ御答ニ依リマスルト、如何ニモ其日清貿易ノ機関ト云フコトハ主トシテ動カヌノデアル、ソレハ素ヨリノコトデアルガ、其他ニ今御尋ニナル所ノ鉱山ナリ、鉄道ナリ、又船舶ノコトナリ、普通ノ貸附ニ至ルマデモ広ク是ハ大キクヤルコトニナツテ居ル、此政府ノ提案ノ順序ハ既ニ本日上奏ヲシタヤウナコトデアルカラ、一両日中ニハ既ニ此事ハ極テ世間ニ顕ハレルヤウナコトニマデ運ンデ居ル、斯ウ云フコトデゴザイマシタノデ、少シク細目ニ渉ツテ尋問ヲ致ス考デ御尋ヲ致シマシタガ、何分ニモ今此案ニ対シテハ上奏中デアルカラ、大体ノ事ダケヨリ御答ハ出来ヌト云フコトデアリマシテ、ソレダケノコトヲ承ツテ置キマシタヤウナコトデゴザイマス、デ前ニモ申シマスル通リ、尚ホ其各項ニ付テイロイロ伺ヒマシタ上ハ、委員ニ於テモ大ニ審議スル点モアラウト考ヘマスガ、唯今ノ所デハ予メ政府ノ意向即チ今日ノ実際ニ於テハ既ニ提案モアツテ上奏中デアリ一両日中ニハ既ニ活版ニ摺ツテ其物ヲ御廻シシテモ宜イト云フコトニ
 - 第22巻 p.860 -ページ画像 
ナツテ居リマスノデゴザイマスカラ、是ダケノコトヲ日清銀行ノ事ニ付テハ御報道申上ゲマス ○中略
○有志十一番(東京、雨宮敬次郎君) 唯今委員ノ御報告ヲ伺ヒマシテゴザイマスガ、能ク了解致シマシタガ、此日清銀行ニ就キマシテハ既ニ政府ハ一両日中ニ活版ニ出シテ諸君ニ知ラセルコトニシヤウ ○中略
○三十五番(大阪、三谷軌秀君) 先刻三十三番カラ御報告申上ゲマシタ件ハ又重ネテ訪問シヤウト云フコトニ委員中デナツテ居ルノデ、明日先ヅ会ヘルカ会ヘヌカ分リマセヌガ、モウ一応当局者ニ訪問ガ出来ルナラバ訪問シテ精シイ事ヲ陳情シテ、委員ノ考ヲ定メテ明日御報告致シタイト考ヘル、サウ致シマスルト本日此問題ニ付テハドウスルカト云フコトヲ議スルノハ少シク場合ヲ得ナイカト思ヒマスカラ、明日マデ御延期ヲ願ヒタイト思ヒマス ○中略
○会長(東京、渋沢栄一君) 全会ニ御相談シマスガ、大分他ノ諸君ガ御退席ニナリマシテ議員ノ数モ少ナクナツタヤウデゴザイマスガ、明日ヤハリ例刻カラ開クトシタナラバ大抵明日中議了シ得ラレマセウガ今日ハ是マデデ止メマセウカ、今御聴キノ通リ、此日清銀行ノ件若クハ貯蓄奨励ノ件ニ就テハ委員ノ御報告デハマダ主務大臣ノ意嚮ヲ極ク細密ニ突止メタトハ申サレヌ、併シ大体ノ事ハ斯々デアルト云フ御報道デ之ニ依テ斯ル処置ヲシテ行ツタラ宜カラウト云フ御立案ガ出来ヌコトハナカラウト思フ、去リナガラ若シ満足ヲ得ルナラバモウ一応御会見ノ上確カノ所ヲ突止メタ上、斯ク斯クデアルカラ本案ニ就テハ斯様ニ処置シテ行ツタラ宜カラウト云フコトガアツタラ、尚ホ満足デアラウト思ヒマス ○下略


明治三十五年十二月開設 臨時商業会議所聯合会議事速記録 第二〇九―二一一頁 刊(DK220069k-0003)
第22巻 p.860-861 ページ画像

明治三十五年十二月開設
臨時商業会議所聯合会議事速記録  第二〇九―二一一頁 刊
明治三十五年十二月十二日午前十一時三十分開議
  出席委員     二十二名 ○氏名略
○上略
○副会長(東京、馬越恭平君) 次ギニ此工場法案ノ委員ノ調査ノ報告ヲ致シマス筈デスガ、唯今調査中デゴザイマスカラ繰リ上ゲマシテ日清銀行ノコトヲ御議シスルヤウニ致シタイト思ヒマス
○三十二番(京都、中村栄助君) 此日清銀行ノ其後ノ委員ノ行動ニ就テ御報道致シマス、其後尚ホ大蔵省ニ出マシテ其当路者ニ遇フテ段々日清銀行ノ条項ニ就テ尋問ヲ致シマシタ、其要項ニ就テハ色々吾々委員ガ承知ヲ致シマシテゴザイマス、之ヲ一言ニ御報道致シマスレバ、吾々各会議所又ハ聯合会ガ希望致シマシタ希望ヨリ一層拡ク且ツ一層大キク此度ノ政府ノ提案ハ出来テ居ルト云フコトデゴザイマス、サウ致シマスレバ吾々此聯合会ハ既ニ希望ヲ達シタモノトシテ宜シイト考ヘマス、此日清銀行ニ就キマシテハ最早此聯合会ニ於テ決議ヲスルノ必要ハナイト云フコトニ決シタイト考ヘマス、就キマシテハ其要項ヲ承知致シマシタコトハ聊カ公ケニスルコトヲ憚ルコトデゴザイマスカラ、之ハ一ツ秘密会議ヲ開イテ諸君ニ御話スルコトニシタイト考ヘマス、是ダケノコトヲ委員ヨリ御報告ヲ申上ゲマス
  是ヨリ秘密会ニ移ル
 - 第22巻 p.861 -ページ画像 
○三十二番(京都、中村栄助君) 唯今御手許ニ此蒟蒻摺ヲ御廻シ致シマシタノハ即チ吾々委員ガ聞取リマシタ要項デアリマス、是ニ就キマシテ又御尋ネガゴザイマスレバ答ヘマスガモウ別段是ダケノコトガ出テ居リマスレバ一目シテ御分リダラウト考ヘマス、就キマシテ一応申上テ置キタイノハ、此政府ノ提案ハ不日貴衆両院ヘ提出ニナル、夫迄ノトコロハ是ヲ是非秘密ニシテ貰ハナケレバナラヌト云フコトヲ承知致シテ此事ヲ聞取リマシタノデ、ドウカ是ハ徳義ヲ守ツテ新聞ナドヘ出マセヌヤウニ願ヒタイ、政府ガ議会ヘ出サヌ前ニ新聞ヘ現ハレマスルト困リマスノデ、将来政府カラ何モ聞セナイヤウナコトニナツテハ困リマスカラ、是ダケハ委員ヨリ諸君ニ希望致シテ置マス
○三十八番(名古屋、鈴木摠兵衛君) 委員長ニ伺ヒマスガ本店ハ何処ヘ置クト云フコトニナツテ居リマスカ、東京ヘデモ……
○三十二番(京都、中村栄助君) 矢張東京ニ置クト云フ……
○三十四番(大阪、法橋善作君) 日清銀行ノ速成ヲ謀ルト云フコトヲ提出致シマシタノハ、新聞紙其他ニ於テ政府ハ日清銀行ヲ計画シ清国ノ鉄道・鉱山等ニ投ズルト云フコトニ対シテ多少杞憂ヲ抱キマシタガ今政府カラ示サレマシタ法案ニ依テ見レバ吾々ガ予テ希望スル点ハ細大漏サズアルノデアルノデアリマス、其杞憂ト云フモノハ玆ニ早消滅シテシマツタノデアリマス、去リナガラ玆ニ一旦出シタ日清銀行ノ速成ヲ謀ルト云フ案件デゴザイマスルカラ、是ヲ見タカラトテ心配ノ必要ガナイト云フコトニシテ仕舞ウ以上ハ此問題ヲ進行スル上ニ付テ力ヲ弱メルダラウト思ヒマスカラ、本会ニ於テハ速成ヲ謀ルコトヽ云フコトヲモ可決スルト云フコトニシテシマツテ終ツタ方ガ宜カラウト思ヒマス、已ニ此処ニ一旦出シタ提案デゴザイマスカラ善ヒトカ悪ヒトカ見合ストカシナケレバナラヌガ、速成ヲ期スト云フコトニシテ置マスレバ、早クヤツテ呉レロト云フ意味ニモ解セラレルコトデアリマスカラ……
○三十八番(名古屋、鈴木摠兵衛君) 三十四番ニ同意致シマス、其方ガ極穏当デ宜カラウト思ヒマス
○副会長(東京、馬越恭平君) 別段ニ異議モゴザイマセヌヤウデスガ三十四番ニ御同意ノ方ハ起立ヲ請ヒマス
  起立者  満場
○副会長(東京、馬越恭平君) 全会一致デ是ニ決シマスル
  ○本資料第二十一巻所収「東京商業会議所」明治二十九年三月十二日、同年四月二十五日、同三十二年一月十九日、同三十四年九月十五日ノ各条並ニ第二十三巻所収「農商工高等会議」明治二十九年十月二十一日ノ条参照。
  ○政府ハ第十七議会ニ日清銀行法ヲ提出セシガ同議会ハ三日ニシテ解散シタルタメ同法ハ未審議ニ終ル。(大日本憲政史第五巻第二五〇頁以下)



〔参考〕渋沢栄一 日記 明治三五年(DK220069k-0004)
第22巻 p.861-862 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三五年      (渋沢子爵家所蔵)
二月廿二日 晴
○上略 小村外務ヲ訪ヒ日清銀行等ノ事ヲ談ス ○下略
   ○中略。
二月廿四日 晴
○上略 十一時半外務省ニ抵リ、小村大臣ト会見ス、益田孝・小田切領事
 - 第22巻 p.862 -ページ画像 
ト共ニ日清銀行ノ事ヲ談ス ○下略



〔参考〕東京経済雑誌 第四六巻第一一六三号・第一一六四―一一六五頁 明治三五年一二月二〇日 日清銀行に就て(竜窟)(DK220069k-0005)
第22巻 p.862-864 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。