デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

1章 社会事業
4節 災害救恤
1款 火災救恤
■綱文

第24巻 p.569-571(DK240069k) ページ画像

明治19年4月4日(1886年)

是日深川区相川町ニ出火アリ、栄一、金二百円ヲ罹災者ヘ寄ス。


■資料

青淵先生六十年史 竜門社編 第二巻・第七一〇頁 明治三三年六月再版刊(DK240069k-0001)
第24巻 p.569 ページ画像

青淵先生六十年史 竜門社編  第二巻・第七一〇頁 明治三三年六月再版刊
 ○第五十八章 公益及公共事業
    第二十四節 深川区公共事業
○上略
明治十九年十二月、深川相川町出火ノ節罹災者ヘ金員施与ノ賞トシテ木杯一組ヲ賜フ ○下略
 - 第24巻 p.570 -ページ画像 


(芝崎確次郎) 日記簿 明治一九年(DK240069k-0002)
第24巻 p.570 ページ画像

(芝崎確次郎) 日記簿  明治一九年    (芝崎猪根吉氏所蔵)
(四月)四日 晴風
 休日
○上略 夜ニ入帰宅いたし、其儘ニテ御邸参リ居候処、越中島積かやより出火、直ニ消止メ候処、亦候相川町裏家より出火、折節風烈四方延焼いたし、弐百戸已上焼失いたし、非常尽力消防致し候事、午後三時半帰宅四時《(前)》ニ寐ニ付申候
○下略
五日 小雨降
○上略 区役所ヘ出頭、類焼之貧民ヘ施与金弐百円納方代理取計申候 ○下略


青淵先生公私履歴台帳(DK240069k-0003)
第24巻 p.570 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳         (渋沢子爵家所蔵)
    賞典
同 ○明治十九年十二月七日 東京深川区相川町失火之節、罹災者ヘ金弐百円施与候段、奇特ニ付為其賞木杯一組下賜候事  内閣



〔参考〕深川区史 深川区史編纂会編 上巻・第四四〇―四四一頁 大正一五年五月刊(DK240069k-0004)
第24巻 p.570 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕東京市史稿 東京市役所編 変災篇第五・第一一六五頁 大正六年八月刊(DK240069k-0005)
第24巻 p.570-571 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。