デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
1節 外遊
2款 韓国行
■綱文

第25巻 p.58-74(DK250004k) ページ画像

明治39年6月8日(1906年)

是日栄一、東京ヲ発シテ韓国視察ノ途ニ上ル。二十八日京城ニ於テ韓国皇帝ニ謁シ、七月十八日帰京ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三九年(DK250004k-0001)
第25巻 p.58-67 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三九年     (渋沢子爵家所蔵)
六月八日 半晴 暑             起床五時三十分 就蓐十二時
起床後身体ヲ摩擦シ、畢リテ朝飧ヲ喫ス、六時半家ヲ出テ新橋停車場ニ抵ル、行ヲ送ル人数百場ニ満ツ、午前八時発車ス、平沼駅ニテ渋沢作太郎等来リ話ス、静岡ニテ平尾徳太郎来ル、名古屋ニテ伊藤伝七来リ、同車シテ大垣ニ抵ル、車中種々ノ事務ヲ談ス、大津ニテ原田金之祐来ル、京都ニテ中川其他ノ支店員来リテ行ヲ送ル、大阪ニ於テ熊谷西園寺・神戸店岸崎氏等来リ、同車シテ神戸ニ抵ル、九時四十分神戸着ス、西常盤花壇ニ投宿ス、入浴後晩飧ス、夜十二時一同就寝ス
六月九日 雨 薄暑             起床五時三十分 就蓐十一時三十分
起床後直ニ朝飧ヲ喫シ、旅装ヲ整ヒ、大阪・神戸等ヨリ送リ来リタル熊谷・岸崎氏等ト共ニ神戸停車場ニ抵リ、七時発ノ急行列車ニ搭ス、車中人少クシテ一行ノ談話自由ナリ、淡路島・須磨・舞子・明石等ヲ指顧ノ間ニ評シツヽ過ク、岡山ニ抵リテ片山広斗氏来リ迎フ、氏ハ近日米国テキサスニ移住スル者ナリ、広島ニ抵リ松本清助・同万兵衛、及人力電気会社技師長来リ迎フ、社員多ク来リ候ス、松本氏等ハ同車シ、車中種々ノ談話アリ、且水力電気会社ノ要務ヲ諮詢セラル、宮島ニ抵リテ辞シ帰ル、岩国ニテ佐伯維馨氏来訪ス、旧ヲ話シテ柳井津ニテ分袂ス、九時赤馬関ニ着ス、途中野口氏来リ迎フ、停車場ニハ多人数来リテ歓迎ス、山陽ホテルニ少憩シテ、直ニ聯絡壱岐丸ニ搭ス、荘田平五郎来リ話ス、夜十一時出帆ス、船中無事
六月十日 晴 薄暑             起床八時三十分 就蓐十一時
昨夜ヨリ風少シク起リテ船動揺ス、午前八時頃釜山湾ニ入ル、我艦隊数艘碇舶《(マヽ)》ス、片岡中将ノ率ヘル所ナリト云フ、九時起床、少ク朝飧ヲ為ス、畢テ船釜山港ニ着ス、撿疫吏員来撿ス、釜山支店木村雄次、其他同港ノ人々多人数来リ迎フ、有吉理事官モ来リ迎フ、午前十一時上陸ス、京城直通ノ汽車ハ既ニ発シタルニ付、此日ハ当地ニ休足スルモノトシ、大池旅館ニ投シテ休憩ス、午飧後京釜鉄道会社ノ停車場・工場等ヲ一覧シ、足立氏ヲ訪フ、後当地ニ開設スル博覧会ヲ一覧ス、六時帰宿、来人ニ接ス、夜飧後支店員ノ依嘱ニヨリテ揮毫ヲ試ム
此日ハ天気清朗ナレトモ又甚タ暑ナラス、頗ル人ニ可ナリ、船ニ迎フル人、旅宿ニ訪問スル人多クシテ、応接ニ暇ナシ、夜ニ入リテ少シク閑ヲ得タリキ
六月十一日 晴夕方雨 暑          起床七時 就蓐一時三分
起床後日誌ヲ調査ス、朝飧後数多ノ来人ニ接ス、殊ニ迫間房太郎来リテ韓国農事改良談ヲ為ス、午前十時理事庁ヲ訪問シ、夫ヨリ第一銀行支店ニ抵リテ事務ヲ視察ス、木村支配人其他ト種々ノ協議ヲ為ス、十一時前草梁停車場ニ抵ル、足立太郎氏其他数十人送別ノ為来ル、十一
 - 第25巻 p.59 -ページ画像 
時発車、三良津ニテ中村ニ別ル、馬山浦ニ赴クナリ、大邱ニテ泉ニ別ル、韓人数名来リ謁ヲ求ム、大田ニ抵リテ稷山主任葛原来リ迎フ、車中鉱山事務ヲ話シテ、成歓ニ抵リテ分袂ス、テーラー氏来リ迎フ、平沢ニ抵レハ竹山・弥口二氏来リ迎フ、滞京中ノ事ヲ協議ス、午後十時南山門停馬場《(マヽ)》《(マヽ)》ニ抵リ、多人数ノ歓迎ヲ受ケ、直ニ人車ニテ京城支店ノ役宅ニ投宿ス、夜平壌・鎮南浦行ニ関シテ、原田・麻生其他ノ諸氏ト協議ス
六月十二日 半晴 軽暑           起床七時 就蓐十一時三十分
起床後日誌ヲ整理ス、八時朝飧ヲ畢リ、数多ノ来人ニ接ス、十時過キ第一銀行支店ニ抵リ、竹山・三島二氏ト事務ヲ処理ス、市原・八十島同行ス、十二時旅宿ニ抵リテ午飧シ、食後統監府ニ抵リ鶴原総務長官ニ面話ス、更ニ木内商工務長官ト鉱山ノ事及水力電気ノ事ヲ談話ス、二時過度支部ニ抵リ、目賀田顧問ヲ訪フ、不在面話ヲ得ス、鈴木氏ニ伝言シテ去ル、長谷川大将ヲ訪問シ、更ニ指令部ニ抵リテ参謀長・旅団長等ヲ訪問ス、四時再ヒ第一銀行支店ニ抵リ、店員一同ニ訓誡ノ辞ヲ為ス、平壌行ニ関シ尾高次郎・野口弥三二氏ト談話ス、畢テ社員ノ住スル社宅地ヲ一覧シ、六時帰宿ス、秋田某・稲田某来訪ス、六時過渡瀬常吉来リテ京城学堂ノ事ヲ談ス
六月十三日 曇 冷             起床六時三十分 就蓐十一時
起床後日誌ヲ整理ス、七時半朝飧ヲ喫ス、食後数多ノ来人ニ接ス、午前十一時閔泳錡氏《(閔泳綺)》ヲ其居ニ訪ヒ、韓国財政ニ関スル談話ヲ為ス、更ニ閔丙奭・完順君等ヲ訪問シ、十二時半目賀田顧問ノ官舎ニ抵リ午飧会ニ列席ス、畢テ韓国諸官衙ニ抵リ、大官連ニ面晤ス、最終ニ景福宮内ナル議政府ニ抵リ、朴参政始閔度支・権農商工部・李内部等ノ諸大臣ニ面会ス、夕方旅舎ニ帰リテ夜飧ス、夜明日平壌行ニ関スル手続ヲ行員ニ談話ス
六月十四日 晴 暑             起床五時 就蓐十二時
起床後直ニ朝飧ヲ喫シ、旅装ヲ整ヘテ六時南大門停車場ニ抵リ、平壌行ノ汽車ニ搭ス、福島少将・山座政務局長等同車ス、此汽車ハ陸軍鉄道監部ノ管理スル所ニシテ、百事軍隊ノ規律ニ従ヒ、経営厳正ナレトモ、交通運輸ノ便ヲ謀ルノ点ニ於テハ京釜鉄道ニ比シテ遜色アルカ如シ、搭スル所ノ二等列車ハ露国ヨリ分捕物ナルヨシ、構造頗ル堅固ナレトモ野鄙ノ態アリ、汽車開城ニ抵リテ安川氏来リ迎フ、此行総テ生路ナルヲ以テ触目皆快ヲ覚フ、車中ニテ午飧シ、午後四時四十分平壌ニ抵リ、臨江ホテルニ投宿ス、夜此地ノ軍人及理事官・民長等ノ案内ニヨリテ、大同館ニ抵リテ宴会ニ列席シ、一場ノ謝辞ヲ述フ、夜十時帰宿ス
平壌着ノ際、大坂山辺・三重斎藤及三井物産ノ藤野氏等ニ邂逅シ、満洲ニ於ケル織布販売ノ状況ヲ詳聞ス
六月十五日 晴 暑             起床六時 就蓐十一時三十分
起床後直ニ朝飧ヲ為シ、兼二浦農場一覧ノ為ニ、午前八時平壌発ノ汽車ニ搭ス、十時黄州駅ニ抵リ、更ニ兼二浦行ノ汽車ニ搭シ、十一時兼二浦ニ達ス、農場ノ農民数多来リ迎フ、尾高・宇都二氏ノ案内ニテ社員ノ合宿所ニ抵リ、先ツ社員一同ヘ訓示ノ辞ヲ為シ、更ニ小作人世話
 - 第25巻 p.60 -ページ画像 
役及一般小作人中ノ重立タル韓人六十名余ニ、会社成立ノ趣旨ヨリシテ、将来施設ノ方針等ヲ丁寧ニ諭示ス、畢テ社宅ニテ午飧シ、午後一時頃農場中ノ一邸ニ上リテ各農場ヲ一覧ス、四時帰社、午後五時過兼二浦発ノ汽車ニテ黄州ニ抵リ、七時過平壌ニ帰宿ス、此日菊地理事官山田財務官・茂木氏等同行ス、終日快談
六月十六日 晴 暑             起床七時 就蓐十一時三十分
起床後日誌ヲ整理ス、八時朝飧ヲ畢リ、九時頃ヨリ旅宿ヲ出テ第一銀行支店ニ抵リ、事務ヲ処理シ、更ニ各官衙ヲ訪問シ、畢テ大同門前ヨリ小舟ニ棹シ大同江ヲ遡ル、江ハ平壌市街ニ沿フテ清流壁下ヲ過ク、断岸数十尺、青蘿岩ヲ擁シテ風光佳絶ナリ、凡二十丁余ニシテ永明寺ニ抵リ、浮碧楼ニ小憩シテ、更ニ山ヲ攀チテ玄武門ヲ通過シ、箕子廟ニ詣シ、再ヒ浮碧楼ニ還リテ午飧ス、永明寺ノ寺僧香雲布岳来リ話ス食後又小舟ニテ流ヲ下リ、大同門ニ抵リテ上陸シ、人車ニテ原田支配人ノ社宅ニ抵ル、此日ハ午後三時ヨリ地方ノ人々二百余名ヲ招シテ園遊会ノ催シアルニヨリ、同時刻ヨリ続々来会セラル、庭中種々ノ余興アリ、午後四時半立食場ヲ開キ、食卓上一場ノ謝辞ヲ述ヘ、更ニ各種ノ摸擬店ヲ散歩ス、午後七時過散会、別ニ行員ヲ集メテ一場ノ訓戒演説ヲ為シ、夜八時旅宿ニ抵ル、夜民長及地方商業者数名来話ス
六月十七日 晴 清暑            起床五時 就蓐十二時
起床後朝飧ヲ喫シ、送別ノ為メニ来会セシ数多ノ人ニ接ス、午前六時半臨江ホテルヲ発シ、庭前ナル大同江ニ浮ヘル小舟ニテ、平安丸ト命名セル小蒸気船ニ搭ス、菊地理事官・山田財務・馬場民長、其他軍人商業者共三・四十人来リテ行ヲ送ル、平安丸ニテ大同江ヲ航シ、舟中囲碁・音曲等ニテ歓楽多シ、船兼二浦ニ抵リテ少憩シ更ニ航シテ午後二時鎮南浦ニ抵ル、染谷理事官・小川民長、及守備隊長・地方商業者等二・三十人来リ迎フ、共ニ少舟《(小)》ニテ上陸シ、同地麻生支配人ノ社宅ニ投宿ス、休憩後東京発ノ書状六通ヲ裁ス、畢テ入浴シ午後七時ヨリ明月楼ニ於テ開催セラルヽ地方有志者ノ歓迎会ニ出席ス、席上一場ノ演説ヲ為シ、畢テ余興ヲ一覧シ、午後十時帰寓夜飧シ、十二時就寝
(欄外)
篤二・阪谷・佐々木・益田・竹田・佐々木
六月十八日 晴 清暑            起床七時 就蓐十一時
起床後庭園ヲ散歩シ、麻生其他ノ人々ト今日開催セラルヽ園遊会ノ場処ヲ一覧シ、余興其他ノ設備ヲ指揮ス、七時半朝飧ヲ畢リ、九時第一銀行出張所ニ抵リ事務ヲ視察ス、畢テ新購入地ヲ一覧シ、更ニ諸官衙等ヲ訪問シ、染谷理事官舎ニ於テ種々ノ談話ヲ為シ、十二時社宅ニ帰リテ午飧ス、食後揮毫ヲ試ム、午後四時ヨリ来賓続々集会ス、是ヨリ先小川民長及地方重立タル者数名来リテ、此地鉄道聯絡ノ事ニ関シ種種ノ談話アリ、四時過キヨリ園遊会ヲ開ク、余興数番アリ、立食場ニ於テ一場ノ演説ヲ為シ、染谷理事官答辞アリ、午後八時散会、夫ヨリ出張所員ヲ集メテ行務取扱上ニ関スル訓戒演説ヲ為シ、夜十一時就寝
六月十九日 晴 暑             起床五時 就蓐十二時三十分
起床後直ニ朝飧ヲ畢リ、六時鎮南浦ヲ発ス、海岸ヨリ小舟ニテ平安丸ニ搭ス、染谷理事・小川民長、其他軍人・商業家十数名来リ送ル、六
 - 第25巻 p.61 -ページ画像 
時過出帆、九時過兼二浦ニ抵リテ上陸シ、興業会社事務所ニ休足シ午飧ヲ為ス、午前十一時過兼二浦発ノ汽車ニテ黄州ニ抵リ、京城行ノ汽車ニ投シ、夜九時四十分京城ニ着ス、支店員其他多人数来リ迎フ、共ニ社宅ニ抵リ別後ノ要務ヲ談話ス、夜十二時過寝ニ就ク
六月二十日 晴 暑             起床七時 就蓐十一時三十分
起床後昨夜到来セル書状ヲ点撿ス、七時半朝飧、畢テ応接所ニテ数多ノ来人ニ接ス、長谷川大将・目賀田顧問・鶴原長官・加藤顧問等モ来訪セラル、目賀田・鶴原両氏トハ種々ノ要務ヲ談ス、午後一時支店員一同ト共ニ午飧シ、廿三日ヲ以テ支店会開催ノ事及其他ノ要務ヲ談話ス、午後二時過ヨリ来客ニ接シ、又東京佐々木氏・浅野・篤二其他ヘノ書状ヲ作リ之ヲ発ス、午後八時ヨリ掬翠楼ニ抵リ、地方有志会ノ催シタル歓迎会ニ出席ス、一場ノ演説ヲ為ス、夜十一時帰宿就寝
六月二十一日 晴 暑            起床七時三十分 就蓐十二時
起床後日誌ヲ整理ス、八時朝飧ヲ畢リ来客ニ接ス、午前十時半市原氏ヲ伴ヒ鶴原総務長官ヲ訪ヒ、第一銀行ニ関スル詳細ノ談話ヲ為ス、十二時過帰寓午飧ス、食後数多ノ来人ニ接ス、午後三時ヨリ昌徳宮ヲ一覧ス、市原氏以下各支店員随行ス、五時過帰寓、七時日本人倶楽部ニ抵リ、今夕開催スル京城諸官憲・韓国大官其他貴紳ノ招宴ニ出席シ、一場ノ謝辞演説ヲ為ス、長谷川大将及韓国参政朴斉純二氏答辞アリ、庭中種々ノ余興アリ、八時過ヨリ食堂及摸擬店ヲ開ク、賓客悉ク歓ヲ尽シ夜十時散会ス、来会者凡弐百人、頗ル盛宴ナリキ
六月二十二日 曇 冷            起床七時 就蓐十二時三十分
起床後直ニ朝飧ヲ喫シ、食後竹山氏ト共ニ南大門内ノ支店候補地ヲ一覧ス、帰寓後市原・竹山氏ト其土地ニ関スル処置方法ヲ協議ス、午前十時半市原氏同伴、目賀田顧問ヲ訪ヒ、第一銀行事務及貨幣整理、其他ノ要務ヲ談話ス、午後一時帰寓午飧ス、食後来客ニ接シ、午後三時過キ宇都曾一同伴、東大門外ノ帝室所属荒蕪地ヲ一覧ス、京城ヲ去ル約二里ノ外、一川ニ沿フタル地ナリ、午後六時帰寓、更ニ日本人倶楽部ニ抵リ、園遊会ニ出席シ一場ノ演説ヲ為ス、此日来会スル者約二百名、多ク京城ニ在ル邦人及韓人・支那人等ノ取引先ナリ、種々ノ余興アリ、八時過ヨリ食堂ヲ開キ、各杓雑沓歓ヲ尽シ、夜十一時帰寓ス
六月二十三日 曇 冷            起床七時 就蓐十二時
起床後今日開催スヘキ支店会ノ議目ニ関シ市原氏ト協議ス、七時半朝飧ヲ為ス、竹山氏来話ス、来状ヲ撿閲シ書類ヲ整理ス、八時朝飧ヲ喫ス、畢テ一・二ノ来人ニ接ス、九時目賀田顧問・鈴木書記官来ル、支店会ヲ開キ一場ノ演達ヲ為ス、畢テ目賀田氏ヨリ本行各支店ノ執務心得ニ関シ詳細ノ諭達アリ、十一時頃ヨリ談話会ヲ開キ、畢リテ共ニ午飧シ、且写真シテ、目賀田氏去リテ後、更ニ支店会ヲ開キテ各項ヲ審議ス、午後六時過会議畢リテ一同花月楼ニ抵リ、慰労会ヲ開キ歓ヲ尽シテ夜十一時散会、帰寓ス
此日午後六時過伊藤統監帰着ニ付、南大門停車場ニ抵リテ之ヲ迎フ
六月二十四日 曇 冷            起床六時三十分 就蓐十二時
起床後直ニ朝飧ヲ喫シ、来状等ヲ撿閲シ、午前八時竜山ニ抵リ、養蚕試験場ヲ一覧ス、塩川氏及本多博士其他ノ諸氏来会ス、韓国ニ蚕業奨
 - 第25巻 p.62 -ページ画像 
励ノ意見ヲ塩川・本多二氏ニ詳話ス、更ニ旧貨幣鎔解所ニ抵ル、西尾氏各倉庫ヲ開キテ取扱手続ヲ示サル、旧貨幣断截機械ヲ運転シテ、実際ノ景況ヲ一覧ス、十二時帰寓、直ニ一同ト共ニ三井物産会社支店長小田柿氏ノ午飧饗宴ニ抵ル、食事畢リテ市原氏ヲ伴フテ伊藤統監官舎ヲ訪ヒ、別後ノ事ヲ話ス、四時加藤顧問ヲ其家ニ訪ヒ、東大門外ノ土地ノ件、明太洞金鉱ノ事ヲ詳話ス、七時帰寓、夫ヨリ花月楼ニ抵リ、韓国漢城銀行・天一銀行・農工銀行及倉庫会社等ノ催ニ係ル饗宴ニ出席ス、酒間一場ノ演説ヲ為ス、本邦経済界ノ沿革ヲ叙シテ、大ニ韓国ノ人士ニ訓誡ス、夜十二時宴散シテ帰寓ス
六月二十五日 晴 暑            起床六時三十分 就蓐十二時三十分
起床後東京留守宅及平壌ヨリ来状ノ回答ヲ認ム、七時過朝飧ヲ畢リ、宇都曾一・渡瀬常吉・和田義睦三氏ニ面話ス、東大門外ノ荒蕪地ニ関スル件、京城学堂ノ件、水力電気調査ノ景況等ヲ談ス、十時支店ノ人人ト会シテ各地ノ状況ヲ報告セシム、十一時京城発ノ汽車ニテ仁川ニ抵ル、八十島親徳随行ス、加藤理事・野口支店長其他十数人来リ迎フ加藤理事ニ誘ハレテ其官舎ニ抵リ午飧ス、午後三時過第一銀行支店ニ抵リ行務ヲ視ル、金庫其他ヲ一覧シ、行員ヲ集メテ一場ノ訓示ヲ為ス五時浅岡楼ニ抵リ休憩ス、夜当地ノ人士招宴ノ会ヲ開キ、席上一場ノ演説ヲ為ス、来賓中曾我税関長ノ答辞アリ、賓主歓ヲ尽シ夜十二時散会ス
六月二十六日 曇              起床七時 就蓐十二時
起床後楼上ニ在テ四方ヲ眺望ス、前面仁川湾潮満テ舟船輻湊ス、左顧スレハ八阪眼前ニ在リ、首ヲ回セハ邱上各個ノ洋行屹然並立ス、観来リテ地方ノ繁昌ヲ知ルニ足ル、七時半朝飧ヲ畢リ書類ヲ撿閲ス、午前九時市原・野口其他ノ人々ト先ツ八阪ニ抵リ社宅ヲ一覧ス、十時半仁川停車場ニ抵リ牧野氏ノ案内ニテ月尾島ヲ一覧ス(トロツクニ便乗ス)大小両月尾島ヲ遊覧シ、軍事上ノ経営ヲ説示セラル、午後一時過帰寓午飧ス、食後地方人士ヲ訪問シ、更ニ測候所ニ抵リテ風雨・寒暖・乾濡等ヲ知ルノ器械ヲ一覧シ、之カ説明ヲ聴ク、五時日本人倶楽部ニテ同窓会ニ出席シ、一ノ談話ヲ為ス、午後七時一山楼ニ於テ当地商業者ヲ招宴シ、一場ノ演説ヲ為ス、夜十一時散会帰宿ス
六月二十七日 晴 暑            起床七時 就蓐十二時三十分
起床後入浴シ、畢テ朝飧ヲ喫ス、食後来人数多ニ接シ、且揮毫ヲ試ム十二時野口支配人社宅ニ抵リ、満洲巡廻ニテ当地ニ立寄リタル水町理財局長ニ面会ス、共ニ午飧ヲ為シ種々ノ要務ヲ談ス、午後三時当地在住独乙商ウオルター氏来話ス、四時旅寓ニ帰リ、在京佐々木・添田・京都中川等ヘ書状ヲ発ス、午後七時日本人倶楽部ニ於テ当地ノ人士歓迎会ヲ開キ、出席ヲ乞ハル、依テ一同ヲ伴ヒ之ニ出席シ、酒間一場ノ謝辞ヲ述フ、午後九時発ノ汽車ニテ京城ニ帰ル、十一時過帰着、竹山三島其他数名来リ迎フ、京城支店社宅ニ投宿ス
六月二十八日 雨 冷            起床七時 就蓐十二時三十分
起床後東京ヨリ来書ヲ撿閲ス、八時朝飧ヲ畢リ、午前十時伊藤統監ヲ訪ヒ要務ヲ談ス、林公使来会ス、帰路日本人倶楽部ニ樺山伯一行ヲ訪ヒ、十二時頃帰寓シテ、此夕樺山伯一行・林公使・水町局長等ヲ招宴
 - 第25巻 p.63 -ページ画像 
スル為メ、花月楼ニ開宴ノ事ヲ定メ案内状ヲ発ス、午飧後理髪入浴シ午後三時韓国皇帝謁見ノ為メ宮中ニ抵ル、伊藤統監一同ヲ誘引ス、樺山伯一行モ同シク謁見ス、午後五時畢テ帰寓ス、七時花月楼ニ抵リ来客ニ接伴ス、種々ノ余興アリ、十一時散会帰宿ス
六月二十九日 雨 冷            起床七時 就蓐十一時三十分
起床後朝飧ヲ喫ス、畢テ二・三ノ来人ニ接ス、午前十時ヨリ市原氏ヲ伴フテ統監官舎ニ抵リ、度支部ト新契約案ノ事ヲ協議ス、鶴原・目賀田・水町諸氏来会ス、協議畢テ統監ヨリ午飧ノ饗応アリ、午後二時帰寓、東京佐々木・馬越・大倉諸氏、及篤二・尾高・大阪熊谷等ヘ書状ヲ発ス、午後七時日本人倶楽部ニ抵リ閔泳綺ヨリノ招宴ニ出席ス、鶴原・目賀田・木内・水町其他ノ諸氏来会ス、食卓上一場ノ謝辞ヲ述ヘ夜十時半帰宿ス
六月三十日 曇 蒸暑            起床七時 就蓐一時
起床後書類ヲ撿閲ス、七時半朝飧畢テ来人ニ接ス、午前九時半弓場ヲ伴フテ先ツ李根沢ヲ訪ヒ、東大門外ノ荒蕪地ノ事ヲ談ス、十時閔泳綺ヲ訪ヒ、懇話ヲ為シ且謝物ヲ贈付ス、畢テ権重顕ヲ訪ヒ、同シク親密ノ談ヲ為シ謝物ヲ交付ス、十二時帰寓、中原・和田二氏来リテ、水力電気ノ事ヲ談ス、共ニ午飧シテ将来ノ調査手続ヲ示ス、午後三時漢城銀行ニ抵リ行務ヲ一覧ス、更ニ倉庫会社ニ抵リテ同シク事務ヲ視ル、午後五時帰寓、七時ヨリ伊藤統監・長谷川大将・朴斉純・閔泳綺・権重顕、其他数多来会ス、此日ヲ以テ留別ノ宴ヲ設ケタルナリ、深更マテ談話シテ十二時頃散会ス
七月一日 雨 冷              起床八時 就蓐十二時三十分
起床後来状ヲ一覧シ、八時半朝飧ヲ喫ス、此日ハ稷山金鉱巡視ノ予定ナリシモ、朝来大雨ナルヲ以テ其行ヲ歇ム、釜山浦支店木村ヨリ同地巡回ノ都合ヲ電報シ来ル、直ニ三日到着ノ事ヲ返電セシム、畢リテ日誌ヲ整理シ、東京ヘノ書状ヲ認ム、午飧後市原・竹山・三島三氏ヲ会シテ、向後銀行執務上ノ注意ヨリ、外方接遇ノ心得方等マテ詳細ノ談話ヲ為ス、更ニ銀行事務外ノ諸務、稷山金鉱ノ件、興業会社ノ件、人力電気ノ件、及瓦斯事業其他ノ事共ヲ談話ス、三時伊藤統監ヲ訪ヒ告別シ、更ニ目賀田顧問・長谷川大将等ヲ歴訪ス、六時過帰宿シ一同撮影ス、米人スチービンス氏来リテ、コールブラン氏ノ事ヲ詳話ス、夜飧後蓄音器等アリテ、一同相興シテ夜十二時散会ス
七月二日 晴 清暑             起床六時 就蓐十二時三十分
起床後直ニ朝飧ヲ喫シ、七時四十分南大門発ノ汽車ニテ稷山金鉱ニ抵ル、八十島親徳・宇都曾一及八木随行ス、十時成歓駅ニ抵ル、葛原及米人テーラル来リ迎フ、成歓ヨリ輿ニ乗リテ山路三谷里ナル金鉱事務所ニ抵リ午飧ス、食後砂金採収ノ実況ヲ一覧ス、工夫凡四・五十人許リナリ、一覧畢リテ再ヒ輿ニ乗リ「ヤンデ」ナル米国人鉱業事務所ニ抵リ小憩シ、夫ヨリテーラル其他二名ノ案内ニテ「シヤヂヤンクル」ノ竪坑掘鑿ノ現状ヲ一覧ス、行程山上約半里許リ、新道路ヲ作リテ工事頗ル規摸アルヲ覚フ、一覧後再ヒ事務所ニ帰リテ少憩シ、更ニ保徳院ナル本事務所ニ抵ル、郡守某氏及憲兵班長等来話ス、少憩後同所ヲ発シ成歓ニ抵リ、七時発ノ汽車ニテ夜十時頃京城ニ帰ル、南大門ニテ
 - 第25巻 p.64 -ページ画像 
一同ニ迎ヘラレテ帰寓ス
七月三日 曇 涼              起床六時 就蓐十二時
起床後朝飧ヲ為シ、直ニ旅装ヲ整ヘ七時過南山停車場ニ抵ル、此日京城ノ人士行ヲ送ル為メ多人数来集ス、長谷川大将・鶴原・目賀田・木内及統監府ノ諸官、財務顧問部ノ人々、韓国大官連皆来会ス、七時四十分発車、第一銀行員モ一同来リ送ル、本多博士ハ水原ニ公務アリテ同車ス、成歓ニ抵レハ葛原氏来話シ、大田ニ抵リテ分袂ス、大邱ニ抵リテ同所出張ノ泉末治氏来リ迎フ、明日ノ来邱ヲ約ス、三浪津ニ抵レハ鹿沼伝十郎来ル、共ニ釜山ニ抵ル、鹿沼ハ韓国興業会社々員ニテ養蚕業専門ノ人ナリ、車中地方養蚕桑樹ノ事ヲ談ス、聴クヘキモノアリ六時三十分草梁ニ着ス、釜山人士数十名来リ迎フ、直ニ人車ニテ大池旅館ニ投宿ス、小憩後一行木村支配人ノ家ニ抵リ支那料理ノ夜飧ヲ餐セラル、共ニ歓ヲ尽シ夜十一時散会帰寓ス
七月四日 曇 涼              起床五時 就蓐十一時三十分
起床後直ニ朝飧ヲ為シ人車ニテ草梁ニ抵リ、六時発ノ汽車ニ搭シテ十時過大邱ニ抵ル、泉末治其他地方ノ人士数十人来リ迎フ、歩シテ第一銀行出張所ニ抵リ、店員ニ面会シ行務ノ概況ヲ視ル、財務官其他来話ス、韓人数名来リテ少話ス、此地ニ人車ナキヲ以テ輿ニ乗リテ市中ヲ一覧シ、十二時頃達城館ニ抵リ、地方有志ノ饗宴ヲ享ク、午飧畢リテ後一場ノ講話ヲ為シ、専ラ韓国農事改良ヲ説ク、午後三時過大邱ヲ発シ三浪津ニ抵リ、馬山浦行ノ汽車ニ乗替ヘ、夜八時馬山浦ニ着ス、三増理事其他地方人士数十人来リ迎フ、中村第一銀行出張所主任ハ三浪津ニ来リ迎フ、夜九時過馬山浦新市街ニ在ル望月楼ニ投宿ス、地方人数名来話ス、夜ニ入リテ少雨、風冷シ
草梁停車場ニテ足立太郎氏ニ面会シ、東京佐々木氏ヘ北海道木材ノ件ニ関シ、市原氏ト共ニ詳細ノ伝語ヲ託ス
七月五日 曇 涼              起床六時三十分 就蓐十二時三十分
起床後直ニ朝飧ヲ喫シ、海岸ヨリ八頭司某ノ廻漕セシ小蒸汽船三韓丸ニ搭シテ鎮海湾ニ抵ル、馬山浦ヨリ海上七・八哩ナルヘシ、風波穏カニシテ四望佳絶ナリ、猪島・月影浦等ヲ経過シテ、十時過湾内ニ入ル軍艦一艘・駆逐艦数隻碇泊ス、一覧後船ヲ還シテ帰路ヲ取リ、旧馬山浦ニ近ク船ヲ馳セテ海岸ニ達シ上陸ス、直ニ第一銀行出張所及理事官庁ヲ訪ヒ、午後二時再ヒ旅寓ニ小憩シ、銀行敷地・社宅建築等ヲ一覧シ、畢テ望月楼ニ抵リ、地方有志者催ス処ノ歓迎会ニ出席シ、一場ノ講話ヲ為ス、午後三時過馬山発ノ汽車ニテ三浪津ニ抵リ、汽車ヲ乗替ヘテ六時半釜山ニ抵リ、小憩後第一銀行支店ニ於テ催シタル此地官民数十人ノ招宴席ニ抵ル、席上一場ノ謝辞ヲ述ヘ、賓主歓ヲ尽シテ夜十一時散会帰寓ス
馬山浦発車ノ際、理事・鉄道班長、其他地方人士数十名来リテ行ヲ送ル
七月六日 半晴 涼             起床七時 就蓐十二時
起床後東京本店ノ佐々木氏・土岐氏及篤二等ヘノ書状ヲ裁ス、畢テ朝飧後数多ノ来客ニ面話ス、午前十時旅寓ヲ発シ、海岸ニテ小蒸汽船ニテ釜山鎮ニ抵リ上陸シ、更ニ人車ニテ東莱ニ抵ル、道路険悪ニシテ頗
 - 第25巻 p.65 -ページ画像 
ル不快ヲ覚フ、十二時半東莱ニ達ス、城市ヲ通過シテ、山麓ナル温泉場ニ抵リ小憩、入浴後午飧ス、八頭司某来リテ周旋甚タ勉ム、午後二時半浴舎ヲ発シ、路ヲ往時ト同シクシテ釜山ニ帰リ、埠頭ニ抵リ、日本郵船会社ノ支店敷地ヲ視察スル為メ生尾氏ニ誘ハレテ埋築地ヲ一覧ス、六時帰寓、七時守谷楼ニ抵リ、此地ノ商家七・八十名ヲ第一銀行ヨリ招宴セシニヨリ、出席シテ一場ノ謝辞ヲ述フ、賓客中ニ種々余興アリテ夜十一時散会帰寓ス
七月七日 晴 涼              起床六時三十分
起床後日誌ヲ作ル、朝飧後数多ノ来人ニ接ス、午前十時旅寓ヲ発シ銀行員ノ社宅地ヲ一覧シ、福田増兵衛氏ノ別荘ヲ訪フテ小憩ス、十二時小倉楼ニ抵リ、地方有志者十数名ノ催フセル午飧会ニ出席ス、食後第一銀行支店ニ抵リ、店員一同ニ告別シ、且一場ノ訓戒ヲ為ス、午後二時過小学校ニ抵リ、此地ノ経済会ニ於テ催フセル演説会ニ出席シ、韓国経営ニ関シ一場ノ演説ヲ為ス、三時半頃散会帰寓、更ニ地方人志《(士)》ノ歓迎会ニ出席ス、会場ハ此地民役所楼上ナリキ、酒間一場ノ謝辞ヲ述ヘ、六時半帰寓、銀行員其他ノ企望ニヨリテ数幅ノ揮毫ヲ為シ、七時半山陽聯絡船対馬丸ニ搭シ、八時半釜山ヲ発ス、夜風強ク浪高シ、船動揺シテ安眠スルヲ得ス
七月八日
払暁ヨリ風静カニ船穏カナリ、七時頃ヨリ六連島ニ入リ、八時半馬関ニ安着ス、兼子及愛子・秀雄等東京ヨリ来リテ、迎ノ為メ本船ニ来ル一同小蒸気船ニテ上陸シ、春帆楼ニ投宿ス、野口馬関支店支配人及其他ノ店員モ来リ迎フ、投宿後二・三ノ来客ニ接シ、入浴後小蒸気船ニテ門司ニ抵リ市中ヲ散歩シ、和布刈神社ニ詣シテ、再ヒ小蒸気ニテ馬関ニ抵リテ午飧ス、食後又二・三ノ来人ニ接ス、夕方ヨリ小蒸気ニテ小門ノ夜滝ヲ見ル、観瀾閣ニ入リテ夜飧ヲ為ス、食後小船ニ松明ヲ付シ、潮流ニ従テ魚ヲ網ス、各船皆火ヲ点シテ海面画ノ如シ、魚ヲ獲ルコト多カラサルモ、頗ル活溌ニシテ且興味アリ、夜十時過ヨリ帰路ヲ取リ春帆楼ニ帰宿ス
七月九日 晴 清暑             起床七時 就蓐十一時
起床後入浴シ、畢テ日誌ヲ整理ス、野口氏来リテ談話ス、入浴後朝飧ヲ畢リ、徐カニ旅装ヲ整ヘ、午前八時過ヨリ旅寓ヲ発シ、第一銀行支店ニ抵リ事務ヲ視ル、畢テ行員一同ニ訓戒ノ辞ヲ為シ、九時半発ノ汽車ニテ馬関ヲ発ス、汽車中ニテ午飧シ、二時過宮島ニ抵リ岩村ニ投宿ス、小憩後厳島神社ヲ参拝シ市中ヲ散歩ス、昨日馬関到着後ハ来客モ少ク、殊ニ到処水明ニ山青ク、市街ハ家屋宏壮ニシテ、田園山野悉ク整頓シテ、韓国旅行ノ帰途殊ニ愉快ヲ感ス、加之客月来頗ル繁忙ニシテ夜ヲ以テ日ニ継キタルヲ、今日ハ自由行楽ノ身トナリタル如ク、随処勝地ヲ探ルヲ得ルハ、其快亦言フヘカラサルモノアリ
社務所員佐伯某ノ案内ニテ、大元公園其他各所ヲ一覧ス
七月十日 晴 暑              起床六時三十分 就蓐十二時
起床後庭園中ヲ散歩ス、昨夜広島ヨリ来訪セシ松本清助氏来話ス、朝飧後東京第一銀行佐々木氏及篤二ヘ書状ヲ発ス、十時再ヒ厳島社殿ニ参拝シ宝物ヲ一覧ス、楽器及面又ハ平清盛ノ書抔頗ル見ルニ足ルモノ
 - 第25巻 p.66 -ページ画像 
アリ、畢リテ各勝地ヲ一覧シ、再ヒ旅宿ニ帰リテ午飧シ、食後二時頃宮島ヲ発シ、山陽鉄道ニ搭シ十一時神戸ニ着ス、同地ノ銀行員及数多ノ人来リ迎フ、西常盤楼ニ投宿ス
七月十一日 雨 涼             起床七時 就蓐十二時
起床後直ニ入浴シ、畢リテ朝飧ヲ喫ス、食後二・三ノ来人ニ接シ、九時水島商業学校長ノ案内ニテ高等商業学校ニ抵リ一場ノ演説ヲ為ス、畢テ帰寓、午飧後神戸ナル第一銀行支店ニ抵リ行務ヲ視、且行員ニ訓示ノ辞ヲ為ス、新築地ヲ一覧シテ後、兵庫出張所ニ抵リ事務ヲ視ル、更ニ新湊川尻ナル人造肥料会社買入地所ヲ一覧シ、午後六時過帰寓ス旅宿西常盤楼ニテ神戸店ノ饗宴ニ応シ、種々ノ余興ヲ見ル、夜九時神戸発、十時過大阪着、銀行員及紡績会社其他ノ人々数多来リ迎フ、伝法屋ニ投宿ス
七月十二日 晴 暑             起床六時三十分 就蓐十二時
起床後入浴シ、畢リテ朝飧ヲ喫ス、食後数多ノ来人ニ接ス、午前十時大川氏ノ案内ニテ金巾製織会社ニ抵リ工場ヲ一覧ス、同会社ハ大阪紡績会社ト合併シタルニヨル、更ニ大阪紡績会社ニ抵リ工場ヲ一覧シ、午飧後帰寓、三時過植村澄三郎氏ノ案内ニテ吹田ナル旭麦酒工場ヲ一覧ス、規模頗ル大ナリ、将来ノ業務頗ル有望ヲ覚フ、六時過帰寓、更ニ第一銀行支店ノ招宴ニ応シテ灘万楼ニ抵リ饗宴ヲ享ク、酒間余興アリ、夜十時散会帰寓ス
七月十三日 半晴 暑            起床七時 就蓐十一時
起床後直ニ入浴シ、畢リテ朝飧ヲ為ス、松本重太郎氏・大原春次郎其他来人数多ニ接シ、九時半八十島・松井ヲ従ヒ汽車製造会社ニ抵リ、長谷川・大原・井関三氏ノ案内ニテ各部ヲ巡覧ス、畢テ第一銀行支店ニ抵リ行務ヲ視察シ、行員ニ一場ノ訓示ヲ為ス、更ニ熊谷氏及二・三ノ人々韓国滞在中処務ノ概況ヲ談話ス、畢テ午後三時帰寓、休憩後大阪発ノ汽車ニテ京都ニ向フ、原田・大川・第一銀行員等数多送別ス、五時過汽車京都ニ着ス、中川支配人及行員数名、田中源太郎氏及織物会社ノ人々来リ迎フ、玉川楼ニ投宿ス、此日兼子及家眷等ハ奈良行ニテ、余ニ後ルヽ数時間ニシテ西京ニ着ス
七月十四日 雨 涼             起床七時 就蓐十二時
起床後来書ヲ閲シ、七時半朝飧ヲ畢リ、田中源太郎氏ノ来訪ニ接シ、織物会社・製麻会社ノ事ヲ協議ス、井出某氏来リ、明日教育会ニ出席シテ演説セラレン事ヲ乞ハル、中井氏来話ス、午前十一時第一銀行支店ニ抵リ、新築ヲ一覧シ行務ヲ視察ス、午飧畢テ午後二時織物会社ニ抵リ、業務ノ景況ヲ視ル、兼子及家眷ト共ニ工場ヲ一覧ス、畢テ清水寺ニ詣シ、有名ノ舞台及瀑布等ヲ一覧シ、更ニ五条坂ニテ陶器ヲ一覧シ、七時中村楼ニ抵リ、織物会社ノ招宴ニ応ス、酒間種々ノ余興アリ夜十一時過散会帰寓ス
第一銀行支店ニ於テハ行員ヲ会同シテ一場ノ訓示ヲ為ス、東京佐々木氏・篤二・塩谷方国・韓国市原氏等ヘ書状ヲ発送ス
七月十五日 雨 涼             起床七時
頃日来風邪気ニテ、今朝モ発汗多ク気分快然タラサルニヨリ、曾テ中井氏ヨリ嵯峨行ノ約アリシモ電話ニテ断リ遣シ、且井出氏ヨリ依頼ア
 - 第25巻 p.67 -ページ画像 
リシ教育会ノ企望ニ係ル演説ノ事モ、八十島ヲ以テ断リタリ、又名古屋市伊藤与七・滝兵右衛門二氏ヘ、来ル十七日ヲ以テ岐阜ニ赴クヘキ事ヲ書通セシム
午前八時朝飧ヲ畢リ、褥中日誌ヲ整理ス


竜門雑誌 第二一八号・第三六―四四頁 明治三九年七月 ○青淵先生渡韓日誌梗概(DK250004k-0002)
第25巻 p.67-73 ページ画像

竜門雑誌  第二一八号・第三六―四四頁 明治三九年七月
    ○青淵先生渡韓日誌梗概
青淵先生には第一銀行の要務を帯び去る六月八日出発渡韓、七月十八日無事帰京せられしが、其間日々の記事及視察談等は逐て詳細に本誌に掲載を乞ふこととなし、唯々此処には不取敢旅行中の経過を最も分り易きよう、極めて簡単に摘録することゝなせり、読者諸君其心して一覧せられんことを望む(編者識)
六月八日 晴 午前八時新橋発の最急行列車にて随行員八十島親徳・松井万緑両氏外に従者一名と共に渡韓の途に就かれ、同日午後九時四十分神戸着常盤花壇に一泊せらる
同九日 曇 午前七時山陽鉄道急行列車にて神戸出発、第一銀行京城総支店支配人に新任の市原盛宏氏は東京を先発せしが、神戸より先生の一行に加はる、同日午後八時下の関着、山陽ホテルに少憩の後関釜連絡船壱岐丸に搭じ十時三十分解纜
同十日 晴 午前十時三十分釜山着、桟橋より上陸、大池旅館に投宿、午後腕車を駆りて草梁に至り、足立常務理事の先導にて京釜鉄道を視察し、帰路石田信一郎氏の案内にて日韓博覧会を参観せらる朝夕共来訪者多し
同十一日 晴夜雨 早朝数名の来訪者あり、後理事庁(理事官有吉明氏)の訪問及び第一銀行支店業務の視察を了へ、十一時草梁発の京釜急行列車に搭じ京城に向はる、木村雄次氏一行に加はる、午後十時京城南大門停車場着、直ちに第一銀行支配人社宅に投宿
同十二日 快晴 朝数名の来訪者に応接の後、第一銀行支店及同附属の分析所視察、午後統監府(鶴原・木内・鍋島諸氏に面会)財務顧問本部(鈴木穆氏に面会)長谷川駐剳軍司令官々舎及び駐剳軍司令部等歴訪の後、第一銀行支店に到り、行員を集めて新任の市原支配人を紹介し、且各自平素の心得向につき一場の訓諭を与へられ、次に南山々麓に於ける第一銀行々員舎宅敷地視察、夜三島太郎・竹山純平以下行員諸氏と晩餐を共にし行務の打合をせらる
同十三日 朝霧後晴 午前閔泳綺・閔丙奭・李載克・李載完の諸顕官を歴訪せられ、午後一時財務顧問目賀田種太郎氏の招宴に臨み、午後宮内府・表勲院・軍部・農商工部・学部・議政府の各官庁及宮内府顧問加藤増雄・通信管理局長池田十三郎・理事官三浦弥五郎の諸氏歴訪、夜竹山純平氏宅の晩餐会(支那料理)に臨まる
同十四日 快晴 午前六時南大門発、京義鉄道列車にて平壌に向ふ尾高次郎・宇都曾一の両氏一行に加はる、午後四時四十分平壌着、臨江ホテルに投宿、午後七時より民長馬場晴利其他諸氏の催にかゝる招宴(大同館)に臨まる
同十五日 快晴 午前八時二十分平壌発の列車にて兼二浦方面に於
 - 第25巻 p.68 -ページ画像 
ける韓国興業会社業務の視察に赴かる、菊池理事官及財務官山田周蔵氏同行す、黄州にて乗換へ十時四十分兼二浦着、興業会社合宿所に入り、少憩の後社員・常雇夫等を集め、執務上の心得に付て訓示あり、次に同会社の事務所に到り、同社小作人検査員及小作組長等六十名(何れも土着韓人)を召集し、同会社の方針及各自の心得に就き懇篤なる訓諭的演説を為され、終りて合宿所に於て午餉の後、尾高次郎氏の先導にて兼二浦の郊外一里、通称尾高山の頂上に登り一望のうちに興業会社の領内を視察せらる、午後五時十分の汽車にて兼二浦発、黄州にて乗り換へ、八時平壌へ帰着
同十六日 快晴 午前九時より財務顧問支部・理事庁・第十五師団司令部・平安南道観察府等歴訪の後、第一銀行支店に其業務を視察し、途上南門通・大同門通等の要衢を巡視して午前十一時大同門外より一小艇に乗り、大同江を溯りて牡丹台下に上陸、玄武門・箕子廟等の古戦場に遊び帰来、午後三時より第一銀行支配人社宅構内にて催されたる同行の園遊会に臨まる、朝野の来賓二百二十余名、立食場に於ては青淵先生より銀行業務に対する謝辞、平壌の発達、軍人の彰徳、実業家の責務、経営の要訣、百事一張一弛の理、将来の警戒等に関し丁寧なる演説あり、午後七時半閉会後行員を集めて執務上の心得につき訓諭を与へらる
同十七日 快晴 七時三十分大同江鉄道橋附近より小蒸汽船平安丸に搭し同江を下り鎮南浦に向ふ、原田松茂・弓場重栄・上領純一氏等亦一行に合し総員十三・四名に上る、午後一時鎮南浦着、青淵先生は直ちに第一銀行出張所主任社宅に入られ、一行は明月楼に投宿す、午後七時より居留官民三十余名の催に係る明月楼上の招待宴に臨まる、主人側総代小川民長の挨拶に対し、丁寧なる謝辞に併せて韓国経営上の要訣及横貫鉄道の必要等に就て演説せらる
同十八日 晴 午前九時第一銀行出張所及新築予定地を視察し且郵便局・憲兵分屯所・海関・理事庁(副理事官染谷成章氏)居留民役所(民長小川鶴次氏)等を歴訪せらる、午後四時より第一銀行出張所主任社宅構内に於て催されたる同行の園遊会に臨まる、朝野の来賓百四十余名、青淵先生は立食場に於て鄭重なる挨拶に引続き、農事勧奨の急務、横貫鉄道の必要等に関する演説を為されたり、又同夕閉会後行員を集めて執務上の心掛に就て懇切に訓諭を与へらる
同十九日 快晴 午前平安丸にて鎮南浦を発し大同江を溯り八時兼二浦上陸、興業会社に少憩の後十一時十分発の列車に搭し、黄州にて京義本線に乗換へ、午後九時四十四分京城へ帰着
同二十日 快晴 社宅に在りて来訪客に接せられ、午後八時より商業会議所会員其他実業家七十余名の招待に応し掬翠楼に赴かる、主人側総代山口太兵衛氏の挨拶に対し青淵先生は鄭重なる謝詞を述べ且つ対韓経営の要訣に関する所見を演説せらる、嘗て青淵先生より同志数名と共に統監府を経て韓国政府へ出願せられたる、漢江及大同江水力電気企業の件此日許可せらる
同二十一日 曇 早朝数名の来訪客に応接の後、十時より鶴原総務長官を官舎に訪はれ、午後には前日来入京の第一銀行韓国各地支店
 - 第25巻 p.69 -ページ画像 
支配人及出張所主任の事務打合会(社宅内)に臨席、更に午後三時より昌徳宮拝観の後、午後七時より日本人倶楽部に於て開かれたる第一銀行の第一次園遊会に臨まる、来賓は参政大臣朴斎純・長谷川軍司令官・鶴原総務長官・目賀田財務顧問以下日韓の官吏百七十余名にして、青淵先生の丁寧なる礼辞に対し、日韓の来賓総代として長谷川軍司令官及ひ朴参政より挨拶あり
同二十二日 半晴 早朝来客の応接及び第一銀行用地の検分を了へ午前十時半より目賀田顧問を官舎に訪問、午後支店長打合会に臨まれ、次に興業会社の要務にて東大門外の地区視察、午後七時日本人倶楽部に於ける第一銀行第二次園遊会に臨まる、此日の来賓は民長以下在野の有力家・実業家・新聞記者等百数十名、青淵先生の礼辞及対韓経営の要訣に関する所見演説、来賓総代(黒河内民長)の謝詞等、其順序略ぼ前夕に同じ
同二十三日 晴 午前九時より社宅に於て正式の支店長会議を開催(十一店の主任者参集)、目賀田顧問・鈴木補佐官等の臨席あり、青淵先生は番外席に就き、先づ総支店の開設、市原氏の新任紹介、同氏に附与したる権限、向後行務の方針、執務上各自の心得向等につき訓示せられ、次に目賀田顧問より貨幣整理の経過其他中央金庫としての要務につき、各自の注意すべき条項を演述せらる、午後は会議に移り、議題十数件を議了す、青淵先生は午後六時南大門停車場に到りて伊藤統監の帰任を出迎へられ、七時より花月楼に催されたる支店長慰労会に臨まる
同二十四日 快晴 暫く支店長会議に臨席の後、竜山に到り、大韓婦人会所属養蚕伝習所並に中央金庫所属熔解部(元典寰局跡)視察、午後一時小田柿捨次郎氏に招かれ、其午餐会に臨まる、第一銀行支店長諸氏亦陪席す、終て伊藤統監を官邸に訪問の後、午後七時より漢城農工銀行長白完爀・漢城銀行副長李允用・大韓天一銀行長代李根澔及漢城共同倉庫会社長趙鎮泰の招待に応じ、花月楼の宴会に赴かる、李允用の挨拶終りて先生は謝辞に続きて漫遊所感、我国実業発達の沿革、実業経営の要訣、農産改良・養蚕奨励の必要につき、一時間余に亘り最懇篤切実なる演説をなされたり
同二十五日 快晴 午前前日に引続き支店長会議あり、此日を以て終了す、此日先生は一・二の来客に応接の後、午前十一時二十三分の列車にて京城出発、〇時四十分仁川着、直ちに理事官加藤本四郎氏の招に応じて其午餐会に臨まる、午後三時より第一銀行支店の業務視察且行員一同へ執務上の心得につき訓諭を与へられ、終りて旅館旭楼へ投宿、午後七時より同楼上に於て第一銀行支店の催に係る第一回の宴会に臨まる、此日来賓は官吏・会社員・新聞記者等四十余名にして、青淵先生は例に仍り懇切なる演説を為され、曾我税関長は来賓を代表して謝辞を陳べらる
同二十六日 朝霧午後快晴 午前九時より市中散策、長森氏の埋立地、第一銀行社宅地、海岸通、水場の社宅敷地等視察の後、十時半より牧野工兵大佐の案内にて手押車輛にて軍用桟橋を渡り、大小月尾島の軍事的設備一覧、午後三時より民役所・理事庁・税関等歴訪
 - 第25巻 p.70 -ページ画像 
の後、背後山巓に新設の気象観測所臨視、午後五時より東京高等商業学校同窓会仁川支部の招待に応じ、仁川倶楽部の晩餐会に臨まれ一場の演説あり、終て紀念の為め一同と共に撮影せらる、午後七時半より一山楼に於て第一銀行支店の催に係る第二回宴会に臨まる、此日来賓は実業家四十余名にして、青淵先生は例に依り懇到なる演説をなされしが、殊に今夕は港湾の修築、倉庫の新設等当地前途の必要事業につき地方人士の注意を促がさる、加来氏来賓総代として謝詞を陳ぶ
同二十七日 快晴 早朝揮毫接客等の後、正午野口弥三氏の社宅に催されたる水町理財局長招宴に臨まる、午後七時より居留官民五十余名よりの招待に応じ、仁川倶楽部の立食会に出席、富田民長挨拶の後、青淵先生より一場の演説あり、殊に仁川の発達を賞嘆し、尚ほ前途の施設につき希望を陳べらる、午後九時三十分発列車にて仁川出発、十一時京城に帰着
同二十八日 大雨 午前十時伊藤統監及林駐清公使を往訪、午後一時半南大門駅に義和宮殿下の帰朝を出迎はる、午後四時慶運宮に参進、伊藤統監の帯同にて韓国皇帝及英親王に謁見せらる、此日は先生一行の外、尚樺山伯・西男・清浦男等の一行も亦謁見せらる、此日午後七時より青淵先生主人となり、伊藤侯・樺山伯・西男・清浦男・林公使・鶴原・目賀田・木内諸氏以下二十余名を花月楼に招待せらる
同二十九日 少雨 午前十時より伊藤統監を訪問、銀行の要務につき協議せらる、午後京城学堂視察、午後七時より度支部大臣閔泳綺の招待に応じ、日本人倶楽部の晩餐会に臨まる、主客二十四名
同三十日 曇 是より先、先生には韓国皇帝・皇太子・厳妃・英親王等へ貴重なる国産種々献呈せられしが、何れも嘉納せられ、殊に今日は礼式官を使者として答礼の物品を贈与せられたり、午前十時より閔度支部大臣・権農商工部大臣・李軍部大臣等を往訪せられ、帰館の後中原工学博士・和田工学士の来臨を求め水力電気の件につき協議せらる、午後三時より漢城銀行・大韓倉庫会社等歴訪視察、午後七時より伊藤統監・長谷川大将其他日韓の顕官十五名を社宅に招き酒宴を張らる
七月一日 雨 大雨の為め予定の稷山視察を見合せ、専ら市原・三島竹山諸氏と銀行事務其他の打合に時を費し、終て伊藤統監・長谷川大将・目賀田顧問等を往訪せらる、夜スチーブンス氏来訪
同二日 快晴 午前七時四十分南大門発の汽車に搭し、九時三十分成歓駅に下車、葛原・森・米人テーラー等稷山金鉱員の先導にて籐椅子の輿に乗じ、山野田畝の間を往き、三谷里砂金直営所《セーコリ》・良岱《ヤンデ》テーラー技師事務所・長沙洞竪坑《サジヤンクル》・保徳院総事務所等《ボトンコリ》を巡歴して、八時成歓駅発車に搭じ、十時京城に帰着せらる
同三日 晴 午前七時四十分南大門駅発の京釜鉄道南行列車にて出発、帰朝の途に就かる、午後六時半草梁着、直に釜山大池旅館に投宿、夜木村雄次氏宅の晩餐会に臨まる
同四日 少雨 午前六時二十分草梁発の列車にて十時半大邸着、先
 - 第25巻 p.71 -ページ画像 
づ第一銀行出張所視察の後、輿にて城内の各要衢及市場等巡視、観察使訪問の後、正午より達城館に於ける居留民五十余名の催にかゝる歓迎会に臨み、需に応じて一時間余に亘る講話あり、主として邦人の対韓経営に関し、従来の一攫千金主義・腰掛主義・独利主義等を排して、実着主義・永続主義・彼我共利主義等を皷吹し、且農業の改良、養蚕の勧奨等の急務を説かる、午後三時四十四分大邸発車三浪津より軍用鉄道に乗換へ午後八時半馬山浦着、望月楼に投宿
同五日 少雨 午前八時より小蒸汽船三韓丸にて馬山港内及び鎮海湾の一部を視察し、十一時帰着、第一銀行出張所建築地・主任社宅用地等を巡視し、第一銀行出張所の業務視察、海関及理事庁の歴訪を終へ、午後一時より望月楼料理店部に開催の歓迎講話会に臨まれ来会居留民四十余名の需に応じ、一場の講話を試みられ、先つ馬山浦の発達を賞揚し、転じて之れが原因の臨時的種類なることを述べ将来の維持発達を期するには宜しく地方人士の拮据奮励、人為的施設に須たさる可からざること等に説き及ぼさる、終りて時尾鉄道班長を訪問の上、午後三時四十分の汽車にて馬山浦出発、六時半草梁(釜山)着、直に守谷旅館楼上に於て第一銀行支店の催にかゝる第一回宴会に臨まる、来賓は官吏・会社員等三十余名、青淵先生は例に仍り丁寧なる挨拶の後、韓国経営の要訣に関する所見を演説せらる、有吉理事官来賓を代表して謝辞を陳ぶ
同六日 曇 午前十時より小蒸汽及腕車に依りて東莱の温泉を視察し、午後五時帰着、生尾久治氏の先導にて埋立地内日本郵船会社支店予定地視察の後、七時半より守谷旅館楼上に開催の第一銀行第二回宴会に臨まる、此日来賓は民会議員及実業家七十余名、先生は例に依り銀行業務に関する挨拶に引続きて、京釜鉄道停車場位置に関し、先年来一貫したる自己の意見と尽力とに就て弁明を加へられたり、迫間氏来賓総代として謝詞を陳ぶ
同七日 曇 午前来客に応接の後、九時半より海関・福田増兵衛氏別荘等歴訪、十一時半迫間・大池・福田其他数氏の招待に応し、小倉庵に於ける洋式午餐会に臨まれ、二時より第一銀行支店の業務視察、例に仍り行員一同を集め服務上の心得に付懇切なる訓諭あり、二時半より釜山経済会員の懇請を容れ、公立小学校講堂に於ける講話会に臨まれ、満堂の聴衆無慮四百余名に対し、対韓経営上邦人の主義とすべき綱領に付説話せらる、市原氏亦港湾改良の必要に関して一場の演説をなす、午後四時半より官民七十余名の招待に応じ、民役所楼上に於ける立食会に臨まる、午後六時帰館、諸氏の需に応じて十数枚の揮毫を試みられ、七時半桟橋より関釜連絡船対馬丸に搭じ、午後八時半解纜、愈々帰朝の途に就かる
同八日 曇 午前八時下之関へ安着、春帆楼へ投宿、先生の令夫人は令嬢愛子及令息秀雄氏を従へて来り迎へ一行に合せらる、十時半対岸門司に到りて市中を視察し、午後数名の来客に応接、夜野口弘毅氏の招に応じて此地方有名の魚猟なる小門の夜焚を見物せらる
同九日 晴 午前九時第一銀行支店の業務を視察し、行員に訓諭あり、九時三十分山陽列車にて下之関出発、二時半宮島駅着、紅葉谷
 - 第25巻 p.72 -ページ画像 
の岩惣旅館ニ投宿、厳島神社に参拝の後、島内の勝地を散策して風光を賞せらる
同十日 曇 午前厳島神社の宝物拝観、午後二時二十五分宮島駅発車、午後十一時神戸着、諏訪山西常磐に投宿
同十一日 少雨 午前九時より神戸高等商業学校長水島鉄也氏の需に応じ、同校講堂に於て生徒数百名に対し、商業教育の沿革、実業界の現状及将来、新人物の必要、現在学生が斯界前途の要望に適応せんとするに於て主として心掛くべき要項等に関し、約一時間半に亘る演説を為され、午後は第一銀行神戸支店の業務視察、行員への訓諭、新築地の視察、兵庫出張所の業務視察、行員への訓諭、東京人造肥料会社分工場敷地の視察等を終へ帰館、午後七時楼上に於て岸崎氏の催にかゝる晩餐会に臨まれ、午後九時発の汽車にて三ノ宮出発、同十時大阪着、伝法屋へ投宿
同十二日 曇 早朝数名の来客に応接の後、午前九時より金巾製織会社・大阪紡績会社・第一銀行西区出張所・大日本麦酒会社吹田工場等を巡視せられ、午後七時より熊谷・山辺両氏等の招に応じ、灘万の晩餐会に臨まる
同十三日 晴 午前先づ汽車製造会社の視察を了へ、正午第一銀行支店の業務を視、且行員を集めて例の如く訓示を与へらる、午後三時二十分発の汽車にて大阪出発、同五時京都着、玉川楼に投宿、此日令夫人の一行は奈良を見物せられ、夜分京都に着せらる
同十四日 大雨 午前第一銀行支店の業務視察及行員への訓諭終りて後、午後一時京都織物会社視察、帰路清水観世音に参詣、夜田中源太郎氏等の招に応じ、祗園中村楼の晩餐会に臨まる
同十五日 時々少雨、微少の寒冒の為め在館休息せらる、先きに府教育会の請に仍り承諾せられたる今夜の韓国視察演説は已むを得ず之を謝絶せらる
同十六日 大雨 天候不良の為め外出を妨げられ、終日在館せらる
同十七日 快晴 午前九時半紹美清祐氏方に招かれて祗園祭の鉾行列見物の後、午後三時十分の汽車にて京都発、午後八時名古屋着、掏児あり、突嗟の間先生の財嚢を掠む、先生直ちに取て押さへ警官に引渡さる、滝兵右衛門氏の招に応じて直ちに川文の晩餐会に臨まれ、夜半旅館丸文に投宿
同十八日 快晴 早朝数名の来客に応接の後、十時より三重紡績会社営業所を視察し、社員一同へ合併会社の社員として特に服膺すべき綱領につき説話せられ、次に東海倉庫会社敷地の一覧、第一銀行支店業務の視察、及行員への訓示等を終へ、正午伊藤与七氏の招待にて魚半の午餐会に臨まれ、午後一時二十二分最急行列車にて名古屋出発、午後九時四十分新橋着、直ちに飛鳥山の別邸に帰館せらる
○青淵先生の帰京 去る六月八日午前八時新橋発列車にて理事八十島親徳・第一銀行員松井万録及八木安五郎諸氏を随へ、韓国第一銀行業務視察の途に就きたる青淵先生は、予定の視察を終り、本月十八日午後九時四十分、予て御出迎に赴かれたる同令夫人・令嬢・令息等の一行と共に無事帰京せられたり、当日先生を新橋に出迎られたるは大橋
 - 第25巻 p.73 -ページ画像 
新太郎・塩谷方国・佐々木勇之助・日下義雄・山中隣之助・皆川四郎星野錫・森下岩楠・成瀬隆蔵諸氏外実業界の人々数百名にして、先生は一々其厚意を謝し、飛鳥山邸に帰還せられたるは午後十一時なりしと云ふ、先生及一行の東京出発以来玆に四十一日、内韓国に在る事二十九日、内地帰還途上第一銀行内地支店業務視察及旅行日数十二日、其韓国に在るの際は炎暑如焼、紅塵万丈の裡を或は銀行業視察に、或は官民の交際に、東奔西走維れ日も足らざりし有様なりしも、而かも聊か健康を損せられず無事帰京せられたるは、社員各位と共に大に祝賀せざるべからざることなりとす、先生御旅行中の消息は別欄に掲げたれば就て見られよ
   ○本資料第十六巻所収「韓国ニ於ケル第一銀行」明治三十九年六月八日ノ条及ビ同巻所収「韓国興業株式会社」明治三十九年六月ノ条参照。



〔参考〕(小田倉啓) 書翰 渋沢栄一伝記資料編簒係宛 昭和一一年六月一六日(DK250004k-0003)
第25巻 p.73 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕竜門雑誌 第二一九号・第三五頁 明治三九年八月 ○銀行倶楽部晩餐会(DK250004k-0004)
第25巻 p.73-74 ページ画像

竜門雑誌  第二一九号・第三五頁 明治三九年八月
○銀行倶楽部晩餐会 銀行倶楽部に於ては本月七日午後六時より晩餐会を開き、韓国より帰朝せる青淵先生を始め市原盛宏及び北京より帰朝して日本興業銀行副総裁に就任せる佃一予氏を招待したるが、席上豊川良平氏の挨拶ありたる後来賓三氏の演説あり、最初に青淵先生は韓国視察の雑感を述べ、三十一年・三十三年及び今回にて前後三回韓国に赴きたるが、其都度一段の進境を認めたる由を詳細に述べられ、次に平壌の繁栄、仁川の海陸設備に就いて述べられたる後
 韓国の進境は著しきも而かも退いて考ふれば、朝鮮其者の進歩は実に微々たるものにて日本の繁栄が外に溢れたる結果、韓国をして進歩の外形を呈せしめたるのみ、偖て韓国は大体農業国として発展すべきものにて商工業の大に興るべき望は少し、我国人も此に見る所ありしにや土地に対する経営をなすもの多く、村井・大倉・岡部・鍋島の諸氏数え来れば知人のみにても十数を算せらる、斯くの如き農業を第一とすれば交通運輸の便を計ること最も急要なるべし、之
 - 第25巻 p.74 -ページ画像 
れ我々内地実業家の意を致すべき所なり、次に韓国の政治は変化極りなく恰かも昨今の天候の如く降るか降らぬか分らぬ様なり、かくて事業を為すに頗る困難なれば政府に於て是非とも一貫せる方針を把持して替らざらんことを望まずんばあらず、斯くして官民共に進まば、十数億円を費したる戦争の結果が案外香しからずと考へつゝある人々も、十五年・二十年の後には其案外好ましかりしを悟るに至らん云々
○下略