デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
3節 外賓接待
3款 ドイツ皇族フリィードリッヒ・レオポルド招待
■綱文

第25巻 p.547-548(DK250039k) ページ画像

明治20年4月4日(1887年)

是日栄一、ドイツ皇族フリィードリッヒ・レオポルド(Friedrich Leopold)ヲ飛鳥山邸ニ請ジテ晩餐会ヲ催ス。


■資料

竜門雑誌 改号前第五号・第八―九頁 明治二〇年四月 ○レオポールド親王(DK250039k-0001)
第25巻 p.547 ページ画像

竜門雑誌  改号前第五号・第八―九頁 明治二〇年四月
○レオポールド親王 独逸皇族フレデリツク・レヲポールド親王殿下ニハ、凡ソ二週間程府下ニ御滞在ノ趣ナルカ、来月二日渋沢氏王子別荘ニ於テ饗応セラルヽ手筈ナリ


青淵先生六十年史 竜門社編 第二巻・第六二七頁 明治三三年六月再版刊(DK250039k-0002)
第25巻 p.547 ページ画像

青淵先生六十年史 竜門社編  第二巻・第六二七頁 明治三三年六月再版刊
 ○第五十八章 公益及公共事業
    第七節 外賓接待
○上略
明治二十年四月四日独逸レオポルト親王殿下及ヒ同国公使ノ一行ヲ招ク
○下略
   ○明治十九年三月―同二十四年ニ至ルドイツ特命全権公使ハVon Hollebenナリ。(「日本史研究事典」昭和三〇年版ニヨル)


(芝崎確次郎) 日記 明治二〇年(DK250039k-0003)
第25巻 p.547 ページ画像

(芝崎確次郎) 日記  明治二〇年   (芝崎猪根吉氏所蔵)
四日 ○四月 晴
○上略
本夕ハ王子別荘ヘ独乙親王御招待相成候事
   ○右親王招待ノ功ヲ以テ明治二十二年六月八日ドイツ国皇帝ヨリ王冠勲章ヲ贈与セラレタリ。


(伊藤博文) 書翰 渋沢栄一宛 (明治二〇年)三月二二日(DK250039k-0004)
第25巻 p.547 ページ画像

(伊藤博文) 書翰  渋沢栄一宛 (明治二〇年)三月二二日
                     (財団法人竜門社所蔵)
明後二十五日午後七時半独逸国レオポールド親王ヲ永田町官舎ニ晩餐之為致案内置候ニ付、同時礼服ニ而御来会被下度、予而青木外務次官より及御内話置候事も有之候ニ付而ハ、其前一応同親王江及紹介置候旁之為ニ有之候故御差操御来臨是祈候、諾否御回答被下度為其匆々頓首
  三月二十三日
                      伊藤博文
    渋沢栄一殿
   ○栄一ノ出欠明ラカナラズ。



〔参考〕官報 第一一一四号 明治二〇年三月二二日 ○宮廷録事(DK250039k-0005)
第25巻 p.547-548 ページ画像

官報  第一一一四号 明治二〇年三月二二日
 - 第25巻 p.548 -ページ画像 
    ○宮廷録事
○皇族着京 独逸国皇族フレデリツク・レオポール親王ハ、去ル十九日午十二時山城丸ニテ神戸出発、一昨二十日午後四時二十分横浜着、同所御用邸ヘ上陸、同六時二十分横浜発別仕立汽車ニテ入京、直ニ延遼館ヘ着セラレタリ



〔参考〕官報 第一一二八号 明治二〇年四月七日 ○宮廷録事(DK250039k-0006)
第25巻 p.548 ページ画像

官報  第一一二八号 明治二〇年四月七日
    ○宮廷録事
○独逸皇族出発 独逸国皇族フレデリック・レオポール親王ハ、昨六日午前八時新橋発汽車ニテ横浜ヘ着、同所御用邸ヨリ、直ニ米国郵船「シチー・オフ・シドニー」号ニ搭シ出発セラレタリ