デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
4節 諸外国災害救助
3款 南清飢饉救済義捐金募集
■綱文

第25巻 p.745-747(DK250115k) ページ画像

明治40年4月5日(1907年)

是日栄一、外務大臣官邸ニ開カレタル南清饑饉救済会議ニ出席シ、種々協議ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK250115k-0001)
第25巻 p.745 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四〇年    (渋沢子爵家所蔵)
四月五日 半晴 暖             起床七時 就蓐十二時
○上略 十二時外務大臣官舎ニ抵リ、清国ニ関スル談話ヲ為ス、午飧後更ニ協議ヲ尽シテ ○下略


中外商業新報 第七六一一号 明治四〇年四月六日 中清饑饉救済会議(DK250115k-0002)
第25巻 p.745 ページ画像

中外商業新報  第七六一一号 明治四〇年四月六日
    中清饑饉救済会議
林外務大臣は、五日正午官邸に於て阪谷大蔵大臣及び都下実業家渋沢男爵・大倉喜八郎・古市公威外数名を招待し、席上外務省側より石井山座両局長並に大臣秘書官等出席して午餐会を開き、後中清饑飢民救助方法に就き協議したる後、二時散会したり


竜門雑誌 第二二七号・第四一頁 明治四〇年四月 ○南清饑饉救済(DK250115k-0003)
第25巻 p.745 ページ画像

竜門雑誌  第二二七号・第四一頁 明治四〇年四月
○南清饑饉救済 南清饑饉救済に付ては、林外務大臣等の協議もあり旁々先生は右義捐金募集に関し専ら尽力中なりしが、其結果左の義捐を見ることゝなり、本月一日其筋より彼地へ回送済となりし由なり

図表を画像で表示--

                 円                  円 南満洲鉄道株式会社  一五、〇〇〇   横浜正金銀行    一〇、〇〇〇 三井家        一〇、〇〇〇   岩崎家       一〇、〇〇〇 日本郵船株式会社    七、五〇〇   大阪商船株式会社   五、〇〇〇 川崎造船所       七、五〇〇   日本興業銀行     五、〇〇〇 大倉喜八郎氏      二、五〇〇   古河鉱業会社     五、〇〇〇 高田商会        一、〇〇〇   第一銀行       二、五〇〇 東洋汽船会社      二、五〇〇   住友家        二、五〇〇 藤田組         五、〇〇〇   合計 金九万一千円也 




(八十島親徳) 日録 明治四〇年(DK250115k-0004)
第25巻 p.745 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治四〇年    (八十島親義氏所蔵)
二月十五日 晴
○上略 午後外務省ニ通商局長石井菊次郎氏ヲ訪ヒ、男爵ノ命ニヨリ清国饑饉救済義捐ヲ関係実業者ヨリ出金振合ノ事ニツキ協議ス ○下略



〔参考〕中外商業新報 第七五一八号 明治三九年一二月一四日 南清の大飢饉(DK250115k-0005)
第25巻 p.745-746 ページ画像

中外商業新報  第七五一八号 明治三九年一二月一四日
    南清の大飢饉
清国南清長江一帯の地方は、米作不況の為め昨今一時に米価騰貴を来し、非常に飢饉の情態に在り、約二千万の人民目下飢饉に迫れるの有様なるに付、之れが救済方法は頻りに上海有志者間に依りて講究せられつゝある由なるが、尚同地駐在の各国領事は領事会議を開き、各其本国に電報して相当の救護を与ふることとなり、本邦領事よりも其旨
 - 第25巻 p.746 -ページ画像 
外務省に通報し来れりと云ふ



〔参考〕中外商業新報 第七五二八号 明治三九年一二月二六日 中清暴徒、長江航路(DK250115k-0006)
第25巻 p.746-747 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕中外商業新報 第七五二八号 明治三九年一二月二六日 湖南に反徒猖獗(DK250115k-0007)
第25巻 p.747 ページ画像

中外商業新報 第七五二八号 明治三九年一二月二六日
    湖南に反徒猖獗
湖南に出でたる反徒は、醴陵・湘潭・劉陽を確実に占領したるが、長沙も亦危急旦夕に迫る、反徒の目的は一挙して武昌・漢口に出るにあるものゝ如く、兵士・学生の加盟するもの頗る多し、岳州附近人心の動揺甚しとの情報ありたり



〔参考〕中外商業新報 第七五二九号 明治三九年一二月二七日 南清暴徒の状勢(DK250115k-0008)
第25巻 p.747 ページ画像

中外商業新報  第七五二九号 明治三九年一二月二七日
    南清暴徒の状勢
其筋着電に依れは、南清暴動は依然其勢威を逞ふしつゝありて、湖北より又々萍郷方面に出兵する所ありたり、江西方面の暴徒も未た鎮静に帰せさるものゝ如しと云ふ