デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

3部 身辺

5章 交遊
節 [--]
款 [--] 2. 伊藤博文
■綱文

第29巻 p.338-341(DK290103k) ページ画像

 --


■資料

渋沢栄一 日記 明治三二年(DK290103k-0001)
第29巻 p.338 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三二年     (渋沢子爵家所蔵)
一月四日 晴
○上略 午飧シ食後海辺 ○大磯ニ徜徉ス、此夜伊藤侯爵来訪セラル、間談数刻ニシテ帰ル ○下略
   ○中略。
二月十日 晴
○上略 午後四時帝国ホテルニ於テ伊藤侯爵ヲ訪フ、十四日集会ノ事、外ニ徳川一位公御身上ノ事ヲ話ス ○下略
   ○中略。
八月十二日 晴
此日伊藤侯爵浦賀船渠一覧セラルヽ旨ヲ梅浦氏ヨリ報シ来レトモ不快ナリシヲ以テ之ヲ謝絶ス
   ○中略。
八月二十一日 晴
午前伊藤侯爵ヲ訪フ、種々ノ要務ヲ話ス ○下略
   ○中略。
八月廿八日 大風
○上略 午後三時内山下町横山孫一郎宅ニテ伊藤侯爵ヲ訪フテ、井上伯米国行ノ事ヲ話ス ○下略
八月廿九日 風雨
午前九時横山氏宅ニテ伊藤侯ヲ訪ヒ再ヒ井上伯米国行ノ事ヲ話ス ○下略


渋沢栄一 日記 明治三三年(DK290103k-0002)
第29巻 p.338 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三三年     (渋沢子爵家所蔵)
六月四日 晴
○上略 一時伊藤侯爵ヲ訪ヒ時事ヲ談話ス ○中略 此日江藤某・藤井謙吉郎露国行ノ事ニ付来話ス ○下略


渋沢栄一 日記 明治三四年(DK290103k-0003)
第29巻 p.338 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三四年     (渋沢子爵家所蔵)
五月廿一日 曇
○上略 十二時芝山内ニ伊藤侯ヲ訪フ、同シク入閣ノ事ヲ懇諭セラル、是ニ於テ予ハ心ニ以為ク、モシ第一銀行ニシテ同意スルアラハ、諸公ノ勧誘ニ応セント、依テ伊藤侯ヲ辞シ ○下略
   ○本資料第二十七巻所収「大蔵大臣就任辞退」ノ条参照。


渋沢栄一 日記 明治三五年(DK290103k-0004)
第29巻 p.338-339 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三五年     (渋沢子爵家所蔵)
三月七日
○上略 午後三時伊藤侯爵ヲ訪ヒ、帰国後初テ面会談話ス、且明夕ノ祝賀会ニ参席ヲ請ヒ、又来ル十三日歓迎会開設ノ事ヲ約ス ○下略
   ○中略。
 - 第29巻 p.339 -ページ画像 
三月十三日 朝晴午後雨
○上略 帝国ホテルニ抵リ伊藤侯歓迎会ヲ開ク、会スル者三百人許リ、午後二時過キ開会、一場ノ歓迎演説ヲ為ス、午後四時散会 ○下略
   ○中略。
四月十一日 晴
○上略 伊藤侯爵ヲ芝山内ノ邸ニ訪ヒ、海外行ニ関シ種々ノ忠告アリ、且将来ノ経済界及国運進張ノ策ヲ討議ス ○下略
   ○中略。
五月十三日 曇
○上略 十時伊藤侯爵ヲ訪フ ○下略


渋沢栄一 日記 明治三六年(DK290103k-0005)
第29巻 p.339 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三六年     (渋沢子爵家所蔵)
十月十一日 晴
○上略 八時三十分 ○午前新橋発ノ汽車ニテ大磯ニ抵リ、伊藤侯母堂ノ死去ヲ弔フ、車中高島嘉右衛門氏ト会話ス ○下略


渋沢栄一 日記 明治三八年(DK290103k-0006)
第29巻 p.339 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三八年     (渋沢子爵家所蔵)
十二月八日 半晴 軽暖
○上略 午前九時半新橋停車場ニ抵リ、伊藤侯爵韓国ヨリノ帰朝入京ヲ迎フ ○下略
   ○中略。
十二月十三日 曇 風寒シ
○上略 午後一時伊藤侯爵ヲ訪ヒ、十八日夜帝国ホテルノ歓迎会及廿日第一銀行宴会ノ事ヲ約ス○下略
   ○中略。
十二月二十日 晴 軽暖
○上略 午飧後室内及庭園ヲ巡視シ、今日伊藤侯爵招宴ノ事ニ関シ種々ノ指揮ヲ為ス、午後三時頃ヨリ来客集会ス、侯爵ノ来会ヲ待テ先ツ庭内ヲ散歩シ、茶席ニ於テ抹茶ヲ供シ、四時過書院ニ誘引ス、此日ハ種々俳優ノ余興アリ、夜十一時頃マテ散宴セス、賓客悉ク酔ヲ尽シテ去ル
   ○中略。
十二月二十二日 晴 風ナシ
○上略
午前十時伊藤侯爵ヲ霊南坂邸ニ訪ヒ、来ル廿六日金沢訪問ノ事ヲ約ス
○下略
   ○中略。
十二月二十六日 雨 風強シ
○上略 新橋停車場ニ抵リ逗子行ノ汽車ニ搭ス、佐々木勇之助・清水泰吉二氏同行ス、四時頃逗子ヨリ腕車ヲ雇フテ金沢ニ抵リ、伊藤侯爵ノ別邸ヲ訪フ、此夜同邸ニテ種々ノ談話ヲ為シ ○下略


竜門雑誌 第二一二号・第三九頁 明治三九年一月 青淵先生の祝宴(DK290103k-0007)
第29巻 p.339-340 ページ画像

竜門雑誌  第二一二号・第三九頁 明治三九年一月
○青淵先生の祝宴 青淵先生には去十二月二十日午後三時より王子別荘に於て、伊藤侯の使命を完うし韓国より帰朝せられたるを祝賀せられ、侯爵及随行員一同を正賓とし、陪賓とし朝野の貴顕紳士を招待せ
 - 第29巻 p.340 -ページ画像 
られ、祝宴を催されたりと云ふ


渋沢栄一 日記 明治三九年(DK290103k-0008)
第29巻 p.340 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三九年     (渋沢子爵家所蔵)
五月十二日 晴 暖             起床七時 就蓐十二時
○上略 午前九時家ヲ出テ、十時新橋発ノ汽車ニテ大磯ニ抵リ、伊藤侯爵ノ義親王招宴ニ陪席ス、十二時頃大磯着、侯爵邸前ニハ小学生徒相集リ、各小国旗ヲ持チ道ノ両側ニ立テ万歳ヲ祝ス、午後一時ヨリ開宴、酒間伊藤侯・義親王各立テ、両国陛下ノ寿杯ヲ挙ク、午後四時十分大磯発ノ汽車ニテ六時半東京ニ達シ ○下略
   ○中略。
六月三十日 曇 蒸暑            起床七時 就蓐一時
○上略 午後五時帰寓七時ヨリ伊藤統監・長谷川大将・朴斉純・閔泳綺・権重顕其他数多来会ス、此日ヲ以テ留別ノ宴ヲ設ケタルナリ、深更マテ談話シテ十二時頃散会ス
   ○栄一、韓国旅行中ニシテ此日京城ニ滞在。


渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK290103k-0009)
第29巻 p.340 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四〇年     (渋沢子爵家所蔵)
三月八日晴 暖               起床六時
○上略 午前七時家ヲ出テ、八時半新橋発ノ汽車ニテ大磯ニ抵リ伊藤侯爵ヲ訪フ、 ○中略 十一時滄浪閣ニ抵リ、侯爵ニ面会シ韓国ニ於ケル各種ノ事業ニ付テ談話ス、樺山伯来リ会ス、談話畢テ十二時過侯爵邸ヲ辞シ十二時三十八分発ニテ帰京ス ○下略
   ○中略。
八月十七日 晴 暑             起床六時 就蓐十一時三十分
○上略 六時半旅寓 ○小涌谷三河屋ヲ発シ八時半湯本ニ抵ル ○中略 国府津ニ抵リ、九時四十分発ノ汽車ニテ大磯ニ抵リ、伊藤侯爵ヲ訪ヒ、面会シテ安着ノ祝賀ヲ為ス、十二時大磯発ノ汽車ニテ東京ニ抵リ ○下略
   ○中略。
八月二十日 晴 暑             起床六時 就蓐十一時三十分
○上略 十時二十分新橋停車場ニ抵リ、伊藤統監着京ヲ迎フ ○下略
   ○中略。
九月三日 晴 暑              起床六時三十分 就蓐十一時三十分
○上略 午後帝国ホテルニ抵リ、伊藤統監ニ面話ス ○下略
   ○中略。
九月十六日 晴 冷             起床九時 就蓐十二時
○上略 午飧後庭園ヲ散歩シテ掃除向ヲ指揮ス、午後五時伊藤統監及統監府ノ各員ヲ第一銀行ヨリ招宴シ、悉ク来会ス、杯盤中ニ種々ノ余興アリ、賓主歓ヲ尽シ、夜十時半散会ス
   ○中略。
九月二十五日 雨 冷            起床八時 就蓐一時
○上略 午飧後伊藤公爵邸ヲ訪ヒ送別シ、并テ種々ノ談話ヲ為ス、山県・井上・桂・寺内諸氏来会セラル、午後六時頃辞シ ○下略
   ○此日大磯滞在中。

 - 第29巻 p.341 -ページ画像 

渋沢栄一 日記 明治四二年(DK290103k-0010)
第29巻 p.341 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四二年     (渋沢子爵家所蔵)
六月三十日 晴 冷
○上略 午飧後自働車ニテ大磯ニ抵リ、伊藤公爵ヲ訪ヒ韓国行ヲ送リ、要務ヲ談ス ○下略
   ○是年十月二十六日伊藤博文ハルビンニ客死ス、依テ是日ノ訪問ヲ最後トス。