デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

1章 社会事業
1節 東京市養育院其他
1款 東京市養育院
■綱文

第30巻 p.141-147(DK300006k) ページ画像

大正2年2月18日(1913年)

是日東京市長阪谷芳郎、当院ヲ視察シ栄一案内ス。爾後恒例トシテ東京市長交替毎ニ新市長ヲ当院ニ案内ス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正二年(DK300006k-0001)
第30巻 p.141-142 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正二年     (渋沢子爵家所蔵)
二月十八日 晴 寒
○上略 午後一時半養育院ニ抵リ、市長・市長助役・市参事会員及常設委員会員等ノ臨撿ニ接シテ、院ノ由来ヨリ現状ニ至レル顛末及将来ノ理想ヲ陳弁ス、本院一覧後巣鴨分院ヲ巡視ス、各室ニ就キ詳細ニ説明ス
 - 第30巻 p.142 -ページ画像 
一同充分了解ノ様子ナリキ ○下略


東京市養育院月報 第一四五号・第二二頁 大正二年三月 ○阪谷市長其他諸氏の来院(DK300006k-0002)
第30巻 p.142 ページ画像

東京市養育院月報  第一四五号・第二二頁 大正二年三月
○阪谷市長其他諸氏の来院 二月十八日阪谷市長、森久保作蔵・堀田生次郎・黒須竜太郎・吉村銀次郎等の参事会員諸氏、並に辰沢延次郎今野信隆、常設委員の諸氏は同日午後一時三十分来院、暫時事務室楼上へ休憩の後、安達幹事の案内にて院内隈なく巡観し、了て巣鴨分院を巡覧し、事業の経過及現時の状態等に就て悉しく聴取せられたる後午後四時過ぎ一同退出せられたり。


渋沢栄一 日記 大正一〇年(DK300006k-0003)
第30巻 p.142 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正一〇年     (渋沢子爵家所蔵)
四月四日 晴 軽寒
○上略 午前九時養育院ニ抵リ、後藤市長及助役・市参事会員、其他二十七・八名来会シテ院内ヲ一覧ス、次テ巣鴨分院・板橋分院ヲ巡察シテ零時半一同ヲ伴フテ帰宅、午飧ヲ饗ス、食後晩香廬ニ於テ養育院ノ事務ニ付一場ノ意見ヲ陳述ス、四時散宴 ○下略


東京市養育院月報 第二四二号・第一三頁 大正一〇年四月 ○市長其他の本分院視察(DK300006k-0004)
第30巻 p.142 ページ画像

東京市養育院月報  第二四二号・第一三頁 大正一〇年四月
○市長其他の本分院視察
 四月四日午前九時三十分、後藤市長始め永田・池田・前田の三助役見山収入役、江馬庶務課長、垣見・笠原・小栗の三常設委員、中村・大崎両市参事会員、細野・山本・佐々木各市会予算委員等来院、渋沢院長の案内にて本院を視察せられ、次で巣鴨分院・板橋分院並に在板橋町本院移転敷地等を視察せられたり。


東京市養育院月報 第二六九号・第二九―三〇頁 大正一二年七月 ○渋沢院長の午餐会(DK300006k-0005)
第30巻 p.142 ページ画像

東京市養育院月報  第二六九号・第二九―三〇頁 大正一二年七月
○渋沢院長の午餐会 渋沢院長は、別項所報の如く七月十日大塚本院巣鴨分院・板橋本院移転新築工事の状況を視察せられたる永田東京市長其他を飛鳥山同邸に招じ、午餐会を催ほされ、視察一行中に漏れたる馬渡・田島の両助役も特に之れに列席せられたり、食後洋館前庭に於て紀念撮影をなし、それより園内の「コツテージ」晩香廬に席を移して歓談中、渋沢院長は別項説苑欄に掲載の挨拶を試みられ、之れに対して永田市長も謝辞を兼ね一場の挨拶(説苑欄掲載)を述べられたり、斯くて尚ほ少時歓談を交へたる後ち散会したるは午後二時過なりき、因に右午餐会出席の賓客氏名を録すれば左の如し
 市長永田秀次郎氏・助役馬渡俊雄氏・同田島勝太郎氏・同吉田茂氏収入役見山正賀氏・市建築課長加護谷祐太郎氏・市参事会員早川庄太郎氏・同有竹雅巳氏・同村松恒一郎氏・同井上万吉氏・同松崎英太郎氏・同若林成昭氏・同福田又一氏・養育院常設委員長小坂梅吉氏・同委員大岩豊吉氏・同安東正臣氏
又た当日の宴席には主人渋沢子爵の外、接待として幹事田中太郎・経理課長小木千丈・監護課長川口寛三・医務課長事務取扱碓居竜太・総務課庶務掛長石崎菊次郎・総務課員若林金次郎の六氏陪席せり

 - 第30巻 p.143 -ページ画像 

東京市養育院月報 第二六九号・第一―二頁 大正一二年七月 ○曖依村荘午餐会席上に於ける挨拶(養育院長渋沢栄一)(DK300006k-0006)
第30巻 p.143 ページ画像

東京市養育院月報  第二六九号・第一―二頁 大正一二年七月
    ○曖依村荘午餐会席上に於ける挨拶
                  (養育院長 渋沢栄一)
 本日は市長閣下を始め皆様方が御繁務中を御差繰りになつて、大塚本院・巣鴨分院並に板橋の本院新築工事を御覧を頂き、私は院長として誠に辱けなく存じ厚く御礼を申上ます、養育院の生ひ立ち等に就ては皆様方も夙に御案内のことゝ存じますから、今更玆に喋々の必要を認めませんが、兎に角明治二十二年市政施行の砌、従来私設事業として私が同志の助力を得て経営し来たつた此の養育院を、自治体たる東京市の手に資産諸共に之れを移したのでありまして、爾来今日まで三十有四年、其間多少の変遷もあつたのでありますが、要するに其経営は主として自給自足の方針の下に之れを行なひ、市費の負担即ち市税の御厄介には余まりならなかつた、若くはなり得なかつたのであります、今日では本院は土地も十万余坪、建物も一万坪に近く、然かも六十万円に近い基本金を持つて居るのでありますが、之れは殆ど皆な大方慈善家の寄附に依つたものであります、而して本日御覧を願つた大塚本院・巣鴨分院の外に、結核患者の収容所たる板橋分院や、病弱児童転地保養の為めの安房分院、又は不良児匡化のための感化部井之頭学校などがありまして、施設としては次第に完備に近付いて来たやうな感もあるのでありますが、然かも尚ほ巣鴨分院に於いて尋常小学校の教科を卒りたるものに職業教育を授くる方法や、或は感化部井之頭学校を拡張すべきや否や等、種々重要の問題が横たはつてゐるのであつて、院長としての私は幹事と共に目下研究中であります、然しながら是等の問題は只今此処で私共の考へが斯く斯くであるから御承知を願ひたいと申上げる程の必要もないのでありますが、是等の諸問題に就ては、目下尚ほ考慮中でありますから、追つては更めて御高見を窺ふの時機もあらうと存じます、兎に角養育院当局者としての私共は、本院の事業をして時代の要求に順応せしむる為め、其施設に如何なる改善を加ふべきかに就て、常に想察と考慮とを怠つて居ないと云ふことを玆に申上げて置きます、又た私は歴代市長の御更迭がある毎に、必ず一度はこの養育院の実地視察を願ひ、養育院に対する御方針等も御尋ね申上げ、且つ養育院は古い歴史と特別の沿革とを有するものであるから、差支なき限り其歴史を尊重して下さるやう御願ひ致して居るのであります、最近に於て永田新市長並に新助役御三方の御就任がありましたのを機会とし、旁々市参事会員及本院常設委員の方々にも特に実地の御視察を願ひました所、斯く多数の御尊来を得ましたことは、院長と致しまして誠に感謝に堪えざる次第でありまして、更めて玆に御礼を申上げます


東京市養育院月報 第二九二号・第一〇―一一頁 大正一四年一一月 ○市長助役及参事会員の本院及分院視察(DK300006k-0007)
第30巻 p.143-144 ページ画像

東京市養育院月報  第二九二号・第一〇―一一頁 大正一四年一一月
○市長助役及参事会員の本院及分院視察 昨秋中村是公氏東京市長に就任せられ、岡田忠彦・田沢義鋪・田沼義三郎の三氏亦た新たに助役に任ぜられたるを機とし、当時渋沢院長には新市長・新助役並に市参事会員各位に本院事業の現状視察方を懇望せられ居たりしが、折しも
 - 第30巻 p.144 -ページ画像 
院長の罹病其他にて之れが実現を見る能はざりし処、這般院長の疾患殆ど全快に赴かれたるを以て、遂に十一月五日を以て本院並に巣鴨・板橋両分院の視察を請ふことゝなり、乃ち当日午前九時半より中村市長、岡田助役、見山収入役、矢吹社会局長、井上・小栗・松崎・高橋の各市参事会員、並に天利・大岩の本院常設委員は順路に従ひ先づ巣鴨分院に参着、渋沢院長及び田中幹事の案内にて寮舎・学校・年長男子寮及び年長女子寮其他の実況を隈なく巡視の上、同十時四十分本院へ参着、病室・普通収容室・作業場・炊事場・浴場・治療室等院内の諸設備を詳かに視察を遂げ、次で板橋分院に向はれ同分院を一巡の後正午打揃ふて飛鳥山なる渋沢院長邸の午餐会へ臨まれたり
○渋沢院長邸午餐会 渋沢院長は別項所報の如く十一月五日巣鴨分院板橋本院及び板橋分院の視察を請ひたる中村市長其他を飛鳥山私邸に招待して午餐会を催ほしたり、来賓は板橋本院の視察終了後、車を連ねて同邸へ赴かれたる向、及び東京方面より直接同邸へ赴かれたる向を合せ合計十八名にして、先づ庭園内に新築の図書館青淵文庫の社交室に少憩を請ひ、次で本邸の書院二室を貫きて設らへたる食堂に案内して食卓を開き、餐後庭上に記念撮影を行なひ、終りに後庭花園内の「コツテージ」晩香廬に席を移して歓談を交へ、午後二時過ぎ散会したり、因に当日午餐会に出席せられたる賓客各位の芳名を録すれば左の如し
 市長       中村是公氏   助役      岡田忠彦氏
 市参与      大道良太氏   同       田沢義鋪氏
 収入役      見山正賀氏   同       有竹雅巳氏
 社会局長     矢吹慶輝氏   同       村松恒一郎氏
 養育院常設委員長 小坂梅吉氏   同       井上万吉氏
 同常設委員    天利庄次郎氏  同       小栗富五郎氏
 同        大岩豊吉氏   同       松崎英太郎氏
 同        安東正臣氏   同       若林成昭氏
 市参事会員    早川庄太郎氏  同       高橋俊太氏
又た当日の宴席には主人渋沢子爵の外、接待として左の五氏陪席せり
 幹事       田中太郎    監護課長    村山正脩
 医務課長     碓居竜太    巣鴨分院主務  小長谷関次
 総務課庶務掛長  石崎菊次郎


竜門雑誌 第四四七号・第一一九頁 大正一四年一二月 青淵先生動静大要(DK300006k-0008)
第30巻 p.144 ページ画像

竜門雑誌  第四四七号・第一一九頁 大正一四年一二月
    青淵先生動静大要
      十一月中
五日 中村東京市長、東京市養育院巡覧に付接待(同院巣鴨分院及本院)終つて午餐会(曖依村荘)


東京市養育院月報 第三〇四号・第一一―一二頁 大正一五年一一月 ○西久保市長の本院事業視察(DK300006k-0009)
第30巻 p.144-146 ページ画像

東京市養育院月報  第三〇四号・第一一―一二頁 大正一五年一一月
○西久保市長の本院事業視察 本年十月末西久保弘道氏東京市長に就任せられたるを機とし、渋沢院長には新市長・新助役・市会正副議長並に市参事会員各位に本院事業の現状視察方を懇請したりし処、十一
 - 第30巻 p.145 -ページ画像 
月十九日を以て本院並巣鴨・板橋両分院を視察せらるゝことゝなり、乃ち当日午前九時半西久保市長、大西・松本両助役、見山収入役、前田内記課長、入山市会副議長、片山・瀬川の両市参事会員、並に宇田川・森脇の両本院常設委員は先づ順路に従ひ巣鴨分院に参着、渋沢院長及び田中幹事の案内にて同分院内諸施設並に寮舎其他の改築工事現場を仔細に巡覧せられ、同十時半本院に参着、楼上会議室に於て少憩の後、病室・普通収容室・作業場・炊事場・浴室・治療室等院内の諸施設を詳らかに視察を遂げ、次で板橋分院に向はれ、同分院を一巡の後、正午打揃ふて飛鳥山なる渋沢院長邸の午餐会へ臨まれたり
○渋沢院長邸午餐会 渋沢院長は別項所報の如く、十一月十九日板橋本院及び巣鴨・板橋両分院の視察を請ひたる西久保市長其他を飛鳥山私邸に招待して午餐会を催ほしたり、来賓は板橋分院の視察終了後同邸へ赴かれたる向及び東京方面より直接同邸へ赴かれたる向を合せ合計十六名にして、先づ庭園内の青淵文庫に少憩せられ、次で子爵の案内にて文庫内の家宝陳列室に入り種々の珍什逸品を一覧し、夫れより紅葉錦を織りなせる園内を逍遥の後、本邸の書院に設らヘたる食堂に案内して食卓を開き、席上渋沢院長より養育院の起源、収容児童の教育等に関する談話あり、尚ほ主客種々の歓談を交へ、餐後青淵文庫前庭に於て記念撮影を行ひ、午後一時半和気靄々の裡に散会したり、因に当日午餐会に出席せられたる賓客各位の芳名を録すれば左の如し
               市長    西久保弘道氏
               市参与   大道良太氏
               助役    大西一郎氏
               同     松本忠雄氏
               収入役   見山正賀氏
            養育院常設委員長 小俣政一氏
            同常設委員    宇田川孝吉氏
               同     森脇源三郎氏
               市参事会員 片山久蔵氏
               同     瀬川光行氏
               同     天利庄次郎氏
               同     中南定太郎氏
               同     小坂梅吉氏
               同     中塚栄次郎氏
               市会副議長 人山祐治郎氏
               内記課長  前田賢次氏
 又た当日の宴席には主人渋沢子爵の外、接待として本院より左の六氏陪席せり
                  幹事 田中太郎氏
                経理課長 小木千丈氏
                監護課長 村山正脩氏
                医務課長 碓居竜太氏
              巣鴨分院主務 小長谷関次氏
             総務課庶務掛長 石崎菊次郎氏
 - 第30巻 p.146 -ページ画像 
 尚ほ前記午餐会に出席の筈なりし助役勝正憲氏・市参事会員大崎清作氏・同有竹雅巳氏・同中村舜二氏・同近藤達児氏・同鎌田芳太郎氏市会議長小島七郎氏・市会書記長石橋政治氏は、孰れも已むなき急用又は病気の為め欠席せられたり


東京市養育院月報 第三二一号・第一七―一八頁 昭和三年四月 ○市来東京市長の本院事業視察(DK300006k-0010)
第30巻 p.146 ページ画像

東京市養育院月報  第三二一号・第一七―一八頁 昭和三年四月
○市来東京市長の本院事業視察 本年一月市来乙彦氏市長に就任せられたるを機とし、渋沢院長には新市長に本院事業の現状視察方を懇請したりし処、四月十三日を以て本院及巣鴨分院を視察せらるゝことゝなり、乃ち当日午後一時半市来市長、小野・荒木・船田の三助役、見山収入役、御厨社会局長、小俣本院常設委員長、宇田川・森脇両常設委員は本院に参著、楼上会議室に於て少憩の後、渋沢院長及び田中幹事の案内にて病室・普通収容室・作業場・炊事場・浴室・治療室等院内の諸施設を詳かに視察を遂げ、同二時半巣鴨分院に参著、同分院内を仔細に巡覧せられ、午後三時半飛鳥山渋沢院長邸の茶話会に臨まれたり
○渋沢院長邸の茶話会 渋沢院長は別項所報の如く、四月十三日板橋本院及び巣鴨分院の視察を請ひたる市来市長其他を飛鳥山私邸に招待して茶話会を催したり、来賓は巣鴨分院の視察終了後午後三時半頃同邸に赴かれ、先づ庭園内の青淵文庫に少憩せられ、次で子爵の案内にて春色濃やかなる園内を逍遥の後、青淵文庫前庭にて記念撮影を行ひ夫れより同文庫客室にて茶菓の饗応あり、席上渋沢院長より養育院の沿革・収容児童の教育・感化部の事業等に関する談話ありて、主客歓談を交へ、終りに文庫内家宝陳列室に案内し、珍什逸品を一覧して午後五時頃散会せり、因に当日茶話会に出席せられたる賓客各位の芳名を録すれば左の如し
                市長   市来乙彦氏
                助役   小野義一氏
                同    荒木孟氏
                同    船田中氏
                収入役  見山正賀氏
                社会局長 御厨規三氏
            養育院常設委員長 小俣政一氏
            同常設委員    宇田川孝吉氏
            同        森脇源三郎氏
 又当日は主人渋沢子爵の外接待として本院より左の六氏陪席せり
                  幹事 田中太郎氏
                経理課長 小木千丈氏
                監護課長 村山正脩氏
                医務課長 碓居竜太氏
              巣鴨分院主務 小長谷関次氏
             総務課庶務掛長 大西孝美氏
 尚ほ前記茶話会に出席の筈なりし秘書課長前田賢次氏は已むなき所用の為欠席せられ、秘書課員石坂義太郎氏市長に随伴出席せられたり
 - 第30巻 p.147 -ページ画像 


東京市養育院月報 第三三九号・第一〇頁 昭和四年一〇月 ○堀切東京市長の本院事業視察(DK300006k-0011)
第30巻 p.147 ページ画像

東京市養育院月報  第三三九号・第一〇頁 昭和四年一〇月
○堀切東京市長の本院事業視察 堀切市長は十月十日を以て本院及巣鴨分院を視察せらるゝことゝなり、当日午前十時同市長、田中・広瀬の両助役、安井社会局長、羽生秘書課長、木村本院常設委員は巣鴨分院に参着せられ少憩の後ち、渋沢院長・田中幹事より養育院事業の現状に関する詳細の説明を聴取し、其案内にて校舎・寮舎・食堂其他院内諸般の施設を隈なく視察し、同十一時板橋なる本院へ参着、楼上会議室にて少憩後、田中幹事の案内にて病室・普通収容室・作業場・炊事場・浴室・治療室等を詳細に視察を遂げ、正午飛鳥山渋沢院長邸の午餐会に臨まれたり
○渋沢院長邸の午餐会 渋沢院長は別項所載の如く、十月十日板橋本院及び巣鴨分院を視察せられたる堀切市長其他を飛鳥山私邸に招待して午餐会を催したり、来賓は板橋本院の視察終了後正午同邸に赴かれ先づ庭園内の青淵文庫に少憩せられ、次で子爵の案内にて書院大広間の会食場に臨まれ午餐の饗応あり、席上渋沢院長より養育院の沿革・収容児童の教育・感化部の事業等に関する談話ありて、主客歓談を交へ、夫れより大玄関に於て記念撮影を行ひ、終りて再び青淵文庫に於て談話を交換せられ、午後二時散会せり、因に当日午餐会に出席せられたる賓客各位の芳名を録すれば左の如し
                市長   堀切善次郎氏
                助役   田中広太郎氏
                同    広瀬久忠氏
                社会局長 安井誠一郎氏
                秘書課長 羽生正氏
            養育院常設委員長 池田清秋氏
            同常設委員    川手忠義氏
            同        加藤正信氏
            同        木村久寿弥太氏
 尚当日白上助役も視察並に午餐会の為め来会の予定なりしも、遽かに大阪市へ出張せらるゝことゝなり欠席せられたり、又右午餐会には主人渋沢子爵の外、本院より左の六氏接待として出席せらる
                  幹事 田中太郎氏
                経理課長 小木千丈氏
                監護課長 村山正脩氏
                医務課長 碓居竜太氏
              巣鴨分院主務 早川秋一氏
             総務課庶務掛長 大西孝美氏