デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
3款 日米関係委員会
■綱文

第33巻 p.618-621(DK330080k) ページ画像

大正10年9月10日(1921年)

是日当委員会ハ、アメリカ合衆国ハワイ大審院裁
 - 第33巻 p.619 -ページ画像 
判長コーク夫妻、スタンフォード大学教授ペーソン・ジェー・トリート夫妻、ニューヨーク日本協会幹事ウォーデン夫妻ヲ帝国ホテルニ招キテ晩餐会ヲ開ク。栄一出席シテ当委員会ヲ代表シテ歓迎ノ辞ヲ述ブ。


■資料

集会日時通知表 大正一〇年(DK330080k-0001)
第33巻 p.619 ページ画像

集会日時通知表 大正一〇年 (渋沢子爵家所蔵)
十日○九月 土 午後六時 日米関係委員会催コーク氏、トリート氏、ウオーデン氏招待会(帝国ホテル)


竜門雑誌 第四〇一号・第五二頁大正一〇年一〇月 ○コーク、トリート、ウオーデン三氏招待歓迎会(DK330080k-0002)
第33巻 p.619 ページ画像

竜門雑誌 第四〇一号・第五二頁大正一〇年一〇月
○コーク、トリート、ウオーデン三氏招待歓迎会 青淵先生の常務委員たる日米関係委員会にては九月十日午後六時より帝国ホテルに於て今般来朝せる布哇大審院裁判長コーク氏夫妻、「スタンフオード」大学教授トリート氏夫妻、並に紐育日本協会幹事ウオーデン氏夫妻を招待して歓迎晩餐会を催せり、当日は陪賓として外務省より埴原正直氏夫妻、伊集院男爵・松平恒雄氏夫妻・田中都吉・芳沢謙吉の諸氏出席し主人側には青淵先生を始め金子子爵・瓜生男爵夫妻・阪谷男爵・目賀田男爵夫妻・森村男・堀越善重郎氏夫妻・添田寿一氏夫妻其他十九名の諸氏出席し、席上青淵先生の歓迎辞、コーク、トリート、ウオーデン三氏の答辞あり、最後に金子子爵の乾杯辞ありて、散会したるは午後十時過なりしと云ふ。


AN INTERPRETATION OF THE LIFE OF VISCOUNT SHIBUSAWA, by KYUGORO OBATA. pp.314-315. Nov., 1937.(DK330080k-0003)
第33巻 p.619-620 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕一八五三―一九二一年 日米外交史 トリート著村上堅固訳補 序文・第四―五頁大正一一年四月刊(DK330080k-0004)
第33巻 p.620-621 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。