デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
2節 米国加州日本移民排斥問題
9款 其他関係諸団体 3. 南部カリフォルニア日本協会
■綱文

第35巻 p.624-626(DK350134k) ページ画像

大正14年6月4日(1925年)

是ヨリ先栄一、アメリカ合衆国南部カリフォルニア日本協会名誉会員ニ推挙セラル。是日、ソノ通知発セラル。


■資料

(シー・シー・ピアース)書翰 渋沢栄一宛一九二五年六月四日(DK350134k-0001)
第35巻 p.624-625 ページ画像

(シー・シー・ピアース)書翰 渋沢栄一宛一九二五年六月四日
                      (渋沢子爵家所蔵)
                2167 W. 20th Street
                Los Angeles, Calif.
                   June 4, 1925
To the Honorable
Viscount Shibusawa
  Tokyo, Japan
Dear Sir :
  At a recent meeting of the Japan Society of Southern California, you were unanimously elected as an honorary member of that organization. I have been requested to convey this information to you, together with the hope that you will favor them by accepting the same in the spirit of true friendship with which it is extended.
  Permit me to take this occasion to say to you that Japan has a great number of loyal friends in California and throughout the entire country, who are most earnestly striving to do everything possible to counteract the results of the recent unfair and un-American anti-Japanese legislation.
  Mrs. Pierce joins me in happy memories of your great courtesy to us while we were in Japan together with the sincere hope that we may again have the opportunity of meeting you, even to welcome you once more to this country.
 - 第35巻 p.625 -ページ画像 
  Our mutual friend, the Reverend Doctor Tsunashima, will do us the kindness of conveying to you our sentiments of friendship, and our hope that your life may long be spared to continue your noble services to humanity.
           Very sincerely yours,
              (Signed) C. C. Pierce
         (別筆)
         大正十四年十一月三日、綱島佳吉牧師
         飛鳥山邸に子爵を訪問せられし時持参せられし書状
               子爵より直接手交せらる
(右訳文)
                  (栄一鉛筆)
                  十一月廿四日一覧
               (別筆)
               承諾の旨回答すべきこと
 東京市
  子爵渋沢栄一閣下 (十一月三日入手綱島佳吉氏持参)
          ロスアンゼルス、一九二五年六月四日
                   シー・シー・ピアース
拝啓、南加州日本協会の最近の会合に於て満場一致にて閣下を同協会名誉会員に推薦する事に決し申候、小生は会員一同の請により右の旨を閣下に御伝達申上くると共に、此の推薦の精神が真の友誼に基くものなるにより、何卒此れを御承諾被下候様希望仕候
加州及全米国には親日家多数有之、彼等は過般制定せられたる不公平且つ米国精神に悖る排日移民法を撤回せんとて全力を尽居候
小生は妻と共に、過般日本滞在中閣下より忝ふせる多大の御厚意に対し深く感謝の意を表すると共に再び閣下と会見致度、加之米国にまたも御迎へ可致機会を得度と存居候、小生は友人綱島佳吉牧師に托し深厚なる友情を閣下に披瀝すると共に、閣下には愈々御長寿被遊人道の為めに尊き御奉仕を被遊候様祈奉り候 敬具
   ○綱島佳吉ノ渡米ニ就イテハ本資料第三十四巻所収「日米関係委員会」大正十三年三月三日ノ条参照。


渋沢栄一書翰 控 メリー・エフ・ピアース宛大正一四年一二月二五日(DK350134k-0002)
第35巻 p.625-626 ページ画像

渋沢栄一書翰 控 メリー・エフ・ピアース宛大正一四年一二月二五日
                    (渋沢子爵家所蔵)
               (栄一鉛筆)
               十四年十二月十二日一覧
      案
 ロスアンゼルス市
  シー・シー・ピアース未亡人殿
                  東京市 渋沢栄一
拝啓、益々御清適奉賀候、然ば此程帰朝の綱島牧師に御面会致候際、御良人には急病にて御逝去被成候由を承り驚悼罷在候、又六月四日附故人の御書状を御持参被下候に付拝読致、今更ながら感慨深きもの有之候、同書によれば過般南加州日本協会は満場一致を以て老生を名誉会員に御推薦被下候趣に有之候処、右は真の友誼を基とせる決議と拝察仕、喜んで御受け仕度候、就ては御手数恐縮乍ら右の旨同協会々長
 - 第35巻 p.626 -ページ画像 
へ御伝達被下度御願申上候
右御願まで得貴意度如此御座候 敬具
  大正十四年十二月二十五日
   ○右英文書翰ハ同日付ニテ発送セラレタリ。