デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
14款 中華民国前革命軍総司令蒋介石招待
■綱文

第39巻 p.27-39(DK390005k) ページ画像

昭和2年10月26日(1927年)

是ヨリ先、中華民国前国民革命軍総司令蒋介石、下野来日シ、是日、飛鳥山邸ニ栄一ヲ訪フ。十一月四日栄一、蒋介石ヲ東京銀行倶楽部ニ招キテ午餐会ヲ開キ、懇談ヲナス。


■資料

竜門雑誌 第四七〇号・第一〇四―一〇八頁昭和二年一一月 蒋介石氏来訪(DK390005k-0001)
第39巻 p.27-30 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

中外商業新報 第一四九七五号昭和二年一〇月二七日 蒋介石氏渋沢子を訪ふ(DK390005k-0002)
第39巻 p.30 ページ画像

中外商業新報 第一四九七五号昭和二年一〇月二七日
    蒋介石氏渋沢子を訪ふ
上京中の蒋介石氏は廿六日午前十時、張秘書を随へ飛鳥山の邸に渋沢子を訪問、先着の白岩竜平氏も加はり、子爵と卓を囲んで故孫文氏の追憶談、その他支那時局に関し種々座談的に意見を交換したが、子爵は特に支那の経済的発展が最も焦眉の急なるを説き、蒋氏はこれに対し国民革命の完成が必要なる旨を述べ、同十一時辞去した。


招客書類(二) 【昭和二年十一月四日午前十一時於銀行クラブ 蒋介石氏ト御会食会】(DK390005k-0003)
第39巻 p.30 ページ画像

招客書類(二)              (渋沢子爵家所蔵)
  昭和二年十一月四日午前十一時於銀行クラブ
   蒋介石氏ト御会食会
                   (太丸ハ朱書)
                    ○蒋介石
                    ○張群
                    ○児玉謙次
                    ○白岩竜平
                    ○油谷恭一
                    ○添田寿一
                    ○主人
                    ○岡田純夫
              以上六人出席
 一、料理 洋食、水物申付済 酒ナシ
 一、室ハ二階貴賓室、食堂次ノ控室ノ予定


支那人往復(二)(DK390005k-0004)
第39巻 p.30-35 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕渋沢栄一書翰 控 蒋介石宛昭和六年三月(DK390005k-0005)
第39巻 p.35 ページ画像

渋沢栄一書翰 控 蒋介石宛昭和六年三月 (渋沢子爵家所蔵)
  (別筆)
  昭和六年三月中華民国総司令蒋介石氏宛総長御手書ノ写
其後ハ御疎情ニ打過候へとも、閣下益々御清適凡百之機務御鞅掌の事と慶賀之至ニ候、回顧すれハ先年民国御統一の中途に於て弊邦御来遊相成、其際拙宅にまて御過訪被下御寛談の機会を得たるは最も愉快なる追憶として今以つて老生之脳裡に保存致居候、統一の御事業に付てハ爾来御経営宜を得て円満に大業を達成せられたるハ挙世称賛を禁し得さる所に御座候、右様の成功談に対して頗る赤面之至に候へとも老生本年は馬齢九十二歳と相成追々老衰致候に付、財界各方面の事業関係より退き余生を教育と社会事業に捧げ居候へとも、年来の宿志たる中華民国と弊邦との親善、殊に経済的相扶提携ニ付てハ今尚其方法に苦心致居候、偶知友古仁所豊氏を介して老生永年之所懐を披瀝するの機会を得たるハ、老生之深く喜悦する所に御座候、古仁所氏は老生旧来之親友にして老生の心事を最もよく了解するものに有之候間、何卒老生に対すると同様の御襟度を以て御接遇被下度候、玆に古仁所氏御紹介旁一書拝呈仕候 敬具
  昭和六年三月
                  子爵 渋沢栄一栄一
    蒋総司令閣下



〔参考〕杜峰丁丑随筆 庄司乙吉著 第九三―一〇〇頁昭和一二年一二月刊(DK390005k-0006)
第39巻 p.35-37 ページ画像

杜峰丁丑随筆 庄司乙吉著 第九三―一〇〇頁昭和一二年一二月刊
    支那より帰りて
                (昭和十二年四月二日、紡績聯合会委員会における報告)
○上略
 蒋介石氏と我々一行との会見は、同日午後四時から約一時間にわたり新生活の本部ともいふべき黄埔路の励志社で行はれた。此の日孔副院長を始め王寵恵・蒋作賓・呉鼎昌・張公権・兪飛鵬の五部長と許大使らも列席し、政府首脳部が殆んど一堂に集まるの観を呈しました。
 会場内にはこれと云ふ特別の装飾とてなく、唯『歓迎日本経済考察団』の横書きの大文字が黒く光つて、その上に梅と桜が描かれてあつた。申す迄もなく梅は支那を、桜は日本を表徴したものである。蒋介石氏は西安事変で怪我をしたと聞いて健康を気遣つて居たが、至つて元気そうに見受けました。
 開会に先ち蒋介石氏は旧知の間柄である児玉君を別室に招いて懇談の後、設けの席に現はれ、外交部、亜州司長高宗武氏の通訳で一場の挨拶を試み、一行と共に故渋沢子爵のために黙祷を捧げ、挨拶が済み
 - 第39巻 p.36 -ページ画像 
てから支那流の御茶で一行の健康を祝した。
 蒋介石氏の歓迎の辞は、特に国民政府から原稿を寄せられたが、原文の儘玆に御披露いたします。
        ×
児玉会長並に皆さん
 本日玆に皆さんを御招待する機会を得ましたことは誠に欣幸に存ずるところであります。皆さんのお出になる消息がこちらに伝へられまするや、我国は朝野を挙つて非常なる熱心さを以て、貴賓の御来臨を首を長くして御待ちして来たものであります。経験豊富にして徳望厚き日本実業界の名流たる皆さんに対しては、我国は朝野を挙げて普通以上の甚大なる御歓迎を致すもので御座います。皆さんは我国各方面に対して、直接間接皆夫々友誼関係を有する故、経済視察団を歓迎すると云ふより、寧ろ長年の友達を歓迎すると云ふ可きである。
 皆さんは明治維新からこの方日本の経済建設に尽瘁して来られた先輩ばかりでありまして、建国即ち創業の困難さに関しましては、皆身を以つて、親して経験して来られまして、深く深く建国過程中に於ける辛酸苦楽を嘗めて来られました方々ばかりで御座います。でありますから今正に建設途上にある我国に対しましては、必ずや非常にして甚大なる御同情を持つて居られることを信じて疑ひません。我が国民党の総理孫中山先生も嘗つて斯様に申して居られまする《(マヽ)》に『中国に国民革命がありまするのは、此は恰も日本に維新運動があるのと同様であります』或は却つて中国の遭遇した所の情況は、御国よりもより困難であると申してよいかも知れません。今中国政府は正に民間の経済界実業界と共に、日本維新建国時代と同様の精神を以て努力し邁進中でありますから、友情的なる相互援助及び先輩の御指導とを希望することも、又特別に深甚なる訳であります。どうか皆さんは、豊富なる御経験によりまして、中国の建設事業及び経済産業の諸般の事項に対して、御遠慮なく十分に御批評下さつて、大いに御教示下さることを希望するものであります。我が中国の実業界は必ずや心から好く之を受け入れまして、皆さんが嘗つて国家に捧げました好き模範を道しるべとし、中日両国をして文化上経済上肩を並べて共に進み、そして東亜の平和及び福利を保障せしめ得るであらうと存じます。
 我々東方人は東方の文化を尊重しなければなりません。此の点皆さんもきつと御同感であらうと信じまするが、東方人は何処までも東方的文化を離れることは出来ないのであります。此は恰も隣国は永遠に隣国であるのと同様に、地理及び歴史はすべて変更すべからざるものであります。若も東方民族にして東方文明に基礎を有しなければ、永遠に其他の民族と対等共存すことは不可能であると思ひます。東方文明の特徴は、仁義と道徳にありまして、東方国家は礼儀を重んずるが故に礼儀の国であると称されてゐます。私も少年時代、日本留学中、既に日本の国民が礼儀を尊重し、そして親切・謙譲の風習を有することを非常に敬意を抱いて居りました。その時既に日本建国の成功は実に此一点にありと認めたものであります。其後志を立てゝ革命に従事したのも、やはり我国固有の精神及び地位を恢復し、そして東方文化
 - 第39巻 p.37 -ページ画像 
を発揚すべく努力せんがためでありました。今尚記憶して居りますが私が昭和三年《(二)》、日本に滞在中、御国の実業界の重鎮でありました故渋沢子爵に会見したことがあります。其時子爵は自ら特別に註釈せられた論語を一部自分に贈つて呉れまして、そして特に其の中から「己の欲せざる所は人に施すこと勿れ」との一句を引用致されまして、私に申しまするに、自分は此の一句を一生の処世訓として時々刻々心に堅く記憶して居ります。そして常に此を日本の青年に示して来ました。此こそ我々東方精神の特徴であると説き、そして非常に親切に東方文化発揚の為めに、お互に努力する様希望すると語られました。
 今渋沢子爵は既に故人になられました。私は此を非常に残念に思つて居ります。然し彼の申された御言葉は私に非常なる感銘と記憶とを留めて居りまして、今に至るまで忘れることが出来ません。本日実業界の先輩たる皆さんに会ひまして、丁度渋沢子爵に会つたのと同様な気持が致しましたので、玆に又古い話をもう一度繰返へした様な訳であります。今皆さんに御起立を御願ひして、故渋沢子爵に対し黙祷して敬意を表し度いと思ひます。
  (一同起立三分間黙祷)
 本日皆さんを御招待申した訳でありまするけれども、すべてが非常に簡単でありますので、形式上荘重なる儀礼を表示することも、そしてこれと云つて多くの意見を皆さんに提供することも出来ないのを遺憾に思ひますが、然し同じく東方人的御親愛なる感情に基いて、徳望の甚だ高き隣邦実業界の先輩たる皆さんに対しまして、只一言非常に簡単でありまするが贈呈し度いと思ひます。それは即ち「仁親以て宝と為す」と云ふ一句であります。其意義に付いては皆さんも既に御存じのことゝ思ひまするが、蓋し仁と親とは人類の感情を結び、文明の進歩を促がす原動力であると信じて疑ひません。我々東方民族に在つては此が最も重要であります。冀くは中日両国の実業界及び両国々民が皆この「親仁善隣」の点から共同努力することを希望する次第であります。
 終りに臨み謹んで児玉会長並びに皆さんの御健康を祝します。
        ×
これに対し児玉君が立つて、一応の謝辞を述べた後に
 私は論語読みの論語知らずで、いたらぬことばかりではあるが、当時渋沢さんと共に、日華実業協会を創設して、渋沢さんの御考へに基づいて、及ばずながら日支両国の提携調和に努めて来たので、蒋院長の御挨拶はしみじみわれわれの胸を打つものがある。渋沢さんのいはれた論語の言葉は我々も決して忘れないが、蒋院長におかれても、この上とも、日支両国調和の為めに努められたい。
と挨拶して記念すべき茶会を終つたのであります。
○下略



〔参考〕竜門雑誌 第五八四号・第八―一〇頁昭和一二年五月 日支国交の楔「青淵先生」 蒋介石氏の訪支経済視察団歓迎の挨拶(DK390005k-0007)
第39巻 p.37-39 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。