デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.368-372(DK390207k) ページ画像

大正15年6月28日(1926年)

是日、アメリカ合衆国ダラー汽船会社社長ロバート・ダラー渋沢事務所ニ栄一ヲ訪フ。


■資料

集会日時通知表 大正一五年(DK390207k-0001)
第39巻 p.368 ページ画像

集会日時通知表 大正一五年       (渋沢子爵家所蔵)
六月廿八日 月 午后三時 ダラー汽船会社長ダラー来約(事務所)


東京朝日新聞 第一四四〇五号大正一五年六月二九日 【緩急栓 ダラー汽船会社社長のロ…】(DK390207k-0002)
第39巻 p.368 ページ画像

東京朝日新聞 第一四四〇五号大正一五年六月二九日
緩急栓 ダラー汽船会社社長のロバート・ダラー君と渋沢子とは、二十八日銀行クラブで会見した▽昼飯を食べながら日米親善について意見の交換をやり、またの再会を約して別れたさうだが▽ダラー君は八十三歳、渋沢子は八十五歳いづれも高齢なのに、またの再会を約すとは、その元気だけでも範とするに足る○下略
   ○本款明治四十五年三月九日及ビ昭和五年十月三日ノ条参照。


渋沢栄一書翰控 ロバート・ダラー宛 一九二六年九月二〇日(DK390207k-0003)
第39巻 p.368-369 ページ画像

渋沢栄一書翰控 ロバート・ダラー宛一九二六年九月二〇日 (渋沢子爵家所蔵)
                 September 20, 1926
Captain Robert Dollar,
  311 California Street,
  San Francisco Cal.
My dear Captain Dollar,
  No doubt you do remember the flying visit you made to my office on June 28. The photographs which were then taken are now ready for delivery. When I asked you whether or not you have friends to whom you would like to have pictures sent, you proposed the names of Messrs. Lowman and Blaine, our mutual friends. So I wrote your names as well as theirs on them. I shall be much obliged to you if you would take trouble to transmit to the gentlemen the copies with my com
 - 第39巻 p.369 -ページ画像 
pliments.
  As Mr. Tokuo Watanabe, a Director of the Shibusawa & Co. and one of my right-hand men will be a passenger on board S.S. President Pierce, which is to leave Yokohama on the 21 inst., I entrusted to him the package of those photos, to deliver it to your office in San Francisco. If you happen to be at your office at the time, when he calls there, please extend him the right hand of fellowship, a kind of benediction to him to presage his prosperous journey all the way through your country and Europe. If you care to know about me, kindly ask him.
                Yours very truly,
                     渋沢栄一 (署名)
                      E. Shibusawa.
(右訳文)
             (別筆)
             英文を先きに作り白石君の協賛を経て渡辺得男氏に交附し後翻訳したるものなり
 桑港
  ロバート・ダラー殿       一九二六年九月廿日
                      渋沢栄一
拝啓、六月廿八日当事務所に御来訪の節撮影したる写真の件は御記憶被遊候事と存候、右は此の程出来致候、其節右配布先につきて御尋ね申上げ候処、ローマン及ブレーンの両氏へとの御思召なりしにつき、貴名と共に両氏の名を写真面に認め置き候間、御手数恐縮乍ら貴下より両氏へ御伝達被下度御願申上げ候
渋沢同族株式会社取締役にて小生の股肱の一人たる渡辺得男氏は、本月廿一日横浜出帆のプレシデント・ピアース号にて欧米漫遊の途に上られ候に付、右写真は桑港にて貴事務所に届け候様依頼致候、同氏往訪の節若し貴下が事務所に御出で相成り候はゞ、何卒同人の為めに御便宜を御与へ被下、同人旅行の前途を御祝福被下候様願上候
右願用旁得貴意度如此御座候 敬具



〔参考〕(ロバート・ダラー)書翰 渋沢栄一宛一九二八年四月一九日(DK390207k-0004)
第39巻 p.369-370 ページ画像

(ロバート・ダラー)書翰 渋沢栄一宛一九二八年四月一九日
                  (渋沢子爵家所蔵)
           DOLLAR STEAMSHIP LINE
             DOLLAR LINE
            ROUND THE WORLD
            COAST TO COAST
            TRANS-PACIFIC
             HEAD OFFICE
       ROBERT DOLLAR BUILDING, SAN FRANCISCO
                On Board S/S Pres. Taft,
                    April 19th 1928
Viscount Eiichi Shibusawa.
  Tokyo, Japan.
My dear Sir:
  I regret exceedingly on my visit to Tokyo to find that you
 - 第39巻 p.370 -ページ画像 
 were out of town. It would have given me great pleasure to sit down and have one of our usual talks while I was in your city.
  Hoping that you are well and with kind regards and best wishes, I am
            Yours very sincerely,
                    (Signed)
                  Robert Dollar
(右訳文)
       (栄一鉛筆)
       七月二十三日一覧、幸便有之候ハヽ回
       答状相発し可申事      明六
東京市              (四月廿七日入手)
 子爵渋沢栄一閣下
         汽船プレシデント・タフト号にて
         一九二八年四月十九日
                 ロバート・ダラー
拝啓、小生が東京へ到着致し候節、例の如く閣下と談話致候を楽んで期待罷在候処、閣下には生憎御旅行中にて御面会の機を得ず残念至極に存候、閣下には益御勇健に被為亘候事と存候、謹んで敬意を奉表候
                            敬具



〔参考〕(ロバート・ダラー)書翰 渋沢栄一宛一九二八年一〇月一一日(DK390207k-0005)
第39巻 p.370-371 ページ画像

(ロバート・ダラー)書翰 渋沢栄一宛一九二八年一〇月一一日
                   (渋沢子爵家所蔵)
          DOLLAR STEAMSHIP LINE
            DOLLAR LINE
           ROUND THE WORLD
           COAST TO COAST
            TRANS-PACIFIC
            HEAD OFFICE
      ROBERT DOLLAR BUILDING, SAN FRANCISCO
                   October 11th 1928
Viscount Eiichi Shibusawa,
  Tokyo, Japan.
My dear Viscount Shibusawa:
  I was pleased beyond measure to such a good photograph of yourself in the Pan Pacific Progress and to read the fine account of your life. I read it over very carefully and was real pleased to get all the information about yourself. I note that in age you beat me four years and am glad to see that you are still in the best of health and using your energy for the good of your native country and also for the better friendship between the United States and Japan.
  Hoping this will find you well, and with kind regards, I am
               Sincerely yours,
                      (Signed)
                     Robert Dollar.
(右訳文)
 - 第39巻 p.371 -ページ画像 
          (栄一鉛筆)
          三年十一月廿日一覧、相当之回答案取調之上早々発信可致候事
 東京市                (十月卅一日入手)
  渋沢子爵閣下
                     桑港
   一九二八年十月十一日       ロバート・ダラー
拝啓、益御清適奉賀候、然ばパン・パシフイツク・プログレツス誌上にて極めて美事なる御写真を拝見致し、且つ立派なる御生涯の記事を拝読して無限の快感を覚え申候、精読の上閣下に関する詳細の知識を得候は誠に歓喜に堪へざる次第に御座候、閣下は小生より四歳の年長にしてしかも猶ほ矍鑠として貴国の為め、又日米両国親善増進のため御尽瘁被遊候事感佩の至に御座候
右御挨拶旁得貴意度如此御座候 敬具



〔参考〕渋沢栄一書翰控 ロバート・ダラー宛 昭和三年一二月四日(DK390207k-0006)
第39巻 p.371 ページ画像

渋沢栄一書翰控 ロバート・ダラー宛昭和三年一二月四日 (渋沢子爵家所蔵)
               (栄一鉛筆)
               昭和三年十一月二十八日一覧
    案
 加州桑港、ダラー汽船会社
  社長 ロバート・ダラー殿
                   東京 渋沢栄一
拝復、益御健勝の段慶賀此事に御座候、然ばパン・パシフイツク・マガジン掲載の老生略歴御覧被下候由にて、御懇切なる御挨拶に接し恐縮至極に候、老生の活動を御賞讚被下候は深謝の至りに候得共、八十五歳の御高齢に拘らず国際的大会社たるダラー汽船会社を主宰せられ日夜絶大の奪闘を被成候のみならず、時々世界週遊を試みられ候貴台の御元気と御活動とは、欣羨措く能はざる次第に御座候、老生春来兎角違和を覚え今猶快然とは申兼候、然し事務を廃して静養致候迄には無之、依然寧日なく奔走致居候も老衰の兆至れりと感ぜざるを得ざる次第に御座候
右御回答旁得貴意度如此御座候 敬具
  昭和三年十二月五日
   ○右英文書翰ハ昭和三年十二月四日付ニテ発送セラレタリ。



〔参考〕(エドガー・エム・ウィルソン)書翰 小畑久五郎宛一九二九年七月一七日(DK390207k-0007)
第39巻 p.371-372 ページ画像

(エドガー・エム・ウィルソン)書翰 小畑久五郎宛一九二九年七月一七日
                       (渋沢子爵家所蔵)
          DOLLAR STEAMSHIP LINE
              AND
           AMERICAN MAIL LINE
              Tokyo, July seventeenth, 1929
Mr. Kyugoro Obata,
  Private Secretary to Viscount Shibusawa,
My Dear Mr. Obata:
  I am enclosing you, herewith, the article in the Saturday Evening Post, containing the story regarding the meeting be
 - 第39巻 p.372 -ページ画像 
tween Viscount Shibusawa and Captain Dollar, which I believe will be of interest to him. Please again convey my profoundest respects to the Viscount and the sincere hope that this letter finds him in his usual good health.
  Thanking you for your courtesy to Mr. Fields and myself and with kindest regards to yourself, I am,
             Yours very truly,
                    (Signed)
                  EDGAR M. WILSON.
                 Special Representative, The
                 Robert Dollar Company.
   ○同封切抜欠。但其訳文ハ後掲。
(右訳文)
 東京市                 (七月十八日入手)
  小畑久五郎様
             ロバート、ダラー会社特派社員
  一九二九年七月十七日    エドガー・エム・ウイルソン
拝啓、益御清適奉賀候、然ば渋沢子爵とキヤプテン・ダラー氏との会見に関する談話掲載のサタデー・イヴニング・ポスト誌の記事、子爵閣下の御感興を催す事と存じ玆に同封の上、貴下迄御送附申上候、閣下に対する小生の最も深厚なる敬意及び御健勝を祈る誠意、何卒閣下へ宜しく御伝へ被下度奉願上候
フイールド氏及び小生に対する貴下の御厚情を謝し、併せて敬意を表上候 敬具
  訳者註=ウヰルソン氏の書面並同封の書類落手の旨回答致し、且つ同氏の好意を子爵閣下へ伝達すべしと申送り候
(同封、サタデー・イヴニング・ポスト誌記事切抜訳文)
                      アーネスト・プール氏編
    キヤプテン・ダラー氏評伝中の一節
東京を去るに先立ち、氏(ダラー氏)は有名なる老政治家渋沢子爵を訪問した、此時子爵は将に八十六歳の高齢者であつた。
ダラー氏は当時を追想して左の如く語つた。
「子爵は私に逢つて非常に喜ばれた。私共は永い間の友人なのです。子爵は華府の軍縮会議に於ける努力を話された。此時子爵は自国の武断派に反対して日本の平和を愛する商人及び平民のために力を竭されたのである。それから子爵は私を導いて写真士の待つて居る部屋に至り、一所に写真を撮りました。座に就きながら私は申しました。
「日本のグランド・オールドマン(老偉人)と並んで写真を撮ることは実に無上の光栄である。」
すると子爵は甚だ機嫌よく滑稽的に
「世界のグランド・オールドマン(老偉人)と肩を比べて写真を撮るのは、猶更大なる名誉である」
と云はれた。