デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.523-525(DK390255k) ページ画像

昭和2年11月9日(1927年)

是日、栄一及ビ白仁武・児玉謙次等ノ発起ニヨリ、インド国製鉄業者オズワルド・マーティン一行歓迎茶話会ヲ飛鳥山邸ニ開ク。栄一出席ス。


■資料

竜門雑誌 第四七一号・第九五頁 昭和二年一二月 青淵先生動静大要(DK390255k-0001)
第39巻 p.523 ページ画像

竜門雑誌  第四七一号・第九五頁昭和二年一二月
    青淵先生動静大要
      十一月中
九日 マーチン氏一行歓迎茶話会(曖依村荘)○下略


招客書類(二) 【(控) 拝啓、時下益御清適奉賀候、然ハ印度ニ於ケル企業家トシテ有名ナルマーチン商会ノ無限責任社員ニテ、又印度鉄鋼会社ノ重役オスワードエス・マーチン氏不日本邦来遊ニ付…】(DK390255k-0002)
第39巻 p.523 ページ画像

招客書類(二)              (渋沢子爵家所蔵)
(控)
拝啓、時下益御清適奉賀候、然ハ印度ニ於ケル企業家トシテ有名ナルマーチン商会ノ無限責任社員ニテ、又印度鉄鋼会社ノ重役オスワードエス・マーチン氏不日本邦来遊ニ付御紹介申上度ト存候間、御多忙ノ際恐縮ニ候得共、来ル九日(水)午後二時市外飛鳥山渋沢宅チーパーテーヘ御来会被成下候ハヾ本懐ノ至ニ候、此段御案内申上候 敬具
  昭和二年十一月一日
                    白仁武
                    児玉謙次
                    渋沢栄一


招客書類(二) 【昭和二年十一月九日午後二時(木)、於飛鳥山渋沢邸 印度鉄鋼会社専務取締役オスワード・エス・マーチン氏招待茶会】(DK390255k-0003)
第39巻 p.523-525 ページ画像

招客書類(二) (渋沢子爵家所蔵)
 昭和二年十一月九日午後二時(木)、於飛鳥山渋沢邸
  印度鉄鋼会社専務取締役オスワード・エス・マーチン氏招待茶会
                  (太丸・太字ハ朱書)
                  ○マーチン
                  欠大隈信常
                  ○藤山雷太
                  ○堀啓次郎
                  欠星野錫
                  未金子直吉
                  欠喜多又蔵
                  ○間島与喜
                  欠松尾吉士
                  欠三宅川百太郎
                  ○森広蔵
                  欠岡崎藤吉
 - 第39巻 p.524 -ページ画像 
                  ○副島八十六
                  欠高楠順次郎
                  未渡辺海旭
                  ○安川雄之助
芝区白金三光四五一 八幡製鉄所長官 欠中井励作
所         八幡製鉄所技監 ○野田鶴雄
大久保百人、二七三 同所販売課長  ○立石信郎
下落合八二六    商工省鉱山局長 欠三井米松
神、駿河台袋一二  商工省参与官  欠牧野良三
          外務省通商局長 ○武富敏彦
                  ○ヂ・ビ・サンソム
                  欠アール・ボルター
                  ○白石元治郎
                  欠牧田環
                  ○一色虎児
                  欠河村驍
                  ○岸本吉左衛門
                  ○岸本彦衛
                子 ○大河内正敏
                  ○大谷登
                  欠浅野総一郎
                  欠大川平三郎
                  欠大塚栄吉
                  ○今泉嘉一郎
                男 欠大倉喜七郎
                  ○浅野良三
                  ○渋沢正雄
大阪市北区中之島六丁目株式会社岸本商店 ○田口八郎
                  ○渋沢子爵
                  ○白仁武
            ○岡田純夫 ○児玉謙次
                  ○小畑久五郎
   以上四十三人 内 出席 二十六人
            欠席   人
 一、用意ハ東洋軒 小松外五人給仕人
 一、接待順序ハ青淵文庫 時間ノ都合デ茶席モ開放スベシ

    オスワード・エス・マーチン
 一、マーチン商会無限責任社員
 一、印度鉄鋼会社専務取締役
マーチン商会は印度最大の企業家にして、其傍系会社の主なるものは左の如し
 イースト・インデア鉄道株式会社
 ベンゴール煉瓦株式会社
 - 第39巻 p.525 -ページ画像 
 印度満俺株式会社
 聯合州電気株式会社
 ナシヨナル・インデア生命保険株式会社
 イースターン・ライト鋳鉄株式会社
 ソーン・ヴレー・セメント株式会社
 ナシヨナル製革株式会社
印度鉄鋼株式会社は一九一八年の創立にかゝり、其資本金及出銑能力等は左の如し
 資本金 一九一八年 一千五百万留比にて創立
     一九一九年 三千万留比に増資
     一九二五年 一千五百万留比に減資
 出銑量 一九二三年 一〇八、八八六噸
     一九二四年 一七九、九九〇噸
     一九二五年 二六五、〇〇〇噸
而して印度鉄鋼株式会社の製品は、バーン銑鉄の名にて日本に輸入され、其量は左の如し
     一九二三年 三五、六九〇噸
     一九二四年 五六、五八二噸
     一九二五年 七一、一六五噸
     (一九二六年前半期は五〇、三二〇噸)


日印協会会報 第四三号・第一四〇頁昭和三年五月 会務記事 マーテン氏招待(DK390255k-0004)
第39巻 p.525 ページ画像

日印協会会報  第四三号・第一四〇頁昭和三年五月
○会務記事
    マーテン氏招待
 印度マーテン商会代表社員オスワルド・マーテン氏が、昨年十一月渡欧の途次、本邦製鉄業視察のため来朝せるを機とし渋沢子爵、白仁武・児玉謙次両氏等の発起にて同月九日マーテン氏を飛鳥山の渋沢子爵邸に招待して茶話会を開き懇談を尽した。当日の出席者左の如し。
    オズワルド・マーテン
  子爵 渋沢栄一
    浅野良三○外二十三名氏名略ス


時事新報 第一五九四〇号昭和二年一一月九日 来朝した印度鉄王歓迎 渋沢子が主催(DK390255k-0005)
第39巻 p.525 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。