デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.121-125(DK400018k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

2. ディー・ビー・シュネーダー


■資料

(ディー・ビー・シュネーダー)書翰 渋沢栄一宛一九二三年九月三日(DK400018k-0001)
第40巻 p.121-122 ページ画像

(ディー・ビー・シュネーダー)書翰  渋沢栄一宛一九二三年九月三日
                  (渋沢子爵家所蔵)
            603 West Orange St.,
              Lancaster, Pa., Sept 3, '23
To His Excellency
Viscount E. Shubusawa,
  Takinokawa, Tokyo-fu.
Dear Viscount Shibusawa,
  It is with extreme horror and pain that we have heard of the calamity that has befallen Tokyo and vicinity. The situation must be indescribably awful. Amid it all I and Mrs.Schneder are hoping and praying that Your Excellency is safe and well. Many must have perished; may more must be suffering beyond expression. The economic loss, not only to the cities concerned, but to the whole nation, must be incalculable.
It grieves me unspeakably. I pray that in some unknown way good may eventually come out of this great visitation.
  The feeling of sympathy on the part of the American people is very widespread. I am doing what I can to encourage relief work.
  We shall be anxious until we hear that Your Excellency and Your Excellency's family are safe.
  Mrs. Schneder joins me in assurance of deepest sympathy.
 - 第40巻 p.122 -ページ画像 
            Very respectfully yours,
              (Signed) D. B. Schneder
                     (別筆)10/13/'23
(右訳文)
          (栄一墨書)
          十月二十二日一覧、回答案取調可申事
 東京市                 (十月十参日入手)
  子爵渋沢栄一閣下
  ペンシルヴェニア州ランカスター、一九二三年九月三日
                 ディ・ビー・シュネーダー
拝啓
東京及其附近には大震災起り、惨害名状すべからざるもの有之旨承知致し、驚愕措く能はず候、私共夫妻は閣下の御安泰を祈つて止まざるものに候、死傷者も多数に上り、惨状筆舌に尽し難き事と存候、罹災都市のみならず、日本全国に亘りて経済上の損失も真に大なるもの有之べくと存じ、憂慮に不堪候、只此惨害を転じて幸福と為すべき何等かの方法の見出されん事を切に祈り居る次第に御座候
米国民は今回の災害に対しては深く同情の意を表し居り、小生は救護事業の為に全力を尽居候
私共は閣下及御家族様の御無事の報知に接する迄は安心致兼ね候
私は荊妻と共に謹んで御同情の意を表し奉り候 敬具


(ディー・ビー・シュネーダー)書翰 渋沢栄一宛一九二三年九月二七日(DK400018k-0002)
第40巻 p.122-123 ページ画像

(ディー・ビー・シュネーダー)書翰  渋沢栄一宛一九二三年九月二七日
                  (渋沢子爵家所蔵)
            603 West Orange St.,
              Lancaster, Pa., Sept. 27, '23
To His Excellency
Viscount E. Shibusawa,
 Takinokawa, Tokyo-shigai.
Dear Viscount Shibusawa,
  I have visited the Imperial Japanese Embassy in Washington, and have learned that although Your Excellency had a very narrow escape from death, yet Your Excellency is safe. I and my wife are greatly relieved by the news of Your Excellency's safety, and we beg to offer our heartiest congratulations. Heaven still has a work for Your Excellency upon earth. No doubt Your Excellency's dauntless spirit, and generous helpfulness is of the greatest value at this time in Tokyo.
  I am very glad that America is showing such a sympathetic spirit at this time. I and my wife are doing all we can to encourage the people here to do all they can, assuring them that their benevolence will be well administered and that their good will will never be forgotten.
  Mrs. Schneder and I would be remembered to Viscountess
 - 第40巻 p.123 -ページ画像 
 Shibusawa, who even if she is safe, must have suffered severely from the shock of the awful calamity.
  With assurances of highest esteem,
             Yours very respectfully,
              (Signed) D. B. Schneder
P.S. We sincerely hope that Mr. Obata is safe.
                       S.
(右訳文)
             (栄一墨書)
             十一月二日一覧、要回答案取調
 東京市                 (十月廿三日入手)
  子爵渋沢栄一殿
           ペンシルウエニア州ランカスター
           一九二三年九月廿七日
                デイー・ビー・シユネーダー
拝啓
小生は華府の日本大使館を訪問致し、閣下には大震災に際し僅に身を以て免れられ候も幸にして微傷だも負はせられざり由を承知し、大いに安堵仕候、私は荊妻と共に謹んで祝意を表し俟、此によりてみるに天は閣下に命を仮し、尚ほ多くのことを為さしむる意あるものと存候時局に際し必すや閣下の豪毅なる精神と仁慈の徳とは、東京市にとつて極めて重要のものたるべしと存候、今日米国が日本に対し深甚の同情を表せるを見て、私共は欣喜に不堪候、私は荊妻と共に人々を激励し、彼等が出来る限り日本救済の為めに尽力せん事を勧説し、尚彼等の為せる救済事業は必ず施設宜ろしきを得、其好意は日本国民の永久に忘れざる処なるべしと説候
令夫人に対し私共夫妻は謹んで御見舞申上候、令夫人には御怪我はなかりしも定めし大災害の為に御驚被遊候事と拝察仕候、終に臨み閣下並に令夫人に深厚の敬意を表し候 敬具
二伸 小畑氏も無事なりし事と存候


渋沢栄一書翰 控 ディー・ビー・シユネーダー宛大正一二年一一月二八日(DK400018k-0003)
第40巻 p.123-124 ページ画像

渋沢栄一書翰 控  ディー・ビー・シユネーダー宛大正一二年一一月二八日
                     (渋沢子爵家所蔵)
                  (栄一鉛筆)
                  十一月十七日一覧
    案
 ペンシルウエニヤ洲、ランカスター市
 オレンジ街六〇三
  デイー・ビー・シユネーダー博士殿
  同 令夫人
                     東京
                      渋沢栄一
拝復、両度の御懇書何れも落手難有拝見仕候、然は過般之大震災直後九月三日付之尊翰にては
 「東京及附近には大震災起り惨害名状すべからざるもの有之旨承知致し驚愕措く能はず候、私共夫妻は閣下の御安泰を祈つて止まざる
 - 第40巻 p.124 -ページ画像 
者に候……」
と御記述有之、如何に御憂慮被下候かと想像するに余りあり候、御芳情真に感謝に不堪候、又二十七日の尊書中には
 「小生は華府の日本大使館を訪問致し、閣下には大震災に際し僅に身を以て免れられ候も、幸にして微傷だも負はせられざりし由を承知し、大いに安堵仕候、私は荊妻と共に謹んで祝意を表し候、此れに因りて見るに、天は閣下に命を仮し尚ほ多くの事を為さしむる意あるものと存候、時局に際し必ずや閣下の剛毅なる精神と仁慈の徳とは、東京市に取つて極めて重要のものなるべしと存候……」
と有之、老生の安全を御悦被下候段、恐縮至極に御座候、殊に後段の過褒は却て赧然たる次第に御座候
今春御帰国に際し御来訪被下候飛鳥山拙宅は、倒潰は免れ候も相当損害を受け、又兜町事務所は激震と共に崩壊し、夜に入つて大火災に類焼し、所蔵書類と共に烏有に帰し候、当日老生は事務所に於て執務中激震に遇ひしが、幸に微傷をも負はず脱出することを得、翌二日以来震災善後の為め微力を致し、同月九日徳川公爵其他民間の有力者と共に大震災善後会を組織して、罹災者救恤並に東京の経済復興等に付尽力致居候間、御省念被下度候
貴国官民の深厚なる国民的友情と敏活なる実際的救助とは、吾が国民が共に深く感銘し、衷心より感謝罷在候次第に有之、此情態を見ては年来日米親善の為め微力相添候老生としては、一切の苦痛を忘れて天の配剤の微妙なるを畏敬し居る次第に御座候
右御礼まで申上度如此御座候 敬具
  ○右英文書翰ハ十一月二十八日付ニテ発送セラレタリ。


(ディー・ビー・シュネーダー)書翰 渋沢栄一宛(一九二三年一二月)(DK400018k-0004)
第40巻 p.124-125 ページ画像

(ディー・ビー・シュネーダー)書翰  渋沢栄一宛(一九二三年一二月)
                     (渋沢子爵家所蔵)
To His Excellency,
Viscount Shibusawa
  Tokyo, Japan.
Dear Viscount Shibusawa,
  Though filled with sadness on account of the great calamity that has befallen beloved Japan, I and Mrs. Schneder can not forget Your Excellency's kindness during the past year, and we write in wishing to both Your Excellency and Viscountess Shibusawa good health during the new year. There is much in the world that is not as it ought to be, but may we continue to have the hope and patience to work for a better day.
  With highest esteem, I beg to remain
            Yours very respectuflly,
              D. B. Schneder
(右訳文)
                  (栄一墨書)
                  二月二日一覧
 東京市               (一月七日入手)
 - 第40巻 p.125 -ページ画像 
  子爵 渋沢栄一閣下    一九二三年
                デイー・ビー・シユネーダー
拝啓、懐しき日本を襲いし大震災の結果悲の情は未だ去らず候へ共、過ぎし日閣下より忝ふせる御厚情を想ひ、年新たなると共に私共夫妻は、閣下及令夫人の益御健康ならん事を衷心より祈願仕候、此世には斯くあるべき筈のものも、現に斯くあらざる多くの事柄を見候へども私共は理想の日を実現せしむる為に、希望と忍耐とを以て勇往邁進致度と存候
右御挨拶まで如此御座候 敬具