デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.175-177(DK400037k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

21. トマス・ダブリュー・ラモント


■資料

(トマス・ダブリュー・ラモント)電報控 渋沢栄一宛(大正一二年九月)(DK400037k-0001)
第40巻 p.175 ページ画像

(トマス・ダブリュー・ラモント)電報控  渋沢栄一宛(大正一二年九月)
            (トマス・ダブリュー・ラモント氏所蔵)
           (COPY OF CABLE)
Viscount Shibusawa
  Tokyo
  Deeply interested in and touched by your message. We have watched sympathetically courageous and heroic efforts of your people. My partner, Morrow, was Chairman of Red Cross Japanese Fund which has been great success. You know that we will always do everything possible to cooperate with you. Accept my warmest regards.
            (Signed) Thomas W. Lamont
  ○右電報ハ渋沢子爵家所蔵綴込中ニ見当ラズ。本資料編纂ニ当リ収集シタルラモント氏所蔵文書控中ノ写ナリ。後掲大正十三年二月二日付栄一書翰中ニ右電報ニ言及スル所ナキヲ見レバ右電報ハ或ハ不着ナリシカ。右電報控中ニイフ"Your message"トハ、大正十二年九月十三日外務省経由ニテ発送セシ電報(本款大正十二年九月十一日ノ条ニ収ム)ヲ指シ、同電報ハラモントノ別葉ノ写ニヨレバ九月十八日ニ着信シ居ル故、此ノラモント電報ノ発信日ハ十八日以後間モナキ日ナラン。


(トマス・ダブリュー・ラモント)書翰 渋沢栄一宛一九二三年一一月一日(DK400037k-0002)
第40巻 p.175-177 ページ画像

(トマス・ダブリュー・ラモント)書翰  渋沢栄一宛一九二三年一一月一日
                    (渋沢子爵家所蔵)
 - 第40巻 p.176 -ページ画像 
J.P. MORGAN & CO.
Wall St. corner Broad.
  New York.
  ――――
DREXEL & CO.
  Philadelphia.
  ――――
MORGAN, GRENFELL & CO.
    London.
  ――――
MORGAN, HARJES & CO.
    Paris.
  ――――
             New York, November 1, 1923
Dear Viscount Shibusawa :
  Please accept my heartfelt congratulations on the providential escape of your family and yourself in the disaster that fell upon Tokyo. Early inquiry through official channels brought me assurance that you were safe but I deeply appreciate your thoughtfulness in writing me of your adventure and escape. It must have been a terrible experience and I am sure that only those who suffered it may realize it in full measure.
  As you may know, all Americans were deeply affected by the disaster and promptly showed their sympathy by contributing to the Red Cross relief fund. It was particularly gratifying to me that one of my partners, Mr. Dwight W. Morrow, was invited to take the chairmanship of the New York Relief Committee and that our office was headquarters for the organization created to raise relief funds. The response, so prompt and so widespread, was to me convincing demonstration of the real attitude of my countrymen to yours. It showed friendship that nothing can break.
  I am impressed by the promptness, courage and breadth with which your government and your people have attacked the task of reconstruction and I am confident that restoration will speedily be accomplished.
  With sympathetic messages and renewed congratulation that you were spared further to serve your people, I am,
            Sincerely yours,
             (Signed) T. W. Lamont
Viscount E. Shibusawa
  Asukayama
  Tokyo, Japan
(右訳文)
          (栄一墨書)
          十二月廿五日一覧、謝意を述る之趣意にて回答案作成可致事
 東京市                  十一月廿九日入手
  子爵渋沢栄一殿
              紐育、一九二三年十一月一日
               テイー・ダブルュー・ラモント
 - 第40巻 p.177 -ページ画像 
拝啓
過般東京市に勃発せる大震災に際し、閣下を始め御家族様方には不思議に難を免れさせられ候由にて、慶賀此事に奉存候、当時早速政府の機関を通じて御安否を確め候ひしも、此度直接に御無事との御通知に接し安堵仕候、今次の災害に就ては悲惨なる経験を嘗めし人々幾百万に昇りしことと存候へ共、現場に在りしものの外其実感を味ふこと不可能と存候
御承知の通り米国人は何れも惨害に愕き、赤十字社の募集せる義捐金に応募し深厚なる同情の意を表し候、弊社のドワイト・ダブルユー・モロー氏は紐育救護委員長に任命せられ、弊社の事務所を其本部に充て救済資金の募集に尽力するを得たるは我々の満足する処に御座候
然る処、応募者は遠近を問はず速に来つて我主意に賛同し、貴国民に対する我国民の真情を吐露することを得たるは、欣喜に堪えざる処に御座候
此くて示されたる友情は何物を以てするも打破する能はざるもの有之候、小生は日本の官民が敏捷に勇気と大量とを以て復興の事業に著手せられたれば、本事業の完成も速かなるべしと確信罷在候
閣下が御無事にて日本国民の為に御尽力被遊候を重ねて玆に慶賀し、猶ほ御同情の意を奉表候 敬具


渋沢栄一書翰 控 トマス・ダブリュー・ラモント宛大正一三年二月二日(DK400037k-0003)
第40巻 p.177 ページ画像

渋沢栄一書翰 控  トマス・ダブリュー・ラモント宛大正一三年二月二日
                    (渋沢子爵家所蔵)
    案
                  (栄一墨書)
                  十三年一月九日一覧
  テイー・ダブルユー・ラモント殿
                      渋沢栄一
拝復、十一月一日附の御芳書正に落手難有拝見仕候
然は今回の大震災に関し御懇篤に御慰問被下、御好意難有奉深謝候、惨害は真に未曾有のもの有之候へども、幸にして老生、家族、親戚一同無事なるを得たるは天佑と存候、何卒御省念可被下候、老生は大震災勃発後間もなく民間諸有志と協力して大震災善後会を組織し、罹災者の救恤及帝都の経済的復興等に関し日夜奔走致居候、今次の災厄に際し貴国官民の深厚なる御同情と莫大なる金品の御寄送とによりて表明せられたる国民的友情を、吾等日本国民は深く肝銘し、之れに対する感謝の辞を述ぶると共に、多年日米親善の為に微力を尽せる老生は一切の苦痛を忘れて歓喜致候次第に御座候
特に貴社のモロー氏は紐育救護委員長として、御一同と共に義捐金の募集に多大の御尽力之趣にて、吾等一同感謝罷在候、右御礼旁々得貴意度如此御座候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十三年二月二日付ニテ発送セラレタリ。