デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.220-221(DK400054k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

38. ウィリアム・イー・グリフィス


■資料

(ウィリアム・イー・グリフィス)書翰 渋沢栄一宛一九二三年九月三〇日(DK400054k-0001)
第40巻 p.220-221 ページ画像

(ウィリアム・イー・グリフィス)書翰 渋沢栄一宛一九二三年九月三〇日
                    (渋沢子爵家所蔵)
              Pulaski, N. Y. Sept. 30, 1923
Viscount Eiichi Shibusawa,
  My honored friend of fifty years.
Dear Sir,
  My heart's sympathy goes out to you, and to all the people of Japan, and to the Imperial family, in this calamity; and, since I heard the news of September 1st, I have been busy with
 - 第40巻 p.221 -ページ画像 
 voice and pen in stirring up interest and securing contributions for the relief of my Japanese friends ― my second countrymen. Take courage, my dear Sir, sad as is the event to individuals, Japan's sufferings are not in vain! As of old, she has won the heart of the world, and drawn out its sympathy, as no other nation ever did. God will use Japan as a blessing to all the nations.May Heaven lengthen your life!
                   Heartily,
              (signed) Wm. Elliot Griffis.
                   In Japan, 1870-'74.
(右訳文)
               (栄一墨書)
               適当之回答案取調加申事
                  十月二十七日一覧
 東京市                 十月廿二日入手
  渋沢子爵閣下
               一九二三年九月卅日
             ニユーヨーク州プラスカイ市
                ウイリアム・イー・グリフイス
              (明治三年ヨリ同七年迄日本ニ滞在)
拝啓
五十年の親交ある子爵閣下、私は日本の皇室を始め閣下及日本国民に対して、今回の災害に関し深厚の同情を表し候、小生は九月一日の大震災の報を手にしたる時以来、口に筆に我第二の故郷たる日本の友人救済の寄附金募集の為に尽力罷在候、閣下に於かせられては何卒勇気を振起されん事を祈り候、災害は個々の罹災者に取り悲しむべきものなりと雖も、日本国は無意義に此禍に遭遇したるものには可無之と信じ候、日本は旧時に於けると同じく、今日も尚、他の国々に優りて世界の信用と同情とを受け居候、神は日本を通じて、全世界に対する祝福を与へらるゝものと存候、閣下の御生涯が益光輝を放たれん事を切に祈り候 敬具
  ○右書翰ニ対スル返翰ニツイテハ、ジャッジ・イー・エッチ・ゲーリー宛大正十二年十二月三十日付栄一書翰参照。同文ナリ。