デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.263-265(DK400081k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

65. ウィリアム・ジー・オーウェン


■資料

(ウィリアム・ジー・オーウェン)書翰 渋沢栄一宛一九二四年一月一九日(DK400081k-0001)
第40巻 p.263-264 ページ画像

(ウィリアム・ジー・オーウェン)書翰 渋沢栄一宛一九二四年一月一九日
                  (渋沢子爵家所蔵)
WM. G. OWENS.
  Professor
         CHEMICAL DEPARTMENT
         BUCKNELL UNIVERSITY
          LEWISEURG. PA. U.S.A.
                 January 19th 1924
Viscount E. Shibusawa,
  Tokyo, Japan.
Dear Viscount:
  As soon as I read about the Tokyo earthquake I wrote to your grandson Nobuo Shibusawa asking about you and your
 - 第40巻 p.264 -ページ画像 
family. I have not heard from him and as I saw in a Philadelphia paper this single sentence "Viscount Shibusawa has not been heard from since the earthquake" I feared that something had happened to you. Therefore I was delighted to see reported by wireless that you had spoken at the reception given to Mrs. Roosevelt, assuring us that you had not perished in the disaster. I believe you have been spared to carry on the good work that you have been doing for your country and the cause of God.
  Was the villa in which we spent such happy hours during the Sunday School Convention in 1920 destroyed in the earthquake?
  Did your grandsons whom we met escape? Is the younger one coming to America to study as he expected to do when we were in Tokyo?
  Mrs. Owens joins me in kindest regards.
  Wishing you many years of usefulness, I am
            Yours very truly,
            (Signed) Wm. G. Owens
(右訳文)
          (栄一墨書)
          三月四日一覧、来意ニ応し適当之回答
          案取調可申事
 東京市          (二月十六日入手)[img 図]明六 [img 図]白石
  子爵渋沢栄一閣下
   ペンシルヴエニア州ルイスバーグ、一九二四年一月十九日
                ウヰリアム・ジー・オーエン
拝啓
東京大震災の報を手にするや小生は御令孫渋沢信雄様に出状致し、閣下を始め御家族様の御安否を御見舞申上候得共御返事に不接候、然る処費府の新聞紙に「震災後渋沢子爵の消息不明」との記事有之、小生は益々不安を感じ候、其後に至り閣下がルーズヴエルト未亡人歓迎の席上に於て演説せられたる由を無線電信にて承知し、閣下の御無事なる事を欣喜仕候、天は閣下に長寿を与へ善事と正義との為に尽力せしむるものと存候
一九二〇年日曜学校大会の際、小生の滞在せる三田の貴邸は地震に無事に候しや
私共の面会したる御令孫には御無事に候哉、私共の東京滞在当時米国に留学せんとの志を抱かれたる御令孫も御無事に候哉御伺申上候
私共夫妻は謹んで敬意を表し益々御健康の程を奉祈候 敬具


渋沢栄一書翰控 ウィリアム・ジー・オーウェン宛 大正一三年五月一六日(DK400081k-0002)
第40巻 p.264-265 ページ画像

渋沢栄一書翰控  ウィリアム・ジー・オーウェン宛大正一三年五月一六日
                     (渋沢子爵家所蔵)
    案
 ペンシルヴエニア州ルヰスバーグ
 - 第40巻 p.265 -ページ画像 
  ウヰリアム・ジー・オーエン殿
              東京、大正十三年四月十六日
                      渋沢栄一
拝啓、然は過般の大震災に際しては老生の安否に関し種々御憂慮被下候由の処、偶々ルーズヴエルト氏未亡人の歓迎会にて小生が演説せる旨の新聞紙記事によりて、小生の無事を御承知相成御喜被下候趣、御厚志奉深謝候、震災による打撃は真に甚しきもの有之候しも、幸に飛鳥山並に三田の拙宅共に倒壊を免れ、家族一同無事に有之候間御安意可被下候
当時貴国官民の寄せられたる深厚なる国民的同情は、吾国民の深く感銘し、衷心より感謝罷在候、年来日米親善の為に微力を相添え来り候小生としては、実に歓喜に不堪処に御座候
乍末筆令夫人にもよろしく御伝声被下度願上候、右御返事旁御礼迄如此御座候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十三年五月十六日付ニテ発送セラレタリ。