デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
7節 其他ノ資料
1款 日米交換教授
■綱文

第40巻 p.333-334(DK400099k) ページ画像

大正2年12月10日(1913年)

是日、ニュー・ヨーク日本協会協賛会ハ、日米交換教授トシテ近クアメリカ合衆国ニ渡航スル、東北農科大学長佐藤昌介ノタメ、帝国ホテルニ於テ送別午餐会ヲ催ス。栄一出席シ主催者ヲ代表シテ挨拶ヲ述ブ。


■資料

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正二年(DK400099k-0001)
第40巻 p.333 ページ画像

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記  大正二年
                     (阪谷子爵家所蔵)
○十二月十日、ホテルニテ佐藤昌介(交換教授)、並綱島・大久保三氏渡米ニ付送別会、紐育日本協会協賛会ノ主催ナリ、渋沢男・米大使牧野外相・奥田文相等出席


東京日日新聞 第一三三一三号 大正二年一二月七日 ○佐藤昌介氏送別会(DK400099k-0002)
第40巻 p.333 ページ画像

東京日日新聞  第一三三一三号 大正二年一二月七日
○佐藤昌介氏送別会 第二回交換教授として渡米する東北農科大学長農学博士佐藤昌介氏のため、渋沢男を会頭とするニユーヨーク・ジヤパン・ソサイテー日本協会主催の下に、十日午後零時半帝国ホテルに於て盛大なる送別会を開く由


東京日日新聞 第一三三一八号 大正二年一二月一二日 ○佐藤博士送別会(DK400099k-0003)
第40巻 p.333 ページ画像

東京日日新聞  第一三三一八号 大正二年一二月一二日
○佐藤博士送別会 紐育日本協会協賛会にては、日米交換教授として今回同国に出発すべき佐藤昌介博士送別のため、十日帝国ホテルにて午餐会を催せり


竜門雑誌 第三〇八号・第八五頁 大正三年一月 ○佐藤博士送別午餐会(DK400099k-0004)
第40巻 p.333-334 ページ画像

竜門雑誌  第三〇八号・第八五頁 大正三年一月
○佐藤博士送別午餐会 青淵先生の会長たる紐育日本協会協賛会にては、今回出発すべき日本交換教授佐藤昌介博士送別の為め、昨年十二月十日帝国ホテルに於て午餐会を催し席上主人側を代表して青淵先生の挨拶あり、来賓側にありて米国大使・奥田文相の演説ありたる後、佐藤博士謝辞を述べたり、其出席氏名左の如し
 来賓 米国大使・牧野外相・奥田文相・山川大学総長・末松謙澄子・加藤正義氏・大橋新太郎氏・高田博士・岩原謙三氏・団琢磨氏・井
 - 第40巻 p.334 -ページ画像 
上博士(哲二郎)・成瀬仁蔵・アーネル書記官・松井次官・マコレー氏・桜井博士(錠二)・宮岡恒次郎氏・志立鉄次郎氏・服部金太郎氏・森村開作氏・菊池大麓男・綱島佳吉氏・服部博士(宇之吉)・アーノルド書記官・坂井秘書官・阪谷市長・神田乃武男・樺山愛輔氏・志村源太郎氏・鎌田栄吉氏・松方巌氏・浜尾新男・大久保真次郎氏・中島博士(力造)
 主人側 青淵先生・豊川良平氏・近藤男・飯田義一氏・早川千吉郎氏・頭本元貞氏・中野武営氏・福井菊三郎氏・大倉喜八郎氏・小野英二郎氏・水町袈裟六氏・井上準之助氏・池田謙三氏・ハリス氏


(阪谷芳郎) 大日本平和協会日記 大正二年(DK400099k-0005)
第40巻 p.334 ページ画像

(阪谷芳郎)  大日本平和協会日記 大正二年
                     (阪谷子爵家所蔵)
○十二月十四日○上略
 佐藤昌介氏出発シテ米国ニ赴ク
  ○中略。
○四月○大正三年一日○中略
 井口誠(三月十一日付)来状、佐藤昌介氏クラーク大学ニテ講演状況


日米外交史 川島伊佐美著 第三五八―三五九頁 昭和七年二月刊(DK400099k-0006)
第40巻 p.334 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕集会日時通知表 大正六年(DK400099k-0007)
第40巻 p.334 ページ画像

集会日時通知表  大正六年        (渋沢子爵家所蔵)
一月甘九日 月 午前十時 頭本氏佐藤博士同伴来約(兜町)
  ○中略。
二月十六日 金 午後一時 佐藤昌介氏来約(兜町)