デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

4章 道徳・宗教
4節 キリスト教団体
4款 東京基督教青年会館復興建築資金募集後援会
■綱文

第42巻 p.281-283(DK420069k) ページ画像

昭和4年4月5日(1929年)

是日当会、アメリカ合衆国基督教青年会理事長ジョン・アール・モットヲ迎ヘ、関係役員立会ノモト、東京基督教青年会館ノ定礎式ヲ挙行ス。同夜、栄一等、華族会館ニ於テ、モット歓迎晩餐会ヲ催ス。


■資料

(阪谷芳郎) 日米関係委員会日記 昭和四年(DK420069k-0001)
第42巻 p.281 ページ画像

(阪谷芳郎) 日米関係委員会日記 昭和四年
                     (阪谷子爵家所蔵)
  四、四、五 錦町基督教青年会館定礎式 モツト博士、余共々祝辞ヲ述ヘ式ヲ行フ 午后五時


東京基督教青年会復興建築資金募集後援会書類(DK420069k-0002)
第42巻 p.281-282 ページ画像

東京基督教青年会復興建築資金募集後援会書類   (渋沢子爵家所蔵)
拝啓 陳者今回ジヨン・アール・モツト博士歓迎晩餐会発起人の儀早速御承諾を賜り、厚く御礼申上候 就ては直ちに発起人会開催、種々御協議可致筈の処、御多忙の折柄殊に時日も無之候に付、左の通り決定仕候間、何卒御承認賜り度、此段取急ぎ要用迄如此御座候 敬具
 尚別に御気附きの点も有之候はゞ、御注意被下度願上候
  一、時日 四月五日(金)午後七時
  一、場所 華族会館
  一、会費 金七円
  一、挨拶 阪谷男爵
  一、今日迄の発起人承諾者氏名(順序不同)
     関谷貞三郎氏   大橋新太郎氏  山本忠興氏
     男爵近藤滋弥氏  添田寿一氏   井上雅二氏
     新渡戸稲造氏   志立鉄次郎氏  長岡隆一郎氏
     高田耕安氏    内田嘉吉氏   平塚広義氏
     小崎弘道氏    原錦吾氏    福井菊三郎氏
     越英之介氏    白仁武氏    伊東米治郎氏
     塩原又策氏    浅野良三氏   根津嘉一郎氏
     井深梶之助氏   岸清一氏    望月軍四郎氏
     小林正直氏    倉知誠夫氏   松井米太郎氏
     大谷嘉兵衛氏   西野恵之助氏  鈴木島吉氏
     一宮鈴太郎氏   清水釘吉氏
  昭和四年三月廿三日
                 男爵 阪谷芳郎
 - 第42巻 p.282 -ページ画像 
                 公爵 徳川家達
                 伯爵 後藤新平
                 子爵 渋沢栄一


東京基督教青年会書類(DK420069k-0003)
第42巻 p.282-283 ページ画像

東京基督教青年会書類          (渋沢子爵家所蔵)
拝啓 今回モツト博士来朝在京中は、多大の御高配と御援助を賜り、種々の便宜を与へられ候段、洵に難有厚く御礼申上候
同博士は、明治二十九年十一月学生青年会幹事として来朝以来、今回は第七回目に有之、常に変らざる日本人の友情に感激せられ、小生等を通じて皆様に感謝の意を表する様申伝へられ候、尚博士は十日退京鎌倉・京都・奈良・熊本・京城・奉天・大連を経て北京に向ひ、更に五月下旬日本を経て帰米の途に就かるゝことゝ相成り居候
同氏滞京中の行動一斑を左に申上候
    天皇陛下拝謁被仰付
八日午後一時半、ネビル代理大使同伴、天皇陛下拝謁仰せつけられ、世界に於ける青年運動の現況等種々御下問に奉答し、有難き御□《(脱)》を拝せり
    秩父宮殿下御召
五日午後六時、御多忙に渉せらるゝ秩父宮及妃殿下には、モツト博士及夫人・令嬢、斎藤惣一・井深梶之助博士を御茶の会に召出され、親しく世界の動き、青年運動に関し御下問あらせられ、博士はこれに対し、多年六十一ケ国巡遊の経験を通じて、奉答する所ありたり。
    歓迎会
五日夜華族会館の歓迎会は、朝野の名氏百二十余名にて、非常の盛会に有之候
福井菊三郎夫人は、モツト夫人及令嬢のため同邸に茶話会開催、御婦人方二百余名を招待せられ候
    青年会定礎式
五日午後五時、目下四階迄鉄骨を組立てたる会館は、モツト博士来朝を機として、後援会々長阪谷男爵・森村男爵・関屋宮内次官、其他関係者一同立会の上定礎式挙行、街路に沿ふ礎石の一つに、青年会の歴史、寄附者芳名、当日の日刊新聞、通貨等を納め申候
    協議会
 四月一日より四日まで     御殿場に於て
 四月九日、十日        鎌倉 〃
 四月十一日、十二日、十三日  奈良 〃
   御殿場に於ては主として青年指導の問題に関し、鎌倉・奈良に於ては我国の精神生活、思想問題について
    講演会
日本青年館・華族会館、大阪・京都・福岡に於て
  昭和四年四月十七日
                 東京基督教青年会
                  理事長 長尾半平
 - 第42巻 p.283 -ページ画像 
                  総主事 斎藤惣一
    子爵 渋沢栄一殿