デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

4章 道徳・宗教
5節 修養団体
4款 財団法人修養団
■綱文

第43巻 p.461-463(DK430081k) ページ画像

大正元年9月22日(1912年)

是日、渋沢事務所ニ於テ、当団機関誌「向上」ノ改良ヲ図ルタメ、当団賛助員協議会開カル。栄一出席シテ改良ノ趣意ヲ述ブ。


■資料

竜門雑誌 第二九三号・第七〇頁大正元年一〇月 ○修養団協議会(DK430081k-0001)
第43巻 p.461 ページ画像

竜門雑誌 第二九三号・第七〇頁大正元年一〇月
○修養団協議会 修養団にては機関雑誌「向上」の改良を図る為め、同顧問青淵先生の賛助を得て、九月廿二日午後二時兜町事務所に賛助員諸氏の参集を乞ひて協議会を開きたり、来会者は大橋新太郎・山本留次・神保周蔵・清水釘吉・清水一雄・原林之助・柿沼谷蔵・服部金太郎・大倉喜八郎・諸井恒平・森山章之丞・西沢善七諸氏にて、青淵先生並に主幹蓮沼門三氏より雑誌改良の趣意を縷述し、之を話題として協議する所あり、右終りて別室にて茶菓饗応ありて散会したり


向上 第五巻第一〇号・第六八頁大正元年一〇月 △渋沢事務所の相談会(DK430081k-0002)
第43巻 p.461-462 ページ画像

向上 第五巻第一〇号・第六八頁大正元年一〇月
    △渋沢事務所の相談会
九月二十二日午后二時より京橋区兜町渋沢事務所に於て、渋沢男爵の名により、本団事業拡張に付賛助員の集合相談会を開催せられたり、
 - 第43巻 p.462 -ページ画像 
阪谷市長・大倉喜八郎氏・大橋新太郎氏・新渡戸稲造氏・清水一雄氏・手島精一氏、外当代要路の先輩十名御会合種々御討議被下、一同紀念撮影して後晩餐の饗を受け六時散会せり
                  (詳細は別項記載の如し)


向上 第五巻第一〇号・第五九―六一頁大正元年一〇月 雑誌大改良相談会報告 柿庵(DK430081k-0003)
第43巻 p.462-463 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。