デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
2節 女子教育
1款 日本女子大学校
■綱文

第44巻 p.686-688(DK440190k) ページ画像

昭和2年11月30日(1927年)

当校学生光藤礼子、アメリカ合衆国ミシガン大学ニ入学ヲ志望セルヲ以テ、是日栄一推薦状ヲ発ス。


■資料

渋沢栄一書翰 ダブリュー・カール・ルーファス宛昭和二年一一月三〇日(DK440190k-0001)
第44巻 p.686-687 ページ画像

渋沢栄一書翰 ダブリュー・カール・ルーファス宛昭和二年一一月三〇日
                    (渋沢子爵家所蔵)
         (栄一鉛筆)
         十一月二十八日一覧、本推薦状付与致候て差支無之候事
                                明六
   推薦状
                日本女子大学校英文科第四年生
                      光藤礼子
                   一九〇六年九月十七日生
拝啓、益御清適奉賀候、然ば玆に御推薦致候光藤礼子嬢は日本女子大学校英文科第四年生にて、明年三月卒業の予定に候処、卒業後は、貴大学に入学して、貴大学東洋女子バーボア奨学資金の給与に依り、米英両国文学を専攻致度由にて、老生に推薦方を願出候に付き、校長麻生氏及担当教授に就き成績を調査致候処、学業は優秀、人物は温良、健康は強壮にて、御校に御推薦致候価値ある将来有望の学生と認め候間、何卒同人の希望御許容被成下度願上候、尚従来御校と何等の関係も無き老生が、本推薦状を認むるに至りしは、老生は日本女子教育奨励の目的より同大学校の創立に尽力し、引続き評議員並財務委員として関与致居る次第に出てたるものに候 敬具
                      渋沢栄一
 ミシガン州アン・アーボア市
 ミシガン大学バーボア奨学資金委員
  幹事ダブルユー・カール・ルフス教授殿
 - 第44巻 p.687 -ページ画像 
  昭和二年十一月三十日

(ダブリュー・カール・ルーファス)書翰 渋沢栄一宛 一九二八年二月一六日(DK440190k-0002)
第44巻 p.687-688 ページ画像

(ダブリュー・カール・ルーファス) 書翰 渋沢栄一宛一九二八年二月一六日
                   (渋沢子爵家所蔵)
         UNIVERSITY OF MICHIGAN
            Ann Arbor
        Committee in Charge of the
         Barbour Scholarships
         for Oriental Women
                 February 16, 1928
Viscount Shibusawa,
  Tokyo, Japan.
Honorable Sir:
  A letter from Miss Edith Helmer, Chairman of the Committee on Foreign Study for Japanese Women, states that you recently made inquiry regarding the Barbour Scholarships for Oriental Women.
  I take great pleasure in inclosing a copy of the Barbour Scholarship bulletin and wish to assure you that the Committee in Charge of the Barbour Scholarships would be greatly pleased to receive an application endorsed by you or by other prominent men in Japan. Last year when I was in Tokyo I was greatly interested in learning that a few young women are now enrolled in the Imperial University. President Kozai gave me reason to hope that his institution may have a candidate to recommend within a short time. We are anxious to secure applications from young women of Japan and other Oriental countries who are truly representative of their race in manners, customs, traditions, religion and other racial characteristics.
  In order to expedite matters, please communicate directly with me if you have a candidate to recommend for the next academic year beginning in September 1928. We would also appreciate any suggestions that you may be willing to offer regarding the improvement of our method of securing applications for Barbour Scholarships from the young women of Japan.
              Very sincerely yours,
                (Signed) W. Carl Rufus
                        Secretary.
WCR' DWI
(右訳文)
                   (栄一鉛筆)
 東京市               三月三十日一覧 明六
  子爵 渋沢栄一閣下
           ミシガン大学、一九二八年二月十六日
              ダブルユー・カール・ルーフアス
拝啓、益御清栄奉賀候、然者日本婦人外国研究委員長エヂス・ヘルマ
 - 第44巻 p.688 -ページ画像 
ー女史よりの来書によれば、閣下には最近東洋婦人の為に設けられたるバーボア奨学金に関し御問合せ被遊候由承知致候
バーボア奨学金報告書一部を同封致し貴覧に供し候、閣下若くは其他の一流名士の裏書被遊たる志願者は、バーボア奨学金管理委員に於て喜んで受附け可申儀を玆に御請合ひ申上度と存候、昨年小生が東京滞在中承知致したる処によれば、数人の若き婦人が帝国大学に入学を許可せられたる由にて小生は深く興味を抱き候、古在総長の談られし処によれば近く同大学より候補者の推薦を得べきやも知れずとの希望を抱くべき理由有之候、風俗・習慣・伝統・宗教其他人種的特質に於ても真に其人種を代表するに足るべき婦人を日本始め、其他の東洋諸国より迎へ度と私共は存居候
簡単に事を運び候為め、若し一九二八年の新学年より御推薦を得べき候補者有之候はゞ直接小生へ宛御書通被下度候、猶ほ日本の若き婦人の内よりバーボア奨学金に対する志願者を得る方法に関し御考案も候はゞ、何卒御申越被下度願申上候 敬具
   ○バーボア奨学金報告書略ス。


(光藤礼子) 書翰 小畑久五郎宛昭和二年一二月一日(DK440190k-0003)
第44巻 p.688 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。