デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
1節 学術
7款 帰一協会
■綱文

第46巻 p.588-589(DK460140k) ページ画像

大正4年4月17日(1915年)

是日、渋沢事務所ニ於テ、当協会幹事会開カレ、栄一出席ス。二十一日、上野精養軒ニ於テ、当協会例会開カレ、栄一出席ス。


■資料

集会日時通知表 大正四年(DK460140k-0001)
第46巻 p.588 ページ画像

集会日時通知表 大正四年         (渋沢子爵家所蔵)
四月十七日 土 午後三時 帰一協会幹事会(兜町)


渋沢栄一 日記 大正四年(DK460140k-0002)
第46巻 p.588 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正四年         (渋沢子爵家所蔵)
四月十七日 稍晴
○上略 午後一時事務所ニ抵リ○中略二時成瀬仁蔵・浮田和民・服部卯之吉三氏来《(服部宇之吉)》リ、帰一協会ノ事ヲ談ス○下略


集会日時通知表 大正四年(DK460140k-0003)
第46巻 p.588 ページ画像

集会日時通知表 大正四年         (渋沢子爵家所蔵)
四月廿一日 水 午後五時 帰一協会例会(上野精養軒)


渋沢栄一 日記 大正四年(DK460140k-0004)
第46巻 p.588-589 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正四年         (渋沢子爵家所蔵)
四月廿一日 曇
 - 第46巻 p.589 -ページ画像 
○上略 五時上野精養軒ニ抵リ、帰一協会ニ出席ス、夜飧後松本亦太郎氏日本美術趣味ニ関スル講話アリ、夜十時過散会○下略


帰一協会録事第二(DK460140k-0005)
第46巻 p.589 ページ画像

帰一協会録事第二             (竹園賢了氏所蔵)
 四月例会
四月廿一日○大正四年午後五時上野精養軒ニ於て例会開催、出席者左の如し
 渋沢男爵     松本亦太郎氏
 成瀬仁蔵氏    山内繁雄氏
 宮岡恒次郎氏   田村新吉氏
 増田義一氏    ペッドレー氏
 エッチ・コーツ氏 斎藤七五郎氏
 服部宇之吉氏   客員藤江逸志氏
 中島力造氏    秋月左都夫氏
 成田勝郎氏    客員宮川邦基氏
 塩沢昌貞氏    猪井恒平氏
 山田三良氏
先づ研究問題の信念問題に関し、文部省建議及其建議案等ニ付き討議あり、而して建議者の名前を如何にすべきか
 信念を助成するといふにあらずして消極的の態度を執る事等を議す
後日 結局建議案は決議文に改むる事に決し唯当局の参考に供する事となれり
 修正案及提出の方法に就て更に委員を撰定する事となれり
次に本夕は松本亦太郎氏の左の講演あり
 日本人の美術的趣味
 絵画・彫刻・建築・書等に表はれたる日本人の趣味を論し、凡て日本人の趣味は自然を離れさる事を力説せられたり、時漸く移りて質問論談之余裕なし。


帰一協会会報 第六号・第二七八頁 大正四年一一月 ○四月例会(DK460140k-0006)
第46巻 p.589 ページ画像

帰一協会会報 第六号・第二七八頁 大正四年一一月
    ○四月例会
 四月二十一日開会。出席者十九名。
 先づ前の懸案たる信念問題に関し、当局に対する建議案に付き討議し、是非の論多かりしも、結局建議及び理由書の起草を為す事となり其の修正案及び提出の方法に付ては別に委員を設けて之を議する事となし、当日は別に左記の講演ありたり。
 日本人の美術的趣味      松本亦太郎氏