デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
1節 学術
7款 帰一協会
■綱文

第46巻 p.639-641(DK460160k) ページ画像

大正8年5月26日(1919年)

是日栄一、当協会例会ニ出席シ、朝鮮問題ニツキ協議ス。尚、出席者ノ決議ニヨリ、同問題ニ関シ
 - 第46巻 p.640 -ページ画像 
テ総理大臣原敬ニ対シテ、忠言ヲ呈スルノ件ヲ栄一ニ託ス。六月二十三日、栄一、原首相ヲ訪問ス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正八年(DK460160k-0001)
第46巻 p.640 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正八年         (渋沢子爵家所蔵)
五月二十六日 曇 暖
○上略 午後六時帰一協会ニ出席ス、塩川一太郎朝鮮談アリ、阪谷・八代・矢野恒太・片山国嘉等ノ諸氏、各総督政治ノ欠点ヲ指摘ス、追テ其要ヲ摘テ内閣総理及陸軍・内務各大臣ヘ内情開陳シテ、改善ノ事ヲ勉ムル事ヲ協議ス、夜十時帰宿○下略


(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正八年(DK460160k-0002)
第46巻 p.640 ページ画像

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正八年
                   (阪谷子爵家所蔵)
○八年五月廿六日
  塩川一太郎 帰一協会 八代六郎其他異聞ニ驚ク
  守屋此助 経済学協会
 尚帰一協会ニテハ、出席者ノ決議ニヨリ、渋沢男ニ原首相、八代中将ニ田中陸相、訪問忠言ノコトヲ託ス
   ○本資料第三十五巻所収「大日本平和協会」大正八年六月十九日ノ条参照。


渋沢栄一 日記 大正八年(DK460160k-0003)
第46巻 p.640 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正八年         (渋沢子爵家所蔵)
六月十八日 晴 暑
○上略 渡瀬常吉氏来リ、朝鮮騒動ノ実況ト善後策ニ付意見ヲ述フ○下略
六月十九日 晴 暑
○上略 六時銀行倶楽部ニ抵リ、ボールス氏及金子・八代・阪谷・島田、其他ノ諸氏ヲ会シテ、ボールス及他ノ二氏ノ朝鮮旅行談ヲ聞キ、各自ノ意見ヲ討議ス、夜十一時散会、帰宅後新聞紙ヲ一覧ス
(欄外記事)
  過般朝鮮地方ニ勃発セシ騒擾ハ、其原因を究メテ大ニ政府ヘ注意スヘキ必要アルニ付、金子・八代・阪谷・島田氏等ト種々協議スル所アリタリ
六月二十日 晴 暑
   ○本文略ス。
(欄外記事)
[昨夜の朝鮮問題ニ付、八代氏ヨリ電話アリテ、其筋トノ談話有望ノ事ヲ報シ来ル○下略
六月二十一日 雨 暑
○上略 午後内務大臣ヲ官舎ニ訪フテ○中略 朝鮮政度ノ事ヲ談ス○下略
   ○中略。
六月二十三日 晴又雨 暑
○上略 午後○中略原首相ヲ其官邸ニ訪ヘ○中略 朝鮮ノ官制ニ関スル事ヲ談ス
○下略
   ○中略。
六月二十七日 晴 暑
○上略 四時半帰一協会ニ抵リ、暫時ニシテ退席○下略

 - 第46巻 p.641 -ページ画像 

集会日時通知表 大正八年(DK460160k-0004)
第46巻 p.641 ページ画像

集会日時通知表  大正八年        (渋沢子爵家所蔵)
六月廿七日 金 午後四時半 帰一協会(海上ビルデング中央亭)
  ○中略。
七月十五日 火 午後五時 帰一協会(海上ビルデング中央亭)


(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正八年(DK460160k-0005)
第46巻 p.641 ページ画像

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記  大正八年
                     (阪谷子爵家所蔵)
大正八年七月十四日
 川上勇来訪談左ノ如シ
  一朝鮮武官制廃改ト同時ニ其由来発表ノ儀ヲボールス君ヨリ相談アリ云々(輿論方面ノコトナリ)
  一朝鮮人ニシテ内地ニ労働ノ者往々虐待ノ風聞アリ、其予防云々
  一来十月聯盟会ノ節朝鮮人ノ運動ニ対スル予備云々
  一上海ニ於ル朝鮮人仮政府ノ模様ヲ調フルコト
  一支那問題ニ付決議発表ノ必要アルヘク其準備
 右七月十五日帰一協会ニテ話ス(渋沢・八代・宮岡・片山・服部・矢野等会合ス)同協会印刷物二冊ヲ鈴木穆ニ送ル
  ○鈴木ハ朝鮮ニ於ケル騒擾調査ノタメ、当時、大日本平和協会ヨリ朝鮮ニ派遣セラレヲレリ。
  ○大正八年中ノ「集会日時通知表」ニ記サレタル当協会関係記事ヲ参考トシテ左ニ録ス。栄一出欠未詳。



〔参考〕集会日時通知表 大正八年(DK460160k-0006)
第46巻 p.641 ページ画像

集会日時通知表  大正八年        (渋沢子爵家所蔵)
九月廿五日  木 午後五時半 帰一協会例会(東京海上ビル中央亭)
拾壱月廿九日 土 午後五時  帰一協会例会(中央亭)
拾弐月廿二日 月 午後五時  帰一協会例会(如水館)