デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
1節 学術
8款 財団法人理化学研究所
■綱文

第47巻 p.122-126(DK470015k) ページ画像

大正6年5月12日(1917年)

是日栄一、当研究所理事会ニ出席シ、当研究所寄付行為ニツキ代表者タル所長ノ職制ヲ制定スベシト提議ス。次イデ六月十一日、当研究所寄付金募集ノタメ、首相官邸ニ於テ開催セラレタル総理大臣寺内正毅ノ富豪・篤志家招待会ニ臨ミ、当研究所設立ノ経過並ニ寄付金募集ノ状態ニツキ説明シ、資金募集方ヲ斡旋ス。


■資料

集会日時通知表 大正六年(DK470015k-0001)
第47巻 p.122 ページ画像

集会日時通知表  大正六年       (渋沢子爵家所蔵)
五月十二日 土 午前九時 理化学研究所ノ件(同所)
  ○中略。
五月廿六日 土 午後三時半 理化学研究所理事会(商業会議所)


自第壱回至第三十八回理事会決議録(DK470015k-0002)
第47巻 p.122-123 ページ画像

自第壱回至第三十八回理事会決議録   (財団法人理化学研究所所蔵)
    第四回理事会
大正六年五月十二日午前九時、当事務所ニ於テ第四回理事会ヲ開ク、渋沢・菊池両副総裁ハ、去ル五月七日総裁宮殿下ニ伺候シ、本所設立ノ経過及将来施設スヘキ事業ニ付詳細言上シタル件ヲ報告セラレ、次
 - 第47巻 p.123 -ページ画像 
テ渋沢副総裁ヨリ本所寄附行為ハ総裁宮殿下カ責任者ノ如ク誤解サルルノ慮アルヲ以テ、寄附行為中ニ明瞭ニ本所代表者タル所長ノ職制ヲ制定スルノ必要アルコトヲ提議セラレタルニ、一同之ヲ可トシ、寄附行為ノ改正方ニ付審議討究スル所アリタリ
敷地撰定ノ件ニ関シテハ、上山及田所理事ヨリ宮内省・陸軍省・大蔵省等ニ交渉シタル顛末ヲ報告セラレ、候補敷地中稍々見込アル一ツ橋内騎兵聯隊跡ノ地盤ヲ調査スルコトトシ、又牛込川田町陸軍省用地ノ面積ヲ実測スルコトヽセリ、地方ニ於ケル寄附金募集方ノ件ハ、総裁宮殿下ヨリ御招待ヲ賜ハルコトヲ差控ヘ、寺内首相ニ依頼シテ招待会ヲ催スコトトシ、其顔振ハ近ク上京スヘキ地方長官ト協議ノ上定ムルコトトシ、正午散会セリ
散会後、桜井理事及蔵川工務課長ハ寄附行為改正方及本所規則案ニ就キ慎重講究シ、午後四時退出セラレタリ、当日出席者左ノ如シ
 菊池・渋沢両副総裁、大橋・和田・上山・団・高松・田所・高峰代理塩原・桜井・荘各理事
  ○創立当初ノ寄付行為ハ本款大正六年三月十二日ノ条ニ収メタル「中外商業新報」大正六年三月十四日ノ記事ニアリ。
  ○寄付行為ノ改正ハ是年尚引続キ行ハル。ソノ都度ノ資料ハ省略シ、昭和二年刊行「財団法人理化学研究所案内」所載ノモノヲ本款大正六年七月十日ノ条ニ収ム。
    第五回理事会
大正六年五月廿六日午后三時半、当事務所ニ於テ第五回理事会ヲ開キ桜井理事カ菊池副総裁及農商務当局ト屡々折衝ヲ重ネ作製シタル寄附行為改正案・本所規則案・会計規則案並ニ菊池副総裁及桜井理事カ帝国大学ニ於ケル物理及化学専攻ノ教授ト共ニ講究シテ作製シタル事業計画案・建設費予算概算書ニ付審議シ、又敷地撰定ノ件及寄附金募集方ノ件ヲ附議シ、左ノ通決議、午后六時散会セリ
一、寄附行為ノ改正ハ原案ヲ可決シ、更ニ第十八条第二項ヲ左ノ通変更スルコト
  「前項評議員会ノ決議ハ事務所ヲ変更スル場合ヲ除クノ外、評議員総数三分ノ二以上ノ同意ヲ以テ之ヲ為ス」
二、理化学研究所規則ハ原案第十四条ヲ左ノ通修正スルコト
  「第十四条 副所長ハ理事中ヨリ総裁之ヲ委嘱ス
  部長及研究員ハ所長ノ推薦ニ依リ、理事会ノ議ヲ経テ総裁之ヲ委嘱ス
  主事及研究員補ハ所長ノ推薦ニ依リ理事会ノ議ヲ経テ所長之ヲ任免ス
  研究員見習・書記及助手ハ所長之ヲ任免ス」
三、敷地ハ目下候補地タル一ツ橋内騎兵聯隊跡及府立巣鴨病院構内ノ地質ニ付至急実査スルコト
四、寄附金募集方ハ寺内伯爵ヲ煩シ、富豪・篤志家ヲ招待シテ寄附金ノ勧誘ヲ請フコト
当日出席者左ノ如シ
 菊池・渋沢両副総裁、桜井・高松・和田・荘・高峰代理塩原・中野・各理事及原監事

 - 第47巻 p.124 -ページ画像 

集会日時通知表 大正六年(DK470015k-0003)
第47巻 p.124 ページ画像

集会日時通知表  大正六年       (渋沢子爵家所蔵)
五月三十日 水 午後五時 理化学研究所ノ件(商業会議所)
  ○中略。
六月十一日 月 午前九時 理化学研究所理事会(商業会議所)
        正午   理化学研究所ノ件(永田町官邸)


自第壱回至三十八回理事会決議録(DK470015k-0004)
第47巻 p.124-125 ページ画像

自第壱回至三十八回理事会決議録    (財団法人理化学研究所所蔵)
    第六回理事会
大正六年五月三十日午後五時、当事務所ニ於テ第六回理事会ヲ開ク、当日ハ第五回理事会ニ於テ議了スルニ至ラサリシ会計規則案・事業計画案・建設費予算概算書及敷地撰定ノ件ニ付、熱心ニ討議講究スル所アリ、左ノ通決議シ、午後九時散会セリ
○中略
本日ノ出席者左ノ如シ
 菊池・渋沢両副総裁
 大橋・和田・高松・高峰代理塩原・桜井・荘各理事
 原監事、柴山農商務参事官

      第七回理事会
大正六年六月十一日午前九時、当事務所ニ於テ第七回理事会ヲ開ク、渋沢副総裁ハ地方寄附金募集方ノ件ニ関シ上京中ノ各地方長官ニ懇請シタルコト、又八大府県知事ト協議シタル顛末ヲ詳細ニ報告シ、尚将来関西地方ニ支所ヲ設置スル必要ヲ認ムル旨説明シ、又菊池副総裁ハ屡理事会ノ問題ト為レル本所ノ目的及研究ノ範囲ニ付キテハ、曩ニ創立委員諸氏ニ於テ作成セル「研究所ノ事業ト産業界」ニ明記シアルヲ以テ、右ニ記載ノ事項ヲ理事会ニテ承認センコトヲ提議シ、研究所カ産業ノ発達ニ資スル為、純学理的研究ヲ為スト共ニ応用的研究ヲモ為スコト勿論ナルカ、単ニ現実ノ問題ヲ捉ヘテ応用的方面ヨリノミ之ヲ研究スルコトハ産業ノ根本的発達ヲ期スル所以ニアラサル故ニ、純学理的研究ヲ主トナスヘシ、而モ純学理的研究ニシテ応用ナキモノアルヘキ筈ナシ、唯此種ノ研究ニ於テハ其ノ何レノ部分カ応用トナルカヲ予メ明確ニ示シ難キノミ、而シテ我邦ノ現状ニ鑑ミ又必要ニ応シ予メ研究事項ヲ定メテ之ニ当ルヘキ人ヲ求ムル場合勿論アルヘシト雖モ、人ヲ得サレハ成績ヲ挙クルコト能ハサルハ言ヲ俟タサル所ナルカ故ニ一般方針トシテハ人ヲ主トスルコトニシタシ、其ノ人ヲ得スシテ命令的ニ或ル事項ニツキ研究セシムルモ好結果ヲ得ルコト能ハサルハ明ナリト、反復純学理及応用ノ問題並ニ研究ノ根本精神ニ付説明スル所アリシカ、渋沢男爵ハ更ニ「研究所ノ事業ト産業界」ヲ朗読シテ全員ノ承認ヲ求メ、次テ敷地撰定ノ件、事業計画及予算案等ニ付附議スル所アリ、左ノ通決議シ、正午散会、一同直ニ首相官邸ニ於ケル本所寄附金勧募ノ協議会ニ臨メリ
      決議事項
一、地方寄附金募集方ニ関シテハ寺内伯爵ヨリ協議会ヲ催サルヽコト
 - 第47巻 p.125 -ページ画像 
トナリタルニ付、其顔触ヲ選定スルコト
  ○二、三略ス。
本日ノ出席者左ノ如シ
 菊池・渋沢両副総裁、大橋・和田・上山・団・高松・高峰代理塩原田所・桜井各理事、原監事、柴山農商務参事官


1、商工省(自大正六年至昭和六年)(DK470015k-0005)
第47巻 p.125 ページ画像

1、商工省(自大正六年至昭和六年)  (財団法人理化学研究所所蔵)
本所寄附金勧募ニ関スル大正六年六月十一日首相官邸ニ於ケル、富豪篤志家招待会記録写別紙及提出候也
  大正六年六月十八日
                  財団法人理化学研究所
    農商務省 御中
 追テ六月十四日第八回理事会ノ決議ニ依リ、当日ノ不参者ヘハ渋沢菊池両副総裁ノ名義ヲ以テ、鄭重ナル書面ニ印刷物ヲ添ヘ更ニ寄附金ヲ勧誘スルコトトセリ
(別紙)
    首相官邸ニ於ケル富豪・篤志家招待会
大正六年六月十一日、寺内伯爵ハ本所寄附金勧募ノ為、再ヒ京浜ニ於ケル富豪・篤志家九拾八名及本所副総裁以下役員ヲ首相官邸ニ招待シ午餐ヲ供セリ、寺内伯爵ハ其席上ニ於テ理化学研究所設立ノ緊要ナルコトヲ述ヘテ参会者ノ賛同ヲ懇望シ、渋沢副総裁ハ設立経過ノ大要寄附金ノ現状、事務進捗ノ程度ニ付説明シ、更ニ研究所カ一面純学理ノ研究機関タルト同時ニ学理ノ応用機関タルコト、研究所ハ追テ関西地方ヘ支所ヲ設置スルノ希望ヲ有スルコトヲ述ヘテ、一同ノ援助ヲ懇請シ、又菊池副総裁ハ研究所ノ目的及大体方針ニ付説明スル所アリシカ参会者一同其意ヲ諒トシ、徳川公爵ハ本所ノ為出来得ル限リ援助スル旨挨拶シ、午后二時散会セリ
而シテ本所ヨリハ来賓一同ヘ、返信封筒ヲ添ヘ、寄附金申込書・寄附金取扱銀行表・寄附者芳名簿・設立趣意書・事業ト産業界・寄附行為及設立経過概要ヲ配与セリ
  参会者左ノ如シ
寺内男爵・児玉書記官長・仲小路農相・上山農商務次官・岡商工局長柴山農商務参事官・菊池副総裁・渋沢副総裁、桜井・田所・高峰(代リ塩原)・団・和田・大橋・高松各理事
原・安田・古河各監事 以上主人側
徳川公爵・徳川候爵・山本唯三郎・飯田延太郎・若尾璋八・前川太兵衛・福原有信・藤田文子(代リ西村秀吉)・左右田喜一郎・山田直矢・美濃部俊吉・金子政吉・末延道成 以上来賓側
 (招待案内者名簿別冊添付)
  ○当日ノ招待案内者ハ出席者共島津忠重外百三名ナリ。


中外商業新報 第一一二〇一号 大正六年六月一二日 ○理研招待会(DK470015k-0006)
第47巻 p.125-126 ページ画像

中外商業新報  第一一二〇一号 大正六年六月一二日
    ○理研招待会
理化学研究所設立に関する寺内首相の招待会は、十一日午後零時半よ
 - 第47巻 p.126 -ページ画像 
り永田町首相官邸に開催、理研設立に関し寺内首相より懇談する所あり、尚敷地選定に関する協定をなしたる上午後二時半散会せり、当日の出席者左の如し
 △仲小路農相△上山農商務次官△岡商工局長△柴山農商務参事官△児玉書記官長△菊池副総裁△渋沢副総裁○以下二六名指名略ス