デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

7章 行政
1節 自治行政
4款 東京市関係 2. 東京市公会堂
■綱文

第48巻 p.331-332(DK480099k) ページ画像

明治43年5月16日(1910年)

是ヨリ先明治四十年、東京市ハ公会堂ノ必要ヲ感ジ、上野公園又ハ芝公園内ニ、ソノ敷地ヲ求ム。是日栄一、東京商業会議所ニ於テ、同会頭中野武営ソノ他ト、公会堂設立ノ件ヲ協議ス。


■資料

東京日々新聞 第一〇九二五号明治四〇年五月二四日 市公会堂敷地問題(DK480099k-0001)
第48巻 p.331 ページ画像

東京日々新聞 第一〇九二五号明治四〇年五月二四日
    ○市公会堂敷地問題
 今回約百万円の予算を以て五千人を容るゝに足るべき東京市公会堂を新築することゝなりし由は既報の如し、其敷地に関しては其設計当時より上野公園内凌雲院を移転して其跡に設置すべき筈なりしも、同院は往昔より徳川家・田安家等と因縁浅からざる寺院なれば其墳墓取払ひ等にも多少障害の横はれる事情あるを以て、若し上野公園に設置する能はざる暁には其公園に建設すべしとの議ありて未だ何れとも確定するに至らざるが、昨日市の同会堂設立委員会に於ては該問題等につき協議する所あり、更に先日博覧会に出品せられたる同会堂模型を参考の為検分する目的にて、尾崎市長・委員肥塚竜・渡瀬寅二郎・江崎礼二の四氏上野に出張したりと云ふ


東京日々新聞 第一〇九四四号明治四〇年六月一二日 公会堂敷地問題(DK480099k-0002)
第48巻 p.331 ページ画像

東京日々新聞 第一〇九四四号明治四〇年六月一二日
    ○公会堂敷地問題
 東京市公会堂建設予定敷地に当れる上野凌雲院内の徳川公爵家其他の旧諸侯の墓地移転問題に関しては、下谷区有志の懇望に対し所有主間に於て協議の上、来る十四日中に回答することとなり居れり、仍て尾崎市長及び江間俊一氏は参事会を代表し、今十二日徳川公爵家を訪問し、回答に先ち更めて市の希望を述べ墓地の移転を請ふ


渋沢栄一 日記 明治四三年(DK480099k-0003)
第48巻 p.331 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四三年        (渋沢子爵家所蔵)
五月十六日 曇 暖
○上略 正午東京商業会議所ニ抵リテ午飧ス、後金子・中野・原田氏等ト公会堂ノコトヲ内議ス○下略


中外商業新報 第八六三七号明治四三年五月一七日 ○貴賓館建設相談会(DK480099k-0004)
第48巻 p.331-332 ページ画像

中外商業新報 第八六三七号明治四三年五月一七日
○貴賓館建設相談会 外国貴顕紳士の来遊するも、本邦には未だ貴賓館の設備なきを遺憾として屡々之れが建設の議実業家中に唱導せられつゝありしが、愈々其期熟し、十六日午後一時より東京商業会議所に下相談会を開き、渋沢男を始め金子米友協会長・中野商業会議所会頭
 - 第48巻 p.332 -ページ画像 
宮川東京市助役等出席種々協議したる結果、近日建設に関する費用其他の案を起草し公に協議会を開く筈なりと云ふ


渋沢栄一 日記 明治四三年(DK480099k-0005)
第48巻 p.332 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四三年        (渋沢子爵家所蔵)
六月六日 晴 暖
○上略 午後三時商業会議所ニ抵リ、林・金子・中野・原田氏等ト公会堂創設ノ事ヲ談ズ○下略


竜門雑誌 第二六六号・第五九―六〇頁明治四三年七月 ○公会堂設置案(DK480099k-0006)
第48巻 p.332 ページ画像

竜門雑誌 第二六六号・第五九―六〇頁明治四三年七月
○公会堂設置案 曩に東京市に於て公会堂設置の計劃ありたるも種々の事情の為め立消えとなりたるに、青淵先生・中野武営氏等の実業家は来る五十年の博覧会準備に差迫まれる今日、是非共公会堂設置の準備を為さゞるべからずとて、市事業として実行困難なれば寧ろ私法人として成立を図るべしと市の有力者に内相談を遂けたるに、大体の意向は地所若くは相当金額を補助すべしと云ふにあり、又桂首相も其企劃に深く賛同の意を表し応分の助力を為すべきを言明したるを以て、青淵先生並に中野氏等は昨今各方面に向つて勧誘を試み、追て有力者の会合を促がし具体的の相談を極むる筈なりと云ふ