デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

7章 行政
1節 自治行政
7款 滝野川町関係
■綱文

第48巻 p.383(DK480120k) ページ画像

大正13年11月23日(1924年)

是日栄一、飛鳥山邸ニ於テ、滝野川町在住者招待園遊会ヲ催ス。栄一病気ノタメ出席セズ。


■資料

(増田明六)日誌 大正一三年(DK480120k-0001)
第48巻 p.383 ページ画像

(増田明六)日誌  大正一三年      (増田正純氏所蔵)
十一月廿三日 日
早朝飛鳥山邸ニ出て、子爵の御病気御見舞を為す
午前十時より同邸庭園ニ於て子爵の御厚意ニ拠る滝野川町居住者園遊会あり、子爵御病気ニ付き代理として来会者を斡旋す、凡て人員実ニ七百余人、子爵ハ広庭ニ天幕を出来し、後庭ニ摸擬店十数所を設け、其費用一切を支弁せられ、尚園遊会後は特ニ余興を設けて来会者を楽しめられたり、午後三時半終了
○下略


竜門雑誌 第四三五号・第七〇頁大正一三年一二月 青淵先生動静大要(DK480120k-0002)
第48巻 p.383 ページ画像

竜門雑誌  第四三五号・第七〇頁大正一三年一二月
    青淵先生動静大要
      十一月中
十九日 病気の為在邸静養。爾後三十日に至るも未だ快癒せられず。