デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2022.3.15

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
1款 株式会社第一銀行
■綱文

第50巻 p.189-190(DK500033k) ページ画像

大正6年――昭和6年(1917-1931年)

栄一、当行頭取辞任以後、歿年ニ至ルマデ、相談役トシテ、努メテ当行ノ年賀式及ビ株主総会等ニ出席シテ、演説ヲナス。


■資料

竜門雑誌 第四〇八号・第六二頁大正一一年五月 第一銀行諸氏招待会(DK500033k-0001)
第50巻 p.189-190 ページ画像

竜門雑誌  第四〇八号・第六二頁大正一一年五月
○第一銀行諸氏招待会 青淵先生には第一銀行各地支店の諸君が、今般会議の為め上京せるを機会とし、四月十四日午後三時より、曖依村荘に同行重役其他を招待せられたるが、開宴前囲碁・浪花節・抹茶の余興あり、食後青淵先生より挨拶を兼ねて渡米所感談あり、終て活動写真の余興あり、一同歓を尽して午後十時過散会せる由。
 因に当日の出席者諸氏左の如し。
 佐々木勇之助君  日下義雄君   石井健吾君
 野口弥三君    杉田富君    西園寺亀次郎君
 土岐僙君     竹山純平君   山口荘吉君
 - 第50巻 p.190 -ページ画像 
西条峰三郎君    明石照男君   広瀬市三郎君
井上徳治郎君    西村好時君   玉木泰次郎君
中沢彦太郎君    磯野孝太郎君  横山正吉君
小平省三君     吉岡堅太郎君  平形知一君
内山吉五郎君    宇野甚太郎君  原簡亮君
長谷川粂蔵君
野口弘毅君     西村道彦君   大沢佳郎君
藤森忠一郎君    永井啓君    島原鉄三君
佐々木興一君    片野滋穂君   浅川真砂君
平岡光三郎君    尾上登太郎君  飯塚八平君
松村守一君     大橋悌君    甘泉豊郎君
大西卯雄君     永田帰三君
中村鎌雄君     利倉久吉君   松平隼太郎君
青淵先生      渋沢武之助君  渋沢正雄君
渋沢秀雄君     渋沢敬三君   尾高幸五郎君
増田明六君     渡辺得男君   白石喜太郎君


(増田明六)日誌 大正一一年(DK500033k-0002)
第50巻 p.190 ページ画像

(増田明六)日誌  大正一一年       (増田正純氏所蔵)
十一月十五日 水 晴
○上略
午後四時子爵○栄一ニ於て、去十三日より第一銀行支店ニ召集されたる各支店次席諸氏を帝劇ニ案内セらるゝニ付き、同処ニ到り接待之任ニ当る、来会者ハ右諸氏の外重役各位、本店計算方・市内支店長・貯蓄銀行・渋沢倉庫の諸氏と、事務処員等を併セ六十四名なり


竜門雑誌 第四一五号・第七二頁大正一一年一二月 第一銀行諸氏招待会(DK500033k-0003)
第50巻 p.190 ページ画像

竜門雑誌  第四一五号・第七二頁大正一一年一二月
○第一銀行諸氏招待会 青淵先生には今般第一銀行次席者会議に出席者諸氏の上京を機とし、十一月十五日午後四時より帝国劇場に於て招宴を催されたるが、当日は佐々木頭取を始め、石井・野口・杉田の各常務取締役、土岐・竹山・山口の各監査役を始めとし、西条支配人其他本支店の諸氏、並に東京貯蓄銀行及び渋沢倉庫会社の諸氏等、総計六十四名の諸氏列席し、「暫」「伊賀越道中双六」「富士太鼓」「彼岸の夕」「廓文章」の演伎に興じつゝ晩餐を共にし、一同和気靄々裡に十時半散会せりと云ふ。
  ○是年一月二十六日当行第五十一期定時株主総会開カル。栄一、第四回渡米ヨリノ帰途ニアリ。(本資料第三十三巻所収「第四回米国行」参照)
  ○是年七月二十七日開催ノ第五十二期定時株主総会ニハ栄一ノ出欠未詳。